« ニーア レプリカント プレイ日記 その15 | トップページ | ニーア レプリカント プレイ日記 その17 »

ニーア レプリカント プレイ日記 その16

さて、崖の村に行きますよ。

あら…
相変わらず陰気くさく引きこもってるじゃないの。
村長も手紙なんて知らないって言ってるし。
引きこもってる人達はともかく、と。
奥の方の広場に人が居るので行ってみると、本当にお店は出来ていました。
1人、衛兵がでっかいトークアイコン付けてるのでコイツに話しかけるのは後回しにして、お店を覗いてみると大した物は売ってませんでした。

満を持して衛兵に話しかけると…

マ、マモノッ?!

マモノに取り憑かれているのか、人がマモノ化しているのか、どっちなのかよく分かりません!
分かりませんが襲って来るヤツは倒すしか無いので、倒しますとも!

マモノも元は村の人達…
誰かの家族だったり友達だったりするワケで

そうなると、まるでこっちが悪者みたいです。

いや、気持ちは分からないじゃないけど、マモノは放置しておくワケにはいかないし。
現にマモノは容赦なく襲いかかって来るし。
とてもとても複雑な心境です。

カイネと合流すると、カイネは姉弟の前に居て、姉の方はマモノだと言ってます。
見た目は人間ですが、マモノ化が進むと完全にあのワヤワヤした身体になるんですかね。

「お前たちこそマモノじゃないか!」と弟に言われ、さすがのカイネも怯んだ。
(うん、まぁ、確かに…お兄ちゃんはともかく、カイネは半分マモノだし、エミールも見た目あんなだし…)
その隙に完全にマモノ化した姉の方が襲いかかって来て、カイネは深手を負ってしまいました。

うわぁ〜、カイネ、またかぁ!
アンタ、何度、瀕死になったら気が済むの〜〜〜っ!
ここでまた暴走なんかしたらどーすんのさっっっ!

襲いかかって来る大量のマモノを追い払っていると、さっきのお店のあった広場で人が襲われていると言うので、引き返します。

村の中央に、黒い渦が出現してますよ?

広場で暴れているマモノを一掃すると、黒い渦から巨大な球体が姿を現しました。
あれが村の人を巻き込んでマモノ化してるって?

ある程度ダメージを与えると、エミールが引きつけている間に後ろから攻撃しろと指示が飛びました。

う、後ろ?高い所?
ど、どこっ?

あぁ、村長の家の方に向かう途中の通路が良いみたいね。

ものすごい数の魔法弾を避けながら、なんとか魔法を打ち込みます。

よし、当たった!

あぁ、逃げた。

追い掛けるっ!
シロは奥に逃げたって言ってるけど、マップ的には奥じゃなくて村の入口の方です!

エミールと力をあわせてトドメを刺したけれど、エミールが暴走。

……あぁ、なんてこった。

崖の村が消滅してしまいました。

エミールは相当なショックを受けて泣きじゃくっております。
まぁ、当然だよね。
でも、やむを得なかったのかも。
あの球体をどうにかしないことには、もう崖の村全体がマモノ化して、お兄ちゃんたちだけでは手の打ちようが無くなってただろうし。

「もう振り返るな」と言うお兄ちゃん。
これまで数々の修羅場をくぐり抜けて来たお兄ちゃんだからこその、重みのある言葉だよなぁ。

しっかし、カイネもエミールも、暴走したらとんでもないことになるね。
爆弾を抱えてるようなもんだな。

「贄」の鍵を入手。
 
 
それにしても…
マモノとか黒文病とかマモノ憑きとか、ワケ分からなくなって来たな。
けっきょく全部同じものなんじゃね?って気がするんだけども。
 
 
ポポルさんは相変わらず特に情報は無いようだけれど、手紙が届いているらしいので確認に行ってみる。

仮面の街の王からの、結婚式の招待状でした。

暗いご時世の中、明るい話題をありがとう。
王さまとは浅からぬ縁もあるし、是非ともお祝いに駆けつけなければ。
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ニーア レプリカント」プレイ日記の目次
 
 
 

« ニーア レプリカント プレイ日記 その15 | トップページ | ニーア レプリカント プレイ日記 その17 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる