« 犯人はオマエだ | トップページ | 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾 »

「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の参拾九

KINGモード 最終章 その2

やっと「超国家的重要依頼」が発生。
「地獄の業火持ちのヒノカグツチ」を渡す依頼をクリアして、ヤタガラスの使者に話しかけたら出ました。
やっぱり、依頼主がヤタガラスの依頼を全部クリアしないとダメなんですねぇ。
発生条件に他の別件依頼のクリア状況が絡んでいるものは、現周回でも該当の依頼をやっておかないと発生しないってことになりますか。
「帝都の守護者」は「総合達成率が・・・」なので、3周め開始直後に発生してたんですね。
 
 
ずっと出来なかったヨミクグツ丙も、やっと出来ました。
他の禍津属を全部管に入れた状態で、宝石を3つとも渡して、何度も何度もリセットを繰り返して、ようやく。
単に確率の問題なんでしょうか?
ペイルライダーも、とことん出来なかったけど。
とにかく、これで名刺もコンプリート。
全部集めたからと言って、特に何もありません。
 
 
ライドウの属性を気にする必要がなくなったので、奈落門を通過してラスボス直前まで進めました。
成の球での魔人戦は、やっぱりペイルライダーだけ苦戦。
石化→粉砕パターンが鬼だわ。
要所要所でメギドラオンをかましつつ、最終的には呪殺吸収もしくは無効の仲魔を出して打撃を指示。
ライドウは何もせずに、ただひたすら逃げ回るのみ。
えっらい時間が掛かりました。
 
 
やたらとカゲボウシが出て来ますが、こちらは、もうぜんぜん怖くないです。
「性懲りも無くまた出てきたな?」という感じで、軽く返り討ちにしてやってます。
でも、アレティアは相変わらず落とさないわね。
 
 
いったん無限奈落から脱出して、残っている別件依頼をば。
とりあえず、大魔王さまの第一の依頼「七つめのラッパ・・・」をクリア。
癒しの鈴をもらっておきました。

ここのところ、武器はずーーーっとルナブレード(バトル中、微量とはいえ常に回復してくれている、ありがたい槍)を装備しっぱなしでした。
でも、癒しの鈴があればもう要らないので、代わりに「忠義高揚」付きのが欲しいところなんですが・・・

天沼矛を作ろうとしたら、必要な材料に「日輪の神鏡」があって・・・
これを入手するには「保食神の肝」が必要で、「保食神の肝」は石神稲荷がくれる超レアアイテム・・・

やめた。

陽皇覇剣にしておこう・・・
これなら材料はなんとか揃うかな・・・と思ったら、蛮力神金がぜんぜん足りないでやんの。

やめた。

どうせ、ライドウなんて何持ってても一緒よ、たぶん。

雑魚バトルでは固まってる敵をゲシゲシ突いてるだけだし、連携技はメギドラオンしか使ってないし、時々、面倒くさくなると仲魔に指示するだけで自分はボサーッと画面手前に突っ立ってるし。
 
 
次回は、アカラナ回廊に乗り込んでアスラおうと戦ってみたいと思います。
ひとまず、「即死無効」付きの天叢雲を作っておきました。
マハ・ムドオンに引っかかったりすると面倒だからね。
あぁ、アカラナ回廊で、誰か蛮力神金落としてくれないかなぁ・・・
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ 対 アバドン王」攻略メモの目次
 

« 犯人はオマエだ | トップページ | 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる