« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #11

古代種の神殿

コレルエリアから浅瀬にそってずっと東に進んで行くと、こんもりとした森の中に古代種の神殿を発見。
ここは、いったん入ってしまうとクリアするまで外に出られないのね。
ねむねむの爺さんが回復したりセーブさせてくれたりするので、わりと気が楽ですが。

3人ともカエルになったり、ごろんごろんと転がって来る石に潰されたり、HPとMPを吸い尽くされて死にそうになったり、いろいろと大変ですが、どうにか進んで行く・・・

神殿をウロウロしている最中にバレットがグレネードボムを編み出しました。
ラッキーのマテリアへんかのマテリアを拾う。

時計の針を合わせるところで「V」の通路を進んで行って、リボンをゲット。
これで最低1人は状態異常に泣かされずに済みます。
それと、時計の針のところでわざと落下して釘バットを取ってきました。
これで心置きなくウータイに行けるわ。

「VI」の通路を進んだら、爺さんを取っ捕まえてカギを入手し、壁画の間へ。
あぁ、クラウドが本格的に壊れ始めた。

VS レッドドラゴン
ダメージはそれなりにキツかったけど、特に準備しないまま突っ込んで行って撃退。
エアリスの「大いなる福音」も堪能しました。

撃破後にバハムートのマテリアが出現。

ケット・シーに後を任せて脱出することになります。

VS デモンズゲイト
とりあえず、マイティガード掛けて、と。
エアリスがガンガン攻撃受けたおかげで「大いなる福音」が発動。
無敵状態で突っ走っ・・・ていたのですが、効力が切れた途端にエアリスが戦闘不能。
デモンズゲイトは魔法がほとんど効かないので、クラウドとバレットの2人でチマチマ叩いて倒しました。
自分たちを回復するのに必死で、エアリスを蘇生する余裕なかった男2人。
ごめんよ、エアリス。

ケット・シーのおかげで黒マテリアは入手できたけれど・・・
クラウドのせいで黒マテリアはセフィロスの手に。
セフィロスを止めるため、エアリスはパーティを離脱。
ゴンガガで目覚めたクラウドは、ヘタレモードに突入していました。
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #10

ロケット村 〜 ゴールドソーサー

ニブル山からひたすら西へ徒歩で移動。
途中でヴィンセントがデスギガスを編み出しました。

ロケット村でのお買い物はバリアりだつのマテリアだけ。
じいさんと一緒にロケットを見上げて、陸奥守吉行をもらう。
現時点では、けっこう攻撃力高くて助かる。マテリア2個しか装備できないけど。

村を一回りして、シド艇長の愚痴をひとしきり聞いてやる。
言ってることは年寄りくさいんだけど、この人ってまだ32歳なんだよねぇ。
いくらなんでも老け過ぎだろー。

タイニー・ブロンコの所で、パルマーと戦闘。

VS パルマー
チョコボ&モーグリでストップ状態になってくれたので、3人で好き勝手に攻撃。
ヴィンちゃんの武器に「毒+ついか効果」を付けてたら、毒状態にもなってくれてましたが、ストップ状態だとあんまり意味なかったり。
エジンコート入手。
わーい、マテリア穴、いっぱい。

この戦闘でティファがメテオドライブを習得。
 
 
タイニー・ブロンコを入手し、川や浅瀬を移動できるようになりました。
この時点でウータイに行くことも出来るんですが・・・
行くと厄介なことになるので、後回しにします。

そのままタイニー・ブロンコでガラガラと移動してコンドルフォートに行ってきました。
敵は30匹ほど。
ファイター、アタッカー、ディフェンダー合わせて15名を配置。
途中で何名か追加したりもして、砦に攻め込まれる前に撃退。
ラストエリクサーをもらいました。
 
 
またまたタイニー・ブロンコでダラダラと浅瀬を進み、ゴールドソーサーの南東にある小屋へ。
ここで古代種の神殿とキーストーンに関する情報を入手。
しかし、真の目的はそれではない。
この男に「他の話し」をしてミスリルを渡し、小さい方の箱を開けて「大いなる福音」を入手するのだ。
エアリスの究極のリミット技ゲットです。
 
 
コレル経由でゴールドソーサーへ。
有り金はたいてゴールドチケットを購入し、入場。

バトルスクエアの右手にある展示場でキーストーンを眺め、クラウドが闘技場にチャレンジ。
いちおうマテリアを付け替えたりして準備しておいたんだけど、速攻で力尽きました。
最初のスロットでアクセサリが壊れ、2戦目で石化しましたから・・・
まだこのレベルじゃ8連勝は無理かな。
せめて、リボンは無いと・・・
負けてしまったので、キーストーンはもらえたけれどオマケは無し。
まぁ、いいや。とっとと先に進もう。

ゴールドソーサーから出ようとすると、ロープウェイの故障で足止め。ホテルへとご案内。
そして、夜は楽しいデート。
てっきりエアリスが来るものとばかり思っていたら、ティファだったのでビックリ。
ま、どっちでも良いんだけど。
勇者を張り飛ばし、悪竜王を蹴倒すローザ姫を堪能しました。
それにしてもクラウドの鈍さって何?
他人事ながら、腹が立つほどだわ。

ケット・シーが神羅のスパイであったことが判明するイベントをはさんで、翌朝、古代種の神殿に向けて出発。
エアリス固定。もう1名はバレットを指名しました。

そうそう、ホテルのロビーに「かめ道楽通信3」がありました。これで抜けは無いな。
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ディシディア FF プレイ日記 #23

「愛の食卓」シリーズコンプリート記念にイタズラ描きを晒してみる。

***

いろいろ、すみません。(土下座)

何故かちっとも取れなかった「コック帽」を、セフィロスが取って来てくれたので・・・
現在、「愛の食卓」シリーズが標準装備のスコールに、プレゼントしてみました。

セフィロスはファルコンコースで「釘バット」も取って来ました。
こちらは、もちろんクラウドに進呈。
(で、こっちでは「スカルバングル」が取れない)

そして、セフィロスはLV.50になりました。
八刀一閃(空中)を覚えてから、獄門で自滅しなくなって、すごく楽になりました。

次は、ティナちゃんを育てる予定。
剣士っぽいキャラが続いたので、ここらで魔法使い系を使ってみようかと。
 
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ピクミン 攻略メモ#9

遭難9日め [樹海のへそ]

再び樹海のへそに戻って来た。
まずは敵を片付けようと思う。
火を吹く生き物は、火に強い赤ピクミンに任せるに限る。

赤ピクミンを大量に引き連れて、東の方へ行ってみる。
巨大なキノコ(命名:ボケナメコ)が居た。
パーツはコイツが飲み込んでいるようだ。
この星の生き物はどうしてロケットのパーツなんか飲み込むのかサッパリ分からないが、とにかく飲み込んでいるので倒さなければ回収できない。

このキノコを倒すには、まず足の部分を攻撃し、ひっくり返ったところを徹底的に攻めると良い。
ただ、コイツは時々胞子を吐く。
胞子を浴びたピクミンは気が変になり、こちらを攻撃して来るようになる。
ピクミンはいったん敵を攻撃しだすと、笛を吹いて呼び戻さない限り、いつまでもムキになって攻め続ける。
そのまま放っておけば胞子浴びまくりで、ピクミンのみならず、こっちの身も危険だ。
ピクミンたちが胞子を浴びないよう、キノコの様子を注意深く観察し、危険を察知したら直ちに呼び戻さなくてはならない。
足を攻撃するのはごく少数のピクミンで十分なようなので、2〜3匹のピクミンに勝手に攻撃させておいて、残りは自分のコントロール下に置き、ひっくり返ったら一気に攻めるとこちらの損失は少なく抑えられるかもしれない。

キノコが飲み込んでいたパーツは「オメガスタビライザー」(要30匹)だった。
キノコの残骸とともに運んで行って、今日の作業は終了。

なかなかハードな一日だった。
 
 

 ピクミンの数: 赤 297 / 黄 123 / 青 132

 パーツの数: 14個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 21日
 
 
 10日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #9

ニブルヘイム 〜 ニブル山

コスモキャニオンから浅瀬を渡って北へと進んで行くと、ニブルヘイムに到着。

本格的に雲行きが怪しくなってまいりました。
燃えてしまったはずの街は、5年前と変わらずそこにあり、あちらこちらに黒いマントの男がうごめいとります。
その黒マントから「何か持ってる」と言いながら、お宝を奪い取るクラウド。
オマエは人でなしか。

街を一回りしたら、神羅屋敷へ。
同行者はバレットとナナキにしました。
2人とも、ちっとも新しいリミット技を編み出してくれない。

ここに居るジャッジから「???」をラーニングしたかったんだけど、なかなかエンカウントしないし、出ても肝心の「???」を使ってくれないし、使ってくれても「てきのわざ」装備してないキャラに使うし。
操れたら楽なんだけどジャッジって操れないし。
しばらくウロウロしながら粘っているうちに死にそうになったので諦めました。
「???」って、けっこうよく使うから早くラーニングしたいんだけどなぁ。
使用者の最大HPと現在のHPの差分を、敵にダメージとして与えてくれるから、瀕死のキャラに使わせると魔力云々関係なく大ダメージを与えられるのです。
後日、改めて来ますよ。

それでは、ヴィンちゃんを仲間にしに行きますか。

まず、彼が寝ている部屋の扉を開くカギを入手しなくては。
カギは2Fの左側の部屋にある金庫に入ってます。
金庫を開けるためのヒントは1F左手前の部屋に落ちている手紙。
一番下の空白に4つめのナンバーが隠れています。
屋敷を回ってナンバーを入手したら金庫開け。
何度も失敗。

ようやく出てきた、ボス・ロストナンバー。
ったく、宝条め、余計なことしてくれて。

VS ロストナンバー
とりあえず毒にしておいて、と。(こればっかりだ)
最初のうちは普通に叩いていればいいんだけど、HPが減って来ると形態チェンジしてトンデモナイ破壊力の物理攻撃を繰り出して来るようになります。(こっちのレベルが低いと全滅の恐れもあり)
この状態になると魔法防御力が下がっているので、前半はMPを温存しておいて、形態チェンジしたら魔法や召喚を使って一気に片付けてしまうのがいいと思います。
ストップも効くので、チョコボ&モーグリを使って動きを封じてしまうのも安全。

ロストナンバーを倒して地下室のカギとオーディンのマテリアを入手。
 
 
2F右側の部屋から隠し階段を通って地下に移動。
ヴィンちゃんを叩き起こし、しつこく話しかけて、いったん部屋を出る。
地下から出て行こうと歩き出すと、ヴィンちゃんが追いかけて来て仲間入り。
最初から素直についてくれば良いのに。

地下の書庫でセフィロス(?)と会う。
クラウドを挑発するようなことを言い、何故かしょうめつのマテリアを投げつけて去るセフィロス・・・

この書庫には、クラウドの過去を物語る重要なヒントが書き残されているので、残らずチェック。
 
 
セフィロスを追って、次はニブル山へと向かいます。
メンバーはティファとヴィンちゃんにしました。なんとなく、気分で。

ニブル山をくまなく回ってアイテム回収。
ぜんたいかとかぞくせいのマテリアを拾う。
マテリアはだいぶ集まって来てるんだけど、まだ装備品のマテリア穴が少なくて、装備しきれないのよね。
マスターマテリアを作ることを考えると、気が遠くなるわ・・・

ドラゴンからは金の腕輪を盗む。
ギルが無いから、盗んだもので間に合わせて節約しないと。
このままではゴールドソーサーのゴールドチケットが買えん。
無駄遣いしているつもりは無いのに、どうしてこんなにギルが乏しいんだろう???
 
 
ここって、通り抜けるだけだったらアッという間なんだけど、全部回ると、けっこう消耗。
3人ともヘロヘロです。
っていうか、ヴィンちゃんがビーストフレアでドラゴンを回復してくれるおかげで、大変な目に遭ってます。

セーブポイントでテント使ってから、ボスに挑む。
道を塞いでいるヤツがボスです。
コイツに話しかける(?)と、ボス戦に突入。
(初回プレイの時は、それも分からなくてニブル山を嫌と言うほど歩き回ったな)

VS マテリアキーパー
とりあえず、コイツもバイオで毒状態にしておきました。
マイティガードも掛けて、と。

さぁ、トラインを使ってくれたまえよ!

・・・えーと、HP削らないと使って来ないんだったっけ?
残りHPを確認しながら、慎重に削って行く。

がっ!!!

またしてもヴィンちゃんがビーストフレアでマテリアキーパーを回復してるぅぅぅ!
ヴィンちゃん、連れて来るんじゃなかった。
この人、リミットブレイクするとバカ強くなる反面、制御不能だからなぁ・・・
途中から、ヴィンちゃんはゲージが溜まってもリミットブレイクさせないようにしました。

敵のHPが残り少なくなったら、こちらのHPは限りなく満タン状態をキープするようにしてトラインに備える・・・

毒のダメージで勝手に散ってしまう前に、無事にトラインをラーニングできました。

何故こんなに必死になっているのかと言うと、トラインって使い勝手が良くて自分は使用頻度がかなり高いのに、ラーニングできる場所がごく限られているから。
(ここを逃すと、あと1回しかない)
 
カウンターのマテリアを拾って、ニブル山、脱出。
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ピクミン 攻略メモ#8

遭難8日め [希望の森]

昨日の戦いの続きだ。
赤ピクミンでは頭に届きづらかったので、黄ピクミンも少し連れて行くことにする。
念のため、バクダン岩も持たせてみた。
鳥がバクダン岩を喰ってくれたらダメージを与えられるんじゃないかと思ったんだが・・・上手く行かなかった。
投げつけても、バクダンが爆発する前に土に潜ってしまったりしてダメだった。

けっきょく、無我夢中でピクミンに攻撃させるのみ。
くちばしで突かれ防護服が大ダメージを受けたが、どうにか限界に達する前に2匹めの鳥を倒すとパーツを吐き出した。

敵はもう1体残っていたようだが、無視して大急ぎでパーツを運ばせてしまうことにした。
入手したパーツはガイガーカウンター(要15匹)だった。

残った時間は、ピクミンを増やすことに費やした。
敵との戦いで、だいぶ数が減ってしまったから。

これで、このエリアのパーツも回収し終えた。
明日は樹海のへそにでも行ってみようと思う。
 
 

 ピクミンの数: 赤 237 / 黄 123 / 青 132

 パーツの数: 13個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 22日


 9日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

ピクミン 攻略メモ#7

遭難7日め [希望の森]

昨日拾ったパーツでドルフィン号はまたまたパワーアップしたが、新たなエリアに行くのは後回しにして、希望の森のパーツを回収してしまうことにした。
1個だけ残しておくのもなんだし。

レーダーで確認してパーツの落ちているあたり(南の方)に行こうとすると、その途中に敵がごっちゃり。
これではたとえパーツをゲットしても安心して運べないので、赤ピクミンに頑張ってもらって退治する。

パーツの元に向かうには、邪魔な箱を退けなくてはならなかった。
青ピクミンを十数匹連れて来て、水の中をジャブジャブ通って向こう岸からピクミンたちに押してもらう。

レーダーにははっきり写っているパーツだが、その場に行くと何も落ちていない。
こういう場合は、間違いなく生き物がパーツを飲み込んでいる。
あたりをウロウロしていると土の中から巨大な鳥が顔を出した。
敵は1体ではなく複数いるようだ。
赤ピクミンで総攻撃をかける。
しかし、胴体はとても固くてなかなかダメージを与えられない。
頭を狙った方が良さそうだ。
モタモタしているうちに、ピクミンたちがどんどん喰われてしまう。
必死に頑張ったが、1体を倒したところで日が暮れて来てしまった。
あたりにいるピクミンたちを大急ぎでかき集めて撤退することにした。

今日は1つもパーツを取れなかったが、仕方ない。
こういう日もある。
 
 

 ピクミンの数: 赤 179 / 黄 109 / 青 132

 パーツの数: 12個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 23日
 
 
 
 8日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記 #8

コスモキャニオン

バギーに乗って荒れ地をノロノロと進んで行き、コスモキャニオンに近づくとバギーが故障。
コスモキャニオンに入れてもらって、街の中をウロウロします。

武器屋で「かめ道楽通信4」、宿屋で「かめ道楽通信5」を読む。
ありゃ、「3」が抜けた。
どこだ?ゴールドソーサーか???

HPアップのマテリアMPアップのマテリアを購入。

それからメンバーの武器を・・・
全員分買うとお金が無くなりそうだったので、クラウドとナナキと当面パーティに入れそうな人の分だけ買っておきました。
 
 
じっちゃんのアレを見せてもらったら、広場に下りて、たき火のまわりに居る仲間と会話。
ナナキとユフィをパーティに入れて、ギ族の洞窟へ。

ギ族の亡霊(ステルシーステップでも可)から、死の宣告をラーニングする。

まだレベル1のリミット技しか出していないユフィとナナキに、なるべくトドメを刺させるようにしながら進んで行く・・・

かなり消耗。
なんでこんなにキツいんだろう?
そんなにレベル低いわけではないと思うんだけど。
洞窟内が迷路状になっていて、無駄に歩き回ってるのがいかんのだな、たぶん。
あと、でっかいクモも嫌い 

3人ともMP切れになってしまったので、いったん洞窟から出て宿屋で休んできました。
じっちゃん、待たせてごめんな。

VS ギ・ナタタク
聖なる力に弱い・・・とのことで、ケアル系やホワイトウィンドでダメージです。
ソウルファイアは無視して、ひたすらギ・ナタタクにケアルラ掛けて倒しました。

敵の攻撃は炎属性が主体なので、炎の指輪を装備したり、防具にぞくせい+ファイアのマテリアをセットして戦うと、とっても楽。

ついかこうかのマテリアじゅうりょくのマテリアを入手。
「じゅうりょく」はボス撃破後に出現。
この洞窟内で四苦八苦している間に、ユフィが抜山葢世を編み出しました。

ちょっぴりオトナになったナナキ・・・だけど、この里帰り以降、異様にガキっぽくなる。

次は、クラウドとティファの里帰り。
このへんの、それぞれのキャラにゆかりの地を巡って、一人一人のバックボーンを把握していく・・・という展開が、スゴく好き。
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ピクミン 攻略メモ#6

遭難6日め [希望の森]

希望の森にもパーツが残っているので、今日はそれを回収しに行くことにした。

まず、北の方の水の中にある白い柵を30匹ほどの青ピクミンに壊させておく。

その間に、赤ピクミンを50匹ばかり連れて行って東の方へ。
付近の敵を片付け、高台にピクミンを放り込んでおく。
自分は手前の水の中を通って、チャッピーを起こさないように回り込んでピクミンたちと合流。
チャッピーを倒してから、その場に落ちている「ショックアブソーバー」を回収した。(要30匹)
 
 
最初に作業させておいた柵が片付いたようなので、赤ピクミンをありったけ連れて行く。
赤ピクミンは南側から回り込んで高台の上に放り投げておいた。
自分は水の中を通って赤ピクミンと合流。
赤ピクミンたちに黒いゲートを壊させておいて、青ピクミンは東の水辺の橋を造るためにそっちに連れて行くことにした。
 
 
青ピクミンたちを2つの橋に割り振ったら、赤ピクミンたちのところへ取って返す。
行ったり来たり忙しい。

黒い柵が消えたら、バトルだ。
いかにも固そうな敵(命名:フタクチドックリ)が居る。
コイツは大きく息を吸い込んだ後、巨大な岩を吐き出す。
こんな岩の下敷きになったら、ピクミンたちはひとたまりもない。
もちろん、自分も。

コイツを倒さないことには、その近くに落ちているパーツを運べそうもない。

固い殻の上から攻撃しても無駄だ。
フーーーッと息を吸い込んでいる時に、口に向かってピクミンを投げつける。
上手い具合にピクミンが口に入ると羽根を広げるので、そうしたら背後に回って羽根の下の赤い部分を総攻撃だ。
これを何度か繰り返して倒した。

これで無事に「放射キャノピー」を運べる。(要30匹)
倒した敵の亡骸も運ばせておく。
この戦いで犠牲になった赤ピクミンたちを補充しなくてはならない。
 
 
赤ピクミンたちに荷物を運ばせている間に、東の水辺で作業中の青ピクミンたちの様子を見に行く。

どうにか2つの橋は完成していた。
しかし、既に夕暮れ。
パーツを運べるかどうかは微妙なところだ。
落ちていたパーツは「サジタリウス」だった。(要20匹)
その場にいる青ピクミンたちに運ばせる。
心配なので、自分も一緒に付いて行った。
こういう時、自分も手伝えたらいいのに、と、いつも思う。
運べるところまで運んでもらえればいいやと思っていたが、無事に運び終えることができた。

行ったり来たり忙しく、派手なバトルもあり、なかなか凄まじかったがパーツは3つも回収。
我ながら充実した1日だった。
 
 
 

 ピクミンの数: 赤 178 / 黄 109 / 青 120

 パーツの数: 12個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 24日
 
 
 
 7日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

ピクミン 攻略メモ#5

遭難5日め [遭難地点]

残して来たパーツが気になるので、最初の地点に戻ってみることにした。

初日に動かした箱の中に、バクダン岩が落ちていた。
黄ピクミンを連れて来てバクダン岩を拾い、その先の白い岩カベを壊す。

パーツは水の中の貝が飲み込んでいたので、青ピクミンを連れて来て貝を攻撃させた。
貝殻が閉じそうになったら大急ぎでピクミンを呼び寄せてやらないと喰われてしまう。
タイミングを掴むまで、何度か失敗して仲間を失ってしまった。
慎重に攻撃を加えて、ようやく貝を倒して「ポジトロン発電機」をゲット。
運ぶのには20匹のピクミンが必要だった。

残った時間を利用して、ピクミンを増やすことにする。
貝の中にある真珠のような粒は、オニヨンに運ぶと大量のピクミンを生むことが分かった。
なので、これも回収することにする。
陸にある貝は、黄ピクミンにバクダン岩でダメージを与えてもらっておくと戦いが楽になっていい。

新たに生まれたピクミンは、全て引っこ抜いておいた。
このエリアのパーツ回収は終了し、もうここに来ることは無いだろうから。
 
 

ピクミンの数: 赤 127 / 黄 109 / 青 108

パーツの数: 9個 / 30個

タイムリミットまで 残り 25日
 
 
 
 6日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

ゲーム的近況

予約入れた時は「まだ、だいぶ先のハナシ・・・」と思っていた「キングダム ハーツ 358/2 Days」の発売まで、あと1週間ですよ。
早いなぁ。

で、現在のプレイ状況と今後のプレイ予定などを。

再プレイしていた「KH2 FM+」は、また同じところで挫折しそうです。
前回のプレイで倒せた人たちは倒せましたが、新たに倒せたのはルクソードのみ。
この人は、最後の○を4つ揃えるのが毎回失敗していただけなんで・・・
今回は運良くサラッと揃ってしまい、なんてことなく倒せました。

勝ててないのは、ゼムナス、デミックス、シグバール、ザルディン、ロクサスと、鎧の男。

何か根本的に間違ってるんですかね?
ロクサスはなんとなく勝てそうな手応えが出て来たので、もうちょっと頑張ってみますが、他の人は戦ってるとストレスが溜まる一方で・・・

ゲームやっててストレス溜まるようになったらゲームやってる意味が無いので、スッパリ諦めようかと思ってます。
(一応、セーブデータは残しておきますけど)

で、とっとと「358/2 Days」に、なだれ込みたいです。
 
 
「ディシディア」は、アタシの場合「何時間もやり込む」というよりは、手軽にちょこちょこと遊んでいるという感じ。
このままのペースでダラダラと進めて行こうと思ってます。
こういうゲームは、「今日はあのアイテムを狙おう」とか「今日は誰をLV.50まで上げよう」とかいうように、自分で目標を設定して遊べるからいいですね。
 
 
「ピクミン」は、パーツ残り1個までこぎ着けました。
もう一息です。
その「一息」が大変なんですけど。
勝てるかな・・・
まぁ、2〜3日中にはなんとかなるだろ。
なんとかします。
 
 
「FFVIIインターナショナル」も、せっせと進行中。

他と平行してプレイしているからペースは遅いと思うけれど、今度はちゃんとウェポンを倒すまで頑張りたいです。
 
 
「わがままファッション」は、週1ペースぐらいで起動中。
6月から夏に入ると思うので、暑っ苦しい服を売っておかないと不良在庫になりそう・・・
 
 
今週は「ピクミン」にケリ付けて、「KH2 FM+」にも適当なところで見切りをつけて、「358/2 Days」に備えたいと思います。
アマゾンさんで予約しているため、発売日に手元に届くかどうかは、かなり微妙・・・ですが。

えーと、よーするに・・・
次週以降は、「358/2 Days」と「ディシディア」と「FFVIIインターナショナル」を同時進行!?
やだぁ、スクエニまみれじゃん Σ(゚д゚;)

FINAL FANTSY7 再々・・・攻略日記 #7

寄り道 〜 ゴンガガ村

ゴールドソーサーから出た砂漠のところでキマイラとエンカウント。
アクアブレスをラーニングしたけど死にそうになる。
危なかった。
ダイン戦からやり直しになるところでした。
 
 
次はゴンガガ・・・ですが、その前に、ちょっと逆走します。
コスタ・デル・ソルから、バギーごと船に乗ってジュノンエリアへ移動。

「あやつる」を使って、ジュノンエリアに出るゼムゼレットからホワイトウィンドをラーニング。
このへんをウロついている間に、エアリスが星の守護を編み出しました。
あとは、星の守護を使いまくるだけね。
うん、このペースなら大いなる福音を拝めそうだぞ。

それから、コンドルフォートに寄ってバトルに参加しておく。
敵は20匹程度でバーバリアンが居るっていうんで、ディフェンダー×3、ファイター×5、アタッカー×5を投入。途中でディフェンダー×2を追加して、砦に攻め込まれること無く撃退しました。(ただし討ち死に多数)
ごほうびは安らぎの指輪

コンドルフォートから北の方に進むと川があって、その向こう岸に洞窟あり。
(浅瀬をバギーで渡って行く)
オヤジが寝てます。
戦闘回数の下二桁が奇数のぞろ目(11、33など)の時に、寝ているオヤジに話しかけるとミスリルをくれます。
何度か出たり入ったりして話しかけていると、戦闘回数を教えてくれることがあるので、それを目安に洞窟付近でバトルして回数を調整し、ミスリルをゲット。
これは、エアリスの究極のリミット技を入手するのに必要なのだ。

ミスリルマインに火炎放射をラーニングしに行ったついでに、ティファの撃破数稼ぎに付き合う。
無事に水面蹴りを編み出しました。
ついでにクラウドもクライムハザードを編み出す。
ティファはなかなか出なかったけど、クラウドは速かった。
やっぱり、クラウドは放っといても全部出るだろう。
 
 
やることやったので、また船に乗ってコレルエリアに戻る。
あっちこっちで神羅の下っ端兵士がこづかい稼ぎしていやがる・・・
別に無理してこのタイミングで戻らなくても良いんだけど、ホワイトウィンドをなるべく早くラーニングしたかったんでね。

では、ゴンガガエリアに行きます。
ゴールドソーサーの砂漠地帯から南へ移動。
ゴンガガ村に入る前に、砂浜の所でバトル。
ビーチプラグを操って、マイティガードをラーニングしておきました。

HP回復と状態異常の治療が同時に出来るホワイトウィンドと、バリア・マバリア・ヘイストを同時にかけられるマイティガードは、とにかく重宝するから。
特に、ちりょうのマテリアが育ってなくてエスナが使えないうちは、ほんと助かる。
 
 
ゴンガガに入るなり、タークスの連中と遭遇。
やっぱり、部下がこれではツォンさんも、さぞ・・・

VS レノ&ルード

どちらか片方を倒すと、2人とも逃げてしまいます。
戦利品を2つとも入手するため、同時に倒すことにしました。
「みやぶる」で残りHPを確認できるようにしておいて、せっせと攻撃。
ルードがケアルを使うので、ちと厄介。
最後はは召喚で一気に片をつけました。
 
 
壊れた魔晄炉に行くとイベント発生。
キャハハが覗いていたあたりを調べて、タイタンのマテリアを入手。

村に向かう道の途中でひっさつのマテリアを拾う。

ゴンガガ村で、まどわすのマテリアじかんのマテリアを買っておく。
あんまり使わないんだけど、育てないとマスターマテリアが手に入らないし・・・

パーティにティファとエアリスを入れておくと、右下の民家・ザックスの家でちょっとした会話イベントがあります。
ここは、これだけ。
 
 
ゴンガガ付近の森の中ではカエルのうたをラーニング。
みんなでカエルになっちゃって一時はどうなることかと思ったけど、無事に戦闘終了。
このへんをウロつく時は、最低1人はホワイトケープを装備してないとダメね。

ゴンガガ村から川を渡って西へ移動しコスモエリアへ。
怒髪天ボンバーくらったエアリスが怒り状態になったので、これ幸いと粘る。
星の守護を使いまくって、生命の鼓動を編み出させました。
よっしゃ、これで間違いなく大いなる福音を拝めるぞ。

大きなイベントは無かったけど、なんだか忙しかった。
次は、ナナキの里帰り。
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ドラマいろいろ、ざっくりと

まずは今日からスタートした「MR.BRAIN」

すごい豪華メンバーでしたね。
っていうか、ちょっと高嶋政伸、出過ぎじゃ・・・
なんだか最近やたらと見てる気がしますよ。

主人公のキャラは、いかにもキムタクっぽいキャラで・・・
もう少し違う感じのキムタクも見たいなぁ。

というか、この主人公のキャラ設定はどうなんだろう?

空気の読めないホスト→事故で脳に損傷を負う→奇跡的に回復して天才脳科学者に変貌
っていう設定、必要なんだろうか?

別に、変わり者の(空気読めない)脳科学者・・・で、いいんでないの?

かつての自分とはすっかり変わってしまった自分をどう受け止めていいのか悩んでいる主人公の心理まで描くつもりだとしたら、圧倒的に時間足りないと思いますけど。

毎回、豪華ゲストを呼んでセンセーショナルな事件を華麗に解決しつつそれをやってのけるには、一ヶ月遅れのスタート(つまり回数が少ない)は、あまりに痛いのではないですかね。

そのキャラ設定が宙ぶらりんになったり、ものすごく中途半端なことにならないといいですね。
なんだか、いろいろ他にもネタ放り込みたそうな気配がしてたし。

初回の内容は、ネタ的には普通だったかな。
真犯人が犯行に及んだ動機が曖昧なまま終わってしまったのも、ちょっと不満。
いや、まぁ、動機が分かって九十九に説教されるよりはいいんだけど。

「MR.BRAIN」に関しては、自分の好きな犯罪推理ものなので、主演が誰であろうととりあえず見ます。
次回はガックンが出るので楽しみだ。
 
 
で、その後「ザ・クイズショウ」を追っかけ再生で見ました。
そしたら、「人は嘘をつくとき無意識に右上を見る」とか言ってて。
先週も、「ゴッドハンドがどーしたこーした」って言ってましたよねぇ。
偶然とは思えない。

こちらは毎回少しずつ趣向を変えて来ていて面白い。

「解答者」として招待されるのは、皆、ミサキという女性が死んだ日に河原に居合わせた人たちのよう。
どうも冴島も関わっていそうな感じだけど、彼女の方が神山と本間のことは覚えていないのが謎。

深夜版「ザ・クイズショウ」の2年後という設定になっているらしい。
深夜版を見ていないのでこの先置いてきぼりにならないかちょっと心配。
まぁ、そういう視聴者は多いだろうから大丈夫だとは思うけど。

毎回、最終問題の後に神山が解答者に説教たれた後に「なんちゃって〜w]」って言うのが余計だよな・・・と、思う。
「なんちゃって」も、説教も、どっちも。
べつにさぁ、いちいち教訓めいたこと言わなくっていいのに。
でも、今回は「なんちゃって」って言わなかったんだよね。
前回も平手打ちしちゃったりしてたし、今回も本気で怒っていたっぽかった。
もしかして、このお説教にも何か意味があるのかしら???
 
 
「スマイル」は、もはやガッキー鑑賞番組。
それとも、これまでは単なる前フリでここからが本筋?
松潤の演技はなかなか良いと思うので、どうにか持ち直してくれるといいんだけど。

あと、林の扱いもなんか中途半端だなぁ・・・
回想シーンで出て来た時には相当ヤバそうな男だったのに。
今のところ何がしたいんだか分からんし、やってることも極悪というには程遠い感じ。
だいたい、なんでそんなにビトにちょっかい出すんだかサッパリ分からん。
もしかして、寂しがりや?とか思ってしまう。
もっと、完全にキレちゃってるキャラの方が面白いのに。
あ、それだと刑務所から出て来られないか。
 
 
「臨場」も、一応、毎回見てます。
これは・・・普通だな。あまりに普通。

これも、最後に容疑者に説教めいたことを言ったり、泣かせる方向に持って行ったりするのが鬱陶しい。

解決した事件の現場に1人たたずむ倉石・・・
それだけで十分なのに。

あと、音楽もあんまり良くないなぁ。
なんだか大げさ過ぎる気がして。

それと、立原のお父さん、お身体の具合がよろしくないの?
車椅子で出て来て毒舌吐いたりしたらどうしよう・・・
 
 
「名探偵の掟」は・・・う〜ん・・・う〜ん・・・
「33分探偵」を見ていなかったらもう少し面白いと思ったかもしれないけど、あれを見た後だとどうも二番煎じくさい感じがしてダメだわぁ。
 
 
忘れてた。「ぼくの妹」
これは、なんだか日曜の夜にはあんまり見たくない内容のドラマになっている気が・・・
始まる前はコメディータッチでほのぼのと兄妹の絆を描くドラマなのかと思ってたら、ぜんぜん違うんだもの。
別に予想と違う内容でもかまわないんだけど、面白ければ。
でも、これ見てると、妙に気が重くなるんだよね。

それと、全般的に感覚が古くさいような気がするのは気のせいだろうか?
 
 
他には「白い春」と「アタシんちの男子」を見るつもりで録り溜め。
「アタシんちの〜」はともかく、「白い春」を早く見たいよぉ。
放送に追いつける日は来るのかしら?

え?「天地人」?
あれは、アタシはリタイア。
ダンナさんはまだ辛抱しているので、アタシは横で何かしながらチラ見している状態。

ピクミン 攻略メモ#4

遭難4日め [樹海のへそ]

新たなエリアは、薄暗くて気味の悪い場所だ。
マップを見て確認すると、どうやらわりと近くにオニヨンがありそうだ。

まずは赤ピクミンを50匹ほど呼び出し、半分には着陸地点の側にある白っぽい柵を壊させ、もう半分には橋を作らせておいた。
その間に、オニヨンを探しに行く。

青いオニヨンは、着陸地点から少し西に行った所の水の中にあった。
予想どおり、新たに発見した青いピクミンは水の中でも溺れない。
これでまた、探索範囲は大いに広まるだろう。

近くのペレットを集めて青ピクミンを増やしている間に、白いゲートが開いた。
青いオニヨンを見つけた場所の近くの崖の上に青っぽいパーツが乗っているのが見えたので、赤ピクミンたちにはこれを取りに行ってもらうことにする。
崖の側の枝のカタマリみたいな物体をピクミンに攻撃させると、枝がスルスルと伸びる。
後は、放っておけばピクミンたちは勝手に枝を伝って崖に上って行ってくれる。
パーツを持って崖から降りる時、衝撃で飛ばされたピクミンも居たようだが、何とか体勢を立て直して運んで行ってくれた。
パーツは「オートマチックギア」だった。
落ちた衝撃で、ひび割れが大きくなっていないだろうか?
ちょっと心配。
 
 
青ピクミンにペレットを集めさせていたら、変な生き物(命名:パンモドキ)が現れた。
ペレットを横取りしようと寄って来たのだ。
負けじとピクミンを投げつけ、ペレットを引っ張る。
ピクミンの力の方が勝っても、パンモドキはペレットをくわえて放さず、ズルズルとそのままオニヨンへと運ばれて来た。
そして、ペレットがオニヨンに吸い込まれる時、パンモドキはオニヨンに激突し、その衝撃で死んでしまった。
ラッキーなことに、パンモドキは「スペースフロート」を飲み込んでいた。
このパーツを運ぶには25匹のピクミンの力が必要だった。
ちょうど橋を作らせていた赤ピクミンたちの作業が終わっていたので、彼らを連れて来て付近の虫を退治させ、その死骸を使って大急ぎで青ピクミンを増やした。
青ピクミンでスペースフロートを水から引き上げたところで、赤ピクミンにバトンタッチする。
なぜなら、青いオニヨンのすぐ北に、水の中に沈んでいるパーツがあるのを発見したからだ。
青ピクミンには、そちらを運んでもらわなくては。

水の中に落ちていたのは「イオニウムジェット1」だった。
必要なピクミンの数は15匹。
ありったけの青ピクミンを連れて来て運ばせる。
夕刻が迫っていたが、無事にこのパーツも回収できた。

なんと、今日は1日で3個のパーツを集めることができた。
スバラシイ!
 
 
 

 ピクミンの数: 赤 102 / 黄 59 / 青 35

 パーツの数: 8個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 26日
 
 
 
 5日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTASY VII 再々・・・攻略日記の目次

攻略日記の目次
 (ネタバレ注意)

 #1 壱番魔晄炉 〜 五番魔晄炉 〜 伍番街スラム
 #2 ウォールマーケット 〜 列車墓場 〜 七番街スラム
 #3 神羅ビル 〜 ミッドガル脱出
 #4 カーム 〜 コンドルフォート
 #5 ジュノン 〜 運搬船 〜 コスタ・デル・ソル
 #6 コレル山 〜 ゴールドソーサー 〜 コレルプリズン
 #7 ジュノンに逆走 〜 ゴンガガ
 #8 コスモキャニオン
 #9 ニブルヘイム 〜 ニブル山
 #10 ロケット村 〜 ゴールドソーサー
 #11 古代種の神殿
 #12 ウータイ
 #13 ボーンビレッジ 〜 サンゴの谷 〜 忘らるる都
 #14 アイシクルロッジ 〜 大氷河
 #15 絶壁内部 〜 竜巻の迷宮
 #16 ジュノン 〜 ミディール
  てきのわざラーニング大会とチョコボ育成開始
 #17 コレル 〜 コンドルフォート 〜 ミディール
  大部分、サボテンダーの島に引きこもり
 #18 ヒュージマテリア横取り大作戦
 #19 各地でアイテム回収とチョコボ育成
 #20 ミッドガル、再び・・・
 #21 古えの森・・・他
  究極のリミット技と最終武器など、各種アイテム回収
 
 
 

 

FINAL FANTASY7 再々・・・攻略日記 #6

コレル山 〜 ゴールドソーサー 〜 コレルプリズン
 
 
コスタ・デル・ソルから徒歩で西に向かい、山道を通ってコレル山へ。
黒マントの男のウワサが、ポツポツと出てきましたな。
あ、クラウドと同行しているのはエアリスとユフィです。
ボムを見たら速攻で逃げる、意気地なしパーティです。(だって、ことごとく自爆されるんだもんよ)

コレル山を通過中に、ユフィが明鏡止水を編み出しました。

途中で鳥の巣からフェニックスの尾を強奪したり、あっちこっちでお宝拾ったりして、コレル村に到着。
ここでも黒マントの男のウワサ。

ロープウェイ乗り場に行くと、バレットの昔語りが始まっちまいます。
これが、気が滅入るような話しで。

一転、ロープウェイを降りると、そこはゴールドソーサー。
気分展開にぱーっと遊びたいところだけれど、この時点ではほとんど機能していないので、とっととワンダーランドに行ってケット・シーを仲間に入れ、バトルスクェアへ移動。
ホイッとコレルプリズンに放り込んでもらいました。
 
 
ここからはバレットが固定メンバー。
どこに行けば良いのかは分かっているので、すぐにでも脱出できるのだけれど、色々やりたいこともあるのでバレットとエアリスを連れてしばらくウロウロ。

ケット・シーの初期装備あやつるのマテリアが、ラーニングには便利なのでクラウドに装備させておく。

最初にプレイした時、ダインの居場所が分からなくて2日間ここに閉じ込められてたっけ。
(ストーリー的には1日で脱出したことになってンだけど)
ダインを求めて砂漠を走り回って、でっかいイモムシみたいの相手にヘロヘロになったし。
あの当時は、ネットで調べるなんてスキルも持ってなかったからなぁ。
私がコレルと聞くと気が重くなるのは、バレットのエピソードがヘヴィなのと、2日間ここに閉じ込められた忌まわしい記憶のせいなのである。

ダインのアジトは、コレルプリズンから出て、砂漠には入らずに地面の亀裂にそって右に進んで行った所。
その手前のエリア(トラックの残骸がいくつもあるところ)に居るデスクローザーからレーザーをラーニング。
ついでにプラチナバングルも盗む。

同じ場所に出るブルモーターもマトラマジックを使うので、ジュノンで拾った「てきのわざ」にもラーニングしておく。

うっかり砂漠にも足を踏み入れてしまったので、仕方なくイモムシと戦う。
クラウドが破晄撃を編み出しました。
クラウドは放っておいてもそのうち全部習得するだろう。
それから、サポテンダーを倒して1万ギルをゲット!
たまたまバレットがリミットブレイクしていたので、ぶっ飛ばしてもらいました。

砂漠をウロついている間に、エアリスは怒りの烙印を編み出しました。
LV.3まで出しておきたいところだったけれど、このエリアではあまり撃破数が稼げなさそうなので止めておきました。
 
 
やることは全てやったので、ダインに会いに行きます。

VS ダイン

バレット1人で戦います。
とりあえず毒状態にしておいて、じゃんじゃんリミットゲージが上がるからその都度リミット技を使うだけ。
余裕を持ってしっかり回復しておいたので、危機的状況に陥ることも無く、無事に勝利。

自動的にコーツのトラックに移動。
クラウドがチョコボレースに出ることに。

控え室でラムゥのマテリアを拾う。なんでこんな所に???

レースは2回めで勝ちました。
バギーをもらって、コレルプリズン、脱出。
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTSY7 再々・・・攻略日記 #5

ジュノン 〜 運搬船 〜 コスタ・デル・ソル

村に入ったら、まず入り江へ。
メンバーはクラウド、エアリス、ユフィにチェンジ。

VS ボトムスウェル

とりあえず、バイオで毒にしておいて、と。
(チッ、なかなか毒状態にならないな。まぁ、けっこう削ってるからいいけど)
武器攻撃が届くのはユフィのみ。
クラウドはせっせとバイオ、エアリスは火炎放射。
しばらくすると、攻撃の要のエアリスが水球に閉じ込められて大慌て。
行動できないうえにHPがガンガン減っていく・・・
叩いても壊せない。
が、魔法を当てれば壊せました。
そうだった、思い出した。
けっきょく毒になってくれないまま、バトル終了。

民家で一休みした後、プリシラにシヴァのマテリアをもらったら、ジュノン港めざしてジャンプ!
 
 
さて、ジュノン港はバトルは無いけど、けっこう忙しいのよね。
神羅の制服に着替えてウロチョロ、ウロチョロ・・・

パレードは、今回も悲惨な視聴率を叩き出していました。
プロデューサー、間違いなく首が飛びましたね。
もちろん、爆弾が送られてきました。

上級者の館(壁に「27」と書かれた建物)に行って、てきのわざのマテリアを拾うのも忘れずに。

お買い物は、そせいふうじるのマテリアを購入。
武器&防具は盗んだ物で間に合ってるので購入せず。
ハチマキと銀縁メガネは1個ずつ買っておきました。

ジュノン式お見送りは社長好感度180ポイントを獲得し、フォースイーターを頂戴する。
 
 
運搬船に乗船。
そのへんに散っている仲間たちに話しかける。
いったん甲板に上がって下に戻り、エアリスが「バレット見なかった?」と言い出したら、また甲板へ。
道をふさいでいた兵士が居なくなり、ブリッジの方に行けるようになってます。

バレッドに何度か話しかけると警報が鳴りだし、事態が一変。

行動メンバーは引き続き、クラウド、エアリス、ユフィ。
単にマテリアの付け替えが面倒なだけ。
ジュノンで買って来たハチマキと銀縁メガネを適当に装備。
状態異常化攻撃をして来る敵が居るのでね。

船倉に下りてぜんたいかのマテリアを拾ったら、機関室へ。
くらやみ&すいみんにもめげず、海兵隊員から「新羅安式防具」を盗みまくる。

赤い服の隊長さんに声を掛けると・・・

VS ジェノバ・BIRTH

初のジェノバ戦。
毒は効きませんでした。忘れてました。
とにかく、全力で頑張る。
エアリスに「火炎放射」使わせたら、いい感じで削ってくれてました。
ユフィに回復させながら、クラウドもファイラで攻撃。
ストップをことごとくミスってくれたので、助かった・・・

忘れずにイフリートのマテリアを拾って、下船。
 
 
コスタ・デル・ソルは、別荘の地下でお宝を回収して、ビーチに居る宝条に会って、一休みするだけ。
金の針を念のため少し買っておく。

次はコレル。
あぁ、なんか、気が重いなぁ。
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ディシディア FF プレイ日記 #22

ガーランドがやっとLV.50になりました。
だぁぁ・・・しんどかった。
走りは重いが攻撃アビリティのラインナップは比較的マトモで使いやすいと言っても過言ではないガーランドでさえ、このしんどさ。
あの人とかあの人とかLV.100にすることを考えると目眩がして来る今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか。

ガーランドの扱いにはスッカリ慣れました。
この人は攻撃が多彩で面白い。
アルティミシアに向かって「くそガキぃ!」とか言っちゃって、「そりゃ、ねぇだろ (^-^;」とか。
ガリガリ大剣を引きずって、床に傷付けてみたりとか。
(武器を振り回すと、床やカベに傷が付くってこと、この人を使うまでぜんぜん気付かなかったわ)
バトルとは関係ないところでも楽しんでます。
 
 
現在のウチの子たちのレベルは
ウォーリア・オブ・ライトのみがLV.100に到達
クラウドとフリオニールがLV.60代
ガーランドがLV.50
セシル、スコール、セフィロスの3名がLV.30代
コスモスサイドの他の子たちが全員LV.20代
カオスサイドは全員LV.5っ!

次はセフィロスをLV.50にしようと、コロシアムで頑張ってるところ。

クイックバトルで相手のレベルを操作キャラ+10程度にして、強さを「最弱」にすると、1回のバトルでかなり経験値が稼げるので、コロシアムに行けるまではその方法で育てることにしています。
それ以降は、もっぱらコロシアムで。
LV.10くらいになると飛空船コースでも連勝できるようになるので、だいたいそのへんから飛空船に乗り始め、LV.40程度でファルコンコースに行く感じ。
キャラにもよるけど。

エクスデスは無理。

この人だけは、自分と同じレベルでも弱めに設定してあげないと勝てん・・・
けっきょく、エクスデスVS(ちょっと弱い)エクスデスというシュールなバトルで鍛えて、それでも他の人よりどえらい時間かけてやっとLV.5にしました。
あぁ、もう、この人はどう扱っていいのか分からん (;´д`)

それと、何故か「コック帽」が取れないの・・・
出て来ることは出て来るんだけど、何故かいつもタイミングが最悪。

やむを得ず強敵と戦い、負けてしまってメダル根こそぎ持ってかれた直後
とか
やむを得ずアイテムを取ったら、その次に出て来てメダルが足りなかったり
とか

へんしんスティルツキンのゴーストが「愛の食卓」一式を持ってるからって、何度も対戦してるのに何故かこれだけ落としてくれないし。
だから、もうフライパンもエプロンもタイマーもいらないんだってばっ!

目下、帽子無しの愛の食卓装備はスコールが装備してます。
それでなくても無愛想なスコールが、ますます無愛想なしかめっ面になってること請け合い ( ´艸`)プププ
 
 
  
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ピクミン 攻略メモ#3

遭難3日め [希望の森]

引き続き同じエリアでの作業。

最初に黄ピクミン3匹を呼び出し、バクダン岩を使って着陸地点の白い岩カベを壊してもらう。
バクダン岩は、昨日、ダイナモを拾った地点の側の空き缶の中から拾って来た。

白い岩カベの先に居た虫たちは、全て赤ピクミンで片付ける。
眠っている虫(チャッピー)には、バクダン岩を投げつけて予めダメージを与えておいてもいい。
そうすると、こちらの被害が少なくて済むから。
(チャッピーに向かってバクダン岩を持った黄ピクミンを投げ、ピピーッと笛を吹いて呼び寄せると、黄ピクミンはバクダンをチャッピーに投げつけて戻って来る。ピクミンを犠牲にせずに敵にダメージを与えられるのだ)

敵を片付け終えたら、右手の黒い柵を赤ピクミン30匹ほどに壊させておく。
それから黄ピクミンを連れて来て、左手に進んだ所にある黒い岩のカベをバクダン岩で破壊していく。
その間、手の空いているピクミンには虫たちの死骸を運ばせておいた。

黒い岩のカベの奥で、「ただものではないネジ」を発見。
運ぶには30匹のピクミンが必要なので、ヒマそうなのをかき集めて来て運ばせることにした。

ちょうど、赤ピクミンに作業させておいた柵も開いたようだ。
そちらに進んでみると、また虫たちがゴチャっと居たので赤ピクミンで片付ける。
そこには「ノヴァブラスター」が落ちていた。
30匹のピクミンをかき集めて来て運ばせておく。
ついでに、そのへんに転がってる虫の死骸も。
 
 
ピクミンたちにパーツを運ばせている間に、はぐれているピクミンがいないか探しつつ、付近を偵察に行って来た。
どうやら、水たまりが邪魔で、このエリアではこれ以上作業範囲を広げることができなさそうだ。
どこかにきっと、水に入っても溺れないピクミンがいるはずだ。そうに違いない。
ちょうど、今日拾い集めた分のパーツでドルフィン号がパワーアップした。
明日は、別のエリアに行ってみようと思う。
 
 
 

 ピクミンの数: 赤 101 / 黄 59

 パーツの数: 5個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 27日
  
 
 
 4日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

体験版2本(正確に言うと4本)

気になるPSPソフトの体験版が無料配信されていたので、お試ししてみました。

まずは「勇者30」「魔王30」「王女30」

なんだろう、これは?
いわゆる逆転の発想?

アタシが心惹かれたのは「超速RPG」という謳い文句だった。

艱難辛苦を共にした主人公とその仲間たちが、長い長い旅の果てにようやくラスボスを倒して世界を救うのがRPGの王道。
あまりに短いと「本編が薄い」などとブーイングが発生することもある。

それなのに、このゲームは「雑魚と戦って勇者のレベルを上げ、強い武器や回復アイテムを手に入れて、ボスに挑む」というRPGの基本ルートをなんと30秒でやってしまえ、と。

で、ホントに30秒以内に目的を果たせないとゲームオーバーなんだ。

「魔王30」と「王女30」は、それぞれ魔王と王女が主人公で、ゲームシステムは違うけれど30秒以内にクリアしなければならない点は同じ。
体験版は無いが、他に「騎士30」というのも存在する。

そんなゲーム、あっという間に終わっちゃうじゃないか!
・ ・・なんて思ったら、大間違いみたい。
時間を巻き戻す仕組みもあったりなんかするし、他にも色々とテクニックを必要とする仕掛けがありそう。
「勇者」「魔王」「王女」「騎士」の4つをクリアすると、更に「新たな何か」が出て来そうな気配もある。

なかなか一筋縄では行かないスルメゲーの予感はあるけれど・・・そのスピードに鈍いアタシは付いて行けない。目が回る。

レトロでチープなグラフィック。
どことなく、すっとぼけた感のあるセリフの数々。
ひたすら斬新なルール。
これを面白いと感じるかどうかは、かなり個人差がありそうだねぇ・・・
「勇者のくせになまいきだ」が好きな人なら、たぶんきっと好きだと思う。
 
 
もう1本は「己の信ずる道を往け」

略して「オレイケ」って・・・
もう、絶対、「オレシカ」を意識しているとしか(^-^;

そんなタイトルに惹かれて、何気なくダウンロードして遊んでみたら・・・
これ、ヤバイかもしれない。

マップに配置された仕掛けを解きながら先に進んで行く形式のパズルゲームのような、アクションゲームのような・・・
今までに見たことの無いシステムじゃないかな。
少なくとも、アタシは初めて。

自分のリプレイデータが、「分身」として登場するのが最大の特徴。

例えば・・・
ボタンを踏みっぱなしにしていないと、次のフロアに進むための階段が消えてしまう。
当然、最初はそこから先に進めずタイムオーバーして、スタート地点に戻される。
次は先ほどの自分が「分身」となって登場しボタンを踏んでいてくれるから、自分は次のフロアへ行けるようになる
そんな仕組み。

失敗を繰り返すことで「分身」が増えて行き、どんどん先に進めるようになって行くのだね。

とにかく、発想が面白い。
浮世絵っぽい絵柄も、アタシ好み。
体験版を遊んでいるだけで、なんだかワクワクして来て、もっと遊びたくなった。
 
 
どちらも気になるんだけど
「勇者30」と「オレイケ」と、どちらか1本だけ選べと言われたら、アタシは迷わず「オレイケ」だな。
 
 
公式サイトはこちら。
 「勇者30」
 「己の信ずる道を往け」 
 

ピクミン 攻略メモ#2

遭難2日め [希望の森]

新たなエリアに降り立った。
今日からは時間の経過に気をつけて作業をしなければならない。

まずはピクミンを呼び出し、目の前の白い柵を壊してもらう。

その先には、ピクミンを喰う恐ろしい虫たちが居た。
ピクミンたちは果敢に立ち向かい、その虫たちを倒してしまった。
眠っている大きなヤツは、こっそりと背後に回り、大量のピクミンを投げつけて一気に倒してしまうといい。
正面から戦いを挑むと、目を覚ました敵にピクミンが食べられてしまい、大量の仲間を失うことになる。

敵をあらかた片付けると、その先にもう1つ白い柵があったので、虫の死骸を運ばせつつ残ったピクミンに柵を壊させておく。

柵の向こうに居た虫たちもピクミンに退治してもらい、ふと左手を見ると、オニヨンがあった。
今度は黄色のピクミンを生むオニヨンだ。
赤ピクミンたちはその場に待機させ、しばらく黄ピクミンを増やすことに専念する。

黄ピクミンはバクダン岩を扱えるという特別な能力の他に、赤ピクミンよりも高いところに飛ばせるという特徴がある。

赤ピクミンではまったく歯が立たなかった白い岩の壁を、黄ピクミンにバクダン岩で壊してもらった。
少し高い所にパーツが乗っかっているのが見えた。
あれは黄ピクミンでなければ届かない。
邪魔な虫たちは、また赤ピクミンに倒してもらった。
赤ピクミンは、いわば「戦士」だ。とても頼もしい。

この高い所に乗ってるパーツを運ぶには20匹のピクミンが必要なようだ。
残しておいた虫の死骸を黄ピクミンに運ばせ、黄ピクミンの数をさらに増やす。

ペレットや虫の死骸など、新たなピクミンを生む養分となるものは、ピクミンは自分と同じ色のオニヨンに運んで行く。
赤ピクミンは赤いオニヨン、黄ピクミンは黄色いオニヨン、そしてそれぞれの色のピクミンが誕生するのだ。

黄ピクミンを増やす間に、そこら中の赤ピクミンをかき集めて、手前に落ちていた「永久燃料ダイナモ」を運ぶことにする。
こちらは40匹のピクミンが必要だ。
新たに引っこ抜いて来たのも合わせれば、数は十分に足りた。

そうするうちに黄ピクミンの方も数が揃ったので、高い所に乗っているパーツを運ぶことにする。
「気まぐれなレーダー」だった。
これがあれば、付近の様子が手に取るように分かる。
地形やパーツの位置、はぐれピクミンの居場所まで。

かなり時間はギリギリだったが、どうにかロケットまで運ぶことができた。

1日で2つのパーツを回収。
幸先の良いスタートを切ったと言えるだろう。
 
 
 

 ピクミンの数: 赤 52 / 黄 40

 パーツの数: 3個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 28日
 
 
 
 3日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTSY7 再々・・・攻略日記 #4

カーム 〜 コンドルフォート

ミッドガル周辺でウロチョロして、スイーパーカスタムからマトラマジックをラーニング。
(たぶん、草の上より荒れ地の方が出現しやすいと思う)
これが、この先、重宝するのだ。
ついでに、アトミックシザー(バレットの武器)もぶんどってしまった。
バレットは飛び道具系を装備させといた方が好きだけどな。
 
 
それから、カームへ移動。
宿に入ると、延々とクラウドの昔語り。
2年前にニブルヘイムで起こった事件のことを語ってくれるんだけど・・・
これを本人の口から聞かされたんだから、そりゃぁティファも困惑するよなぁ。

お買い物してから出発。
だいちちりょうのマテリアは迷わず購入。
他は、盗んだ物でなんとかする。
 
 
同行メンバーはエアリスとナナキにしました。
この2人にリミット技を出させないと。

ちなみに、各リミット技のうち、下の段の技はその上のリミット技を使った回数が規定数に達すると発生し、上位レベルのリミット技はそのキャラがトドメを刺した敵の数が規定値に達すると発生します。(レベル4だけは別)
だから、レベル1の2つめの技を編み出す前に、レベル2の技を編み出してしまう、なんて場合もあるんだな。

他のキャラは後でどうにでもなるんで、とにかく最優先でエアリスにトドメを刺させるべく、てきのわざマテリアはエアリスに装備させ、マトラマジックで雑魚をガンガン倒すことに。
 
 
でも、編み出さないままチョコボファームに到着。

柵の中に居るチョコボに話しかけ、ダンスを見せてもらったあげく、チョコボ&モーグリのマテリアをいただく。それから、湿原を越えるため、チョコボよせのマテリアと念のためギザールの野菜を3つばかり買って出発。

チョコボファームの近くにチョコボの足跡があるので、そのへんをグルグルグルグル。
1回で捕獲に成功。
逃げられないうちに湿原を越えちゃおう。
ミドガルズオルムに触らないよう気を付けながら向こう岸に渡ったところで、チョコボとはお別れです。
 
 
せっせとエアリスをこき使いながらミスリルマインを進んで行くと、タークスの連中と遭遇。
う〜ん、部下がこれでは、ツォンさんもさぞ頭が痛いことだろう。

ミスリルマインでえんきょりこうげきのマテリアを拾う。
アークドラゴンから火炎放射をラーニング。
ナナキはルナティックハイを編み出す。
マドゥジュからグランドグラブを盗もうとしているうちに、3人ともヘロヘロ状態になってしまったので諦めました。
 
 
大急ぎでコンドルフォートに逃げ込む・・・

コンドルフォートでは、もちろん砦の戦いに参加。
アタッカー5人とファイタ−5人を雇って余裕で勝利。
戦死者は出たけれど。
戦利品としてマジックコームをもらう。(マテリア成長2倍は嬉しい)

この後、コンドルフォートを根城に、ミスリルマインでエアリスがレベル2のリミット技を編み出すまで粘る。
ここは、4匹とか5匹とかまとめて出ることが多いから、数を稼ぎやすいのだ。
しばらく黙々と戦って、ようやく「大地の息吹」を編み出しました。
マドゥジュからグランドグラブ(ティファの武器)を盗むことにも成功。
盗めるものが装備品の場合の成功率って低いよねぇ・・・
 
 
次は、ユフィを捕まえないと。
あぁ、やることいっぱい。

ジュノンエリアの森の中をウロついて、ユフィ出現を待つ。
その間にも、せっせとエアリスにトドメを刺させておく。
フォーミュラからブーメラン(ユフィの武器)を盗もうとして、また死にそうになる。
「盗む」を装備しているクラウドに「ケアル」も装備させてるのがイカンのだな。
「ケアル」は別のキャラに装備させておくことにしよう。
そうすれば、クラウドが盗みに精を出している間にヤバくなったら、他のキャラが回復できるからな。

よっし、ユフィ出た!
サッサと倒してとっ捕まえる。
答えを間違えると逃げられます。
逃げられても、またウロついていれば性懲りも無く出てきます。
無理してここで仲間にしなくても、この先、いくらでもチャンスはあるしね。
ユフィはマテリアを求めて世界中を飛び回っている模様です。(ただし、何故か森の中でしかエンカウントしない)

ユフィを仲間にしたら、とっととジュノンへGO!
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ピクミン 攻略メモ#1

ゆるゆるの癒し系ゲームに見えて、実はかなりシビアゲームだったりする「ピクミン」
「ピクミン2」と違って時間制限があり、難易度も割と高めです。

「Wiiで遊ぶ」が出たのをきっかけにピクミンと再会したい気持ちが募り、内容は同じらしいので、GC版のを引っ張りだして来て再プレイしています。

せっかくなので、プレイ日記もまとめ始めました。
前回プレイしてからだいぶ経っているので、無事にホコタテ星に帰れるかどうか・・・
とにかく、頑張ってみます。
 
 
遭難1日め [遭難地点]

あちらこちらに散らばったロケットのパーツを拾い集めなければ、家族の待つホコタテ星に帰れない。
タイムリミットは30日。
飛び散ったパーツは30個。
「30日で30個なら1日1個ペースで楽勝!」などと呑気なことを言ってる場合ではない。
早く帰れるに越したことは無いのだ。
1日に2個とか集められれば、それだけ余裕ができるだろう、気分的にも。
 
 
まずはピクミンと出会わないと話しが始まらない。
付近を歩き回って「オニヨン」を見つけ、赤ピクミンと出会う。

その後は第一号ピクミンを使って、近くのペレットを集めてピクミンを増やして行く。
あれこれ試してピクミンの動きを観察しながら、その習性を把握する。

10匹になると、紙の箱をピクミンで動かせるようになった。
これで行ける範囲が少し広まった。

恐る恐る進んで行った先には、「メインエンジン」が落ちていた。
最も大事なパーツだ。

付近に落ちているペレットを集めて更にピクミンを増やす。
メインエンジンを運ぶためには、20匹必要なのだ。
なんだかんだで25匹になった。

数が揃ったら、ピクミンにメインエンジンを運ばせる。
ピクミンが勝手にエッホエッホとロケットまで運んでくれるから、自分はただフラフラとそのへんをウロついていればいい。

メインエンジンを運び終えたところで、1日めが終了。
 
 

 ピクミンの数: 赤 25

 パーツの数:  1個 / 30個

 タイムリミットまで 残り 29日
 
 
 
 2日めに進む

 「ピクミン」攻略日記の目次に戻る

「スマイル」は何がしたいんだろう?

ドラマ「スマイル」を毎週見ているんだけど・・・
なんだか、どんどんおかしな方向に進んでいる気がする。

おかしな方向っていうか、何がしたいんだか混沌としてるっていうか・・・

とにかく、色んなネタがゴッタ煮状態なんだよね。
実際に起こった事件や、世間で問題になっていることなどをネタにして、これでもか!と放り込んでいる。

それってさ・・・
あまりやりすぎると、どんどん安っぽく、どんどんB級っぽくなるんだよ。

作っている方は、何らかの問題提起をしているつもりなのかもしれないけど。

放り込まれたネタは、どれもこれも上っ面だけで、ちっとも深みが無い。
だから、何のメッセージも伝わってこない。
ただただワイドショー的に、野次馬根性でネタをバラまいているだけにしか見えないんだ。

べつに、不遇な少年時代を送ったビトと、同じように辛い思いをしながらも笑顔を絶やさない花ちゃんのラブストーリーに、林っていう不気味な男が絡んで来るだけで十分なのにね。

どうして1つのテーマをじっくりと掘り下げて行くだけじゃダメなんだろう?

それと、ビトの過去がよく分からないのも不満。
昔、林とつるんで悪さしていた時期もあるんだよね?
「気弱だけど正義感の強い青年」という今のビトと、その頃のビトがぜんぜん結びつかない。
どうしてそんなに荒れていたのかも、そこから更生して真っ当に生きようとするようになった、その間のビトの心の動きも分からない。
それって、とても大事なことだと思うんだけど?
「過去」は徐々に明らかにして行きたいにしても、そろそろビトの過去ぐらいはちゃんと見せて欲しい。
でないと、ビトというキャラをどう受け止めていいのか・・・???

けっこう、合点の行かない展開とか、無茶な設定もあるしなぁ・・・

このドラマを見ていると、演じている役者さんたちが気の毒になってくる。
ガッキー、超カワイイのに。
「シナリオ」のことを日本語では「脚本」とか「台本」って言うけれど、これはシナリオが芝居の「土台」で、これが無ければ芝居が成り立たないくらい大事なものだから「脚(あし)」とか「台」とかいう文字が含まれているんだそうな。
ぐだぐだの土台の上に、どれだけ素晴らしい役者を並べても、良いものはできないよねぇ。

FINAL FANTSY7 再々・・・攻略日記 #3

神羅ビル 〜 ミッドガル脱出 

階段登るのが面倒だったので、真っ正面から神羅ビルに突撃。
1F右奥の掲示板で「かめ道楽通信2」を読んでおく。
エレベーターで嫌というほどバトルになって、ようやく59階に到着。
警備兵3名を倒してカードキーを入手してさらに上へ。

次は警備員の目を盗んで右の階段まで移動する・・・ンですが、何度も見つかって、けっきょく警備員を全滅させて通過することになりました。
こんなことなら、最初から堂々と通れば良かった。

ここから先は、パズル解いたりしてカードキーを入手しながら進んで行くのでした。

61F
ここはウロついている男性社員に話しかけ、カードキーをもらうだけ。

62F
市長の合い言葉は、資料室の本を調べて入手。
各部屋に間違った資料が紛れ込んでいて、その間違った資料のタイトルと頭に書かれた数字がヒントになってます。
見つけ出した4つの文字を並べ替えると、合い言葉完成。
1発で当てて、カードキーとぞくせいのマテリア入手。

63F
う〜んと・・・文章では説明しづらいな。
フロアの上の通路の方の扉を2つ開けて、まず左の部屋に入ってアイテム袋を拾う。
そこからダクトを通って右端のアイテム袋がある部屋に下りる。
通路に出て扉を開き、真ん中の部屋のアイテム袋を取る。
その後は、またダクトを通ってコンピュータ端末のある部屋に下りて、クーポンチェンジ。
これで、3つとも取れます。(フォウスロット、星のペンダント、ぜんたいかのマテリア

64F
ここは回復&セーブポイントだけ。

65F
宝箱を順番に開けてパーツを取り、ミッドガルの模型を完成させていく。
最後に階段のところの宝箱が開いて、カードキー入手。

66F
トイレの通風口を通って会議室の上へ移動。
神羅幹部の会議を盗み聞き。

67F
宝条を追って奥へ。
ウロウロしているとエンカウント。
ソルジャー3RDからハードブレイカーをぶんどった。
どこかでモススラッシャーからカーボンバングルもぶんどった。
装備品は、極力買わずに済ませよう。
どくのマテリアを拾い、そのまま奥のエレベーターで上のフロアへ。

68F
イベント後、ボス戦。
クラウド、レッドXIII、バレットの3人で立ち向かうことに。

あわわわわ・・・3人とも毒になっちゃったわ。
そんなこと奇麗サッパリ忘れてたから、せっかく入手した星のペンダントを誰も装備していませんでした。
しょうがない、そのまま突っ走れ。
手前の子分は倒しても復活させられてしまうので、無視。
後ろのボスに攻撃集中。
3人でリミット技バシバシ叩き込んで、やっとこさ倒しました。

バレットが「マインドブレイク」を編み出す。

ボス戦後、ブースの中でてきのわざのマテリアを拾う。
これだけは忘れずに拾っておかないと!
何よりも重宝する、しかも非売品のマテリアだもの。

レッドXIIIの名前はナナキにしてしまいました。(注:ネタバレ)

この後いったん二手に分かれて、66Fに戻ろうとすると、捕まってしまって牢屋送りに。
壁越しに仲間と一通りの会話をして一眠り。
目覚めると、様子が一変。
血の跡を追って上のフロアへ。
このへん、メンバーの入れ替わりが激しくてマテリアの付け替えが大変。
もー、面倒くさいからクラウド以外は外しっぱなしだっ!
ウロウロしている途中で、エアリスが「邪気封印」を編み出しました。

最上階でプレジデントの死体を見つけた後は、またパーティ分割。
一瞬だけエアリスを操作できる、最初で最後のチャンスでもある。
ここは、ちゃんとマテリアも装備させないとね。

エレベーターに乗り込むとボス戦。

VS ハンドレッドガンナー&ヘリガンナー
武器攻撃が届くのはバレットのみ。
バレットは、ひたすら通常攻撃で頑張っていただきました。
ナナキはサンダー連発。
エアリスは回復で手一杯です。余裕のある時だけブリザドで攻撃しました。
 
 
倒すと自動的にクラウドにチェンジ。

VS ルーファウス
クラウド1人でルーファウス(と、ペット)に立ち向かわなくてはならないので、マテリアをしっかり装備。
とはいえ、バイオとケアルさえ使えれば、なんとかなったはずだ、たぶん。

まずは、ルーファウスにバイオ使って毒状態にしておいて、ペットに集中攻撃。
先にペットを片付けてしまいました。
後は回復を怠らないようにしながら、せっせと叩いてバトル終了。
ガードアップ防弾チョッキを入手。
 
 
ティファと合流すると、自動的に脱出シーンへ。

バイクのミニゲームは、メチャクチャでした。
剣を振り回してもちっとも敵に当たらなくて、仲間たちのHPがガンガン減ってゆきました。
「クラウド、しっかり守ってよぉぉぉ!」と、ティファとエアリスの悲痛な叫びが聞こえてきそうだ。

どうにか切り抜けたところで、またボス戦。
あぁぁぁ、HP、削られたままだよ。

VS モーターボール
戦うメンバーは、クラウド、エアリス、ナナキ。
特に意味はないです。なんとなく選んだだけ。

しかしっ!
炎のダメージがキツい。
こんなことなら防具に「ほのお+ぞくせい」のマテリアをセットしておくんだった。
「ぜんたいか」も、まだ育ってないから、せっかく「かいふく+ぜんたいか」でセットしても1回しか使えないし。
エアリスに「いかずち」を装備させていたので、またサンダー連発。
ナナキに回復させながらクラウドは普通にゲシゲシ叩いて、どうにか撃退しました。
あぁ、しんどかった。
 
 
初めてミッドガルから出て広大なフィールドに立った時の感動は、いまだに忘れられません。
閉塞的なミッドガルからドーンと広い野っ原に放り出されて、少し心細いのと同時に、物語もここから本格的に動き出すって感じで、すごくワクワクしたよなぁ。
 
 
最初に目指す街はカーム。
マテリアの付け替えが面倒なので、そのままのパーティで行くことにしました。

さらばミッドガル。また来る日まで。
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

ディシディア FF プレイ日記 #21

カオスな日

集中的に1人をLV.100まで育てていると飽きてしまいそうだし、先に育てたキャラのことを忘れてしまいそうだし、ミッションに「全員をLV.50以上」なんてのもあるみたいなので、ひとまず全キャラLV.50以上を目指してみることにしました。

それで、まだぜんぜん使っていないカオスサイド(軒並みLV.1)を、ひととおり使ってみようと試みたのですが・・・
エライことになりました。
そりゃぁ、確かに、LV.100のキャラに比べて使いづらいのは仕方ないですよ。
当然のように使えていたEXコアロックオンさえ使えないんだもの。
それにしたって、これは・・・
 
 
上から順番に、まずはガーランド。

重っっっ!

動かし始めたとたん、そう叫びそうになりました。

なに、なんなの、この重さ?!
どすんどすんと足音が聞こえて来そうなズッシリとした歩み。
だいたい、近接攻撃メインなのに、これでは敵に近寄れないじゃないか・・・
同じように大剣を振り回しているクラウドは、あんなにヒョイヒョイ飛んだりはねたりしてるのに。
トシの差?
せめて、そのクソ重そうな鎧、脱いだらどうよ?

それでも、まだ、この人は良かった。
動きは鈍いがパワーはあるし、攻撃アビリティはオーソドックスだから。
しばらく動かすうちに慣れて来ました。
 
 
続いて、皇帝。

大爆笑!!!

もー、笑い死ぬかと思ったわ。

だって、「ンっふっふ、ンっふっふ」と笑いながら、自分の周りにかんしゃく玉をバラまいているんだもの。

なんだ、それはっ!?

一生懸命トラップを置いても、ほとんど空しく消えて行くし。
いったい、どうやって戦えというのさっ???

自棄になって適当に放り投げたフレアが、どこか遥か遠くでエクスデスに当たったようだが、当たるエクスデスもどうかと思います。

しばらく戦っているうちに、血の気の多いガキならトラップに引っかかることが分かりました。
その後は、ガキどもを相手に選んで戦いのレッスン。
罠にはまってジタバタしているガキに向かってかんしゃく玉を投げるという技を覚えました。

それが皇帝の戦い方なのか?
威厳のかけらも無いぞ。

極めつけ。
なんと、この御方は勝利を収めると、下賎の者には見えない玉座に、悠然と腰を下ろすのですよ。
もはやウケを狙っているとしか思えません。
 
 
その後使った暗闇の雲が普通に思えました。
見た目はアブノーマルなオバサンなんだけど・・・
2つの触手による鞭打ち攻撃というのも、なんとなく危険な匂いを運んで来るけど・・・
それでも敵とマトモに渡りあえるだけ、ずっとマシよ。

ゴルベーザとかセフィロスなんて、このメンツの中では、ぜんぜん普通。
ゴルベーザは「グラビデフォース」で自分がどこに飛んでくか分からなくて、足踏み外してデジョンに落ちたり、相変わらずセフィロスは「獄門」空振ってデジョンに突っ込んで行ってたけどねー。

ケフカも見た目はアレだし、普通の走り方ができない人だけど、それなりの速度で移動できるからいい。
初期装備の攻撃アビリティも、まぁまぁ使いやすい。

もう少し使い慣れてくれば、この人たちは普通に戦えるキャラになると思う・・・
 
 
問題は、エクスデス。

・・・走れねぇ

一生懸命方向キー入れても、のっそりのっそりと亀のごとき歩み。
おまけにアビリティもワケ分かんないのばっかりで、いったいどうしたらいいのやら。

「しんくうは」を投げつけてチビチビ削ることは覚えたけど、そこからHP攻撃を当てに行くのが大変。
モタモタしているうちに、せっかくブレイブBREAKしたのに回復されちゃったり。
EXコアも、みんな相手に取られちゃうし。

どうやって戦えばいいのか、サッパリ分かりません。

ガーランドから始めてセフィロスまで、一応みんなLV.5までは上げたけど、エクスデスだけはLV.2にしたところでイヤになりました。

もう無理。
アルティミシア、クジャ、ジェクトの3人を触る元気は、もう残っていませんでした。

アタシの頭ン中がカオスです。

この人たちは、どうやって育てたらいいんでしょうねぇ?
コロシアムに行くにも、レベルひと桁じゃ無理だし。
それまではクイックで鍛え続けるしか無いのか。
キツいなぁ。
コスモスサイドはストーリーモードを何周かすればすぐにレベル上がるから楽なんだけどー。
 
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

FINAL FANTSY7 再々・・・攻略日記 #2

ウォールマーケット 〜 列車墓場 〜 七番街スラム

頑張って女装用品一式そろえました。

ドレス:シルクのドレス
親父に服を頼む時に、「さわっとしたの」と「つやつやしたの」を、選ぶ。

かつら:ブロンドのかつら
「男男男」の看板の建物に行き、スクワット勝負に勝つ!

コロン:セクシーコロン
まずは定食屋で食事。食後に「まぁまぁだな・・・」を選んでクーポン券をもらう。
薬屋に行き、「消化薬」と交換してもらう。
酒場のトイレにこもっている人物に「消化薬」をあげる。

これだけで、クラウドの勝利(?)は確定なんだけれど、せっかくなので完全武装することに。

髪飾りはダイヤのティアラを入手し、気合い入れて蜜蜂の館に突入してビキニパンツをもらってきました。

よし、完璧。

服屋で着替えさせてもらって、コルネオ邸に潜入。
ティファと合流して、コルネオを締め上げ情報を引き出したものの、下水道へとご案内。

倒れているティファとエアリスに声を掛けると、ボス戦に突入。
あぁ、もう、そんなことは(余計なことは覚えてるくせに)奇麗サッパリ忘れていたため、ティファがマテリア装備してませんよ。

そういうわけで、ティファはひたすらぶっ叩くだけ。
エアリスの「癒しの風」を頼りに、どうにか頑張って倒しました。

じゃ、七番街スラムに危険が迫ってるし、急いでここを抜け出さなくちゃね。

って、ちょっと待って、クラウド。

・・・あのさ、コルネオ邸でドレスとかつらは脱ぎ捨てて来たけど、下着まで取り替えている時間的余裕は無かったよね?(あの場でパンツ履き替えられても困るし)
つまり、この時点でクラウドはビキニパンツはいてセクシーコロンの香りをプンプンさせているわけだな・・・

・・・・・・まぁ、気にしないことにしておこう。

下水道でぬすむのマテリアを拾ったので、ティファに装備させておく。
ついでに3人の装備をチェック。
攻撃にあまり魔法を必要としないクラウドに「かいふく+ぜんたいか」を持たせておく。
ティファは盗みに忙しくて回復どころじゃなくなるし、エアリスは「癒しの風」があるからね。
エアリスには「ほのお」と「ブリザド」、ティファに「サンダー」を持たせておけば、まぁ、何とかなるだろ。
 
 
列車墓場。

ここにいるエリゴル(出現率低い?七番街に近い場所の方が出やすい気がする)から、確か何か良いものが盗めたような気がするので、ちょっと頑張ってみる。
失敗続きでなかなか盗めなかったけれど、粘りに粘ってストライクロッドをぶんどった!
よぉし、これで、しばらくはエアリスの武器を買わずに済むぞ。
 
 
七番街に到着。
えっさえっさと柱をよじ上っている途中で、クラウドが凶斬りを編み出しました。
その直後に、ティファもサマーソルトを編み出す。

てっぺんまで上り詰めてバレットと合流したところで、レノの到着だぞ、と。

VS レノ
ピラミッドに閉じ込められるとATバーが停止し、行動不能に。
仲間に攻撃させれば壊せます。
時々リミット技を繰り出しつつ、適当に叩いてるだけで、終了。

レノが退却すると、エアリスを拉致して来たツォンが登場。
・・・なんだか、ツォンさん、随分キャラが違ってるなぁ。
クライシスコアのツォンさんは、エアリスのことをもっと大事に扱ってたよねぇ?
このシーンのツォンさんは、やたらと悪人キャラで驚いた・・・

何はともあれ、
右側のワイヤーを使って、脱出。
 
 
エアリスの家に行ってエルミナから話しを聞いた後、六番街へ。
(エルミナの回想に出て来るツォンが紳士的で、また軸がぶれた)
公園でみやぶるのマテリアを拾う。

それからウォールマーケットの武器屋へ。
左奥にいるオヤジからジンクバッテリーを買う。

コルネオ邸の手前を右に進んで行くとプレート断面。
ジンクバッテリーを使って道を作りながら上って行くだけ。

ふぅ・・・もう神羅ビルに到着ですか。
早いなぁ。
初めてプレイした時は、ミッドガルを出るまですごく時間掛かったと思うんだけど・・・
 
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

FINAL FANTSY VII 再々・・・攻略日記 #1

壱番魔晄炉 爆破 〜 五番魔晄炉 爆破 〜 伍番街スラム

まずはバレット率いるアバランチの面々と共に、壱番魔晄炉の破壊ミッション。
魔晄炉の前でかいふくのマテリアを拾う
・・・けど、まだ装備できません。

爆弾セット後に現れた初のボス・ガードスコーピオンは、クラウドのサンダーでバシバシッと破壊。
途中で「尻尾を上げている時に攻撃すると反撃される」などとアドバイスくれるクラウド君ですが、言ってるそばから自分で攻撃して反撃喰らってました。
でも、まぁ、どうってことなとなく撃破。
ま、最初だし。

脱出する時にカウントダウンしていますが、だいぶ余裕があるので焦る必要は無いと思う・・・
ただし、鉄骨に足を挟んで動けなくなっているジェシーを放置しないように。
この人が居ないと、ロックが開けられませんから。
 
 
八番街。
エアリスから花を買ってあげて、面倒くさいんで、警備兵は全部逃げる。

七番街スラム。
花はティファにあげました。

翌朝、出発前に武器屋の2階に行ってぜんたいかのマテリアをもらい、ついでにアイアンバングルを1個だけ買って出発。
(初心者は、ちゃんと「初心者の館」で説明を聞いておくといいよ)

マテリアは「いかづち+ぜんたいか」をクラウドに。
他はティファとバレットに適当に装備させとく。
 
 
連日「魔晄炉爆破」ってのも、ずいぶん能が無いと思うんだけど(どうせバレットの企画だろ?)、今度は伍番魔晄炉破壊ミッション。

特に問題無くタッタと進んで、ボス・エアバスター。
挟み撃ち状態です。
カウンター喰らったりするんだけど、気にせずガンガン叩いて終了。
チタンバングル入手。
 
 
クラウドだけ落下して、伍番街スラムへ。
教会でエアリスと再会。
やたらカッコつけてるクラウドが・・・この後の彼の変化を知ってるだけに、痛いなぁ。
タルを落としてエアリスを助けるところで、適当にホイホイ落としていたらエアリスに当たりそうになって怒られました。
それでも、無事に突破。

伍番街スラムの民家の2階で、「かめ道楽通信1」を読んでおく。
何故か、こういうのはしっかり覚えていたりする。

エアリスの家の右手で、かばうのマテリアを拾う。
エアリスの究極のリミット技「大いなる福音」を見るために、エアリスに装備させておく。
見られるかなぁ。
いつも、途中で面倒くさくなって諦めるんだよね。

さて、次は楽しいウォールマーケットですよ。
 
 
 次の日記に進む

 FINAL FANTASY VII 攻略日記の目次に戻る

こんな本を買ってみた

タイトルはそのまんま「仏像の本」

ぜんぜん知らなかったのだが、最近、仏像ブームらしい。

「少し仏像のことを勉強してみようかしら?」と思い本屋さんに行ってみたら、仏像について解説した本が何種類も平積みになっていた。
超初心者向けのものから、かなり専門的なものまで・・・

はぁ・・・そうか、ブームだったのか。
「仏像萌え」とか言ってるのは自分だけかと思ってたわ。

まぁ、そのおかげで、こういった本が簡単に手に入るから助かる。

数ある仏像関連本のなかで、これは最も初心者向けではないかと思う。
仏像の姿形や名前の意味など、仏像たちに関する様々なことが、ゆるりとしたイラスト入りで易しく優しく書かれている。
「仏像のことを、もう少し分かるようになりたいんだけど、小難しい学術書みたいのはちょっと敷居が高いわぁ・・・」というレベルの人(まさにアタシだ)に最適だろう。

「さぁ、勉強するぞ!」と気合い入れる必要はない。
「ぱらぱらと適当にページを繰りながら、気になったところに目を通す」というお手軽な読み方ができるのがいい。

そんな読み方でも、何気なく眺めていた仏像に込められていた意味が、少しずつ分かって来た。

「御名前は存じ上げておりますが・・・???」状態だった御方たちが、どういう立場におられる方々なのかなんとなく掴めて来た。

この本を読んでもっと勉強したくなったら、更に詳しく解説されている本を読んでみればいい。
 
おりしも、東京国立博物館では、仏像界のスーパーアイドル興福寺の阿修羅像が公開中だ。
アタシも行きたかったんだけど・・・
入場待ち30分から1時間
中に入っても黒山の人だかりで、ゆっくり拝める状況ではない
と聞いて、二の足を踏んでいる。

狙いめは、夕方らしい・・・


ディシディア FF プレイ日記 #20

レベルマスターとイカロスの翼
 
今日の目標は、とにかくウォーリア・オブ・ライトさんをLV.100にすること。
クイックバトルで片っ端から戦ってみたり、カオス(もちろん、この人だけはレベル下げて)に立ち向かってみたり、コロシアムに引きこもってみたり。

飛空船コースをサラッと流し、ファルコンコースでどこまで勝ち残れるかとことん粘りました。
(レベル的には足りているんだろうけど、チキンなのでその上のコースには行かない)

ここで誰と戦うか、
目先のアイテムを取るべきか、
メダルを温存してもっと良いアイテムの出現を待つべきか、
それともジョブカードを押さえておくべきか?
単調になりがちなクイックバトルより、色々考えながら進んで行くコロシアムの方が楽しいです。

ファルコンコースでも普通に連戦連勝できるようになったんだけど、ここでネックになるのがアタシ自身の集中力。

画面の中の自キャラはピンピンしてても、アタシがヘロヘロになるんですよ。
集中力が途切れると速い動きに付いて行けなくなり、攻撃は空振るわ、空中戦で回避ミスしまくるわ、あげくの果て動きが止まってボサーッと突っ立っていたり・・・
普通なら負けるワケない敵を相手に、情けない姿を晒すことになります。

だから、いつもディシディアは「細切れに30分くらいずつ何回かに分けて」などという遊び方をしてるんです。

そんな感じで、今日も細切れに・・・

ファルコンコースで「二代め特攻服」を拾いました。
これもシリーズひと揃いあるんでしょ?

なんとなく、クラウドに着せてみたい気がするな。
装備しても見た目変わらないので、脳内で着せてみる・・・

うん、似合うぞ。 (*^ー゚)b

その格好で、ぜひ、フェンリルで爆走してくれたまえ。

などと、バカな妄想をしながら遊んでいるうちに、ミッション「イカロスウィング」を達成。
飛べない鳥の見る夢・・・?
Lucky100%に達したことを言ってるのですかね?
今日はすごく遊んでる気がしてチョコボを見たらLucky90%越えたんで、「これ、100%にしたら何かが起こる?」と思って、ちょっと頑張っちゃいました。
(いつもは50%を越えるのさえ珍しいって感じなので、自分的にはすごく大変でした)
 
 
そんなこんなで、無事にブ・ライトさんはLV.100になりました。
燦然と輝く「MASTER」の文字。
しかし、まだ、アビリティのマスターが残っているのであります。
アクションアビリティは9割がたマスターしているけど、まだ1回も装備してないアビリティもあるし・・・

それに、やっと1人ですよ。

カオスサイドも含めてあと何人分これをやるんだよ?
ふぅ・・・ため息が出ちゃう。

アビリティマスターはさておき、LV.100に達したブ・ライトさんはしばし寝かしておいて、明日からは次のキャラを育てましょう。
誰がいいかな?
巷で使いやすいともっぱらの評判のティーダか?
個人的にものすごく使いづらいスコールか?
それとも、カオスサイド、行ってみる?
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ディシディア FF プレイ日記 #19

さっそく、デュエルコロシアムとやらに行ってみました。
もちろん、最初は「飛空船コース」
戦うのはウォーリア・オブ・ライトさんですよ。
とにかく1人は限界までレベル上げちゃおうと思いましてね、徹底的に使いまくってます。

さすがにこの人の扱いにも慣れて来ました。
普通は近接攻撃メインとして扱うべきキャラなんでしょうけど、もっぱら遠距離攻撃メインで戦っとります。

たまに「コートバックラー」で敵を浮かせて天井に叩きつけまくったりなどもしてますが、基本、ブレイブ攻撃は「しろいきば」

当たろうが当たるまいが委細構わず遠くからバリバリバリバリと電撃を放ち、
運良く当たって敵がよろめいた隙に
地上だったら「シャイニングウェーブ」を走らせ、
空中だったら「レディアントソード」を投げつける、
という戦法を取るため、相手によっては一歩も動かなかったりします。
「飛空船」に出る程度の敵なら、この戦法でぜんぜん平気。
 
 
で、デュエルコロシアム。
提示されたカードの中から好きなのを選んで戦ったりアイテム取ったりして行くワケですが、これ、楽しいよぉ。
後もうちょっと、後もうちょっと、ってやってるうちにあっという間に時間が経ってしまいます。

アイテムもいっぱい取れてウハウハ。
今まで「そんなの見たことねぇよ」状態だったトレードアイテムが普通にゴロゴロしてますね。
装備品のドロップ率も、他のモードより高いような気がします。

新たにアイテムを入手することで、ショップの品揃えもポツポツと増えている模様。
ようやく仕入れ率が50%を突破しました。

「飛空船」でさんざん遊びまくって、カオスに普通に勝てるようになったところで、「ファルコン」へ。
こっちのカオスにはボコボコにされました・・・
まぁ、いいわ。色々手に入ったから。
 
 
「飛空船」で「あいのフライパン」「鉄のエプロン」「キッチンタイマー」という謎の装備品を手に入れました。

誰が装備するんだ、これ???

ティナの振り回す「あいのフライパン」なら、まぁ、それなりにサマになりそうだし、一部に喜びを覚える人種も居るかもしれないけど・・・
一応(失礼)女性のアルティミシアや暗闇の雲だと・・・トカゲのしっぽのアルテマ焼きとか作り始めそうで微妙。
ジェクトのオヤジがエプロン付けてフライパンを・・・イヤだ、想像したくないよ。
セフィロスが、皇帝が、クジャが・・・ギャグか?それとも何かの罰ゲームか?

それで、結局、(今のところ)装備できるのを確認したのはフリオニールのみ。
何故、のばら???
確かに、彼は「多種多様な武器を華麗に使いこなす男」という触れ込みのようですが・・・
頭防具も存在すると思われるので、とりあえず探してみましょう。

 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ディシディア FF プレイ日記 #18

せっかく使えるようにしたカオスサイドのキャラを、いつまでも練習台ばかりにしておくのもなんだし、使ってみることに。

ここはクラウドの宿敵セフィロスでしょう、やっぱり。
なんとなく使いやすそうだし。
・・・と、思ったんだけど、実際自分で動かしてみたらそうでもなかった。

敵として現れると鬼のようなセフィロスが、アタシが操るとちっとも強くない。
たまねぎ少年にボコられ、ジタンに嘲笑され、ティナに手玉に取られ、「獄門」空振り自ら奈落に落ちて行く・・・
片翼の天使の面影無し。
いや、自滅が多いのはなんとなくセフィロスっぽい気がするんだけども(注:イメージです)

そして、やっとこさ勝利して、鳴り渡るファンファーレで吹いた。
カオスサイドのキャラの場合はマイナーコードなのねぇ。
スクエニさん、やってくれるな。

何回かバトルしたけれど、あまりにも情けないセフィロスが気の毒になって来て、セフィロスで遊ぶのは止めました。
 
 
その後は、ウォーリア・オブ・ライトで「 Shade Impulse」Chapter4に進んでみることにしました。

「決戦」っちゅうくらいだから、ストーリー的には佳境なのでしょうな。
カオスを倒さないと全てが無に帰してしまうらしい。
だけどカオスを倒しても、その先どうなるか分からんのだよねぇ?
コスモスサイドの戦士諸君は悲壮感たっぷりに盛り上がっとりますが・・・

ちなみに、ブ・ライトさんはLV.70です。
チャプター3を酷い手抜き状態でクリアしてしまったから、一応ね、少し鍛えておいたのさ。

いざ、突入してみたら、なんてこと無かった。
なんだか、拍子抜け。
LV.30代のカオスサイドのイミテーションがズラズラと並んでいるだけ。
DPチャンスも無し。
チャッチャと蹴散らしながら進むブ・ライト長男。
時折、仲間たちが顔を出して励ましのコメントをくれます。
これでもか!とばかりにクライマックス感をあおる戦士諸君。
(しかし、そうまでしてもらっても、ちっとも盛り上がってない自分)

ステージは2つだけ。
召喚石の「ラムウ」と「ティアマット」を入手。

最後に待ち構えていたのはカオス(LV.48)
実にあっさり倒せたから、むしろキョトンとしていたら、第二弾、第三弾がありました。
どうにか第二弾は持ちこたえたけれど、第三弾で雨あられと降り注ぐ攻撃になす術も無く敗退しました。
時々、カオスの姿見失ったし。あんな狭いフィールドなのに。(どうも上の方に居たらしい)

リトライ。

2回目は、EXバーストの使いどころを良く見極めて戦うようにしたら、無事に撃破できました。
ちなみに、クリア時のウォーリア・オブ・ライトはLV.73
そんなにレベル上げなくても、カオス倒せたと思ふ・・・
  
  
一応、これでストーリーモードはクリアということのようですね。
エンドロールが流れました。
そして、新たなストーリーと、「デュエルコロシアム」モードが出現。
本気で面白くなるのは、ここからかな?
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ディシディア FF プレイ日記 #17

長男の日。
今日はウォーリア・オブ・ライトを集中的に使う日にしました。

まずはクイックバトルでLV.55まで鍛える・・・
アビリティもたくさんマスターしました。
派生技も一応装備しているんだけど、たった1度しか発動したことが無いです。
(発動したのはブライトさんではなく、クラウド)
派生技付きのブレイブ攻撃を当てて、何らかのタイミングで四角ボタンを押せば良いってのは分かってるんですがね。
その、「何らかのタイミング」の「何らか」が「どのタイミング」なのかが把握できておりません。
 
 
それから「 Shade Impulse」Chapter3「限りある時の中で」に進んでみる。

ステージ1でたわむれの盗賊(LV.53)に挑んでみたところ、何度リトライしても勝てませんでした。
LV.55だから大丈夫かと思ったんだけどね。
なので、LV.50以上の敵は全てスルーすることにして、ステージ1と2をクリア。
それ以外の敵は、特にどうということ無く。
アルティミシア、退場。
 
 
ステージ3は、そういうわけで虚構の英雄(LV.41)だけを倒し、他全部無視してクリアしてしまいました。
宝箱なんかぜんぜん取れてないけど良いわ、どうせ1回やっただけじゃ終わらないんだから。
 
 
ステージ4。
「?」ばっかりだったのでサイトロを使ってみると・・・
 
 
 と  ばっかりじゃないかぁ!!!

これまでの経験から
 
 
 は、初期HPが1である代わりに、何らかのステータスが異常に上がってるということが分かりました。
だから、戦いづらいのね。
 
 
 は、なんやかやとパワーアップしているっぽい。
だから、同じレベルでも苦戦するんだわ。
特にアタシの場合、キャラのレベル−5〜10ぐらいが実力って感じだから、このピースと操作キャラが同等のレベルだと、まったく太刀打ちできません。

青っぽいピースは、更に強化されてるのかしら?
どこかで1回、戦ったような気がするけど???

このステージは黄色いピースとだけ戦いながら進みました。
HP攻撃が1発あたりさえすればバトル終了だからね。
もう、なりふり構わずHP攻撃当てて倒して行きました。

セフィロス(LV.44)は普通に倒せました。
セフィロス、退場。
 
 
ステージ5。
真ん中に宝箱がぽつん・・・
これを取ったら敵が出現すること請け合い。
恐る恐る宝箱開けてみると、案の定敵に囲まれたぁ!
チェインになっちゃった敵とやむを得ず戦って、サッサと負けてエスケープ。

あとは全部無視してガーランド(LV.45)に直行。

ガーランドは、ぜんぜんまったく何の問題もなく楽勝。
ガーランド退場。

ステージクリアで「ジャンプ」のスキルを入手。

なんだか、かなりいい加減にクリアしてしまった気がするんだけど、良かったんだろうかこれで?
 
 
ちなみに、今日はカレンダーに「GIL」の文字が・・・
稼げたはずなのに、こんなにバトルすっ飛ばしちゃって・・・
もうクイックバトルする気にもならないし。
ちょっと勿体なかったかなぁ。

これまでPPはカレンダーアイコンの充実に注ぎ込んできましたが、なかなか出ないですね。
今現在、出現率LV.10で、「GIL」が2回、週一ペースで出ただけ。
そんなもん???
やっているうちに、もっと頻繁に出るようになるのかな???
 
  
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ディシディア FF プレイ日記 #16

のばらの日。

今日はフリオニールを集中的に使ってみる日と決めました。

色んなキャラを取っ替え引っ替え使っていると、そのうち誰が誰やら分からなくなって、意図していたのと違う技が飛び出して来てビックリしたりするのさ。
たまねぎとスコールを間違えようは無いですが、ウォーリア・オブ・ライトとセシルはしょっちゅう混同します。
フリオニールとバッツもよく間違えます。
だから1人を集中的に使ってみようと思ったわけ。
それで、なにげに気に入ってる割には成長の遅れているフリオニールを鍛えることにしたのです。
 
 
まずは「Destiny Odyssey」2周め。
レアバトルピースを残してしまったけれど、まぁ、順調にクリア。
これでやっとLV.25
 
 
続きはクイックバトルで。
カオス側のキャラを全員使用可能にして、片っ端から戦う、戦う、戦う・・・
バトルライズしたい相手を優先的に選んで、戦う、戦う、戦う・・・
一生懸命戦って、のばら君はLV.35になりました。
アビリティもいっぱいマスターしたしね。

でも、もう限界。
アタシとしては十分に頑張りました。
フリオニールとタップリ付き合ったので、扱い方はだいぶ慣れて来たし、愛着も増しました。
無意味に熱いのばら君が、ますます気に入っちゃったわ。
 
 
そういえば、今日、ミッション「ディシディア大好き」をクリアしました。
プレイ日数に関係あるみたいですけど?

スティルツキンのフレンドカードも、いつの間にかいっぱい持ってました。
これ、どこで見るんだか分からなくて・・・
プレイ開始から1ヶ月たって、やっと通信モードの「オフラインロビー」で見られるんだと分かりました。
(通信してないから、ほとんど開いたこと無かったのよ、ここのメニュー)

せっかくなので、ゴーストと戦ってみました。
下手っぴだから、一番レベルの低い「おちぶれスティルツキン」のゴーストとね。
良さげなアイテムをいっぱい持ってるので、バトルライズ狙いで。
どうせなら1バトルで5個ライズしてミッションも達成したいところですが・・・

3個なら普通にライズできるんだけど、5個となるとキツいです。
LV.35のフリオニールでは、粘っているうちに倒されちゃいます。

そこで、「のばらの日」と決めたにもかかわらず、クラウド(LV.52)を投入。
何度か戦って、やっと5個ライズしました。
最後の1個はとどめのHP攻撃。
4個までライズして最後の1個を狙って粘っているうちに死にそうになり、せっかくライズした4個を無駄にするのもなんだし、「仕方ない、とどめ刺しちゃえ〜!」と、ブレイバー決めたら落としてくれました。

これで、ミッション「バトルごと生成数」をクリア。
ついでに、「オレンジジェム」もライズしていて「橙色の塊」もクリア。

頑張ったクラウドには、ご褒美として装備品一式を買ってあげました。

あれぇ?「のばらの日」は???
 
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ディシディア FF プレイ日記 #15

今日はストーリーモードは進めず、光の戦士チームのキャラをちょっとずつ育ててみることに。
そろそろレベル差が開いて来ていましてね。

一番レベル上がってるのが、クラウド(LV.39)
フォームはアナザーに着替えたまま。
アドベントチルドレン コンプリート見たばっかりで、気分盛り上がってるからねー。

次がウォーリア・オブ・ライト(LV.36)
続いて、使いにくいが故に慣れようとクイックバトルで頑張ったセシル(LV.25)スコール(LV.22)
他の人たちは、まだ10代。
 
 
「Destiny Odyssey」の2周めしてなかったキャラの2周めをやったり、クイックバトルでクラウドとブライトさんでせっせとバトルライズしたり。

ずっと放置していたキャラが、まだ皮の服を着ていてビックリだ。
もっと良い装備品、拾ってるのに。(注:買ってない)
召喚獣も次々と強力なのをゲットしているのに、まだカーバンクルを装備してたり。
いや、いいんだけど、カーバンクルでも。
 
 
「 Shade Impulse」のチャプタ−1と2を、前回と違うキャラで2周めしてみたら・・・
ふむ、操作キャラによってイベントムービーが違うんですね。
セリフが微妙に違う。
これは全部のキャラでやってみないワケには行きません。
それには、まずみんなのレベルを上げないと〜。
あぁ、大変だ。
 
 
いい加減疲れて止めてしまったので、まだLV.10代のキャラも残ってるけど、いいや。
(やっと、ミッションの、「プレイプランとことん遊ぶコース」がクリアできたわ。持久力の無いアタシにはかなりの難関でした)

結局、今日一番成長したのはクラウド。
クラウドは愛着があるのと使い勝手の良さで、ついつい使ってしまうため、どんどんレベルが上がって行きます。
一番乗りでLV.50代に突入。

均等に育てるより、誰か1人のレベルを上げちゃった方が良いのかな?
で、そのキャラにアイテム集めさせて装備を固めれば、レベルの低い子たちが楽に育てられそうな気もする・・・
ここは、やっぱり長男が頑張るしかないか。
っていうか、イマイチ使いづらいんだけど、ブ・ライトさん。
 
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

ディシディア FF プレイ日記 #14

[ SHADE IMPULSE] Chapter2

ここはクラウドで行ってみよー。
(特に理由は無い。単に使いたかっただけ)
LV.28だけど大丈夫?
 
 
ステージ1

星がいっぱい付いていて不安はあったけど大丈夫。
レベルの低いのを倒すと、レベルの高めのが出現するって感じだねぇ。

ステージボスはクジャ(LV.27)
いやぁな感じの魔法攻撃して来るのは気に入らないけど、まぁ、わりと普通に倒す。
クジャ退場。

クジャを倒すと宝箱が出現して「ゴールド」をゲット。
普通に開けられる宝箱からは「ミスリル」
 
 
ステージ2

見せかけの旅人(LV.27)に手こずる。
初期ブレイブがとんでもないうえに、いきなり斬鉄剣使って来るんだもの・・・
リトライの山を築いたあげく、どうにか倒したけどね。
 
 
ステージ3

ぐぇ・・・  「?」だらけだ。
さっきのステージでサイトロ使うんじゃなかった・・・
もう、しょうがないから、行き当たりばったりでコンタクトしましたよ。
それで、うたかたの夢想(LV.44)に触っちゃったので、サッサと負けてエスケープ。
やっとこさLV.30代に乗ったばかりのクラウド君に勝てるわけが無い。

ところで、DPチャンスの「条件アクセサリ倍率8.0以上」って、何???
条件アクセサリをいっぱい付けて戦えってこと?
とりあえずアクセサリ装備数増やさないと無理だわね。

ステージボスは暗闇の雲(LV.31)
苦手意識のある人なので、速攻でEXバースト決めて倒しちゃいました。
暗闇の雲さん、退場。

召喚石は「オーディーン」をゲット。
 
 
ステージ4

このステージは、特に問題なく通過。
ステージボスのゴルベーザ(LV.33)も、何の問題も無く。
ゴルベーザ、退場。
 
 
ステージ5

お宝は「きれいなガラス玉」

ここも特に問題なく通過。
ボスの皇帝(LV.37)も、でかい口叩いていたわりには、まったくもって普通に倒す。
皇帝、退場。

ストーリークリアで、「アースシェイク」のスキルを入手。
 
 
クラウド君は順調に成長。LV.39になりました。

それにしてもアビリティ装備枠が足りないねぇ。
新しいのを編み出したらさっそく装備したいところだけど、CPが足りませんよ。
マスターしているアビリティでも外せないのがあるしなぁ・・・

アタシはマスターするまでは、しょぼくて使いづらいアビリティでもじーっとガマンして使ってるんだけど、みんなはどうしているんだろう?
片っ端から新しいアビリティに付け替えてるんだろうか?
(その方が、たぶん戦いは楽だよね)
 
 
クラウドの習得アビリティ(カッコ内は習得時のレベル) 
 月牙天昇(LV.23)
 EXクリティカルアップ(LV.25)
 オートEXディフェンス(LV.26)
 フリーエアダッシュR(LV.29)
 受け身移動、受け身反撃(LV.32)
 ファイガ(LV.33)
 ガードカウンター、ガード攻撃(LV.35) 
 メテオレイン(LV.37)
 ジャンプ回数アップ(LV.39)
 
 
 
 次のプレイ日記に進む
 
 「ディシディア FINAL FANTASY」プレイ日記の目次
 

「ADVENT CHILDREN COMPLETE」を見たよ。

堪能しました。

DVD版の「アドベント チルドレン」を最後に見たのがだいぶ前なので・・・
追加されているという30分のシーンがどこらへんなのか、よく分かりませんでした。
なんとなく、「こんなシーンは無かったような気がするなぁ・・・???」と感じた部分がチラホラある、という感じ。
っていうか、「ほとんど差し替えられてるんじゃないの?」と思ったほど、元の映像を覚えてないという体たらくでした。

ただ、DVD版ではFFVII本編を何度も何度も繰り返しプレイしているアタシでさえ意味不明な部分があったのですが、だいぶ分かりやすくなっていました。
(カダージュが何者なのかすら、よく理解できてなかったのよねぇ、恥ずかしながら)

なので、追加されたシーンによる効果は、明らかにあったと思います。

で、何故か、DVD版では特に感動はなかったのに、今回は所々で泣きそうになってた・・・
特に、ザックス絡みがヤバかった。
クライシスコアをやったせいですかね?

終盤の戦闘シーンも、前よりもずっと良くなっていた・・・ような気がする。
 
 
映像は素晴らしく奇麗です。

比較のために、DVD版も同じ再生環境で少しだけ見直してみました。

DVD版を初めて見た時にはこれでも十分に奇麗だと感じたのですが、このコンプリートと比べてしまうとDVD版は全体的にモヤッとした印象です。
コンプリートの方は、どこまでもクリアで迫力があります。

DVD版では「磁器のお人形みたい」にツルンツルンに見えたキャラクターの肌の質感が、よりリアルに見えますね。

それと、DVD版を見ていた時には戦闘シーンの動きの速さに付いて行けなくて目を回しそうになったものですが、今回はわりと大丈夫でした。
私の動体視力が鍛えられたとは到底思えないし、これも映像がクリアになったおかげなのかな?どうなんでしょう???
 
 
FFVIIの続編として作成された映像作品としては、納得のいく出来と言えると思います。
ことにDVD版で内容的に少々もの足りないものを感じた私は、今回の補完によってより満足度が上がりました。

ただ、DVD版の時にも書きましたが、独立した1本の作品としては、どうなのかな?という印象は拭えません。
FFVIIを未経験の人がこれを見て、面白いと思えるのかな???
相変わらず、FFVII未経験者への配慮は潔いくらいに無いですからね。

この映像美を体感するだけでも価値はあるとは思いますが。
ストーリー云々はともかく、映像美だけで魅せてしまう、それだけの力は十分にあります。
 
 
特典映像は、FFVIIやクライシスコア、ビフォアクライシスなどのイベントシーンを繋ぎ合わせたもので、それぞれの作品の内容や繋がりが分かりやすくまとめられていました。

各作品をプレイ済みの人にとっては、思い出に浸る良い機会ですが、

未プレイの人には思いっきりネタばれです。

該当作品をこれからプレイしようと考えている人は要注意。
(デンゼルのアニメは、まだ見ていないのでノーコメントです)

これを見ていたら、またFFVIIをプレイしたくなりました。
やっぱり、アタシはFFVIIの世界が好きで、ヘタレでズルズルなクラウドが大好きなのだわ。
ゲームアーカイブスでダウンロードしちゃおうか。
メモステの空き、足りるかなぁ?

   
 
 その他の映画の感想はこちらからどうぞ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

その他のハード

ちょっと気になる