« ピクミン 攻略メモ#10 | トップページ | ディシディア FF プレイ日記 #24 »

キングダムハーツ358/2Days ファーストインプレ(ネタバレ無し)

現在、ストーリーモードを2時間程度遊んだところ。
あくまであくまで第一印象ということで、感想を書いてみます。

ロクサスが主人公・・・というのは、既に周知の通り。
「キングダムハーツ」と「キングダムハーツ2」の間の出来事で、「チェイン・オブ・メモリーズ」の少し前から始まって途中から重なってくるのかな?という感じです。

このシリーズを未プレイの方がこの「358/2Days」を買う時、とにかく悩むのが「今までのKHをやってないんだけど、どうなの?」ってことだと思います。
で、どうなのかって?
う〜ん・・・
「358/2Days」は「KH2」ではいわば敵役だった「XIII機関」目線で進んで行く様子なので、「KH」やらずに「KH2」をやっちゃうよりは困惑は少ないとは思うんですが・・・
やっぱりねぇ、だいぶワケ分かんないと思います。
ただ、主人公のロクサス自身が「ワケ分かんない」状態で、ぽーんと見知らぬ世界に放り出された感じなのですよね。
だから、ロクサスと一緒に色んなことが見えてくる感じを味わえたら、最初から全部知っているより感情移入しやすくなって、それはそれで良いのかもしれないです。
結論。
「KH」→「COM」→「KH2」→「358/2Days」と進むのがベストですけど、いきなり「358/2Days」でも(物語の受け止め方にかなり違いは出てくるかもしれませんが)大丈夫でしょう。ウン。
 
 
発売前にさんざん言われていたグラフィックについて。
そりゃぁね、PSPのきれいな画像に慣れてしまった目で見ると見劣りします。
でも、グラフィック云々なんてのはゲームの評価の中のホンの一項目に過ぎません。
少なくとも、アタシにとっては。
見るに耐えない(その限度も人によって違うでしょう)のならいざしらず、そうでないのならアタシは文句は言いません。

ですんで、そんなのは買う前から気にはしていませんでしたが、アタシが一番気にしていたのは操作性についてです。
これについては、今のところ、戸惑ってます。
キャラの移動は十字キーで行うため、バトル中の行動選択は「X」ボタン・・・
おかげで魔法使ったりアイテム使ったりするのに四苦八苦。
ショートカット(よく使う魔法やアイテムをABXYボタンに割り当ててワンタッチで使えるようにするKHではお馴染みのシステム)を設定したら混乱しなくなりましたが、使える魔法が増えて来たらどうなってしまうんでしょう?
まぁ、これまでの「KH」シリーズも、ボタン4つで押し切って来たから何とかなるとは思いますが。

他にも、
敵との距離感が把握しづらくて空振りしまくったり、
視点の切り替えが上手くいかなくて敵を見失ったり、
ロックオンが上手くいかなくて明後日の方向に魔法を放ってみたり、
ジャンプしたつもりが「まほう」にカーソルが合ってたり、
要らんところでコロコロコロコロ転がってみたり・・・
いろいろ大変なことになってます。
そのへんは慣れでカバーするしか無いですかね。
しかし、慣れないとマトモに動けないってのも・・・むぅぅぅ。
 
 
物語は単発のミッション(「○○を退治して来い」とか、「××を集めて来い」とか)を積み重ねることで進んで行くようです。

ミッションに赴き、仕事を終えて帰還すると、1日が経過。
ミッションの中には期日が設定されているものがあり、そういったミッションをクリアして期日が来ると、新たなミッションが発生してストーリーが進みます。
逆に、無駄に日数を重ねていると、消滅してしまうものもあります。

「リトライ」を繰り返している分には日付は変わりませんし、受けられなくなったミッションも、一度クリアしたミッションも、後日改めてチャレンジすることができるので、そんなに深刻に考えなくても良いのかもしれません。

ただ、いったんミッションに出かけてしまうと、装備品の変更やアイテムの補充などができなくなってしまうという罠が・・・
出発前にしっかり準備しておくのがとっても重要です。
そうしないと、アイテムすっからかん状態で出かけて行って、なぁんにも出来ずに帰って来るはめになるかもしれません。

入手したアイテムはバックヤードに保管されていて、それを「装備」しないと使えない・・・という、これもKHではお馴染みのシステムなのです。
今作は魔法も装備した個数しか使えません。
ファイア3つ装備していれば、そのミッション中に使えるファイアは3回ということ。
アイテムを使って消費した分を補充することは出来ますが。

今のところ短時間で敵も少ないミッションばかりだからいいですけど、今後、長時間のミッションやとんでもない強敵が出て来たら、アイテムの使いどころなども考えてプレイしないと、途中でアイテム切れや魔法切れになってリタイア・・・とかも起こり得るかも。
そんなミッションが無いことを祈ります。
 
 
慣れないシステムと操作性に戸惑ってはいるものの、個性派ぞろいのXIII機関メンバーたちと行動を共にするのは楽しいです。
とはいっても、あんまり一緒に戦ってくれている感じはしないんですが・・・
まぁ、そこに居てくれるだけでも。

次々とミッションを受けていく形式なので、プレイに区切りがつけやすく、セーブもこまめにできるので、まさに携帯ゲーム機向き。
ちょっとした空き時間に手軽にプレイ出来るのが良いですね。
難易度を三段階に設定できるのも、ユーザーに優しい仕様と言うべきでしょう。

最大4人まで参加できるマルチプレイでは、XIII機関メンバーを操作してミッションをクリアして行きます。
なんと、このマルチプレイは1人でも遊べます。
「近くに一緒に遊んでくれる人なんて居ないよぉ・・・」という人でも、XIII機関メンバーを操作できますのでご安心を。
遊び仲間の居ない大人のプレイヤーには嬉しい配慮ですね。

ゲームの進め方はこれまでの「KH」とはまったく違いますし、システム的にも若干の違いはありますが、基本的には「KH」シリーズの世界を引き継いでいます。
シリーズ経験者なら、ほぼ、買って間違い無しでしょう。
XIII機関びいきなら、なおさら間違い無し。
ストーリーは、この先どうなるか全然分かりませんが、このシリーズでストーリーがハズレってあり得ない気が・・・
 
 
 キングダムハーツ358/2Days クリア後の感想
 
 その他のゲームレビューはこちらからどうぞ
 
 

« ピクミン 攻略メモ#10 | トップページ | ディシディア FF プレイ日記 #24 »

ゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる