« FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #11 | トップページ | FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #12 »

イケメン数珠つなぎ

・・・だと思うんですよ、「天地人」

まずは景虎様でしょ。
景虎様が退場なさったら、大した用もないのにチョロチョロと信長様を出してきた。
信長樣が退場なさったら、ちょこっと三成さんを挟んで、なんでも戦国武将人気ナンバーワンらしい真田幸村さんの登場。

これをイケメン数珠つなぎと言わずしてなんと言う。

おかげで第二の主人公と言っても過言ではない(と思われる)景勝様の影が薄い薄い。
主人公の兼続も存在感無いし。
未だにどうしてこの人がそんなに人望があるのか、アタシにはさっぱり分かりませんよ、このドラマを見ている限りでは。

まぁ、ながら見のチラ見だけど。

辛抱強く見続けているウチの相方くんは、「腐女子が大喜びしそうなドラマだな」と言ってます。
ええ、確かに。
何となくそんなニオイは初回からしていましたね。

次回は子ども店長を再投入する様子で・・・
「与六(子ども時代)をもっと見ていたかった」と思ってる視聴者を引き戻そうという魂胆かしら?
あまりにも影が薄い兼続と景勝にスポットを当てないと、いくらなんでもマズいんじゃないかと思い始めたのかしら?
っていうか、メインはこの2人の絆のお話じゃなかったんですかね?
アタシはてっきりそうだと思っていたんですけど。
あまりにもサブキャラの方が華々しすぎて、何がなんだかワケ分からなくなっちゃいました。

« FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #11 | トップページ | FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #12 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる