« 「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾弐 | トップページ | 「葛葉ライドウ 対 アバドン王」ファーストインプレッション »

「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾参

第八話 鉄塔の悪魔 #1

第六話は戦闘ほとんど無し。
第七話はライドウが歩くだけでHP削られるから、余計なことせずに急いで終わらせちゃったし。
そのおかげで、しばらく仲魔の顔ぶれに変化が無くて、ちょっと飽きて来ました。
なので、桜田山に行く前にウロウロします。

まず、業魔殿で悪魔合体。
チェルノボグ+サティ → イチモクレン

案の定、すっかり忘れていた新たな称号も貰ってきました。
稀なる降魔器量・・・だそうです。
 
 
それから、気になっていた「アジアの秘宝」とやらを探しに行く・・・
既にそのうちの2つと思われるものは入手済み。
万能科学研究所で拾った「放浪の三元牌」と、紡績工場の物置で拾った「哭きの数牌」
残る2つのヒントは、海辺の街(たぶん晴海)と、サマナーしか行けない場所(たぶん修験界)

まず晴海をウロウロしてみたけれど、特に何もないので異界・晴海の方に飛んでみました。
海軍省の方に行く途中に、変なのが居ました。
ヒルコだっ!
生まれたばかりのせいか、とても簡単に倒せました。
現実の晴海に戻る・・・
ヒルコが居たのと同じ場所に立っている外国人の男(そういえば、取り憑かれたとかなんとか口走ってたわ)が、「テツヤする点棒」をくれました。

晴海をウロついている間に、仲間にし忘れていたラミアを封魔。
 
 
もう1つは、修験界・東方分室で発見。
銀座町の沖、東の方に浮かんでいる小島です。
正面に何か居るのですが、フジョウモンで遮られていてライドウには行けません。
とっても頼りにしているナーガラジャに行ってもらいました。
3匹の悪魔を倒すと、「アカぎれ四風牌」が手に入りました。
これ1つでは意味を持たぬ・・・って?
お前に残りが見つけられるか・・・って?
へへ〜ん、これが最後の1個だよぉ。
 
 
新顔にお目にかかったのに誰も封魔できずに戻って来た異界・深川に飛んで、トリグラフドゥンを封魔。
トリグラフは衝撃、ドゥンは氷が弱点の模様。

異界・深川のモコイさんが居る通りに、フジョウモンが出来ています。
その奥にシキミの影。
仲魔をチェンジしながら次々とシキミの影を破壊してオシチが居る所まで到達。
オシチに話しかけると、シキミの影を取っ払ったお礼に回復系アイテムを2つばかりくれました。

このへんをウロウロしている途中で、累計忠誠度が3,200オーバーになり、サマナー技量がアップしました。
忘れないうちに神社に行って、次の称号を貰ってきました。
人中の獅子王・・・だそうです。ちょっとはカッコ良くなったかな。
管も2本追加。やっほう。
 
 
セーブしようと探偵事務所に戻ると、「おっ! いいもの持ってるねぇ」と、鳴海。
麻雀が出来るようになりました。

ええとですね・・・
こんなに一生懸命アイテムを集めて来ましたけどね、自分、麻雀知らんのですよ。
ポーカーと似たような感じで牌を集めれば良いんだって程度の認識しか無いのですよ。
え?違う???
でも、まったく知らないわけではないし、せっかく集めて来たので、やってみました。

たぶん、知っている人が見たら「なんで、それを捨てるんだよ!」的な牌をポイポイ捨ててるんだと思います。

ポンとかチーとかカンとか言われても、スルーした方がいいのか取った方がいいのか分かりません。

分からないので、全部スルー。 \(;゚∇゚)/

リーチが掛けられると教えてくれても、

どうして自分がリーチなんだか分かりません。 ( ゚д゚)ポカーン

結果は・・・何度かやっているうちに、ワケ分からないまま勝ちました。
なんとなく集まりそうなのを集めていただけだったんですけど???
ゴウトに「やったな!」と言われ、どかーんとお金が入りました。
後で相方くんに聞いたら、大三元っていう役だったらしいです。
素人って恐ろしい?
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「葛葉ライドウ VS 超力兵団」プレイ日記の目次
 
 

« 「葛葉ライドウ対超力兵団」 攻略日記 其の拾弐 | トップページ | 「葛葉ライドウ 対 アバドン王」ファーストインプレッション »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる