« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#28

DAY301 誰もいない場所

ザルディンが「DAY256〜275」のミッションの報酬ゲージをALLクリアにして来いとおっしゃる。
既にクリアしていたので、その場で合格。
ミッションNo.80が追加。

シオンが「光り輝くかけら」をくれました。
  
 
#78(ネバーランド)ハートレスを探し出し討伐せよ

ピートの言っていた「強力な」やつですね。
気を引き締めて参りましょう。

また穴を掘ってるフック&スミー。
ついにお宝発見か?!
欲に駆られたフックから立ち上る黒いモヤモヤによって、宝箱が禍々しき変化を遂げる。

悠々と空を泳ぐスカイルーラー。
ターゲットは尻尾。
後ろから飛んでも追いつきやしないので、適当なところで待ち伏せして並走。
ハートレスの身体の下に潜り込むようにして叩くと当てやすい感じ。
尻尾はだんだん短くなって行きます。
1パーツ減らすごとに、突進攻撃と金貨バラまき攻撃をして来ます。
突進はスイスイと横移動すれば避けられるし、金貨は水面ギリギリに居ると当たりませんでした。
尻尾を全て破壊してしまうと、ターゲットはお腹に。
動き早いので、飛んでいる時は追いかけるのを諦め、動きを止めた隙に連打するようにしました。
ただし、あちらも溜め攻撃して来るので、調子に乗って叩いてると危ない。
相変わらず金貨バラまくしね。
回復手段は、尻尾ガ無くなるまで温存しておいた方が良いかも。

っつーか、空中戦嫌い。

ハートレスはフックの船に墜落して、船は木っ端みじん。
ちょっと気の毒。
 
 
DAY302

#79(ハロウィンタウン)大型ハートレスを討伐せよ withシグバール

まずは、先行しているシグと合流。
この前デカいの倒したせいなのか、やたらとハートレスが多いですな。

うわぁ、シャドウがいっぱい。気持ち悪い。
これ、全部片付けるのか。やだなぁ・・・
と、思ったら、シグが来て片付けてくれました。

ずいぶん失礼なこと言われたけどね。
いつまでたっても半人前扱いのロクサス。
まぁ、シグから見ればガキだけどさ。

ブギーの屋敷跡に行くと、ひときわ大きなキューブ。
サッサと片付けて任務完了・・・な、ワケない。

本来のターゲット、コールドリッパー登場。
ロールスラッシャーの同族。
だったら対処の仕方は心得てる・・・と言いたいところだけど、氷のブレードに当たると氷結するから厄介。
でもね、地面に居てくれるだけで、すっごい楽なの。
シグもシッカリ戦ってくれていたし。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#27

DAY299 ソラ

全てを元に戻せとサイクスはアクセルに言う・・・
サイクスはロクサスとアクセルが仲良しなのを嫉妬しているように見えなくもない。心無いんだけど。

この2人の本当の目的って何だろう?
機関を乗っ取ること?
乗っ取って、何かしようと企んでるの?

誰もシオンのことを知らないので、直接ゼムナスに聞きに行っちゃうロクサス。
う〜ん、私は絶対に近寄りたくないね。なんか、怖いもん、この人。

わりと普通に答えてくれるゼムナスによると、シオンは休息をとっているそうな。

ゼムラスはロクサスのことを「ソラ」と呼んだことがあったようだ。
ロクサスはそれを思い出して、「ソラ」とは誰なのか尋ねる。
ソラは繋がり。
ロクサスとシオンはソラに繋がっている。
と、よく分かんないことを言われて追い払われました。
 
 
シグバールに「ユニットを4つ以上はめた武器を装備して来い」と言われましたが、既に装備していたのでその場でご褒美の「ゴールド」をゲット。
 
 
#76(ネバーランド)シャドウブロックを破壊せよ
色々ゴタゴタしていますが、任務は普通に、そして地味に。

やっと海賊船に行けました。
最後の1個はマストの上の方で発見。
 
 
城ではゼムナスとサイクスが密談中。
シオンが自我を持ち過ぎたことは失敗だったけど、シオンがソラの記憶を保持していることは機関にとってメリット。
シオンとロクサスを手元に置いておけば、ソラは目覚めない。
と、だいたいそんなことを話していました。
何かと邪魔して来そうなソラには眠っていてもらい、ハート集めは大人しく言うことを聞いてくれるロクサスに任せておけば、機関としては問題無いというところでしょうか。

っていうか、リクはもうすぐ側まで来ていますよ???
 
 
DAY300 停止

「レイジングギア+5」と「クライシスギア+5」を作っておく。
ネバーランドは空中戦になるのでエアコンボ強化の「レイジングギア」で行きます。
 
 
#77(ネバーランド)テイルミラージュを討伐せよ
ハートレス退治している場合じゃないと思いますが、任務は普通に。

ティンクがフックに捕まってしまったらしいです。
最初の頃に比べ自我が強くなっているのか、任務を後回しにしてティンクの救出に向かうロクサス。

お宝探しに躍起になるフックから黒いモヤモヤが・・・
まさか、ハートレス化する気?
フックたちが行ってしまった隙に、ティンクを救出。

ティンクは何かを伝えたいらしい。
フックの破った地図の切れ端が何か?

フックたちが穴掘った後には必ずハートレスが出るから、印の所に行けば何か居るかも・・・
ということで、行ってみる。

でも、印の所を持ってもハートレスは出ず。

フックたちが回廊の側で穴掘りしているので行ってみる。
穴を調べると・・・出た。ひときわデカいのが。
ターゲット発見!

頭を叩くとワープするとアドバイスされていたので、尻尾を叩きます。
空中だと上手くガード出来なくて、しょっちゅう叩き落とされましたが、どうにか倒せました。
 
 
ピートがあちこちにハートレスを仕込み、フックの欲がそれを掘り出している模様。
でも、せっかく仕込んだハートレスはロクサスが片っ端から片付けているから、ピートの作戦は上手く行っていないのだね。
次は強力なのを仕込むらしいです。
どうせ、それをロクサスが片付けることになるんでしょ?
 
 
ナミネとディズ。
ソラの記憶が止まってしまい、このままではソラが目覚めないと言うナミネ。
ディズは強攻策に打って出るつもり。
ノーバディは存在してはならないものだから・・・ということは、つまりあれだ。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#7

CHAPTER5「変わりゆくもの」 その2

サブミッションは終わったけれど、まだシルバーキャニオンには行きません。
そのへんの危険地域のマスを片っ端から解放してみることにしました。

まず、5階層へ。
右の隅っこの方は、フードギャングとゾウ2匹。
ゾウの部位でI.S.ゲージ回復しながら、どうにか倒した。

ターミナルが2つ並んでいるところの奥は、ゾウとカラーギャング2人。
やっぱり、部位を壊してI.S.ゲージ回復しながら、最後はゾウを火炎瓶で燃やして倒した。

I.S.ベセルの欠片が手に入り、これでゲージが5個になりました。
 
 
第6階層のドールデカイコ(フォーセイクン近くの危険地域ね)も何とかしよう。
人形持ってるみたいだし。
こちらもノラデカイコでI.S.ゲージ回復しながら、ドールデカイコに火炎瓶を投げつけて、やっとこさ倒した。
ふぅ・・・キツかった。
ドールデカイコがドロップした人形はショップの爺ちゃんにお届け。
防炎ベストをくれた。
どうせなら、前チャプターでもらっておきたかった・・・
 
 
その後、延々と闘技場。
ランク11まで制覇しました。
ランク10の3戦めでボスっぽいのが出て来ました。
なるほど。
これを倒すとランキングが上がるのね。
次はランク15で出て来そう。

コインを交換して「強者のバングル」を入手しておく。
ヘキサが不足気味でバトルは避けたくないので、当分装備することは無いと思うけど。

闘技場でゲシゲシ戦っている間に「エクストリーム・スパイカー」と「インビジブル・アクター」のトロフィーをゲット。
前者は撃ち落としを100回
後者はI.A.中の攻撃回数が1,000回突破
だそうです。
 
 
クランクタウンの合成屋に行き、シルバー・キャニオン攻略に備え「コールドパット」と「防氷ベスト」を人数分揃えました。
材料のプラスチックファイバーは、売るほど持ってる。彫刻の森のマネキンがボロボロ落とすから。
材木片はノラデカイコ等が落とす汚い巾着に入っている模様。こちらも、十分に個数は足りました。
 
 
さて、問題はターミナルをどうするか、だ。

ダンジョンの最寄りのターミナルがバーナー(炎ダメージアップの効果)なので、せめてこれくらいは繋いでおきたいところです。
それと、ずずーっとクランク・タウンの方に行った所に、レジストフリーザー(氷ダメージ半減)のターミナルも。
出来ればこれも繋ぎたい。
途中にある吹き飛ばし力アップは、まぁ、どっちでもいい。
それから、8階層に下りてすぐの所にラックEX(レアアイテム取得率アップ)のターミナルも。
出来ればこれも繋ぎたい・・・
狭い所があるから、やっぱり、緑のヘキサで繋ぐのが良いのかしら???
カラーヘキサは茶色いの以外、あんまり持ってないのよね。

ちょっと集めてみるか。
ということで、7階層のアウトフィールドでしばらくバトル。

ひとまず、ダンジョンとバーナーは繋がりました。
しかし、先にラックEXの方を起動しておけば良かったのではないかと、深く反省。
なかなかグリーンのヘキサを落としてくれないのよね。
一応、7階層に出る雑魚敵は、概ねグリーンのヘキサを落としてくれるみたいなんだけど。

ついでに、7階層の危険地帯マスも片付けておきました。
フードギャング3人。
部位が無いから、いつものように「部位を壊してI.S.ゲージ回復」ができなくて、ちょいと苦戦。
まぁ、無事に倒せたけど。
I.S.ベセルの欠片入手。
8階層のラックEXのターミナル付近からも出て来たので、現在5と1/2

みんなで交替で火炎瓶投げまくったおかげで、がんがんレベルアップしました。
ゼファーがLv.34、ヴァシュとリーンベルがLv.32。

ヘキサ集めは、8FのラックEXを繋いだところで断念。
レジストフリーザー繋いでないけど、いい。
もー、やだ。
繋がなければクリア出来ないってもんでもないだろう!

と、自分に言い聞かせて、シルバー・キャニオンに突入することに。


まずは、サウスブリッジを通過。
イーストブリッジは宝箱があるだけで行き止まり。(反対側にも宝あり)

ウェストブリッジを通過して、ステーションでセーブしたら冷蔵庫へ。
装備は、ヴァシュロンがマシンガン、ゼファーが火炎瓶、リーンベルがアイテム持ってます。

冷蔵庫も2マスだけなんだけど、手前のマスがけっこう手強い。
ゾウっぽいのがイヤだねぇ。
ヴァシュのフルスクラッチが発動してくれると大助かりなんだけど、なかなか発動してくれないし。
 
 
BOSS イエティ

雑魚は倒しても無駄みたいです。
ボスも氷結攻撃して来るから、雑魚の相手している暇があったら、サッサとボスを倒さないとっ!

けっきょく、ゼファー1人で倒したようなものでした。

リーンベルは、ずーーーっと凍ってました。
回復アイテム持ちなのに。

ヴァシュロンは前面の部位をスクラッチした後に氷結。

3人固まっているとみんなまとめて凍らされそうなので、唯一凍っていないゼファーが火炎瓶投げながらI.A.でボスの背後へ移動。
ヴァシュとリーンベルは凍ったままでベセルがバラバラ飛び散ってる・・・
ゲージ、あと1個しか無い。
どうするよ?
ふと見れば、ボスは盛大に燃え上がってHPゲージが真っ青になってるじゃないか。

行け、ゼファー! 

一か八かでハンドガンでトドメの一撃。

どどーーーーん

無事に倒せました。
ゼファーが凍らなくて助かりました。

一発で2,000オーバーのダメージを与えたとかで、「ビックショット」のトロフィー入手のオマケ付き。
 
 
ワインを2本入手し、ラベル張り替えて高級ワインをちょろまかす所存のヴァシュロン。
ノリノリのリーンベルちゃん。
あまりのセコさに呆れたのか、一応未成年であることを考慮したのか、ゼファーは1人で帰っちゃいました。(丸腰で?)

えー、ゼファー居ないと無理ーーー ヽ(`ε´)ノ
犬1匹くらいなら平気だけど・・・

けっきょく、逃げました。
 
 
ヴァシュロンとリーンベルは、ワインを届けたついでにバーで軽く一杯。
唐突に泣き出してしまったリーンベルにウォータープルーフのマスカラをくれるマスターは、変だけど良い人だと思います。

ゼファーは何故かペーター様とツーショット。
ペーター様は何か深刻な話をしていたようだけど、ゼファーは聞いていなかったらしい。
 
 
アジトに戻ると、ポストにPMFポイントのご褒美が届いていました。
これにてチャプター5クリア。
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#6

CHAPTER5「変わりゆくもの」

今度の依頼主はカーディナル・バーバレラ様。
いきなり呼びつけられました。

アジト前に、またしてもペーターが。
今回はヴァシュロンで声掛けてみる。
え?ゼファー君?
・・・お目当てはゼファーなのっっっ?!
 
 ( ̄◆ ̄;)
 
気を取り直してサブミッションやろう。

「お店に服が増えるわよ」
依頼人:ミランダ(ブティック店員)
お店に飾るマネキンが欲しいとのこと。

マネキン?腐ったのでいい?
腐ったのでよければ、腐るほどあるよ。

マネキンのパーツは「彫刻の森」の敵がボロボロ落とすんで、バカみたいに持ってます。(ガリジャーノンのアトリエにさんざん出入りを繰り返したからさ)

その場で5個ずつ渡してミッション達成。
新作が売り出されたそうだけど、「SG-226」を買ってしまって金欠状態なためお洋服は買えません。
 
 
「教皇のお守り」
依頼人:テレサ(3階層テレサ邸)
いまは亡き主人の形見の品を探して欲しいとのこと。

ルキア周辺でベシベシとヘキサをはめると出て来ました。
 
 
「新たなる創造」
依頼人:ガリジャーノン(3階層ガリジャーノン邸)
新たな作品を制作するにあたり神像の写真が3枚欲しいそうだ。

ガリジャーノンからキャメラをお借りしました。
神像の在処はエベル・シティで聞き込み。

日中、アジト付近に立っているポエジーが情報をくれます。
1枚めはルキアのダウンタウン。
前に、ミッションで花を供えに行ったとこね。
バトルは面倒くさいけど、行って写真とって来た。

ジャンポール邸に行けるようにしようと、べしべしとエナジーヘキサを埋めて行ったら、ジャンポール邸の前にドーンと神像が立っていたので、これ幸いと激写。

3枚めは・・・クランクタウン???
まだ行ったことの無い場所のようだ。
後回し。
 
 
今回は、続々と追加が。
 
 
「詮索無用」
依頼人:エリス(カフェ・チェルシー)
9階層の鉱脈の入口まで道を作って欲しいとのこと。

9階層にはまだ行けてないので後回し。
 
 
「魂の看板」
依頼人:行商人(6階層 フォーセイクン)
メカメカしいのに看板を取られたので取り返して欲しいとのこと。

ワールドマップに出ると赤い「!」が4つ。
ターゲットの看板キャリアはずいぶんレベル高かったけど、レゾナンス・アタックではめたら倒せました。
(メタル弾使ったのが正解だったかも)
ついでに、「!」は全部片付けておきました。
 
 
「ついでがあったら」
依頼人:郵便配達人(4階層 第1中央エレベーター)
大聖堂に居るベネットさんに手紙を届ける。

初めてシャンデリアに足を踏み入れ、大聖堂までの道を作って手紙を渡して来ました。
ヘキサがだいぶ減っちゃったな。
2階層へのリフト付近から、I.S.ベセルの欠片が出て来ました。
あともうひとカケラあれば5つになるんだがな。
片っ端からヘキサはめて行ったら、1個ぐらい出て来ないかしらね。
 
 
メインのお仕事を進めれば、新たな階層を開拓出来るかな?
ということで、メインのお仕事の御用聞きに行きます。

2階層のバーバレラ邸へ。
お仕事の内容は「食事が終わるまでにワイン取って来て!」だそうです。
ヴァシュロンが壊れてるけど、気にしないことにしておきます。
っつーか、見比べるな、こらっ!
何考えてるか、リーンベルにはお見通しだよ。
門番さんに「第2中央エレベーターの通行許可証」他色々もらって退出。
 
 
いったんエベル・シティに戻ってショップを覗いて見ると、合成屋で火炎瓶が作れるようになっていました。
どうせなら前のチャプターで作れるようになってて欲しかったけど、まぁ、いいや。
「シルバーキャニオンは寒いところだから火に弱い敵が多いよ」と、アドバイスをもらっていたので、火炎瓶をたっぷり作っておきました。
材料はザクザク持ってるぞ。
 
 
そろそろ、7階層に行ってみようか。
先にクランクタウンと神学校までの道を造る。
神学校で神像を発見したので、撮影。

クランク・タウンの合成屋を覗いてみると、エベル・シティでは作れないものが色々とある。
でも、材料揃ってないのね・・・

とりあえず9階層の鉱脈までの道を作って、いったん報告に戻ることにする。
ガリジャーノンが「防氷ベスト」をくれた。
極寒の地で、きっと役に立ってくれることだろう。

これにて、サブミッションは全て終了。
 
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

「キングダムハーツ バース・バイ・スリープ」 レビュー(ネタバレ無し)

キーブレードマスターを目指して修行に励む、テラ、ヴェントゥス、アクアの3人。
世界に起こっている異変の調査と、失踪したマスターの行方を追って、3人は相次いで旅立って行く。
各地で体験を積み重ねながら、やがて辿り着いた地で3人を待っていたものは・・・

 
 
[ストーリー的なこと]

これまで続いて来た、「キングダムハーツ」「KH チェイン・オブ・メモリーズ」「キングダムハーツ2」「「KH 358/2 Days」」よりも前の物語で、全ての出来事の発端が明らかになります。

点在するディズニーワールドを訪れて、そこで起こる出来事に首を突っ込んでドタバタしているうちに、主人公たちの巻き込まれている事態が進行して行くという、キングダムハーツ(以下 KH)シリーズではお馴染みのパターン。
今作はテラ編、ヴェントゥス編、アクア編というように、操作するキャラクターをチェンジして3周する形になっています。
そのため、キャラごとの各ワールドでのエピソードは短めで、3人分合わせてやっと完結。
操作キャラによって行ける場所が変わったり、接触するキャラが違っていたりもしますが、同じワールドを3回も訪れることになるので、気の短い人の中には飽きてしまう人も居るかもしれません。
ただまぁ、さっきも書いた通り、それほど長くはないので・・・
むしろ、若干の物足りなさが無いと言えば嘘になります。
どのエピソードもわりと薄いですし、3人のメインキャラの心情(特にキーマンであるテラの葛藤)については、もう少し深く掘り下げて欲しかったです。

同じ出来事を別の視点で見せながら各ワールドの物語を完結させ、さらに本編の事件も進行させるという複雑なことをやって、このボリュームに収めるには、これが限界だったのかもしれませんが。

では、KHシリーズを初めての人がいきなりこのゲームに手を出して大丈夫かと言うと・・・
かなり密接に物語が繋がっているし、共通して登場するキャラクターも多いので、初めての人には分かりにくい部分が多いと思います。
もっとも、KHは本編が異様に難解で、全部やっていても理解出来ていない所もあったりするので、あまり気にしなくても良いかもしれません。
ディズニーの世界で起こる楽しいエピソードと、本編で進行する重い物語のバランスはとても良く、今作を単独で見ても面白いストーリーになっています。
 
  
[システム的なこと]

バトルのテンポはとても良いです。
操作性も、使用するコマンドを選択するのが少々やりづらいくらいで、概ね快適。

キャラの動きや使える技も、それぞれの個性に合っているのがいい。

パワーヒッター型のテラは、最もノーマルで扱いやすい。
小柄なヴェントゥスは、スピーディに動き回れて爽快。
少々クセのあるアクアは、初めは手こずるけれど慣れると恐らく最強。
(あくまで、個人の操作感です)

全般的に難易度は低めだと感じました。
ゲーム開始時に難易度を3段階から選べますが、一番難しい「プラウド」でも特に問題無くクリア出来ました。
KHシリーズが初めての人には、少し難しいかな?
システム的に難しいことはほとんど無いので、すぐに慣れると思いますが。

最低限、覚えておく必要があるのは、この2つ。
バトル中の行動を決定する「コマンド」
キャラの基礎能力をサポートする「アビリティ」

アタック系の技や魔法、アイテムの使用はデッキに装備した「コマンド」によって行います。
「コマンド」どうしを合成して新たな「コマンド」を作ることもでき、その際にアイテムを使って「アビリティ」を付加することによってキャラを強化して行きます。

「コマンド」は自分の戦い方に合わせて自由に装備させられますし、「アビリティ」も習得したものの付け外しが出来るなど、自分好みのキャラに育てて行くことが出来るようになっています。

他に、強力な決め技などもありますが、そのあたりは戦って行くうちに徐々に使い方が分かって来るようになるでしょう。
キャラを使い込めば使い込む程、どんどん派手な技を繰り出せるようになっていくので、動かしていてとても楽しいです。

今ひとつだったのが「Dリンク」
遠く離れた仲間の能力をちょっと借りることが出来る、「召喚」のようなものです。
使いこなせばけっこう強力なのですが、他にも大技がいくらでも使えるので、あまり存在意義を見いだせませんでした。

ミニゲームが程々に抑えられていたのも好印象でした。
ちょっと息抜きに遊べる程度。
マルチプレイの部分が恒例のシークレットムービーに絡んでいたりもしますが、1人でも何とかなるので、一緒に遊んでくれる人が居なくても大丈夫です。
 
 
[まとめ]

KHシリーズの一作品としては、まったくもって大満足です。
単独のゲームとしても、なかなかの高水準なのではないかと思います。
ただ、やはりストーリーが他のシリーズ作品と密接に繋がっているので、KH初心者の人は若干の置いてきぼり感を味わうことになると覚悟しておいた方が良いでしょう。
「KH」をやらずに「KH2」に行ってしまうよりは混乱は少ないと思いますが。
逆に、シリーズ経験者であれば、「あぁ、こんなふうに繋がってたのか!」「あぁ、この人がああなっちゃうんだ」と、先を知っている者ならではの楽しみ方が出来ます。

そして、「次」へと繋がって行く・・・

今作をプレイして、全てが繋がるであろう「KH3」がとても楽しみになりました。
(今作と「KH」の間に、もうひと波乱ありそうだし)
そして、「KH」や「KH2」を、もう一度プレイしたくなりました。
今作で初めてキングダムハーツの世界に触れた人は、ぜひ「KH」や「KH2」も遊んでみてください。
そして、来るべき「KH3」に備えましょう。

   
 
 
 その他のゲームレビューはこちらからどうぞ
 
 

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#26

DAY297 接触

偽機関員が忘却の城をウロついているということで、アクセルと一緒に捜索にあたることになりました。
願ったり叶ったりです。

#74(忘却の城)偽機関員を捜索せよ withアクセル

忘却の城に入るなり、ロクサスに異変が。
激しい頭痛とともに記憶が大混乱。
ロクサスがひっくり返ってしまったため、トワイライトタウンに退避。

目を覚ましたロクサスが忘却の城に戻ると駄々こねるのをアクセルがなだめていると、謎の黒コートが2人現れました。
1人はシオンっぽい。
もう1人はリク・・・しか居ないよな。
シオンらしき方は闇の回廊に逃げ込み、もう1人は地下道へ。

ハートレスを片付けながら「???」を追って行きます。
でも、結局逃げられてしまいました。

やむを得ず、ミッション終了。

やっと「ハイジャンプ+3」を入手。
たぶんこれで取れなかった宝箱を回収出来るでしょう。
 
 
DAY298 亀裂

アクセルはサイクスに無茶な命令されてみたいですね。
さすがに、ちょっと怒ってる?

#75(トワイライトタウン)偽機関員を討伐せよ withアクセル

ロクサスは「???」の討伐。
アクセルはシオンの身柄確保。シオンが言うこと聞かなければ消してもいいって。

空き地で大量のメガシャドウを片付けると、噂の黒コートが登場。
ひたすら追いかけて行くと・・・シオンでした。

ロクサスとシオンが、帰る帰らないでモメていると、アクセルが現れてシオンの身柄を確保。
ロクサスは任務放ったらかして帰っちゃうし。
手荒な手段を使ったアクセルを責めるロクサスに、アクセルは冷たいです。
アクセルにしてみれば、「消されなかっただけマシだろ?」ってなところでしょう。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#25

DAY278

#70(ビーストキャッスル)ディザーターを討伐せよ withアクセル

ターゲットは玄関ホールに。
まず、バリアマスターを倒してしまいました。
その後、ゆっくりとディザーター退治。

楽なミッションだなぁ・・・と、思いつつ帰還しようとダンスホールに向かうと

何か居ますね。

近づいて行ったら、インビジブルでした。
想定外の強敵の登場にビビるも、何とかなりそうな手応え。
これ倒さないと、たぶん帰還出来ないし。

姿を消して剣だけになって攻撃して来た後の衝撃波。
このダメージがハンパではない。
なので、剣だけになったらグライドで逃げ回る。
紫色の玉に当たると防御力下げられてしまうんで、当たらないように逃げる。
それさえ気をつけていれば、普通にぼこぼこ叩いているだけで倒せました。
 
 
DAY279

獲得経験値割り増しになる「ダブルアップ」を作っておいた。

#71(存在しなかった城)バトル耐久訓練で生き残れ

だいぶ序盤にやったのと、ほぼ同じ。
適当にダスクを叩きながら逃げる。
残り30秒くらいでサムライが出て来たため、そこからはグライドで逃げ回る。
飛んでるのにダスクの攻撃当たるし・・・
時々ケアル掛けて、どうにか凌ぎきりました。
 
 
DAY280

#72(ハロウィンタウン)ハートを回収せよ withルクソード

広場にデュアルブレードが居ただけで、後は細かいのだけ。
なんだか、消化ミッションみたい。
 
 
DAY296 告白

マスターに昇進。

ザルディンに「宝箱を240個開けているか?」と聞かれました。
既に開けていたので、ご褒美に「燃え上がる結晶」をもらう。

#73(オリンポスコロシアム)大会のハートレスを討伐せよ

基本的には、タルをかっ飛ばすことで対処。

3戦目は大砲に当たると下に落とされて、アイスキューブ(?)の餌食になるので、なるべく落ちないように、もしくは落とされたらすぐに高い所に逃げるよう心掛ける。

5戦目は、同じタイプのと何度も戦って既に戦い慣れているので、大丈夫。
ガードに成功すると腰を抜かすので、その隙に連打するなどして倒しました。

この後、決勝かと思ったのに、これで終わり。
なんとなく、各ワールドのエピソードコンプリート段階に入ってる?
フィルが「時々顔を見せろや」などというセリフを吐いて、お別れフラグ立ちましたが。
 
 
あちこち探し回ったけれど、結局シオンは見つからず。
探していないのは、ロクサスが行くことを許されていない忘却の城だけ。
あれこれと食い下がるロクサスに、シオンが忘却の城で生まれたことを教えてくれるアクセル。
ロクサスにしてみれば、だから何?だよねぇ。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

泣かされたゲーム

涙腺弱いため、ゲームしながら泣くのはしょっちゅうですが、特に強く印象に残っているゲームをピックアップしてみました。
ちなみに順不同。
 
 
「幻想水滸伝」

ビクトールにやられた。

最終決戦前夜。グレミオの斧を坊っちゃんに届けに来たビクトール。
彼の言葉とともに、ここまで歩んで来た長い道のりが思い出されて来て・・・
 
 
「ワイルドアームズ 2ndイグニッション」

アークインパルスにやられたッ!

ラスボス戦の、あれです。
挟み込まれる映像とともに、ここまで歩んで来た長い道のりが思い出されて来て・・・
あの演出をFFXIII並みのクオリティでやられたら、ラスボスどころじゃなくなる。
 
 
「ブレス・オブ・ファイアV ドラゴンクォーター」

青い空が目にしみて泣いた。

暗い地の底から必死で這い上がって来て、眩しい光が見えた時・・・
ここに至るまでの苦難と、それを乗り越えてここに辿り着いた喜びが、青い空の開放感と相まって感動は頂点に。
リュウのモノローグが、また、良いんだ。
 
 
「クライシスコア FFVII」

こうなるの分かってても泣いた。

他のシーンでもけっこう泣いているんですが、ラストは大号泣スペシャル。
これほどプレイしていて辛いバトルは、後にも先に無いでしょう。
そして、バスターソードをクラウドに託す・・・
ここまで一生懸命ザックスを動かして来て、これですからね。
これで泣かない人が居るのだろうか???
 
 
「ファイナルファンタジー X」

至るところで泣いた。

究極召喚を唱えた召喚士がどうなるかを知ったティーダと一緒に号泣。
ザナルカンドで号泣。
ラスボス戦中は、ほとんど泣きっ放し。
去って行くアーロンにも涙。
散々泣いたあげく、X−2でぶち壊された感じ。
 
 
「キングダムハーツ」シリーズ全部

切なくて泣いた。

1タイトルにつき最低2回は泣かされています。
特にハンパ無く泣いたのは、KH2FMに追加されたロクサスとアクセルの別れのシーン。
KHって、ディズニーワールドで展開されるエピソードは愉快だけれど、本筋は切ないのですよねぇ。
バースバイスリープはあんまり泣かないなぁ、と思っていたら、最後の最後に・・・来た。
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#5

CHAPTER 4「小さな世界」

今日のお仕事はジャンポーレ氏の依頼。
ガリジャーノンに像の制作を依頼した人物。

アジト前に、またペーターが居る。
この前はリーンベルで話しかけたので、今回はゼファーで声掛けてみる。
やっぱり逃げて行った。
 
 
サブミッションは3つ。
 
 
「反体制組織の討伐 2」
依頼人:誰だったっけ?
6階層ルキア周辺に居るらしい。

間違って危険区域に入ってしまい、大変なことに。
後回し。

討伐ミッションの方は、5人相手には少し手間取ったけれど、どうにかクリア。
やっぱり、レゾナンスアタックの使いどころを見極めるのが難しい。
 
 
「壊れたミシン」
依頼人:ミランダ(ブティック内に居る)
ミシンが壊れてしまったので、修理用のパーツが欲しいとのこと。
ブツを持っているのは、ヒュース発電所近くに出没するバトルビークル。

ワールドマップに出るとヒュース発電所の手前に赤い「!」のマスが3つ。
2つはスカだった。
ターゲットはけっこう強かったけれど、まぁ、何とかなった。
多重チャージでスタンさせたりしながら部位をある程度減らしてから、I.A.→レゾナンス・アタックという方法でやっつけた。
「暴走モーター」を依頼人に渡して、ミッション終了。
 
 
「天然物のお肉」
依頼人:レックス(第2階層バーバレラ邸前に居る)
バーバレラ様にお召し上がり頂く新鮮なお肉が欲しいそうだ。

3階層に行き、2階層行きのリフトに乗ってバーバレラ邸へ。
レックスに「上質な獣肉」を渡す。
1個でいいの?
いつの間にか持っていたんだけど、たぶんノラデカイコが落とすんだと思う。
 
 
4階層の5階層行きリフトの辺りを埋めていたら、I.S.ベセルのかけらが出て来て、I.S.ゲージが4つになった。
少しは楽になるかな。

それから、この辺りウロウロしている間のバトルで、ドラム缶を爆発させて巻き添え食って死亡したら「不幸な事故」のトロフィーが手に入った。
吹っ飛ばしてゴメンよ、ヴァシュロン。(吹っ飛ばしたのはゼファー)
 
 
やることやったので、メインのお仕事に行こうかな。
(誰が置いたのか知らないけど)邪魔くさいバリケード片付けながら、彫刻の森内のガリジャーノンのアトリエへ。

あー、また変な人が出て来た。
黙っていれば美青年で通るのに。
ガリジャーノンに依頼した「慈愛の女神」が、コレ???
これを「芸術」と呼ぶのならば、私は理解出来なくて一向に構いません。

で、像の中身?
べつに、どーだっていいけど?
ヴァシュロンは気になるらしい。
リーンベルに蹴っ飛ばされて、見れずじまいでしたが。

さて、今回のお仕事は、この女神像を運ぶこと。

さっきまで女神像のスカートの中を気にしていたヴァシュロンが、妙に真面目。
「信じることで幸せになれれば(神がどんな姿をしていても)何の問題も無い。信仰が規律を生み世界を安定させるのなら、存在するメリットはある」と。
なかなか奥の深い人ですね。
リーンベルは納得いかないようだし、ゼファーは興味無さげですが。

そして、この後ゲームオーバーの嵐が吹き荒れる。

何故か寄ってたかって女神像を攻撃する敵ども。
本人たちはピンピンしているんだけど、神像ちゃんが壊れちゃってね。
勝手にガラゴロと進んで行く神像ちゃんが、けっこう邪魔だったりするし。
3つ目のエリアまではなんとか進んでも、4つ目以降のバズーカ持ちのおかげで神像ちゃんがズタボロ状態。
これでは、到底持ちこたえられない。
どうにかボス戦にこぎ着けても、ここでも像を守りながらの戦いのため、呆気無くゲームオーバー。

このマネキンタイプの敵が火に弱いのはモンスター事典を見て知ってるから、火炎瓶を投げてみたり、ドラム缶を利用したり、色々やってみたけどやっぱ駄目なんで、ちょいとレベル上げて来るですよ。
 
 
途中のマスまで何度か出入りを繰り返したり、闘技場のランク6を制覇したりしてレベル上げ。
ヴァシュロンとゼファーがLv.20、リーンベルがLv.19になりました。

有り金はたいて「SG-226」も購入。
「B-84」のパーツをひっぺがして付け替えておいた。
どうでもいいけど、すごい音がするね、この銃。

彫刻の森付近の危険区域に恐る恐る入ってみた。
手前のマスはLv.44のフラグデカイコ。
やっべ〜〜〜!と、思ったけど何故か勝ててしまった。
I.S.ベゼルの欠片を入手。

彫刻の森に向かって左手のマスは、カラーギャングと犬。
何故か、こっちの方が苦戦した。
負けはしなかったけど。
 
 
さて、そろそろ行ってみるか。
火炎瓶が足りるかどうかが、ちょっと心配。
あんまり持ってないんだよな。
ちなみに、ヴァシュロンがマシンガン装備。
ゼファーはハンドガンと火炎瓶。

基本的にリーンベルは像の行く手を塞ぐ形で動かない。
近寄って来た敵をハンドガンで撃っとくだけ。
ヴァシュロンとゼファーでI.A.を使ってジャンプ攻撃して、確実に1体ずつ仕留めて行く。
3つ目のマスまでは、それで大丈夫。

4つ目の黄色いマスは、ヴァシュロンが一番手前の敵にスクラッチダメージを与えておいて、ゼファーがドラム缶をハンドガンで破壊したら一撃で殲滅出来ちゃいました。
ラッキー。

5つ目(濃い青)のマスがハードです。
どうしてもここで神像がダメージ受けてしまいます。
火炎瓶を投げたけれど、あんまり炎上してくれないので、ヴァシュロンとゼファーはI.A.で部位破壊。
リーンベルも遠くから微力ながら部位破壊のお手伝い。
敵の部位をあらかた破壊した後、火炎瓶ぶん投げつつ一気に片付けました。

神像ちゃん、HP半分になっちゃったけど、大丈夫かしら?

赤いマスはゼファーがドラム缶狙い撃ちして一撃必殺。
 
 
BOSS カリギュラリターンズ

まず、ボスの前の部位を破壊してしまいました。
1個めは3人ともあまり動かずに。
2個めはヴァシュロンとゼファーがI.A.を使って敵の背後に回り込みつつ破壊。
次のターンで、後方の部位を破壊しつつボスの両サイドに散開。

ボスの部位を全て破壊したら、ヴァシュロンがスクラッチ、ゼファーは火炎瓶投げ。既に炎上していたらハンドガンで攻撃。
ボスの両サイドに居ると、あまりダメージ受けないので助かります。

リーンベルはボスの正面から動きません。
多重チャージして、あわよくばゲージクラックを。
後は、正面で踏ん張ってるリーンベルが一番ダメージ受けるので、回復は怠らないように気をつける。
雑魚は無視。

そんな感じで戦ったら、無事に撃破出来ました。
火炎瓶もあまり使わずに済んだし。
いろいろギリギリだったけど。
3人をバラバラに配置するのがポイントかと。
 
 
「ものすごく大きいけれど、本当はちっぽけなものなぁんだ」と謎掛けして、ヴァシュロンは1人で神像の設置に。
ちらりと、ゼファーの過去。
とんでもないことやらかしたみたいね、この子。

謎掛けの答えは「それぞれの世界」
自分の世界感だけで全てを判断しようとするから過ちを犯すんだ、と。
兄さん、オトナだね。
普段ふざけている(バトル中も、馬鹿なことばっか言ってるもん)が、考えるべきことはきちんと考えておるのだな。

リーンベルの過去もなんとなく見えたところで、「栄誉ある労働」終了。

エスケープヘキサの使い方分かんなくて、けっきょく歩いて帰ったさ。
(アイテムとして装備して使えば良いのだと、後で分かった)
守るべきものが無いと、こんなにも楽になるとは。
 
 
アジトに戻ると、PMFポイントの景品が届いていました。
「MGマガジン+6」と「キュアキット」3個。
 
 
ロエンとサリヴァンの会話は、ほとんど意味分かりません。
 
 
「CHAPTER4をクリア」のトロフィーをゲット。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#24

DAY257 空虚

#67(ワンダーランド)エメラルドセレナーデを討伐せよ withシグバール

ネバーランドの時と同じように、同じルートをぐるぐると回っています。
ルートを覚え、何カ所かポイントを絞って待ち伏せして叩きます。
邪魔なのは、先に片付けてしまいました。
上手いことファイア系が当たると炎上してくれるから楽。
 
 
DAY258

#68(アグラバー)ハートを回収せよ

ブリザラをいっぱい装備して出発。
ソリッドアーマーは頭を叩いてコケたらブリザラ。
くまなく走り回ったはずだけど、ミッションゲージがMAXになりません。
宝箱も、洞窟の高い所にあったのが、1個取れないまま。
ハイジャンプを強化しないとダメなんじゃないかと思ったので、退散。
ミッションゲージがMAXにならなかったの、久々だな・・・
 
 
DAY276 混乱

ディスティニーアイランドでシオンらしき人影を発見。
でも、なんだか様子がおかしいです。
ソラとリクの記憶までゴチャゴチャになっているの???

その後、リクとナミネの会話。
よく分からなかった点を、ナミネが全部説明してくれました。

ソラの記憶が、ソラのノーバディであるロクサスに流れ出し、そこからさらにシオンに吸収されているみたいです。
ロクサスもシオンも自我を持ってしまっているから、彼らの記憶とソラの記憶が結びつくととても厄介で、それを元に戻すには2人を消す意外に方法は無い、と。

そこまでは分かったけど、シオンがどういう経緯で生まれて来たのかは謎のまま。

いつもの場所で、久しぶりに会ったロクサスとアクセル。
ロクサスを元気づけようとでも思ったのか、シオンを探してみようとアクセルが言い出しました。
そんなことして、大丈夫?
 
 
DAY277 捜索

デミックスがミッションNo.62のハートレスを全部見つけて来てって。
隠れてるハートレスなんて居たっけ?
ミッションゲージはMAXになってるし???

行ってみると、「しらべる」でハートレスが出て来る箇所が4つもありました。
広場に2カ所、月の見える丘に2カ所。
怪しげな場所でぴょんぴょん飛び跳ねながら探し回ったわよ。

かえってデミックスに報告すると、ミッションNo.71が追加。
ウン、抜けてたからね。たぶんそうだと思った。

飛んでるのとか、高い位置にターゲットがある敵が多いから、「ファントムギア++5」を作っておきました。
 
 
#69(ワンダーランド)謎の大型ハートレスを討伐せよ

ハートレスは影のある所に居ると、チシャ猫からアドバイス。
小さくなると、また出て来て、もうすぐ来るって・・・

またオマエかーーーっ!

ん?色違い?
というか、2体居るし。

これ、2体同時に倒さないとダメ?
1体に集中攻撃して倒したら、すぐにHPゲージMAXで復活したんですけどっ!

HPゲージが均等になるように慎重に削って行って、己の攻撃力から判断して一方が復活しないうちにトドメを刺せる段階に至ったところで、一気にトドメ。

部屋の隅っこに追いつめられると、2体の足に行く手を遮られて身動き取れなくなるので、なるべく部屋の中央付近で頑張りました。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#4

CHAPTER 3「花」

今回のお仕事は「美を解する者限定」
シャンデリア在住の変人アーティスト・ガリジャーノンからの依頼。
これを受けられるかどうかは、まずカーディナルNo.2である依頼主に気に入られることが前提のようだ。

リーンベルにお化粧を施すヴァシュロン。
何故ヴァシュロンがやってるの?
と、不思議に思ったのだけど・・・
どうやら、依頼主の趣味に合わせるための大仕事だったようだ。
 
 
アジト前にペーターが居たので不審に思って話しかけたら逃げられた。
何だったんだろう?

ショップ前に居るダニエルが、また人形が欲しいと言っていた。
ミッションではないが、探して来てあげると何かくれるそうなので、心に留めておくことにする。
 
 
メインのお仕事に行く前に、恒例の掲示板チェックしておく。


「反体制組織の討伐」
依頼人:誰だったっけ?
ターゲットは第6リフト周辺に居るらしい。
 
 
「消えた親父」
依頼人:顔見知りのスタッフ(いつものアイツだ)
今度は親父が行方不明だって。
 
 
「立つための努力を」
依頼人:バーネル(ギルド内に居る)
お嬢様のリハビリ用の器具を作ってくれる技師を募集中とのことで名刺を預かる。
 
 
まず、一番楽そうな技師探し。
いつもガラクタをあさっているイジーに話しかけたらビンゴ。
名刺を渡しておく。
「優秀な技師」などと適当なことを言って彼を依頼主に紹介したのは、ヴァシュロンに違いない。

消えた親父アルコット氏は、カフェ・チェルシーで発見。
べつに徘徊していた訳ではなく、亡き妻との思い出に浸りに来ていただけのようだ。
そういえば、万年筆を取られたのもこの辺りだったね。

討伐ミッションは、バカみたいに楽勝だった。

ペーターが気になったので、ちょいとペーター邸に足を運んでみた。
本人には会えなかったけれど、彼が恋の病にかかっているということは分かった。
そのターゲットというのは、まさか・・・
 
 
やることやったので、メインのお仕事へ。

ガリジャーノン邸に1人で送り込まれるリーンベル。
(ゼファー、笑いっぱなし)
っていうか、今までリーンベルはその奇抜なメイクのままでウロウロしていたのだな。

待っていたのは若本声の怪しいオッサン。
うぷぷぷ・・・ ( ´艸`)
この声を聞くと条件反射的に笑ってしまう。
おかげで、KH(日本語音声)のゼムナスが喋りだすと笑ってしまって困る。

リーンベルちゃん(のメイク)はガリジャーノンのお眼鏡にかなったようで。
「クリエイティブディレクターを呼べ!」ということで、ヴァシュロンとゼファーも対面叶った。
依頼主のペースに全く付いて行く気の無いゼファーとリーンベルに比べ、上手いこと調子を合わせるヴァシュロンはオトナだな。
しかし、美の妖精。お触り無しって・・・オマエ、何考えているんだ。

なにはともあれ、「美の原石を探せ」という依頼を授かったので仕事するですよ。
第5階層の彫刻の森に行って女性型の素体を入手し、ガリジャーノンのアトリエにお届けするという依頼内容。

門番からエナジーヘキサをもらって、彫刻の森に向け出発。

第4階層に戻り、リフトに乗って第5階層へ。
ひとまず最短距離で「彫刻の森」まで道を造った。

プラスター・フォレストに寄り道。
アイテムが色々手に入っただけ。

美の妖精って、この腐った人形のこと???
 
 
ブロンズ・フォレスト。
美の妖精さんたちをぶっ壊しながら進む。
ドラム缶を爆発させると、アイテムコンテナまで吹っ飛んでしまうのね。
中のお宝は・・・?
気をつけて戦っても、どうしても巻き添えになってしまうので、諦めた。

わりとスイスイッと進んでボスの所に辿り着いたんだけど、ボスにはコロッと負けてしまった。
リトライはせず、ロード。

ちょっと、闘技場でバトルの練習して来る。
Lv.5まで制覇した。
追撃とか撃ち落としとか、色々試してみた。
レゾナンスアタックも、上手く繋げられるようになった。
 
 
装備を3人で使い回してリーンベルがLv.14、野郎どもがLv.15になったので、再びブロンズ・フォレストへ。

3つ目のマップのアイテムコンテナは、巻き添えで吹っ飛ばないうちに、決死の覚悟で歩いて取りに行った。
中味は「ファーストエイドS」3個だった。

赤いラインを越えるとBOSSカリギュラ。

取り巻きたちは倒してもキリが無いようなので、あまり相手にしないことにした。
I.S.ゲージを回復するのに利用させてもらうくらい。

ヴァシュロンがインビジブル・アクションを使ってジャンプしながらスクラッチダメージを与えて行く。
(ジャンプしながらでないと、各部位にまんべんなくダメージを与えられないから)
リーンベル、ゼファーの順でダイレクトダメージ。
リーンベルはジャンプして部位破壊でI.S.ゲージを回復。
ゼファーはなるべく多重チャージして、ゲージクラックを狙うようにした。
それからレゾナンス・アタック。
1回のレゾナンスでは倒し切れなかったため、雑魚を壊してI.S.ゲージを回復し、もう1回。

インビジブル・アクションのラインの引き方と、レゾナンス・アタックの使いどころを間違えなければ大丈夫だ。
っていうか、それを見極めるのが難しいんだけど。
その時の状況によって判断は違うし、こればっかりは慣れるしかなさそう。

少しは出来る子になったカンジ?

ということで、無事にボスを撃破して奥のエリアへ。
壊れたマネキンにしか見えない「女性型の素体」を入手。
アトリエにお届け。

ガリジャーノンのペースに付いて行けるのはヴァシュロンのみ。
それも、かなりキツそうだけど。

Bタイプの着替えが追加だって。
ヴァシュロンはAタイプの方が好みなので、リーンベルとゼファーだけお着替え。
 
 
その後、ロエン&サリヴァンのムービー。
この世界は6千年の耐久性を誇るゼンマイ仕掛けの機械に支配されていて、2人はそれをどうにか変えようとしているようだけれど、求めているものは全く違うらしい。
絶望から自棄になってるっぽいロエンはともかく、サリヴァンがかなり危険な雰囲気。(子安だし)

「CHAPTER3クリア」のトロフィーをゲット。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#23

DAY255 長い日

オッサンだけで作戦会議中。
(他2人はともかく、サイクスにオッサンは失礼だろう)
この人たちだけで、何か企んでるの?

シオンは勝手に忘却の城へ。
そこでアクセルと鉢合わせ。
シオンは人間だった頃の記憶が戻りつつあるそうだ。
ここでアクセルと会ったと言いはっているけど、アクセルは頑なに否定。
つまり・・・アクセルはシオンが何者なのか知ってるってことだよね。
というより、知らないのはロクサスだけ?
デミックスあたりも知らなそうだけどね。
 
 
#65(ワンダーランド)ネクストシャドウを討伐せよ withルクソード

女王に会うと、入口を塞いでいたトランプ兵が退いて、迷路状の庭に入れるようになりました。
トランプ兵の視界に入らないように気をつけながら進んで行って、スイッチを押します。
3つ目を押すと、トランプ兵は去って行きました。
宝箱を回収しつつ4つ目をオン!
ハートレスは、全部無視。

最初の部屋に戻ると、ネクストシャドウが出現。
ファイラ当てたら、楽々でございました。
 
 
オープニングの「夕日が赤いのは・・・」って話の続き。
シオンを待ってるロクサス。
アクセルの怖い顔。
シオンは重要な任務だってアクセルは言ってたけど・・・嘘だよね。

そして、シオンは何かを知ってしまったようです。
 
 
DAY256 報告

作戦会議。今日はみんな居ますね。
シオンが居なくなったそうです。
勝手に探すなと言われ、ロクサスは不服そうです。

先のミッションで「Lv.3プラス4」をもらったので、Lv.40になりました。

ルクソードが「コンボアーツ++」と「ダイアモンド」を合成してみろとおっしゃるので、言われた通りに「オートドッジ」を作ってみせた。
ご褒美に「シルバー」をもらう。もちろん「オートドッジ」も自分のもの。
 
 
#66(ハロウィンタウン)街の異変を調査、解決せよ

ハートレスが減少しているって?
減ってるならいいじゃん・・・と思いつつ、調査開始。

広場へ行くと、この前の変な触手みたいのが出て来ました。

あ、ハートレスが食われた。

ハートレスが減っているのはコイツのせい?
いっぱい出て来たので、やっつける。

月の見える丘まで行くと、悪ガキトリオが梯子を下りて来ました。
壁の向こうに何かいるらしい。
梯子に近づこうとすると、また触手みたいなのが出て来たので、せっせと片付ける。

梯子を上って宝箱を回収しつつ進んで行くと、とんでもないのが居ました。

1回負けて、どうも装備が良くないみたいなのでコンティニューして出直し。

4つの触手を全て消すと本体が気絶するので、その隙に叩く。
そうしないで本体に近づくと、かなりキツいダメージを受けてしまうから。
紫色の玉は、当たると毒状態になるため、ドッジロールで逃げた。
魔法は(当てにくいし)あんまり効いていなかったようなので、ケアル系のみ装備。
キーブレードは空中コンボ強化系がいいと思う。
 
 
ジャックは、ロクサスの戦いぶりを観戦していて、何かひらめいたらしいです。
(いいから、手伝え)
なんか変なもの作ってるし。
自分がモデルと思われ、ヘコむロクサスに向かってトリオはまたカボチャ投げるし。
いいかげんにせいよ。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

「エンドオブエタニティ」プレイ日記の目次

「エンドオブエタニティ」の攻略日記的な記事の目次です。
ネタバレとかしていますので、ご注意くださいませね。

#1 プロローグ 「天頂の星」

#2 CHAPTER1 「命の重さ」

#3 CHAPTER2 「停電」

#4 CHAPTER3 「花」

#5 CHAPTER4 「小さな世界」

#6 CHAPTER5 「変わりゆくもの」(前編)
#7 CHAPTER5 「変わりゆくもの」(後編)

#8 CHAPTER6 「病」

#9 CHAPTER7 「星の鉱脈」 その1
#10 CHAPTER7 「星の鉱脈」 その2
#11 CHAPTER7 「星の鉱脈」 その3

#12 CHAPTER8 「初デート」 その1
#13 CHAPTER8 「初デート」 その2

#14 CHAPTER9 「聖刻」 その1
#15 CHAPTER9 「聖刻」 その2

#16 CHAPTER10 「神学校」

#17 CHAPTER11 「感情を置く場所」

#18 CHAPTER12 「結婚式」

#19 CHAPTER13 「クリスマス」

#20 CHAPTER14 「古い約束」 その1
#21 CHAPTER14 「古い約束」 その2

#22 CHAPTER15 「推し量ることのできない力」

#23 CHAPTER16 「大聖堂」 その1
#24 CHAPTER16 「大聖堂」 その2

#25 2周め その1
 
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#3

CHAPTER 2「停電」

リーンベルがお風呂に入っている隙に、男子2人でテレビ見てると停電。
リーンベルの悲鳴にいち早く救出に赴いたゼファーは、最強のモンスターに平手打ちくらった模様。
けっきょく、なんだかんだでヴァシュロンもくらったようだ。
(余計なこと言うからよっ ( ゚皿゚)キーッ!!)

停電で街は真っ暗。
発電所に様子見に行ってみることに。

ギルド前で爺ちゃんがターミナルの説明をしてくれたが、サッパリ分からん。
やってみれば分かるだろう、たぶん。

ゼファーのマシンガンとヴァシュロンのハンドガンを交換した。
その方が早くレベル上がるし、熟練度も上げておきたいから。
熟練度が上がればスキルを覚えるみたいだしね。
 
 
発電所に行く前にギルドの掲示板でミッションのチェック。

「襲われた親父」
依頼人:顔見知りのスタッフ(いつもの色男?)
親父がカフェ・チェルシー付近でファーザー・グレムリーとやらに万年筆を奪われたらしいので、取り返しに行く。
 
 
「倒して集めて」
依頼人:イジー(ギルド付近でガラクタあさりしている男)
「ジャンクマシンガンMS」を3個集めて欲しいとのこと。
ブツを持っているマシンガンギアは、ヒュース発電所に出るそうだ。
 
 
「闇夜の落とし物」
依頼人:チャールズ(ブティックの側に居る男)
手帳を落としたので探してくれろとのこと。
第1中央エレベーターかカフェ・チェルシーのどちらかで落とした可能性が高い。
 
 
まず、万年筆の奪還に向かう。
しかし、ファーザー・グレムリーに大苦戦。
何度もリロードを繰り返した。
レゾナンス・アタックを使うタイミングが、どうも分からなくてね。
タイミング間違えると、すぐにデンジャー状態になってしまう。
逆にレゾナンス・アタックがバッチリ決まれば、バカみたいに楽勝だった。
 
 
手帳はカフェ・チェルシーで発見。
 
 
いったん戻って、ブツを依頼人に届けてから発電所へ。

ヒュース発電所の手前にバリケードが3つ。
全部壊さなくても先に進めるけれど、エナジーヘキサが手に入るので片付けておいた。

ヒュース近くのターミナルに爺ちゃんからもらった青いヘキサをはめ、ヒュースと繋いでみた。
リトルラック(アイテム取得率1.5倍)の効果が発生した。
なるほど、こうやって使うのか。

ウロウロしている間にヴァシュロンがLv.8になったので、マシンガンをリーンベルに譲った。
そのままでは重くて持てないみたいなので、カスタムパーツをいくつか外して調整。
 
 
ヒュース発電所内は、何故かスイスイと進める。
前のチャプターで、あんなに苦労したのに。
ドラム缶を利用して吹っ飛ばしてるのが効果的なのか???

それから、初めて追撃に成功した。
意図してやったわけではなく、適当に撃ちまくっていたら、たまたま成功しただけのハナシ。
「追撃」のトロフィーをゲット。

「ジャンクマシンガンMS」をだいぶ拾ったようなので、いったん発電所を出ることにした。
逆走するにも敵と戦わなければならないが、平気。
いい経験値稼ぎ&アイテム稼ぎになるわ〜〜〜ってなもんだ。

依頼人にブツを届けてセーブしたら、また発電所へ。
リーンベルがレベルアップしたので、マシンガンはゼファーに戻した。
 
 
調子に乗ってブイブイ進んで、BOSSライディングタートル。

電撃をくらうと動きが鈍るので、みんなまとめて麻痺しないよう3人を離して配置することにした。
それと、ゼファーにはメタル弾を装備。

とにかく部位を破壊しないとダメみたい。
ハンドガン装備の2人はとにかく多重チャージしてガードクラッシュを狙った。
装甲をはがすと、しばらくスタンしていてくれるから。
でも、たいてい誰か1人が麻痺状態で、おっかなくてレゾナンス・アタックを使えない。

ゼファーがスクラッチダメージを与えた所を壊せそうなら壊し、駄目そうならとにかく当たる所に当てとけ・・・って感じでなんとなく勝ってしまった。
単に、運が良かっただけなのかもしれない。
(正直、まだ戦い方がよく分かってない)
 
 
リーンベルはシャンデリアに居たらしい。
それがなんでこんな所で、こんな野郎どもと、こんな危ないことをしているのかは、そのうち明らかになるのだろう。
ヴァシュロンがテキトーに装置をいじって電力は回復した模様。
んじゃ、帰りますか。
 
 
アジトに戻ると、ポストがチカチカ。
PMFポイントのプレゼントが届いていた。
「HGーハイバレル」と「ファーストエイド×5」ゲット。
 
 
アジトに入ると、ロエンとサリヴァン(取説見て、やっと名前が分かった)のムービー。
ロエンは前教皇の死を嘆いていて、サリヴァンはそれを利用して、機械に支配されるこの世界をどうにかしようとしているようだ。

そういえば、オープニングムービーって2種類あるのね。
ヴァシュロンのと、ロエン&サリヴァンのと。
ロエン&サリヴァンの方は、「これ、オープニングムービーでいいの?」っていうくらい、重要なこと喋ってる。しかも、かなり長々と・・・
 
 
「CHAPTER2クリア」のトロフィーをゲット。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

やっぱり堪え性がありません

長いことこのブログに足をお運びくださっている方々には、タイトルを見ただけで、「あぁ、コイツ、また何か買っちまったな?」とお察し頂けるかと思いますが・・・

買っちまいました。

「積みゲーは増やさない」宣言したばかりだというのに。

ダ〜メダメダメ駄目人間(だぁ〜めっ!)

買ってしまったのは

「ニーア レプリカント」!!!

GW中、軒並み品切れ状態で、まぁ、そのうち落ち着くだろうと思っていたニーアが、散歩の途中でフラフラ〜ッと立ち寄ったお店に1本だけ・・・

お値段もAmazonと変わらないし・・・

ということで、レジへ。
 
 
エンドオブエタニティ終わったらやります。
ラストランカーまでに終わってるといいね。
終わってないと思うけど、たぶん。

エンドオブエタニティ 攻略メモ#2

CHAPTER 1「命の重さ」

今度のお仕事はガーデンパーティ???

章が変わったら、まずギルドに行くのが鉄則よね。
 
 
「発電所への道」
依頼人:顔見知りのスタッフ(ギルド前に居るナイスガイ?)

エナジー・ヘキサを使って発電所までの道を造ればいいようだ。
でも赤いヘキサは持ってないから、まだ出来ません。


「老人の思いやり」
依頼人:ダニエル(昼間ショップ前に立っている爺ちゃん)

店に飾る人形が欲しいって。
リーンベルの部屋で見つけた「ピエロちゃん」を譲ってあげて、お仕事完了。
 
 
では、テレサに会いに行きますか。
第1中央エレベーターに乗って第3階層のテレサ邸へ。
テレサとヴァシュロンは古くからの知り合いみたいですね。

で、ゼファーはあんまり元気じゃない状態でヴァシュロンに保護され、元気になったゼファーが何処かでリーンベルを拾って来て、なんとなく3人で組んでお仕事するようになった・・・って、そういう関係のようです。
ヴァシュロン自身も、なにかワケありっぽいです。

そんな3人がただパーティに呼ばれたワケではなくて、やっぱりお仕事を仰せつかりました。
第6層のルキアに行って、お花を供えて来ること。

執事さんに貴重なヘキサをもらって、第4階層に戻ります。
第6層へのリフトと、ついでに発電所までの道を作って、いったんエベルシティに戻ってミッションの報告とセーブして来ました。
まだバトルに慣れていなくて、いつ死ぬか分かんないからさ。
倹約家だから、お金払ってリトライするのは避けたいし。
 
 
第6層へ。
まずはルキアまでの道を作らないと。
エナジー・ヘキサを埋めて行くと宝箱が出ることがあるので、なるべく道を繋いでおきたいところだけれど、ヘキサの数がまだ心許ないので、とりあえず最短距離で。
途中のフォーセイクンにも入れるようにしておきました。
特に何も無かったけど。

ルキアの路地裏をウロチョロしていたらエンカウントして、そのバトルで「レゾナンス・アタック」のトロフィーをゲット。
ここまで散々戦って、やっと成功したようです。
  
 
ダウンタウンに突入。
いきなり敵、居るし。
タウンそのものがダンジョン化しているんだな。
マスを1個進むごとにバトルですよ。

ぐわぁぁぁ、ちっとも先に進めないぞ \(;゚∇゚)/

たぶん、何か根本的に戦い方を間違っているんだと思うんですが、す〜ぐにデンジャー状態になってしまって死にます。

せめて武器のカスタマイズはしておこうと思い、エベル・シティに戻って適当にパーツを揃えて、適当にくっつけてみました。

やたらとインビンシブル・アクション使えばいいってもんじゃないんだわね。
だから、ISゲージがすぐに無くなっちゃうんだわ。
よく使いどころを考えて戦うようにしたら、どうにか進めるようになりました。

5つ目のエリアでボス。
ただ花を供えるだけのお仕事でボスかい・・・

ドラム缶積んだヤツを吹っ飛ばしてダメージ与えられないかしら?

と、思ったんだけどドラム缶が自分たちの側に居ることが多くて、なかなか上手く行かないです。
でも、1回は成功したんじゃないかと思う。

ボスの部位にチビチビとスクラッチダメージ与えておいて、レゾナンス・アタックかましたら倒せました。

ふぅ・・・手前のエリアの雑魚には散々手こずったのに、何故かボスは1回で倒せた不思議。
 
 
その奥のエリアで花をお供え。
昔、ここで大きな戦いがあって、ヴァシュロンはその生き残りということかな?
なにはともあれ、お仕事終了。
あぁ、帰るまでがお仕事だったっけ。

歩いて帰るの?
っていうか、敵、居るのかよっっっ!!!

戦うの面倒くさくて、とっとと逃げて来てしまいました。
 
 
ミッションが全て完了していることを確認して、アジトに戻って次のチャプターへ。
「CHAPTER 1をクリア」という身もフタもない名称のトロフィーをゲット。
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

キングダムハーツ 358/2 Days 攻略メモ#22

10ヶ月も放置しておいて、何事も無かったかのように続きを書きます。
スタンダードで最初からやり直したため、日記はここからスタンダード(これ以前の日記はプラウド)になっていますが気にしないで頂けるとありがたいです。
 
 
DAY225 静けさ

サイクスに話しかけると「リミットカット」パネルをくれました。
リミットブレイクが強化されるそうです。
階級も「エキスパート」に昇進。
 
 
デミックスがミッションNo.51の宝箱を全部開けて来て欲しいとおっしゃる。
えーと・・・1個、開けてないわね。
さっそく取りに行くことに。

取り残しは、お茶会の会場の高い所に乗っていた。
ベランダに飛び乗り、さらにベランダの柵の上に乗って、そこからグライド。
ということで、ハイジャンプとグライドは必須かと。
デミックスに報告すると、ミッション#64が追加。
 
 
アクセルはトライアルミッションNo.58をやって来いと言う。
出て来るハートレス全部倒す!くらいの意気込みで頑張ったら、やっと1個取れました。
アクセルに報告すると、ミッション#63が追加。
 
 
#62(ハロウィンタウン)キャリーゴーストを討伐せよ

入るなりカボチャ爆弾攻撃を受けました。
イタズラにしても程がありますよ。
ジャックは青いカボチャをバラまいているし・・・
相変わらず、このワールドの住人はシュールだなぁ。

集合墓地でリアゴーストの大群を片付け、月の見える丘へ。

月の見える丘ではカボチャ爆弾を使ってランタンに灯をともし、墓地2へ移動。

墓地2で怪しい風船を調べると、キャリーゴーストが登場。

ターゲット位置、高過ぎ。
空中戦に強いエレガントギアなどを装備しておいた方が良いですよ。
HPも多過ぎですが、大した攻撃はして来ないようなので、ひたすら叩いて倒しました。
捕まりさえしなければ、大丈夫だと思う。

任務を達成し帰ろうとすると、何やら触手のようなものが出て来ました。
とりあえず、片付ける。
なんだったんだろう???
 
 
シオンは、勝手に情報端末をいじって調べものをしている様子。
何か見つけたらしい。
 
 
DAY226
#63(ワンダーランド)シャドウブロックを破壊せよ withシオン

あちこちにへばりついている紫色の何かを片っ端から掃除する。
お茶会の会場にカメレオンみたいなのが出たくらいで、他は特にどうということは無く。
消化ミッションみたいな感じ。
 
 
DAY227
#64(ネバーランド)エメラルドセレナーデを討伐せよ withアクセル

ターゲットは決まったルートを黙〜って飛んでいるだけなので、ポイントを3カ所ほど選んで、そこで待ち伏せ。
高低差が分かりづらくて空振りしまくったせいで時間は掛かったけど、こちらはほとんど無傷で帰還。

ドッジラッシュを作って装備しておく。
少しは役に立つかな?
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ 358/2Days」プレイ日記の目次
 
 

キングダムハーツ バース バイ スリープ 攻略メモ#36

「ラストエピソード」

タイトル画面に戻って、ラストエピソードのデータをロードすると、アクア編のエンディング後に繋きが・・・
 
 
不思議な塔。
アクアはヴェンを背負って、何処か安全な場所へ連れて行こうとしている。
眠ったままのヴェンのキーブレードに導かれたアクアが辿り着いたのは、崩壊した旅立ちの地だった。

旅立ちの地は、光と闇が交わり均衡を保っている場所なんだそうな。
この地を悪用されないよう、歴代のマスターが残した仕掛け。
エラクゥスに教えられた通りに、アクアはこの地を封印する。

こうして出来上がったのが、忘却の城。

そうかー。
忘却の城の何処かで、ヴェンは眠っているんだね。
ゼムナスは、その部屋を探してたのか。
でも、その封印を解けるのはアクアだけ・・・
けっきょく、ここはXIII機関に利用されてしまうことになるけど、その部屋だけは見つかっていないのだよね。
 
 
「ブライトクレスト」もらってワールドマップに出ると、レイディアントガーデンが黒いモヤモヤに・・・

レイディアントガーデンに行く前に、コマンドチャージして欲しかったアビリティを発生させ、ミラージュアリーナで経験値稼ぎして来た。

レイジングストーム(ダメージアスピル付き) ← クラッカーファイガ+ファイガバースト
グレイシャルアーツ(マジックヘイスト付き) ← ブリザガ+フリーズ

「集いたる暴君」までクリアして「エアライダ」と、ついでにメダル交換で「フレイムバースト」を取った。

アクアの装備は、キーブレードを「ブライトクレスト」に持ち替え、シュートロックをレインボーシャワーに変更。
装備コマンドは
タイムスプライサー、トリプルファイガ、トリプルブリザガ、グレイシャルアーツ、ケアルガ×2
 
 
レイディアントガーデン。
待っていたのは、テラではなくテラを乗っ取ったゼアノート。
本人も寝ぼけて自分が誰だか分からなくなっているようだが、すぐに目が覚めてアクアに襲いかかって来た。

迎え撃つアクアが、凛々しい。
 
 
敵の行動パターンはテラ編で戦った時と、ほとんど変わっていないと思う。(夢中で戦っていたので、よく分からない)
基本的にホイールロールで逃げ回り、相手の攻撃と攻撃の合間に攻撃を入れて行く方針で。
魔法攻撃はほとんど当たっていなかった。とにかく打っておいて、当たったら目っけもんという感じだ。
シュートロックは、当たれば一気に削れる。
突進系の技じゃない方が当てやすいかもしれない。
連続切りは最後の決め技をガードして、カウンター。怯んだ隙に「タイムスプライサー」を叩き込んだ。
タイムスプライサーを終えた後に急いで逃げて回復しないと、こっちが大ピンチに陥るけど。
 
 
テラを乗っ取ったゼアノートを倒すと、今度は背後に怪しげなバケモノをくっ付けての再戦。
バケモノがアクアを捕まえて、ゼアノートが連打とかイヤな攻撃をして来る。
その後は必ず異空間に引きずり込まれるみたいだ。
バケモノの側にテラが居るので、攻撃を避けながら近づいて行くと連携技が使えるようだ。
でも、なかなかタイミングが合わず。

当たると視界が狭くなってしまう技もあったりして色々厄介だけど、こちらはホイールロールで逃げ回り、相手の攻撃と攻撃の合間に攻撃を入れて行くという基本方針に変わりは無い。
なるべく近寄らないようにしてシュートロックを放つか、ガードしてカウンターを狙うかのどちらかで削って行く。
ダメージアスピルを習得したおかげで、ゲージはすぐに回復するため、シュートロックはガンガン使える。
さっきの形態よりは派手に動き回らない分、魔法も当てやすい。

夢中で逃げ回り、スキを見て当たっても当たらなくてもいいからシュートロックかタイムスプライサーを使っていたら、なんとなく勝ててしまった。
大した攻略じゃなくてごめんなさい。
 
 
クリア時の成績

難易度       : プラウド
レポート達成率   : 88%
倒した敵      : 6,901
最も使ったコマンド : ケアルガ 290回
〃 コマンドスタイル: ファイアブレイザー 134回
〃 Dリンク    : ヴェントゥス 6回
プレイ時間     : 54:50:24
 
 
80時間以内に全ストーリークリアで「タイムトロフィー」
全ての物語をプラウドでクリアで「トリニティトロフィー」をゲット。
 
 
シアターにムービーが2つ追加。
「心の行方」
これが本当のエンディングですね。

「Blank Point」
こっちは、次へのプロローグってとこかな。
 
 
それから、隠しボス。
アクアの場合は、ラストエピソードクリア時のデータをロードして「キーブレード墓場」に降りれば戦うことが出来ます。
テラやヴェンで戦いたい場合は、それぞれのクリアデータをロードして、いったんワールドマップに出て「キーブレード墓場」に入り直すと、着陸地点に「荒野」が追加されているので、そちらに降ります。(もちろん、アクアもこの方法でも可)

とんでもないよ。

フラッと突っ込んで行って、秒殺された。
テラでもヴェンでも試してみたけど、なんとなくアクアが一番戦いやすそうに感じたので、足りないアビリティを覚えさせたりして挑戦中。
でも、ちっとも勝てる気がしない。
どうしよう (゚ー゚;
 
 
この後、シリーズ全般に関する盛大なネタバレをぶっちゃけていますので、ネタバレ勘弁な方はスクロール禁止です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
闇に堕ちそうになったテラを助けるため、アクアは自分のキーブレードと鎧を使ってテラを光の元に送り返し、自分は闇の中へ・・・
それ以来、ずっと闇の中をさまよっているなんて。
酷すぎる。

そこまでして助けたテラは、あのザマだし。
追い出したかに見えたゼアノートの心は、まだ居座っているみたいだね。
テラは、ちょうどリクがアンセムに乗っ取られていた時と同じ状態にあるのかな。
1つの身体に心が2つ。
いや、3つなのかな。
テラが既に宿していた、もう1つの心ってのが誰の心なのかは分からないけど。
「エラクゥスめ〜〜〜」ってゼアノートが怒っていたから、エラクゥスがかしら???

賢者アンセムの弟子になったゼアノート(と名乗ってるテラ)は、この後、ノーバディとハートレスに二分してしまうんだよね。
ハートレスの方にはゼアノートの意識が強く出て、ノーバディの方にはテラの意識が残ったんだけどノーバディには心が無いから、なんだかおかしな方向に行ってしまったのかな???
それならゼムナスの行動も説明が付くけど・・・
それにしても、ややこしい。

まだ謎な部分は残っているけれど、とにかく、ちゃんとソラの物語に繋がったわね。
どうなってしまったんだか分からないテラも、眠ったままのヴェントゥスも、闇の中をさまよい続けているアクアも、きっとソラが何とかしてくれるんだろう。
その日が来るのを、私も楽しみに待つことにするよ。
 
 
 
「キングダムハーツ バース バイ スリープ」プレイ日記の目次
 
 
 

エンドオブエタニティ 攻略メモ#1

黒髪の美少女が飛び降り自殺を図り、それを助けようとした少年も一緒に何処かに落ちて行って、結局どうなったのか分からないまま、1年と数ヶ月・・・
 
 
プロローグ「天頂の星」

どういう経緯でこうなったのか全く分かりませんが、3人でお仕事に出発。
アジト内をウロウロしてヘソクリを拾ってからギルドへ。

えぇと、とりあえずミッションやれば良いのかな?
ストーリーを進めるためのミッションは、カフェ・チェルシーに行く必要があるようですが、現在は通行不能になっている模様・・・
 
 
ギルドに行ってみると、サブミッションが3つ掲示中。
討伐ミッション以外は依頼人と会話することで依頼を引き受けたことになるそうです。
 
 
「橋の復旧」
依頼人:顔見知りのスタッフ(ギルド前に居るイケメン?)

まずは、これをやらないとお話しにならない。
レイニー・ブリッジを通行可能にすること。
エナジー・ヘキサって何?状態ですがね。
 
 
「レックスの包丁」
依頼人:ローズ(ギルドの近くに居る若作りな服装のおばちゃん)

第1中央エレベータに向かった息子に包丁を届ける。
 
 
「害獣退治」
依頼人:アルコット

レイニー・ブリッジの先にたむろするストレイドッグを退治する。
 
 
その前に、訓練所でバトルに慣れておくべきね。
闘技場に行ってみようとウロウロしていたらエンカウントして、ワケわかんなくて大変だったから。

レゾナンス・アタックを理解するのにだいぶ手間取ったけど、一通りクリアしました。
実戦で使えるかどうかは微妙です。

闘技場付近で、実戦あるのみ!とばかりに何度かバトル。
そうしたら、トロフィー「レゾナンス・ユニオン」を獲得しました。
なんで取れたのか良く分かりません。
 
 
エナジーヘキサが何個か手に入ったので、適当にガチャガチャはめてレイニー・ブリッジを通行可能にしました。

その先の、「!」マークのマスでストレイドッグを退治。
初めてミッションを完了したとかで、トロフィー「ファースト・コンプリート」をゲット。

第1エレベーターにも行って、包丁をお届け。
いったん戻って、依頼人に報告してミッション完了にしておきました。

ついでにチラッとギルドを覗いたら、ミッションが追加されていました。

「メイドの落とし物」
依頼人:テレサに仕えるメイド

3階層のテレサ邸に行かないと受けられないようなので、一応覚えておく。
 
 
っていうか、セーブは何処でするのーーーっ?!

あちこち探し回って、アジトのチョークボードでセーブ出来るのだということをやっと知った。
ちょっと不親切でないか、このゲーム。
 
 
さて、エナジーヘキサで道を繋ぎ、カフェ・チェルシーへ。
ワケありっぽい依頼人からトランクケースを預かりました。

アジトで休んで夜にしてから、第1中央エレベーターに乗って第3階層のペーター邸へ。
えらい濃いキャラが出て来ました・・・
よく分かんないけど、お仕事は完了したみたいだからいいか。
なんだか、色々とワケ分からないことばかりです。

テレサ邸に行ってみると、メイド発見!
落とした時計を探して欲しいそうだ。
ジャンポーレ邸に向かうルートでエナジーヘキサ1個はめたら、壊れた時計が出て来ました。
これでいいのかな???
半信半疑で持って行ったら、オッケーでした。

ミッションが全て完了していることを確認して、アジトに戻って次のチャプターへ。
「プロローグクリア」のトロフィーをゲット。
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「エンド オブ エタニティ」プレイ日記の目次
 
 

ゲームの状況

「バースバイスリープ」は、ラストエピソードを終えて、隠しボスに会いに行って、ぐはぁ・・・っと、なったところ。
どうやって勝つんですか、こんなの?
今のところアクアが一番育っているので、もう少し鍛えて挑み直すつもり。
なんとなく終わりが見えて来た感じです。
 
 
「BbS」をやっていたら、「358/2 Days」もやってみようかという意欲が湧いて来て、プレイ再開しました。
とりあえずクリア出来れば良し!ということで、スタンダードでやってます。
(前回はプラウドでやっていて、体調不良などもあったりして結局挫折)
プレイ日記は、既に投稿済みの部分の続きから書きます。
途中で難易度が変わってしまうけど、まぁ、良いでしょう。ね。途中で止まってるよりは。
難易度下げたらわりとサクサク進めて、間もなく日記に追いつきそうです。
 
 
「BbS」にかまけてサボっている「ストレンジ・ジャーニー」は「358/2 Days」が片付き次第、再開します。

それから、新しく手をつけるゲームも何か欲しいな・・・ということで、連休中に買っておいた「エンド・オブ・エタニティ」を始めます。

ミッション放置中の「FFXIII」は、全くやる気が起きないため、すみません、放置です。
 
 
ゲームを整理していたら、手つかずの積みゲーもだけど、途中で投げてるのもたくさんあって、これ、何とかしなきゃなぁ・・・と、深く反省しました。

かといって、新しいのもやりたいしねぇ。

まずは、「358/2 Days」を片付けて途中放置ゲーを1本減らしましょう。
その後、うやむやになっているのを次々とやっつけていきますか。

新作で購入決定しているのは7月の「ラストランカー」だけ(ニーア欲しいとか言ってるけど)なので、しばらくゲームは増やさず減らす方向で頑張りたいと思います。

っつーことで、これを投稿したら「エンド・オブ・エタニティ」をやりますよ。

キングダムハーツ バース バイ スリープ 攻略メモ#35

テラ編 (プラウド)2周め 後半

「ディズニータウン」

レースも慣れたもので、1回で優勝。
すると、テラの授賞式のシーンを見ることが出来た。
優勝賞品のアイスクリームは、キャラごとに違うんだねぇ。
テラもアクアがもらっていたプリティーなアイスを食うのかと思ってドキドキしていたら、わりとシンプルなアイスだった。
それでも、テラがアイスを食う姿は、なんとなく違和感があったな。
ヴェンはどんなアイスなんだろう?
ヴェンでもう1周すれば、きっと見られるはず。

フルーツスキャッターで「カオススネーク」を取ったら退散。
他のミニゲームはやる気がしない。

プライズポット出現ポイントは、「レース会場前」
ピートの遊技場経由で行ける高い所。
1周めで、ここで嫌と言う程「なんとかカレー」を入手したんだけど、今回は何度やっても出ない。
なんでだろう???
 
 
ここで、ミラージュアリーナに行ってみた。
「審判の時」「戦いの輪廻」「駆ける紡ぎ手」をクリアした。
「審判の時」のボス・アイアンプリズナー以外は戦ったことのある相手だったので、本編より多少HPゲージが増えていてもそれほど困ったことにはならなかった。
「駆ける紡ぎ手」をクリアすると、最大HPがアップ。

HPプライズアップをMAX装備したら、バトルがすごく楽になった。

ミラージュアリーナの、コマンドボードも少しやっておく。
こっちは相手が使ったのを買い取ってもデッキコマンドを入手出来ないので、ただひたすら勝つことだけを目標に。
 
 
「オリンポスコロシアム」

大会に参加する前に、トゥーンボードで「フリーズ」を入手しておいた。
本編はエアロラ、マグネラ、ゼログラビラなど、浮かせる系を駆使して楽勝。

プライズポット出現ポイントは、「テーベの街」(マップ右下隅)
でも、クリア後でないと出ないみたいだ。
「ワイルドナッツ」と「イナズマキャンディ」を入手。
 
 
「ディープスペース」

プライズポット出現ポイントは、「収容区画」の再奥。
でも、ここもクリア後でないと出ない。
「謎の豆」と「銀河キャラメル」を入手。


またミラージュアリーナで、コマンドボード。
全てのボードで勝利すると、「シークレットボード」が出現。
コマンドボード飽きちゃったので、やってないけど。

それから、アリーナモードで「牢獄の番人」に挑戦。
アイアンプリズナーがパワーアップして登場。

うぇ〜ん、ガードできん〜〜〜っ!

しょうがないから、敵が牢を出した時に、捕まらないように気をつけながらゲージを上げてシュートロック。他は、ひたすらダッシュで逃げ回っていた。
おかげさまで、たっぷり時間が掛かった。

「アンセムレポート5」を入手。
よっしゃー、最後の1枚!
 
 
気分転換に、ディズニータウンに行ってレースをやってみた。
頑張ってグランドサーキットに優勝したけれど、賞品でもらった「ウィニングメダリオン」は、ぜんぜん大したこと無かった。
がっかり。

コマンドボード・スペースシップボードで「ライトニングレイ」「ソニックレイヴ」「マグネクラッシュ」をゲット。
作るの面倒くさかったから助かるわぁ。

宝箱、取り逃しているのか無いかどうか確認して、ネバーランドへ。
(旅立ちの地を忘れてたらシャレにならん)
 
 
「ネバーランド」

本編は特に問題無し。
プラウドだけど、スタンダードでやった初回よりずっと楽だ。

プライズポット出現ポイントは、ドクロ岩の外側。
岩を登って行って、ミミックな宝箱のあるあたりに出る。
「黄金ジャム」「謎のクリーム」「ダンシングレモン」を入手。

一生懸命集めたけど、アイス1個も作れやしない。
(アクア編では1個だけ作れた)
これだけ素材集めるのが大変なのに、アイスの使い道がフォームチェンジって・・・
あまりの使えなさに泣けて来るよ。
 
 
さて、後はダダーッとクリアするだけなんだけど・・・
テラをもう少し育ててみるべきか、ちと、悩む。

悩んだ末、
育てたければクリア後でもいいや!
それよりラストエピソードを早く見たい!
ということで、一気に片をつけることに。

マスター・エラクゥスを軽く叩きのめし、キーブレード墓場に乗り込む。
マスター・ゼアノートも楽々撃破。
テラのレベルはスタンダードの時より低いんだけど、アビリティいっぱい付いてるし、持ってるデッキコマンドも強烈だから。
乗っ取られたテラも、特に作戦も立ててないのに簡単にボコボコにしてしまった。
 
 
本編クリアデータをセーブした後、条件を満たしているとラストエピソードのデータもセーブできる。
テラ、ヴェントゥス、アクアの各ストーリーを最低1回ずつクリアし、ゼアノートレポートを全て揃えると合格らしい。
シークレットムービーを見るには、難易度プラウドの場合は後はラストエピソードをクリアするだけで良いけど、スタンダードだとものすごく大変なのだそうだ。
それこそ、このゲームを隅から隅までトコトンやり尽くす覚悟が必要だとか。

トータルの達成率は、まだ73%だったわー。
マニーをたくさん集めたとかで、「マニートロフィー」を入手した。
 
 
 
ラストエピソードへ行く
 
「キングダムハーツ バース バイ スリープ」プレイ日記の目次
 

映画「アバター」感想

この連休中に、こそっと「アバター」を見て来ました。
もう、本当に、今更ながら・・・ですが。

それと言うのも、私は映画館が苦手でしてね。
暗闇の中、前後左右を知らない人にガッチリと固められて、長時間じっと座っていなければならないのが果てしなく苦痛に感じられて、ここ数年、映画館には足を踏み入れていなかったのです。

そんな私にとって、3時間の長丁場は極めて高いハードルでして。
グズグズしているうちに、どんどん上映館が減って行き・・・
もう、いい加減混んでないだろう!
と言う今になって、ようやく重い腰を上げたのでした。

勇気を振り絞って行ってみると、そこそこ混んでいましたけど、途中で席を立つことも無く、ちゃんと最後まで見ていられました。
 
 
で、映画の中味は・・・

う〜んとね・・・

普通。

初めての3D体験であった訳ですが、想像していた程の驚きは無くて。
最初のうちは3D眼鏡が重くて気になって落ち着かなかったりもしていましたけど、それほど疲れることも無かったです。
ただ、字幕は邪魔でしたねぇ。
洋画を見て、これほど字幕が邪魔だと思ったのは初めてです。
 
 
ストーリー的には想像していたとおりで、「ダンス・ウィズ・ウルブス」をSFっぽくアレンジしたようなもの。
まぁ、分かりやすくていいんじゃないでしょうか。
映像を楽しむための映画だということで。
 
 
「3D」には懐疑的だった私がこの映画を見て考えが変わったかと言うと、そんなことはぜんぜん無いです。
逆に「そんなに大騒ぎする程のもんでもないじゃん・・・」って感じ。
なんでもかんでも3Dにすれば良いってものでもないでしょうし。
 
 
「アバター」や「3D」より、映画館に行けたことの方が、私にとっては大センセーショナルです。
3時間耐えられたのだから、普通の映画はぜんぜん平気だぞー!
次は、何を見に行くかなー?

   
 
 その他の映画の感想はこちらからどうぞ

予約しちゃった

「ラストランカー」予約しました。

キャラデザが「ブレス・オブ・ファイア」を手掛けた人なのですねぇ。
パッケージの絵を見た瞬間「ウル?」って思ったりもしたけど。

ストーリーも面白そうだし、この先、新作で買う予定のタイトルも無いので、購入決定。

発売は7月15日の予定。

公式サイトはこちら↓
http://www.capcom.co.jp/LR/index.html
 

キングダムハーツ バース バイ スリープ 攻略メモ#34

テラ編 (プラウド)2周め

旅立ちの地を出るなり、いきなりコマンドボード。
最初から遊べるキーブレードボードで、勝敗はさておき、「ケアル」と「ラグナロク」他デッキコマンドをいくつか入手しておいた。
「ラグナロク」は自分が取らない限り一番ポイントの高いボーナスパネルに必ず出るが、「ケアル」は毎回出るとは限らない。
ヴェンかアクアが持ってる場合もある。
2〜3回プレイすれば、ボーナスパネルか相手の使ったカードのどちらかを買い取ることで入手出来ると思う。

なんだかんだ言って、ケアルを持ってない最初のワールドが一番キツいのよね。
特にプラウドの場合は。
 
 
ケアルを持って「エンチャンテッド・ドミニオン」へ。

チャッチャと城に乗り込み、しばらくオーロラ姫の部屋を出たり入ったりして廊下でレベル上げ。
「スライドダッシュ」と「エリアルブレイク」で「ストライクレイド」を作ったら、勝手に「ラックアップ」が付いて来た。
これは超ラッキーと言うべきだろう。
序盤にこそ、欲しいアビリティだもんね。

ボスには少々手こずる。
けっきょく、今回もパーツは無視して本体のみを叩きまくって倒した。

アイス素材を落とすプライズポッドは、「水辺」の封印の手前あたりに出た。
入手したのは「ジェリービーンズ」と「ローズハニー」
1周めではまったく集めなかったけど、今回はちょっと集めてみようかと思ってる。
 
 
「キャッスル・オブ・ドリーム」

シンデレラのエスコートで、ガードに成功すると「ラストダンス」という技が発動することに、2周めにしてやっと気付いた。
1周めはシステム的に分かっていなくて、見落としていたようだ。

特に問題無くクリアして、ロイヤルボードで遊ぶ。
「チャージガード」と「メテオシャワー」を取って来る。

プライズポット出現ポイントは、「城門広場」中央の池。
「クリスタルシュガー」と「バースデイケーキ」を入手。
 
 
「ドワーフ・ウッドランド」

ここも、まったく問題無く通過。

コマンドチャージは積極的に。
アイテムも使ってアビリティもどんどん覚えさせている。
「HPアップ」の威力がすごい。
最大3個しか付けられないけど、1個付けるだけでゲージがグンと伸びる。

回復アイテムはぜんぜん使っていないため、じゃんじゃん売り払って他のコマンドを買う資金にしている。

プライズポット出現ポイントは、「地下水路」
2つめのホイールを叩いて上げた柵の先。(宝箱が2個ある所)
「ワイルドナッツ」と「秘密のラズベリー」を入手。
キャラによって出現場所が違うんだね。
 
 
「レイディアントガーデン」

マップ移動で迷うことが無いから、あっという間にここまで進んでしまった。
(あと、ムービーすっ飛ばしてるから)

ブライグも簡単に倒せてしまったし。
レベルはそれほど上がっていないけれど、1周めよりもアビリティがいっぱい付いているのが効いているのかも。
既にリーフベールは取得済み。
ラストリーヴとかコンボリーヴは、どうすれば発生させられるんだろう???
アビリティ発生の仕組みが、イマイチよく分かってないんだよな。
デッキコマンドによって、付けられるアビリティがある程度決まってるっぽいんだけど。

プライズポット出現ポイントは、「噴水広場」
「ジェットソーダ」と「ソイミルク」と「フラワージェリー」を入手。
 
 
ハニーポットボードでは、大したものは手に入らなかった。
「ソウルリリース」くらい?
おっかなくて、あまり使えないんだよな、これ。
 
 
 
次のワールドへ行く
 
「キングダムハーツ バース バイ スリープ」プレイ日記の目次
 

キングダムハーツ バース バイ スリープ 攻略メモ#33

アクア編 [キーブレード墓場]

ここも、もう3回めか・・・

砂嵐の道では、積極的に竜巻に突っ込んで行った。
相変わらず、マンドレイクには手を焼く。
もー、ホントに、コイツら嫌い。

峡谷で戦闘態勢を整える。
 
 
ちなみに

アクア Lv.35

装備コマンド
タイムスプライサー、トリプルファイガ、トリプルブリザガ、デトネチェイサー、ケアルガ×2

シュートロック「ラグナロク」
フィニッシュコマンド「マジックパルス2」

こんな感じで行ってみる。
 
 
ゼアノートによって氷漬けにされて動けないヴェンを気遣うアクアの前にブライグが現れて挑発する。
テラをマスターの仇と言い、アクアとヴェンはテラを闇に落とすための餌だ、と。
 
VS ブライグ

う〜ん、だいぶパワーアップしているようだが、テラ編で戦った時とそれほど行動パターンは変わってないかな。

やっぱり連続攻撃にハマってしまうと大変なことになる。
なので、相手が攻撃している時はガードするか、ホイールロールなどで逃げ回っていた。
で、攻撃の合間を縫って、遠距離ならばトリプルファイガなどの魔法攻撃を放ち、接近出来ていればタイムスプライサー。
デトネも、置いておけば時々引っ掛かっていた。
そのスキにシュートロック使ってみたり。

時間稼ぎなので、まぁ、それほどでも。
最大HPアップ。
 
 
「時間稼ぎ終了!」とプライグが去り、倒れているヴェンに気を取られた隙にヴァニタスに討たれてしまったアクア。

え???
あ・・・気を失ってただけか。ビックリした。

ミッキーが駆けつけて来てくれている。
どうやらヴェンはヴァニタスと戦ってしまった後のようで、出来損ないのχブレードを手にしている。
でも、様子がおかしい。
ヴェンの心をヴァニタスが取り込んだって???

ちょうど、ヴェンがヴァニタスを倒して2人の心が融合してしまった時点なのかな。
ヴェンの視点ではヴァニタスがボディを消されて2人とも対等の立場のように見えていたけど、アクア視点ではヴェンの方が乗っ取られてしまっている状態に見えているようだ。

ヴァニタスは伝説のキーブレード戦争を再び起こそうとして、こんなことをやっているらしい。
そんなことをして、ヴァニタスに何のメリットがあるのかサッパリ分からん。
ヴァニタスはχブレードになるだけでしょ?
χブレードを手にした者は、人ならざる存在になるらしいけど。

そんなことはどうでもいいからヴェンを取り返さないと!
ってことで、ヴェンと融合してしまったヴァニタスと戦う。
ミッキーも一緒に戦ってくれる。
 
 
VS ヴェンと融合してしまったヴァニタス

だいぶパワーアップしているけれど、こちらの戦い方はこれまでと同じですよ。

ミッキーが果敢に突っ込んで行くので、アクアはヴァニタスから距離を取って、遠くから魔法攻撃。
もしくはシュートロック。
攻撃を避けつつ接近出来たら、適当に叩いたり。
ミッキーがいい感じで囮になってくれるもんで楽ですわぁ。
でも、ほとんど遠く離れて戦っていたから、ホーリーバーストは1回しか出せなかった。
しかも、当たってないし。

アクアでもヴェンでも散々戦ったから、ヴァニタスの扱いは手慣れたもの。
マジすか?と言うくらい、楽勝でした。
 
 
アクアがヴァニタスと戦うのと同時に、ヴェンとヴァニタスの心も戦っていたってことだよね。
最後はヴェンとテラとアクア、強い絆で結ばれた3人の力を合わせてχブレードを破壊。
ヴァニタスは消えたけれど、力が暴走し、溢れ出す光に飲み込まれるヴェンを追ってアクアも光の中へ・・・

「ゼアノートレポート7」を入手。
 
 
アクアが目覚めると、そこは不思議な塔。
ヴェンと一緒に異空を漂っているのを、ミッキーが回収してくれたそうだ。
テラは行方不明。
そして、ヴェンの心は身体を離れ、光と闇の狭間で漂っている・・・と、イェン・シッド様はおっしゃる。
「キミ」の中に収まっちゃっているのではないの?
ヴェンの心の一部なのか全部なのかは知らないけど。

いずれヴェンが目覚める時まで絆を信じて待ち、テラも必ず自分が見つけ出すと、自信たっぷりにアクアは誓うのであった。
 
 

***

回収した宝箱

[古戦場]
エリクサー、メガポーション、ナビマップ

[砂嵐の道]
メガエーテル、ラストエリクサー、メガポーション、エアロガ
 
 
クリア時の成績

難易度       : プラウド
レポート達成率   : 68%
倒した敵      : 1,520
最も使ったコマンド : リフレクブリッツ 144回
〃 コマンドスタイル: マジックウィッシュ 58回
〃 Dリンク    : ヴェントゥス 1回
プレイ時間     : 20:57:55

最も使ったコマンドが「リフレクブリッツ」なのは納得。
終盤を除いて、ほとんど付けっぱなしだったから。
Dリンク・・・使ってないね。
今回は使ってみようと思って1回呼んだきり、ずっと忘れていた。
プレイ時間は、律儀にコマンドボードをやってたから少々長め。
 
 
3人トータルでの達成率は73%。
ステップトロフィーをもらった。
いっぱい歩いたからだそうだ。

とにかく、テラ編でゼアノートレポート取って来ないとー。
恒例のシークレットEDを見るために、テラ編プラウドでもう1周して来る。
スタンダードの途中のセーブデータも残してあるけど、きっとその方が早いと思う。

そんなこんなで、攻略メモはまだ続きます。
 
 
 
テラ編2周めへ行く
 
「キングダムハーツ バース バイ スリープ」プレイ日記の目次
 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

その他のハード

ちょっと気になる