« エンドオブエタニティ 攻略メモ#23 | トップページ | 「チルドレン」 伊坂幸太郎 著 »

エンドオブエタニティ 攻略メモ#24

CHAPTER16「大聖堂」
 
昨日の記事に書くの忘れました。

色々走り回っているうちにゼファーが一番乗りでLv.100に到達し、トロフィー「オーバーハンドレッド」を入手しました。
一番レベルの低いリーンベルと20もの差がついています。
 
 
 
それでは、大聖堂へ。

ゼファーがMGを2丁
リーンベルはMGとHG
ヴァシュロンはHGと投擲
回復アイテム無しで、行けるとこまで行ってみます。
 
 
なにやら決意を固めたロエンの元にガリとアントリオンも駆けつける・・・

えっとぉ・・・敵って、私たちのことかな? (゚ー゚;

ロエンに会いに来ただけのはずなのに、何故か猛烈に敵視されています。
異端者呼ばわりです。

えっとぉ・・・私たち、何かしたかな? (゚ー゚;

とにかく、道を塞ぐ兵士たちを倒さないことにはロエンに会わせてもらえないようなので、仕方なく戦います。
 
 
3つめのマスで中ボス・ガリジャーノン。
戦闘中に皆でゴチャゴチャ喋ってますね。
耳を傾ける気持ち的な余裕は、あまり無いです。

大きな銃を持っている女性兵士が毒と感電のバッドステータスを起こすので、先にこの2人を片付けました。
(ヴァシュが、このタイプの女性兵士の背後に回った時に「丸見えだぜ!」と言うと、思わず尻を見てしまいます)

その後は、他の兵士でゲージを回復しながらガリをチクチク。
何故か知らないがゼファーばっか狙われます。
ゼファーは1人だけレベル上がってるし、MG2丁持ちの切り込み隊長ゆえにアクセサリもバッチリ装備させて来たので狙われてもビクともしません。好都合です。

ガリを倒して、I.S.ベセルの欠片ゲット。
 
 
その先は左右に枝分かれしています。
両方の部屋でスイッチを押すと、正面奥に進めるように。
左側の部屋に居たのがヤバかった。
私の大嫌いなマッドゴライアスタイプ。
とにかく毒が一番イヤだから、2着ある耐毒スーツは常に着っぱなしなんだけど、100%防いでくれる訳ではないので安心出来ません。
フルスクラッチが発動してくれたおかげで、どうにか倒せました。
 
 
奥に進むと、第二の中ボス・アントリオン。

ガリの時と同じように、大きな銃を持っている女性兵士から。
凍らされちゃうと、一気に戦力ダウンだから。
アイテム持って来てないし。

リーンベルが凍ってしまったけれど、男2人でとりあえずノーザンなんとかを片付け、片付け終わるころにリーンベル解凍。

その後はガリの時と同じように、ヒラ兵士でゲージ回復しながらアントリオンを・・・
と、行きたかったのだけど、何故かリーンベルばかりが集中攻撃を受け、ベセルが散る散る。
火炎瓶投げつけたりしながら、どうにか体勢を立て直しました。

ガリよりは、ちょっと苦戦してアントリオン撃破。
I.S.ベセルの欠片ゲット。
これでゲージは14個。
 
 
その先で、また左右に枝分かれ。
今度は右の方に例のヤツが居ます。
雑魚扱いのくせにボス並みに凶悪。
おまけに、逃走不可なのね。
スイッチ押して、とっとと逃げちゃえばいじゃんっ!と、思ったのに。
 
 
ここまで来たら、ロエンに一直線です。
なんかスルスルと一気に来たみたいに書いてますけど、大嘘です。

ガリジャーノン倒した時点でいったん外に出て、仕掛けを解いていったん外に出て、アントリオン倒したらまた外に出て・・・
と、(リアルで数日掛けて)何度も出たり入ったりを繰り返しています。
大聖堂のすぐ脇にエナジーステーション置いて、ね。
 
 
ガリジャーノンとアントリオンを倒すと黒ヘキサが手に入って、おまけダンジョンに行けるそうですが・・・
ここは2周めのお楽しみに取っておくことにして、1周めを終わらせます。
(なんか、すごく手強そうなので)
 
 
対ロエン戦に備えて装備替え。
(1回、下見した)
さすがに回復手段無しはキツそうなので、リーンベルはHGとアイテムに変更しました。
リーンベルには氷結対策も。
男2人はたぶん飛び回ることになると思うので、アクセサリは物理ダメージ軽減だけ。武器の方はこれまでと同じ、ゼファーMG2丁、ヴァシュロンHGと投擲。

3人のレベルは
 ゼファー(Lv.107)
 ヴァシュロン(Lv.97)
 リーンベル(Lv.84)
 
今回も手下を先に・・・と思ったら、復活するのね。
いくら倒しても無駄なんで、無視してロエンだけを狙うことにしました。
ゼファーがスクラッチし、ヴァシュが火炎瓶投げ。
しつこく投げていると、たまに炎上してくれます。
リーンベルにはゲージクラック性能の高いHGを持たせてあって、HP分割を狙わせます。

縦横無尽に飛び回ってると、1カ所にじっとしているよりはダメージ受けずに済みます。
そうはいっても、ゲージはどんどん消費してしまうので、時々雑魚のパーツ壊してゲージを補給しながら。

1回ヴァシュロンが凍ってしまったけれど、ちょうどロエンが炎上中だったため、委細構わずリーンベルとゼファーでボコボコに。
リーンベルでトドメの一撃。
ヴァシュロン、凍ったまま ∑(゚∇゚|||)
 
 
けっきょく、誰も死ななかった模様。
ロエンも、ガリも、アントリオンも、サリヴァンまでも。
みんなみんな聖刻が現れて、死ぬに死ねなかったみたい。
(名も無き兵士たちは死んでるのよね、気の毒に)

リーンベルちゃんも。
クォーツが砕けたからダメかと思ったけど。
あのクォーツは、リーンベルのではなかったのかしら???

ストーリー的には、よく分からないことが多いです。

敵が異様に強いし、バトルも癖があるし、難易度は高い方だと思うけれど、不思議と途中で投げ出す気にはならなかったです。
まぁ、詳しい感想はレビューで書きますわね。

その前に、2周め。
難易度を上げるとほとんどの要素を引き継げないようなので、大人しくノーマルでもう1周します。
チョイポリスも行きたいし。
 
 
クリア時の3人のレベル
 ゼファー(Lv.108)
 ヴァシュロン(Lv.105)
 リーンベル(Lv.86)
ヴァシュロンが一気に上がったのは、ロエンに火炎瓶投げつけていたせいです。

クリア時に、「伝説のPMF」と「ゲームクリア」のトロフィーを入手。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

« エンドオブエタニティ 攻略メモ#23 | トップページ | 「チルドレン」 伊坂幸太郎 著 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる