« キャシャーン Sins 第4話 | トップページ | 流星の絆 第3話 »

「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾九

第拾弐話 人の想い 心の絆 #1

鳴海と一緒に壊れたロボを見に行くと、伽耶が別の巨大ロボを従えて姿を現しました。
伽耶(じゃなくて伽耶に取り憑いた何者か)は、歴史を作り替えようとしているんだそうです。
「この時代では失敗したから、未来で修正する」と言い残して、巨大ロボと一緒に去って行きました。

そんなこと言われても・・・
って感じで、事務所に戻って悶々としていると、何処からともなく聞こえて来るゴウトの声。
魂だけの存在になっても、サポートしてくれる気満々のようです。
いつぞや、ラスプーチンに飛ばされた世界から戻った時に使った「天津金木」の秘技で、伽耶を追えるはず
・・・だってさ。

そのためには、まず、「天津金木」にパワーを集めないといけないんだそうです。

どんだけ集めなきゃならないのかと思ったら
深川のやっと風呂から出た佐竹兄ィと、ミルクホールに入り浸ってるタエちゃんと、ロケット作ってくれた変なオッサンの、たった3人で満タンになりました。

関わった人全員かと思って、帝都中走り回っちゃったわよ。
大道寺家執事の中村とか、遊郭のシズさんにまで会いに行ったのにっ!!!
あぁ、そうそう、ラスプーチンは遊郭で遊んでました。
ロシアの怪僧ラスプーチンが、ただのエロくさい変な外人になっている・・・

なにはともあれ、「天津金木」にパワーが満ちたので築土町の丑込め返り橋へ。
ただし、異界の方。

出発前に、ライドウの攻撃力がイマイチなので、あんまり使い道のなかったスカアハをシュミットして、少しだけ刀を強化してみました。
気持〜ち。攻撃力アップ。
あとオオヤマツミとミシャグジさまを合体してジークフリードに。
 
 
天津金木の儀式は成功し、アカラナ回廊に到達できました。
この奥に、「伽耶に憑きし者」は居るようです。

アカラナ回廊内でムスッペル(炎が弱点)、オオミツヌ(風が弱点)、アラハバキ(衝撃が弱点)、リリス(氷が弱点)を封魔。

所々に、過去に戻してくれる人(?)が居るので、消耗しきってしまったらいったん脱出して出直しながら、ゆっくり進むことにしました。

ンで、戻ったついでにムスッペルとインキュバスを合体させてヤマタノオロチを作っておきました。
サマナーの称号は「誉れ高き悪魔遣い」に。
 
 
アカラナ回廊のフロアに振ってあるナンバーは年代なんですね。

所々にある巨大な砂時計に触れると、その時代の出来事が分かります。
で、「破壊する」を選ぶと、過去に戦ったボスたちが登場。
最初に出て来たイチモクレンくらいは、どうってこと無かったんだけど・・・
き、キツい・・・
なんで?一度戦って倒した相手なのに。向こうもレベルアップしてるの???
アビヒコとナガスネヒコの兄弟悪魔に、異様に手こずりました。
 
 
1990のフロアでオニとヨモツイクサが通せんぼしている所は、「色仕掛け」のスキルで退いてもらいます。
ちょうどパールバティさんを連れていたのでお願いしました。
おばちゃんの「色仕掛け」でも効いていましたよ。
誰でもいいみたいです、コイツら。

2040年のフロアは、「読心術」を使ってネコマタから正解ルートを聞き出し、「単独捜査」で仲魔だけを言われた通りに移動させると奥の装置が作動します。

2010年のフロアは、ウコバクとオオクニヌシに、それぞれ「冷却」「発火」のスキルを使ってヒントを聞き出して通過。

その先の砂時計を破壊しようとして、出て来たミシャグジさまに異様に手こずる。
っていうか、負けました。

当たった時のダメージがデカイのも困りますが、とにかく最悪なのが「魅了」なので、精神無効のジークフリードを召還。
そしたら、さっきの苦戦ぶりがまるで嘘のように、あっさりと勝てました。
ライドウ君が固まってる間に、ジーク様がトドメ刺してくれちゃったわ。
 
 
その後、フラフラしているうちに限界まで消耗してしまったため、いったん脱出。
モコイさんとトゥルダクが居る所の「謎解き」も意味不明だったしね。
ちょっと頭冷やしてきます。
 
 
ヤマタノオロチとパワーを合体させてベリエルを作り、ジャックフロストとパールバティを合体させて八頭身のヨシツネを作りました。(よかったね、八頭身になれて)
ただ、パールバティは回復係として重宝しているので、買い戻しておきました。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ VS 超力兵団」プレイ日記の目次
 
 

« キャシャーン Sins 第4話 | トップページ | 流星の絆 第3話 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる