« 「ラストストーリー」プレイ日記 #2 | トップページ | 「ラストストーリー」プレイ日記 #4 »

「ラストストーリー」プレイ日記 #3

* 異常ネタバレ注意報発令中
 
CHAPTER 8 ルリ城 大広間

次の任務はルリ城の警備。
カナン様お披露目の舞踏会が開かれるとかで、人手が足りないんだそうだ。

お仕事の前にちょいと野暮用。

宿に居た女の人に染料の材料を探すよう頼まれたからね。
ひとっ走り中央広場へ。
シークで青い鳥を探し出して青い羽根を4つ入手。
依頼人に渡すと「透明薬」をくれた。

・・・これが、かの有名な・・・服が透けて見えると言うブツかっ!!!

女性陣の服を片っ端から透明にしてないだろうね、そこの健全な男子よ。
 
 
アリエルにもらった弁当を持ってウロウロしていたら、川縁に居た子供が目ざとく見つけて譲ってくれとお願いしてきた。
交換に汗ふきタオルくれるって。
アリエルの手作り弁当とタオル1枚じゃ割に合わないけど、何処かでタオル欲しがっていた人が居たような気もするので交換してあげた。
タオル欲しがってた人は何処に居たっけか?
・・・まぁいい、そのうち何処かで会えるだろう。

その他、いたずらバナナで感じ悪い客を転ばせてカフェのお姉ちゃんに感謝されたりとか、カエルさがしたり・・・
ウロウロしていたら、またしても軽く3D酔い。
何故かこの街をウロつくと気持ち悪くなるんだ。
他の場所は平気なのに。

まだ他にもいくつか安請け合いしたネタがあるのだけれど、いいや、メインの仕事に行こう。
なにしろ、傭兵などという根無し草的な立場から脱却し、騎士という定職に付けるチャンスになるかもしれない重要なお仕事だからな。
 
 
(気持ち悪いから、ちょっと休憩してから)全員揃って城へと赴く。
クォークに城を見学して来いって言われたので、素直に城内をウロチョロ。

中庭で騒ぎが起きているって言うからすっ飛んで行ってみると、騒ぎの主はセイレン。
イケメン騎士にケンカ売ってやがるぜ。
傭兵を侮辱するようなことを言われてブチ切れたみたい。
そこに割って入って仲裁してくれたのは、えらく紳士的な騎士。
この威厳に満ちたオッサンは、平和ボケしてるルリ島の騎士団を立て直そうと画策している様子。
この若造(タシャ)も、それほど悪いヤツでも無さそうだ。
おおかた、セイレンの態度がよっぽどマズかったのだろう。

城内を一回りしたら、クォークに話しかけてお仕事開始。
 
 
CHAPTER9 舞踏会会場

警備の必要も無いくらい、いたって平穏な舞踏会の会場。

百歩譲っても悪人面のアルガナン伯と、どうひいき目に見ても好青年には見えないランバルト公爵のご子息ジルを確認した。

そこへイヤガラセのような黒いドレスを身にまとったカナンが、あからさまに浮かない顔で登場。
そして、さっそく御気分が優れない様子で退場。

昨夜の不思議少女が、実はお姫さまだったと知ったエルザは少なからず動揺する。
関わるなと釘を刺さしたくせに、なんだかんだ言って機転を利かせてくれたクォークの手引きで、まんまと姫さまの元に駆けつけるエルザ。

叔父のアルガナン伯は、自分が権力を握るためにジルとカナンを結婚させようとしていることとか、カナンは父の死因にも不審を抱いているとか、色々身の上話を聞かされてなんとなく良い雰囲気になりかけたところでジルが乱入。
2人のただならぬ雰囲気を敏感に察知したジルは、エルザを手打ちにしかねない勢いだ。
エルザの方が腕が立つに決まっているけど、傭兵ふぜいが公爵のご子息に剣を向けたりしたら大問題だもんな。
騎士に取り立ててもらうどころか首が飛ぶ。

エルザ、ピーンチ!

すると、エルザの危機を察して飛び込んで来たとしか思えない絶妙のタイミングで謎の敵が襲来。

グルグ族、グッジョブ。


腰抜けのジルは1人で逃げちゃったので、エルザが姫を守るですよ。
しかし、このお姫さま、なかなか肝が座っておられるようで自分も戦うおつもり。
かと思えば、途中で「着替えたい」とか呑気なことも言うし。
可愛い女の子のワガママには素直に従うエルザは、もちろんちゃんと着替える時間を与えてあげた。

大広間に戻る途中で敵と戦っている魔導士に助太刀すると、そのままくっ付いて来た。
姫と2人では心許なかったから助かるわ。


カナンの先導で大広間へ。

・・・なんかデカイのが降って来たわぁ。

なにもそんな所から来んでも良かろうに。

現れたのは、グルグ族の王ザングルグだそうで。
エルザは軽く吹っ飛ばされて気絶しちゃいましたよ。
ザングルグは何か探し物があったみたいだけど空振りだった様子だね。
カナンはエルザを守るために、大人しくザングルグについて行きました。

・・・なんか、ここまでの展開・・・いや、なんでもないよ、なんでもない。
 
 
意識を取り戻したエルザは、姫さま奪還に燃えるっ!
クォークと一緒に東門へ。

中庭で1人で頑張ってる兵士に加勢してみたり。
この兵士に話しかけると何度でも敵が湧いて出るので、何度か戦って先ほど覚えた「ウィンド」の練習をしておいた。
アイテムや装備、お金もポロポロ落としてくれたので、エルザの装備を一新。
 
 
東門の前でセイレン&ジャッカルと合流。

ほら、転べ転べ〜〜〜♪

ジャッカルの作ってくれる魔法サークルを拡散して敵をすっ転ばし、ガンガン追い討ちをかける。
敵は転ぶけど味方は転ばないのねー。

ヒールサークルを拡散して、仲間を一気に回復したりもしてみた。

便利だね、ウィンド。

かなりの大群だったような気もするけど、なんてことなく駆逐。
 
 
姿が見えないマナミアとユーリスのことはセイレンたちに任せ、エルザとクォークはカナンの救出に走る。
大丈夫かね、2人で。
あ、魔導士クンはまだ一緒に来てくれるのね。
 
 
  
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ラストストーリー」プレイ日記の目次
 

« 「ラストストーリー」プレイ日記 #2 | トップページ | 「ラストストーリー」プレイ日記 #4 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる