« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

「極限脱出 9時間9人9の扉」クリア後感想(ネタバレは無いはず)

そもそものきっかけは、3DS と PSP VITA の両方から発売されている「極限脱出 善人シボウデス」というタイトルが妙に気になったこと。

なんか、すごくインパクトがあるじゃないですか。

そんなある日…
主婦ゲーマー仲間でお喋りしている時にそのゲームの話題になり、前作である「極限脱出 9時間9人9の扉」を所有しているお友達が貸してくれることになったのです。

あまりアドベンチャーゲームには手を出さない私にとって、とても有り難いことです。
興味を持っても、なかなか自分で買おうという所まで行きませんから。

そういう経緯で、私の元にやって来た「極限脱出 9時間9人9の扉」

最初は、他のゲームの合間にノンビリやろうと思っていたのですが…

いざ、始めてみたら、ノンビリどころの騒ぎじゃなかった!

なにしろ、心の赴くままに選択しながら進んで行って、最初に辿り着いたのは壮絶なバッドエンド。
真相は何も分からないまま。

真相が気になって気になって仕方なくて、ふと気付いたら夢中で解き進めていました、ごめんなさい。
 
ということで、具体的に語ってみます。ネタバレは極力避けます。努力します。
 
 
[ストーリー的なこと]

謎の大型船に拉致されて来た9人の男女。
9つの扉を通って脱出しなければ、9時間後に船は沈没してしまう。
そして、ゲームのルールに従わなければ爆死。

ゲームの首謀者であるゼロとは誰なのか?
その目的は何なのか?

死と隣り合わせであるだけでなく、タイムリミットまで設定された極限状態に置かれ、疑心暗鬼が渦巻く中で難解な謎解きに向き合う彼らは、はたして無事に生還できるのか…
 
 
今作には6つのエンディングが用意されています。
各ルートはゲーム中の主人公の選択によって分岐し、全てのルートを通ることでようやく物語の全貌が明らかになります。

各ルートに散りばめられたキーワード。
それらがひとつひとつ明らかになっていくのは爽快でもあり、なかなか真相に辿り着けないのがもどかしくもあり。

先程も書いた通り、私は最初は何も分からないままのバッドエンドで、その後も試行錯誤を繰り返して最後にグッドエンドと言うか事件の真相が明らかになるエンディングに辿り着いたので、「あぁ、そういうことだったのね!」と、感心することしきりでした。

が、いまひとつ納得し切れない部分も残りました。

これだけ大掛かりなことを企てるだけの資金を、どうやって『ゼロ』は得ていたの?
とかね。

ネタバレになるので、全部は書きませんけど。

真相解明の部分で説明し切れていない点があるのが少し残念ですが、含みを持たせた終わり方というのも無いわけじゃなし。
到達点はともかく、道中に関しては「よく練られたシナリオというのは読んでいて清々しいわ」と感じるほどでした。

登場人物もなかなか良いですしね。
9人9様。
それぞれが期待どおりの役割を演じてくれていて、好感が持てました。
 
 
[システム的なこと]

本作は「ノベルパート」と「謎解きパート」が交互に出て来る構成になっています。

この「謎解きパート」が手強いです。

話しの続きが気になって早く先に進みたいのに、仕掛けが解けなくて扉が開かない!!!

そんな事態が多発してました。

謎解きの最中にも行動を共にしているキャラとのイベントがあったりして、それがまたエンディングに至る重要な鍵だったりもするので気が抜けません。
 
 
システムに関して、とても残念なことが1つ。

繰り返しプレイすることが前提なゲームであるにも関わらず、謎解きパートをスキップできないのです。
一度クリアしたパズルを何度も解かされるのは、正直、面倒です。

謎解きパート中の会話イベントの選択肢によって、その後の進行が変わったりするので(スキップできないのは)致し方ないのかもしれませんが、再考の余地はあると思います。

それでも、謎解きパートはまだ良い。
もっと苦痛だったのは、ノベルパート。

ノベルパートは早送りは出来ますが、こちらもスキップは出来ません。
こちらも重要な選択があるからスキップできないのは仕方ない…仕方ないけど…

長大なテキストを何度も何度も繰り返し読まされるのは、「ごめんなさぁい\(;゚∇゚)/ 」です。

2回め3回めくらいまでは、読み飛ばしてしまった部分を発見するなどのメリットもありましたが、さすがに6回めともなるとだいぶストレスになって来ていました。

既読の部分をスキップできたら、もっと快適にプレイできたのに。残念です。
 
 
そんなこんなで細かいところでは残念な点もありますが、全体的な感想としては

とても面白かった!

緊迫感のあるストーリー展開。
手応えを感じさせる謎解き。

片手間に遊ぶつもりだったのに、ふと気付けば、暇さえあればDSを起動していました。

こんなゲームに出会わせてくれてありがとう。
貸してくれたお友達に感謝です。

こうなると、「善人シボウデス」も俄然気になります。
共通して登場するキャラも居るようですしね。
いずれ、そのうち、そちらもチャレンジしたいです。

   
 
 
 その他のゲームレビューはこちらからどうぞ
 
 

モンスターハンター3G すちゃらか狩猟日記 その14

さて、いよいよナバルデウスの撃退に向かう時が

…って、そう言えば古代のお面ってどうした?

確かに納品して…σ( ̄、 ̄=)

ん〜〜〜???持ってないよな。

え?農場の奥の変な像が怪しいって?

あーーーっ!!!自分で取りに行かないといけないのかっ!

慌てて農場にすっ飛んで行って、像を調べて古代のお面を入手。

村人にあんまり話しかけないからな〜。
危ない危ない。

古代のお面はカヤンバに被せといた。
 
 
さて、準備は整いました。

ナバルデウスの撃退に向かいます!

「モガの村を救え!」

村のスタッフたちのセリフにもそこはかとなく緊張感が漂い、なんだかドキドキします。

ご飯をもりもり食べて、いざ、出陣!
 
 
ざぶんと海に飛び込むと…

でかっっっ!!!

地鳴りを起こしてモガ村を存亡の危機に追いやるくらいだから、やっぱりこれくらいデカくないとな。

ナバルデウスは悠然と泳いで行くだけ。
ワタクシなど風にもてあそばれる木の葉のよう。
あちらは特に攻撃して来るわけではないのに、胸ビレにペシッと当たっただけでダメージ受けています。

まぁ、的が大きいのでこちらの攻撃はよく当たりますが。

適当に刀を振り回していたら、何かが壊れた模様。

ひげ…が壊れたの?

エリアを移動するナバルデウスを追い掛けて、こちらも移動。

っていうか、息が息が苦しいっ!
溺死寸前なんですが!
古代のお面があれば大丈夫なんじゃなかったの?

念のため持って来た酸素玉で回復。
ぷはぁ、死ぬかと思った。

その後もベシベシと攻撃しながらナバルデウスを追って行って、遺跡っぽいエリアに到着。

ナバルデウスもさすがに怒ったのか、攻撃してきます。
攻撃をかいくぐりながら、なんとかこちらも太刀を当てていると

なに?
角を壊せとな?

バリスタとか使うと良いらしい。

エリアの奥の少し上の方にバリスタらしき装置を見つけました。
そこまで辿り着いて、弾を手に入れ発射台に取り付き照準を合わせようとすると…

チャチャ、邪魔だーーーっ!!!

視界いっぱいにチャチャの頭。

撃つぞ、こらっ!

ここぞというチャンスの時に限って、チャチャかカヤンバがヘラヘラ前に出て来て邪魔しくさる。

適当に撃ってたらバリスタの弾使い切るし。

けっきょく、角壊せないままタイムアウト。
 
 
う〜ん、どうすれば良いのかな。

っていうか、なんで古代のお面着けてるのに機能してないの?

と思ったら、サインを出して奇面族を呼んでやらないとダメなんですってね。
そんなの、パネルにセットしてないよ。
チャチャ&カヤンバは今まで野放し状態でした。

チャチャ&カヤンバに指示を出すためのパネルをセット。

これで大丈夫だろ。
カヤンバが戦闘不能中に息切れするとマズいから、酸素玉は持ってくけどね。
 
 
で、2回めの挑戦もタイムアウト。

なんとか角を折るところまでは行ったんだけど、その後トドメを刺しきれませんでした。
角が折れた時点で残り5分だったしね。

でも、2つめのバリスタの位置を把握しました。
遺跡の奥に向かって左の方に、もう一機ありました。

しかし、撃龍槍の使い方、まだよく分かってないし。
 
 
3回め。
わりと良い調子で早々にヒゲを破戒して遺跡エリアまで到達。

「角を壊せ!」指示が出る前から角を狙って攻撃を当てるようにしてるのだけど、なかなか当たらないです。
外れて他の場所に当たってるw
一応、全体的なダメージは稼げてるはずだから良いかな。

ところで、バリスタが上手く当たりません。

アマツマガツチにバリスタ当てるのは、MHP3rd でもよくやってます。
アマツの角よりは、こっちの方が大きくて当てやすそうなんだけどな〜。

正面のバリスタの弾を撃ち尽くしたので、左の方へ移動。

こちらの弾を撃ち尽くす寸前で、ようやく角が壊れました。

またしても残り5分!

間に合うのか?!
またタイムアウトなのか?!

ここからは、もう形振り構わず突進して行って刀振り回しました。

失敗したら失敗したで良いわ、もうヤケクソ!
無我夢中で斬りつけていると

目的を達成しました!

やった〜〜〜、クリア〜〜〜!!!
無事に、ナバルデウスを退けることに成功です。

撃龍槍は一発も当たりませんでした、たぶん!
 
 
村に帰ったワタクシは、もちろん英雄扱いですよ。
いやぁ、戦闘中のグダグダッぷりを見られていなくて幸いだわ。

交易船の船長さんから、南蛮刀をもらっちゃいました。
メイン武器を太刀にしておいて良かった。
 
 
 
次の日記に続いているかも
 
「モンスターハンター3G すちゃらか狩猟日記 」の目次
 
 

モンスターハンター3G すちゃらか狩猟日記 その13

さて、納品依頼「一世一代の勝負」をやらないとね。

毒怪竜の皮とか火竜の翼爪はともかく…

資源ポイントが170しかありませんがっっっ!

ギギネブラは(嫌いだから)まだ1度も戦っていないのに、毒怪竜の皮は持っていました。
ふらっとハンターさんが取って来てくれたのだと思われます。

火竜の翼爪は、武器を作るのにレイアandレウス狩らなきゃならないから、そのついでで良いでしょ。
 
 
ナバルデウスと戦うのも良いけど、いい加減、武器も強化しないとクエが厳しくてしょうがないです。
そっちはしばらく放置しておいて、武器用の素材集めに行くことにしました。

チェーンブレイドから凍刃に強化して氷属性の太刀に。
骨刀アナンタから飛竜刀に強化して火属性の太刀に。
雷属性の太刀が無くなってしまったので、ラギアクルスを捕獲しまくって雷刀ジンライを作りました。
あんなに苦戦していたラギアを、あっさり捕獲できるようになっている自分にビックリ。

ついでに、骨刀アナンタをもう1本作っておきました。
麻痺付きは有り難いし、無属性もあった方が良いかな〜と思ったので。

これで武器はひと通り揃ったということにしておきます。
水は氷で代用できる場合がほとんどだし、龍属性はもう少し先でも…
防具は、下位クエはインゴット一式で押し通すことにします!
 
 
それと、いい加減、ハンターランクも1のままでは情けないので、港クエにも行くことにしました。
武器を作る資金繰りも兼ねて、素材集めの傍ら港クエ★1のキークエを順番に。
港クエは支給品が多くて助かりますw

緊急クエのラギアクルスも軽く倒して、無事にハンターランク2に上がりました。

これで、ふらっとハンターさんに少し細かく指示が出せるようになりました。
とりあえず、大型狙いで行ってもらいましょう。
 
 
なんだかんだで「火竜の翼爪」は揃っていました。
資源ポイントは、持っていた「上質な海綿質」を資源化して稼ぎました。
ロアルドロス装備を作ることは無いだろう、たぶん。
いや、あったとしてもロアルドロスごとき、すぐに倒しちゃる。
(ラギアを軽く狩れるようになって、ちょっと調子に乗ってる)

「一世一代の大勝負」も納品完了。
 
 
では、キークエ「脅威!火山の鉄槌!」に行きます。
ウラガンキン、あまり得意じゃないけど頑張ります。

あれぇ?ウラガンキンに、ぶはぁ〜ってやられると体力回復できなくなる状態異常になるんじゃなかったっけ?
燃えてるな…
記憶違いかな?
回復できないよりは良いけど。

苦手なウラガンキンも無事に突破。

捕獲のタイミングも逃さないようになって来ました。
ほぼ確実に捕獲できてます。
足引き摺って移動したら、とにかく罠を設置!
次に移動するエリアを予測して、その進行方向に罠を設置する。
これを心掛けていると、万が一移動を開始してしまっても、だいたい引っ掛かってくれますね。
(基本的に大型は捕獲するようにしてるのは、トドメ刺すよりも捕獲しちゃった方が楽だからなんだけどね〜)
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「モンスターハンター3G すちゃらか狩猟日記 」の目次
 
 

モンスターハンター3G すちゃらか狩猟日記 その12

村を危機にさらす巨大な生物が海に潜んでいるらしいです。
迷子になっていたチャチャが目撃したそうです。
それを退治するには水中に長く潜る必要があり、そのためには「古代のお面」を作らないといけない

というわけで、納品依頼「古代のお面」が発生。

必要な素材のうち面倒なのは「古代サメの皮」です。
 
 
サメ狩りにはモガの森に行きました。
出現する個体数は少ないのですが、下手にクエ行って失敗!とかになるよりは良いかな、と思って。

サメは普通に武器で攻撃すると消滅してしまって剥ぎ取りが出来ないので、モリで突いて倒さないといけません。

これがまた当たりづらいんだ。

しかし…
やっと倒して剥ぎ取っても、皮が出なかったりとか。

チャチャ&カヤンバが貴重なサメをガンガン倒してるし!

果敢に攻撃するのも考えものだわね ┐( ̄ヘ ̄)┌

ちょっと2人にはお留守番しててもらうことにして、1人で出直してやっと入手いたしました。
 
 
あ、水中での動作はだいぶ上手くなりましたよ。
ラギアクルスと戦うために何度も潜ったからですね。
少しずつですがプレイヤースキルも上がって来ている、と、思いたい!

お面の材料は揃った(他の素材は既に持っていた)けど資源ポイントが無いので、モガの森でポイント稼ぎもしないと。
あまり消耗せずに倒せそうなモンスターだと、ポイント少ないし〜
でも、支給品頼みの極貧ハンターには支給品無しはキツいのよねぇ。

サメの皮を取りに行くついでにチビチビ稼いで、お面を納品しました。


お面を納品すると、クエが追加。

キークエの「空の王者リオレウス!」「氷牙竜・ベリオロス!」をクリアしました。

リオレウスはわりと楽でした。
レイアと違って、それほど毒攻撃して来ないからね。
メスの方が扱いにくいのは人もモンスターも同じ、と言うこと?!

それに、オトモが2人居ると楽だわ〜。

2人とも回復優先になるように踊りを設定してあるので、かなり良い調子で回復してくれます。
攻撃力&防御力アップもガンガン掛けてくれるし。
なにより、囮になってくれるのが有り難いw
 
 
この2つのクエを終えると、村を脅かすナバルデウスの存在が明らかに。

モガ村崩壊の危機で村民の避難勧告とか、かなりヤバい状況のようです。

そんなモンスター、一介のハンターにどうしろと?

まぁ、行きますけどね。

村長の昔話を聞いた後、息子の所に行くと納品依頼「一世一代の勝負」が発生していました。
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「モンスターハンター3G すちゃらか狩猟日記 」の目次
 
 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

その他のハード

ちょっと気になる