« 真・女神転生IV プレイ日記 2 | トップページ | 真・女神転生IV プレイ日記 3 »

映画「るろうに剣心」感想

ちょうど先月、Yahoo!ブックストアで「るろうに剣心」を無料配信していたので、せっせと読んでいたのですよ。

「そういうマンガはあるのは知っていて、読みたいとは思ってるけど読んでない」という作品が私にはたくさんありまして、剣心もその1つでした。
(ジョジョなども、そう)

実写映画の方も気になっていたので、良い機会だっつーことで見てみました。

いや、これが、普通に面白かったデス。

最初に剣心役が佐藤健だと聞いた時、「龍馬伝」で人斬り以蔵役をやっていたのでイメージ的に違和感が無かったのですが、想像していた以上にハマっていましたねぇ。

普段のほけぇ〜とした流浪人の剣心と、サムライモードに戻った時の剣心。
優しげで間の抜けた(失礼)様子と、殺気をみなぎらせた様子を完璧に演じ分けておられた。
殺陣も上手いし、お若いのになかなか大した役者さんでござるよ。

監督の大友啓史さんも「龍馬伝」に携わっていたお方なので、その頃から「佐藤健なら剣心イケるんじゃね?」と思っていたのではないかと邪推してみたりもしてね。 
 
うん、たぶん、佐藤健という役者が居なければ成立しなかった映画といっても過言ではない。
(よし、言い切った)
  
 
ストーリーは、「なんとか上手く詰め込んだかな」という感じでしょうか。

適役の配置を原作とは入れ替えてあり、それぞれが原作よりも魅力的なキャラに描かれていて、原作以上の存在感を持って剣心たちのまえに立ちふさがっていましたね。

逆に、剣心サイドの方の描写が少し甘かったかなぁ。

薫ちゃんの存在感があまり無い…
左之助と弥彦も、いきなり仲間になってるし…
時間的に詰め込む余裕が無かったのでしょうけど、ちょっと残念。
 
 
続編作る気満々な終わり方してるなぁと思ったら、やっぱり作られているそうで。
たのしみです。
今度は映画館に見に行きたいです。

と同時に、ワタクシ、原作を全巻揃えたい衝動と戦っています。
なにしろ、ワケありの過去を持つ男が刀振り回してるオハナシは大好物なので(* ̄ー ̄*)
 
   
 
 その他の映画の感想はこちらからどうぞ
 
 
 

« 真・女神転生IV プレイ日記 2 | トップページ | 真・女神転生IV プレイ日記 3 »

映画の感想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる