« 「ラストストーリー」プレイ日記 #11 | トップページ | 「ラストストーリー」プレイ日記 #13 »

「ラストストーリー」プレイ日記 #12

* 異常ネタバレ注意報発令中
 
 
ルリ城の伯爵の部屋へ。
ここは、忠誠を誓うしか無いのね。
今ひとつ気が乗らないけど伯爵に忠誠を誓うと、宝剣をくれました。

エルザとクォークは騎士見習いに取り立てられ、ゆくゆくは仲間全員も・・・という運びになったんだけれど、喜んでいるのはクォークだけのような気がしなくもない。
 
 
この後、再び伯爵の元を訪ねるのだけど、その前にちょっとしたイベントが2件。

酒場の男から、噴水広場で弓の名手を探している男が居ると聞いて、行ってみる。
イベントはしょーもない内容だったけど、アローダメージ+20もらったので良し。

もうひとつ。
ルリ城の中庭に居る兵士から、エルザ宛と思われる挑戦状を拾ったと言われたので、行ってみる。
雑魚を蹴散らすだけ???
普通に叩きのめしたり、ビースト乗っ取って蹴散らしたり、3回やってみたけど、なんだかよく分からなかったので無視することにしました。
 
 
CHAPTER22 操りの領域

伯爵はグルグ族を滅ぼすため、遠征に出るなどと威勢のいいことを言ってます。
そして、その前にエルザに試練を受けろ、と。
要塞がどうのこうのって・・・なんか、嫌な予感。

試練を受ける場所がどこだか分からなくて、これまた一苦労。
地下最深部ってどこだよ。
先に行かないで、連れってくれよ、伯爵。
次にどこに行って何をすれば良いのか、イマイチ分かりづらいよな、このゲーム。

地下最深部への入口は、中庭で発見。
中央付近のレリーフ(?)を調べると隠し階段が出現しました。

地下最深部へ向かうのはエルザ、クォーク、マナミアの3人。
クォークがマナミアを連れて行きたくなさそうなのは何故だ?

大きな骸骨と、それを操る魔導士が登場。
そのままでは魔導士にダメージを与えられないので、まずは骸骨の方を叩く。
ある程度ダメージを与えると骸骨は剣を落とし、この間だけ魔導士にダメージを与えられる。
しばらくすると骸骨が動き出してしまうので、また同じことを繰り返す・・・

プレートに乗って上へ移動。
もう一度プレートを操作すると周囲が回転して、2カ所ある扉の向こうに行けるようになった。
それぞれ、同じように大きな骸骨と、それを操る魔導士が出て来るので、蹴散らす。
要領が分かれば、どうということはない。

2つの扉を通過すると、階段が出現。
3つ目の扉の先には、大きな骸骨2体と魔導士が待ち受けていた。
骸骨2体いっぺんに倒すように言われる。
幸い、2体の骸骨はわりと近くに居てくれるので、さほど苦労すること無く撃退。

ボスは、黒いモヤモヤ
普通にしていると攻撃が通りません。
マナミアの魔法で攻めるしかないとのことなので、マナミアには攻撃指示。
時々、クォークが混乱してる。
ヒールで治せるみたいだけど、マナミアに攻守切り替えの指示出すのを面倒くさがって放置しておいたら、エルザにぶん殴られて何度もダウンしたクォークが K.O. してしまった。
あちゃ〜〜〜 ( ̄Д ̄;;
でも、マナミアさえ無事ならなんとかなる。
2人で頑張って、撃退しました。
ごめんね、クォーク。
 
 
謎の女性の声が聞こえて来て、どうやら試練は無事に乗り越えた模様。
伯爵に言われて、渋々と島に命ずるエルザ・・・

あぁ、やっぱり・・・ (゚ー゚;

ルリ島が動き出しちゃったよ

かくして、大量の民間人を抱えたまま、ルリ島はグルグ族討伐に向かうことに。
 
 
この後、中庭に行くと刺客に襲われました。
大して強くなかったんで余裕で気散らす。
そういえば、正体バレバレの緑のフード姿の魔導士が助けに来てくれたっけ・・・
 
 
大広間に居る兵士が、何やら困りごとを抱えているようで、地下最深部へ行って欲しそうな眼でチラチラとこっちを見る。
仕方ないので、行ってあげることに。
 
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ラストストーリー」プレイ日記の目次
 

« 「ラストストーリー」プレイ日記 #11 | トップページ | 「ラストストーリー」プレイ日記 #13 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる