« ダークソウル プレイ日記 #27 | トップページ | ダークソウル プレイ日記 #29 »

ダークソウル プレイ日記 #28

最初の火の炉

サラッと書きますが、実際には初見から撃破まで3日くらい掛かってますw

まず、手前の黒騎士さんたち相手に素材集めしてたでしょ・・・
5体全部倒すと1万ソウル入るから、勿体ないんでレベル上げに使っていたらLv.80になっちゃいました。
たぶん、そんなに上げる必要無いと思うよ。
 
 
グウィンさんには何度挑みましたかねぇ?
数えてないので分かりませんが・・・
大量に貯まった黒騎士装備の数が、ワタクシの討ち死に回数を物語る。

黒騎士の剣、ざっと20本!!!

要らないよ、こんなに (;-_-)=3 フゥ

各種塊を落とすし、何より邪魔なんで、ボスに行く前に必ず黒騎士を倒して行ってたんですよね。
そのうち面倒くさくなって、手前の2体はスルーして、橋の先に居る3体だけを倒すようにしてたのですが・・・

(ノ_-;)ハア…

もうね、黒騎士なんて雑魚扱いですよ。
ノーダメでチャッチャと片付けられるようになっちゃいましたよ。
ちょっと前までは、黒騎士の姿を見るだけでビビって近寄らないようにしてたのに。
 
 
あ、はいはい、グウィンさんね。

一応、参考までに装備とか書いておきますかね。

防具は、伝道者シリーズと黒金糸シリーズ。
どちらも炎防御が高めで、そこそこの物理防御力もあるので。
伝道者で全身固めると重くなって動きが鈍ってしまうため、軽い黒金糸と組み合わせて調整してみました。

炎耐性の上がる、炎方石の指輪も装備しておきました。

武器は邪教のハルバードを作っていたので、それで。
白の原盤を神聖武器に使ってしまっていたため、+4にしかなってないですけど。
盾は黒騎士の盾。

あとは、呪術ね。
大発火と発火。
 
 
最初はハルバードでチクチクやっていました。
でも、なかなかダメージが稼げなくて、半分くらいまで削ったあたりでこちらの集中力が途切れてしまい、攻撃を避け損なったりして、やられちゃうんです。

そこで、
炎に炎ってどうよ?
と、思って使わずにいた呪術を試しに使ってみたら、一発でハルバードの倍以上のダメージが出る・・・

これなら私の集中力が途切れる前にトドメを刺せるかも!

ということで、呪術で行くことに方針変更しました。
 
 
バトル開始と同時に、すぐ左手にある岩の陰へ。
その後は、ひたすらこの岩を挟んで相手と対峙する状態をキープです。
あちらの攻撃は岩に当たって、ほとんど空振りに終わります。
空振ったスキに、こちらはサッと岩陰から飛び出して攻撃。
すぐさま隠れる。
無理して2発撃とうとすると捕まるので、欲を出さないようにしました。
掴み攻撃やキック攻撃を空振りした後が攻撃しやすいです。
連続で斬り付けている間は、ぜったいに近寄らず岩を挟んでグルグル。
それでも、当たる時は当たりますがね。
掴み攻撃に捕まってしまうと、放り投げられたあげく大ダメージですが、落ちたその場で慌てて回復しないように。
放り投げた後に、必ずジャンプ攻撃で突っ込んできますから。
焦らずローリングでその場を離れ、岩の所に戻ってから回復するようにしました。
むこうはジャンプ攻撃を空振りしてから戻って来るので、十分に余裕はあります。
他の攻撃の時も、岩陰に隠れてから回復した方が良いです。
岩を挟んで距離を少し取っていると、あちらが攻撃の手を緩めるので、その隙に回復するようにしました。

敵の体力ゲージ、あと1目盛りというところで力尽きてしまうこと2回。

あと、一撃!
と、思うと、つい、欲が出るんですよね。
回復を怠って攻撃に出て、そこで捕まってしまう。

でも、同じ過ちを3度は繰り返さない。

あともう一息という時こそ、慎重に慎重に。
しっかり回復して、敵の動きを良く見て、ここぞというチャンスに飛び出してボッ!とやったら

やった〜〜〜、倒せた〜〜〜!!!

このゲームをクリアするのに必要なのはプレイヤースキルよりも何よりも、折れない心、だと思うですよ。
 
 
その場にあった篝火に灯をともして、エンディング。
なんだか、よく分からないモヤッとした終わり方。
火を継いで、新たな薪の王になったのかしらん?

そして、間髪入れずに2周めに突入。
武器をいっぱい作らなきゃならないし、何よりもう1つのエンディングも見なきゃならないし、まだまだ終われませんともッ!
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ダークソウル」プレイ日記の目次
 
 

« ダークソウル プレイ日記 #27 | トップページ | ダークソウル プレイ日記 #29 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる