« みんな怪しい「トライアングル」 | トップページ | 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の弐拾伍 »

「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の弐拾四

2周め 第零章〜第壱章〜第弐章

まずは、1周めから引き継がれるものについて。
サマナーの称号と管の本数
デビルカルテの登録内容と合体回数
条件付きで仲魔にできる悪魔については、その条件を満たしているか否か
金王屋のお得意様度
麻雀がプレイ可能になっていれば最初から出来る

逆に引き継がれないものは
ライドウのレベル
アイテム、所持金、武器など全て
別件依頼(ただし、達成度に関しては「総合」というかたちで前周回での達成度に反映される)
前作「超力兵団」からのコンバート特典

今のところ確認できたのはそれだけです。
 
 
なにやら、会話中に発生する選択肢によってライドウの内部パラメータが変動して、それに従ってイベントが変化したり、果てはエンディングが違ったりするそうじゃないですか。
2周めでは、なるべく1周めで通っていないルートを通るようにしたいと思います
1周めでは直感的に心の赴くままに進んでしまったので、自分が選びそうもない方の答えを選ぶようにすれば、なんとかなるでしょう、たぶん。
 
 
いきなりデビルカルテから強力な仲魔を呼び出して、楽して進めたいところですが・・・
お金が無いのねー。
麻雀で稼げればいいんだけど。
相変わらずダメダメで。
やっぱり、役が分からなくて上がれないのが敗因だと思うわ。
麻雀やっても時間の無駄だから、お金が貯まるまで地道に戦うことにします。

仲魔集めは適当に。
1周めで仲魔にし損ねたのとか、名刺もらっていない悪魔を中心に声をかけています。

名刺を揃えても、特に何も無いみたいですけどね。
合体でしか仲魔に出来ない連中の名刺は、最初に作成した時に必ずくれるみたいです。
会話で仲魔に出来る連中は、会話で手懐けないとダメみたいです。
後者の場合は、くれる時とくれない時の差が、はっきり言って分かりません。
スムーズに会話が進んでもくれない時もあるし、かなり不機嫌にさせたのに名刺はアッサリくれることもある・・・
ただの気まぐれかもしれません。
  
 
第1章の途中で、ディアと2つの属性魔法を持たせたタム・リンを作り、それ以降はひたすら「タム・リン+適当な仲魔」という組み合わせで戦い抜きました。

第2章の「巫蟲るつぼ」をウロついているあたりで、ようやくお金が貯まって来たので、ヨシツネさんを呼び出しました。
本当はもっとランクの高い人が良かったんだけどね、お金使い切っちゃうのもどうかと思ったんで。
当分、ヨシツネさんで何とかします。
タム・リンは、ここでお役御免。ご苦労様デシタ。

霞台・成田邸での弾との初戦はヨシツネが居たおかげで楽勝でした。
 
 
このへんで仲魔に出来る連中は、習得スキルも大したこと無いのであまり仲魔には誘わず、声をかけるのはもっぱらアイテム狙い。
ただ、捜査スキルが必要な場合もあるから、ひととおり各管属は揃えておきたいんですよね。
おかげで最初に仲魔にしたコロポックルとかが、ずーーーっと管に入りっぱなしになってます。
そのうち、適当にお別れしてランク高い仲魔と入れ替えます。

第3章あたりから、イベントに変化が見られそうなので気をつけないと。
以降は、変化するイベントを中心に書いて行く・・・つもり。
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ 対 アバドン王」攻略メモの目次
 

« みんな怪しい「トライアングル」 | トップページ | 「葛葉ライドウ対アバドン王」 攻略日記 其の弐拾伍 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる