« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

「ラストランカー」 プレイ日記の目次

ネタバレしていると思いますのでご注意ください。

#1 ランカーとしての第一歩
 「討伐修練 低位1」
 「薬草探しの代理人」
 「来れ 幸運の使者!」
 「闘技場の害獣駆除」

#2 協力者マキス???
 「森のイビノス駆除」重大!
 「タリー石を探せ」

#3 初めて出会った七騎士とイラッと来る後輩
 「甘梅草を探せ」
 「討伐修練(緊急)」 
 「武術指南のお願い」 

#4 トップランカー登場
 「討伐修練 低位2」
 「回廊のイビノス駆除」

#5 なんとなくタイロン一家の下っ端になりました
 「徴兵の剣の没収」
 「徴兵の剣の返却」

#6 地道に修練します
 「河畔の生態系調査」
 「鉱物資源の収拾(緊急)」
 「黒い積荷の回収」
 
#7 カンタレラ壊滅
 「討伐修練 低位3」
 「悪徳商売を抑止せよ」

 
 
 

「ラストランカー」 攻略メモ #5

さて、タイロン一家に入って最初の修練です。

「徴兵の剣の没収」 依頼人:リド

大橋に居るプロポから剣をぶんどって来いというヤクザなお仕事。
もちろん、力ずくで。

ということで、プロポ(71516)とバトルになりました。
そんなに強くなかったよ。
「チャクリング」入手。
 
 
報告に戻ると、すぐに次の修練が発令。

「徴兵の剣の返却」 依頼人:リド

今度は返して来いって。

はぁ???と、思いながら武器屋に行くと・・・
事情が分かりました。
なるほど、そういうことね。
タイロン一家はならず者集団みたいに思われているけど、実はちゃんと皆さんのお役に立っているのね。
「週刊 まもり」入手。

武器やに来たついでに、短剣「スクラマサス」を買っておきました。
ずっと拾った剣というのもナンだしな。

ついでに、下区の宿舎を引き払って来る。
せっかく個室もらったのに・・・

タイロン租界の方の宿舎に入って一休みしようとすると、マキスがやって来ました。
マキスは、ちゃんと考えた上でタイロン一家入りを勧めたそうで。
何事も、経験・・・ですか。
合鍵は返してもらいました。
その鍵はリドに。

その後、酒場で本当の歓迎会。
炭酸水で酔っぱらう人たちを見ました。
 
 
次の修練を受けようとしたら、どれもランク上げないとダメっぽいのでランカー戦。
闘技場のオッチャンたちに、適当な相手の居場所を教えてもらいました。

ルーク(69110)
闘技場の近くをウロウロしている。
封印されてしまったけれど、特に問題無く撃破。
「HP+50」ゲット。

モルト(66852)
租界に居ます。
ランカーを22人以上倒していないとダメみたいです。
既に22人以上倒していたので挑戦させてもらえました。
で、この先輩がけっこう強くて、なかなか勝てなくて泣きました。

「ディフェンド」と「パワフル」は、常時掛けっ放し。
「ヒール」は本当にヤバい時のために温存し、「喰フ拳」とか「チャクラ」で回復。
カウンターを受けないように、極力単発の攻撃にする。
だいたい、そんな感じ。
トドメに「スターボマー」使ったら、トドメ刺しきれなくて大泣き。
(全スキル、空っぽになっちゃうからさ)
それでも諦めずに、コツコツ叩いてどうにか倒しました。

「カウンター」ゲット。

スキル装備枠がもっと欲しい。

何はともあれ、これで次の依頼を引き受けられます。
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「ラストランカー 」プレイ日記の目次
 

大神 攻略メモ #8

風神宮。

あれ?スサノオのおっちゃん?
なんだかんだ言って、けっきょく居眠りするのね。

そして、地縛霊ヤツフサ登場。
ヤツフサにはアマテラスが見目麗しい女性に見えているらしい。
どこかでオス犬呼ばわりされてた気がするんですけど?

アマテラスの周りでクルクルしている八宝玉を見て、ヤツフサが封印を解いてくれました。
赤カブトは、ヤマタノオロチを退治した際に生まれた妖怪で、そんじょそこらの雑魚妖怪とは桁が違うそうです。

ヤマタノオロチと聞いて、スサノオのおっちゃんが飛び込んで行ってしまったので、急いで追いかけます。
もー、どこ行っちゃったのよ。
先に進むには、色々と面倒くさい仕掛けを解かないとダメなのにさっ。

あ、そういえば、水の中に沈んでいる宝箱って、一閃で取れるのね。
どうにかならないもんかと筆しらべを色々試していたら取れました。
他にも何処かにあったよなー。
あちこちで、ポツポツと宝箱を取り残しています。

洞窟に入ったら、まずは右側の通路へ。
羅城門に飛び込んで妖怪を倒すと、破魔矢が出現。
これをくわえて戻り、正面の鳥居のある方へ。

怪しい錠前に破魔矢を使ってドアオープン。

エレベーターに乗り込みます。

2階で破魔矢を取って3階へ。
大風車をグイグイ登って行きます。

グルグル渦巻く妖気とは逆方向の線を描くと、大風車が回転。

星座も現れて「疾風」を会得いたしました。
 
 
1階に戻り、風車を「疾風」で動かすと、通路が回転。
別の道に進めるようになりました。

花コケモモを利用して梁の上に登り、掛け軸を「疾風」で舞い上げて、それを足場にGO!
一番置くまで行ったら、飛び降りて扉の先へ。

「疾風」で炎を消しながらずんずん進んで行くと、例の鳥居。
ということは、赤カブトはこの奥ね?
 
 
深呼吸して飛び込むと、赤カブト登場。

普通に攻撃してもダメージは与えられないみたいです。
それでも構わず適当に体当たりして、赤カブトがダウンしたら「疾風」で鎧を吹き飛ばす。
その隙に連打!一閃!
相手が体勢を立て直してしまったら、また適当に体当たり。
これを繰り返して、あと一息!というところまで削ると、逃げようとする赤カブト。
すると、そこにスサノオが飛び込んで来た。
一閃と疾風でスサノオをサポートします。

無事に赤カブトを撃退しました。

スサノオのおっちゃん、彼は彼なりに悩んでいるみたいね。
まぁねぇ、伝説の英雄の子孫としての重圧は並じゃなかろう。

黒いヘビ頭が出たところで、スサノオのおっちゃんは逃げちゃいましたが、入れ違いにウシワカが登場。
水晶のヘビイチゴ取られちゃいました。
いや、横取りしようとしたのはこっちなんですがね。
 
 
とにかく、赤カブトは倒して風も気持ち良く吹くようになったので、フセ姫に報告。
ヤツフサは成仏した模様。
クサナギ村は、ひとまず安泰です。

さて、アマテラスとイッスンは、黒いヘビ頭と戦う時のために酒を用意しておくことに。
イッスンは祭りに参加したいだけじゃないかって気もするけど、神木村に戻りますよ。
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

大神 攻略メモ #7

高宮平の茶屋の客に風車を渡して大変感謝されて、アガタの森へ。
思いっきり丸印ついているということは、もしや???

またしても、梅太郎が行方不明のようです。
ヒトシオの泉に誰か来ているようなので行ってみると、クシナダねえちゃんでした。
お祭りの準備で、酒を作るための水を汲みに来たそうな。

水が汲めなくて困っているので、水郷でいっぱいにしてあげると・・・

妖怪出現。
そして、何処からか湧いて出るスサノオのおっちゃん。
姫を守る!と息巻くが、想いっきり腰が引けてる。
あらあら、いっぱい出て来ちゃったねぇ。

しょーがない、手伝ってやるよ。

スサノオの動きに合わせて、バッサバッサと一閃を決める。

妖怪は全部片付けたけれど、スサノオは剣に何かが取り憑いたと勘違いして何処かに行ってしまいました。

コカリに何かあったようなので、湖に戻る。
印籠も出て来たし。

で、畳頭釣りですよ。

釣りもだいぶ上手くなって、すぐに畳頭が釣れました。
釣り上げると星座が現れ「月光」を習得。

ついでに、畳頭から梅太郎が吐き出されました。
案の定、梅太郎の正体は八犬士の仁狗。
売られたケンカは買いますともッ!

無事に梅太郎もとい仁狗を叩きのめしました。

梅太郎はコカリたちに恩があって、ここに留まるべきか、帰るべきか迷っているのだそう。
すると、仁の玉がこっちに来ちゃいました。
またですか。
まぁ、しょうがないわね。
事情が事情だし。
 
 
コカリと梅太郎を残し次の犬探しに。

アガタの森を出る前に、ぼくせんババの祠に行って、燃えている宝箱からお宝を回収しておきました。
水郷を使うと火を消せるんだね。

ヒトシオの泉に戻ったらクシナダが消えていて、どこ行っちゃったのかと思ったら、アガタの森の外に移動していました。
ねえちゃん、自力でここまで運んだのか (゚ー゚;
心配して声掛けると、ご褒美にホネもらっちゃったよ。
 
 
久々の神州平原です。
道場に寄って、神業かわせ身と玉業檄魂の指南書を入手しておきました。
そういえば、手配所の妖怪、まだ1匹しか倒してないね。
「月光」を覚えて探しやすくなったから、そのうち探そう。
 
 
久々に戻って来たぜ神木村。
おっとぉ!
クシナダねえちゃん、戻って来てる。
オイラたちが道場なんかで道草食ってる間にっ!?
酒造りに賭ける執念の為せる業か。

さて、この村にも犬コロが居るはずなんですがね。
怪しい犬コロが居るんですよね、最初から。

というわけで、大根掘り。

筆しらべで母ちゃんを足止めして、10本抜き。
最後の赤っぽい大根をくわえて子供の所に持って行きます。

すると、印籠が現れハヤブサに反応が。
やっぱり、アンタだったわね。
祭りがあるから帰れないってぇ?

「月光」でチャチャッと夜にして、会いに行きます。
売られたケンカは買いますともッ!

穴に落ちて神器はがされたりしてビックリしたけど、大したダメージは受けずに蹴散らす。

そして、事情を聞きました。
ただのお祭り犬ではなかったのね。
忠の玉、入手。
 
 
ハヤブサの予言は気になるが、フセ姫の元に帰りましょう。

人魚の泉を使ってワープ。
楽だねぇ。

フセ姫に事情を話すと・・・
八宝玉はアマテラスの元に集まりクルクルと!

なんですとーーーっ!
つまり、1人で立ち向かえとおっしゃるか。

いったい、何のために犬コロ集めたのさ・・・orz

犬じゃなくて、犬が持ってる玉を集めてたってことね。
なんとか戦隊みたいに、犬コロたちと徒党を組んで戦うのかと、ちょっと期待したのに。

仕方ない。
1人で頑張りますよ。
イッスンはくっ付いてるだけだしなっ!!!
  
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

ラストランカー 攻略メモ #4

宿屋の暁の間に行って宿舎の合鍵を作ってもらいました。
合鍵を渡しておいたキャラが、部屋に訪ねて来るんですって!
お土産持って来ることもあるらしいよ!

最初のお友達候補は「桃色のグラサンボーイ」

ちっ、オトコかよ。

っつーか、マキスかよ・・・ orz

まぁ、いいや。合鍵渡しとくよ。
 
 
それでは、次の修練に行きましょうね。
「討伐修練 低位2」 依頼人:ロアー官吏

マイヤールでイビノス退治です。
ターゲットは涼しげな川べりの方に進んだ所に居ます。

週刊「いのち」を拾いました。
使うとHPがアップするようです。
ランク制限とかあった割には、取り立てて強敵も出ないままクエスト終了。
 
 
居住区に戻ると、また「重大!」が発令されていました。
マキスがすっ飛んで来て、ランク1位のハースに会えるかもって。

とりあえず、ロアーに報告してランク上げてもらい、次の修練へ。
もちろん、一休みしてから出発ね。
 
 
「回廊のイビノス駆除」 依頼人:ヒヴォット官吏

リブラ森林経由でドネイ回廊に進むと、グルトン(73682)と強制バトル。
打撃ダメージは大したこと無いんだけど毒が・・・
アクセサリ「雑草ポケット」入手。
 
 
ドネイ回廊に入ると、ここにも毒攻撃して来る敵が居たので、先ほど入手した雑草ポケットを装備。
100%防いでくれる訳ではないけど、無いよりは数段マシ。

途中でランカー戦2つ。

ワスター(73183)
「ウォークライ」ゲット。

ユーミル(72509)
「喰フ拳」ゲット。

この2人は、そんなに強くなかった。

しばらく進んで、レンと合流。
2人で一緒に雑魚を片付けます。
「一緒」とか言ってるけど、戦うのは1人です。

何体か片付けると、ハースが登場。
強くなること以外キョーミ無いのに、既に1位になってしまったから色々ダルいそうです。

そんなハースに向かって、説教臭いことを言うレンちゃん。
確かに、面倒くさい人ですね。

そうこうするうちに、またレンにボスを取られる〜〜〜!と、思ったら、苦戦していらっしゃる。
けきょく、力尽きてしまいました。
「俺の番だな!」と身を乗り出すジグだけどぉ・・・大丈夫ぅ?

不安でいっぱいだったけど、レンが戦っていた時ほど凶悪な攻撃はして来ていないような?
こっちの攻撃も、しっかり効いてるしね。
よっしゃ、倒せた!
でも、ボスじゃないって?
あわわわ、イビノスに囲まれてしまったよ。
スキル、使い切ってるのに!

また、変な人が出て来たけど?
タイロン(ランキング8位)だって。
手下になったら助けてくれるとか言ってる。
レンはまた面倒くさいこと言ってるし、マキスはタイロンに従えって言うし。
なんだかんだ言いながら、けっきょく助けてもらっちゃいました。

えーと・・・ボク、手下になるの?

しょうがない、タイロン租界に行ってみるか。
 
 
既に、新入り扱いされてますよ。
リドが世話係に任命されたそうです。
(記憶してないのかよっ!)

宿舎で一休みした後、リドに話しかけると歓迎会!

三連戦はキツいよ。

左足バッスはスキル温存。
普通に叩くだけで、倒せました。
「パワフル」ゲット。

右足ピンスは、ガードのタイミングを合わせづらいです。
スキルをかなり使ってしまったけれど、タイミングよくレベルアップしてくれたおかげで全回復。

膝のグレコは全然大したこと無くて、余裕で勝利。
ピンスの方が大変だったよ。
ランク71659になりました。

そして、その後、タイロンにぶっ飛ばされました。
奥義「スターボマー」会得。

これで本確定にタイロン一家の一員になった模様。
いいんですかね?
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「ラストランカー 」プレイ日記の目次
 

大神 攻略メモ #6

高宮平。
また見事なタタリ場ですねぇ。

とりあえず桜を見に行ってみますよ。

てってと進んで行くと、またウシワカが登場。
自分にとって都合の悪いことは聞こえない、いい性格してるウシワカと、また戦うことになりました。
てきとーにガウガウ体当たりかまして倒しました。
前に戦った時よりも楽だったよ。

「十六夜のほこらに入るのに『水晶のヘビイチゴ』が欲しいんだけど、ユーたち知らない?」とか言ってます。
知らねーよ。
ウシワカは「大風車の所に云々・・・」とポロッと口走って去ってゆきました。

その場の桜に桜花を使って花を咲かせたら、洞窟を出ます。
高宮平の浄化完了。

大風車のあるクサナギ村に行く前に、辺りをウロウロしていたらモグラの愚連隊と遭遇しました。
よーするにモグラ叩きですね。
隊長に3回体当たりをかますと、金色の何かを置いて行きます。
これを拾って、高宮平の入口付近の茶屋へ。
店主が、何か無くしたって言ってたからねー。
「金色の湯のみ」を届けたお礼に「黄金のマツタケ」をもらいました。
これを欲しがっている人が、何処かに居るのだろうか???
 
 
クサナギ村。
タタリ場は消えたけれど、この村は妖気が抜けていないようで・・・
筆しらべが使えません。
それどころか、神器も消えてただの犬コロになってます。

とりあえず、沖津鏡とかざぐるまを買っておきました。

ただの白いワンコになっても気にせず村を探索。
スサノオのオッチャンが来てました。
何事も無かったかのように眠りこけています。
何がしたいんだろう、この人は???

フセ姫に取り憑いていた妖怪を倒すと、村を覆っていた妖気が消えて、アマテラスの神力も回復いたしました。

フセ姫から事情を聞く。
風神宮に住み着いた赤カブトのせいで風が止まり、なんだか色々と面倒なことになっているようです。

そうですか。
赤カブトを倒せばいいんですねッ!
倒しますともッ!

と、意気込んでみたものの「(赤カブトを倒せるのは)里見八剣士しかおりませんっ!」と断言されちゃいました。
なので、犬集めに出掛けます。

フセ姫にもらった印籠を持って、まずは村の中をウロウロ。
印籠の点滅する方角に向かって走って行くと、なんとなく怪しげな場所があります。
そこで、なんらかの筆しらべを使うと、たいてい犬コロが隠れています。
そして、決まって肉を食いたがります。
1個しか持ってなかったので、お店で買いました。

4匹めを確保したら、フセ姫の家に確認に戻ります。
すると、1匹の犬が待ち構えていて、ケンカ売られました。
売られたケンカは買う主義なので、戦いますともッ!

けっこう強かったけど、どうにか勝ちました。
ふぅ。

これで5匹。
残る3匹は村の外に居るそうです。
フセ姫がマップに印を付けてくれたので、それを頼りに探しましょう。
 
 
印を目指して走って行くと、そこは笹部郷。
でも、親分が機嫌悪くて中に入れてくれません。
行方不明だという娘さんを連れて来ないとダメみたいね。
クサナギ村に居た竹取の爺ちゃんとか、ここに来る途中で見つけた舌切りジジ&ババの家とか、その辺りから察するに、娘さんは舌切りジジ&ババに拉致られている模様。

問題の家は、昼間行っても追い回されるだけなので、日が暮れるのを待って突撃。
建物の右側から上にのぼると、天井をいい加減に補修した部分があります。
ここで花火をドカンとやって吹っ飛ばしておきます。
そして、家の中へ。
ババをくわえて月の光の当たる場所に引っぱって行くと、ジジ&ババの正体判明!
成敗いたす!

妖怪×2を倒すと、ババのつづらからスズメの娘っ子が出て来ました。
ナデナデしてもらっちゃった・・・ (*´v゚*)ゞ
 
 
チュンジャクの先導で笹部郷へ。
無事に中に入れてもらえました。

他人の料理を盗み食いし、お宝も取り放題。
ぷはぁ、極楽極楽。

竹取のジジも来ていました。
で、何故か温泉を掘ることが出来る竹取のジジ。
スズメに焼き鳥になられても困るので、遊び感覚で温泉掘りを手伝いました。

温泉掘りに成功すると、久々の星座出現。
「水郷」を習得。

さっそく「水郷」を使って、巨大獅子脅しに水を注ぎ込んで音を鳴らすとドアオープン。

その奥に進み、光っている竹に一閃決める。
当たるまで大変苦労しました。
光る順番に、特に法則性はないよね?
ただ、光る前に一瞬点滅するように見えたので、その一瞬を見逃さずにズバッとやったら成功しました。

案の定、犬が隠れていました。
竹之助???
彼は、どうもこのスズメの里を守るという使命に燃えているようで、クサナギ村には帰れないとおっしゃいます。
で、何故か「義」の玉、もらっちゃいました。
あらら・・・八剣士に仲間入りですか。
予想外の展開 w(゚o゚)w
まぁ、いいでしょう。
妖怪退治を指くわえて見てるのもつまんないねぇって思ってたから!
 
 
さて、残る2匹は・・・だいぶ遠いわね。
竹取のジジにもらった人魚の古銭を使ってみる?
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

ラストランカー 攻略メモ #3

「甘梅草を探せ」 依頼人:ウェルマー

ベリエ街道に生えている甘梅草を摘んで来るというミッション。
ランキング2,000アップはオイシイね。
花の区別が出来ないジグをサポートするため、マキスも一緒に来てくれるそうです。

入ってすぐの所でランカー戦。
ウネルマ(78276)
発動率100%(?)のカウンター技・巴受けでエラい目に遭ったけど、どうにかギリギリで勝ちました。
「巴受け」ゲット。

ここにもpixoが居るけど、特に苦戦することも無く進んで行って、甘梅草を発見。
すると、7騎士の1人、ノーマさんが登場。
変なオンナ。

えーと、イベント戦ですよね?
まったく歯が立ちませんよ。
サッサと負けて、犬呼ばわりされることが決定しました。
いつか、見返してやるからなっ!

マキスの本当の夢は機構を改革することだそうで。
それには7騎士になる必要があるけど、自分の実力じゃ無理だからジグが代わりにやって、って。
う〜ん・・・勝手に賭けられてもな。
まぁ、どっちにしろ、てっぺんは目指すけどな。

帰ってウェルマーに報告して、ランクアップ。

それから、個室に移れるように手配してくれました。
大部屋仲間に色々とアドバイスしてもらい、翌日、個室にお引っ越し。
 
 
宿舎を出ると、前にも会ったクソ生意気な後輩ベイガーが登場。
相変わらず感じ悪いねっ。

緊急の修練だとかい言うので、しょーがないから受けることに。
「討伐修練(緊急)」 依頼人:スペル官吏

依頼人に参加を伝えると、自動的にリブラに連れて行かれました。

適当に走り回ってウゴキソウを退治。
何体か倒すと勝手に終了。
バザルタ出張所に報告に戻ると、ベイガーが待ち伏せしていました。
なんだかんだで勝負することになってしまいました。

VS 皮肉な拳闘士ベイガー

ナントカ秘孔突を受けるとHPが徐々に減ってしまいます。
他は大した攻撃して来ないけど・・・
修練でスキル使い切った状態で、直接ここに来てしまうと大変ですね。
自分は宿舎で一休みして来たから大丈夫でした。
それでもギリギリだったけどねー。
だんだんランカー戦が厳しくなって来たよ。
ジーニアスグラスゲット。

スペル官吏に報告して褒賞をいただく。
ランク75576になりました。
よっしゃ、これで「討伐修練 低位2」が受けられるわね。
 
 
しかし・・・
出張所の外に居たお姉ちゃんにウッカリ話しかけて、ホイホイと修練を受けてしまいました。

ベイガー戦でスキル使い切ってるし、HPはドン底だし、ちょっと一休みさせてもらって来ました。

ついでに「トゲ抜ノ篭手」を買っておきました。
ランカー戦は如何に手っ取り早くブレイクさせるかに掛かってるかな?と思ったので。

それでは、あんまり女の子を待たせてはイケナイから修練に行きますよ。

「武術指南のお願い」 依頼人:アイリス

ドロウサギすら倒せないアイリスちゃん。
雑魚はジグが片付けます。
見とれてる場合じゃないだろー。

とっとと帰ると、変なのに絡まれました。

VS ゾンマ(76434)

落石拳がヒット数多いもんで、すーぐにブレイクしてしまいます。
SPゲージを使い切らないように気をつけながら戦ってみることに。
ガードしている間はゲージ回復しないので、ギリギリまで我慢してタイミングよくガードするように。
ランカー戦は気を抜けないわ。
5回くらい負けて、やっと倒せました。それもギリギリで。
「DEF+2」ゲット。
落石拳じゃないんだ・・・

邪魔者は追い払ったし、大した指南はしていないのにアイリスちゃんからは感謝されて、無事に修練終了。
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「ラストランカー 」プレイ日記の目次
 

「ラストランカー」 攻略メモ #2

今度のは重大修練だそうです。

「森のイビノス駆除」 依頼人:ヒヴォット官吏

マイヤールの森に行けるようになりました。
買い物が出来るようなったと教えて頂いたので、ちょっと覗いてレザーシャツとレザーグリーヴを買って装備しておきました。

では、マイヤールの森へ。
「重大」と言うだけあって、他にも参加者がたくさん来ている様子。
レンも参加しているみたいね。

途中で、ランカー戦を2つ。
ギル(89629)に勝つと「伏虎拳」をゲット。
使いどころを間違わなければ一気にブレイクに持ち込める優れ技。
ノーチェ(88821)相手に、さっそく活用させて頂きました。
「ネクストXIII」ゲット。

pixo は、普通の雑魚より少し強いがスキル無しでもなんとか倒せる程度。
生肉とか雑草とかわしわし食いながら進む・・・
(そんなもん食って腹壊さないのかね?)

しばらく進んで、道を塞ぐリオネルと勝負。

VS リオネル(87054)

ガードばっかしてるから、とにかくブレイクさせる。
「伏虎拳」が大助かり。
ブレイクしたら「パワーエッジ」
という、もはや定番の戦いっぷりで撃破。
「ATK+3」ゲット。

けっきょく、ボスはレンガ倒しちゃいました。
仕方ないのでガンドアに帰ります。
 
 
マキスの口利きで修練情報を入手しました。
「タリー石を探せ」 依頼人:ウェルマー

トーロ荒地に行って、サボテンの根元を調べて来るだけ。
帰ってウェルマーに報告。
ランクが86054になりました。
 
 
さて、なんやかやと世話を焼いてくれるマキスですが・・・
自力ではてっぺんに立てないから、誰かを手助けをして1位を取った暁には「マキスのおかげ」ってことにして欲しいんだそうで。
なんでジグに白羽の矢を立てたのか知りませんが。
まぁ、とにかく、情報を流してもらえるのは何かと助かるので手を組むことにしておきます。
 
 
武器を買おうと思ったら、「まず、10人のランカーを倒して来い」って言われるし、次の修練受けようと思ったら「ランク76000以上でないとダメよ!」って断られました。

しょうがない、そのへんのランカーに喧嘩売って来る!
 
 
ヤヨイ(83024)
商業区をウロウロしていらっしゃるお姉さん。
倒すと「ATK+1」ゲット。

プリシラ(85679)
宿舎A棟202号室に居るメルヘンなギャル。
倒すと「DEF+1」ゲット。
128番めの王子様候補にされた・・・

ヨア(81244)
トーロ荒地の外れに居る姉ちゃん。
倒すと「タイフーン」ゲット。

これで11人だっ!

武器屋のシャルネ(78276)に勝負を挑む。
「伏虎拳」を温存し、相手の大技阻止を兼ねてブレイクを狙ってみました。
少し、戦い方が上手くなったかな。
倒すと「ATK+2」ゲット。
やっと8万台から脱出。

武器も買えるようになりました。
クロガネソードと、ついでに鎖かたびらも購入。
お金、無くなっちゃったよ。
 
 
ロアーの修練を受けるには、まだランクが足りないねぇ・・・
ウェルマーが別口の修練を紹介してくれたので、そっちを先にやるとするか。
 
  
 
 次の日記に進む
 
 「ラストランカー 」プレイ日記の目次
 

大神 攻略メモ #5

ツタ巻遺跡。

それでは、鍵をくわえてツタ巻遺跡へGO!

待ち受けていたのは、怪しい巨大な土偶とドヨヨ〜ンと濁った水。
よほど毒性が強いのか、ハスの葉が描けません。

左側は壁で塞がれているので、仕方なく右の入口から遺跡内に突入。

しばらく進んだ所に、いかにもな丸い石がありますが動かすことが出来ません。
無視して奥へ進むと、鬼灯。
桜花で殻を開いてトドメを刺す。
倒すと、さっきの石が動かせるようになりました。

エッホエッホとハニワの並んでいる場所まで運ぶ。
ドア、オープン。

その先で、また鬼灯。今度は2体。
倒すとキノコが出現。
空に太陽を描くと、キノコが大きくなって、上へ進む足場になりました。

とっとと上へ進む・・・

しかし、イッスンのクシャミのせいで道が崩れてしまう。
ここは崩れる前にダッシュで駆け抜ける!

やっと渡り切ったのに、正面の扉には変な鍵が掛かっている・・・
他に行ける所も無いので、えいっと下に飛び降りてみる。

すると、今度は答選坊(ぬりかべ?)が邪魔をする。
頭突きして、ちょいちょいっと秘孔を突いてやると破魔矢と上に登る足場が出現。
ちなみに、答選坊が通せんぼしていた方へ進むとスタート地点。

破魔矢をくわえて上へ上へ。
さっきの変な錠前に破魔矢を使ってドアオープン。

壊れた橋は筆調べでビャーーーッと隙間無く塗りつぶす。

ずんずん進んで行くと、羅城門がいくつも並んでいる場所に出ました。
全て浄化するとキノコが出現したので、また太陽を描いて成長させる。

毒を垂れ流す壷を発見!
片っ端から叩き壊す!
水の浄化完了。

滝下りを楽しみながらスタート地点の土偶のふもとへ。
(1回溺れたのは内緒だ)
土偶の周囲の荒れた芝地を全て浄化すると星座が出現し、「蔦巻」を習得いたしました。

ずっと気になっていた、宙に浮かぶピンクの桃の謎が解明されました。
桃コノハナが開いている時に「蔦巻」を使うと、にゅるっと蔦が伸びて来て何かと繋ぐことが出来るそうな。

この方法で、上へと登って行く・・・

てっぺんまで上り詰めたら、ふたの取っ手と桃コノハナを繋いでふたを外します。

中央の穴にダイヴ。

ものっそい怪しい通路を進み、ものっそい怪しい渦に飛び込む。

強敵出現かと身構えたら、ぽろっと下に落ちるし・・・
緊張感無いな、コイツら。

そして、中央にはラフレシア的な花。
梅太郎とおぼしきワンコが捕らえられています。
コラ、イッスン!迂闊に近寄るな!喰われるぞっ!

アマテラス、間一髪でイッスンを救出。
イッスンはよだれでベトベトの何かになった模様。

現れたのは、八本足の女郎蜘蛛。
こわいよ。

で、倒し方が分からなくてオロオロしちゃったわけです。
しばらく走り回って、蔦巻を使えば良いってことは分かったんだけどね。

まず、とにかく、グルグルと走り回っていれば敵の攻撃はほとんど当たらないです。
だから、被ダメージはあまり気にしなくて良いと思います。

問題は、いかにしてダメージを与えるか。
普通に体当たりかましてるだけじゃ、まったく効いてないので。

女郎蜘蛛が気絶している隙に、お尻の取っ手と桃コノハナを2〜3個繋いでしまうと、カパッと花が開いて中の本体がむき出しになります。
(花の方から引っぱって来ないとダメみたいね。それを知るまで、上手く蔦を繋げられなくて散々な目に遭いました)

気絶させるには、お尻から糸を出して上に登って行く時に一閃で切り落とします。
灰色の卵みたいなのを飛ばして来た時に一閃で叩き落とすと、体力と墨を回復出来ますが、飛ばされる前に一閃を決めると爆発します。この方法でも女郎蜘蛛を気絶させられます

本体を攻撃する際は、目玉の部分に一閃を。

これを何度か繰り返して終了。

女郎蜘蛛を倒すと、「神獣鏡」をゲット。
犬コロ連れて帰ります。

名犬梅太郎とコカリの心温まるオハナシを聞きました。

ちょっとアガタの森をウロウロしていたら、花咲谷で眠りこけていたクマが、ここでも眠りこけていました。
命名ネムリ。
(勝手に名前付けるな)

コカリの父ちゃんがコカリが居なくなったと心配しておる。
父ちゃん、心配が絶えないねぇ。
コカリが橋を架けると言っていたので、急流のある高宮平方面へと行ってみると・・・

居た、居た。

コカリが橋を架けようとしていると、スサノオのオッチャンが流されて来ました。
巻き添えでみんな流されちゃったので、急いでブレーキ掛けます。
岸に咲いている花と丸太から飛び出している小枝を蔦で結ぶ!
順番めちゃくちゃでも6本繋げばオッケー!

オッチャンは何処かに流されたようだけど、他はみんな無事。
橋も出来ました。
掛けたのはコカリじゃなくてアマテラスだけど、いいよ、コカリのお手柄ってことで!

じゃ、オイラたちは高宮平に行くねー!
スサノオのオッチャン、どこ行ったのかなぁ・・・
 
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

ラストランカー 攻略メモ #1

メディアインストールして、プレイ開始。

伝統を重んじる生活に嫌気がさして、親友を殴り倒して集落を出る主人公ジグ。
未来を求めて故郷を捨てるとは・・・なんて、青臭い。
王道と言えば王道ですがね。

さて、その行く先に明るい未来はあるのでしょうか。
 
 
トーロ荒地。
ウサギ相手にチュートリアル受けながら進みます。
道中で、マキスという胡散臭い男に会いました。

ガンドアに到着。
入口で、みんなの踏み台ポッドを倒してランカー登録の権利を得ました。
ついでに「ヒール」もゲット。

レンと一緒に宣誓を済ませ、ランカー登録完了。
素直に宿舎へ。
 
 
さて、ランカーとして歩み始めたジグのすべきことは、「修練」
よーするにミッションとかクエストとかそういうの。

とりあえず「討伐修練 低位1」というのを受けてみることに。
修練板に「修練」が掲示されたら、依頼人の所に行って話を聞き、参加表明する・・・という流れのようだ。
 
 
バザルタ出張所に行って依頼人のロアーと話し、目的地のトーロ荒地へ。
途中でビンザーから協力を持ちかけられたけど断る。
ターゲットは三叉路に。
チャチャッと倒す。
手柄を横取りしに来たビンザーもササッと倒す。
ちょっとランク上がりました。
 
 
帰ってロアーに報告。
移動が楽で助かるわぁ。

出張所から出ると世話焼きトレンスがお迎えに来てました。
特殊技の練習を兼ねて、トレンスとランカー戦。
ササッと倒して「ディフェンド」入手。
ちょこっとランクが上がりました。

入手したスキルチップは、装備しないと使えないとのことなので、ちゃんと装備しておきました。

宿舎から出ると、クソ生意気な後輩に絡まれました。
なんだよ、オマエ、感じ悪いなっ \(*`∧´)/
 
 
他にすることも無いので修練するです。

「薬草探しの代理人」 依頼人:行商人ウル

リブラ森林に行く必要があるようですが、番人が居て通してくれません。
彼を倒すには何か秘訣があるらしいので、トレンスに助言を求めます。
すると、「ブレイクを狙ってみろ」と言って、「古式の篭手」をくれました。
本当に親切。

VS 鉄壁の番人ソシオ(91741)
ブレイクスタイルに切り替えて、せっせと攻撃を当ててブレイクさせる。
ブレイクしたらアタックスタイルに切り替えて「パワーエッジ」叩き込む。
という感じで撃破。

これが基本的なバトルの流れになりそうね。

薬草集めの方は、すぐに終わりました。
雑魚はそんなに強くないし。
ガードしないで攻撃喰らいまくってると危ないけど。

ガンドアに戻ると自動的に宿舎に送られました。
薬草届けに行きたいんで宿舎から出ると、赤毛に喧嘩売られました。
売られた喧嘩は買わないと!
ってことで受けて立つと

わ、わ、わ・・・
思っていた以上にランク高かったよ。
けど、どうにか持ちこたえたわ。
ランキング戦ではなかったようで、途中で逃げられました。
(逃げてくれて助かったんだけど)
タイロン一家のリドだそうです。
敵に回すと面倒くさい人たちだそうです。
なんとなくルックスが何処かで見たような感じでしたけど?
 
 
ちょっと邪魔が入ったけれど、気を取り直して薬草を依頼人に届け、次の修練へ。

「来れ 幸運の使者!」 依頼人:クロヴァ
幸運を呼ぶ「ポムの実」が欲しいそうで。
商店街へ行き、片っ端から民家を回って入手しました。
楽な修練だ。
 
 
次、行こう、次。
「闘技場の害獣駆除」 依頼人:闘技場受付嬢

ウサギなんて、ちょろいもんさ〜
と、思ったら、その辺に出るのとはちょっと違った。
でも、問題無く片付け終了。

控え室に戻ると、「報奨を譲ってくれ」と、言われる。
またか。

VS 家族を背負う漢 ホフマン(90345)
篭手で殴ってブレイク。
その隙にパワーエッジ。
相手の攻撃はしっかりガード。
時々ディフェンド。
それだけで勝てました。
ごめんね、勝ちゃって。
「HP+25」のスキルチップを入手。

受付のお姉ちゃんに報告して報奨をもらい、やっとランク9万台から脱出。
それと、なんか勲章ももらいました。
SPが6個になった模様。

自動的に宿舎に戻され・・・次は重大修練だそうです。
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「ラストランカー 」プレイ日記の目次
 

はち目漱石

毎年恒例の、集英社文庫のナツイチフェア。

対象商品を購入すると、もれなくハチのストラップがもらえちゃうのだ。
4年前にもらったのをきっかけに、なんとなく毎年もらってる。

***

左から古い順。
実際にケータイに付けてたのは、剥げかかってたりする・・・(^-^;

一番右の今年のは、ブン豪「はち目漱石」といって、レアらしいよ。

自分で好きなのを選ばせてくれるけど、中身の見えない袋に入っているから、開けてみるまでどんな子が入ってるか分からない。
パッと見た瞬間、「可愛くねぇ・・・」って思ったくせに、レアと知った途端、可愛く見えて来た。

ちなみに、購入したのは谷川俊太郎の「二十億光年の孤独」
眠りにつく前のひとときに、ちょっとずつ読むんだ。

「大神」 プレイ日記の目次

ネタバレ要素を含んでいますので、閲覧の妻はご注意ください。


#1 オープニング → 神木村

#2 花咲谷

#3 神州平原 → 神木村

#4 アガタの森

#5 ツタ巻遺跡

#6 高宮平 クサナギ村周辺

#7 アガタの森、神木村で犬探し

#8 クサナギ村 風神殿

#9 神木村 → 十六夜の祠

#10 十六夜の祠 → 神木村

#11 神州平原 → 高宮平 → 両島原

#12 宝物船 → 宝帝の屋敷

#13 西安京 → 笹部郷 → 両島原 北

#14 両島原 北 → 水龍の体内

#15 鬼ケ島

#16 カムイ ウエペケレ周辺

#17 ヨシペタイ → ポンコタン → 神木村

#18 イリワク神殿

#19 ヤマト
 
 
 

大神 攻略メモ #4

神木村の枯れ木に花を咲かせて、すっかり調子に乗ったアマテラスは、花咲谷の枯れ木にも全部花咲かせて来ました。
そうすると、壁画の前に宝箱が出現して、太陽のかけらをゲット出来ました。
何かいいことあるかもしれないので、枯れ木を見かけたらせっせと花を咲かせることにしましょう。
 
 
アガタの森

船着き場からハスの葉を描きながら水路を進み、壁のヒビを花火で壊して進入。

おおぉ、見事なタタリ場だ。

タタリ場を避けるようにして進んで行くと、洞窟を発見。
ぼくせんババの家がありました。
500両払って、鑑定してもらいました。
どこかにヒビの入った岩壁があるらしい。

んじゃ、はぐれ玉は勝手にもらって行くね!

はぐれ玉、既にあちこちで何個か拾いましたが、リスト見るとものすごくいっぱい!
全部揃えると何かいいことがありそうだけど、全部集められるかなぁ・・・

ぼくせんババの洞窟を出て、タタリ場に触らないように湖に沿って進んで行くと滝を発見。
その後ろに、あったあった、洞窟!ヒビの入った岩壁!

ちゃちゃっと吹っ飛ばして中に入ると塞の芽がありました。
桜花で復活。
アガタの森も無事に浄化出来た模様。

塞の芽の根元に出現した宝箱から「足玉」を入手したので、オススメに従い「足玉」を表に装備し、「真経津の鏡」を裏に装備しておきました。
 
 
洞窟を出ると、どこからともなく聞こえて来る笛の音。

ウシワカ参上。

派手なにーちゃんだね。
ペラペラとよく喋るし。
おっと、ポケーっとしてる場合じゃないかも。
アマテラスも、どういうワケか戦闘体勢に入っちゃってるし。

何故か分からないが、なし崩し的にバトルに突入。

ウシワカ、強いです。
マトモに攻撃喰らうとガッツリ削られてしまうので、ジャンプで避けたり、ガードしたり。
桜花で障壁を出してウシワカの攻撃をブロックしたりもしてみた。
(筆しらべの間は時間が止まっていてくれるから助かるわぁ)
それでもけっこうダメージ受けてしまい、ギリギリのところで一閃決めて、やっと勝てました。

「スリル満点 丸太でゴー」の予言を残し、ウシワカ、去る。
何処かでまた会えるかな?
 
 
すっかり浄化されたアガタの森を探索。

回復してくれる泉があったので、ウシワカ戦で無駄に傷ついた身体を癒す。

妖怪牙を交換してくれるオジサンも発見。
まだ1個も持ってないよ。
どうにかして妖怪を倒すと手に入ると教えてくれましたが、よく分かりません。
ま、いっか。

スサノオも来てましたねー。
このおっちゃん、この後も行く先々に先回りしてるのかしら???
 
 
そして、狩人の親子。
父ちゃんの方は、息子が犬ばっか構って仕事しないと嘆いている。
息子の方は、犬が行方不明になったと嘆いている。

息子コカリに事情を聞くと
愛犬梅太郎と遺跡探検に行ったら、途中ではぐれて置き去りにしてしまい、遺跡の鍵は湖に落としてしまって、どうにか釣り上げようとしたら釣り糸も餌も魚に持ってかれて無くなってしまった
と、踏んだり蹴ったりな様子。

どーんと体当たりで気合いを入れる。

で、釣りですよ。

なんでこんなに難しいの。
ちっとも引っ掛からないのよ。
狙いを定めてうにゅーっと竿と魚を繋ぐより、適当にシュッとやった方が引っ掛かる感じ。

せっかく引っ掛かっても、コカリがどぼんと湖に落ちてしまったり。
やっと釣り上げたと思ったら、決めの一閃を失敗したり。

しばらく粘って、ようやくコツを掴んで釣れるようになりました。

何匹か釣り上げると、ひときわ大きな魚影が。
これを、えいやぁっ!と釣り上げると、大シャケでした。
そして、シャケの口から遺跡の鍵が出て来ました。

これは、もらって行くよ!

梅太郎の捜索は任せてちょうだい。
でも、釣りで疲れちゃったから、遺跡探検は明日にするね。
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

「ラストランカー」 超ファーストインプレ(よってネタバレの余地無し)

まだ全然ストーリーが動いていないので、ネタバレのしようが無いです。

主人公は伝統を重んじる生活に嫌気がさし、未来を自分の手で切り開くべく村を飛び出した1人の青年。
ランキングが全てのこの世界で、ランカーとなってひたすら上を目指して戦って行くことになる
・・・みたいです。
無愛想で、性格がちょっと(FFVIIIの)スコールっぽいかな?と思いました。
今のところチュートリアル受けながらのお使いミッション的なことしかやっていませんが、そのうち物語が動き出すでしょう。

ストーリーについては公式サイトにかなり詳しく載ってますから、購入の参考になさりたい方はどうぞ。
http://www.capcom.co.jp/LR/

「キャラクターデザインがブレスシリーズを担当された吉川達哉さんだから!」という、ただそれだけの理由で買ってしまった私ですが、キャラの造形は期待を裏切らない出来です。
(リュ、リュウちゃん・・・)
 
 
ゲームは、「修練」と呼ばれる、まぁ、ミッションのようなものをこなしながら進めて行くことになるようです。
平凡な討伐ミッションの合間に、メインストーリーに絡むお仕事が紛れ込んで来る・・・
そんな感じかな。
 
 
ランキング命!の世界なので、ランカーたちは、みんなランク付けされています。
(このランク付けなどは、「ブレス・オブ・ファイア5」のD値を思い起こさせますね)

ランカーに近づくと、相手のランクが表示されます。
自由に彼らに勝負を挑むことが出来、勝てば自分のランクが上がり、相手の持っているスキルを習得したりも出来るようです。
しかし、我らが主人公ジグ君はランク95000(!)からのスタート。
その辺をウロついている人たちはランクが高くて、まだ勝てそうもありません。
今のところ、強制的に戦わされるランカー以外とは戦っていません。
この位置からトップまで駆け上がるのは異様に大変そうです。
まぁ、のんびり行きましょう。
 
 
バトルは、アクションではなくコマンド式。
FFのATBに似ています。
(っつーか、そのもの)

通常攻撃と特殊技があり、それぞれSPを消費して行動します。
SPは時間経過で回復し、回復したら行動出来ると言う仕組みなので、なんとなくターンバトルっぽくなっている、と。

ほんの序盤、「防御も出来ないのかよ、クソぉ!」と思っていたら、すぐに防御も出来るようになりました。
これ、けっこう大事。

武器も、ゲームを進めるうちに色々な種類が増えて行きそうです。
現在、二刀流です。
二刀流大好きなので、個人的には大喜びです。

こっちが何もしないでボーッとしている間にも、敵がガンガン攻撃して来るし、防御はタイミングを合わせてボタン押す必要があったりと、若干忙しいですが、普通にゲームやってる人なら特に問題の無い範囲。
スキルの装備も自分なりにカスタマイズ出来るようですし、全ての要素が出揃えば、バトルはなかなか楽しくなりそうです。
 
 
全般的な印象は、あまりにも普通だと言うこと!

特に目新しさは無いですねぇ。
世界観にしても、システムにしても。
(ストーリーは分かんないけど)
強烈なインパクトもアクの強さも無い。

それは、安心して入って行ける・・・とも言えます。

斬新なシステムがあまりにも斬新過ぎて覚えるのに時間が掛かったり、付いて行けないプレイヤーが続出したりするゲームも数多く見受けられる中、逆に新鮮かもしれません。

とにかく、システム周りでストレスをまったく感じないのがすごいですね。
バトルは難しいこと何も無いし、一度行った場所に簡単にワープ出来るし、メディアインストールしたらロード時間はまったく気にならないし。
地味だけれど、そういうことってとても大事だと思うんです。
この時点でストレス感じてしまうと、なかなかゲームに入って行けないから。

まだほんの序盤ですが、いったいこれから何が始まるんだろうと、ワクワクしている自分が居ます。

「私は普通のRPGをやりたいんだよーーーっ!」という人は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

   
 
 
 その他のゲームレビューはこちらからどうぞ
 
 

大神 攻略メモ #3

神州平原

幸玉がけっこう貯まっていたので、太陽器と墨ひょうたんを1ランクずつ上げておきました。

それでは、タタリ場の消え失せた神州平原をお散歩します。
浄化はされたけれど、まだ妖怪はフラフラしているのね。

羅城門を浄化したり、穴掘ったり、イダテンに旅のお守り取られたり、色々。
 
 
道場にも行きました。
大金を支払って「鏡業四洸」を伝授してもらったけど

四角ボタン4連打って・・・それ、いつもやってる。

なんか、騙された気分。
 
 
十六夜神社のミカヅキさんに、ならず者妖怪の手配書をもらいました。
・・・さっそく出るし。
チャチャッと倒して、リストから抹消。
まだ、いっぱい居るみたいね。
でも、夜しか出ないらしい。
まぁ、見つけたら倒せばいいよねー
ってことで、気にせずブラブラすることにするね。
 
 
夜になったら、花火師の家にも行かなきゃならないし!
忙しいね。
花火師タマヤを手伝って花火を完成させ、「輝玉」を習得。
さっそく、近くの壁を壊して干支の置物をゲットしました。
いわゆる、換金アイテムね?
 
 
行ける所はひととおり回ったみたいなので、イッスンの勧めに従い神木村に戻ることにします。
 
 
洗濯中の婆ちゃんが、物干竿が消えたと嘆いていたので、ササッと描いてあげる。
ついでに、太陽も出してあげる。
洗濯物がよく乾いてゴキゲンな婆ちゃんが、夜になったら桜餅作ってくれるって。
 
 
それから、高台のやぐらに居るらしいミカン爺を訪ねてみると・・・
なんか、変な踊りを踊っていました。
真神楽とかいうキューキョクのダンスを踊るには、村中の枯れ木に花が咲くほどのパワーが必要なのだそうです。

そういうことなら、咲かせてみせましょう!

ということで、村中走り回って枯れ木に花を咲かせて来ました。

途中で夜になったので、婆ちゃんに桜餅をもらった。
満腹。

爺ちゃん、夜はちゃんと家に帰ってるのね。

全ての枯れ木に花を咲かせたら、朝になるのを待ってやぐらへ・・・
爺ちゃん、やる気満々ですが

これも手伝ってあげないとダメなのね。

何度も踊らせてゴメンよ、爺ちゃん。
これを舞ったらどうのこうのと、なにやら湿っぽいことを言っていたけど、酔っぱらってひっくり返ってるだけじゃね?

無事にサクヤが回復して、幸がいっぱい飛んで来た〜
サクヤ、微妙にエロくなってるし (*´v゚*)ゞ

蓮ノ花神も現れて、水の上を渡れるようになりました。
さっそく練習して、太陽のかけらをゲット。
これで次に進めるようになったワケだな。

村を出る前に、ちょっと一回り。

虚無僧に話しかけると強制バトルになって、短時間でバトルを終えると幸玉をもらえました。
10秒だったらオッケーでした。

サクヤの所にも行ってみるよ。
実が生っていて、これを切り落とすとお宝が出て来ました。
塞の芽を復活させたご褒美だそうです。

サクヤの木下に居る姉妹に体当たりかまして、幸玉をゲット。
 
 
それじゃぁ、そろそろ行ってみようか。
次に目指すはアガタの森!
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

勇者にはなれないと思うの

「RPGのキャラクターになるとしたら、どれ?」

選択肢は次の5つ

 ・ もちろん主役♪「勇者」
 ・ 武器を持てば無敵!「戦士」
 ・ 回復の呪文で人を癒す「僧侶」
 ・ 運命を握る存在?「魔法使い」
 ・ そのほか

空想の中でくらい勇者になってみても良いんだけど、普段の自分の立ち居値からして、どうも勇者と言うガラじゃない。

腕力&体力に自信があるワケでもないから、戦士も無理っぽい。

回復してる暇があったら攻撃してサッサとバトルを終わらせたいから、僧侶もダメだ。

呪文覚えるの面倒くさいから、魔法使いなんて超無理。
 
選択肢には無いけど、盗賊系は素早さを求められるから、やっぱり無理だ
 
 
そんな私に出来るのは・・・

弓使いとかガンナーとかの遠距離攻撃ならどうよ?

安全な後方に陣取って、チクチクとイヤラシイ効果的な技で敵を翻弄する、華麗な(?)弓使い。

体力無いからバックアタック受けると大ピンチ!

いいね。
すっげー、私らしいぞ。
 
 
どうか、こんな私をパーティに入れてやってください。

大神 攻略メモ #2

神州平原

最初の塞の芽は見事に枯れておりまして、周囲には禍々しいモヤモヤが。
タタリ場と言うのだそうです。
近づくと大変なことになりそうなので、近づかないことにします。
(ちょっと触ったら、アマテラスがどよよ〜〜〜んとしてしまったので、急いで逃げて来た)
 
 
そのへんをフワフワしている怪しげな巻物に触れるとバトルになるのね。
何だか分からなくて突っ込んで行っちゃったわ。

そんなに強い敵は出て来ないので、適当に戦いながら花咲谷を目指して平原を進んで行く・・・

名も無き男の家に到着。
スサノオが花咲谷に行ったことを口走る。
大丈夫かね、あのオッサン。
 
 
花咲谷

男の家の左から回り込んで花咲谷へ。

まずは、ドンチャンやってる妖怪たちを蹴散らす。
せっかく妖怪退治したのに、辺りに立ちこめる妖気のせいで幸玉も出やしない。
早いとこ、どうにかしないとねー
ということで、ずんずん進む。

木の実を投げつけて来る木が居ます。
イッスンから実を弾き返せとアドバイス。
一閃で弾き返すことが出来ますが、面倒くさいので走り抜けてしまいました。
 
 
おっ、スサノオ発見!

と、思ったら、その前にバトル。
太鼓叩いているヤツを倒すと、壁画を覆っていた赤いモヤモヤが消えました。

おい、オッチャン、何してる?

・・・勝手に変な名前付けないでよ。
ポチとかアマ公とか、みんなしていい加減な呼び方する。
そりゃ、威厳もへったくれも無い白いワンコですけどっ!

さて、スサノオは岩に道を塞がれて困っている様子。
この奥に秘密の隠れ場所鍛錬所があるらしい。

壁画の所に行き、空に太陽をくるっと描くと大きな岩が吹っ飛んで道が開けました。
 
 
スサノオを追って奥へ。
「神木 瀧桜」と札が立っているけれど、そこに生えてるのはちんまりした芽。
これを復活させろってことね?

洞窟の左手に柵があったので、一閃でバッサリやって奥へ進む。

スサノオが妖怪に凄みを利かせていますが・・・
オッチャン、あれはモノノケではなくて熊さんだよ。

また、しょーもないスサノオのお手伝いをして、お昼寝中の熊を叩き起こす。
ごめんね。

っていうか、寝てるし。

熊の乗っていた玉が、いかにも由緒ありげな一品。
これは、もらって行くね。

えっほえっほと玉を転がして、先ほどの滝桜の祭壇へ。
ワンコなので、上手く運べません。

どうにか祭壇(水たまり)に玉を納め、正面の滝の上にくるっと太陽を描くと・・・

塞の芽が大きくなった・・・けど、枯れてる。
すると、辺りが暗くなり星の欠けた星座が現れたので、ポチポチッと星を描き足すと・・・

咲ノ花神が登場。
「桜花」を習得いたしました。

で、さっそく枯れ木に花を咲かせます。
周囲に自然が蘇り幸玉ゲットです。

気を良くして、平原の塞の芽も復活させに行きますよ。

途中で木の美投げて来る木を片っ端から浄化。
食べ物がぼろぼろと落ちて来るので、せっせと拾い食い。
なかなか満腹にならないねぇ。

あ、一閃、上手に出来るようになりました。
□と×を同時押ししながらシュッとやると良いんですね。
その方法でしばらくやっていたら、×ボタン無しでもシュッと引けるようになりました。
円を描くのは、相変わらずヘッタクソですがね。
 
 
ワヤワヤと妖鬼漂う芝地も桜花で浄化。
「桜花の極意」が出て来ました。
なるほどなるほど。

花咲谷の入口付近まで戻ると、またドンチャンやってる連中が居たので、これも蹴散らす。
すると辺りは浄化されて宝箱が出て来ました。
宝箱から「穴堀の極意」を入手。
近くの光っている地面を掘ると枯れたクローバーが出現。
これを浄化すると幸玉が出て来ました。
なるほどなるほど。
 
 
平原に戻り、塞の芽を桜花で復活させると辺りは浄化されてタタリ場も消滅。
さーっと花が開き自然を取り戻して行く様子は、ちょっと感動的です。
どう見てもただのワンコなのに、アマテラス、すごいすごい。

サクヤのお姉ちゃんもちょっと復活したようだけれど、イッスンが「平原を走り回ってみたらどうよ?」と言うので、お言葉に甘えてお散歩することにします。
でも、その前にセーブさせてね。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

大神 攻略メモ #1

ちなみに、HD ver. どころか Wii 版ですらなくて PS2 です。
(内容は恐らく同じだと思います)
 
 
オープニングはヤマタノオロチ退治の話。
いったんは封じられたヤマタノオロチが、何処かの馬鹿者のせいで復活し、辺りを滅ぼし尽くしてしまう。
事態を憂えたサクヤ姫によって大神アマテラスも復活・・・

というところから、スタート。

「魂を封じ込めた木の実で神木村を復活させてくれろ」と言い残してサクヤ姫が木に戻ってしまったので、光かがやく御神木の幹にダイヴする。
 
 
イッスンのチュートリアルを受けながら進む・・・
 
 
ちょこっと進み、「神流 天の川」で「蘇神」を習得いたしました。
天の川のこっち側でさらさらっと星を描き加えると、天の川も復活。
向こう岸へ泳いで渡れるようになりました。
けっこう適当に描いても大丈夫なのね。
 
 
山道を進んでイザナギ窟へ。
イザナギの剣をしゅしゅっと描き、続いてネズミ(?)の目を描き加えると断神現る。
「一閃」を習得いたしました。

出入り口を塞ぐ柵を一閃でバッサリやって外へ。
モノノケが現れたので、勧めに従い四角ボタンと一閃でやっつけました。
リザルト画面が和風で面白い。

ってうか、一閃が上手く出来ません!

スパッと格好よくいきたいのに、うにょにょ〜〜〜と曲がった線になってしまいます。
筆しらべは Wii リモコンの方がやりやすいでしょう、間違いなく。
 
 
ツボと言うツボは全て体当たりで破壊しながら道を下って行きます。
なんか、色々拾いました。

御神木から脱出したら、一閃で木の実を切り落とす。
上手く切れなくて何度もやり直しました。

木の実を切り落としたおかげで、神木村が復活。
でも、様子が変です。
村人はみんな石になっていて、空も未だに真っ暗。

村に下りて来る途中にあった、高台の櫓に行ってみる。
暗い空に太陽を描いて、「光明」を習得。
何度もグダグダな丸を描いて失敗しました。

続く妖怪退治でも、一閃が上手く引けなくて、ほとんど体当たりかまして倒しました。
でも、リザルトで「神」とか言われたからいいや。
 
 
ミカン爺に「シラヌイにしてはトボケてる」とか言われました。
どうやら妖怪が暴れ回っているせいで神々の力が弱まって、本当なら神々しい大神のはずのアマテラスが、鍋のふた背負った白いワンコにしか見えなくなってしまっているようです。

モノノケを倒すと「幸玉」が手に入って、これを集めることでアマテラスの力も蘇る・・・って要するに、レベルアップですね。
 
 
しばらく村をウロウロと探索。
モノノケに取り憑かれた行商人を助けました。
村から出られなくて困っているようなので、道を塞ぐ大岩を退かすため、スサノオを叩き起こしに行きます。

岩の所に連れて行くと、なんだかんだ言いながら逃げちゃったので、今度は物で釣るためクシナダの所へ行って、お酒をもらって来ました。
「蘇神」で水車を直してあげると、お礼にくれた。

スサノオに酒を飲ませ、鍛錬に付き合ってその気にさせる。
おもしろいオッチャンだ。
もちろん、大岩はアマテラスが一閃でバッサリやって一件落着。
スサノオ、村から出て行っちゃったけど、大丈夫かしらねぇ?

サクヤにお願いされてしまったので、アマテラスとイッスンも旅立つことになりました。
大丈夫かしらねぇ?
アマテラスは寝起きでボーッとしてるし、
イッスンはくっ付いてるだけみたいだし、
私の筆しらべはグダグダのガタガタだし┐( ̄ヘ ̄)┌
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「大神」プレイ日記の目次
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#25

色々引き継げるノーマルで2周め行きます。

引き継げるのは
 レベル(HP、習得スキル等の基本ステータス)
 武器(カスタムパーツ含む)とアクセサリ
 所持アイテム(貴重品と色付きヘキサを除く)
 I.S.ゲージ
 衣装
 闘技場の到達状態

ショップの品揃えや、合成屋のメニューは初期状態に戻っていました。
投擲アイテムや特殊弾など、必要そうな物は前周回をクリアする前に作っておいた方が良いかもですね。
まぁ、無くてもなんとでもなりますが。
 
 
だって、ダイレクトダメージだけで倒せちゃうんだものっ!
 
 
余裕で倒せている今のうちに、取り損ねているトロフィーを取っちゃいましょう。

ということで、まずは「ゴールデンハンド」
素手で30体にトドメを刺せば良いそうです。
ゼファーとヴァシュロンの装備を外して雑魚相手にバトル。
リーンベルにスクラッチしてもらって、野郎2人で殴る。
ゼファー、素手じゃないですけどね。
ヴァシュロン、足ですけどね。
グレムリーと下っ端のギャングをぶっ飛ばして、30体達成しました。
 
 
続いて「トライレゾナンス」
レゾナンスポイントを20以上です。
ウッカリすると倒してしまうので、気を付けないと。
I.S.ゲージはたっぷりあるので、何もせずにラインだけ引いてポイント稼ぎました。
時々、パーツ壊したりしてゲージ回復すればデンジャー状態にはなりません。
移動を繰り返していると、だんだんラインを引きづらくなって来るので、行動する順番を入れ替えて、なるべく奇麗な三角を保つようにしました。
無事にレゾナンスポイント20以上を達成。
 
 
チャプター2、3あたりになると、さすがにHGだけでは倒せない敵も出て来ました。
でも、まだまだ余裕。
そりゃそうだよね、こっち、Lv.100越えてるんだから。
 
装備は、ゼファーとヴァシュロンはMGとHG、リーンベルはHGと投擲。
安いグレネードをガンガン投げて、投擲数稼いでます。
MGとHGを持たせておくと、状況に応じてSDとDDを切り替えられるので、効率良く戦えますね。
 
 
サブミッションは、ひととおりやってます。
危険区域マスも、見つけ次第に片っ端から潰しています。
闘技場は後でまとめてやります。
色付きヘキサがある程度集まってから。
今回は、闘技場は水色で繋いでみようかと思ってるんだけど。
水色は、前回、わりと良く集まっていたので。
 
 
そんな感じで、あっという間にチャプター10まで進みました。
そろそろ、油断していると危ないかな?
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

「ゴーストトリック」クリア後の感想(ネタバレはたぶん無い)

ファーストインプレでもある程度書いているので、重複する部分は割愛します。

作品の紹介などについては、こちらの
「ゴースト トリック」ファーストインプレ(ネタバレは無しよ)
を御参照ください。
 
 
一言で言ってしまうと、

「良いゲームに出会えた!」

それに尽きます。
 
 
まず、ストーリーが面白い。
ストーリーを楽しむことがメインのこの手のゲームでストーリーがダメだったら、まったくお話しになりません。
複雑に絡み合った運命の糸を解きほぐして行く、スリル満点、涙あり笑いありの良いお話です。
序盤はとても緩やかに進行し、何が起こっているのかなかなか見えて来ないのですが、オトボケ気味のテンポの良い会話のおかげでダレずに済んでいます。
そして、終盤の畳み掛けるような展開。
面白くて早く先に進みたいんだけど、終わらせてしまうのがもったいないーーーっ!
そんなジレンマと戦いながらのプレイとなりました。
最後の最後のネタばらしが会話だけで済まされてしまったのが、唯一残念な点。
あそこにも、どうにかして「トリツク!」をねじ込んでおいてくれたら、もっともっと評価は上がっていたかも。
 
 
キャラクターが良い。
主人公のシセルを筆頭に、登場人物(含む小動物)がとても魅力的です。
皆さん、「死」とか「再生」を連想させるような名前なのも面白い。
実際、このゲームでは「死」と「再生」を繰り返すことになるし。
マンガチックなキャラの造形も、ストーリーの雰囲気とマッチしていて良い感じです。
クネクネとよく動くし。
 
 
程よい謎解き。
易し過ぎず、難し過ぎず、ほどほどの難易度です。
多少手間取ることはあっても、攻略に詰まってしまうほどではないです。
失敗を繰り返していると、ゲーム中のキャラがヒントを口走ることもありますし。
ただ、失敗すると、何度も同じシーンを見なければならなくなるのは少し鬱陶しかったです。
一度聞いたセリフをスルーすることで、若干ストレスを緩和することは出来ますが。
  
 
若干ボリュームが・・・
物語としてはこの長さが妥当だと思うのですが・・・
何処かで分岐してマルチな展開をするのかな?と、勝手に思っていたので、一直線に終息してしまって物足りなく感じました。
それというのも、もっとこの世界に触れていたいと感じたからです。
それぐらい素敵な作品だったと言うことです。

オススメですともッ!
 
 
 その他のゲームレビューはこちらからどうぞ
 
 

ゲームの近況

昨日、真夜中に「ゴースト トリック」をクリアしました。
毎晩、寝る前にチビチビと進めていたんですが、とうとう終わってしまいました。
その感想は改めて記事にすることにして、久々の近況報告です。
 
 
現在プレイ中のゲームは「エンドオブエタニティ」
2周めを順調にカッ飛んでいます。
色々引き継いでますので、余裕でチャプター9に到達。
1周めでは意味不明だった点(ストーリー的なことね)が、ようやく理解出来てきました。
あぁ、これって、そういう意味だったのね!みたいな。
噂のチョイポリス攻略を目指して、着々と準備を整えてます。
アクセサリーがねぇ・・・何を揃えたらいいんだろう?
それと、チョイポリスにはターミナル効果を発生させられないのかしら???
これは、今月中に終わればいいかな・・・
 
 
「ゴースト トリック」を終えたので、何かもう1本!
ということで、「大神」を始めようと思います。
9月の「「大神伝」までに、なんとか1回くらいはクリアしておきたいな、と。
たぶん、これをやってなくても問題無いとは思うんですけどね。
 
 
で、よく考えたら(考えなくても)来週には「ラストランカー」が来てしまうワケですよ。
これは積まないで、すぐに始めようと思ってます。
どうだろうねぇ、どうだろうねぇ、当たりだと良いな。
 
 
後回しにされてるのが諸々ありますけど、必ずやりますから。
やるやる詐欺ではありませんから。
単に時間が掛かってるだけです!

と、言い張る。
 
 
そんなこんなで、「影の塔」の購入は見送ります。
白騎士も気になってるんですがね、とても手が回らないので、これも見送ります。
エースコンバットもね。
これ、PS3だったら、最優先で買ってたのになぁ・・・
PS3の美しい映像で、空を飛び回りたいよ。(盛大に撃ち落とされるけど!)

「死ねばいいのに」 京極夏彦 著

1人の女性が何者かに殺害された。
それからしばらくして、生前の彼女と関わりのあった人物たちの元に、彼女の知り合いだと言う若い男が訪ねて来る。
「アサミのことを教えてくれ」と。

その男、ケンヤは言葉遣いは汚いし、礼儀も常識も知らないし、どこからどう見てもチャランポラン。
まぁ、わりとどこにでも居そうな今時の若者と言えなくもない。

対する、ケンヤが接触する人物たちは、揃いも揃ってことごとくダメ人間。

上手く行かないのは全部他人や社会のせいにする。
文句を言うばっかりで何もしない。
屁理屈をこねて自分を正当化するのは大得意。

醜い。
ムカついてぶん殴りたくなるような人たち。

彼らと言葉を交わし、ケンヤはその醜さを暴き出して行く。
本人にそのつもりは無いのだけれど。

暴き出された方は狼狽える。
どう頑張っても自分より馬鹿に見えていた若造に、ものの見事に看破されてしまったことに愕然とする。

読み進めるうちに、「自分は馬鹿だ」と何度も繰り返すケンヤが、実は誰よりも聡いのではないかと思ってしまう。

けれど、そうではないのだ。

ケンヤは、ごく単純に物事を見ているだけ。
知識だの常識だのプライドだの世間体だの、ケンヤは余計なものを一切理解しない。
理解しようともせずに、ただスルーする。

ちゃんと理解したうえで本質を見抜くのであれば賢いが、理解していないケンヤは賢いとは言えない。

でも、そんな彼だからこそ、余計なものをグルグルと巻き付けて作り上げた繭を切り開き、その中に縮こまってる小汚い芯を雑作も無く取り出すことが出来る。

そして、彼らに向かって
「死ねばいいのに」
と、言い放つ。

でも、誰1人、死なない。

それでいいのだ。

ケンヤが訪ねて行く5人の人物は、かなり誇張されてはいるものの、ごく普通の人たちなのだ。
言い訳じみた彼らの言葉に、多かれ少なかれ、誰にも思い当たる節があるのではないか?
だからといって、恥じることは無い。
誰もが心の中に、醜いものの1つや2つ抱えている。
そういう自分を受け入れて妥協するか、目をそらしてそんな自分は居なかったことにする。
そうしなければ、生きて行けないから。

彼らの醜さは、生き延びるための無様な足掻きなのだ。
だから、「死ねばいいのに」と言われて、「はい、そうですね」と死ぬことなどあり得ない。

それでいいのだ。
どうやってでも、生き延びようとするのだ。
普通の人間は。

「そんなにイヤなら死んでしまえばいい」などという発想は、命あるものとして異常なのだ。

狂気はケンヤの側にある。
 
 
そして、最後に、本当の「人でなし」が誰であるのか、思い知らされることになる。

その事実を目の当たりにした時、私は恐怖を感じると共に、とてもとても悲しかった。
その人が人でない者になったのは、いったい何時のことだろう?
最初からそうだったのだろうか?
それとも、生き延びるために、人でない者へと変わっていったのだろうか?
確かめる術は無い。
 
 
この小説は、犯人探しのミステリーではない。
敢えて分類するとすれば、サイコホラーの括りにでも入れるのが妥当ではないかと思う。
タイトルからして眉をひそめたくなるし、好感の持てるキャラなど1人も登場しない。
おまけに、救いようの無い結末が待っている。
人によっては、嫌悪感しか抱けないかもしれない。

それでも、私は、この小説が嫌いじゃない。

それほどたくさん京極さんの本を読んではいないけれど、実に京極さんらしい作品なのではないかな?と思った。

誰が狂人で誰がマトモなのか混乱して来てしまうあたりや、精神的にゾクゾクッと来る感じとか。
万人にオススメとは言わないけれど、「今更、ちょっとくらい人間の醜さを見せつけられても平気、ヘッチャラ!」な人は、ぜひどうぞ。
面白いよ。
 
 
 
その他の読書感想文の一覧はこちらからどうぞ
 

ゲームブロガーに50の質問

いつも楽しく読ませて頂いている「パパだってゲームがしたい!」さんから、勝手に拾って参りました。
テンプレはこちらからどうぞ。
 
 
 
■ ゲームブロガーさんに50の質問
 
 
1 ハンドルネームとその由来は?
その場の思いつきで、適当に決めてしまいました。
こんなに長く使うことになるのなら、もっとちゃんと考えれば良かったと後悔してます。
 
2 ゲームブロガーになったきっかけは?
そもそもはクラフト作品とかを展示するウェブサイトを作るつもりでした。
でも、上手く作れなくて、ブログならどうにかなるかな?と思って軽い気持ちで作ってみたら、いつの間にか、こんなことになりました。
というか、自分がゲームブロガーだという認識は無いのですが。

3 ブログを始めてどれくらいですか?
2010年11月で6周年を迎えます。

4 ブログを始める前にホームページなど作成されてましたか?

2に書いた通りです。

5 お持ちのゲームのハードを教えてください(新旧問わず)
PS3、PSP、PS2、PS
Wii、DS、GC

6 ブログを書いてみて嬉しかったことは?
やはり、定期的に来てくださる方が徐々に増えたことです。

7 ブログで知り合った人と会ったことある?会ってみたい?
う〜ん・・・会ってみたいなぁと思う人は居ますよ。
でも、「この人はどんな人なんだろう?」と想像しているのも楽しい。

8 ゲームをしていることを周りにおおっぴらにされてますか?
自分から進んで公言することは無いかな。
別に隠しているワケではないので、話の流れでゲームの話題になれば、普通に喋ります。

9 失礼ですが御歳はおいくつくらいでしょうか?
それは内緒です。
まぁ、読者の方には、概ね見当はついていると思いますが。

10 ゲームを始めて何年くらいですか?
だいたい10年くらい。
年齢の割には、歴は浅いです。

11 好きなゲームのジャンルは何ですか?
基本はRPG、SRPG
バトルにアクションが入るのは大丈夫だけど、マリオ系のアクションは苦手。
ノベル系も苦手。
ストーリー性の無いスポーツ・レーシング系なども苦手。

12 最近ハマってるゲームは何ですか?
最近、「ハマる」というのが、あまり無いかもしれないです。
ゲームしていて、楽しくない訳じゃないんですけどね。

13 今一番欲しいゲームソフトは?
楽しみにしてるのは「大神伝」

14 死ぬときに墓場に入れて欲しいゲームはありますか?
オレシカさえあれば良い。

15 欲しいゲームハードはありますか?
今は特に無いです。

16 リアルの知り合いはあなたのブログを読んでいますか?
誰にも教えていません。
あ、ダンナさんは時々読んでるみたいです。

17 ゲームで月にどれくらいお金を使っておりますか?
まったく買わない月もあるし、何本も買ってしまう月もあるし・・・
平均すると5,000円以上1万円未満かな。

18 ゲームは主にどこで購入されておりますか?
Amazon 多め。新作はほとんどここ。
他はポイントの貯まる家電量販店。
家の近くにゲーム屋さんが無いので。

19 ゲームは売る派ですか?積む派ですか?
だんぜん、積む派。

20 好きなゲームメーカーを教えてください。
ゲーム買う時にメーカーはぜんぜん気にしていないんで・・・
多いのはスクエニだけど、スクエニが好きで買ってる訳じゃないです。

21 ツイッターはやっておりますか?
やってます。
ブログの記事にするほどでもないことをブツブツ言ってます。

22 一日何時間くらいゲームをプレイされますか?
これも日によってまちまち。
今日はずいぶんやっちまったぜ!な日もあるし、まったく触らない日もあるし。
平均すると2〜3時間かな。

23 ブログを書く環境は?(PCスペック、携帯など)
1年ほど前に買い替えた Mac Book Pro を愛用。
本体のキーボードの感触が気に入らないので、Apple純正のワイヤレスキーボードを使用しております。

24 ブログを書くのにどれくらいの時間を費やしてますか?
けっこう時間掛かります。
レビュー記事なんかだと1日掛かりとか、推敲も入れると3日掛かりとか、普通。
ブログを書くのに時間が掛かるから、ゲームをする時間を削らざるを得ないという感じ。

25 ブログでコメントいただいた、これは面白い!と思えるコメントはありましたか?
面白いのは記憶に無いかな。
嬉しいのはたくさんあるけれど。

26 実は最近更新が面倒だったりしませんか?
面倒ではないけれど・・・
ブログのことを考えずに、純粋にゲームプレイだけを楽しみたいと思うことは時々あります。
でも、ゲーム始めると、何か書きたくて仕方なくなる・・・
もう、病気みたいなものかもしれない。

27 将来(もしくは転職して)ゲームプログラマー、ゲーム屋店長 なりたいとしたらどっち?
・・・どっちもあまりなりたくないです。すみません。

28 お手本にしているブログなどありますか?
特に無いです。

29 同性で好きなゲームキャラは?
「エンド オブ エタニティ」のリーンベルが可愛くて仕方ない。

30 恋人(嫁じゃなくて婿)にしたいゲームキャラは?
アクセル(KHシリーズ)

31 異形の者で好きなゲームキャラは?
異形?
人でないという意味なら、ライドウに出て来たラクシャーサ。
バカキャラなとこが良い。

32 なってみたいと思うゲームキャラは?
FFの主人公にだけはなりたくない。
だって、世界を滅ぼしかけるんだぜ、あいつら?

33 こいつが最強だ!!と思うゲームキャラは?
WAのゼット。いろんな意味で。

34 ゲーム以外にも趣味はおありですか?
もちろん、いろいろあります。

35 トーキョーゲームショウは行かれますか?
行かないです。行ったことも無いです。

36 私(俺)とゲームどっちが大事なの!?(なんだよ!?)と言われる機会がありました。
   どう答えますか?
いや、別にそんなにゲーム大事じゃないし・・・

37 今後のゲーム業界について思うことなどありましたら。
よく分かんないです。
ただ、進化する方向が間違ってるんじゃないかなーという気はします。
単に、自分がついて行けなくなりつつあるだけの話かもしれませんが。

38 1日どれくらいのサイト(ブログ)を巡回しておりますか?
10軒(?)程度。
全部ゲーム系ブログという訳でもないです。

39 ここはオススメだよ!!というゲームブログはありますか?
参考にさせてもらっているのは、「忍之閻魔帳」さん。

40 欠かさず買っているシリーズモノのゲームなどありますか?
キングダムハーツ。
なんだかんだ言って買ってしまいます。

41 ヒゲと言ったら?
リーブ

42 ハゲと言ったら?
ルード

43 コメント欄が不測の事態で荒れました・・・、どうする?
しばらくコメント欄閉じるなり、更新ストップするなりして嵐が過ぎ去るのを待つ。

44 もし急にゲームができない環境になってしまったらどうしますか?
う〜ん・・・寂しいけど、他の趣味で気を紛らす。

45 もし急にブログが書けない環境になってしまったらどうしますか?
とりあえず、復活した時のために、記事をストックしておきましょうかね。

46 あなたのブログのキャッチコピーをどうぞ
「ゲーム好きな主婦の超マイペースな攻略記録」です!

47 あなたのブログの「こだわり」は?
こだわらないことがこだわり

48 ご自身のブログの今後の展望などありましたらお聞かせください。
目標を決めると途端に窮屈になってやりたくなくなるタイプなので、何も考えずに行ける所まで行ってみよう!と。

49 いつも貴方のブログを見ていただいている読者の方に一言
50 最後に何か一言どうぞー

いつもいつも、ありがとうございます。
こんなに広いネットの中で、ここに辿り着いたのも何かのご縁。
末永く御贔屓にして頂けるよう、頑張ります。

「チルドレン」 伊坂幸太郎 著

「短編集のふりした長編小説」
と、作者自身も公言している通り、収録されている5編は時系列はバラバラで語り手も異なるけれど、登場人物は少しずつ重なっている一貫した物語です。

各エピソードの真ん中に居るのは、陣内という一風変わった男。

とにかく「俺様」で、空気はあえて読まないし、行動はハチャメチャで・・・
だけど、間違ったことは言ってないし、不可思議な魅力に溢れている。

こんな人間が知り合いに1人くらい居ても良いかもしれない。
退屈しなくて。
恋人・・・とかには、したくない。
そこまで近いと、たぶん、生きた心地がしない。

最初の「バンク」は銀行強盗の話。
陣内の友人・鴨居が語り手。
このとき、陣内はまだ大学生だ。
このネタをパクったんじゃないかと思われるドラマを見たことがある。

次の「チルドレン」と「チルドレンII」では、家庭裁判所の調査官となった陣内の働きぶりが、その同僚の武藤の目を通して描かれる。

「レトリーバー」は、陣内の失恋話。
銀行強盗事件で知り合った盲目の青年永瀬と、その恋人優子が登場する。
時期的には、陣内、大学卒業間近らしい。

「イン」は、永瀬が語り手となる。
生まれた時から光の無い世界で過ごして来た永瀬ならではの感性が生きている作品。

陣内のキャラも良いけれど、この永瀬と優子も、なかなか素敵な人たちだ。
恋人の介助犬に嫉妬してしまう優子が可愛い。
 
 
伊坂幸太郎の描く人間たちは、なんてことは無いんだけど、みんな素敵なんだよね。
すごい経歴の持ち主とか、特別な能力の持ち主とかではなくて、ごく普通に生活している人たち。

そんな中に、稀に陣内みたいな変わり種が居て、ちょっとした事件が巻き起こる。
日常に潜んでいる、ささやかなミステリー。
それに振り回されたり、振り回されなかったりする、優しくて細やかな感性を持つ普通の人たち。

作品全体を包み込む、そんな穏やかな空気が、私が伊坂作品を好む理由の1つ。

この「チルドレン」も、ほっこり癒される良作でありました。
 
 
 
その他の読書感想文の一覧はこちらからどうぞ
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#24

CHAPTER16「大聖堂」
 
昨日の記事に書くの忘れました。

色々走り回っているうちにゼファーが一番乗りでLv.100に到達し、トロフィー「オーバーハンドレッド」を入手しました。
一番レベルの低いリーンベルと20もの差がついています。
 
 
 
それでは、大聖堂へ。

ゼファーがMGを2丁
リーンベルはMGとHG
ヴァシュロンはHGと投擲
回復アイテム無しで、行けるとこまで行ってみます。
 
 
なにやら決意を固めたロエンの元にガリとアントリオンも駆けつける・・・

えっとぉ・・・敵って、私たちのことかな? (゚ー゚;

ロエンに会いに来ただけのはずなのに、何故か猛烈に敵視されています。
異端者呼ばわりです。

えっとぉ・・・私たち、何かしたかな? (゚ー゚;

とにかく、道を塞ぐ兵士たちを倒さないことにはロエンに会わせてもらえないようなので、仕方なく戦います。
 
 
3つめのマスで中ボス・ガリジャーノン。
戦闘中に皆でゴチャゴチャ喋ってますね。
耳を傾ける気持ち的な余裕は、あまり無いです。

大きな銃を持っている女性兵士が毒と感電のバッドステータスを起こすので、先にこの2人を片付けました。
(ヴァシュが、このタイプの女性兵士の背後に回った時に「丸見えだぜ!」と言うと、思わず尻を見てしまいます)

その後は、他の兵士でゲージを回復しながらガリをチクチク。
何故か知らないがゼファーばっか狙われます。
ゼファーは1人だけレベル上がってるし、MG2丁持ちの切り込み隊長ゆえにアクセサリもバッチリ装備させて来たので狙われてもビクともしません。好都合です。

ガリを倒して、I.S.ベセルの欠片ゲット。
 
 
その先は左右に枝分かれしています。
両方の部屋でスイッチを押すと、正面奥に進めるように。
左側の部屋に居たのがヤバかった。
私の大嫌いなマッドゴライアスタイプ。
とにかく毒が一番イヤだから、2着ある耐毒スーツは常に着っぱなしなんだけど、100%防いでくれる訳ではないので安心出来ません。
フルスクラッチが発動してくれたおかげで、どうにか倒せました。
 
 
奥に進むと、第二の中ボス・アントリオン。

ガリの時と同じように、大きな銃を持っている女性兵士から。
凍らされちゃうと、一気に戦力ダウンだから。
アイテム持って来てないし。

リーンベルが凍ってしまったけれど、男2人でとりあえずノーザンなんとかを片付け、片付け終わるころにリーンベル解凍。

その後はガリの時と同じように、ヒラ兵士でゲージ回復しながらアントリオンを・・・
と、行きたかったのだけど、何故かリーンベルばかりが集中攻撃を受け、ベセルが散る散る。
火炎瓶投げつけたりしながら、どうにか体勢を立て直しました。

ガリよりは、ちょっと苦戦してアントリオン撃破。
I.S.ベセルの欠片ゲット。
これでゲージは14個。
 
 
その先で、また左右に枝分かれ。
今度は右の方に例のヤツが居ます。
雑魚扱いのくせにボス並みに凶悪。
おまけに、逃走不可なのね。
スイッチ押して、とっとと逃げちゃえばいじゃんっ!と、思ったのに。
 
 
ここまで来たら、ロエンに一直線です。
なんかスルスルと一気に来たみたいに書いてますけど、大嘘です。

ガリジャーノン倒した時点でいったん外に出て、仕掛けを解いていったん外に出て、アントリオン倒したらまた外に出て・・・
と、(リアルで数日掛けて)何度も出たり入ったりを繰り返しています。
大聖堂のすぐ脇にエナジーステーション置いて、ね。
 
 
ガリジャーノンとアントリオンを倒すと黒ヘキサが手に入って、おまけダンジョンに行けるそうですが・・・
ここは2周めのお楽しみに取っておくことにして、1周めを終わらせます。
(なんか、すごく手強そうなので)
 
 
対ロエン戦に備えて装備替え。
(1回、下見した)
さすがに回復手段無しはキツそうなので、リーンベルはHGとアイテムに変更しました。
リーンベルには氷結対策も。
男2人はたぶん飛び回ることになると思うので、アクセサリは物理ダメージ軽減だけ。武器の方はこれまでと同じ、ゼファーMG2丁、ヴァシュロンHGと投擲。

3人のレベルは
 ゼファー(Lv.107)
 ヴァシュロン(Lv.97)
 リーンベル(Lv.84)
 
今回も手下を先に・・・と思ったら、復活するのね。
いくら倒しても無駄なんで、無視してロエンだけを狙うことにしました。
ゼファーがスクラッチし、ヴァシュが火炎瓶投げ。
しつこく投げていると、たまに炎上してくれます。
リーンベルにはゲージクラック性能の高いHGを持たせてあって、HP分割を狙わせます。

縦横無尽に飛び回ってると、1カ所にじっとしているよりはダメージ受けずに済みます。
そうはいっても、ゲージはどんどん消費してしまうので、時々雑魚のパーツ壊してゲージを補給しながら。

1回ヴァシュロンが凍ってしまったけれど、ちょうどロエンが炎上中だったため、委細構わずリーンベルとゼファーでボコボコに。
リーンベルでトドメの一撃。
ヴァシュロン、凍ったまま ∑(゚∇゚|||)
 
 
けっきょく、誰も死ななかった模様。
ロエンも、ガリも、アントリオンも、サリヴァンまでも。
みんなみんな聖刻が現れて、死ぬに死ねなかったみたい。
(名も無き兵士たちは死んでるのよね、気の毒に)

リーンベルちゃんも。
クォーツが砕けたからダメかと思ったけど。
あのクォーツは、リーンベルのではなかったのかしら???

ストーリー的には、よく分からないことが多いです。

敵が異様に強いし、バトルも癖があるし、難易度は高い方だと思うけれど、不思議と途中で投げ出す気にはならなかったです。
まぁ、詳しい感想はレビューで書きますわね。

その前に、2周め。
難易度を上げるとほとんどの要素を引き継げないようなので、大人しくノーマルでもう1周します。
チョイポリスも行きたいし。
 
 
クリア時の3人のレベル
 ゼファー(Lv.108)
 ヴァシュロン(Lv.105)
 リーンベル(Lv.86)
ヴァシュロンが一気に上がったのは、ロエンに火炎瓶投げつけていたせいです。

クリア時に、「伝説のPMF」と「ゲームクリア」のトロフィーを入手。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#23

CHAPTER16「大聖堂」

それぞれ意味ありげにアジトから出て行った3人組だけど、まずは普通にサブミッション片付けますわね。
 
 
「反体制組織 壊滅指令」
出現場所はレイニー・ブリッジ近辺。
手前2マスは手ぬるかった。
しかし、3つめが・・・

アンタが親玉だったんか。

1回めは為す術も無く敗退しましたが、2回めはフルスクラッチが発動して、あっさり勝っちゃいました。
ちょっと、勿体なかったかな。

トロフィー「推測バスター」をゲット。
 
 
「貴重な素材」
依頼人:イジー(4階層 エベル・シティ)

御所望の品は、クリスタルコアとレアメタル。
クリスタルコアは何個か持っていました。
イエティタイプの誰かが落としたのかな???(自信無し)

レアメタルは、私も欲しいのよ。
ロングスコープを作りたくてね。
それで、ウロウロ歩き回ってるんだけど、お宝カイコと遭遇しないのよ。

面倒なので、ヒートテクターをバラして入手。
泣く泣くイジーに渡す。
報酬が「ロングスコープ プロ」だったから、まぁ、同じことね。
 
 
「私のトラウマ」
依頼人:マクレガー(7階層 クランク・タウン)

ヒュース発電所に出現する謎の飛行物体を倒して欲しいとのこと。

居た、居た。UFOキャッチャー(Lv.100)

でも、すぐに逃げられてしまうのね。
スクラッチしたら急いでダイレクトで削る!
お供はUFOキャッチャーが居なくなってから片付ける!

何マスか追いかけ回して討伐完了。
 
 
 
それから、ポツポツと残っている危険区域の掃除。

8階層。
ずーっと放置されていた、ターミナル:セーフティEXの近くのマッドゴライアス(Lv.73)3体。
やっと倒せました。
耐毒スーツが2個になったおかげです。
 
 
12階層。
グラニデ廃坑の手前。
カテドラルスナイパー(Lv.65)×2とUMAグレムリー(Lv.61)×5

なんだか、リーンベルばかり狙われている気が・・・
彼女が移動すると、それに合わせてゾロゾロと敵が移動して行くの。
野郎どもが割と安全なのは助かるけど、リーンベルちゃんが派手にベセルをバラまいてくれるからなぁ。
火炎瓶で燃やしたりして、どうにか片付けました。

I.S.ベセルの欠片ゲット。
 
 
別のリフトで下りて11階層。
12階層へのリフト付近。
ジャッジなんとか2種。(Lv.66、Lv.76)

この人たちは、そんなに苦労せず。

I.S.ベセルの欠片ゲット。
 
 
12階層。採石場。
前に来た時よりも増えてるかしら???

まず、ボルトイエティ(Lv.68)×2とR・コマンド(Lv.58)×3
イエティさえ倒してしまえば、他はどうということ無し。
マシンガン持ちが感電するとシャレにならないので、大急ぎでボルトイエティを倒してしまいました。
I.S.ベセルの欠片ゲット。
この時点で、I.S.ゲージは12個。
 
 
ショットヴァルチャー(Lv.66)×2、ジャッジアサルト(Lv.66)×3
なるべく部位でゲージを回復しながら、まずはショットヴァルチャーを倒し、その後のんびりとジャッジアサルトを片付けました。
I.S.ベセルの欠片ゲット。
 
 
ベノムフォッグス(Lv.68)×4
ベノムというくらいだから、毒に注意。
攻撃を集中して、1体ずつ着実に減らして行きました。
パーフェクトエイド入手。
 
 
採石場にヘキサをはめて行くと、I.S.ベセルの欠片がたくさん出て来ました。
全ての危険区域を潰して、採石場を全て開放するとゲージは13個と半分になっていました。
 
 
途中で、マシンガン持ちを2人にしてみました。
1人はMGを2丁、もう1人はMGとHGで状況に応じて使い分け。
こうすると、ずいぶん楽になりました。
もう1人はHGと投擲(もっぱら火炎瓶)
回復アイテム無しで、なんとかやってます。
 
 
ずっと行っていなかった闘技場は、ランク40まで進みました。
各ランク3戦しかしていません。
 
闘技場で苦戦するようになってしまったし、かといって他にすることも無いので、大聖堂に行くことにします。
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

その他のハード

ちょっと気になる