« ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その23 | トップページ | ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その25 »

ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その24

◇引き続き 熔鉄城

エギルの鉄像の篝火から下におりて狭い階段を下って行くと、溶岩だらけの開けた場所に出ました。
白い霧を抜けるとボスです。
 
 
vs 鉄の古王

そりゃもう、数えきれないくらいやり直しました。
敵の攻撃パターンを覚え、しっかり回避できるようになれば、相手のHPはそんなに多くないので倒すのは簡単なんですがね。
覚えるまでがね!

狭くて動き回りづらいし、足を踏み外すと溶岩に落ちるし。
吹っ飛ばされた弾みで溶岩に落ちたことも幾度となく。

だいたい、ロックオンした位置に攻撃が届かないんだものっ!
無理して当てようとすると落ちるし。

なので、ロックオン厳禁。
腕(ここにはロックオン効かない)に攻撃を当てることにします。

攻撃チャンスは、両手振り下ろし、右手振り下ろし、右手からの衝撃波攻撃の3種類の攻撃の後の硬直時間。

衝撃波は、敢えて攻撃を誘っておいて、向こうが攻撃を仕掛ける寸前にスッと横に移動して避ける…という方法を覚えたら、いきなり楽になりました。

ブレス攻撃は右の方にある建物の陰に隠れてやり過ごしました。

あんまり隠れていると、敵が移動してしまうけどね!

敵が潜ったら、いったん入り口付近に戻って立ち止まっていると、すぐ近くに出て来ます。
この位置に来てくれると、攻撃が避けやすいのでひじょうに有り難い。

入り口の方に敵を誘導する方法を覚えたら更に楽になって、ほとんどダメージ受けることなく簡単に倒せました。

あ、武器はハルバードを使用しました。
愛用の炎のロングソードでは、あまり削れなかったので。
 
鉄の古王のソウルと大量のソウルを入手。
 
 
私がブレス避けに使っていた建物の中に入ると、宝箱があり、貴き者の骨粉が入ってました。

階段を下りると、熔鉄の篝火
3つ目の始まりの篝火に火を灯した模様。

その奥に水盤のような物があって、青白い炎が揺らめいているからアイテムかと思って調べたら、どこぞに転送されてしまいました。
恐ろしいので急いで戻って来ましたw

マデューラに戻り、久しぶりに地図描きケイルを訪ねてみると、地下の地図に篝火が1個増えてました。
ケイルは不思議がっていましたが、今、私が灯して来たからね。

んで、ケイルに話し掛けたら、殺人鬼に似たヤツを見かけたとかなんとか。
ミラのクレなんとかって名前の…
その人、私も会ったことあるかも。
っつーか、解き放っちゃったの、私だ (゚ー゚;
 
 
Lv.135
 筋力   21→24
   
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ダークソウル2」プレイ日記の一覧
 

« ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その23 | トップページ | ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その25 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その23 | トップページ | ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その25 »

その他のハード

ちょっと気になる