« 「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾伍 | トップページ | これが欲しいの。 »

「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾六

第拾話 帝都炎上! #1

どうやら無事に戻って来られたみたいだけれど、こっちの筑土町も様子が変。
とにかく鳴海に相談だっ!と事務所に走ったけれど、鳴海は不在。
置き手紙があったので読んでみると・・・

この事件は単なる誘拐事件などではなく、国家を揺るがす陰謀だって?
見習いには荷が重すぎるから手を引けって?

何を今更・・・っていうか、

一介の私立探偵ふぜいにも

 荷が重いと思いますがーーーっ!

だいたい、相手は悪魔遣いだし。
ゴウトの言うように、あくまで人間な鳴海に太刀打ちできるとは到底思えませんよ。

海軍がどうのこうのと書いてあったので、海軍省へ・・・
海から楽して海軍省に行こうとしたら、負傷した兵士が「晴海に近付くな」と言い張って動こうとしません。
あのぉ、いいから、通してくれないかな?
ダメだ・・・
仕方ないので電車で移動しました。

・・・なんてこと無く入れた。

どうやら、晴海の街に赤マントの憲兵ヨミクグツが現れて、暴れていったみたいです。
海軍省の前に定吉が居ました。
鳴海が宗像を追って地下の軍事施設に行ったことを教えてくれます。

いったん、探偵事務所に戻ります。
戻ると、ラスプーチンが鳴海の椅子に座っています。
宗像との契約は終了したから、もうライドウと戦う気は無いそうです。
ついでに、ペラペラと情報提供。
宗像の企みをほとんど教えてくれました。
オイオイ・・・いいのか?
契約満了後も守秘義務は継続するんではないの?
まぁ、いいか。こっちは大助かりだし。
最後の方、なんだかゴニョゴニョと未練がましいことを言っていたような気もするけど、よく聞いてなかったわ。
地下施設に侵入するのに必要な鍵、血返しの玉シオミツの玉をくれました。
 
 
地下施設に潜入する前に、ちょっと修験界に行ってみます。
分社の方は、既に東西南北全部回りました。
あそこって、アイテムがあるだけ???

神社に行ったついでに、称号を貰っておく。
百魔繚乱十四代め・・・
いつも思うんだけど、この称号って、ゴロが悪いよね。
据わりが悪いというか、なんというか・・・

第一階層から第三階層までは何事も無く通過。
第四階層。
正面にヨシツネさんが居ます。
オニとクラマテングの大群をけしかけてきます。
せっせと片付けていくと、御本人が登場。
そんなに強くなかった。
倒すと、業魔殿でヨシツネが合体可能になりました。

第五階層と第七階層でクダンに会いました。
百鬼夜行がどうしたこうしたって言ってました。
このクダンって、あちこちで遭遇するんですけど、いったい何者なんです?
いまだに、1体も倒せません。

第五階層は「八房をおのが足で回らば・・・」っつーことなので、外側をぐるっと一周して南西の角部屋に入ろうとすると怪しい声が聞こえてきました。

「果敢に立ち向かう」ことにすると、百鬼夜行がスタート。

オニ、イッポンダタラ、ジュボッコが続々と登場。
たぶん百匹出て来てるんだろうなぁ・・・
ライドウのレベルが低いと、生きて帰って来られなそうです。
が、今回はなんとか大丈夫でした。
トートとラクシャーサをこき使いました。
「悪霊の頭蓋」を入手。

少し消耗したし、悪魔合体もしたいのでいったん外に出て業魔殿へ。

クラマテング+タラスク → ケルベロス
ヌエ+ソロネ → ショウテン
 
 
再び修験界。
どうでもいいフロアはスルーできるから楽ですね。

第七層は「頭上の光が姿を伏す時・・・」っつーことなので、新月になるのを待って南西の角部屋に入ろうとすると怪しい声が聞こえてきました。

はい、百鬼夜行第二弾スタート。

ウタイガイコツ、ネコマタ、ヌエが登場。
このメンツだと、ステータス異常が恐怖。
なので、「精神無効」の合体技を持っているトートを召喚。
普通に打撃を繰り返しているだけで、ほぼ切れ目無く「精神無効」状態をキープできます。
トートは全属性吸収だし、ディアオーラも持ってるし、何かと役立つんだけど打たれ弱いのが・・・
弱いくせに、チョロチョロと敵に向かって行くし。
敵に囲まれないよう気を付けてあげないと、速攻で死亡します。
銃撃で敵の動きを止め、トートが突撃して行ったらL1で呼び戻し・・・あぁ、世話がやける。
途中でふと気付いて指示を「回復」にしたら、だいぶマシになりました。
「覇王の魔卵」を入手。

第九階層以降は、まだ力不足だと言われて進めず。
すごすごと退散。

修験界を攻略中に、ガシャドクロ(弱点は風)、スカアハ(弱点は雷)、パールバティ(弱点は風)を封魔。
少しレベル上げしようと思って7〜8階をウロウロしている間に、新たに仲魔にした連中がみんな忠誠度MAXになっちゃいました。
おかげさまで、称号が「綺羅星のごとし」十四代めになりました。
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ VS 超力兵団」プレイ日記の目次
 
 

« 「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾伍 | トップページ | これが欲しいの。 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる