« ドラマ「流星ワゴン」第5話&第6話 感想 | トップページ | ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その21 »

ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その20

お久しぶりの更新です。
デモンズやったりしてプレイ中断していましたが、戻って参りました。
しばらくぶりにやったら感覚が鈍っていて、リハビリが必要でしたw

さて、どこまで進んでいたかというと、熔鉄デーモンが倒せなくて、あちこち放浪していた途中でしたのね。
 
 
所々にぽつぽつと残っている雑魚を相手にリハビリを済ませ、まず最初に向かったのは忘却の牢

マックダフに話しかけると、これまでと違った反応あり。
熔鉄城で拾って来た鈍い種火を渡すと、鍛冶屋業務を再開しました。

さて、絶賛放置中の騎士トリオです。
いくらなんでも、いい加減、倒せるんではかなろうか。
 
vs 虚ろの衛兵×3

まずは、入ってすぐの狭い足場でファイト。
1体だけなら、最早どうということは無い。
さらっと撃退して、次に登って来た2体めを適当に相手し、もう1体が登って来たところで下へ飛び降りる。
敵の動きを良く見て攻撃を回避しながら、あらかじめ削っておいた2体めに集中的に攻撃を当てて行ったら、あれ?なんか楽勝ムード。
残り1体になったら、もう何も怖くない。
余裕かまして撃退。

ベルクレアさんにお出まし願わずとも普通に勝てました。
まぁ、このレベルだしな。
装備もぜんぜん違うし。

虚ろの衛兵のソウルを獲得。
 
ついでに、新たに行けるようになった場所をウロウロしてアイテム回収しておきました。
 
 
塩の塔に繋がる橋の手前の建物に確か石化して篝火を通せんぼしている人が居たような気がするので、救助に向かう。

***

いつの間にか拾っていた懐かしい香木を使って石化を解いてあげると、魔術師のストレイドという人でした。

魔術を売ってくれる他、ボスのソウルと引き換えにレア武器を譲ってくれます。
何に使うんだろう?と思いつつ放置していたボスのソウルに、こんな使い道があったとは。
ひとまずジェスチャー「馬鹿にする」を伝授してもらっておく。

もちろん、後ろの篝火に点火して退散。
 
 
次!

主塔の篝火からハシゴ下りて行った所の下の方にサンショウウオみたいのが居るのが気になっていたので、行ってみます。
念のためシャラゴアから銀猫の指輪を買って装備。

上から見えている1匹は毒矢を使ってやっつけました。
なんの準備も無く下りて行ったら、2匹のサンショウウオが寄ってたかって炎を吐いて来て、あっという間に死亡したので。

サンショウウオからなるべく遠くに飛び降りて、エスト瓶で回復してから宝箱を開けに行く。
中味は炎結晶の指輪+1でした。
これで、熔鉄デーモン戦が楽になったりはしないのかしら???

もう1匹は無理して倒さなくても良かったような気もする。
 
 
炎結晶の指輪+1を装備して試しに熔鉄デーモンを倒しに行ってみたけど、やっぱり全然歯が立たないため、引き続き他を当たることに。
被ダメージもあれだけれども、武器をなんとかしないとダメかもしれん。
 
 
行ったり来たりが面倒くさいし、いちいち帰還の骨片を使うのも不経済なので、奇跡の『家路』を買ったけど、よく見たら信仰がぜんぜん足りなくて使えなかった…
しかも、触媒持ってねーし。
スロットも1個しか無いしな!
さすが、脳筋剣士。

それと、久しぶりにソダンに話し掛けたら鉄の加護の指輪をくれました。
いっぱい死んだからみたいです (=´Д`=)ゞ
 
 
Lv.122
 持久力  32→34 
 技量   30→32
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ダークソウル2」プレイ日記の一覧
 
 

« ドラマ「流星ワゴン」第5話&第6話 感想 | トップページ | ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その21 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマ「流星ワゴン」第5話&第6話 感想 | トップページ | ダークソウル2 プレイ日記 ヘタレ亡者の奇妙な冒険 その21 »

その他のハード

ちょっと気になる