« 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の参拾四 | トップページ | また、ドラマ「ヴォイス」の話し。 »

「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の参拾伍

KINGモード 第2章 〜 第4章

[第2章]

自動的に槻賀多村に運ばれ、天斗樹林で仲魔を拾い集めがてらイベントをこなして帝都に舞い戻る。

イヌガミはタム・リンに作り替えました。
べつにタム・リンが性能的に優れているとかそういうワケでないのですが、他に適当なのが居なかったので。
まぁ、見た目重視と言うか・・・(^-^;

霞台の成田邸に向かい、巫蠱るつぼに突撃。

そして、メズキ&ゴズキの蛮力コンビにボコボコにされる。

メズキ&ゴズキの弱点である呪殺スキルを持ってる仲魔が居ないのぉ〜〜〜っ!
ゴズキが突進しまくるし、こっちが必死こいてチマチマと削っても、メズキがせっせと回復するし・・・
かなりヤバい状況だったので、試しに逃げてみたら、逃走完了する前に倒してしまいました。
銃撃で足止めしたりしながら、かなり時間かけてやっとこさ倒したんですけどね。
KINGモードでは逃走不可と心得よ。

どうにか巫蠱るつぼを抜け出し、序盤の難関と思われるVS弾&太郎丸。
案の定、苦戦しました。
通常モードでは回復タイムだった太郎丸にボコられました。
「暴走」で3連打されると、確実に死にます。
ここは「ガード」で耐えました。回避しようとしても間に合わなかったんで。
大事なのは、受けるダメージを極力抑えることですね。
攻撃の面では、敵の弱点を把握していれば、それほど苦労はしないのですが、とにかく受けるダメージが半端ではなくて、少しでも気を抜くとコロッと仕置き部屋送りになります。
弾に近づく時は、慎重に、慎重に。
後半、「決意の大炎」を使いだしたら、HPは満タン状態をキープするよう心がけました。
 
 
[第3章]

魔人、マジ、ムカつく。

本編バトルは割と普通に突破出来たんですけどね。
なんだか、やたらと魔人出現率が高い気がしますよ???
気のせいかしら。
魔人が出て来たら、出せるものはアッサリ差し出し、早々に御帰りいただいています。
でも、MAGとかを気前良く渡してしまうと、そのあと立て直すのが大変で。
いちいち探偵社に戻るのも面倒だし。
そもそも簡単に戻れない時もあるし。
はやいとこ、なんとかしたいもんだわ。
 
 
[第4章]

別件依頼をやるつもりはないのですが、交通費を節約するため「すごい車掌のパス」だけは入手することに。
ライホーくんも結構な強敵なので、その前に1体、ランクの高い仲魔を・・・
しばし麻雀をやって、ラクシャーサを呼び出しました。
もう少し粘ってアマツミカボシにしようかと思ったんだけど、麻雀も、ちっとも勝てなくってね。

それから、タム・リンはアルラウネに作り替えました。
銀氷属なので、きっと役に立ってくれるはず。

VSライホーくん。
冬将軍でボロボロにされます。
何度か仕置き部屋送りになりました。
が、何度か戦ううちに、冬将軍はライドウを追って来ることに気づきました。
そこで、ライドウは冬将軍を引きつける囮に。
仲魔(ラクシャーサとアルラウネ)にライホーくんを叩くよう指示し、冬将軍が召喚されたら、ライドウはあえて「召し寄せ」を使わずにライホーくんから遠ざかる!
そうすると、冬将軍はライドウを追って来て、仲魔はきわめて安全な状態でライホーくんを叩けます。
この作戦で戦ったら、あっさり勝てました。
 
 
その後、石神内毛細洞でホワイトライダーを倒しました。
やたらと魔人が出る気がするのは、最初から全部の魔人が出るからですかね?
やっとホワイトライダーを倒したのに、すぐにまたペイルライダーが出るし。
だいぶKINGモードに慣れて来たようで、普通のバトルはKINGモードだということを忘れてしまうくらい余裕で戦えるのですが、相変わらず魔人にだけは悩まされています。
ホワイトライダーは弱点があるから倒せたけれど、弱点の無い魔人はまだ倒せそうも無いです。
次は、とりあえずレッドライダーね。
今度出て来たら倒してやるから、覚悟しときなさい。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ 対 アバドン王」攻略メモの目次
 

« 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の参拾四 | トップページ | また、ドラマ「ヴォイス」の話し。 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる