« 「ラストストーリー」ファーストインプレッション(ネタバレは無いのでご安心を) | トップページ | 「ラストストーリー」プレイ日記 #2 »

「ラストストーリー」プレイ日記 #1

CHAPTER 1 リザードの洞窟

壮大なムービーも無く、いきなりチュートリアルに放り込まれた。
基本操作を教えてもらいながら進む。
さっそくバトルがあるけれど、この辺のは敵に向かって突っ込んで行くだけでなんてこと無く倒せた。

主人公のエルザは剣の他にボウガンも使えるんだ。
しかし、ポインタを合わせるのが上手く行かない。
リモコンの方でポインタ合わせられたら良いのにね。

というか、WIi リモコン&ヌンチャクの扱いに自分が慣れていないせいで、とっても大変なの。
コントローラーだとどのボタンが何なのか直感的に分かるけど、WIi リモコン&ヌンチャクだと「えーっと、どれが Z だぁ?」って感じで。
けっきょく、クラコンを買って来た。
やっぱりコントローラーの方が操作しやすい。ボタンの位置もだけど、両手が安定するってのも大きい。
 
 
4人になって更にチュートリアルを受けながら進むと、遺跡のような場所に到着。

骸骨っぽいのが寝てるね。
これ、ぜったい動き出すよね。

クォークとユーリスが偵察に行ってしまい、ぜったい動き出すに違いない骸骨の群れの中でエルザとセイレンは休憩。

落ち着きのないエルザがウロチョロしていたら、プレーヤーの誰もが予想したとおり、動き出す骸骨。

奮戦するも2人は追いつめられ、セイレンが敵の矢に貫かれて倒れると、エルザのフラッシュバック発動。
目の前で母親に死なれたことがトラウマとなっている模様。

すると、そんなエルザの嘆きに反応したのか、謎の声が聞こえて来てエルザが「ギャザリング」の力を授かった。

これがこのゲームのキモである。
これを発動すると敵は一斉にエルザに引き寄せられるんだそうだ。
でも、だからといってエルザが集中攻撃受けるということも無さそうだな。
走り回ってると、敵は追いつけないからさ。
さらにギャザリング中は、ダウンしている仲間に触れると復活させることが出来て、叩き起こされた仲間は一定時間パワーアップする。
さっそくセイレンを叩き起こして、パワーアップした姐さんに頑張ってもらうことにする。
クォークたちも合流して、4人で骸骨兵を殲滅。
 
 
更に進んで、今度は橋の上での戦闘。
ユーリスに指示して、遠くに居る弓兵を倒してもらうことに。
ユーリスが「詠唱が邪魔される」と文句を言うので、ギャザリングで敵をユーリスから引き離す。
そうすると、エルザしか眼中にない敵を、クォークたちが勝手にフルボッコにしていてくれるようだ。
しかし、骸骨引き連れて走り回ってるだけじゃつまらないので、適度にエルザも攻撃に参加する。

橋のお掃除完了。
 
 
その先は神殿のような場所だった。

ここで、ひときわデカいのが登場。

なんか、攻撃がぜんぜん効いてませんけど?
クォークがさかんに弱点を探せと言ってる。
Z注目で頭が弱点だと言うことは分かった。

よし、頼むぞユーリス!

ん???

あーーーっ、ユーリスがダウンしてるぜっ!

うん、そうだよね。
弱点探すのに手間取ったからね。
さっきから、エルザも何度かぶっ倒れたしね。

と、そうこうするうちに、上から骸骨兵が振って来たりもして、いつの間にかクォークとセイレンもひっくり返ってるし

 Game Over \(;゚∇゚)/

やっちまった。

うん、でもね、頻繁にオートセーブしてくれてるからね、そんなに痛手ではないの。
平気、ヘッチャラ。

やり直し。

今度は手早く弱点を突き止めて、魔法をぶっ込んでもらう。
ユーリスの詠唱が邪魔されないよう、注意も怠らない。
倒れた仲間は即座に叩き起こし、ガンガン行ってもらう。

おお、ちょっとは削れた。

しかし、これじゃぁ倒すのにえらく時間掛かるな・・・と思いつつ、ドタバタ走り回っていたら「そのまま橋に誘い出せ!」とクォークの指示が飛ぶ。
画面にはありがたい矢印まで出た。

なるほど。
早く言ってよ。

エルザは敵を引っ張ったまま橋に向かって突進。

敵の巨体の重みに耐えられず橋は崩壊・・・

あーあ、派手に壊しちゃって。
敵は倒したけど、どうすんのさ、分断されちゃったじゃないのよ・・・
と、思ってたのに、何事も無かったかのようにシレッと合流している4人。

・・・まぁ、いいか。
 
 
CHAPTER 2 城下町への道

やっと人気のある場所に帰り着いた4人。
でも、ここにも魔物が現れたようで、取り残された子供の救出にあたることに。

そこに居たのは、神々しく光を放つ白い虎。

子供に当たるといけないので魔法はしばし封印。
ユーリスと子供に魔物が近付かないよう、ギャザリングを使って位置をコントロール。
「Rでガードが有効ですっ!」とわざわざ教えてくれるくらいだから、倒せる相手ではないのだろう。
子供を全て避難させた後は、ユーリスの魔法陣に敵を引き込むようにしてファイト。
エルザは適当に叩いたりガードしたりして時間をつぶす。
案の定、ある程度削ると白い虎は去って行った。
意味ありげにエルザを見つめて。

どうやら、傭兵というのは嫌われているらしい。
唐突に挟み込まれるエルザの回想によって、彼らの置かれている状況が分かった。

かくして、一行はルリの街に到着。
キリがいいので今日の日記はここまで。
 
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ラストストーリー」プレイ日記の目次
 

« 「ラストストーリー」ファーストインプレッション(ネタバレは無いのでご安心を) | トップページ | 「ラストストーリー」プレイ日記 #2 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる