« 白騎士物語 プレイ日記 #61 | トップページ | 白騎士物語 プレイ日記 #62 »

「ラストストーリー」プレイ日記 #9

* 異常ネタバレ注意報発令中
 
  
牢に戻って来たエルザは、再び査問に呼ばれる。
極刑をーーーと、決まりかけたところでカナンとトリスタ、オマケに伯爵まで乱入して来て、てきとーなこと言ってエルザは救世主に祭り上げられ無罪放免。

なんだ、この三文芝居。

まぁ、とにかく自由の身になったワケだけれども・・・

伯爵に右手の印について色々聞かれましてね。
エルザの考えひとつで、仲間もろとも騎士にしてくれるし、カナンと結婚させてもやっても良いいよ的なことを匂わせる伯爵。
願ってもない申し出だけれど、伯爵は「異邦の力」が欲しいだけだと察するエルザとしては、どーも二つ返事で受ける気にならないワケで。
カナンも、エルザには醜い争いとは無縁でいて欲しいと願っているようだし。
とっても分かりやすい伯爵は、「異邦の力」を使って世界征服を企んでいるみたいだしなっ。

なんて分かりやすいんだ。
 
 
んで、エルザはとっとと仲間の待つ酒場に帰っちまいました。
 
 
出世欲満々のクォークは、エルザに伯爵の申し出を受けて欲しそうにさりげなく圧力掛けて来るけれども、他の連中はどっちでも良さげですな。

ふむ。
アリエルが「ロッタがエルザを探し回ってる」とか言うし、酒場で飲んだくれてるオヤジが「娘がさらわれた〜〜〜」と嘆いておるし・・・
ちょっと、出て来るわ。
なんか、伯爵がお呼びだって言われた気がしたけど、気にしなーい。
 
 
CHAPTER21 酒場 サルマンドル

噴水広場でフードの男を発見。
追いかけて行って、酒場サルマンドルへ。

(およ?チャプター20が抜けた? ま、いいか)

最初の敵をエルザ1人でぶちのめすと、どうやってここを嗅ぎ付けたのか、クォーク、セイレン、ユーリスが駆けつけて来た。

ユーリスを1人1階に残して、3人で2階へ。
アクロバティックな作戦の実行役は、全てエルザに回って来るのね。

窓から外へ出て壁伝いに隣の部屋へ。
捕らわれていた女の子を助けて1階に戻ると、床一面に黒いワヤワヤ!
影が実体化して襲いかかって来たぁ。

回復担当が居ないじゃないかよ!と、思ったら、ゲスト参戦のこの小さな女の子がヒール使えるようで。

仲間が意識を奪われると同士討ちのピンチに。
(クォークに何度ぶっ叩かれたことか!この前のドッペルゲンガー戦でぶん殴ったの、根に持ってるなっ!)
ヒールサークルを拡散すると元に戻るって言うんで、目が赤くなった仲間を見つけたら即座にヒール拡散。
敵にダメージ与えるにはフレアサークルに誘い込む必要があるらしいが・・・
なかなか、上手いこと誘導できないんだわ。
しかも、コイツ回復してるしな。
火鉢も利用して、そこら中フレアサークルだらけにしてやっとこさ倒しましたわ。

ふぅ。
女の子は無事に助け出したけど、けっきょく、なんだったの、ここ?
なんで彼女が捕まってたのか、彼女を捕らえてた連中が何者だったのか、何も分からないまま一件落着ってことにされちゃったわ。
平和そうに見えるルリ島にも、裏で怪しげなことをやっている連中が居るよってことを言いたかったのかしら?
 
 
まぁ、いいわ。
ロッタの奥さんも何者かに拉致されたみたいなので、そっちも行ってみるわね。
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ラストストーリー」プレイ日記の目次
 

« 白騎士物語 プレイ日記 #61 | トップページ | 白騎士物語 プレイ日記 #62 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる