« ゴンゾウ 伝説の刑事 第九話 | トップページ | 「勇者のくせになまいきだ。」のレビューみたいなもの »

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #32

富士山に行く前に、また寄り道。

風の森は、すぐに雅藍の異界にとっ捕まってろくに探索できてないので、行ってみました。
ここに出る天狗をスナップすると、アナスタシアがアルバム技「逃退葉陣舞」を習得。
しかし、この天狗って、速攻で逃げちゃうのね。
エンカウントしただけではライブラリに登録されないんで、警報機を装備して先制されないようにして倒しました。

分岐ポイントで右の道に入り、マップを切り替えて戻って来て足元を調べると「ブラッドジュエル」が落ちています。
例によって「?」は出ません。
宝探しのお宝です。
 
 
もう一度犬神の里に行き、見落としが無いかとフラフラ・・・
宿禰の泉にオオカミが居ました。

VS 松永(由緒正しき犬神の守り手)
こちらの防御力を下げ、自分をパワーアップさせて・・・と、几帳面に準備を整えて攻めてきますが、こっちは考え無しに突撃あるのみ。
松永の戦闘態勢が整う頃には、あちらはもう瀕死になっていたとさ。
 
ソウルコメットがアワーアップ。
肉球スタンプは、これで11個。
 
 
お宝ゲットしたので、横浜市街のクロフトの元へ。
今度こそ最後の「宝探し・完結編」を渡されました。
もう、隠すお宝が無いそうです。
ってか、また暗号じゃないし。
なんだか、可哀想になって来た。

すぐに帝都の無響庵に行って、石灯籠のところを調べると、「ポチのほね」が出てきました。
ったく・・・人ん家の庭に隠すなよ。

横浜に戻ると、クラフトは姿を消していました。
次のお宝を探しに行ったらしい。
どうか、お達者で。
 
 
それから、歩数計の確認と、ウルフバウトで消耗しちゃったブランカの傷を癒すためにフィレンツェに飛ぶ。
カルラばあちゃん、回復してー
と、占いの館に飛び込むと、イベント発生。
アナスタシアの恋占いが始まってしまいました。
ことごとくヨアヒムに有利な判定に、たじろぐアナスタシア。
彼女の恋人は・・・
「ケンカが強くて、日本語が喋れて、変身できる若い男の人」
蔵人、ウル、そしてヨアヒム・・・3人とも当てはまってるねぇ。
衝撃の真実を聞く前に、アナスタシアは逃げ出しちゃいました。
まぁ、こういうことは、その時が来るまでのお楽しみに取っときましょうよ、ネ。

それから、裏街道を歩むネロから、「幽霊の声が響く大鏡」のことを教えてもらう。
中をのぞくとオッソロシイ悪魔が飛び出すんだとか。
悪魔!?
それって、つまり隠しフュージョンモンスターとかそういうの?(っていうか、天凱凰はどこ行っちゃったのよ?)
フィレンツェから出ると、マップに「チフォージュ城」が出現しました。
もう少し力を付けたら、行ってみるわね。

肝心の歩数計は、大して貯まっていませんでした。
時々、装備するの忘れて歩き回ってるからなー。
メンバーチェンジしたりすると、ついうっかり忘れちゃうのさ。

じゃ、あんまり寄り道しすぎるのもアレなんで、ニコルに会うため富士山へと向かいます。


拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(風の森)
魂の刻印、マルファスの紋章
ブラッドジュエル(宝探し)

(無響庵)
ポチのほね(宝探し)

 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

« ゴンゾウ 伝説の刑事 第九話 | トップページ | 「勇者のくせになまいきだ。」のレビューみたいなもの »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる