« 「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾七 | トップページ | キャシャーン Sins 第4話 »

「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾八

第拾壱話 宇宙への挑戦

巨大ロボをどうにかするため、知恵を絞るライドウとゴウト(と、鳴海)
宇宙のことなら、あの変なオッサンはどうよ?
ってことで、宇宙科学研究所の九十九博士に当たってみることに。

九十九博士は自作ロケットを巨大ロボにぶつける作戦の真っ最中で忙しそうです。
でも、ちょっと待ってね。
巨大ロボのエネルギーは衛星タイイツから送られていると思われるため、博士の力作ロケットをロボではなくタイイツにぶつける作戦を提案。
博士はその提案に乗ってくれたけれど、衛星タイイツについての情報が欲しいらしいので、資料を探しに行くことに。

潜入捜査をしていた定吉なら・・・
ということで、海軍省前に居る定吉を訪ねます。
定吉に事情を話し、「超力兵団計画資料」を譲り受けました。

晴海をウロチョロしていると、またクダンに遭遇。
今度こそ!
パワーを喚んで魔法攻撃を連発させ、会心を出しまくってトドメを刺しました。
ふぅ・・・やっと倒せた。
「予言書」とかいう、見慣れないアイテムを落としていきました。
 
 
資料を持って博士の所に戻ると、今度はロシア語が読めないとおっしゃる。

しかたがないので、ヴィクトルに翻訳をお願い。
訳してくれたけど、衛星にロケットを当てるには複雑な計算が必要だから無理だって。
ライドウに「計算できないのか?」って言われてもね・・・無理だから。

で、次に思いついたのが精密カラクリのラスプーチン。
はて、何処へ行ったんだ、あの変な外人は?

筑土町のすぐ外に居る人に情報を貰って、ミルクホールへ。
ラスプーチンはタエちゃんをナンパ中でした。
ぶん殴って業魔殿へ連行。

すると、ヴィクトルが大喜びで分解・・・
ちょっと、ラスプーチンが気の毒になって来た。

ええと・・・
何やらアタシには理解不能なことを言っていたけど、要するに工夫次第でなんとかなる、と。
ただ、到達は出来ても、タイイツを破壊するには内部の制御装置を止める必要がある、と。
タイムリミットは本日15:00

万能科学研究所のオッサンの所へ。
あっという間に15:00
突貫工事でロケットの調整終了。
 
 
まさか、本当に宇宙に行くことになるとは。
ただし、行くのはゴウトと仲魔1名。
少し迷って、オオクニヌシさんに行っていただくことにしました。

タイイツに乗込むと、制御装置の破壊。
まさか、バトルがあるとは思ってなかったんでビビったけど、オオクニヌシさんなので大丈夫。

まずは、周囲に3つあるガードシステムを全て破壊。
雑魚はしばし放置です。
ガードシステムは通常攻撃だけで簡単に壊せました。
続いて、タイイツプラグの破壊へ移行。
魔法攻撃を使って、雑魚を巻き添えにするようにしながらダメージを与えていきました。

制御装置が破壊され、エネルギー供給を絶たれた巨大ロボは沈黙。
でも、衛星に乗込んでいたゴウトとオオクニヌシさんも・・・
オオクニヌシさんがその身を犠牲にして帝都をお救いくださるとは。
ゴウトの正体は・・・そうだったのかぁ。

巨大ロボは倒したけれど、まだ終わっていない。
一連の事件の黒幕は伽耶に取り憑いた何者か・・・

ゴウトの遺言を聞きながら第十一話が終了。 
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ VS 超力兵団」プレイ日記の目次
 
 
 

« 「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾七 | トップページ | キャシャーン Sins 第4話 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる