« 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾弐 | トップページ | トライアングル 最終回(ネタバレ注意) »

「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略メモ #13

KINGモード 役に立つかも知れないアドバイス

前作「超力兵団」にもクリア特典として「超葛葉モード」という激難モードがありましたが、あれに比べるとだいぶ難易度は下がっていると思います。
おそらく、仲魔が頭良くなったのが最大の要因かと。 (^-^;

そうはいっても、何の準備も無しにKINGモードに挑むのは無謀と言うもの。
前周回でKINGモード用の仲魔を作っておくのがセオリーでしょう。

では、どんな仲魔を仕込んでおくのが得策か・・・と言いますと

なにしろデビルカルテからのお呼び出し価格は通常モードの2倍。
ランクの高い仲魔を呼び出せるのは、(延々と麻雀を繰り返すのに耐えられる人でなければ)ゲーム終盤になってからになってしまいます。
なので、私は必要なスキルを持たせた最もランクの低い仲魔を用意。
「仕込んでおいた素材悪魔のスキル+属性魔法と回復スキルを持った仲魔」を複数作って、徐々にランクアップして行くことにしました。
 
 
あくまで合体素材として使うので、仕込む仲魔の戦闘能力は無視。
別件依頼で必要になる「メギドラオン持ちのピクシー」を作る時に、ついでに他のスキルも持たせて登録しておくと二度手間にならずに済みますね。
ピクシーだったらKINGでも1万円程度なので、ちょっと麻雀頑張ればすぐに買えます。
この素材仲魔は合体を繰り返して、持っているスキルを次々とランクの高い悪魔に継承させて行きます。
そのため、どんな仲魔にも対応できるように、思い出特技の「○○半減」は全て持っているのが望ましいです。
その他、「破壊神のゆえつ」などのサービス特技も含めて、とにかく思いつく限りありったけ。

実戦で使うスキルは
実際に自分がKINGモードをプレイして重宝したのは「メギドラオン」と「テトラカーン」
それと、「タル・カジャオン」「ラク・カジャオン」「マカ・カジャオン」
これらのスキルは普通にやっていたらゲーム終盤でないと入手できないので、仕込み仲魔に持たせておきます。
「メギドラオン」などはライドウのレベルが低いうちは威力も乏しいし、MAGが足りなくて思う存分使えませんが、徐々に「持てて良かった」と思えるようになりました。

属性魔法や回復スキルについては、仕込む時点では気にしなくて良いということが分かりました。
実際に自分でKINGモードをやってみて、「属性魔法はその威力で敵を破壊するというよりも、敵を硬直させるために使うもの」と感じたので。
(っていうか、そうしないと、KINGモードで生き残れなかった)
だいたい、序盤でいきなりブレス系とか使えても、MAGの消費量が激し過ぎて、叩いて回収しようとしても間に合わず、MAG不足に陥りがちになってしまいます。
このへんのスキルは、KINGモードを進めながら拾い集めた仲魔から頂戴して行くだけで十分です。
 
 
お金が貯まって来たら、中ランク(LV.40前後)の仲魔で良いスキルを持ったのを買うのも、もちろんアリです。
実際に戦闘で働いてもらうので、あらかじめ用意しておくのなら、出来るだけ弱点の少ない使い勝手の良い仲魔がいいでしょうね。
私のオススメは、ライホーくん、ティターニア、アマツミカボシあたりでしょうか。
(持っているスキルによって誤差はありますが、アマツミカボシが9万円以下だったと思います)
 
 
ライドウのステータスは、「魔」と「耐」を優先的に上げ、「いくらなんでも、ライドウ弱過ぎだろう」と感じ始めた頃から「力」を上げて徐々に均等になるようにして行きました。
仲魔の力を底上げするために「魔」を優先したのです。
「耐」は、もちろん当たると痛いから。

武器は「ガード高揚」「験気」「即死無効」「報復の狼煙」「忠義高揚」などの効果付きの物が重宝しました。
錬剣術の費用も通常モードの2倍なので、そんなにたくさんの剣を取っ替え引っ替えするわけにもいきません。
自分のプレイスタイルに合わせて、必要な剣を狙って作って行くのが良いですね。
私は終盤で「忠義高揚」付きの剣を作るまで、タダでもらったルナブレードをひたすら装備していましたが。
 
 
KINGモードで辛いのは、仲魔が居ない最初だけ。
「敵の弱点属性を攻めて硬直している隙に叩きまくる」という基本セオリーがいかに大切かが、身に染みて分かりました。
それから、回避とガード、仲魔たちの召し寄せ+隠し身はシッカリと行うこと。
それさえ守れば、KINGモードも恐るるに足らず。
ただし、魔人だけは・・・あれは本気でウザイです。
ゲーム開始直後の異界・筑土町でペイルライダーに出てこられた日にゃ、どうすることも出来ませんってば。
(どう考えても、通常モードより魔人出現率は高いです)
 
 
ちょっとでも気を抜くとコロッとゲームオーバーしますが、理不尽なほどの鬼難易度でもありません。
通常モードで「なぁんか物足りないなぁ」と感じた人には、ちょうど良い手応えだと思います。
2周めKINGモードで隠しボス的な強敵を倒すのも、不可能ではないでしょう。
前周回で上に書いたような準備をしておくのは大前提ですが。
 
 
 
「葛葉ライドウ 対 アバドン王」攻略メモの目次
 
 

« 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の四拾弐 | トップページ | トライアングル 最終回(ネタバレ注意) »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる