« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

ニーア レプリカント プレイ日記 その18

鍵が全て集まったのでポポルさんの所へ行ったら、「気をつけてね」って言われただけでした。
それだけかい。

さてと。
それじゃぁ、クエスト片付けるか。
実際にクリアした順ではなく、依頼を受けた街ごとに書いて行きますね。
 
 
「老朽化2」
依頼人:商店街の噴水前に居る男
発生時期:「老朽化1」クリア後
内容:噴水の修理に必要な素材の納品

噴水のポンプの修理に必要なパーツを求めて、例によって仮面の街の変なモノ屋へGO!
必要な素材は、壊れたモーターと切れたケーブルを各10個
これは有り余るほど持っていたので、その場で渡して、依頼人に報告して終了。
 
 
「宝物」
依頼人:武器屋の主人
発生時期:カイネ復帰後
内容:何処かにあるという宝の地図を探して来る

これは、えらく時間が掛かった依頼でした。
受けたのはだいぶ前なんだけどねー。
なにしろ、地図の修復に必要な素材を揃えるのに時間が掛かったから…

まずは、宝の地図を見つけるところからスタート。
たくさんの古い文献の集まる所と言ったら図書室しか無いので、図書室の棚を片っ端から探して怪しげな古書をゲット。
地図らしきものはあったものの、かなり傷んでいるので困った時の変なモノ屋に駆け込み修復をお願いする。
要求された素材は機械油、ナス、ヤギの毛皮を各3個。
ナスはだいぶ前になんとなく収穫したのをそのまま持っていたので、それで。
山羊の毛皮も少年時代に集めておいたのが残っていたので、それで。
問題は機械油。
ロボット山の飛行タイプのロボが落とすのは知っているんだけど、とにかくレア。
とにかく落とさない。
何度もロボット山に足を運び、難易度をハードにしてみたりしてようやく3個集めました。
復元した地図を持って武器屋に行くと、依頼人が留守だったので奥さんに渡しました。
すると、宝探しにうつつを抜かす夫に代わり、宝探を探して来て欲しいと頼まれたので引き受けることに。
ポポルに地図の解読をお願いすると、宝の在処は石の神殿あることが判明。
石の神殿の2階でガラクタの山を見つけました。
宝ってこれ?
さんざん苦労して地図の復元までして、ガセだったのか。
戻って、依頼人(奥さん)に報告。
奥さんから自分の翡翠の髪飾りを宝だったことにして、夫を宝探しから足を洗わせるよう仕向けて欲しいとの申し出。
髪飾りは売らずに、戻って来た主人にシロがお説教!
改心した主人が別の宝の地図をくれました。
ポポルに解読してもらい、北平原の鉄橋下を調べると…
槍「迷宮の息」を入手。
 
 
「思い出の包丁」
依頼人:(海岸の街)酒場のマスター
発生時期:「機械の理」入手後
内容:特別あつらえの包丁を納品

マスターの思い入れのある一品らしい。
ロボット山で買えると言うので行ってみると、素材を持って来れば作ってやると言われました。

要求された素材はチタン合金10個

…どんな包丁だよ。

とにかくロボット山を何周もして、やっと10個集めました。
もう、やだ。

ロボット山の加工屋に渡して、ようやく包丁を調達。
依頼人に届けました。
マスター、加工屋兄弟のことを気に掛けていたようだけど?
まさかまさか、あの兄弟のお父さんだったりするワケ?
 
 
「フリージア」
依頼人:(海岸の街)武器屋の上の階層に居る男
発生時期:「贄」の鍵入手後(「届かぬ手紙」クリア必須?)
内容:フリージアの花束を仮面の街の素材屋まで届ける

これは壊れ物じゃないからラクチン。

花を届けると、素材屋が昔、崖の村に済んでいたことを話しだす。
まさか、まさか、前に花を届けようとした女性だったりする?
と思ったら、その女性の隣に住んでいた人でした。
件の女性はマモノに襲われたあげくマモノになってしまった、と。
やっぱり、あの時倒したあのマモノは…

依頼人には多くを告げずに報告して終了。
 
 
「続・続・続・続・続・釣りをする人」
依頼人:(海岸の街)釣り名人の爺さん
発生時期:カイネ復帰後(「続・続・続・続・釣りをする人」クリア必須)
内容:砂魚を3匹釣る

砂漠の船着き場で、餌はルアーで釣れました
 
 
「続・続・続・続・続・続・釣りをする人」
依頼人:(海岸の街)釣り名人の爺さん
発生時期:「続・続・続・続・続・釣りをする人」クリア後
内容:ロイヤルフィッシュを3匹釣る

東街道の川。餌はミミズ
 
 
「続・続・続・続・続・続・続・釣りをする人」
依頼人:(海岸の街)釣り名人の爺さん
発生時期:「続・続・続・続・続・続・釣りをする人」クリア後
内容:ブルーマーリンを2匹釣る

依頼人の側の砂浜。餌はサーディン
 
 
「釣りをしていた人」
依頼人:(海岸の街)釣り名人の爺さん
発生時期:「続・続・続・続・続・続・続・釣りをする人」クリア後
内容:ハイネリアを1匹釣る

砂漠の船着き場。餌はサーディン。

ハイネリアをぶら下げて海岸の街へ戻ると、爺さんが居ません。
なななななんと、亡くなったと?

爺さんが、楽しそうに釣り講義をしていたというのが、せめてもの救いかな。
合掌。
 
 
「新作料理2」
依頼人:(海岸の街)酒場のマスター
発生時期:?「新作料理1」クリア必須…かもしれない
内容:料理の材料、オオナマズと米を各10個納品

大ナマズは、東街道で釣れました。餌はフナがよろしいようで。
米は購入。
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その17

仮面の街に行く前にクエスト消化。
 
 
「友達」
依頼人:南門付近の男
発生時期:「贄」の鍵入手
内容:村に現れるというマモノの調査

依頼人の近くに来た女の子に話しを聞いて川辺に行ってみたけれど、何も無し。
もう一度女の子から話しを聞き、今度は図書館前へ。何も無し。
村の住人から得た情報をまとめると、子供が子供サイズのマモノと一緒に居るところを目撃されている模様。
女の子からもう一度話しを聞く。
女の子が「居なかった」と証言した場所に行くと…
居た…
見つかったら退治されちゃうの分かってて嘘をついてたのね。
倒して良いのかな…
相手は無抵抗だし、ひじょうに躊躇われるのですが、やむを得ず倒しました。
胸が痛むなぁ。
 
 
「大きな力」
依頼人:北門付近の男
発生時期:石の神殿で謎の石片入手後
内容:北平原に時おり現れる大型のマモノの討伐

北平原の橋付近に出現。
これまで出会うたびに逃げていましたが、やっと倒しました。
倒すと、ワードと片手剣「迷宮の声」を入手。
 
 
「南平原の主」
依頼人:(海岸の街)郵便局員
発生時期:石の神殿で謎の石片入手後
内容:南平原に時おり現れる大型のマモノの討伐

こちらも、今までずっと逃げ回っていましたが、やっと倒しました。
ワードを入手。
 
 
「管理人の居ない灯台」
依頼人:(海岸の街)灯台前に居る男
発生時期:青年期開始直後
内容:灯台の修理に必要な素材の納品

割れたレンズ、壊れたバッテリー、謎のスイッチを各10個
割れたレンズだけ個数が揃わなかったので、ロボット屋の加工屋で買って済ませました。
 
 

***

 
 
砂漠へ。
シロがいきなり崖の村に恋人を迎えに行ったことを話し始めました。
あぁ、そうか、フリージアのクエストを受けているからか。
あの時の一件と何か関係があるのかな?

マモノと戦いながら砂漠をウロウロしていたら、「ワードマスター」のトロフィーが来ました。
まだ50%だって。
 
 
仮面の街
王の館へ行くと、スッカリ大人っぽくなった王とフィーアがお出迎え。
そうかぁ、あのフィーアが王妃さまか〜。

ひとっ風呂浴びて、くつろぐ一行。
シロは風呂場でふやけちゃったりしないんだろうか?

カイネは自分は祝いの席に並ぶことを躊躇っておりますが、この街の人は掟に書いていないことは気にしないから大丈夫、と、お兄ちゃん。
なるほど。
下着姿でウロつくのはどうかと個人的には思うが、「下着姿で人前に出るべからず」という掟は無いのかもしれないし、そもそもカイネの着ているものが下着だとは思ってないのかもしれない。

面倒見のいいお兄ちゃんは、興奮気味のエミールを寝かしつけ、王の愚痴も聞いてやります。

エミール、なんか変なこと言ってたな。
やたらと羨ましがってたけど、嫁が欲しいって言うよりむしろ自分が嫁になりたい的な???
 
 
結婚式当日。
みんなで浮かれているところへ、無粋な狼が乱入。

マモノ化した狼に率いられた狼の群れを撃退しました。

が、フィーアが…
(あれ?フィーアって声が出ないんじゃなかったの?)

幸せの絶頂でフィーアを失った王は怒りに任せて追撃しようとするけれど、副官に説得されてひとまず引き下がりました。

でもまぁ、あの鉄砲玉がこのまま大人しくしてるワケ無いよね。

様子を見に行くと、やはり決意は固いようで仇討ちに行く気満万の王。
承知。助太刀いたす。

王さまは、とても扱いやすそうな感じの片手剣「古の覇王」をくれました。

王さまとともに狼討伐に行こうとすると、副官と兵士諸々が立ちはだかる。
王と共に狼討伐に向かうにはいくつかの掟に背くことになるから、全ての住人を説得して回って来たって。

そうか、あれかー!
5年前に少年Aが付け足した、「ちょっとこれは無いんじゃね?」って掟があったら住民投票で変えられるっていう、ワイルドカードみたいな掟0番!

いや、もう、なんなの、この人達。
泣けて来ちゃうじゃないの。
 
 
王とその家臣も引き連れて、そのまま狼の巣へ移動。

みんな一緒に戦うのね。

最初は普通の狼ばかり。
王が狙われているらしい(それにしては、お兄ちゃんもよく吹っ飛ばされてますが)ので、なるべく王の周りに寄って来る狼を優先的に排除。

狼を全て片付けると、ボス狼が下りて来ました。

動きが速いので魔法は当てづらいです。
重い剣も空振りしがちなので、先程もらった「古の覇王」で対抗。

実に呆気無く倒してしまいました。
 
 
悲しみに暮れる王を見て、「みんなマモノのせいだ」とお兄ちゃんは言うけれど、本当にそうなのかなぁ。
マモノも黒文病も、この世界は、あまりに分からないことが多過ぎるような気がするですよ。

「忠誠のケルベロス」入手。
鍵が全て集まってしまいましたね。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その16

さて、崖の村に行きますよ。

あら…
相変わらず陰気くさく引きこもってるじゃないの。
村長も手紙なんて知らないって言ってるし。
引きこもってる人達はともかく、と。
奥の方の広場に人が居るので行ってみると、本当にお店は出来ていました。
1人、衛兵がでっかいトークアイコン付けてるのでコイツに話しかけるのは後回しにして、お店を覗いてみると大した物は売ってませんでした。

満を持して衛兵に話しかけると…

マ、マモノッ?!

マモノに取り憑かれているのか、人がマモノ化しているのか、どっちなのかよく分かりません!
分かりませんが襲って来るヤツは倒すしか無いので、倒しますとも!

マモノも元は村の人達…
誰かの家族だったり友達だったりするワケで

そうなると、まるでこっちが悪者みたいです。

いや、気持ちは分からないじゃないけど、マモノは放置しておくワケにはいかないし。
現にマモノは容赦なく襲いかかって来るし。
とてもとても複雑な心境です。

カイネと合流すると、カイネは姉弟の前に居て、姉の方はマモノだと言ってます。
見た目は人間ですが、マモノ化が進むと完全にあのワヤワヤした身体になるんですかね。

「お前たちこそマモノじゃないか!」と弟に言われ、さすがのカイネも怯んだ。
(うん、まぁ、確かに…お兄ちゃんはともかく、カイネは半分マモノだし、エミールも見た目あんなだし…)
その隙に完全にマモノ化した姉の方が襲いかかって来て、カイネは深手を負ってしまいました。

うわぁ〜、カイネ、またかぁ!
アンタ、何度、瀕死になったら気が済むの〜〜〜っ!
ここでまた暴走なんかしたらどーすんのさっっっ!

襲いかかって来る大量のマモノを追い払っていると、さっきのお店のあった広場で人が襲われていると言うので、引き返します。

村の中央に、黒い渦が出現してますよ?

広場で暴れているマモノを一掃すると、黒い渦から巨大な球体が姿を現しました。
あれが村の人を巻き込んでマモノ化してるって?

ある程度ダメージを与えると、エミールが引きつけている間に後ろから攻撃しろと指示が飛びました。

う、後ろ?高い所?
ど、どこっ?

あぁ、村長の家の方に向かう途中の通路が良いみたいね。

ものすごい数の魔法弾を避けながら、なんとか魔法を打ち込みます。

よし、当たった!

あぁ、逃げた。

追い掛けるっ!
シロは奥に逃げたって言ってるけど、マップ的には奥じゃなくて村の入口の方です!

エミールと力をあわせてトドメを刺したけれど、エミールが暴走。

……あぁ、なんてこった。

崖の村が消滅してしまいました。

エミールは相当なショックを受けて泣きじゃくっております。
まぁ、当然だよね。
でも、やむを得なかったのかも。
あの球体をどうにかしないことには、もう崖の村全体がマモノ化して、お兄ちゃんたちだけでは手の打ちようが無くなってただろうし。

「もう振り返るな」と言うお兄ちゃん。
これまで数々の修羅場をくぐり抜けて来たお兄ちゃんだからこその、重みのある言葉だよなぁ。

しっかし、カイネもエミールも、暴走したらとんでもないことになるね。
爆弾を抱えてるようなもんだな。

「贄」の鍵を入手。
 
 
それにしても…
マモノとか黒文病とかマモノ憑きとか、ワケ分からなくなって来たな。
けっきょく全部同じものなんじゃね?って気がするんだけども。
 
 
ポポルさんは相変わらず特に情報は無いようだけれど、手紙が届いているらしいので確認に行ってみる。

仮面の街の王からの、結婚式の招待状でした。

暗いご時世の中、明るい話題をありがとう。
王さまとは浅からぬ縁もあるし、是非ともお祝いに駆けつけなければ。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その15

神話の森

最近、村の御神木から妙な気配がするとか。

さっそく調べてみると…

またノベルか〜〜〜。

シロじゃないけど、苦手なんだよな。
本は読むけど、ゲームの中で文字を読まされるのは超苦手なのですよ。

ふぅ。
陰気くさいノベルだった。

夢(?)の中で、記憶を喰う『樹』を破壊したことで、鍵「記憶する樹」が手に入りました。
意外とあっさり手に入ったな。

にしても、この村の住人は話が長い。
話しかけたことを後悔したよ。
 
 
ロボット山の弟から連絡が無いか、村に戻ってポストをチェック。

修理は完了しているようです。
他にも用があるらしいです。
 
 
ロボット山再び。

用件とは「この剣をあげるから、兄の敵討ちをお願い」だそうで。
やっぱりね、そう来るよね。
なんでも、ロボットとマモノが手を組んでいるらしい。
マモノと言われたら、黙っちゃ居られないよね。
まぁ、言われるまでもなく、そのつもりだったし。

ロボット山B2Fに行き、今度はトロッコゾーンの方に進みます。
あんまり嬉しくないけどね、トロッコゾーン。

トロッコに飛び乗ったら、一心不乱に剣を振り回しながら突破しました。
(エミールは一緒にフワフワ付いて来て、時々回復までしてくれるのに、涼しい顔で先回りしているカイネ、オマエってヤツは…)

最深部まで進み、エレベーターでいったん1Fに上がるとセーブポイント。
床にはこれ見よがしの大穴。

ここに飛び込めってことね!

えいやぁっ!と飛び込むと、頭にマモノを乗せたロボットが登場。

まずは足下を狙って攻撃。
ある程度ダメージを与えると、その辺のガラクタをくっ付けて羽根にしちゃいましたよ!
うわ、飛ばれると厄介だ、攻撃が当てづらくなるぅ!
とにかく、撃ち落とせ!
なんとかダメージを与えると、ロボットの頭に乗っていたマモノが落下して来ました。
雑魚マモノも湧いて出た。
ロボットはしばし放置して雑魚を片付けます。
最後にロボットにトドメ。

ふぅ。

おや、弟が来た。
そうか我々があらかた敵を片付けた後だから、ここまで来るのも楽だったろう。

しかし、この弟、かなり壊れてますね。
目の前で兄にあんな死なれかたしたら無理もないか。

鍵「機械の理」を入手して、ロボット山を後にします。
 
 
何か進展が無いか、ポポルに聞きに行きます。
崖の村に鍵に関する何かがあるかも、とのこと。

崖の村から手紙が来ているそうで、閉鎖的だった村が急に商売っ気をだし、折よく鍵の情報まで舞い込むとは、いささか話しが出来過ぎなのでは?と、シロが言います。
まぁね、私もそう思うよ。
上手いこと誰かに誘導されているんじゃないかってね。
少年期の「封印されし言葉」集めの時もそうだったワケだし。
でも、ヨナを取り戻すためならどんな危険も厭わない兄は、承知で罠に飛び込むのであります。

マモノは皆殺しって…
お兄ちゃんも、けっこう病んでるよね。
 
 
ロボット山でさんざん暴れて素材がだいぶ貯まったので、クエストを消化しましょうね。
本編のイベント進行中だったり、他のクエストが進行中だったりすると、別のクエストに関する会話が発生しなくて困るよね。
おかげで、中途半端な所で放置されてる依頼がごっちゃり。
さぁ、一気に片付けるわよ!

仲間が増えて、移動中の会話が楽しいね。
クエスト受注中だと、それに関することとかお喋りしてる。
喋ってるのは、ほとんどシロとカイネで、たいていの場合、罵詈雑言大会になってるがなw
いや、いいコンビだと思うよ、この2人。
 
 
「新しい交易」
依頼人:(海岸の街)船着き場の船上に居る男
発生時期:青年期開始直後(「新たな商人」クリア必須)
内容:船酔いを治すクスリの材料を調達

仮面の街の変なモノ屋で「マンドレイクの葉」を購入
続いて、ロボット山の加工屋で「ガマの油」を購入

船酔いの薬ではなく別の薬が出来てしまったようですが…
これはこれで商売になるかもってことで一件落着。
 
 
「家の修繕」
依頼人:豚の世話をしている(?)男
発生時期:青年期開始直後
内容:家の修繕に必要な素材の納品

修繕にチタン合金10個も必要な家って、どんな家だよ?
壊れたモーター10個も、なんに使うんだよ?
どうにかかき集めて納品完了。
 
 
「老朽化1」
依頼人:道具屋の隣に居る女性

発生時期:青年期開始直後
内容:村の水車の修繕に必要な素材の納品

仮面の街の変なモノ屋で調達できるかもと言うので行ってみる。
残念ながら、パーツそのものは無かったけれど、素材があれば作ってくれると言う。
鉄鉱10個と丸太10本を変なモノ屋に渡して、依頼人にその旨報告して終了。
 
 
「最低な男」
依頼人:商店街南側入口付近に座っている女性
発生時期:「機械の理」入手後
内容:行方不明の彼氏の捜索

まず、神話の森に行ったという情報を入手し現地へ。
この村に住む男の妻と駆け落ちして、どうやら海岸の街へ向かった模様。
海岸の街で聞き込み調査を行った結果、ロボット山に向かったという情報を入手。
ロボット山で、それとなく確認。

…あの時の男か。

えーっと、彼女を放り出して向かった神話の森で出会った人妻と駆け落ち、その人妻を捨ててロボット山に行き子持ち女性と逃避行しようとして死亡…
自由奔放な人生だな。
それだけ好き放題やって死んだのなら、男は本望だったのかもしれないな。

依頼人に詳細は伏せて報告して、クエスト終了。
 
 
「マモノの軍隊」
依頼人:ロボット山の加工屋
発生時期:「機械の理」入手後
内容:ロボット山に出現するようになったマモノの討伐

まずは、エレベーターを修理するための素材を要求されました。
壊れたバッテリーと壊れたモーター各5個は既に持っていたので、その場で渡しました。

ロボット山2階に行くとマモノが居たので、それを退治。
報告して終了。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その14

ポポルさ〜ん、こんなの拾ったよ〜〜〜。

石の神殿で拾った謎の石版のカケラを持ってポポルさんの所へ。
 
「あと4つの石片を集めると、魔王の居所への扉が開くのかも」

だってよ?
なんで、それっぽっちの情報でそこまで分かるんだ?

なんとなく怪しい臭いがプンプンしてきたポポルさんですが、他にアテも無いのでその言葉を信じて前に進むしかありませんな。

石片のうち、2つはロボット山と神話の森にありそうだとか。

そうか、ロボット山に行ってみるか。
クエストに必要な素材も集めなきゃならないしな。
 
 

***

 
 
ロボット山へ行く前に、素材集めでないクエストを3件消化。

「愛読者」
依頼人:(洋館)執事
発生時期:石の神殿クリア後
内容:図書室に居座る魔物を退治する

セバスチャンからのお呼び出しで行ってみると、色々調べたいことがあるのに図書室にマモノが居座っていて仕事が進まないと訴えられたので、様子を見に行ってみる。

やたらと体力があるけれど、逃げ回るばかりで特に何もして来ない…
ボコボコ殴っていたら、「チェイン100」のトロフィーが取れてしまいました。
ちょっと倒してしまうのが可哀想な気がしました。
 
 
「エミールへの手紙」
依頼人:(洋館)執事
発生時期:石の神殿クリア後
内容:地下の施設の再調査

エミールの姿を元に戻す方法についての手掛かりがないか、地下施設を調べて欲しいとのこと。
あれからさらにマモノが増えて、執事には近寄れなくなってしまったんだそうな。

マモノを蹴散らしながらズンズン進んで行き、B2Fの小部屋で「所員リスト」を入手。
他にめぼしい物は見当たらないので戻る。
海岸の街に住んでいた所員が居たことが分かったので訪ねてみる。
所員の子孫らしき住人から暗号めいた手紙を譲り受ける。
エミールの母親代わりになってくれていた女性が居たことが判明。

みんなサラッと流してるけど、あの研究所で実験が行われていたのは数百年前の話しなのよね…?
となると、あのセバスチャンも普通の人間でないと考える方が自然よねぇ。
彼が精巧に作られたロボットだったとしても、私は驚かないわ。
 
 
「巨木調査」
依頼人:(海岸の街)道具屋の側に座っている老人
発生時期:石の神殿クリア後
内容:石の神殿の巨木を調べる

何か不思議な力を感じる石の神殿の巨木を調査しに行ってみることに。

石の神殿1Fホールの巨木の根っこを調べようとすると、大量のマモノが湧いて出ました。

とととととにかく、立ち止まるな!
足を止めたら、やられるぞ!

必死になって走り回りながら両手剣をブンブン振り回して雑魚をぶっ飛ばしている間に、カイネとエミールが寄ってたかって大型のマモノを攻撃してくれていたようで。
ふと気付いたら、あらかたHPを削ってくれていました。

木の根を採取して依頼人に届けます。
大昔に植物が死滅してしまったことがあり、その後復活して今に至る…らしい。
(このお爺ちゃん、ただのひなたぼっこしている老人ではなかったのね)
何か分かるといいね。
 
 
さて、中途半端に手を付けているクエストが、みんなロボット山がらみになってしまったのでロボット山に行きますか。
 
 

***

 
 
ロボット山。

素材集めに行った加工屋兄弟が瓦礫の下敷きになり、兄の方ががががが!!!
…あぁ、そうか、これ、過去の話なのね。
その時の事故で兄は亡くなり、弟が1人で加工屋を続けている模様。

加工屋弟はこちらが欲しい情報は特に持っていないようですが、両手剣「鉄塊」をくれました。
ただ、修理するのに「形状記憶合金」が必要だと言います。

分かりました、取って来ましょう。

なんとなく上手いこと誘導されている気がしなくもないけど、素直にロボット山に向かう一行。

B2Fに下りて、ロボットを倒しながらどんどん奥へと進んで行きます。

何がイヤって、ここは回復アイテムの補充が出来ないのがイヤ。
ロボットが落とすのも、木箱を壊して出て来るのも、ワケの分からないガラクタばかり。
ボス前までにアイテム使い切るんじゃないかと冷や冷やモノよ。

うん、でも、たまにエミールが回復してくれてるよね。
もっと頻繁に景気良く回復してくれないかな〜。

行き止まりの部屋に辿り着いたら、BGMがボス戦になって大型のロボットが出て来ました。
これを倒して「形状記憶合金」を入手。

瓦礫を爆弾で壊して、元来た道を戻ります。

弟に素材を渡すと、修理が終わるまで時間が掛かると言う…
最初に言ってよ。

剣と素材を預けて外に出ると、二択。
神話の森に行くか、ポポルに会いに行くか。

う〜ん、神話の森に行ってみるかね。
とりあえず、何か見つかりそうだし。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その13

石の神殿に行く前に、クエストを片付けましょう。

「病気の子供」
依頼人:食料品屋
発生時期:カイネ復帰後
内容:原因不明の病に倒れた子供を救え!

まずは、村の中の子供らを取っ捕まえて事情聴取。
子供だけで神話の森に行くという大胆なことをやらかしたようなので、神話の森に行ってみる。
神話の森の奥の巨木を調べて毒々しい実を入手。
不味いだけじゃなく強烈な毒のある実で、それを食べたお兄ちゃんはひっくり返っちゃいました。
カイネは平気で喰ってますよ!しかも美味いって!
なにはともあれ、解毒剤が手に入ったので、これを依頼人に届けてクリア。
 
 
「散らばった積荷」
依頼人:(海岸の街)噴水広場に居るお婆ちゃん
発生時期:青年期開始直後
内容:難破した船から流出した積み荷の回収

その辺の砂浜に転がってるかと思ったら、意外と広範囲に散ってました。
(海岸の街の砂浜、北平原の鉄橋下、村の中を流れる川)
一応、依頼人との約束を守って中は見ないで回収しました。
海岸の街の道具屋に口添えしておいてくれたそうです。
(品揃えとか変わってるのかな?)
このお婆ちゃん、ただ者じゃないわね?
 
 
「宝石の行方」
依頼人:(海岸の街)港に居る女性
発生時期:青年期開始直後
内容:宝石「人魚の涙」を探してほしい

噴水広場に居る女性から、灯台守の老婆が宝石に詳しかったという情報を入手。
灯台を調べて、古い手紙を入手。
郵便局員と会話し、奥の部屋を調べて宝石を入手
宝石をどうするか三択。
3つめはあり得ないな…
灯台守の婆さんにとっても大事なものだと思うけど、依頼人にとっても大事な祖父の形見だし。
ここは、生きている者を優先して依頼人に渡しました。
まぁ、婆ちゃんも分かってくれるだろ。
 
 
「故障した船」
依頼人:(海岸の街)船着き場の男性
発生時期:カイネ復帰後
内容:故障した船の修繕に必要な材料を揃える

必要なのは
丸太5本、凹んだ金属板20枚、磨り減ったネジ10個
それくらいなら、既に持っていた。
その場で渡して終了。
 
 
あとは、ロボット山で集めないといけない素材が必要な依頼ばっかり。
う〜ん、チタン合金とかレアじゃなかったっけ?
後回しにするか。
釣り関係も後回しだ。

北平原の橋付近に大型のマモノが〜〜〜!
これが依頼のターゲットね。
ちょっかい出してみたけれど、現時点では敵いそうも無かったので逃げちゃいました!
同じく、南平原のターゲットも逃げた!

いいよ、ヘタレと呼んでくれても。

***

クリアできそうな依頼も無くなったし、石の神殿に行ってみちゃいますかね。

村の船着き場から船に乗せてもらって石の神殿の裏手へ。
船着き場の側に、槍「王妃の玉座」が落ちてました。
そう言えば、槍って使ってないな。
他のゲームでは槍スキーな私なんだけど、このゲームでは、使ってみたら妙に使いづらかったのでそれ以来封印してます。

えっちらおっちら梯子をよじ上って、横穴から石の神殿に進入。

少年時代に来た時と同じルートで上に進みます。
マモノは微妙にパワーアップしている気がします。
途中の道を塞ぐブロックの数が微妙に増えているような気もします。

屋上まで進み、セーブポイントに到着。
近くに、両手剣「百獣の剣王」が落ちていました。
確か、「全武器を集める」っていうトロフィーがあったよねぇ。
どこかで取り逃していそうな気満々…
初めて行った場所では、木箱は残らず壊してるはずなんだけど。

扉を開けて礼拝堂みたいな例の場所に入って行くと

あら、いつぞやの?

以前にシロを封印していた衛兵みたいなマモノの片割れが飛び降りて来ました。
今度は1体だけど、小物を召喚します。
でも、まぁ、こっちもカイネとエミールが居るしね!

楽勝楽勝!

と、さっさとトドメの一撃を決め込むと、その攻撃が当たった弾みで敵の武器が吹っ飛んで、あろう事かカイネにヒットしてしまいました!

うわ〜〜〜!!!

ちょっと、かなりヤバくない?
少年期の終わりのお兄ちゃんの刺されっぷりも酷かったけど、このカイネの傷もどう見ても致命傷…

瀕死のカイネが「逃げろ」と。
見れば、カイネの身体に黒い文字がわやわやと浮かび上がって来てるじゃないですか。
これって、黒文病の症状じゃなかったの?
カイネってマモノ憑きだよね?黒文病じゃなくて。

オロオロしているうちに、カイネはマモノ化して襲いかかって来ました。

ひぇぇぇ!

剣ではなくて魔法で攻撃しろ、とシロが指示を寄越す。
そうか、身体に深手を負わさない程度に適度なダメージを与えて大人しくさせようっていう作戦ね?
っつーか、さっきので相当なダメージ受けてるはずだけど!

とにかく、魔法で!
カイネはすばしこく飛び回ってるけど、なんとか当たる。

ふぅ。
エミールの熱い説得も功を奏したのか、カイネが正気に戻りました。
さっきの傷もきれいに消えて、ピンピンしてます。
なんだかよく分からないけど、とりあえず良かった。

祭壇の所で光っている物体を拾い上げると、石版のカケラのような物で何やら文字が刻まれています。
まったく読めないので、物知りポポルさんの所に持って行くことに。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その12

5年後。

少年Aは立派なイケメンに成長していました。

世界はあれからさらに荒廃し、魔王とヨナの行方は分からないまま、少年A(いや、もう青年だな)は、シロと共にひたすらマモノを狩る日々を送っていた模様。

5年の修行の成果で、両手剣と槍が使いこなせるようになっていますよ。
逞しくなったなぁ。

村に入り込んだマモノを片付けたら、ポポルさんの所へご挨拶に。

エミールから手紙が届いていて、カイネの石化を解くヒントが見つかりそうだとかなんとか。

エミールの家に向かう前に、当然のように依頼が無いかチェックして回る青年A。
いくつか引き受けたけれど、どれも素材集めが必要だったりして面倒くさそうなので、クリアしたのは1件だけ。
 
 
「荒んだ村」
依頼人:道具屋
発生時期:青年期開始直後
内容:商品を盗んだ犯人を捜す

商店街を回って情報収集。
水車近くに居る子供に話しを聞き、その父親に会って、依頼人に報告して終了。
実の親がどうしようもないなら、他の大人たちが子供を守ろうってとこか。
 
 
エミールの住む洋館へ。

セバスチャン、元気だった?

エミールは…

…変わってないのね。

てっきり、良い感じのイケメンに成長してるかと期待してたのに。
だってねぇ、主人公が少年から青年に成長してるんだもの、エミールだって成長してると思うじゃない、普通。

誰も気にしてないみたいなので、用件を聞きますかね。

この洋館の「計画室」とやらに、全ての魔力をコントロールする方法が隠されている、らしいです。
でも、マモノだらけで危険なため執事には探しに行けないので、代わりに行ってくれろ、と。

ほうほう。そう言うことなら行きますよ。
カイネの石化も解けるかも知れないってンなら、なおさらね。

エミールが仲間になりました。

中庭の噴水の所を調べると隠し階段が現れて、怪しげな地下施設への道が開けました。

洋館とは明らかに雰囲気の違う、病院のような施設です。

マモノを蹴散らし、カードキーを拾いながら進んで行きます。
このカードキーが、けっこう見つけづらい所に落ちていたりして。
あと、あまりエミールと離れちゃいけないみたいです。
何度もシロに怒られました。

途中に大量のマモノが襲いかかって来る場所があって、そこで「チェイン50」を達成してしまいました。
ただもう、ひたすら両手剣を振り回していただけです、はい。

大型も2体ほど出ましたが、難なく退けてセーブポイントに到着。
ここまでで拾い集めた資料で、ここで何が行われていたのか薄らと見えて来ましたよ。
 
 
妙なモノが壁に磔になってます。
それを見たエミールが自分の素性を思い出しました。

かつて、ここでは魔法実験で兵器を作り出す研究をしていて、エミールは姉と共に披験体だった。
他の献体は機密保持のために処分され、最終兵器として改良された姉が暴走してしまったため、それを止めるために予備として残っていたエミールが…

そうか、石化能力はそのために与えられた力で、成長しないのは彼が「普通の子供」ではないからなのね。

ってことは、そこで磔になってるのは6号?お姉さん?

お姉さんの魔力なら、石化能力を消せるはず!
お姉さんに取り込まれちゃったら、ボクを殺してね!

って、エミール、ちょっと待った!
こらっ、勝手なことすんな!

ああああああ、エミールが6号と融合しちゃってないか?
とにかく、エミールを引きずり出す!

6号には魔法しか効いてないみたい。
壁に張り付いたりして不気味に動き回る6号を、必死で魔法で狙い撃ち。
やたらトドメ刺すのに手間取って、何度もやり直しましたよ。
よく狙って撃ってるつもりなんだけど、それ以前に
ターゲット出た!
MP空っぽ!
とか、よくある事態なんで…
 
 
なんとか、6号を大人しくさせてエミールを引き離したけれど

石化を制御できるようにはなったみたいだけど

エミールの姿が…

エミール=実験兵器7号だったとはなぁ。
取り説見ながら、いつ仲間になるのかなぁって呑気に思ってたよ。まさか、こんな展開とは夢にも思わず。

変わり果てた自分の姿に動揺するエミールを、そっと抱きしめるお兄ちゃんは素敵です。
 
 
そのまま自動的に村に戻り、カイネの石化を解きます。

もちろん、5年前のアレが出て来るワケで。

あの時のオイラとは違うんだぜ!

とばかりに、簡単にマモノをやっつけました。

カイネもお目覚め。
石化していたカイネは時が止まっていた状態だから、お兄ちゃんとちょうど良い歳格好になってますね。
あの小僧が、こんなイケメンになっていて、カイネもさぞかし…

あ、今、カイネ、きゅんってしたでしょ、きゅんって。

容姿が変わってしまっても、一目でエミールと分かったカイネも素敵。

皆で再会を喜びあっていると、ポポルさんが話しがあると呼びに来ました。
しみじみしてたのに、無粋なことするわね。

用件は、村の人達が怖がるから、カイネとエミールを村から追い出せって。

ちょっと、それ酷くない?
カイネは自分の身を犠牲にして村を守り、そのカイネを助けるためにエミールはあんな姿になっちゃったんだよ?
シロのことは平気で受け入れてるのにね。
ふわふわ浮かんでくっ付いて来る、口の悪い古本もかなり不気味だと思いますが!

お兄ちゃんもムッとしたようだけど、ここはポポル&デポル姉妹の顔を立てて、大人しく言うことを聞きます。
 
 
一晩寝て頭を冷やし、ポポル&デポル姉妹に話しを聞きに行くと、耳寄り情報が。

石の神殿が魔王の居所に繋がっているっぽいとか。
船が使えるようになっているから、自由に使っていいって。
(逆に言うと、陸路はマモノだらけで危なくてしょうがない、と)

さっそく石の神殿に行きたいところだけど、受けられるクエストを片っ端から受けて放ったらかしにしてあるから、そっちを先に片付けようかな。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その11

洋館での一仕事を終えて村に帰ると…
あれれ?様子が変じゃないか?
ヨナもとっても苦しそうにしています。

困った時のポポルさん。
薬をもらいに行ったけど、調合用のセキトリゴケが無いと言うので採取しに行きます。
(セキトリゴケって「咳取り苔」ね。「関取り苔」だと思った人が約1名)

南門で苔を採取して戻ろうとすると、フラフラのエミールが!

とりあえず、倒れてしまったエミールをポポルさんの所に運びました。
特に怪我も無く疲れているだけだと確認したところで、怪しげな物音。

門を破ってマモノの大群が村に侵攻して来ました〜〜〜!

少年Aはまっすぐにポストに向かって走る!

ひぃぃぃ、セーブできないっっっ!

「手紙なんぞ書いてる場合か!」って、いや、こんな時だからこそ…

分かったよ。
行けばいいんでしょ、南門に。
くっそぉ、絶対に死ねないぞ。
なにしろ、最後にセーブしたの、洋館の図書室前だからなっ!

商店街はマモノだらけ。
その後ろでは、ばかデカいマモノが暴れていますよ。
ボスの方に行きたいのだけれど、手前の雑魚が邪魔で辿り着けません。
あぁ、すごいダメージ喰らってるし。

どうにか雑魚の数を減らして、ボスの腕をぶっ千切ってやったけど、再生しちゃうしー。

回復アイテムがどんどん減って行くので、雑魚を倒して傷薬を集めたりなんかしている間にボスは橋の上に移動。

口の中に魔法を打ち込めとな?
どこが口だよ?
なんとなく口っぽいところに魔法を当ててみる。
…正解だったみたい。

でも、ちっとも堪えてないみたいね。
ボスはどんどん村の中へと移動して行って、どうやら皆が避難している図書館を目指している様子。

いつもは村に入らないカイネも、さすがにすっ飛んで来て参戦。
ってか、かなり嬉しそう。
そんなに暴れたいか。
そうか、存分に暴れてくれ。

カイネと一緒にボスを食い止めます。
ボスが図書館に辿り着く前にトドメを刺せないとゲームオーバーです。
相変わらずトドメの一撃を外すので、2回も失敗しました。
(失敗すると、図書館前からのリスタート)

どうにかボスを図書館の手前ギリギリで食い止めると、今度は中から悲鳴がっ!

マモノが入り込んでいるじゃないか!
エミールも参戦して一掃。

これで一安心かと思いきや、さっきのボスが頭だけになって入り込んできました。
どんだけ根性あるんだ。
いいから、そんな根性見せなくて!

触手にいっぱいターゲットが出てます。
わさわさ動いていて魔法よりむしろ剣の方が攻撃当たるので、ガンガン剣を振り回します。
全ての触手を破壊して、頭にトドメの一撃を与え、図書室の地下に放り込んで一件落着

…じゃないのね。

マモノの血から、何か出て来ましたよ?
マモノの王ですと?
ダークサイドに堕ちたリクみたいに見えますよ?
っていうか、少年Aがダークサイドに堕ちたら、きっとあんな姿になると思います。

そのマモノの王はヨナを抱えて宙に浮いているし、探していた黒の書が自ら進んで姿を現すし。

黒の書と白の書は対になっていて、魔王のために果たすべき使命があるらしい。
シロはスッカリ忘れているようですが。

シロを少年Aに引き合わせたのも、封印されし言葉を集めさせたのも、みんな魔王が仕組んだことだった、と。

クロに取り込まれそうになるシロをカイネが罵倒。
クソ本だの、クズ紙だの言いたい放題です。
カイネの悪態によって戻りかけたシロに向かって、エミールも熱弁を振るう。
いや、おまえ、さっき出会ったばかりだろ…とは思ったけどな。

とにかく、仲間の「戻っておいで」の大合唱で、シロが正気に返りました。

いざ、反撃開始!
と、行きたいところだけど魔法は全部取られちゃいました。

なので、剣を振り回してせっせとマモノを片付けます。

雑魚を一掃すると黒の書に攻撃が当たるようになりました。
黒の書自体は、そんなに強くなさそう。
トドメを決めるごとに魔法が戻って来ます。

よぉし、全部取り返した!

黒の書も葬った!
さぁ、ヨナを返せ!

と、言いたかったのに、深手を負ってしまう少年A。
いや、これは致命傷でしょう、どう見ても。

完敗だ、とカイネ。

少年Aは深手を負い、マモノを追い込んだ地下室への扉を押さえているカイネも限界。

カイネは、エミールに自分ごとこの扉を石化しろ、と。

そんなぁ!
ちょっと、シロ、アンタの魔法でなんとかならないの?
エミールも!
飛び出して来たマモノをタイミング良く石化とか出来ないの?

試しに「全滅する」を選んでみたけど、どーにもなりませんでした。
やむを得ず、カイネを石化。

必ず助けるからな。助けるからなっ!
(ちょっと、エミール、早く目隠ししないと少年Aまで石化しちゃうでしょ!と思ったのはナイショ)

そして、月日は流れ…
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その10

ところで、時々、自宅のポストにヨナからの手紙が届いているのですが…
何故わざわざポストに?

ま、いっか。
 
 
陰気くさい村、神話の森を訪れた一行。

とりあえず、手紙をくれた村長に話しかけてみます。

現在、この村には、「死の夢」という、言葉を媒介として伝染する病が蔓延しているそうな。
少年A一行も、みごとに罹ってしまったらしいです。
みんなして、「何気なく会話かわしてたよね〜」的なことを言ってますが、村長以外の誰とも話してない気がしますがー!

とにかく、このまま夢見てるワケにも行かないので、なんとかします。

なぞなぞを解いて、無事に悪夢から脱出。

あと2名の村人も助けておきました。
あぁ、酷い悪夢だった。
(村人って2人しか居ないのか?)

2人を救出後、村長に挨拶して帰ります。
お礼に片手剣「信義」をもらいました。
おぉ、日本刀じゃないか!
さっそく装備。
 
 
村への帰り道、羊相手に刀振り回して試し切りしていたら「動物保護反対」のトロフィーが来ました。
羊の肉は高く買い取ってもらえるからって、いっぱい殺したからな。
ごめんな、これも生きて行くためなんだ。
 
 
村に戻ってポポルさんにご報告。
ヨナが呼んでるって言うんで、家に戻ります。

ヨナに文通相手が居ることが発覚!
しかも相手は男の子!

兄の心中は穏やかではない。

その男の子は病気のようで、「お兄ちゃん、なんとかして」とヨナが訴えます。
なんとかしてやりたいけど、兄ちゃん医者じゃないし…
でも妹の頼みは断れないし、とりあえず様子を見に行ってみるよ…
 
 
あ、スイカが実ってるじゃないか!

男の子に会いに行くのは後回しだ。
スイカの納品が先だ!

と、兄はせっせとスイカを収穫して仮面の街にすっ飛んで行きました。
 
 
「お使いの掟」
依頼人:(仮面の街)王宮前に居る女性
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:スイカ10個の納品

畑に植えた作物は、リアル時間で生長しているみたいですね。
種まきから収穫まで18時間てとこかな。
種類によって違うかもしれないけど。
 
 
これで、未クリアのクエストが無くなりました。
見落としが無ければ、未受領の依頼も残っていない、はず。
クエスト消化率は51%…
大丈夫かな?
 
 
さて、ヨナの文通相手とやらに会いに行ってみますか。

南門を出ると…

マモノが増えてないかっ?

はぁ…
マモノと戦うと返り血がすごくて…
こーゆーの苦手な人はキツいだろうな、このゲーム。

ずっと避けて通っていた、大型のマモノも倒してみました。
倒したけど、また湧いて出るのね。
ワードが出るのは1回だけ?
 
 
そして、今まで気にしつつも素通りしていた洋館の中へ。

執事さんに食堂へ案内されました。
ここで待つように言われましたが、大人しく待っているような少年Aではないのです。

さっそくウロウロ。

あまり行ける所も無いので仕方なく食堂に戻るとカイネが居ません。
どこへ行ったんだ??

探しに行くか。

また、食堂を出てウロウロ。

なんかさー、ここってバイオハザードに出て来る洋館みたいだよねー。
「このへんで窓ガラス突き破って犬が飛び込んで来たりしたら、ますますバイオなのにな〜」とか思っちゃいます。
廊下の絵が変化するあたりはホーンテッドマンションみたいだけど。
シロのビビりっぷりが笑えるなw

どう考えても元は人間と思われる怪しげな石像の並ぶ中庭に出て、その先の建物に進むと月の鍵を入手できました。

よしよし、これで先に進めるわね。

その鍵を使って進んだ先の部屋で、品の良い少年(目隠し付き)と遭遇。
少年はエミールという名で、この館の主だそうです。
エミールの眼は見たものを石に変えてしまうため、目隠ししているんだそうな。
つまり、病気ってその能力のこと?

そうか、この子がヨナの文通相手ね?って思ったら、違うみたいで。
手紙のことは執事が知ってるかもと、エミールは言います。

執事?
客を放ったらかして何処へ行ったんだ、執事?
 
 
エミールが鍵とマップをくれたので、あちこちウロウロして鍵を入手しながら進んで行きます。
まさにバイオ。

時々、変な声が聞こえるから何かと思ったら、少年とシロがギャーギャー騒いでいる声で、突然蛇口から水が流れ出したりしてるからビビってるのね。

もー、キミたちビビり過ぎだよ。
 
 
やっと執事の部屋に到着。
手紙を書いていたのはこの人でした。
元はと言えば、少年とシロの噂を聞きつけて、エミールの病気を治す手助けをお願いするつもりで手紙を書いたのに、なぜか返事を寄越したのがヨナで、そのまま文通を続けていた、と。

ヨナは兄宛の手紙を勝手に開封して、勝手に返事書いたのか???

経緯はどうあれ、こうして少年とシロと会えたのだから、執事的にはそれでオッケーらしくて、要はエミールの眼を治療する方法がこの館の何処かに隠されているはずだから探してくれろ、と。

っていうか、こんなホーンテッドマンションみたいな、マモノまでウロつく洋館で1人で幼い主の世話をしている執事はただ者じゃないと思うのですが!
アナタ、1人で探しに行けるんじゃないの?

でも、根っからおせっかい焼き&マモノ大嫌いな少年Aは依頼を快く引き受けますとも。

初対面の客人にそんな不躾なお願いをするのは気が引けるのか、エミールが付いて来てくれます。

おぉ、本当にマモノを石化してくれとる。
助かるぞ。

マモノを蹴散らしながら進んで行って、セーブポイントに到着。
家の中にポスト…というツッコミはさておき、この先にボスが居るのは明白。

扉の先は図書室で、本棚から本が飛び出して襲いかかって来ました。

く、黒の書?!

いや、違うな、赤いな。

適当に走り回りながらボコボコ殴る。
敵のHPは面白いように削れて行くんだけど、トドメが刺せません。
魔法が効いてないのか?

焦ってジタバタしていたら、カイネ参上。

1人で迷子になっていたそうで…
この局面で呑気にエミールを紹介する少年Aもどうかと思うが…
クソ本のツッコミも楽しくて…

いやぁ、この人達、面白い。

なんだかんだで…

やっとトドメ刺せた。
ふぅ。
 
 
派手にまき散らしたページの1枚に石化解除の方法が載っていたけれど、暗号化されている模様。
全力で解読することを約束する執事(セバスチャンw)

とにかく、仕事は終わったな。
帰ろう。

館の外まで見送りに出て来たエミールに、なにやらカイネが耳打ち。
マモノ憑きのカイネは、エミールに伝えたいことがあるようで。
同じように重荷を背負っているエミールの苦しみが、手に取るように分かるのでしょう。
何を言ったんですかね?
青少年に悪影響を及ぼすような言葉は吐いてないことを祈りますよ。
 
 
ここで「大魔導士」のトロフィーが来ました。
全ての「封印されし言葉」が揃ったようです。
あとは「黒の書」を見つけるだけ。
兄ちゃん、ちょっとずつだけど前に進んでるよ!
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その9

ただいま〜。
今日はヨナと一緒に居ることにして就寝。

変な夢を見ました。
夢の中に出て来た「神話の森」という言葉が妙に引っ掛かるので、少年Aは久々にポポルさんの所へ。

すると、ナイスなタイミングで神話の森の村長から手紙が届いているんだな。
それも、かなりイカレた内容の。
もちろん、神話の森に行ってみることにした少年Aですが、その前にクエストやらないとね。うん。
 
 
仮面の街に出入り自由になり、仮面の街がらみのクエストが大量発生しています。
 
 
「運び物は慎重に3」
依頼人:東門の兵士
発生時期:「運び物は慎重に2」クリア後
内容:仮面の街の武器屋に荷物を届ける

広大な砂漠を突っ切りました。
この依頼を受けているからなのか何なのか知りませんが、いつにも増して大量の狼に追い掛けられる中、必死で振り切って街に駆け込みました。
 
 
「小さな英雄」
依頼人:(仮面の街)武器屋
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:武器屋の息子を見つけて連れ戻す

砂漠に出ると、息子が居ます。
砂嵐の中に突入して行ったので追い掛けますが、早々に見失いました。

っていうか

狼の巣って何処だよっ!!!

狼の巣は、マップの左上辺りでした。
ったくもう、分からんっての。

狼の巣というだけあって、大量の狼が襲って来ます。
息子1人で太刀打ちできる数じゃないので助太刀いたす。
全て片付けると自動的に仮面の街に戻されて、依頼完了。
 
 
「伝言の掟」
依頼人:(仮面の街)街の真ん中に立っている男
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:いわゆる伝言ゲーム

わりとどうでもいい内容の伝言を抱えて街中を走り回る、超面倒くさい依頼。
親交を深めるためのものらしいですが、果たして本当に効果があったのかどうか謎です。
 
 
「行方不明の娘」
依頼人:(仮面の街)変なもの屋近くに居る女性
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:行方不明の娘の捜索依頼

まずは街を走り回って情報収集。
娘には付き合っている彼氏が居て、最下層で2人で居るところを目撃されたのを最後に消息が途絶えている模様。

最下層北西で血痕を発見。
事件の臭いがします。
その近くに居た男から、彼氏情報をゲット。

彼氏を問いつめると…ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ!!!

砂漠に出て、彼氏に言われた井戸を探してみたけれど何も出ず。

依頼人の元に戻ると、娘はケロッとした顔(顔見えないけど)で帰って来ていた。
これには、彼氏もビックリだ。

なんだったんだ、いったい???
事件の真相は闇に包まれたまま。
 
 
「仲直りの贈り物」
依頼人:(仮面の街)変なもの屋
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:狼の毛皮10個納品

狼は大量に出るのですが、毛皮ではなくて牙ばっかり落としてくれて、なかなか集まりませんでした。
毛皮の納品後、伝言をとどけて依頼完了。
 
 
「家出息子」
依頼人:商店街の南側入口付近に居る男
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:家出した息子の捜索依頼

南へ向かったようなので、海岸の街へ行ってみる。
噴水広場で変な帽子をかぶった男を発見。
「酒場の人に世話になった云々」で、山羊の肉と羊の肉を用立てるよう言われた。
既に持っていたのでお届けに向かうと、酒場の人は「知らん」て。
ウソだったみたい…
いったん依頼人の元へ舞い戻る。
どうやら、息子は嘘つきらしい。
早く言ってよ。
もう一回、海岸の街で聞き込み。
息子は仮面の街に向かった模様。

仮面の街で聞き込み調査だ。
余所者はすぐに見つかりそうなものだけど、なかなか見つからないですよ。
街の南西の高いところで井戸端会議してる人達から、ようやく情報ゲット。
その近くの扉を調べると、家出息子が出て来た。

なんだかんだで逃げられる…

息子を追って砂漠へ。
一応、村の方へ向かっているので帰る気はあるのかね?
息子のウソを適当に聞き流しながら追い掛ける(というか走るの遅いので、追い越しそう)

砂漠を抜けたあたりで本当に狼が襲って来たので、さっさと撃退。

村に戻って、依頼人を訪ねると居ない…
あっちこっち振り回されたあげくの、酷いオチでした。
 
 
「自慢の恋人」
依頼人:(海岸の街)灯台付近に居る男
発生時期:砂の神殿クリア後
内容:フローライトの納品

頭上にクエストマークが出ているのに、なかなかクエストが発生せず。
街に入るたびに話しかけていたら、何度めかでようやく依頼を受けることが出来ました。

フローライトは、砂の神殿に普通に落ちてました
 
 
だいぶクエスト片付いたな。
スイカ…は、まだ収穫できないか。

ンじゃ、神話の森に行くことにしようね。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その8

次の目的地は仮面の街です。

東門を出て右手に進んで行くと、そこは砂漠。
凶暴な狼に追い掛けられたり、サソリに刺されて毒になったりしながら進みます。

命からがら街に駆け…込もうと思ったのに、余所者は入れてくれません。
でも、カイネの姿を見るなり、門を開けてくれる衛兵。
以前、狼に襲われる子供を助けたのが縁で、街に入れてもらえるようになったんだそうで。
ただし、言葉は分からんカイネは街を案内してくれる気は無いらしいので、少年は複雑きわまりない構造の街を王宮目指してウロウロ。

近道しようとしてジャンプしたら足ふみ外して砂に落ちて死にそうになるし、素直に正しいと思われるルートを走ってたらグルグルして気持ち悪くなるし。
それでも、妹の黒文病を治すために、必死で頑張るお兄ちゃん。

どうにか王宮前に辿り着いたのに、入れてもらえず。
まぁね…
余所者が「王様に会わせてくださぁい」っていきなり訪ねて行って、「どうぞどうぞ」と会わせてくれるワケ無いよね。

仕方ないので、カイネの待つ門の所まで戻ります。

おっと、誰かコケたぞ?
派手に荷物をぶちまけたので拾ってあげました。

その子は口がきけないらしく、かえって意思疎通がしやすいとかで、フィーアという名前も判明。
街の案内をしてくれる来満々なので、ついて行きます。
フィーアのガイドは省略できるみたいですけど、最初なので全部聞いて回りました。

この街には、なんと12万4千もの掟があるとか。
街の人達は、掟は自由を知るためにあるというポジティブな受け止め方をしているようだけど…
窮屈っていうか、それ以前にそんなにたくさんの掟、覚えきれません!
 
 
お王宮前に到着。
ようやく入れるかと思ったのに、王様は既に黒文病で亡くなっていて、新しい王も会える状態でないとかなんとか。

そうですか。無駄足ですか。

仕方ないので、またカイネの所に戻り、カイネが助けた子供がフィーアだったという事実が発覚したりしてると、なにやら騒がしくなる。

何?王子が行方不明とな?
王族以外立ち入り禁止の砂の神殿に向かった模様。
しかし、掟でがんじがらめのこの街の人たちは救助に行けない。

チャンス到来。

ここはひとつ、掟に関係無い余所者と、望みは全て叶えてもらえる恩人が行きましょう。その砂の神殿とやらに!
 
 
足の遅いフィーアの案内で砂嵐を突っ切る。
あまりに足が遅いので、追い越してしまいそうです。
フィーアの走る後ろ姿は、すっごく可愛いんだけどね。
狼を追い払うのに夢中になっていたらフィーアを見失ってしまったけれど、少し戻されただけでした。
 
 
砂の神殿

ここも掟だらけ。
ジャンプするな、走るな、魔法使うな…

カイネでなくても、
「だぁぁぁぁぁぁぁぁ、面倒くせぇっっっ!」って言いたくなります。

そのカイネも王子も、掟を守らなかったせいで何処かへ連れ去られるし。
はぁ、まいったね。

とにかく、掟に忠実に従い、飛んで来る魔法弾に当たらないよう注意しながら部屋の奥まで進み、赤いキューブを壊すとトラップ解除できるのね。

かなりボロボロになりながら各部屋を回って、見るからに怪しい広間に到着。

回復アイテム、使い切っちゃってるんですけど大丈夫ですかね?

回避禁止の部屋でマモノと戦ってる時に、かなりダメージくらって大量に消費しちゃったのよ!

あー、ボス出て来ちゃったよ。

赤いキューブを魔法で狙い撃ちすればよろしいようで。
慎重に魔法を避けないとね。
なにしろ、回復アイテムが無いから!
リングが回転しているので、ある程度位置を予測しながら魔法を撃って破壊して行きました。

全て壊すと、人型に形態チェンジ。

しばらくジタバタ逃げ回っていると、カイネが復帰。
適当に暴れていたら脱出できたそうです。
さすがです、ねえさん。

カイネが戻って来たからといって、いきなり楽になるワケでもないんだけど、心強いことは心強い。
うん、気持ちの問題。

人型の時は、腕の先が赤くなったのを狙って魔法をぶち込めばよろしいようです。
必死で攻撃を避けながら、ここぞというチャンスに魔法をぶち込みます。

よっし、形態チェンジだ。

今度はリング状になって回転しながらレーザーを撃って来ます。
これも赤いキューブを狙い撃ち。
崩れている床の淵ギリギリに立っていると、敵のレーザーは当たらないということに気付いてしまった!

よっしゃ、もらった!

軌道を読んで魔法を当てるのも、さっきやったからもう慣れたもの。
カイネの魔法もたまに赤いキューブにヒットしている模様。
無事に撃破完了。

やったよ。
回復アイテム無しで、持ちこたえたよ!
ギリギリだったけどな!
 
 
解放された王子が何かを拾い上げました。

…あのね。
誰もが突っ込んだと思うけどね、あえて言うよ。

ゼルダかよっ!
 
 
強制的に仮面の街に戻される。

王の仮面を手に入れたことで、王子は新たな王として認めてもらえたようだけど、皆に心配かけちゃダメだと思うぞ。

王子を無事に救出したお礼に片手剣「輪廻転生」をもらいました。
封印された言葉も手に入れたけど、黒文病を治す方法は分からずじまい。

仕方ないので、お家に帰ります。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その7

仮面の街に行く前に、クエストやります。

ストーリー進める→新しいクエストが発生→クエスト片付ける→ストーリー進める→

という攻略パターンが定着しました。
 
 
まず、崖の村の村長さんにお届け物ね。
ずいぶん長いこと放置してたな。
マモノ騒ぎは治まってるはずだから、今度こそ。
 
 
「運び物は慎重に1」
依頼人:北門の兵士
発生時期:クエスト解禁直後
内容:崖の村の村長に荷物を届ける

北の平原はイノシシで突き進んでしまえば、後は楽勝でした。
村の入口付近に飛んでいるコウモリにちょっとビビったけど、積極的に襲って来なかったので急いで通り抜けました。
村長は相変わらず引きこもったままだったけど、荷物は受け取ってくれました。

このクエストをクリアした時点で、トロフィー「人助けの有名人」を獲得。
 
 
「運び物は慎重に2」
依頼人:商店街の噴水近くに座っている老人
発生時期: 「運び物は慎重に1」クリア後
内容:海岸の街の酒場に荷物を届ける

またしても壊れ物の配達。
移動距離も短いし、大した邪魔者は出ないので急いで走り抜けるだけ。
 
 
「届かぬ手紙」
依頼人:(海岸の街)噴水近くをウロウロしている男
発生時期:崖の村クリア後
内容:手紙とフリージアを崖の村の恋人に届ける

壊れ物じゃないので、安心して運べますなw
恋人は村長の家の近くに住んでいるらしいのですが、訪ねてみるとお留守。
何年も放っておいて、本当に彼を待っているのかどうか…
シロでなくても不安になりますよ。
居ないので報告に戻ろうとすると、でかいマモノが現れて通せんぼ。
コイツを倒さないことには崖の村から出られないみたい。

ひぇぇぇぇ〜っ!強そうだよ、コイツ。

上手いことローリングで攻撃をかわしながら、魔法をぶち込んで倒しました。
マモノを倒すとフリージアの押し花を入手。

海岸の街で待つ依頼人に報告して終了。
少年は、恋人がマモノに殺されてしまったと思っているみたいだけど…

このゲームが鬱ゲーと言われる所以が、うっすらと分かりかけて来たような。
 
 
クエストが魚関係のだけ残ってしまった。
釣りが面倒くさくて後回しにしてたから…
しかたない、釣るか。
 
 
「続・釣りをする人」
依頼人:依頼人:釣り名人の爺さん(海岸の街)
発生時期:「釣りをする人」クリア後
内容:グローブフィッシュを7匹釣る

これは釣り爺さんのすぐ側で釣れました。
釣りはゴカイがよろしいようです。
が、ヒット率はあまり良くないです。
釣れるのはサーディンばっかり。
サーディンより少し重いのが掛かったなと感じたら、それがグローブフィッシュ。
かなり粘って、やっとこさ7匹釣り上げました。
 
 
「続・続・釣りをする人」
依頼人:依頼人:釣り名人の爺さん(海岸の街)
発生時期:「続・釣りをする人」クリア後
内容:ニジマスを7匹釣る

さすがにニジマスは海では釣れないわよね〜。
釣り場は北平原のロボット山方面に向かう鉄橋下あたり。
餌はルアーで釣れました。

釣ってる間は無敵状態なのね。
後ろでカイネが派手に戦ってたわw
 
 
「続・続・続・釣りをする人」
依頼人:依頼人:釣り名人の爺さん(海岸の街)
発生時期:「続・続・釣りをする人」クリア後
内容:ブリームを5匹釣る

これは、爺さんのすぐ隣で釣れました。
餌はルアー。
 
 
「続・続・続・続・釣りをする人」
依頼人:釣り名人の爺さん(海岸の街)
発生時期:「続・続・続・釣りをする人」クリア後
内容:ブラックバスを5匹釣る

これは村の川で釣れましたよ。
餌はルアー。
 
 
大変だったのは、グローブフィッシュだけで、それ以降は比較的楽に釣り上げられました。
「続・続・続・続・釣りをする人」をクリアすると、やっとシャークが釣れるようになりました。

自分が釣ったことのある魚は、魚屋で買えるようになるんですね。
高いから買いませんけど。
 
 
「新作料理」
依頼人:(海岸の街)酒場のマスター
発生時期:ロボット山クリア後(「定番料理」クリア必須)
内容:新たな看板メニューの考案

まず、村の図書館を調べてレシピを入手し、マスターに報告した後、材料を集めます。

シャークは釣り爺さんの隣で釣れます。
餌はサーディン。(グローブフィッシュ釣るついでにさんざん釣ったから腐るほど持ってる)
キノコはその辺で採取。
米は海岸の街で購入しました。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その6

さぁて、そろそろ崖の村に行ってみますかね〜。

村の手前でカイネと合流。

赤い球体付きのマモノには魔法が効いてない模様。
球体を壊せば魔法が効くようになるみたいだけど、そのまま叩っ切る。

雑魚を片付けると、いつぞやのデカいマモノが登場。
崖の村に向かっている様子。
カイネが突進して行ったので、慌てて追い掛けます。

どう考えてもヤバそうなのでセーブしようとしたら、「手紙なんぞ書いてる場合ではなかろう!」とシロに怒られました。

いや、こんな時だからこそ…

あ、はい、ダメなのね(;´д`)

ここでクルッと背を向けて、セーブしに村に戻ろうとしてもきっと怒られると思うので、一か八かで崖の村に突撃。

うわぁ、入るなりボスかよ。

とにかく必死で戦う。
攻撃パターンは前に戦った時と同じみたいだし、トドメを一発で決められないのは相変わらずだけど、どうにか一定のダメージを与えることに成功。

少年が派手にマモノをぶっ飛ばしたせいで、建造物が一部損壊しているようですが?

ごめんなさいよ。

マモノがさらに村の奥へと逃げてしまったのでカイネが追い掛ける。
お兄ちゃんは別ルートで雑魚を倒しつつ移動して行きます。

よぉし、追いついた。

マモノが雑魚をばら撒いてます。
どうやら尻尾で掴んでいる物体がマモノタンクらしいです。
それ、さっきぶっ千切った、どなたかの住居じゃなかったっけ???

まぁ、いいか。
とにかくそこから雑魚マモノが溢れて来てるし。

マモノタンクに狙いを絞って魔法を当てて、これを破壊。
トドメを決めると、マモノを黒の手でぶん投げ(また、建造物に被害が出るから、ちょっとは気を付けようよ、少年)たものの、またしても取り逃がす。

また移動。

横スクロールかっ。
苦手なんだよなぁ、横スクロール移動!

ジャンプしながら移動するだけでも一苦労なのに、魔法ガンガン撃って来るしーーー!!!

惜しげも無く魔法を撃って来る雑魚を片付けながら進んで行きます。
だいぶ消耗しちゃったじゃないか。
木箱を壊すと薬草が出て来ることがあるので、補給しながら来たけど、大丈夫かな、足りるかな。
 
 
雑魚を全て倒して、カイネと合流。

待たせたな。
今度こそ引導渡してやろうぜ。

あれ?でも、カイネの様子が変。
マモノに幻影でも見せられているのか?
マモノは優しげな老婆の声を使い、戦うのをやめて死を選択するよう促しているみたいです。

でも、これくらいのことで心折れるほどカイネはヤワじゃなかった。

このマモノは、カイネのお婆ちゃんの仇?
大好きだったお婆ちゃんの仇を討つために、どれだけ村の人達から酷い扱いを受けても耐え、村の外でその時が来るのを待っていたのね。

ピーーー!ばっかりで何言ってんだか分からないけど、スッカリ調子を取り戻して反撃開始するカイネ。
もちろん、お兄ちゃんも頑張るよ。

カイネの悪態をBGMがわりに、敵の攻撃をかわしながら隙を突いて反撃。
なにしろ、薬草が残り少ないからな!

そして、またしてもトドメ刺すのに手間取る。

なんで、なんで、なんで、どーして?
しっかり狙ってるつもりなのに、どーして決まらないのっ?

何度か失敗して、微妙に回復されて、どうして当たり判定が出たのか分からないけど、何度めかでとにかくトドメの一撃が決まりました。

完全に動きを止めたマモノ。
今度こそ倒したよね?

でも、マモノを派手に振り回した反動でカイネが吹っ飛ばされちゃいました。

カイネの元に走る。

カイネは目的を果たして、生きる気力を失ってしまっている様子。

お婆ちゃんの仇を撃つ…それだけを支えに生きて来たんだね。
それを失ったら、もう…
だけど、それをむざむざ許す少年ではないのだ。
マモノ憑きという病みを抱えるカイネの姿と、黒文病を患うヨナの姿が重なったのかもしれませんね。

ここは、シロの口の悪さがかえってカイネの心に響いたみたいですね。
むやみに熱い少年と口の悪い古本の妙なコンビと行動を共にすることで、新たな生きる意味を見いだすことを決意するカイネ。

ようやく、カイネが正式に仲間になりましたー!

カイネは、さっそく仮面の街について教えてくれました。
黒文病の治療法を研究しているらしい。
何か進展があるといいな。

とりあえず村に帰るよ。
ヨナも心配だしね。

カイネは遠慮して村に入って来ません。
マモノ憑きというのは、それほど忌まわしい存在なのかな。

久々にお家に帰ると、畑の作物が全て枯れていました。
マメに様子見ないとダメなのね。
えっ〜っと、何を植えてあったんだっけ…?

ま、いっか。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

「ニーア レプリカント」 プレイ日記の目次

*ネタバレ要素を含有しておりますので、閲覧の際にはご注意をお願い申し上げます
 
 
[少年期]

 1 プロローグ〜主人公の村

 2 石の神殿

 3 崖の村〜海岸の街

 4 ロボット山

 5 クエストがいっぱい

 6 崖の村

 7 続・クエストがいっぱい

 8 仮面の街〜砂の神殿

 9 続・続・クエストがいっぱい

 10 神話の森〜洋館

 11 主人公の村
 
 
[青年期]
 
 12 主人公の村〜洋館

 13 石の神殿

 14 ロボット山

 15 神話の森〜ロボット山

 16 崖の村

 17 仮面の街

 18 クエスト消化

 19 引き続き クエスト消化中

 20 石の神殿
 
 

 21 2周め Bエンディング

 22 素材集め
 
 23 Cエンディング、Dエンディング
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その5

ロボット山へ行って武器の強化も完了。
というか、使っていない剣を一段階ちょこっと強化しただけだから行く意味があったのかどうか甚だ疑問ですが、これで崖の村に行く準備は整いました。

でもね、兄ちゃん、大量に貯まっているクエストを片付けたいんだ。

ということで、今日はひたすらクエストに奔走しました。

おっ!畑に適当に植えておいた作物が収穫できるようになってるぞ。
 
 

***

 
 
本日クリアしたクエスト

「もっと良く効く薬」
依頼人:酒場のカウンターに居る女性
発生時期:「良く効く薬」クリア後
内容:鷲の卵を納品

既に持っていた。
後で調べたら、最初に崖の村を訪れた際に拾っていた模様
薬が調合できたら、噴水の所に居る婆ちゃんに届けてクリア。
 
 
「ヨナの贈り物」
依頼人:ヨナ
発生時期:ロボット山クリア後(「ヨナの料理」クリア必須)
内容:メロン、スイカ、カボチャ各1個を納品

ちょうど畑で収穫できていたので、せっせと渡す。
ヨナはケーキを作ってくれたけれど、お味の方は…
村の外で命がけでマモノと戦っている兄ちゃんは、家でも身体張ってるのか、大変だな。
 
 
「姉妹の歌」
依頼人:酒場に居る男性
発生時期薬魚入手後
内容:ポポル&デポルの姉妹デュエットを復活させる

最近歌っていないというポポルに話しを聞きに行くと、酒を飲まずには歌えないと言う。
しかも銘柄指定。
海岸の街の酒場に行くと、指定の酒が品切れ中で材料を集めることに。

トカゲの尻尾とネズミの尻尾…

トカゲは東街道によく居るので、すぐに集まりました。
ネズミはロボット山の入口付近にチョロチョロしています。

材料を揃えて酒を作ってもらい、村の酒場に戻ると姉妹デュエットが復活してました。
 
 
「伝えたいこと」
依頼人:郵便配達員(海岸の街)
発生時期:ロボット山クリア後(「老婆に困る配達員」クリア必須)
内容:海辺の街の郵便局へ行く

例のお婆さんが亡くなったという話しを聞くだけ。
そうか、何も知らぬまま逝ったか。
それが本当に彼女にとって幸せだったのかどうかは、誰にも分からない。
(これ、1こ前の依頼で出た選択肢の違う方を選んでると、展開が変わったりするのかしら?ちなみに自分は、真実を語らない方を選んだ)
 
 
「新たな商人」
依頼人:港の船の上に居る男(海岸の街)
発生時期:薬魚入手後
内容:羊毛10個、天然ゴム5個、ヤギの毛皮10個を納品

素材集めが大変。
羊毛も毛皮もなかなか落ちずに肉ばっかりが貯まる。
羊の肉は、売っぱらってお小遣いに。
天然ゴムは、そのお金で買いました。

指定の品を納品してもクリアにならないので、???と思いましたが、再び街を訪れて依頼人に話しかけたらクリアになりました。
 
 
「釣りをする人」
依頼人:釣り名人の爺さん(海岸の街)
発生時期:薬魚入手後
内容:サーディン10匹を釣る

釣り餌はゴカイがよろしいようで。
洞窟を抜けた先の砂浜で簡単に10匹釣れました。
報告すると、2日がかりで釣りテクニックを伝授してくれました。
 
 
「定番料理」
依頼人:酒場のマスター(海岸の街)
発生時期:ロボット山クリア後
内容:薬草、小麦、サーディンを各10個納品

小麦は買って済ませました。
サーディンは…
釣り修行でどうせ10匹釣ったし楽勝〜と思ったら、釣った魚は爺さんに取り上げられていた…
またサーディンを10匹釣って納品完了。
ふぅ。爺さんめっ。
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その4

さて、そろそろロボット山に行きますかね。

北平原に出て右手に進むと壊れた鉄橋があって、これをよじ上って進んで行くと、そこはロボット山

入ってすぐの所にある建物に、加工屋の兄弟が住んでいました。
お母さんはロボット山に素材を取りに入ったきり、もう7日も帰っていないとか。
やな予感。

とりあえず、チタン合金を3個取って来ればいいのね。
 
 
旧時代の文明の名残か。
この時代の人達には意味不明らしい。
扱える人が死に絶えて、機械だけが動き続けているという…
なんだか、物悲しいですな。

機械の敵には近寄らないようにして、遠くから魔法で壊しました。
そんなに苦労せずに指定の品を揃えて帰還。
 
 
初期装備の剣をちょこっとだけ強化してくれました。
これっぱかり強化してもらってもな…
まぁ、これはイベント。
そのうち、ガンガン強化してもらうことになるのでしょう。

で、当然の流れで兄弟の母親を捜しに行くことに。

お兄さんからエレベーターのパスコードを貰いました。
これで、さっきは行けなかった所に行けるようになるワケね。

ロボット山内部に舞い戻り、先ほどは動いていなかったエレベーターに乗り込んで地下へ。

ええええええっ!

爆弾投げに失敗したら終了なのっ?!

そりゃまぁ…至近距離で爆弾が炸裂したら、アレですけど。

投げるタイミングが分からなくて足下にホイッと置いちゃったりしてね。
L3を入れながら投げるようにしたら、上手くいったわ。

そして、トロッコでも大変苦労いたしました。
魔法を飛ばす方向を上手くコントロールできません。
R3でコントロールできるって、ウソでしょ?
ぜんぜん言うこと聞かないよ?
今までどうやって魔法当ててたのかって?
そりゃぁ、もう、魔法が当たるように自分が移動してたのさ!

そんなこんなで

何度もやり直す羽目になりましたが、どうにかトロッコゾーンを突破して、どうにかこうにかセーブポイントに到着。
ここまででずいぶん薬草使っちゃったけど足りるのかね?
 
 
巨大な手からレーザー光線を放って来るロボットがご登場。
まずは手を壊します。
当たらないように気をつけて、っと。

片方の手を壊してしまうと、だいぶ楽になりました。

両手とも壊してしまうと、大量の雑魚が湧いてでたのでせっせとお掃除

というか、黒の弾を打ちながら必死で逃げ回る。

雑魚を片付け終わると、今度は砲台。
こちらは剣で叩き壊しました。

いよいよ本体。
口の中に爆弾を投げ込め!と。
どこかで聞いたような倒し方だって?

ゼルダだよね、もちろん。

攻撃を避けながら爆弾投げるのは、なかなか大変なのですが!
どうにか何個か投げ込むのに成功して、破壊完了。

ふぅぅぅ。
旧時代の人達は、いったい何のためにこんな物騒な機械を設置したんだよ。
 
 
奥に進めるようになったので行ってみると、そこには残酷な真実が。

まぁね。
一週間も戻って来ないって時点で、イヤな予感はしてたけどね。
まさか、子供捨てて男と逃げる途中で…というオマケ付きとはね

加工屋兄弟の所に戻り、言葉を濁しつつ伝えておきましたが、兄の方は薄々勘づいていたようで。
兄ちゃんはツライよな。
お互い兄貴同士、仲良くしようや。

また来るぜ!

と、威勢良くロボット山を後にする少年A

帰り道の鉄橋下にイヤというほど湧いて出たマモノにボコボコにされて、あやうく死にかけました。

なんなんだコイツらーーーっ!!!
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その3

崖の村

村はマモノだらけで、住人たちは家に閉じこもってブツブツ言っているのみ。
村長も会ってくれないので、(届け物も壊れちゃったし)村に戻ることにします。

戻る途中で横道にそれると、白い花のレイを発見。
近寄ると半裸の女の人が現れて襲いかかって来ました。

ひぇぇぇ!?
カイネ?取説で見たカイネだよね?(それくらいの予備知識はある)

これって、下着だったんだ。
やたらと露出度高いとは思ったけどさ。
シロは「他に眼を向けるべき所があろう」なんて言ってるけど、思春期の少年にとってはむしろ眼を向けるべき所はそこしか無いような。

って、そんなこと言ってる場合ではないのよ。

問答無用で襲いかかって来るので、相手します。
カイネはチョコマカよく動いて、魔法はほとんど当たらないため武器で攻撃。
しばらく削ると向うも魔法を撃って来るようになり、こちらも魔法を撃つ余裕ができました。
さらに戦っていると、大きなマモノが現れました。

なんじゃぁ、こりゃ。
今まで見たのとは桁違いの禍々しさだわね。

細かいのを吐き出したり色々やってくれますが、魔法をガンガン打ち込んで体力を削り、トドメ
…刺せばいいんだけど、またしても何度も失敗。
どうも苦手だな、これ。
失敗すると微妙に回復するのが厄介だし。

なんとかマモノを追い払ったものの、カイネは今の戦闘でだいぶお疲れの様子。
ぜんぜん相手にしてくれそうもないので、静かにその場を立ち去ることにします。

村に戻ろうとしたら二択。
ポポルさんを訪ねて情報収集するか、ヨナの様子を見に行くか。
迷った末、心優しいお兄ちゃんはヨナの様子を見に行くことにしました。
 
 
ヨナの様子を見に行くと、身体が痛いと訴えて来ました。

そうか、兄ちゃんがなんとかしてやるからな。

とりあえず、ポポルさんに聞いてみよう。
(けっきょくポポルさんの所へ行くんじゃないか)

海岸の街で獲れる薬魚という魚に鎮痛効果があるそうな。
そうか、魚か。
いよいよ、釣りが解禁だな…
 
 
南門から村を出ると、男の人がマモノに襲われていたので、何の迷いも無く助けてあげました。
お礼に剣を貰いましたが、つい先ほどなけなしのお小遣いをはたいて買った剣の方が攻撃力高かったの…

そのまま進んで行くと、すぐに海岸の街に到着。
 
 
海岸の街

まずは街をグルッと散策。

頼まれていたお買い物を済ませ、薬魚の情報を入手。
割とポピュラーな魚のようで、自分で釣れって言われました。

気前よく釣り竿とルアーをくれた爺ちゃんの側で釣ってみたけど、ぜんぜん釣れん!

苦労してようやく釣り上げたのに、バケツとか空き缶とか…
ここで詰まるのかい?
釣りが出来なくて、攻略放棄するのか?
と、暗雲が立ちこめ始める…

そうだ、こういう時は河岸を変えよう!

メインストリートから横道にそれた所に洞窟があって、その先の砂浜に行ったら

なんだ、これは?
拍子抜けするくらい簡単に釣れたぞ。
爺ちゃん、「その辺で釣れる」って言ったのはウソだったのか。
「その辺」って言うから、てっきり爺ちゃんのすぐ側だと思ったぞ。

ついでに2〜3匹余計に釣って意気揚々と戻ろうとすると、婆ちゃんに呼び止められました。
えらく態度が悪いが、郵便局に行って欲しいらしい。

仕方ないので郵便局に行って手紙を預かって来ました。

えっ?他人宛ての手紙を読んでいいの?

釈然としないけれど、読んでいいみたいなので読んじゃいました。
婆ちゃん宛てのは恋文だわね。

ポポルさん宛ての手紙も預かったし、薬魚も釣れたし、村に帰りますよ。
 
 

あれ〜?
村の空気が、前よりもモヤッとしているような…
気のせいかな?

ポポルさん宛ての手紙は、崖の村の村長からでした。
やっぱり、マモノが村に溢れて困ってるみたいね。
「退治に行きたいけど、今持っている武器では心許ない」と訴えると、ロボット山に行ってみるよう進められました。
武器の強化をしてくれるんですって。
どうせ、簡単には強化させてもらえないんだろうがなっ。
 
 
新たなクエストが発生していました。
酒場に居るデボラからも紹介してもらえるようになりました。

よぉし、兄ちゃん、稼ぐからなっ♪

ロボット山に行く前に、兄は小遣い稼ぎに走り回りました。
 
 

***

 
 
本日クリアしたクエスト

「良く効く薬」
依頼人酒場のカウンターに居る女性
発生時期:クエスト解禁直後
内容:薬草、木の実、ゼンマイ 各3個を納品

ゼンマイは採取で見つからなかったので、海岸の街で購入。

「遠出の買い物1」
依頼人:花屋
発生時期:クエスト解禁直後
内容:チューリップの球根3個を納品

海岸の街で購入してお届け。
クリアすると、畑で作物が育てられるようになりました。

「遠出の買い物2」
依頼人:花屋
発生時期:「遠出の買い物1」クリア後
内容:収穫保進肥料3個を納品

海岸の街で購入してお届け。
クリアすると、畑の畝が増えます。

「消えた犬」
依頼人:南門近くの爺さん
発生時期:薬魚入手後
内容:行方不明の犬の捜索

北平原の壊れた鉄橋付近(村から出て右手)に行くと、犬の亡骸が…
マモノの群れを追い払って、薬草を拾って依頼人の所へ。

「ヨナの料理」
依頼人:ヨナ
発生時期:薬魚入手後
内容:鹿の肉1個、小麦1個を納品

料理をする際の選択肢は、どちらを選んでも大勢に影響無し???

「配達員からの頼み事」
依頼人:(海岸の街)郵便配達員
発生時期:薬魚入手後(要デボルの紹介)

「老婆に困る配達員」
依頼人:(海岸の街)郵便配達員
発生時期:「配達員からの頼み事」クリア後
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その2

さて、カワイイ妹を追い掛けないとね。

好戦的な山羊にど突かれたりしつつ、石の神殿を目指しますよ。
 
 
石の神殿

マモノを倒しながら進む…
上方視点の場所は、動きづらくてイヤだな。

時々、アイテムも拾う。
よく分からない物も、色々と拾う。
涅槃の短剣が良さげだったので、装備を変えてみました。

しっかし、まぁ、こんなマモノだらけの所をヨナはどうやって進んで行ったんだか。
腕に覚えのある兄ですら…(以下略)

ズンズン進んで、建物の外へ。

梯子が壊れていて先に進めない所は、すぐ近くにこれ見よがしにおいてある巨大なブロックを移動して来て、ブロックの上からジャンプで飛び越えます。
二段ジャンプが上手く出来なくて手こずったのはナイショ。

セーブポイントを発見。
この先にボスが居るのは見え見え。
っていうか、むしろ有り難いです。
こんなにプレイヤーに優しいゲームは久々な気がするですよ。

礼拝堂みたいな部屋の奥でヨナが眠っていて、その前でごっつい敵が2体通せんぼしてます。

半狂乱で真ん中の赤い球体を叩く兄。
カワイイ妹。それもたった一人の身内となれば溺愛するのも頷けるけど、だいぶ取り乱してるな、お兄ちゃん。

一心不乱に赤い球体を叩いていたら、本が出て来ました。

シロが仲間になった!

マモノを片付けるのに手を貸す気はあるようだけど、なんか色々忘れているらしいです。

細かいのを全部倒すと、ようやく何か思い出したようで魔法「黒の弾」を習得。

これで楽になったかと思いきや、大きいのが2体動き出したぁ!

ふむ…
シールドを張っていない方だけ相手にすればいいのね。

焦らず冷静にローリングすれば攻撃を避けられますが、焦ってガンガン当たります。
1回当たるとかなり削られるわ。
薬草、足りるのかな。
(10個しか持てないということに、ついさっき気付いたばかり)

トドメの一撃も、よく外してやり直しになります。
ちゃんとポインタ合わせているつもりなんだけど。
それと、MP切れていて、トドメ刺したくても間に合わないことも。
剣で叩いてもトドメは刺せるみたいだけど、上手く当たらないしなぁ。

最後の1体を相手にする頃には、回避もだいぶ上手くなって、撃退完了。

お約束で崩れ始める神殿から脱出。
(次にここに来た時にも、神殿は崩れずに残っているのであろう)
 
 

***

 
 
ヨナは黒文病…
この世界に蔓延する、死に至る病らしい。

妹想いの兄ちゃんは村で情報収集するです。
噴水の所で歌っているデボラさん経由でポポルさんの所へ。

黒の書が災厄を振りまき、白の書が「イニシエの言葉」を使ってそれを消し去る

という言い伝えがあるそうな。

白の書は既に仲間になってる。
俄然、湧き立つ兄。

由緒正しき白の書は、「イニシエの言葉」なんてスッカリ忘れてるみたいだがなっ!

黒の書も何処にあるか分からないし。

「イニシエの言葉」はマモノを倒すと出て来る(シロが思い出す?)ことがあるようだから、片っ端からマモノを倒せばいいんじゃね?
というハナシになって、マモノ多発警報発令中の崖の村に行ってみることになりました。
 
 
ここからクエストが受けられるようになりました。
遠くまで行かなくて済む依頼のみクリアしておく。

手こずったのは、イノシシ狩り。
イノシシは北平原の橋を渡った先をウロウロしているのですが、とっても強くて、1回吹っ飛ばされただけでゲームオーバーしました。
大きな岩を挟んで立ち、イノシシが岩に当たって動きを止めたスキに魔法を当てるようにして、チビチビ削ってやっとこさ倒しました。
依頼人に報告すると、それ以降、フィールドでイノシシに乗せてもらえるようになります。

それと、荷物運びね。
ちょうど崖の村に行くからついでに…と、思ったら甘かった。
平原はイノシシで突っ切れば大丈夫だけれど、崖の村がマモノだらけで無事に村長の所まで辿り着けません。
これは、崖の村のマモノ騒ぎが治まるまでは無理と判断して後回しにすることに。
 
 

***

本日のクリア済みクエスト

「薬草収集」
依頼人: ポポル
発生時期: クエスト解禁直後
内容: 薬草2個を納品

「図書館の整理」
依頼人: 図書館2Fの女性
発生時期: クエスト解禁直後
内容: 渡された本を指定の場所に納める

「定番の家庭料理」
依頼人: 商店街 噴水近くに座っている女性
発生時期: クエスト解禁直後
内容:
 北の平原で羊の肉を10個集めて納品

「門番のお使い」
依頼人: 北門の門番
発生時期: クエスト解禁直後
内容: 武器屋の奥さんへの伝言

「イノシシ狩り」
依頼人:商店街入口付近に座っている老人
発生時期: クエスト解禁直後
内容: 北平原のイノシシを退治する

「失われた卵」
依頼人: 道具屋
発生時期: クエスト解禁直後
内容: ニワトリの卵を納品
村の人が情報をくれるけれど、既に持っている物を渡してしまってもクリアできる模様
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

ニーア レプリカント プレイ日記 その1

長らく積みっぱなしになっていて、ブログのサイドバーでも「近々やる予定」のゲームとしてずーっとエントリーされているにもかかわらず後回しにされ続けていた「ニーア レプリカント」が、ついにその封印を解かれる日がやって参りました。

熟成期間が長い割には、予備知識は無いんだな。
知っているのはストーリーが鬱だっていう噂と、音楽が良いって評判くらい。

ゲームを開始すると、まず名前を入力するのですが、「プレイヤー名」っつーから何の抵抗も無く自分の名前入れたら、主人公が女の子の名前になっちゃいました。

ったく、紛らわしい言い方しないでよねっ。

「プレイヤー名」ったら、プレイする自分の名前でしょうが、普通。
素直に、「キャラクター名」とすれば良いものを…

もちろん、男らしい名前を付けてやり直しましたよ。
 
 
プロローグ

2053年…そう遠い未来の話でもないな。
何がどうしてそうなったのかは分からないけれど、世界はかなり病んでいる様子。

少年が居眠りしているとマモノが襲って来たので、持っていた鉄パイプで撃退。
どうやら、病気の妹を守っているらしい。

妹を残して建物から出ようとすると、またしてもマモノが襲って来た〜。

鉄パイプでは埒があかず、妹には触るなと言っておいた本に触れると、魔法「黒の手」を習得。

続々と湧いて出るマモノを片っ端から倒して行くと面白いようにレベルが上がり、時々、使える魔法が増えたりパワーアップしたりしている模様。

っていうか、いつまで続くのぉぉぉ ( ̄◇ ̄;)

Lv.20くらいまで上がったところで、やっと終わりました。ふぅ。

ふと、妹のことを思い出して戻ろうとする(マモノとじゃれてた以外は何もしていないな、この兄)と、ひときわ大きいのが登場しました。

敵の攻撃は横方向にローリングして回避するとよろしいようで。
トドメは、ポインタ合わせて魔法をぶち込めばよろしいのね?
なかなか上手く当てられず、何度か失敗。

ボスを倒して、妹の所に戻る。
妹の病が急速に悪化したのかパッタリと倒れ、兄の嘆き悲しむ声がこだまして…
 
 

***

 
 
いきなり1412年後とか意味分かんないんですけど。

飛ばされた先にも同じ名前の兄と妹。
妹ヨナはやっぱり病気。
さっきの兄妹とどういう関係があるのか無いのか、今のところ謎です。

兄ちゃんの独り言に従い、図書館のポポルさんを訪ねる。
次に行くべき場所は、ご丁寧にマップに赤いバッテンで記されているので、迷うことは無いです。

ポポルさんから地図を貰い、お仕事を仰せつかりました。
かいつまんで言うと、羊の肉と薬草を3つずつ用立てれば良いのね。

北門から村の外に出ると、居た居た、羊がわんさか。
てきとーに狩って肉を集め、お店の人に届けました。
薬草は買わなくても既に3個持っていました。
キラキラしているポイントを漁ったら出て来たからね。

薬草を持ってポポルさんの所に報告に行って、今日のお仕事はオシマイ。
たっだいま〜〜〜!

このゲームやっていると、さかんに ico を思い出すんだけど何故だろう。
マモノの醸し出す雰囲気が、 ico に出て来た敵と似ているからかな。
あと、色彩を抑えたフィールドの雰囲気も、なんとなく…
 
 
翌日。
また、ポポルさんの所へ御用聞きに。
この兄妹に親は無く、ポポルさん初め村の人達からお手伝いを引き受けて、日銭を稼ぎながら暮らしているらしい。
病気の妹のために身を粉にして働く、健気な兄ちゃんである。

で、今日のお仕事は北平原でマモノ退治。
ポポルさんの心配をよそに、さっさと退治して謝礼をもらい、帰宅。

大変だっ!ヨナが居ないっっっ!

と、大慌てで図書館に戻る兄。

ヨナは「月の涙」とやらを求めて石の神殿に行ったのかもしれない、とのこと。
そういえば、昨日、そんな話しをしていたっけ。
にしても、図書館に来ただけで「寝てろ」と怒られるような病弱な子が、そんな無謀なことを?
腕に覚えのある兄ですら、1日がかりで行ったり来たりしてるんだぞ?

すぐにも妹を追い掛けたいところだけど、ちょいと3D酔いしたので、初日はこのへんで終了。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

買っちゃったのよ

満を持して!ついに!

3DS を購入いたしました!

色はピンクです。
誰がなんと言おうとピンクです。
DS Lite のピンクほど子供っぽい色ではなくて、一目で気に入ってしまいました。
あとはまぁ、汚れとか傷とか一番目立たなそうな色かな、と。
 
 
ソフトは、この2本を買いました。

***

シアトリズムと、モンハン3G

3DS を購入しようと決めたきっかけは、

どーしても、シアトリズムを遊びたい!

そう思ったからです。

思い立ったが吉日。
あいにく、シアトリズムは品切れで同時に入手することが出来ず、とりあえず本体のみを購入することとなりましたが、本体から遅れること約一週間で無事に手元に届きました。

モンハンはね、久々にモンハンやりたいな…と思っていたので、1人でどこまで出来るか分からないけど買ってみました。
まだ、やっとギルドが使えるようになった所で止まっています。
操作に戸惑っています。(特に水中)
これは、まぁ、のんびりやろうと思っています。

シアトリズムの方は、思い出に浸ったりしながら楽しくプレイ中。

音ゲーって初めてなんですよね、実は。

基本はクリア出来るものの、熟練になるとコケまくりの自分に究極なんてクリアできる日が来るのだろうか?

こちらも、他のゲームの合間にチョコチョコと進めて行くつもりです。
 
 
ついでに、近況報告もしておきますかね。

「アーマードコアV」はストーリーミッションとオーダーミッションをひととおりクリアして、1人でやることが無くなって来てしまったので、チームメンバーがインする時間帯だけプレイするようになって来てます。

サブクエ潰しとか、傭兵やってみるとか、探せばやることはあるんですがね。
トロフィーも60%で止まっているし。
でも、どうもやる気が起きないので…

そこで、1人で遊べるゲームを何か…と思い、「ニーア レプリカント」を始めました。

鬱ゲーとの呼び声も高いニーアを!ついに!
かなり長いこと積んでいたので、こちらも満を持してって感じですね。

しっかし、マゾゲーの次は鬱ゲーか…(^-^;

ニーアについては、プレイ日記をアップする予定です。
 
 
ということで、しばらくは

昼間は1人で「ニーア レプリカント」

夜はチームメンバーと合流して「アーマードコアV」

ハンパに空いた時間に「シアトリズム」

だいたいそんな感じでやって行こうと思います。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

その他のハード

ちょっと気になる