« 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の参拾九 | トップページ | 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾壱 »

「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾

KINGモード 最終章 その3

最終的に管に残っているのは
ルシファー(紅蓮)、カマエル(疾風)、コウリュウ(雷電)
アマツミカボシ(技芸)、ラクシャーサ(蛮力)、ライホーくん(銀氷)
これだけ居れば十分です。
ラクシャーサは、レベルが上がってもステータスアップしない域に到達していて、もはやほとんど使ってはいないのですが、なんとなく別れがたくて管に入れっぱなし。

常時装備させているスキルは、バラバラに振り分けてあります。
ライホーくんとコウリュウはブレス3属性ずつ違う組み合わせで、とか。
ブレス系を持てないラクシャーサは補助系魔法と呪殺、とか。

思い出特技は、全員、「破壊神のゆえつ」持ち。
弱点を「○○半減」で相殺してあるのは言わずもがな。
魔法攻撃中心の仲魔には「魔弾の射手」
打撃中心の仲魔には「豪傑の転心」
「報復の狼煙」と「帝都の逆鱗」と「気まぐれカポーティ」はスキル枠に余裕があれば付いていたり、そもそも持っていなかったり。

「高嶺の花」持ちのジークフリードが、今回、管に入っていないので、リリスを拾っておきました。
ただ単に「高嶺の花」を使っていただくためにのみ、持ち歩くことにします。
 
 
アカラナ回廊に行く前に、「地に落ちた竜」を受けて大魔王さまの暇つぶしのお相手しておきます。
こっちもルシファーを出しているので、なんだか変な感じ。
もう1体は使うスキルによって、コロコロと変更。
大魔王さまは、それなりの手応えではあったけれど、苦戦するほどでも無かったです。
タル・カジャオン、マカ・カジャオン、ラク・カジャオン3点セットを使ったあと、絶対零度かコキュートスを連発させつつ、こっちのルシファーとライドウは打撃。
時々メギドラオン。
そんな感じで戦っていたら、割と普通に勝ててしまいました。

う〜ん、通常モードで対戦した時より、ライドウちゃんのレベルは低いような気がするんだけど?
(まだLV.86です。通常モードの時はLV.90超えてたような)
こっちにルシファーが居るせいかしら???
 
 
では、「超国家的重要依頼」を受けて、アカラナ回廊に突撃。

蛮力神金目当てに、シッカリ戦いながら進んで行きます。
ショウテンが落としてくれたので、陽皇覇剣の1つ手前のミョルニルを作りました。
他の神金はザクザク持ってるのに、なぜか蛮力だけ1個も持ってなかったのよねぇ。
しかし、あと3つ集めないと、陽皇覇剣を作れませんよ。
 
VS アスラおう
今回も、アマツミカボシに頑張っていただきます。
敵がテトラカーンを使っている間はひたすら逃げ回り、切れ目にテンペストをぶちかまして叩きまくる
という戦法で。
途中で面倒くさくなってメギドラオン使いました。
はい、終了。
なんで、なんで、なんでこんなに楽勝なの?
KINGなのに。
 
 
でも、さすがに大魔王さま三戦めは、もう少し気合い入れた方が良いかもしれない。
いったんアカラナ回廊から出て、「刻の海辺で・・・」を引き受けてから舞い戻り、レベル上げがてらアカラナ回廊の更に奥へ進みます。
ここでエンカウントするマハカーラも蛮力神金を落としたような気がするので、粘る。
粘る・・・粘る・・・

落とさねぇっっっ!!!

他の神金はボロボロ落とすのに、蛮力だけは1時間走り回ってやっと1個。
運喰い虫を使って「道具が稼げる」にしても、蛮力だけ落ちないってどういうことよ?

ショウテンなら落とすかと思って、少し手前に戻ってしばらく走り回り、やっとのことで必要な個数が集まりました。
ここでも1時間近く粘ったわ。
ショウテンって、確かレベルアップ時に蛮力神金くれたような朧げな記憶が。
「見覚えの成長」付けたのを管に入れとけば良かった。

苦労して材料揃えたので、「#7 最強の剣を作るのだ」もクリアして、陽皇覇剣を作りました。
ええ、作りましたとも。
おかげで、お財布はスッカラカンよ。
でも、もうお金を必要とすることも無いでしょうから、いいです。
 
 
刀を作るので疲れ果ててしまったので、ちょっと休憩。
これで効果がショボかったら泣けて来るな。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ 対 アバドン王」攻略メモの目次
 

« 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の参拾九 | トップページ | 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾壱 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる