« 真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー 攻略メモ#23 | トップページ | FINAL FANTASY XIII 攻略メモ #12 »

真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー 攻略メモ#24

メインミッション「フォルナクスのエキゾチック物質」発令中

ジャック隊の件がひとまず落ち着いたので、フォルナクスへ舞い戻る。

そろそろ、レアエネミー行っとくか?と、サーチしたら

ブラックライダーだったぁっ!!! アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

ラスタキャンディ使ってる間に逃走。
ふぅ、恐かった。

普通(?)のレアエネミー、ハヌマーンは倒せた。
物理攻撃すると強烈な反撃喰らうけど、石化がよく効く。

ダークスキャナBを入手したので、右のルートで踏み忘れがないか確認に行っておく。
とはいえ、ダークゾーンは足跡が付かないから、よく分かんないんだけど。
一応、一通り回ったみたいなので、真ん中のルートへ。
 
 
真ん中のルートは、おかしなトラップは無い。
スルスルスルッとB5Fへ。
スキャンすると、いつかどこかで見た悪魔が出て来ました。

軽く蹴散らす。

さらに進むと、やっぱりアンタね、アスラ改めアシェラト登場。

弱点は氷結なので、フロスト砲炸裂。
アスラローガで大変だったけど、どうにか撃退する。

アシェラト解禁。

これで「3体の悪魔を撃退せよ」が終了。
復讐に燃える悪魔たちを見事返り討ちにしてやりました。

が、この先には、この3体を生み出したティアマトが控えているようです。

B6Fでアトロポス見っけ!
小さくて分かりづらいけど、ハサミ持ってる。
話しかけると、トート録第三巻をくれました。
いったん出ると戻って来るの面倒だから、あとでトートに渡しに行くね。
 
 
B7Fでボス反応。

VS ティアマト

様子見で1回突っ込んでいたら、いとも簡単にゲームオーバーできました。
どうも、仲魔のラインナップがマズかったみたいだ。

弱点が電撃らしいことは把握。
氷結属性のダメージがキツいので、ヤマトは氷結耐性付きの「ハードワイアード」を装備。

仲魔も出来れば氷結に強いのを集めたいところだが・・・適当なのが居ない。

何回か手持ちの仲魔でチャレンジしたけど、ぜんぜんまったく歯が立たないため、ティアマト戦用にヴァルキリー(妖魔)を作った。ウォジャノソースを使って「マハジオ」と「氷結耐性」を持たせた。

それから、全書からフロストエースを呼び出して回復を任せることに。
フロストキングとどちらにしようか迷ったんだけど、氷結反射してもティアマトに吸収されることは無く、むしろ大ダメージを与えていたので、氷結吸収のキングではなくエースの方を採用。

基本的に、ククノチにラクカジャとデカジャを使ってもらい、フロストエースに回復してもらいながらヴァルキリーに頑張ってもらうという方針で。
ヤマトは銃撃で電撃属性のスキルを。

しばらくこのメンバーで粘るも、ヴァルキリーがMP使い切ったあげく倒れてしまったので、デビルCO-OP要員として、いつもお世話になってるクー・フーリンに出て来てもらった。
 
 
かなりヤバい局面もヤマトのアイテム投げでどうにか体勢を立て直し、どうにか踏ん張りました。
キツかった。
ティアマト合体解禁。
「邪龍の塩塊」と「EX物質:For」をゲット。

ティアマト撃破後にクー・フーリンがレベルアップし、「ガルダイン」が「呪殺無効」に変化しました。
これは嬉しいかも。
 
 
ヒメネスは、当面、任務から外れてもらうことになりました。
まぁ、仕方ないかな。
ヒメネスがジャック隊の基地に侵入したのは、勝手に基地に入り込んだバガブーを追いかけてのことだったそうだ。
ヒメネスは、やたらとバガブーに好意的だからなぁ。
その思いやりを、人間にも向けたらどうよ?

色々大変だったけど、これにてメインミッション「フォルナクスのエキゾチック物質」完遂。
 
 
今日の悪魔合体

ヴァルキリー(妖魔) ← サンダーバード(霊鳥)+トラルテクトリ(地霊)
キマイラ(神獣) ← アイラーヴァタ(聖獣)+ソロネ(天使)
 
 
次のミッションへ
 
「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」プレイ日記の目次
  
 

***

 

今さら必要としている人が居るとは思えないけど
ウチの子たちの召喚パスワードはこちら
 
 
ヴァルキリー(妖魔)
スキル:テトラカーン、捧魂の法、モータルジハード、デスバウンド、氷結耐性、マハジオ
たHえおうLあCへむをPつきWき
けきRめUせてGめCひTんうふZ

ティアマト戦用に作成。

« 真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー 攻略メモ#23 | トップページ | FINAL FANTASY XIII 攻略メモ #12 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる