« 8周年だったりする | トップページ | 謹賀新年 »

ゲームアワード2012

毎年恒例の「今年(のゲーム状況)を振り返る」という、きわめて個人的な年末企画があるのですが、今年はブログ友でありゲーム仲間でもあるにゃんちゃんの主催する「ゲームアワード2012」に参加することにしました。

とはいえ…

ランキング付けするのは、とても難しい…

ので!

星の数(満点は星5つ)を付けるだけで許していただこうと思います!
評価というより、私が楽しめたか否か。満足度です。

並び順はプレイした順番で。
クリアしたもの、クリアには至っていないけれどそこそこ進行しているもののみをピックアップし、少しだけ触って放置したものは除外しました。

では!
 
 
ファイナルファンタジーXIII-2(☆☆☆)

FF XIIIは個人的には普通に楽しめたゲームだったので、迷いつつも購入しました。
自由度は増しているものの、バトルシステム等は前作とほぼ同じなので、そのあたりが受け入れられなかった人には今作も受け入れづらいものがあるでしょうね。
難易度はさほど高くなく、内容的には今回も楽しめたのですが、ストーリーがねぇ…
どうなんですかねぇ、これ…
 
 
デモンズソウル(☆☆☆☆☆)

ダークソウルが面白かったので購入してみました。
ダークソウル同様、難易度はかなり高く、ライトゲーマーお断り感満載のゲームです。
凶悪な敵に行く手を阻まれて投げ出しかけたのも、涙目で素材集めに走り回ったのも、今では良い思い出。
これとダークソウルのおかげで、精神的にかなり打たれ強くなれた気がします。
 
 
アーマードコアV(☆☆☆)

いつもと少し毛色が違うゲームですが…
エースコンバットをAmazonで買ってると必ずオススメされるのがこのシリーズなもので、前から気にはなっていたのです。
ソロで楽しめる部分とチームで楽しめる部分があり、どちらも面白かったです。
チームプレイに関して、敵チームとのマッチングがスムーズであれば評価はもっと上がったと思います。
 
 
シアトリズム(☆☆☆)

FFを題材にした音ゲーで、3DSを購入するきっかけになった一本です。
歴代FF思い出のシーン&懐かしい曲。
回顧録的な位置づけとしては良い出来だと思うのですが、FFに興味ない人にとってはどうなんですかね?
音ゲーというジャンルを他にプレイしたことが無いもので、音ゲーとしてどうなのかは私には評価しづらいです。
 
 
モンスターハンター3G(☆☆☆)

3DSを購入した流れで購入。
狩りは楽しい。
それは間違いないのですが、延々ソロ狩りというのにだんだん疲れてきて、途中で投げてしまいました。
WiiU版ではオンラインプレイもできるようになったので続きをプレイしたいのですが、他のゲームが立て込んでいるのでその件に関しては保留中。
 
 
ニーアレプリカント(☆☆☆☆☆)

これはねぇ、すごく良いゲームでした。
こんな良いゲームを長いこと積みっぱなしにしていたなんて…
久しぶりにゲームしながら大泣きしました。
最後のエンディングにたどり着いた時の達成感はハンパ無いです。
いつかまたプレイしたくなるだろうから遊び終わっても売らないゲーム(個人的に殿堂入りと呼んでいる)として、大事に保管されています。
 
 
ドラゴンズドグマ(☆☆☆☆)

フレンドの作ったキャラをサポートに雇えるというシステムが面白かったですね〜。
自分のキャラがお土産もらって帰って来たり、ちょっと装備をいたずらしてお返ししたり、楽しかったです。
ガッツリ一緒にプレイするのではなく、こういう感じのゆる〜いオンライン要素も良いですね。
なかなか楽しめたのですが、あと一歩物足りない部分もあり、次回作ではそのあたりが改良されていることを期待したいと思います。
 
 
極限脱出999(☆☆☆☆)

私があまり手を出さないアドベンチャー系。
ストーリーがしっかりしていて、とても面白かったです。
続編のシボウデスが気になるところ。
 
 
べヨネッタ(☆☆)

長らく積んでいたアクションゲーム…
これはね…
クリアもしたし、難易度を変えて何度もやってみたりもしたのですが、このゲームのどこが面白いのかサッパリ分かりませんでした。
世間的には評価の高いゲームなんですけど、自分には合わなかったみたいです。
 
 
逆転検事&逆転検事2(☆☆☆☆)

「異議あり!」でおなじみの「逆転裁判」のスピンオフもの。
こういうのって外すパターンが多いのだけれど、これは大当たりでした。
事件を解決して行くのがメインで、法廷での攻防はありません。
これは、弁護士とは立場の違う検事を主人公にしているので仕方の無いこと。(法廷ですったもんだするというのは、被告人を法廷に送り込んだ検事としてしての仕事に落ち度があるということなので…)
「逆転裁判」の良さを継承しつつ、別の切り口を見せてくれていて好感度高いです。
 
 
アサシンクリード2(☆☆☆☆)

実はまだクリアしていない…

こっそり忍び寄ってバッサリやる系は苦手な私(問答無用正面突破力押しの単細胞)ですが、これは面白いです。
高い塔によじ上って街を見下ろすのも、なんか気分良いしね〜〜〜。
そろそろ続きをやりたいです。
なんたって、面白いからってこれに続くシリーズを買い込んじゃってるしね。
 
 
わがままファッション ガールズモード よくばり宣言(☆☆☆)

お店屋さんごっこと着せ替え遊びが同時にできるゲームです。
すごく面白いしハマるのですが、飽きやすいです。
1日のプレイがゲーム内の1日分くらいのペースであれば長く遊べるのではないかと。
あと、デザインがねぇ…
これは前作の時にも思ったんだけど…
子供でも分かりやすいように極端なデザインにしているのか、このゲームのデザイン担当者の感覚が大幅にズレているのか分かりませんが、私からすると悪趣味としか言いようの無いアイテムが大量に存在します。
一般的な感覚でも「今どき誰が着るんだよ、こんな服?!」だと思うんだけどなぁ。
 
 
大神 絶景版(☆☆☆☆☆)

PS2でもプレイしていますが、やっぱり大神は良いです!
こういった良質なゲームが時間の経過で埋もれてしまうこと無く、PS2で遊んだことの無い人たちにも手に取ってもらえるチャンスを得るということは、とても素晴らしいことだと思うのです。
HD ver. で美しくなった映像を確かめようと、少しだけのつもりで起動したのに、すぐに引き込まれてそのままずっと遊ぶことになってしまいました。
今回はトロフィーにも対応しているので、なんとかプラチナを狙いたいところですが…道は険しいです。


この他、

「エンド オブ エタニティ」を2周目からやり直してトロフィーコンプを狙うも、またしてもチョイポリスで挫折
とか
「モンスターハンター P 3rd」にちょこっと復帰

かもありましたが、そのへんは割愛。
 
 
買ったけど手をつけられなかったのは、今年は少ないですよ、私にしては。

ブレイブリー デフォルト
アサシンクリード ブラザーフッド
アサシンクリード リベレーション
とびだせ どうぶつの森

これだけ!

どうぶつの森は始めたものの、一週間もしないうちに放置してしまって、どうも起動する気が起きません。
何故ですかねぇ?
DSの時はすごーくハマったのに。

「レイトン教授 vs 逆転裁判」は、年末年始用に購入しました。
帰省中は据え置きが触れないのでねー。
まぁ、ゲーム自体触れるかどうか分かりませんがw
 
 
さて、問題のラズベリー賞です。
「ちょっと、これはどうなのよ?!」というゲームに捧げる賞なのですが…
やっぱり、あれかな。
べヨネッタかな。
一般的に評価の高い作品にこの賞を贈るのは非常に気が引けるのですが、私にはどうにもこうにもダメだったので。
ホントにゴメンナサイ。
ただもうひたすら、私とは相性が悪かった、ということでお許しください。
 
 
そして、マルチメディア賞。

これはゲーム以外のもので、何かあればということで

ジョジョの奇妙な冒険

そう言う漫画があるのは知っていて、興味もあったのですが、なかなか読む機会が無かったのです。
そんな折、テレビアニメが始まったので「この機を逃す手は無い!」と見始めたら、面白い、なにこれw
こうなると、原作を読みたいのですが…
膨大な量らしいですよねぇ。う〜む。

後はテレビドラマでは「ストロベリーナイト」「ダブルフェイス」が良かったね

って書いて、どっちも西島秀俊が出てんじゃん!
って、セルフツッコミ。
でも、ドラマとしての出来も良かったと思うよ、ホントに。

「妖怪人間ベム」も予想に反して良いドラマでした、これもホントマジで。
 
 
 
今年もいろいろなゲームを楽しみながら無事に乗り切ることができました。
オンラインで一緒に遊んでくれた皆様、本当にお世話になりありがとうございました。
来年も(懲りずに)遊んでやってくださいね。

年明けからは大神のトロフィーを目指し、それが終わったらアサシンクリードの続き…という感じになるかな。

密かに気になっている「ソウル サクリファイス」が春頃に発売される予定なので、それまでに PS Vita を買おうかな…と、考えています。

それと、ドラゴンズドグマとダークソウルの次回作の話もあるみたいなので、そちらも楽しみですね。
 
 
 
最後に、アワード参加予定者のブログをご紹介しておきます

にゃんちゃん(今回の主催者)
直さん
Pinさん
無月さん
MATさん
ミカサさん
いっしんさん
ゼロスさん
midoriさん
リードマンさん
 
 
 
というわけで、皆様、良いお年を!

« 8周年だったりする | トップページ | 謹賀新年 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる