« ダークソウル プレイ日記 #18 | トップページ | ダークソウル プレイ日記 #20 »

ダークソウル プレイ日記 #19

アノール・ロンド(オーンスタイン&スモウ)

ずいぶん待たせたわね。
いい加減、引導渡してやるわ。

ボスの所までは、最初の篝火から一気に駆け抜けました。
面倒なので、敵は全部スルーで。
たまに、引っ掛かることもありますがね。
 
 
さて、どちらを先に倒すべきか・・・

呪術を覚えるまでは、スモウを先に倒していたのですよ。
雷のスピアで、かなり効率良く削れるので。

でも、今回は大発火を覚えて来たので、先にオーンスタイン狙いで行ってみることにしました。

バトル開始と同時に、すごい勢いでオーンスタインが飛び込んで来るので好都合です。
スモウは無視(一応、視界の隅で何やってるかくらいは気にしてたけど)して、オーンスタインにロックオン。
敵の攻撃の合間を縫って、至近距離で大発火。
ほんの数発で、オーンスタインは倒れました。

スモウ1体になったら、距離を取って攻撃を回避。
スモウがドーンと尻餅をつく攻撃をして来たら、反撃のチャンス。
この時、少し硬直時間があるので、一気に接近して呪術を数発ぶち込みました。
そして、すぐに離れる・・・

と、そんな感じで繰り返したら、あら不思議。

あんなに苦戦したのがウソみたいに、実に簡単に倒せてしまいました。
(エスト瓶、4本しか飲まなかったよ。うち1本は、ボス前に削られていたので直前に全回復するために飲んだ)

いや、やっぱり、呪術が強すぎるんだわ。
 
 
奥のリフトに乗って上へ。
グウィネヴィアに会って「王の器」をもらい、ついでに誓約も交わして来ました。
 
 
大広間の所で「黒い瞳のオーブ」が反応していたので、それも片付けないとね。
「黒い瞳のオーブ」をアイテム欄に装備しておくと、異世界に侵入できます。

長い回廊の奥に3体。
一斉に近付いて来て、「きゃ〜〜〜!どうしよ〜〜〜?!」と、慌てふためきながら呪術連発していたら、あっという間に撃破完了。

あれ?
いいのかな、これで?
いいんだな。元の世界に戻って来れたみたいだし。

たぶん、これで火防女を復活させられるはずなので、火継ぎの祭祀場に戻ります。
死んでいる火防女に魂を還してあげると復活して、篝火も使えるようになりました。
ふぅ、良かった。
ここの篝火が使えないと不便だったのよね〜。
 
 
次に何処に行けば良いのか分からず、とりあえず要らないアイテム食べてもらおうとフラムトに話しかけたら・・・
臭い口にくわえられて火継ぎの祭壇へと運ばれてしまいました。

せっかくなので、祭壇に「王の器」を捧げる。
(ってか、こんなデカい物を持ち歩いてたのか)

すると、次にすべきことが分かりました。
王のソウルを集めて、ここに捧げれば良いらしいよ。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「ダークソウル」プレイ日記の目次
 
 

« ダークソウル プレイ日記 #18 | トップページ | ダークソウル プレイ日記 #20 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる