« JIN ー仁ー 第六話 | トップページ | 真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー 攻略メモ#1 »

九龍妖魔学園紀 攻略メモ #25

2周目 その5

九龍の攻略メモも、これで最終回でございますよ。

それでは訓練所に参ります。

武器は「荒魂の剣」と「八握の剣」と「MP5SD6」
(銃は敵の弱点をピンポイントに突く時にしか使わないので、自分は攻撃力よりも射程距離や消費APの少なさを考慮して選びます。まぁ、MP5SD6は攻撃力も高いがな)
防具は「荒吐の鎧」
アクセサリは「花柄のハンカチ」「プラズマ発生器」を用意。
クモが出て来るフロアだけは「花柄のハンカチ」を装備して、それ以外はずっと「プラズマ発生器」です。
他に、「小型削岩機」
弾薬300発ほど持って、残りは回復アイテム持てるだけ。
同行バディは皆守と神鳳にしました。

九龍のステータスは、とにかく、近接武器の攻撃力を上げ、「敏捷」も目一杯上げておいた方が良いと思います。
まぁ、ここまで来る間に相当上がっているでしょうから、問題無いでしょうね。
あとは、「地学」と「技術」と「保健」のスキルも高い方が良いです。ぜんぜん違います。

最初、訓練所のルールが分かっていなくて、ウッカリ後戻りしちゃったり、モタモタしていて規定ターンをオーバしちゃったり・・・

バトル中にどかーーーんと大きな音がするから何事かと思ったら、規定ターンをオーバーした合図なのね。
敵が出現する場所では、規定ターンが設けられている場合あり。気をつけろ。

各部屋とも、ヘビの杖を引くことで、次の部屋への扉が開く仕組み。
スイッチが壊せる壁の向こうに隠れている箇所もあり、「小型削岩機」は必須。おそらく、爆弾なぞ持ち込む余裕は無いと思うので。
(2回め以降は、1回めで全ての壁を壊していれば必要ありません)

装備交換でAPを消費するのはもったいないので、次の部屋に移動する前に、装備を確認するように気をつけました。
 
 
[戦術訓練所]
クモが居るので、「プラズマ発生器」は使用せず。
カエルは銃で倒し、他は全て「荒魂の剣」で。

[避難訓練所]
敵を倒しながら進むだけ。
カエルも「プラズマ発生器」+「八握の剣」で倒して弾薬は温存。

[射撃訓練所]
柵を飛び越えられるのに気付かずに、四苦八苦してしまいました。
ちゃんと飛び越せます。
手前の審判者×2を「プラズマ発生器」+「八握の剣」で片付けたら、「花柄のハンカチ」に装備変更して柵を飛び越え、クモとカエルを片付けます。

[格闘訓練所]
細く入り組んだ通路に敵がポツポツと・・・
効率よく倒せるよう無駄な移動は極力避け、「プラズマ発生器」+「八握の剣」でサッサと片付けます。
ちょこっとHPが残ってしまったら、銃で弱点を狙い撃ちして始末。
カエルは腹、審判者は脇腹のあたりが弱点。

[登坂訓練所]
ワイヤーを使って移動するだけ。

[匍匐訓練所]
暗闇なので、暗視ゴーグルを使用。
匍匐前進でくぐり抜けた先のスイッチを踏まないように。

[跳躍訓練所]
ジャンプして移動するだけ。
うっかりトラップの前に止まってしまったので、そちらを向いて待っていたら、皆守が避けてくれました。
頼りになるぜ、皆守。

[爆破訓練所]
壁の向こうに敵がいます。
壁を壊してクモを倒した後、残りの敵を片付ける。

[走力訓練所]
行ったり来たりしてスイッチを引くだけ。

[休憩通路]
敵を倒して進むだけ。
 
 
[闘技場]

VS 伊波礼
雑魚に適当にダメージを与えつつ、伊波礼と柱を挟んで対峙するような位置取りに持ち込みました。
その後は、柱越しに「荒魂の剣」で伊波礼を南北いずれかの壁ぎわにノックバックし、自分は逆の壁ぎわに逃げる・・・という戦法で。
この体勢に持ち込めれば、伊波礼は柱の向こうを行ったり来たりするだけになり、こちらはノーダメージです。
むしろ、残っている雑魚が邪魔。

VS 伊邪那美
伊波礼を倒した後、ヘビのスイッチを引くと出現。

とりあえず、適当に雑魚にダメージを与えつつ、画面手前左右どちらかの隅っこへ。
この位置から、寄って来た雑魚を荒魂の剣で蹴散らしつつ、半端に余ったAPを使って伊邪那美の弱点である下の方の顔を狙い撃ちです。
移動でAPを消費しなくて済むから、全て攻撃に注ぎ込めちゃうんだな。

神鳳を連れて来たのは、ひとえに、この伊邪那美戦のため。
神鳳と皆守が寄ってたかって伊邪那美の攻撃を回避してくれるので、ほとんどノーダメです。
バディ様々。
 
 
伊邪那美を倒したら、お宝を回収して脱出するのみ。
もう1回、荒吐神と戦ってクリアすると、スタート画面の「九」の文字が撃てるようになっていました。
ここを撃ってゲームをスタートすると「黄龍」モードが遊べるそうです。
ちょいと調べたところによると、大して内容は変わらないみたいです。
イベント見損ねたキャラとか居るし、蝶の迷宮もロックフォードも途中で投げちゃったままだけど、もう、九龍はいいです。
いつかまたやりたくなった時のためにセーブデータはこのまま残して、「九龍妖魔学園紀 re:charge」の攻略は、ひとまず終了にします。

さぁ、南極に行くぜぇ〜。ヽ(´▽`)/
  
 
 
「九龍妖魔学園紀 re:charge」攻略メモの目次
 

« JIN ー仁ー 第六話 | トップページ | 真・女神転生 ストレンジ・ジャーニー 攻略メモ#1 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる