« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #29

藤堂技研に到着すると、たいへんな実験があるとかで警備が厳重になっておりました。
そこで、先方の強化服を奪って潜入する作戦に打って出ます。
ブランカも着るの???
一瞬、FFVIIのナナキを思い出したわ・・・

右側の建物に入って強化服を分捕り、正面の建物へ。
潜入成功です。

エレベーターに乗り込むと、シーンは加藤サイドに。
皇女様が大興奮しそうな、加藤と桜花のアダルチーなイベント。
姿形は同じでも中味はまったくの別人・・・
加藤の場合、立場も逆転してるしなぁ・・・
普通に考えたらけっこう複雑な心境じゃないかと思うんだけど、そうでもないのかな?
むしろ似ていれば似ている程、辛いような気がしますよ、アタシは。
 
 
さて、ウルたちは早々に強化服を脱ぎ捨て、アスタロト分離実験の見学です。
ウルの通訳は役に立たず。
日本語は分かっても会話の内容は意味不明だそうです。
まぁ、アタシもよく分かんないけど。
ただ、無茶しすぎて、アスタロトを制御していたニコルの自我が崩壊してしまったことは理解しました。

アスタロトに完全に支配されたニコルは逃走。
追う三猿衆。
置いてきぼり喰らったウル一味は、脱出あるのみ。

実験室に何故か漢布が・・・
ナンデコンナトコロニ、コンナモノガ???

エレベーターは使えなくなっているため、別ルートで。
桜花を操作した時に通った覚えのある通路を逆走して行きます。
途中で、三倍速カウンターを拾いました。
歩数計のカウントが3倍になるお役立ち装備だけど、他のアクセサリが装備できなくなるからあまり使えないのよねぇ。
早くロザリオ出て来ないかしら?(こればっかり)

桜花が起動した実験室を通過して非常階段へ。
ずんずん上って行って、ホールに到着。
後もう少し・・・ってとこで、ボスが出た。
藤堂技研の誇る最終兵器・・・このオモチャみたいのが???

VS 富嶽
ほげっ・・・(@Д@;
「解体」が即死効果付きでした。
例によってレオナルドベアは誰も装備していません。
これ以上気絶回数を増やしたくなかったので、リセットしてやり直しました。
もちろん全員にレオナルドベアを装備して、弱点属性は「風」だったので、そのへんも考慮して紋章をセットし直して、と。

メンバーはウル、カレン、ヨアヒム、アナスタシア。
やっぱり、ボス戦はこのメンバーがベストだわ。
ヨアヒムがコウモリになっちゃってる時はブランカを入れます。
ソウルコメットもパワーアップしたお陰で、ヒット数が多くなったからね。

少しでもダメージを軽減するため、アークシールド使っておきました。
ついでにアークゲイルも。
ウルはグラーノに変身。(まだレベル3モンスター取ってないから)
カレンのゲシュペンストとヨアヒムのデストロンハマーでヒット数稼いでトドメに連携魔法のエアーショット使ったら、56ヒットが出たわぁ。
ダメージも1,300くらい行って、こっちも新記録じゃないかしらぁ?
ヒットボーナスは魔術師のピアスでした。
 
 
川島邸に強制移動。
ニコル=アスタロトが行方不明なため、ウルは落ち着き無くウロウロ。

取り込んだ魂の方が強いと、逆に心を食いつぶされてしまう。
今のニコルはアスタロトそのもの・・・

一度、暴走した経験のあるウルにしてみれば、落ち着いてなど居られんのでしょう。
しょぼくれているウルに川島さんがアドバイス。
葛城へ行け、と。
ウルを待っている人が居るんだそうで。

遊びに行っている仲間たちと合流するため、カレンと2人で日本橋へ。
 
 
公園に蔵人(アナタ、さっきまで川島邸に居なかったっけ?)と、ブランカ(と、芳子お嬢様)が居ました。
ブランカはまだ芳子とお散歩していたいみたいだけど、むりやり引き離す。

メインストリートを北へ行こうとすると、アナスタシアとヨアヒムの凸凹コンビと遭遇。
ヨアヒムは荷物持ちとして皇女様の御供をしていたらしいですが、なんだかんだ言って、また一緒に居る2人であります。

ゼペットとルチアというよく分からない組み合わせの2人は、何故かガマ道場に居ました。

全員集合してガマ道場から出ると・・・あーーーっ!!!
ロジャー・ベーコン登場!?
そうか・・・北海道の山奥で飛行艇の修理してたんだったね。

ゴメン、すっかり忘れてた。

まぁ、とにかく、飛行艇の修理が完了して、ヨーロッパに戻れるようになったようです。
良かった、良かった。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

三倍速カウンター
回避率減LV.3、特殊攻撃減LV.3
ヒットエリア拡張、ストライク拡張×2、福引券×2
漢布、竜頭刀
ダフネの果実、運の刻印、第五の鍵

司祭のピアス、魔術師のピアス(BOSS)
 
  
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

ゴンゾウ 伝説の刑事 第八話

「鍵を握る女」

これまでの話しは、まるっと全部伏線だったぁ!の巻。

ふざけてないで、真面目に書きましょう。
 
 
「ヴァイオリニスト殺人事件」は被疑者死亡という形で幕を下ろした。
佐久間は事件を解決した英雄として讃えられ、一方の黒木は再起不能なまでに不安定な精神状態になってしまっていた。

偶然、佐久間の母親と言葉を交わしたことから、彼女を半身不随にした責任の一端が自分にあることに気付き、黒木はさらに追いつめられる。

ついには、杏子の幻に誘われるように、拳銃を手にするほどに。

でも、かろうじて踏みとどまった黒木は、元の「気のいい備品係の黒木さん」に戻る。
少なくとも、表面上は。
どう頑張っても、カラ元気にしか見えないんだけどね。
ズボンで隠した足に、こっそりとホルスターにおさめた拳銃を装着している黒木・・・
「その気になれば、いつでも死ねる」とでも、思ってんでしょうか。
そう思うことで、逆にちょっと気が楽になる・・・ということはあるかもしれないが。

こうして、どうにか日常業務に戻った黒木は、引き取り手の無い盗品の整理をしているうちに、とんでもない物を見つけ出してしまう。
盗品のバッグの中に入っていたSDカードに、もなみの盗撮写真が記録されていたのだ。
 
 
さぁて、全部繋がっちゃいましたよ。

日比野が飯塚の面会に足繁く通っているシーンを入れてるから、「あらぁ、ちゃんと伏線の回収してるのねぇ。関心、関心」くらいに軽く見てたら、なぁんと、飯塚の姉が事件に関係していそうな雰囲気。

飯塚は事件当日に現場近くをウロついていたところを目撃され、第一容疑者と疑われた人物。

その姉の写真が、もなみの盗撮写真と同じSDカードの中にあり、しかも、それは明らかに盗撮ではない思いっきりプライベートな様子を映したものだった。

さらに、昔、もなみが優勝したコンクールに、飯塚の姉も出場していた。
そして、その姉は、現在行方不明・・・
怪しすぎる。

問題のバッグは、もなみのバイオリンケースと一緒に盗まれていたことも判明する。
盗まれたバイオリンケースは、もなみが警察署に訪れるきっかけとなった物だ。
この2つが無関係なわけが無い。

そして、警察署で出会ってしまった、もなみと鶴。
鶴は、真犯人に利用されたのだ。
ワザと足を引きずる姿を見せ、岡林に罪をなすり付けるための「目撃者」として。

「岡林は犯人ではない」と、黒木は断言する。

岡林の眼がどうのこうの言っていたけど、確かに、何の躊躇も無くもなみと鶴を銃撃した犯人であれば、黒木に対しても即座に引き金を引いていたはずだ。
でも、岡林はそうしなかった。
明らかに、ためらいがあった。
犯人像が一致しない。

それに、例のバッグの持ち主は岡林ではない、もっと若い男だったという証言もある。

黒木たちは再調査を申し入れるが、誰もマトモに取り合ってくれない。

死にかけていた黒木の刑事魂が、ふたたび息を吹き返す。
1人で捜査を進める決意を固めた黒木。
誰かに引っぱり出されるのではなく、今度は自分から捜査の現場へ・・・
黒木を現場に引き戻させたのは、あの、不発に終わったロシアンルーレットだったのかもしれない。
「生きて、まだやるべきことがある」
そう、杏子に言われたような気がしたのかもしれない。

そこへ、引退宣言をしていた寺田が現れ、協力を申し出る。
黒木のPTSDを悪化させたのは、現場から逃げた自分のせいでもある、と。
それより何より、現場の匂いが忘れられなかったんだろう。
それと、刑事としての誇り、も。

鶴と日比野がこれに加わる。

ルミ子さんが涙ぐみながら、ゴミ箱から拾い上げたクシャクシャの紙を広げて誇らしげに掲げた。

半壊状態の黒木に、ロートルの寺田、半人前の日比野に、日比野に輪をかけて半人前、素人同然の鶴・・・

新たな「ヴァイオリニスト殺人事件捜査本部」の発足だ。
 
 
岡林を射殺したのが、佐久間だったもんで、一時は佐久間くん真っ黒説に傾いたのだけど・・・
だって、口封じのために殺しちゃったみたいだったじゃん。
でも、どうも違うみたい。

佐久間は、潜入捜査の件をリークした人物について調べるように、密かに誰かに命じていた。

佐久間はシロ?
だとすれば、真犯人は黒木だけでなく佐久間までも陥れようとしているのかもしれない。

どこからどこまでが偶然で、どこからどこまでが仕組まれたものなのか・・・?

岡林と接点があって、岡林よりも若くて、潜入捜査の件も知っている人物と言えば、乙部だけれど・・・
そもそも、もなみの事件と岡林を結びつけたのも乙部の証言だけど・・・

彼が犯人だとしたら、こんなに手の込んだことをする意味が分からない。

複雑な事件のようでいて、実はすっげぇ単純な動機の単純な事件だった!
・・・なんてオチだけはやめてね。
 

  
 
 ドラマ「ゴンゾウ」の感想一覧
 

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #28

藤堂技研に行く前に、ちょっと近場をぶらついてみる。

戦艦三笠で福引き会員に会ったけど福引きせずに出て来たから、福引きをしに行ってきました。
会員No.8 寡黙な渡邊准尉
一等賞品は物理攻撃減LV.3

ついでに艦内をフラフラしていたら、木彫りのオオカミを発見。
(蔵人チームのルートで、入り口から真直ぐ進んで「ニ」の扉を通って次の角を手前に曲がった所)
ウルフバウトです。

VS キボリン(浪花節の木彫り)
石化さえ防げば、特にどうってこと無いです。
ソツなく蹴散らして、ソウルコメットがパワーアップ。

ウルフバウトでは必ず状態異常かリング異常にされるので、オオカミを見かけたら、ブランカに十二星座の腕輪と干支の腕輪を装備してから話しかけることにしました。
これで、状態異常は防げます。
残るひと枠を懐中時計にするかレオナルドベアにするかが悩ましいところ。
ロザリオが出てくれれば、一挙に問題解決なんだがな。

さらに、蔵人ルートの方で、甲の扉を通って進んだ突き当たりの部屋に入れるようになっていて、金田艦長が居ました。
クイズにチャレンジできます。
3回めで全問クリアして、ご褒美にフォラスの紋章をもらいました。
途中でコケても、特にペナルティは無いみたいです。
 
 
次は外人墓地へ。

門の付近にリングの魂が居ました。
引き続き、雅ちゃんの浮気疑惑のせいでテンション低め。
とっても投げやりに、いつものを置いてお帰りになりました。
大丈夫かな?

後は、ソウルドロップを拾って、先祖思いの風間さんから「ニーベルング6章」をもらってカレンのブレンフォーゲルがパワーアップしました。
 
 
続いて日本橋へ。

橋の所に、福引会員No.7 博打好きの金平
一等賞品は警報機

公園に行くとピンクのオオカミが居ました。
海を渡ってブランカを追いかけて来たらしい。
っつーわけで、ウルフバウト。

VS エレアノール(ストーカー女)
プチリングにされます。
懐中時計を装備していなかったので、小さいままで試合続行。無くても何とかなりました。
恋に狂った女の恨みの恐ろしさ故か、エレアノールはなかなかの攻撃力でしたが、毒にしちゃったら楽勝でした。

いまだ勘違いしているようだが・・・何はともあれ、ソウルコメットがパワーアップ。

日本橋に、おしゃべる人形を欲しがる人が2名居たのだけれど、どちらも交換したら第三の鍵になってしまった・・・
どう考えても第三の鍵を欲しがる人は居ないし、わらしべイベントのゴールが第三の鍵ってことも無いと思うので、リセットしてどちらにも渡さないでおくことにしました。

それでは、一通り回って気が済んだので技研に乗り込みます。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(戦艦・三笠)
物理攻撃減LV.3(福引き)
石化LV.2(ウルフバウト)
フォラスの紋章(金田艦長のクイズ)

(外人墓地)
ソウルドロップ、ニーベルング6章

(日本橋 イベントクリア後)
警報機(福引き)
ソラスの紋章、魅惑のエプロン(ウルフバウト)
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #23

[転生] Chapter2

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、サブマシンガンHPを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
洋館に辿り着いたウェスカーは、すぐさま正面玄関のドアから脱出しようとするのですが、リサに行く手を阻まれてしまいます。

玄関のドアの前にグレネードランチャー
これを拾って、リサに追いたてられるようにホール2階へと移動。
上った所に手榴弾アサルトショットガンがあります。

狭い廊下に出ました。
左側の台の上に乗っている何かを壊すとグレネードランチャー、右奥の台を壊すと救急スプレーが出ます。
のんびりしていると通り過ぎてしまうので、手榴弾を投げるかサブマシンガンなどで一気に壊して回収すると良いかもです。
 
 
鎧像の並んでいる部屋のドアに近付くと、ハンターが飛びかかっています。
ハンターを避けるようにして部屋の中へ。
ドアの右側に立っている鎧像の足元に手榴弾
リサに追われながら後退して行く時に、左側の鎧像を壊すとアサルトショットガンが出ました。
中央の台の後ろにはハーブがあります。

タイミングよくショットガンなどで狙い撃ちして、リサの攻撃を阻止。
何発か撃ち込むと、またリサは倒れてしまいます。
その隙に部屋から脱出。

その後、廊下を進むとハンターが飛びかかってきます。
この廊下に、アーカイブファイル#35があります。
 
 
ドアを開くと、廊下に手榴弾が落ちていました。
階段の踊り場にはハーブ
階段を下りきったところでハエの襲撃を受け、電気が消えたので何事かと振り返るとさらにハエが2匹飛びかかってきました。

ドアを開けて次の廊下に転がり込み、ハンターを退けたところで、チェックポイント。
 
 
後半開始直後、廊下を進んで行くと曲がり角にハーブ
その奥にアサルトショットガンがあります。
そこで、左右からハンターの挟み撃ちです。
この廊下に、アーカイブファイル#36があります。

廊下を進み、最初の角を曲がって左側に見える白っぽいドアは壊せます。
クリムゾンヘッドが出ますが、中にアサルトショットガンあり。
壊すのにモタついてると、ドアだけ壊れてアサルトショット取る間が無く、後ろからクリムゾンヘッドに追いかけられるだけ・・・という悲惨な結果になります。(そういう状況になった人が、ここに居る)
壊すのなら、迅速に。
 
 
扉を開けて次の廊下に出たら、右側の壁際の家具を壊して手榴弾を入手。
ケルベロス×2を片付けると、今度はハンターとキメラによる挟み撃ち攻撃。

相変わらず、ゲーム中のウェスカーのセリフは余裕たっぷりですが、アタシの操作しているウェスカーはヘロヘロのグダグダですよ。
なんとかして下さい、このギャップ。

ドアに近付くと、リサが先回りして襲いかかってきました。
ショットガンなどでタイミングよく狙い撃ちして攻撃を阻止しながら後退。
何発か当てると、リサはいったん倒れますが、再び起き上がり戻って行ってしまいました。

リサの後を追って進んで行くと、そこは美術品の展示室。
リサの姿は見当たらず、ハエが2匹だけ。
この部屋に、アーカイブファイル#37があります。
クリムソンヘッド2体を倒して、再び玄関ホールへ。
 
 
リサが出てきました。
ウェスカーはリサに引導を渡してやるつもりのようです。

まぁ、でも、リサはそんなに強くないのよね。
タイミングよくショットガン撃ち込んで攻撃を阻止し、距離がある時に手榴弾投げたりグレネードぶちかましたりしていたら、実にあっさりと倒してしまいました。
途中、アクションコマンドでウェスカーがすんごい跳躍力を見せてくれました。
ホールには2個程ハーブが置いてありましたが、要りませんでしたー。

これにて、「転生」終了。
チャプタークリアで「グレネードランチャー」が選択可能に。
Aランク以上でクリアすると、アーカイブアイテム「青い・赤い・黄色い宝石」が手に入ります。

 「ラクーン市壊滅事件」に進む
 
「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 

 


*アーカイブファイル

#35 ある家族の写真
鎧像の並んでいる部屋を出た後、ハンターの飛びかかって来る廊下
右の壁際の台(手前)に乗っている電気スタンドを壊す

#36 トレヴァー家
チェックポイント直後、ハンター2体に挟み撃ちされる廊下
挟み撃ち状態の時正面に見える大きめの絵を撃ち落とす

#37 リサ・トレヴァー
美術品の展示室
進行方向のドアの右側に掛かっている絵を撃ち落とす

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #22

[転生] Chapter1

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、サブマシンガンHPを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
   
「洋館事件」をクリアすると発生する、ウェスカーのシークレットシナリオ第2弾。

タイラントの爪に貫かれて絶命したはずのウェスカーは、バーキンの作ったウィルスの力を借りて蘇生していました。
それも、ただ生き返っただけではないようです。
そうまでしてウェスカーがやりたかったのは・・・
データを全て持ち帰ること???
まぁ、他にも色々あるんでしょうね。
ウェスカーはコンピュータからデータを吸い上げようとしますが、アクセス権は(たぶん)セルゲイによって剥奪されていて、目的は果たせませんでした。
仕方なく、ウェスカーはこの場から脱出することにします。
洋館爆破のカウントダウンも始まってることですしねっ。
 
 
タイラントの入っていた培養チューブのある部屋からスタートです。
次から次へと襲いかかって来るハエを撃退しながら移動。
ドア付近(左側)のモニターを割ると、救急スプレーが出ます。
右の方には手榴弾アサルトショットガン
この部屋に、アーカイブファイル#34があります。

部屋を出ると、今度はハンター×2が飛びかかってきます。
エレベーターの前にハーブあり。
ふぅ・・・ほっと一息。
 
 
エレベーターを降りると、目の前にサブマシンガンHP
アクションコマンドでハエを倒した後、ドアの手前で赤ゾンビ×3に襲われる。
ったくもぉ、ウィルスの力で肉体強化されてるはずなのに、赤ゾンビごときに手こずってどうするよ?ってハナシだ。
実は、ちょっとヤバかった。
 
 
ドアを開けると、分岐ポイント。

そんなに大胆な分岐ではないです。
どっちに進んでも敵がいっぱい出ます。

左に進むと、手榴弾サブマシンガンHP(机の上の何かを壊す)、アサルトショットガン(棚の上の何かを壊す)、ハーブが手に入ります。
右に進むと、手榴弾ハーブ
合流ポイント付近でアサルトショットガンが取れます。(右ルートを進んで来た場合、一瞬で取らないと間に合わない)
右側で取れるアイテムは左のルートを選んでも取れるし、赤ゾンビが出ない分、若干左ルートの方が楽なような気がするので、弾薬の出る左ルートを選択した方がお得かも知れません。
ただ、合流ポイント付近で取れるアーカイブファイル#32は、右ルートを進んだ方が取りやすいです。
 
 
階段を上って行くと、死体が転がっている廊下に出ました。
ここは、わんさか敵が出ます。
ハンター、キメラ、ゾンビ、赤ゾンビ・・・もう、嫌ってくらい出ます。
ウェスカーは余裕で、なんだか楽しそうにやってますが、操作しているこっちは泣きそうですよ。
ショットガン乱射したり、手榴弾投げたりして、やっとこさ片付けました。
壁の「VISUALなんとか」って書いてあるプレートを壊すと、サブマシンガンHPが出ました。どさくさに紛れて取ったぞ。

一段落付いてゾンビたちが座り込んでいた方へ進んで行くと、赤ゾンビとハエに襲われました。
この廊下にアーカイブファイル#33があります。

ドアを開くと正面にハシゴ。
その下にサブマシンガンHP、手榴弾、ハーブがあります。
急いで回収して振り返ると、ハンターが飛びかかってきました。
サブマシンガンでざっくりと片付け、ハシゴを上って行きます。
 
 
すると・・・
不気味な人影が近付いて来るのが見えます。
ウェスカーはそれが何者なのか知っている様子。
彼女は、人でなしアンブレラの初期の犠牲者。
詳しいことは、このシナリオで入手できるファイルで把握できます。

VS リサ
リサは拘束具のはまった腕で殴りつけて来るので、タイミングを合わせて狙い撃ちして阻止。
手榴弾が余っていれば、それを投げちゃっても可。
そんなに強くはなくて、数発当たっただけで力尽きて倒れてしまいました。
 
 
「所詮はデキソコナイか・・・」
ウェスカーがそうつぶやいてエレベーターに乗り込んだ後、リサがのっそりと起き上がったところでチャプター終了。

Aランク以上でクリアすると、アーカイブアイテム「クラーク・ゲイルのX線写真」が手に入ります
 
 
 次のチャプターに進む
 
「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 

 


*アーカイブファイル

#32 ウィルスメモ
分岐ポイントで右ルートを選択し、角を曲がった時、正面に見えるドアの上の照明を破壊
少し取りづらいですが、左ルートを選択しても取れます
(角を曲がって、手前にアサルトショットガンが見えているあたり)

#33 誰かが書き残した手記
ゾンビの大群を退けた後、ハンターとキメラが飛び出して来る廊下(ハシゴの手前)
廊下の突き当たりの積み上げられた台車の奥に見えるボロ机を破壊
ハシゴの位置に移動してからでも取れます

#34 誰かに当てた手紙
スタート地点の部屋
スタート直後、正面(右隅)に見えるモニターを割る

夏ドラマ雑記

今週は「ゴンゾウ」がお休みで、ちょっと物足りない。
お休みだっていうからてっきりオリンピックかと思ったら、「クイズ雑学王」の特番・・・

どんだけ軽い扱いなんだ、ゴンゾウ。

そんなわけで大好きな「ゴンゾウ」について語れないので、現在視聴中のドラマについてざっくりと感想らしきことを述べてみることにした。
 
  
「魔王」は・・・普通。
期待以上でもなく、それ以下でもなく・・・って感じ。

たぶん、直人にまったく共感できないのが敗因だと思う。
ことの発端である11年前の事件について深く苦悩する直人の姿が、もっと明確に描き出されていたら、まったく違った印象を持っていただろうに。
今の調子では、いくら直人が「正義」を口にしても、偽善にしか聞こえない。
自分の身の回りの人に危険が迫り焦りまくる姿を見ていても、自業自得としか思えない。

領の苦悩ばかりがクローズアップされていて、どうにも片手落ちな気がするのだ。

あと、全体的にドラマの造りが古くさい気がする。
どことなく昭和の匂いがするのよね。
昭和の匂いを知らない人には気にならないんだろうけど。
知ってる自分は、なんか・・・タイムスリップして昔のドラマ見ているような気分になるの。

復讐を遂げた領が自らの命を絶つ・・・なんていう、しようもない結末だけはカンベンして欲しいと思いながら見ている。
 
 
「コード・ブルー」も・・・普通かな。

途中でスゴくダレたけど、藍沢のばあちゃんの回とナース冴島の回で持ち直した。
ちょっと手を広げ過ぎかなって気がする。
藤川と緋山が、なんかどうでも良さげな扱いになってないか?
フェロ-4人+冴島だけで充分な気がするんだけどなぁ。
群像的なものを作りたいのかもしれないけど、それをやるには3ヶ月って短すぎない?
 
 
同じく医療ものの「Tomorrow 陽はまた昇る」も見ている。

最初は主人公が医療ミスをきっかけに医者をやめたって聞いたから、主人公が医療の現場に復帰するまでの過程を描くのかと思ったら、そうじゃなかった。
どうも、「地方医療のあり方」の方がメインでやりたかったことのようで。
まぁ、なんとなく何がしたいんだかよく分かんないシナリオなんだけど。

いろいろ無茶だし。

セレブ病院作って、それも脳外科専門の・・・それで、町おこししようって発想は、無理がありすぎると思うよ。

「患者のため、患者のため」と正論をぶつナース愛子のあまりの正論ぶりも、ちょっと鼻につく。
確かにそうなんだけど、そうやって何でもかんでも受け入れていて病院が潰れてしまったら、それこそ一番患者のためにはならないワケで。

現実は現実として受け止め、その中で自分の出来ることを精一杯にやる
そんな姿勢を見せるベテラン師長の存在が救いになってる。
エドはるみの演技も、良い。

現実に、医療事故の裁判や、どこぞの市民病院が閉鎖などというニュースがあったね。
医療の現場の抱える問題というのは、自分もいつかは必ずお世話になる場所だけに、他人事では済まされないんだな。
 

「ヤスコとケンジ」は3回くらい見て、それ以降見ていない。
録画もしていないので、もう見ることは無いと思う。
多部未華子ちゃん、可愛いんだけどね。
 
 
そんなかんじで、今シーズンはわりとドラマをたくさん(篤姫も見てるし)見ている方なんだけど、私の一押しはやっぱり「ゴンゾウ」
シナリオがしっかりしているから、安心して見ていられる。
後半の展開次第では、私的に「傑作」になるかも。
いや、今までの話しは全部前フリだったんじゃないかって思い始めてるんだけどねっ。

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #27

アナスタシア&ヨアヒムの凸凹コンビ(もとい皇女様と従者)は日本橋へ。

まずは色々拾ったり、道ゆく人に話しかけたりしながらメインストリートをぶらつく。
メインストリートから左の横道に入ると、怪しげな、そして、見覚えのある人影が・・・

出たぁ、グラン・ガマ先生だっち!

・・・なんだか、ぜんぜん会話がかみ合ってないですよ。
さすがのヨアヒムも引き気味。
しょうがないので、相手してあげることに。
5ターンめに何かしでかす(第五の鍵を使う)らしいので、その前にしっかり回復してガードでもしておいたらよかとです。
それさえ持ちこたえられたら、後はどうってこと無く。
リングノーミスのご褒美が、cash1って・・・
なにはともあれ、ヨアヒムが「アルテマバスター」という暑っ苦しい技を習得いたしました。

リングの側で、ヨアヒムは放送席を発見。
中途半端な頑丈さが気に入ったらしく、お持ち帰りに。
こらこら、使ってる人が居るのにっ!
貼り付いたままのマイクとネームプレートが不思議。気合いか?気合いなのかっ?
 
 
メインストリートに戻り右の方に進んで行くと、公園でウルとカレンがデート中。
物陰から覗き見してるのが居るだっちよ。
あ、くっついた。
オッサンくさい皇女様によると「母子家庭の十字架」について、ウルは語っているらしい。
しかし・・・「アリス」は地雷だろ。
はぐらかして逃げるウルと、追いかけるカレンがキャッキャと戯れていると、轟く爆発音。

アナスタシアたちと合流したところで、こつ然と湧いて出るバケモノ。

VS 鍾馗
ゲシュペンスト+デストロンハマー+イビルボーン→ミティアバーストで、サクッと撃退。

その後、小鍾馗もチャッと倒して公園から出ると、他のメンバーと合流。
どういうわけか公園の外にマジメル兄弟が居ます。マジメルカーを放っぽり出して逃げて来たのか?
ジェラールから買い物していたら、ゴールドカードに昇格しました。
割引率上がっても、リング外して定価で買うことになるのが目に見えてるから、せいぜい30%オフぐらいしか狙わないんだけど・・・
それから、ギョレメの谷に居たサラまで・・・追いかけて来たの、あなたも?

タイミング悪いことに、今のバトルでヨアヒムがコウモリになっちゃったので、メンバーをウル、カレン、アナスタシア、蔵人にしてメインストリートに戻ると・・・
加藤さんたちも来ていて、三猿衆とひとまず共闘することに。

っていうか、なんでウチらがデカイ方なのっ???

まずは、三猿衆を操作して小さいのを掃除。
手榴弾でまとめて吹っ飛ばすと楽だわぁ。

小さいのが片付いたら、バトンタッチ。
VS 鍾馗
いやん、即死攻撃だわっ。
レオナルドベアなんて、誰も装備してないわよ。
それでなくてもダメージがキツいのに、即死技でコロコロと倒されて大変なことになりましたが、そのまま突っ走ってしまいました。
あぁ、気絶回数激増。ランク落ちたに違いない。
元がニコルなので、属性は光。
よって闇属性で攻め。
ウルはフュージョンしてダークロア。
スロウも効いてました。
気絶者続出のため、あまり連携できなくてヒット数稼げなかった・・・まぁ、いいや。
 
 
どうやら一連の事件の黒幕は外務大臣の石村らしい。
石村は、ロシア皇帝の血筋であるニコルを利用して、ロシアと一戦構えるつもりなのかもって。
そんな石村の下で働いている加藤には、何か他の考えがあるような?
ことの真偽を確かめるため、藤堂技研に乗り込んで本人に問いただしてみることに。
技研にはニコルも居ることだしね。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(日本橋)
落雷の塔のカード、ダフネの果実
放送席、ブエルの紋章(ガマ道場)
知の刻印、福引券(公園)
審判のカード、体の刻印(BOSS)

 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #26

ウルたちは、三日も拘束されていたらしい。
川島のじいさんの口利きと、ロシア親善大使の任命書の御威光で解放されたそうで。
一行は、ひとまず横浜市街へ。
1人でさっさと先に帰ってしまった蔵人と合流。
じいさんたちと一緒に墓参りに行くことになりました。

横浜市街にクラフトが来ていました。
三笠でお宝を見つけていたので、新たな暗号(というより、宝の在処のヒント)「宝探し・旅情編」をもらいました。
 
 
[外人墓地 〜 異界]
外人墓地に異変発生。
どう考えても怪しいけど行くしかないので、異変のまっただ中に突っ込むと・・・
倒れていた蔵人が変身して襲いかかってきました。

VS 月黄泉
ひえっ・・・強いよ
おまけに、こっちチーム、ちゃんと準備してなかったから3人しか居ないよ。
三笠で戦った後、蔵人がパーティから外れたのに気付かず、そのまま来ちゃいました。
3人ではキツいのでリセットしてやり直しました。
メンバーは、ウル、ヨアヒム、アナスタシア、ルチア。
月黄泉の弱点は闇なので、ヨアヒムのデストロンハマーでヒット数を稼いで闇属性の魔法で連携。締めにミティアバースト。
ヒットボーナスで「漢布」が出ました。

月黄泉を叩きのめすと、蔵人くんが正気に戻りました。
しかし親方様とお嬢様の姿は見えず、みんな揃って何者かの張った結界の中に囚われてしまっているようです。
脱出するには、術者を見つけて締め上げろ!
っつーことで、蔵人くんが正式加入して異界探索開始。

誰か居るなー?と、思ったら、神出鬼没のマジメル兄弟。
なんでアンタたちまで異界にハマってんのよ。
助かるけど。

この迷宮は、お札を見つけて鳥居に掛けられた封印を解きながら進んで行けば良いのね。
マークが青の鳥居は通れるので、最初の分岐を左へ。
次の分岐も青い鳥居の方を進み、「鎮怪来符」を取って最初の分岐に戻る。
右の鳥居の封印を解いて右へ。
双子地蔵の居る分岐を左へ進むと「散瘴霊符」があるので、それを拾って最初の分岐に戻る。
最初の分岐を左に進み、次の分岐で鳥居の封印を解いて先へ。

お社に到着。
派手な着物のジジイが出てきました。
雅藍とかいう陰陽師だそうで。
怖れをなし・・・っていうか、あまりに面妖なんで引いてるだけっす。

VS 雅藍
とりあえず、ぺらぺらはウルと蔵人で先に片付けてしまいました。リバースリングにされると面倒だから。
その隙にアークバリヤーを使ったり、ホーリーエッジ使ったり。
雅藍の弱点が「光」みたいなのでね。
あ、こっちのメンバーは、ウル、蔵人、カレン、ヨアヒムです。
カレンとヨアヒムはヒット数稼ぎのために外せません。
蔵人くんは、ただの趣味。
しかし、このメンバーだと魔法使えるのが2人だけなのねー。
でも、まぁ、雅藍が「マインドアサルト」でMPゼロにしてくれちゃうので、腕力強いメンバーで固めて良かったのかも。
そうはいっても、連携でヒット数稼げないのも困るので、アイテムでMP回復して雅藍に「マインドアサルト」される前に連携してみたりしました。
ヒットボーナスはストライク拡張でした。
 
 
雅藍を倒すと異界は消え、川島さんたちも無事でした。
で、彼らがお参りに来たお墓に眠っているのは、川島良子さん。
もちろん、あの、川島中佐。
ふぅん、アタシ、勘違いしていたみたい。
前作の川島さんが、実在する「川島芳子」さんだとばかり思っていたわ。
こっちのお嬢様が、「川島芳子」さんだったのねぇ。
清朝のお姫様を養女にどうしたこうしたって、誰か言ってたし。
 
 
一方、加藤たちはニコルからアスタロトを取り出そうとして苦戦している様子。
アスタロトのカケラを注入されたオオカミは化け物になってしまい、それを桜花が勝手に何処かに転送しちゃったみたいです。
人の迷惑顧みず、そんなものを何処かに放り出すとは何事かーーーっ!
 
 
で、1893年???
川島さんの元に1人の青年が・・・
ウルに似ているな・・・と思ったら、とーちゃんっ!?
っていうか、礼儀正しくて物静かな好青年って感じで、前作で受けたイメージとはだいぶ違う気がしますけど?
それはともかく、川島さんと知り合いだったんですか。
上海に渡る直前のようです。
「息子は、大陸でのびのびと育てたい」って・・・いや、少々のびのびと育ち過ぎのような気も
 
 
さて、みんなは気晴らしに何処かへお出かけの様子。
寝過ごしたヨアヒムと、なんとなく居残っていたアナスタシアという、すごいツーショットで観光に出掛けることになりました。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(戦艦・三笠)
物理攻撃減LV.3(福引き)
石化LV.2(ウルフバウト)

(外人墓地)
特殊防御減LV.3
ヴァラクの紋章、霊の刻印、漢布(BOSS 月黄泉)

(異界)
ストライク拡張、ビンダッチーV、第五の鍵
陰陽師の耳輪、グラシャラボラスの紋章、ストライク拡張(BOSS)

 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

「勇者のくせになまいきだ」を、やっとクリアした。

いつも同じステージで、にっくき勇者どもにコテンパンにやられてゲームオーバーし続け、いーかげん嫌になって半年ほど放置していたんですが・・・
「2」が出るという情報に刺激されたのかされてないのか、ふいに思い出してここ3~4日ちょこちょこと遊んでいました。

それでも、やっぱり、同じところでコケる。

んで、どーせ、今日もダメだべ・・・と諦めモード全開で、テキトーにホジホジ掘っていたら、クリアしちゃいましたよ。

アタシが毎回コケていたのは、「STAGE5 せいけんエクスカリバー」

あいせんしロベルトと、ぐれんのきしシャルロと、そうきゅうのまじょナタリアの凶悪トリオですよ。
こっちはキレイさっぱり限りなく全滅状態なのに、3人ともピンピンして簀巻き魔王を引きずってダンジョンから脱出しくさるんですよ。

なんで勝てたんでしょうね?

バカみたいに大量のガジガジとガジフライが居たのは確か。
リリス系は10体くらい居たと思います。
フェロモン(ガジガジを喰ったリリスが吐き出すクモの巣みたいなヤツ)が、あちこちに散らばっていたような気もします。

トカゲはほんの数匹しか居なかったし、ドラゴンなんて一匹も居ませんでした。
デーもんは3匹くらいウロウロしていたような・・・?

とにかく、なんでそんなに増えたのかよく分からないけど、気持ち悪いくらいガジガジが居たの!
いろんな色のっ!
アタシは虫が大嫌いだってのにっ!
 
 
アタシはリリス系を作るのが苦手でして。
どうやら、エレメントに魔分を集めさせて作ろうとしてたのが良くなかったみたいですね。
1体でも作ってしまえば、後はエレメントやガジガジを喰わして増やした方が手っ取り早いんだわ。

で、今回勝てたのは、たぶん最初に作った1体のリリス(たぶんステージ4あたりで、いきなりLV.2のを作った)が放っておいたら勝手に増えてたのが良かったんじゃないかと。

あと、なるべく早く魔王を入り口から遠くに持って行きたくて、ががーーーっと考え無しに掘っちゃってたんですけど、今回は養分の貯まったとこだけを掘って繋げるようにしていたんですよ。
ちょっとだけ反省して。
そのせいかどうかは知らないけど、ポイントがけっこう稼げて魔物がガンガンレベルアップできた、これも勝因かも。
 
 
この後のステージは、さっくり楽勝。
ロベルトたちが大量の魔分をバラまいて逝ってくれたので、それを使ってデーもんの上異種を増やしたり、さらにリリスを増やしたり・・・
ロベルトたちに減らされた魔物を、のんびりと増殖させていただけでした。

ま、たまたまですけど。
その証拠に、もう一回やったら、ソッコーで潰されましたから。
 
 
そして、クリア後には更なる難問が待ち構えていました。
超なまいきな勇者たちがやって来ます。
もちろん、コテンパンに潰されました・・・or2

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #21

[悪夢] Chapter 2 後半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、サブマシンガンHPを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
レベッカとリチャードは外廊下を進んで行きます。
少し進んで後ろを振り返るとハンターが飛びかかってきます。
ドアのところに、手榴弾

気を取り直して前へ。
建物の中からカラスが飛び出して来て、レベッカに襲いかかります。
アクションコマンド発生?!かと思ったら、ただのムービーだった。
またしても泣き言を言い出すレベッカを、一生懸命励ますリチャードがナイスガイです。
っつーか、ここで死亡フラグが立ったとも言える。

そんな2人に忍び寄る影。

出たなぁ・・・
巨大ヘビ・ヨーンです。
こんな所に居たのね。
口を狙ってマシンガンで連射。
ヨーンが怯んだ隙に駆け出すレベッカとリチャード。
ドアの手前にハーブがあります。
急いで拾って建物の中へ。

廊下の左下の方にサブマシンガンHP
とにかく、何かあった。
動きが速くて取れないの〜〜〜っ!
追いかけて来るヨーンの噛み付き攻撃を阻止するために、サブマシンガンで口を狙い撃ちしながら走る!

ひえっ、ひっくり返った!∑(゚∇゚|||)

ドアを開けて転がり込んだ廊下。
曲がり角にある像を壊すと手榴弾が出ます。
さらに進んで、図書室手前の廊下へ。
角を曲がって左側の壁に掛かっている小さな白い像を壊すと、サブマシンガンHP
その下にハーブマグナムリボルバーがあります。
このへん、一瞬で通り過ぎてしまって取りづらいです。
この廊下で、アーカイブファイル#31を入手。
 
 
図書室に転がり込み、ヨーンとの死闘が始まります。
とはいえ、ひたすら口を狙ってマグナム撃ち込むだけ。
ハーブが乗っている木箱の一番上の箱を壊すと、マグナムリボルバーが出ます。
弾数は余裕で足りました。

しかし、大したダメージは与えられていないようで、ヨーンはレベッカに襲いかかり、レベッカを庇ったリチャードが重症を負ってしまいました。
自分の未熟さを呪い、生き延びるために強くなろうと決意するレベッカですが、初任務がこの状況では・・・あまりに酷ですよ。
 
 
ヨーンを倒すとチャプタークリア。
マグナムリボルバーが選択可能になりました。
ランクA以上でクリアすると、アーカイブアイテム「最後の書 上・下」が手に入ります。
 
 
 ウェスカー シークレットシナリオ「転生」に進む
 
 「ラクーン市壊滅事件」に進む
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 

 


*アーカイブファイル

#31 ヨーン
図書室前の廊下
突き当たりの壁に掛かっている絵を撃ち落とす

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #20

[悪夢] Chapter 2 前半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、サブマシンガンHPを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
  
レベッカとリチャードは洋館の内部へ進入。
仲間の姿を求めて歩き出しますが・・・
ビリーのことを心配してるレベッカが可愛い。
しかーし、人のこと心配している場合ではないのだ。
いきなりハンターがお出迎え。
この廊下の左の壁際に置いてある箱を壊すと救急スプレーが出ます。
ハンターをぶっ飛ばした弾みで壊して取りました。
その奥、扉の近く(左側の壁)の絵を撃ち落とすと、マグナムリボルバーが出ます。
後方から飛びかかって来たハンターを片付けて、次の廊下に移動。

狭くてクネクネと曲がった変な廊下。
ヘビが出ます。
手榴弾を拾いました。
アーカイブファイル#29も入手。

リチャードに励まされながら進んで行きます。

最初の角を曲がって左側の白っぽい色のドアを壊すと、中に入れます。
右のシンクにサブマシンガンHP
Aボタンでさらに奥へ。
トイレのタンクの上にハーブがあります。

ドアを開けて廊下を進む・・・

ゾンビがうずくまっています。
右の台の上にマグナムリボルバー
角を曲がるとゾンビ犬が飛びかかってきます。
犬を片付けて振り返ると、案の定、さっきのゾンビたちが立ち上がって襲いかかってきます。
毒吐きも居るので、急いで倒さないと・・・
毒を銃で撃てば当たらないんだけど、複数の敵が居ると忙しくて。
面倒なので、マシンガンでバババッと片付けてしまいました。

ドアを開くと美術品の展示室。
中央の像を壊すとハーブが出ます。
左側の壁に掛かっている大きめの絵を撃ち落とすと、サブマシンガンHPが出ます。
敵を倒しながらだと忙しい・・・
 
 
ドアを開けて玄関ホールへ。

玄関の扉の右側の壷を壊すと手榴弾が出ます。
ドアが開かず別のルートを探そうと振り返ると、ハンターとハチに襲われます。
敵を撃退しつつ階段の左側の壷を壊すとハーブが出ました。
このホールに、アーカイブファイル#30があります。
 
 
階段を上り2階へ。
レベッカがゴチャゴチャと何か言ってますが、リチャードに「余計な心配はいいから!」と、怒られてしまいました。
はい、ごもっともです。

上りきったところでカラスを一掃すると、久々のクリムゾンヘッド出現。
御供にハチを2匹連れてます。
これを片付けて振り返ると、クリムゾンヘッドと毒吐きゾンビ。
面倒くさいのでマシンガン掃射で片付けました。

窓の外に、セルゲイとイワンの姿を発見。
イワンが死体袋らしきものを抱えてますね。
そこに何が入っているのかは・・・あんまり、考えたくないです。
コイツらのことはウェスカーに任せるとして、何も知らないレベッカとリチャードは洋館内をさまよい歩くのみ。
ドアを開けて外廊下に出たところで、チェックポイントです。
 
 
 後半に進む
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 
 

 


*アーカイブファイル

#29 エンリコ・マリーニ
最初のドアを開けて進む廊下(ヘビの出る手前)
左側の壁に掛かっている大きな絵を撃ち落とす

#30 セルゲイ・ウラジミールへの封書
玄関ホール
階段に向かって右奥の壁に掛かっている小さな絵を撃ち落とす

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #19

[悪夢] Chapter 1 後半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、サブマシンガンHPを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
地下道を進みます。
左手にうずくまってる死体がたくさん見えます。
その奥にハーブが1個。
そのまま通り過ぎようとするから何事も無くスルーできるのかと思ったら、そんなに甘くなかった。
立ち上がるゾンビを、わざわざ引き返して迎え撃ちます。
逃げちゃえばいいのに。
バイオ本編だったら逃げてるわよ、間違いなくっ!
毒吐きゾンビも居て面倒くさいので、手榴弾投げてしまいました。

ゾンビを全滅させたら、地下通路を進んで行きます。
通路右手の壁の凹みに、タイプライターがあって、そこに手榴弾と、何かがあったような。よく分からないまま、慌てて回収しちまったよ。
その後は、コウモリたちによる挟み撃ち。
コウモリはナイフを振り回して撃退。
この地下通路でアーカイブファイル#27を入手。
 
 
ハシゴを上って行くと水のカーテンが見えます。
クリス&ジル編では分岐ポイントになっていた、例の庭園に到着しました。
滝を出て正面、左側にはショットガン。右側には手榴弾ハーブがあります。
この庭園内にアーカイブファイル#28があります。

この後は、ヘビ、カラス、クモの子、ハチ、ゾンビ犬が続々と登場。
出て来るのは小物ばっかりなんだけど、数が多くてワケ分かりません。
とてもじゃないけどメモしきれないので、詳細は略!(え?)

ゾンビ犬に挟み撃ちされるところで手榴弾を拾ったのと、ゾンビがゲシゲシと門を叩いているところでハーブを拾ったのだけは記憶しています。

そのうちレベッカが泣き言を言い出しますが、泣いて済むならアタシも泣きたいですよ。
ひたすら銃を撃ちまくって、どうにか切り抜け洋館(本館)に到着。
すると、ここでチャプタークリア!
ボスは居なかったけど、終盤の怒濤の小物ラッシュは忙しかったぁ。
 
 
「悪夢」Chapter2が出現し、アサルトショットガンが選択可能になりました。
サブマシンガンHPも自動的に選択可能になった模様。

ランクA以上でクリアすると、アーカイブアイテム「Wシリンダーシャフト」が手に入ります。
 
 
 
 「悪夢」 次のチャプターに進む
 
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 
 
 


*アーカイブファイル

#27 エドワード・デューイ
地下通路
出口のハシゴ付近の壁(左側)の照明を破壊する

#28 クロウ

滝から出たところの庭園
リフトの手前(左下)にある壷を壊す

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #18

[悪夢] Chapter 1 前半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、サブマシンガンHPを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
「洋館事件」のChapter1をクリアすると出現する、レベッカのシークレットシナリオ。
クリス&ジルが洋館に到着する直前の話しになります。

操作キャラは、もちろんレベッカ。
サブウェポンは素直にサブマシンガンHPを選択。

ビリーと分かれた後、レベッカは仲間と合流するため洋館に向かいました。
他の隊員たちが次々と倒れる中、無事に洋館に辿り着けたレベッカは、相当運が良いのでしょう。
ちゃんと寄宿舎の一室に辿り着き、黄道特急からの一連の戦闘の疲れからか、ベッドに倒れ込んで眠っています。
悪夢にうなされたレベッカが目を覚ますと、そこには仲間のリチャードが居ました。
ひとまず隊長のエンリコを探すことにした2人は、移動を開始。
 
 
スタート直後、右側の台の上に手榴弾
ドアの手前、左側の壁の照明を破壊すると救急スプレーが出ます。

少し進むと、ハチが出てきます。
遠くに居る時はハンドガンで。
近付かれてしまったらナイフで撃退。

振り返って、ゾンビとゾンビ犬を倒して、前進。
この廊下に、アーカイブファイル#26があります。

窓を叩いているゾンビが居ます。
窓を突き破って入って来るのは見え見え。
そのゾンビを倒した後は、クモとクモの子ら。

クモを全滅させて、バーカウンターのある広い部屋に逃げ込みます。
が、そこにも、またクモ。
レベッカ編でも、この部屋は敵の宝庫みたいです。
クモだけでなく、ハチにゾンビにクリムゾンヘッドと大盤振る舞い。

そして、やっぱり階段の所で分岐。
上に進むと、ハーブショットガンが手に入ります。
下のバーカウンターの方は、奥のテーブルの上の何かを壊すとサブマシンガンHPを入手できます。
サブマシンガンは上に進んだ場合でも頑張れば取れるので、上を選択した方がお得かも。

敵ばかりで仲間は誰も居ないので引き返そうとドアを開けると・・・
ひぇっ!
クリムゾンヘッドが飛び込んできました。
おまけにクモまで。
サブマシンガンに持ち替えて撃退。

廊下に出ると、左側に曲がった所にハーブ
キツいよなぁ。
さっきの部屋の分岐で上に進んでないと、これが最初の1個?!
何処かで取りそびれてんのかしら?ってくらい少ないわ。
このハーブを取った後は、クモとかクモの子とかゾンビがゴチャッと出ます。
面倒くさいので、手榴弾投げてしまいました。

倒せても倒せなくても、レベッカが床の穴を見つけて飛び込んでしまいます。

クモから逃げたくて意を決して飛び込んだのに、飛び込んだ先にもクモが待っているという罠。
ここは・・・
クリスとジルが通ったルートを逆に辿ってるんですね。
クモ×2とゾンビ×2を倒したら、地下道に出ます。
レベッカはクモが苦手で、まだクモが居るかもしれない地上には戻りたくないんだそうで。
誰だって嫌ですよ、特にこんなデカイのは。

出た所にサブマシンガンHP

で、チェックポイント。
サブマシンガンは、チェック後でも取れます。
 
 
 チャプタ−1 後半に進む

 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 

 


*アーカイブファイル

#26 リチャード・エイケン
最初にハチが出て来る廊下
ハチを倒した後、振り返って突き当たりにある机の上に乗っている書類を撃つ

ゴンゾウ 伝説の刑事 第七話

「3年前の真実」

前回の「いったい、どうなってしまったのかーーーっ?」な幕切れから、物語は3年前へとタイムスリップ。

いよいよ、黒木が「ゴンゾウ」になった理由が明らかになるわけだ。

で、この3年前の黒木が、すっげぇイヤな男で。

自信に満ちあふれ、目と鼻の先には夢の昇進話が転がっていて、順風満帆な黒木・・・
敏腕刑事なのは認めるけれど、当然のような顔して自分の価値観を部下に押し付けるわ、自分は好き勝手にやりたい放題。
自分の目の前のことしか見えてない、傲慢男だった。

杏子のことにしても、「困った時はいつでも助けに来る」などと調子のいいことを言っておいて、名前を聞いてもピンと来ないくらい奇麗さっぱり忘れ果てていたのだ。
無責任にも程がある。
相手が大人なら、「コイツ、こんなこと言って、どうせ来やしないのよねー」などと、社交辞令として受け流せる。
でも、子供はまともに受け止めてしまう。
言ったからにはきちんとフォローするのが大人の責任ってもんだし、そうする自信が無いのなら期待させるようなことは言うな。
相手が子供だからこそ、いい加減にテキトーなことを言っちゃいかーんのだ。

ただ、黒木も根っからの薄情もんというわけではなく、杏子を愛おしいと思う気持ちは本物だったようだ。

でも、黒木のその想いは、杏子には届かなかった。
届きかけていたんだけれど、寸でのところで離れて行った。

裏切ったのは黒木。

黒木にしてみれば、裏切ったつもりは無かったのだろう。
犯人を逮捕することは、刑事である黒木にとっては大切な仕事。
居場所を知らされて、そのまま見過ごすことは出来ない。
黒木は仲間の刑事たちとともに、犯人の潜伏先に走る。

その行動が、杏子の眼には裏切りと映った。
杏子は愛を知らずに生きて来た女だった。
黒木の行動を許し、黒木の気持ちを信じるには、杏子のこれまでの人生は、あまりにも不幸だったのだろう。

「この世界に、愛はあるの?」

それが、杏子の最期の言葉だった。

愛しい人を失った黒木の心は壊れ始める。
実行犯が死亡していたことも、崩壊に拍車をかけたのだろうね。
黒木の行き場の無い怒りは、自分自身へと向けられる。
本当の愛があることを納得させられないまま、杏子を死なせてしまった自分を責める気持ちが、杏子の幻影というカタチを取るようになる。
少女時代の杏子に導かれるように、マンションの屋上に上った黒木は・・・

なんだか、すごく哀しい。
とても大切な人の面影に、苦しめられることになるなんて・・・
黒木は、3年経った今でも、杏子の幻に怯えているよね。
それは、黒木にとっても、杏子にとっても、不幸なことだと思う。
ほんとうは、とても愛しい人なのに。
なんて残酷。

こうして、黒木は「ゴンゾウ」になる。
かつての敏腕刑事ぶりはすっかり鳴りを潜め、「愛すべき備品係の黒木さん」へと変貌を遂げた。
黒木が「備品係」なのも、煙草をやめたのも、杏子がそれを望んでいたからなのね。
べつに現場から逃げているのではなくて、杏子との約束を守っているとも言える。
これまでの一連の捜査で見せて来た現在の黒木の心配りが、3年前の彼に出来ていたら、あんな悲劇は起きなかったかもしれない。
でも、あの事件があったからこそ、今の黒木があるわけで。
それは、あまりに大きな代償だ。
 
 
一方で、佐久間の黒木に対する憎悪の源も分かった。
体調不良を訴え続けていた母親の側に居ることを許してくれなかった黒木。
そのせいで、母親は半身不随になってしまった。
母親の病気が何なのかは分からないけれど、倒れたりしても処置が早ければ重い後遺症は残らなかったかもしれない。
逆に、もっと遅れていれば、命を失うことだってあったかもしれない。
それなのに、黒木は自分のことで手一杯。ぞんざいな反応しか返して来ない。
佐久間にとって、母親のことは、ひとつの「きっかけ」に過ぎないのだろう。
理不尽とも言うべき黒木の言動の全てが、佐久間は許せないのだろう。

こうして、佐久間は黒木が座るはずだった椅子に座り、第十三係の係長となる。
 
 
そして、舞台は再び現在へ。
黒木は病院のベッドで眼を覚ます。
ふらつく身体で警察に向かうと、捜査本部のあった部屋はもぬけの殻。
事件は終わっていた・・・

次回予告を見ると、どうも被疑者死亡というかたちで事件は解決した様子。
あの銃声は、突入部隊の撃ったものだったようで。
岸さんあたりが佐久間の指示を待たずに突入したのか、間一髪で佐久間が突入させたのか・・・
そのへんも次回以降で明らかになるだろう。

本当に、この事件は終わったの?
たぶん、きっと、終わってない。
あまりに出来すぎな事件の顛末に違和感を覚えるのは、アタシだけではないと思う。
 
 
 
 
 ドラマ「ゴンゾウ」の感想一覧
  
 

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #25

[戦艦・三笠]

いきなり、リングの魂と会いました。(入ってすぐの左手の隅っこ)
ついさっき会ったばかりのような気がするけどぉ?
なんだか様子が変。いつも変だけど。
今回は、雅ちゃんの浮気疑惑が浮上して仕事どころではない様子です。
どうせ他人事だし、どうせ大したことないと思うので、適当にあしらって戦艦に乗り込みます。

入り口に居る見習い水兵に「ニーベルング3章」をもらいました。
カレンのフォイアヴェルクがパワーアップ。
っていうか、民間人が侵入しようとしているんだが、止めなくていいのか?

ふむ・・・どうも日本軍は内輪もめ中みたいね。
三笠の船長以下乗組員たちは、偉そうな顔して乗り込んで来た寺田中佐の一派を快く思っていない様子で、ウルたちを見ても無視してくれてるみたいです。
 
 
この先は、ウルと蔵人の2チームに分かれて行動することに。
ブランカってば、相棒のくせに薄情にも蔵人チームに行っちゃいました。
残る二人のメンバーは、気を利かせてアナスタシアと、アナスタシアの御供のヨアヒム。
必然的にウルチームはカレンとルチアとゼペット。

まずは、蔵人チームが「保安鍵・壱」を宝箱より入手。
以下、箇条書き。
蔵人チームの行動は、ウルチームはで書いておきます。

1 保安鍵・壱で「ロ」の扉を開く

2 「ロ」の扉を通って保安鍵・弐を入手し、「イ」の扉を開く

3 鍵を抜いて「ハ」に差し替え、「ハ」の扉を開く

4 「ハ」の扉を通って「船室の鍵」を入手
  船室に入り、甲のレバーを動かす

5 乙のレバーを操作する。

6 「ロ」の鍵を抜いて「イ」に差し替える

7 「ハ」の鍵を抜いて、「ロ」に差し替える

8 「イ」の鍵を抜いて「ニ」に差し込む

7 「ロ」の鍵を抜いて「イ」に差し替える
  「ニ」の扉を通って、下の階へ
  丙のレバーを操作

8 丙の扉を通って下の階へ

合流!

ちなみに、上の(4)で通る廊下に福引き会員が居ます。
会員No.8 寡黙な渡邊准尉
失敗して貴重な福引券を無駄にしたくなかったので、福引きせずにスルー。

船室に掛かっている軍服を調べると、「即死LV.2」が出てきます。
宝探し・潜入編のお宝です。
 
 
両チームが合流したら扉を開いて奥へと進みます。
メンバーはウル、蔵人、カレン、アナスタシアにしておきました。

VS 寺田中佐とその部下
寺田中佐の弱点属性は「火」だったので、ウルはバルバリアに変身。
連携を組んで来たりして面倒なので、部下どもを先に片付けてしまってから寺田中佐に集中攻撃。
物理攻撃のダメージがけっこうキビシイのと、スロウ効果の付いた攻撃を仕掛けて来るので、アークシールドとアークゲイルを使っておきました。
後は、なるべく連携を組んで攻撃を重ねていっただけ。
35ヒットでヒットボーナスの福引券が出ました。
 
ポチ参上!
助け出したお嬢様のお名前は川島芳子・・・
あら、まぁ、それじゃ、あの爺さんが川島浪速だったのねぇ。
・・・なんて話しをしていると、海軍さんたちに拘束されてしまいました。
 
 
ここから日本軍サイドに話しが移り・・・
川島浪速に実権を握らせまいとした加藤の上官が、芳子お嬢様誘拐事件などを企てたようで。
懲りずに新たな刺客を送り込んで来る様子。
なんだ、この派手な着物のジジイ。

と、ここで、加藤サイドへ。
桜花・・・川島さんに似てると思ったら、前作で亡くなった川島よし子さんの遺伝子を元にして作った新造人間だそうで。
エミグレ文書なんかを欲しがったのは、このためか。

この後しばらく桜花を操作します。
まずは、飛燕とバトル。
適当に叩いていただけ。
その後は、ゆる〜いシューティング。
何処かで見ているらしい加藤にお褒めの言葉をちょうだいした後、雷電とバトル。
こちらも適当に叩いていただけ。
この飛燕と雷電って、アポイナで会った人達だわねぇ。
締めは桜花&飛燕&雷電の三猿衆で、装甲機兵水無月をぶっ潰す。
・・・この人達、強いわねぇ。LV.50よ。
そのうち戦うことになるのかしら、嫌だわ。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(戦艦・三笠)
紋章ヴァプラ、ヴィネの紋章
ニーベルング3章
恋人のカード、即死LV.2、福引券
鬼神の耳輪、福引券(BOSS)
 
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #24

横浜レンガ倉庫。
ウルが具合悪いっつーから、ヤドリギの呪いが悪化したのかと思ったら・・・船酔い
死にかけたらしい。
飛行艇はアナスタシア皇女様が不時着(墜落とも言う)させてしまって、やむを得ず船を使って横浜まで移動して来たそうです。
ロジャーは熊出没注意な北海道の山中に1人残って修理作業中・・・
相変わらず、テキトーな扱いを受けてますね、ロジャーのじっちゃん。

ウルがしばらく動けそうも無いので、ブランカは1人でお散歩に。

目元涼しき少年剣士を発見っ!!!

怪しげな兵士どもに囲まれております。
すかさず加勢するブランカ。
(だって、リング外しまくりで死にそうだったんだもん、この少年剣士)
兵士たちを蹴散らし、そのまま少年剣士について行っちゃうブランカ。

しばらくフラフラしていると、敵に囲まれている親方様とお嬢様を発見。
ブランカの紋章魔法でサクッと片付ける。
少年剣士は、何もしていません。リング外しただけ。

どうやら、ブランカは幼女に縁があるらしい。(というか、ブランカが幼女好きと言うべきか?)
お嬢様に「ポチ」と名付けられてしまいました。
何かワケありっぽいこの人たちに聞きたいことは多々あれど、残念ながら人間にオオカミの言葉は通じないのである。
ガックリとうなだれたブランカは、落とし物を発見。
鼈甲の髪飾りをゲット。
 
 
翌日、ウルは動けるようになったけれど、ブランカの姿が見えず。
倉庫街をひとしきり探索してから、探しに行くことにします。

危ない玩具屋さんで、「紋章キメイエス」と、何に使うんだかよく分からない「あらいぐまさん」を購入。
こういう、ワケ分からない物に限って、思いもよらぬ使い道があったりするのだ、RPGの世界では。
たまーに、使い道が分からないままラスボス倒しちゃうこともあるけどなっ。

倉庫内で、ヨアヒムは手頃な大黒柱を発見。
ふつう、転がってねぇよ。
もちろん、しっかりと担ぎ上げるヨアヒム。
肩に食い込む人生の重みは感動的・・・らしい。

福引会員も発見。
会員No.9 肉体労働の村井
一等賞品は大徳利でした。
やっほう。これで安心して変身できるわねっ。
 
 
横浜市外へ。

宿の前でお座りしているブランカを発見。
やっぱり、昨日の女の子に会いに来たのね。

で、その女の子は何者かに連れ去られ、ブランカはそれを追いかけて何処か行っちゃうし、蔵人は悪漢どもに銃撃されたみたいだし・・・
でも、大丈夫みたいだし・・・タフだな。

じいさん(ジジイが多くてややこしいわい)は、人質に手荒なことはしないからなどと呑気に構えているが、そんなこと聞いちゃいない乙女約1名は蔵人を見て頬を染める。
で、なんでそこでヨアヒムが蹴っ飛ばされるんで???
じいさんは自分たちに関わるなとおっしゃるんだけど、ブランカが付いてっちゃったのよねー。

あ、帰って来た。

誘拐犯のアジトを突き止めて戻って来たらしいですよ。
さすが、ポチ。

ポチが帰って来たんだから、もう用は無いはずだし、コイツらが絡むと余計に面倒なことになりそうな気もするんだけど、何故かお嬢様救出に手を貸す方向で話しがまとまりました。

さらに、何故か宿にソウルドロップ入りの宝箱があるし。
勝手に持ってくし。
 
 
お嬢様救出に向かう前に、横浜市街をぶらつく一行。

マ・・・マジメル兄弟が来ているっ!
シルクロードを突っ走って来たらしい。
いくら不測の事態(墜落→船便)があったとはいえ、飛行艇より先に到着とはスゴいな、マジメルカー。
ぜったい普通の車じゃないよね。改造しているよね。
もしかして、変形したりとかするんじゃないのっ?!
それはともかく
ピエールが「あらいぐまさん」にインスパイアされて新たなデザインを完成させた模様。
マジメル兄弟のすぐ右側の店の簾の裏で、「Mr.ドクトル」のカードを拾ったんで、さっそく作ってもらいました。
ドレスっていうか・・・着ぐるみ?
普通、百獣の王と言えばライオンだと思うんだが・・・まぁ、細かいことは気にしない。
だいたい「百獣の王子」だし。

フランス帰りの友子にしつこく話しかけていたら、「シャインオイル」をくれた。
オイル、あんまり使ってないんだけどねー。
タロットは、もっと使ってない。

他にも色々拾いました。

久々にソロモン王の鍵をチェックしたら、「戦いの荒野」が完成。
あぁ、もう、紋章がワケ分からん。

リングの魂とも遭遇。
・・・まさか、その口調は・・・亜弥ちゃん?!
ホントにやってるよ。
次は死んだばあちゃん?
いい、いいよ、遠慮なんてしてないから。普通でいいから。

ひととおり市内観光を済ませたので、お嬢様の救出に行きますよ。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(横浜レンガ倉庫)
小粋な着流し、銀製鈩、鼈甲の髪飾り
ナベリウスの紋章
キメイエスの紋章、あらいぐまさん(密売屋から買う)
福引券、動の刻印、ヒットエリア拡張、小徳利、大黒柱
大徳利(福引き)

(横浜市外)
ソウルドロップ(宿の中)
百獣の王子、Mr.ドクトル、福引券
太陽のカード、シャインオイル
アムドゥシアスの紋章

 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #17

[洋館事件] Chapter 3 後半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、ショットガンを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
まずは、端末機を操作して電源を回復。
床のショットガンももれなく拾う。
とっととエレベーターに戻って乗り込みたいところですが、ハエどもが襲いかかってきます。
ホントにもう、鬱陶しいな。
この部屋に、アーカイブファイル#20があります。

ハエをやっつけて部屋を出ようとすると、どこから湧いて出たのかハンター2匹が追いかけてきます。
ハンターを片付けると、今度はゾンビ2体。
ノーマルゾンビなんて、もう、屁でもないわ。
クリティカル稼ぎのいいカモよっ!とばかりに吹っ飛ばして、移動。
しかし、その後のハエどもにボロボロにされる・・・

次の部屋はゾンビとハエの波状攻撃。
この3番めの部屋にアーカイブファイル#25があります。
 
 
さっきの通路を逆走してエレーベーターに
・・・乗り込もうとすると、背後からクリムゾンヘッドがぁ。
ここも足音が聞こえるので、気配を察知したら武器を持ち替えて迎撃態勢を。

このチェックポイント前後のエリア、キツいです・・・
たいてい、電力を回復してエレベーターに戻る途中で救急スプレーを消費してしまいます。
だって、このあたり、ハーブが無いんだもの。
 
 
エレベーターに乗り込み、さらに下のフロアへと移動して行きます。
降りた所にショットガンハーブ
角を曲がった所でアーカイブファイル#21を入手。
 
 
ハザードマークのドアの向こうで待っていたのは・・・
行方をくらましていたウェスカーです。
ウェスカーは、アンブレラ社製の生物兵器の実戦データを得るために、S.T.A.R.Sをこの洋館に誘い込んだことを暴露します。
そして培養チューブの中で眠っていたタイラントを起動。
しかし、タイラントはその爪によってウェスカーの身体を無惨にも貫き、続いてクリスとジルにその矛先を向けます。

まずはアクションコマンドで回避。
そのまま戦闘に入ります。
が、ここのタイラントは大したことないです。
むき出しの心臓部分を狙ってショットガンでも打ち続けていれば、すぐにガックリと膝をつきます。
タイラントが倒れ込んだ隙に、部屋から脱出。
この部屋にアーカイブファイル#22があります。
 
 
脱出口を求めてエレベーターに向かおうとすると、ハンターが飛び出してきます。
サッサと片付けてエレベーターへ。

上のフロアに移動し少し進むと、ブラッドの無線をキャッチ。
ヘリポートで待機してくれているようです。
「こっちだ!」と自信満々に叫ぶ、何故かヘリポートへのルートを把握しているクリスの指示に従い、通路を駆け抜けます。

で、この先はゾンビ、クリムゾンヘッド、キメラ、ハンターの大盤振る舞い。
とにかく数が多いので、ハンドガンでは対処しきれないと感じたら、ショットガンで吹き飛ばすなり、手榴弾ぶん投げるなりして切り抜けました。

梯子を上って扉を通り抜けるとハンターが襲いかかってきます。
最初は2匹。少し遅れて別方向から1匹。
この通路に、このエリアに、アーカイブファイル#24があります。
その先にショットガンと貴重なハーブもあります。
 
 
エレベーターの前に到着。
レベッカが1人で立っています。
リチャードはどうしてしまったのでしょうか?
この場に居ないということは、もはや生きてはいない、ということなのでしょうが。

3人でエレベーターに乗り込むと、途中で激しく揺れます。
それでもどうにか上のフロアに到着し、ヘリポートに出てみると・・・
タイラントが再登場。
しつこいねぇ、ホントに。

例によって弱点はむき出しの心臓部分なので、そこを狙い撃ち。
ハンドガンなんかじゃ、もう、ぜんぜん効いてないので、ショットガンで。
積極的に攻撃するというよりは、タイラントの攻撃を阻止するために狙い撃ちするって感じで、無闇矢鱈と撃ちまくらないようにしました。
肝心な時に弾切れしてると大ダメージ喰らうんで。
突進攻撃の時も、ぶん殴り攻撃の時も、タイミングよく心臓部分にヒットすると、攻撃を阻止することが出来ます。
ぶん殴り攻撃の2発めはアクションコマンドが出るので、ここは冷静に回避。

時々、タイラントに捕まってしまい、持ち上げられてしまいます。
この時、せっせと攻撃を続けていれば、あまりダメージを受けないうちに放り出してくれます。
ヤケクソで余ってた手榴弾投げてみたら、大ダメージを与えていました。
普通、こんな至近距離で手榴弾使ったら、自分もヤバいはずですがね。

あと、もう一パターン、空中からのジャンプアタックがあります。
これも心臓を狙い撃ちすれば阻止できます。

しばらく戦っていると、ブラッドがロケットランチャーを落としてくれます。
すかさず、これを拾ってトドメ!

攻撃を阻止するタイミングを覚えてしまうと、ほとんど無傷で倒せるようになりました。
ハーブは3個、各所に散らばっています。
数は充分すぎるくらいなのですが、動きが激しいので拾いそびれてしまいがち。
タイミングが掴めず、どうしてもダメージを受けてしまうのならば、救急スプレーはここまで温存しておいた方が良いですね。
 
 
タイラントを退けると、チャプタークリア。
Aランク以上でクリアすると、アーカイブアイテム「MOディスク」が手に入ります。

無事に脱出を果たしたクリス&ジルとレベッカですが・・・
ウェスカーは、いったん死んで、「別のもの」に生まれ変わったみたいです。
タイラントを起動する前に、こっそり何かを注射していましたからね。
ウェスカーがいったい何をやらかしたのかは、次のシークレットシナリオで明らかになるんでしょうか?
 
 
 
 レベッカ  シークレットシナリオ「悪夢」に進む

 ウェスカー シークレットシナリオ「転生」に進む
 
 「ラクーン市壊滅事件」に進む
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 

 


*アーカイブファイル

#20 キメラ
チェックポイントの部屋
手前のモニター
(モニターを割るだけでなく完全に破壊する)

#21 タイラント(T-002)
ハザードマークのドアの手前
天井の照明を破壊

#22 B.O.W
タイラントと戦う部屋
出口ドア付近のモニターを割る

#24 バイオハザード ダイジェスト2
ヘリポート直前のキメラ3体が出る通路
一番手前の天井の照明を破壊

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #16

[洋館事件] Chapter 3 前半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、ショットガンを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
洋館の地下に研究施設を発見したクリスとジルは、更なる探索を続ける。

まずは小手調べとばかりにゾンビ4体を片付けて、ハシゴを下ります。
ハシゴの真上にある照明を壊すと、救急スプレーが出ます。
 
 
ハシゴを下りると、ゾンビ2体。
どういうわけか、必ず手前の1体に引っ掻かれる・・・
左側の壁のところにショットガン
このエリアに、アーカイブファイル#17があります。

横たわる死体を気にしながら通路を進んで行くと、正面にゾンビ3体。
そして、お約束で寝ていた死体が起き上がって、突進してきます。
よりによってクリムゾンヘッドです。
クリムゾンヘッドは足音がするので、ヒタヒタと聞こえて来たらサッと武器を持ち替えてズドンと吹っ飛ばします。
この廊下でアーカイブファイル#18を入手。

しばらく進んで角を曲がった所に、手榴弾ショットガン(選択したサブウェポン)があります。

赤ゾンビを撃退して階段を下りつつ振り返ると、上から毒吐きゾンビがこちらを覗き込んでいます。
モタモタしていると、毒(じゃなくて正しくは酸)でダメージ受けます。
 
 
階段を下りきって鉄柵の扉を通ると、その先で分岐。
ここもさほど大きな分岐ではなくて、すぐに合流しますけど。
Aボタンで左に曲がるか、そのまま直進するかを選択します。
左に曲がると、ハエ(正式名称:キメラ)がゴチャッと出ます。
直進は普通のゾンビと赤ゾンビというおなじみの組み合わせ。
拾えるアイテムは一緒(ショットガン×2ハーブ×2)・・・っていうか、直進すれば両方のアイテムが拾えるので、直進した方がお得かも。(左折すると1個ずつしか取れない)
この分岐エリアにアーカイブファイル#19アーカイブファイル#23があります。
 
 
どちらのルートを選んでも、最終的にはエレベーターに電力が供給されていないことが判明して、その後はエレベータを起動するための主電源を求めて移動して行くことになります。
エレベーター付近では、ハエ3体と赤ゾンビが時間差で襲いかかって来て死にそうな目に遭います。

やっと静かになったので、ホッとして再び歩き出したのですが・・・
その先には更なる地獄が待ち受けていたわけで。
 
 
動力室にはハエが大量発生。
クリムゾンヘッドのオマケ付き。
キメラってリーチが長いから嫌よ。
まだ大丈夫かな・・・などと余裕かましてると、長い前足でゲシッと引っ掻かれます。
なるべく頭を狙って一撃で倒すか、ショットガンに持ち替えて吹っ飛ばさないと。

2つめの部屋で、ショットガン手榴弾を入手。

3つめの部屋に入った所でチェックポイント。
ふえぇ〜、危なかった。
危うく救急スプレー使っちゃうところだったわ。
  
 
 
 後半に進む
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 
 
 


*アーカイブファイル

#17 ウェスカーズ リポート「タイラント計画の問題」
最初のハシゴを下りてすぐ
天井の照明を破壊

#18 保安部長のメール
最初に出現するクリムゾンヘッドの背後
ワゴンの後ろに積んであるボロ机を破壊する
ショットガンなどで、クリムゾンヘッドもろとも吹っ飛ばすと取りやすいです

#19 ある研究員の手紙(一部抜粋)
分岐点でAボタンを押さずに直進
ゾンビが出現するエリアの左側に積んであるボロ机を破壊する

#23 バイオハザード ダイジェスト1
分岐点でAボタンを押して左折する通路
下の方にある照明を破壊する
(直進を選択しても頑張れば取れるかも)

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #23

ニコルがお待ちかねのアポイナの塔です。
どうやら、このアポイナの塔には罪人たちの怒りや憎しみが封じられているらしい。
それが解き放たれると・・・
みんなケンカっ早くなる!?
・・・まぁ、だいたい、そんなもんでしょ。

カレンとニコルが訪れた時には通れなかったドアが、開くようになっています。
まずホールに向かって左手の階段を進み、外に出てお宝を回収。

右側の階段を上って、塔の最上階を目指す。

ニコルがヤドリギを取りに行く時に使った魔法陣は消えています。
でも、その左側の隅っこにリングの魂が居ました。
お贈りするにょ
って・・・ホントにやってるよ。
か、かわいい・・かな?アタシには、よく分からん。
また練習して来るって?
いいよ、遠慮しとく。
 
 
さらに階段を上って行くと、とても怪しい天秤を発見。
両隣の各部屋を回って分銅を持って来て、天秤が釣り合うように分銅を乗せていきます。
ヒント的なものは左側の壁にあります。
失敗すると強制バトルみたいですよ。

ドアが開いたので、さらに上へ。
今度はレバーを操作してとても怪しいカゴを上げ下げしながら進みます。
まずは、最初のフロアのレバーを「上」に固定して3番めのフロアへ。
そこのレバーは「下」に固定して、真ん中のフロアへ。
カゴが移動していて、レバーの場所に辿り着けるようになっているので、そのレバーを「下」に固定。
最初のフロアに戻ると、宝箱の入ったカゴが下りて来ています。
お宝を回収して3番めのフロアに進み、レバーを「上」に固定し直して、上の階へ。

セーブポイント発見。
そろそろヤバそうなので、しっかり回復して装備品等も一応チェックして・・・
ついでに、アモンにソウルチャージして「魂と肉体の再生」を使えるようにしておきました。
アスタロトに挑むメンバーは、ウル、カレン、アナスタシア、ヨアヒムにしました。
カレンはゲシュペンストでhit数を稼ぐため、ヨアヒムはデストロンハマーでhit数を稼ぐため、アナスタシアはスナップしたいから。
 
 
最上階では、ニコルが待ち構えていました。
ニコルの目的は、嘆きの棺に封じられた人の憎悪を解き放ち、人々の心の闇を増大させること。
それにより、この世界を血と殺戮の時代へと導くこと。
それって、ニコルのって言うよりアスタロトの望みなんじゃ???って気もするけど、今のところニコルはアスタロトに喰われたという様子も無い。
そんな世の中にして、何が楽しいんでしょうかねぇ、ニコルは。
もひとつ不思議なのは・・・
こういう人たちって、どうして邪魔者が来るまで何もしないで待ってんのかしら?
ウルたちが阻止しに来るの分かってんだから、待っていないでサッサと開けちゃえば良いのにねーっ。
まぁ、見せつけたいんだろうけど。
RPGの適役って、プライドとナルシズムの固まりみたいな人が多いからなー。
1人でこそっと開けるのでは、ちーっとも面白くないんでしょうよ。
ンで、ニコルもそういうタイプの人のようで・・・
自分が倒すはずだったアルバート・サイモンを倒し
ヤドリギの呪いを受けてもヘッチャラな顔してラスプーチンを倒した
そんなウルを生かしておくのは、自分のプライドが許さないんだそうです。

それでケンカ吹っかけて来るなんて、いい迷惑だっっっ!!!

っつーことで
VS アスタロト
特殊攻撃のダメージがとんでもないので、とにかくアークバリアー。
なるべく連携しながら攻撃を重ねて行きました。
できれば4人繋ぎたいところだけれど、回復に忙しくて1人は参加できず。
回復はアナスタシアにさせて、ヨアヒムのデストロンハマー、カレンのゲシュペンストとアモンに変身したウルの三連打・・・って感じで。
ただ、ヨアヒムはMPが少なくてやたらとデストロンハマーが使えないんで、5ヒットくらいの紋章魔法で繋いでみたり。
もちろん、余裕があれば4人で連携して、(アスタロトは弱点属性が無いんで)適当な連携魔法をぶち込んでみました。
けっこう長期戦になったので、SP回復が忙しいのなんのって。
ウルは途中で変身を解きましたよ。
ヒットボーナスで、干支の腕輪が出ました。
 
 
瀕死のニコルにウルがトドメを刺そうとすると、加藤が出て来てニコルを回収して行きました。
変なお供をつれてるし、変な術使うし・・・
いったい、どうなっちゃってるのさ、加藤さん?
けっきょく、アポイナの塔のマリスは放たれ、ニコルは加藤の手によって日本に運ばれ・・・状況は良くなるどころか、どんどん悪化している気がします。

加藤には手を引けって言われたけどぉ、そう簡単に引き下がるウルじゃないのよねぇ。
そんなこんなでぇ、DISK1終了したわぁ。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

ベリアルの紋章、ストライク拡張
魂の刻印、ヒットエリア拡張
パイモンの紋章

ガラハッドソード、ディレイLV.2、干支の腕輪(BOSS)
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

シャドウハーツ 2 今更だけど攻略日記だ #22

ちょっくら間が空いてしまいましたが、ゲーム攻略自体は順調に進行中で、とっくにDISK2に入り、そろそろ終盤か?という頃合いまで進んでいます。
日記書くのが大幅に遅れてるだけ。
早く書かないと忘れるわぁ。
 
では、アスモデウスに引導渡しに行きます。

イーダルフラーム最奥にあったのは、心臓らしき脈打つ物体。
モゾッと出て来た、いやぁな感じの虫との連戦になります。

VS マザーフィラリア×2が2回
マザーフィラリアの弱点は闇属性。
麻痺にされます。
ちょっと面倒くさいことになったけど、ウルとルチアだけは香木の腕輪を装備してたから、まぁ、いいわ。皇女様とカレンは麻痺してても。

どうにか連戦を切り抜けると怪しげな心臓が止まり、奥に進めるようになりました。
マザーフィラリア戦で消耗してしまったので、いったんマジメル兄弟のところに戻って、回復とアイテムや装備のチェック。
アスモデウスと対決するメンバーは、ウル、カレン、ルチア、アナスタシア。
ヨアヒムがコウモリでなければ、メンバーに入れたいところだったんだけどね。
さて、行きますか。
 
 
アスモデウスにすっかり心を喰われたラスプーチンが待ちくたびれていました。
遅かったって?
ゴメン、ゴメン、ちょっと迷子になってたから。
じゃ、ケリ付けましょうかね。

VS アスモデウス
ウルはとりあえずアモンに変身。
しかーし、アスモデウスはSPダウン攻撃を仕掛けて来るのであった。
こりゃ、大変。
ピュア〜〜〜がいくつあっても足りない。ってか、SP回復に忙しくて攻撃どころじゃなくなってしまう・・・
ってんで、リセットしてやり直し。
マジメル兄弟からウィルパワーを買い込んでバトルメンバーに装備させ、再挑戦しました。

女性陣には、全員に何らかの回復魔法を装備してあります。
アークキュアとキュアが使えるのが2名、キュアプラスが1名、レイズアップが2名。

行動順序とにらめっこして、余裕を持って回復しながら、チャンスを見て連携を。
4人が無理なら、3人でも。
少しでも連携すれば、それなりにダメージにボーナスが付くからね。
けっきょく、4人で連携できたのは2回くらい。
女子3人でヒット数稼いで、ウルが連携魔法を使うってパターンで。
最大29ヒットが出ました。

HITボーナスで十二星座の腕輪が出たわぁ。
 
 
「アルバートは百倍強かった」と、ウル。
うん、確かに。
「ラスプーチンの野望を阻止する」という明確な目的のあったアルバートの方が強かった・・・ということですかね?

瀕死のラスプーチンが、ヤドリギの呪いについて教えてくれました。
ヤドリギの呪いとは、心を殺すもの。
ウルの最大の武器である「意志」を蝕んで行くもので、呪いを解く方法は存在しない・・・
そんなぁ!!!
ついでに、ニコルの行き先も。
ニコルはアポイナの塔に封じられた憎しみを解き放とうとしているんだとか。
なんだか分からないけど、阻止しないとね。
 
 
アポイナの塔へ行く前に、ちょっくら寄り道。

パリのぼろアパートに行くと、管理人のばあちゃんが居ました。
福引会員でした。
会員No.10 管理人のクレマンス
一等賞品はアロセスの紋章

パリの大聖堂にあるジャンク屋では、ゼペット専用装備のシルバーシートを売りつけられました。
1万cash・・・高い・・・

ワインセラーのラッキーボックスに新商品が追加されていたのでチャレンジ。
フルオープンのご褒美はソウルドロップでした。

ドンレミ村に行こうとしたら、ガラの悪い3匹のオオカミと遭遇。
ドンレミ村を荒し回っているオオカミって、アンタたちのことね?
というわけで、ウルフバウトです。

VS マイヤー&マシュウ&マルテガ(黒い三匹連れ)
毒・封印・精神崩壊の三重苦です。
干支の腕輪を装備しましょう。
自分は、たまたま装備していたので助かりました。
この3匹、生意気にも連携を組んで怒濤の攻撃を仕掛けて来るので、常に残りHPに気を配りつつ、手下(マシュウ、マルテガ)を1匹ずつ倒して行きました。
最後は、ボスのマイヤーとガチンコ勝負。
無事に退けて、ドンレミの白い悪魔の面目躍如です。
ブランカがカムバックを習得。

ドンレミ村の教会に行くと、祭壇の奥に光っているものを発見。
ソウルドロップでした。

このソウルドロップって、レベル3のフュージョンモンスターを入手するのに必要なものだったんですねぇ。
久々にグレイヴヤードに行って、分かりましたよ。
まだ、ひとっつも解放していないけど。

それから、ギョレメの谷に行きソロモン王の試練にもチャレンジしてみました。
ひとまず、入門者の試練は1〜4までクリア。
詳細は・・・長くなるので、後日、まとめて。
 
 

拾ったもの(一部消費アイテムは省略)

(イーダルフラーム)
動の刻印、身代わりクン
世界のカード、魔術師のピアス、十二星座の腕輪(BOSS)

アロセスの紋章(パリのぼろアパート 福引き)
シルバーシート(大聖堂のジャンク屋)
愚者のカード、福引券(ウルフバウト)
ソウルドロップ(ドンレミ村の教会)
ソウルドロップ(ラッキーボックス)

 
 
次のプレイ日記に進む
 
「シャドウハーツ2」プレイ日記の目次

ゴンゾウ 伝説の刑事 第六話

「潜入捜査」
 

「日本青空クラブ」
若者たちを集めてボランティア活動と勉強会を行っている、表向きは特に問題の無さそうな団体。
だが、情報提供・乙部らの証言によると、会長の岡林は会員をふるいに掛けているフシがあるという。
そして、選ばれた者だけが入ることを許される地下の一室。
そこには、大量の銃と弾薬があった。

それを見た乙部は素人だから、本物かどうかまでは分からない。
岡林は大物政治家の息子だから、うかつに踏み込んで「モデルガンでしたぁ〜」ではシャレにならない。
そこで、潜入捜査と相成るわけですが・・・

誰を送り込むかを相談してるシーンが可笑しかった。
候補者の条件は
若くて体力があり、清潔感に溢れ、岡林と共通の趣味を持つ人。

黒木の場合、体力に自信はあるようだが、清潔感は微妙・・・だそうだ。
私の判定では「若さ」も微妙な気がするが・・・

そんな条件にドンピシャなのは、誰がどう見たって日比野。

赤バッジ取得を目指す日比野は、キャラ設定ばっちり決めて現場に向かうが、そこには黒木の姿が・・・
あぁ、似合ってない、その恰好。
どうせ、備品倉庫から引っぱり出して来たんでしょぉ?
黒木は、なんと、乙部からの紹介という形で岡林と接触。
まんまと潜入に成功しちゃいました。

しかし、うっかり「非番」などという単語を口走ったせいで、速攻で職業がバレた。
ここは、正直に認めることで逆に信頼を得た様子。
昔は捜査一課に居たけれど、今は備品係・・・
ウソは言ってない。
「優秀過ぎて干された」と解釈した岡林は、共感してくれたようだ。

そして黒木と岡林は、コンバトラーV談義ですっかり意気投合 ( ̄◆ ̄;)
テニス経験者を装う必要なかったじゃん。
もっとも、初対面でいきなりコンバトラーVを持ち出すのは勇気が居る(っていうか、普通、しない)が。

決定的だったのは、岡林に自殺未遂の過去があったこと。
彼が足を引きずっているのは、投身自殺を図った、その時の後遺症なのだそうだ。
黒木には、その心情が手に取るように分かる。
捜査の一環でも演技でもなんでもなく、発作状態に陥った黒木はその時の自分の心情を吐露する。
岡林はそんな黒木を唯一の理解者として受け入れた。

岡林はコマンダー。
足の悪い自分に代わって、日本を変えるために戦うソルジャーを求めていた。
黒木は岡林の片腕として、理想的な人材だった。

こうして岡林の信頼を得た黒木は、地下の一室に招き入れられ、そこで大量の(本物の)銃器を目撃する。
その中には、この世に一丁しか無い銃「イカズチ」もあった。

「ヴァイオリニスト銃撃事件」の重要参考人として、岡林の容疑は確定的になり「銃刀法違反」の名目で令状が取れた。
 
 
かくして、突入の日。
周囲を厳重に固める中、黒木が単身で岡林と接触することに。
5分経っても黒木からの連絡が無ければ、警官隊が突入する手はずで。

黒木が単身で乗り込む直前に、わざわざ黒木の神経を逆撫でするようなことを言う佐久間。
その動揺と突入の緊張から薬に手を伸ばす黒木だけど、ケースは空っぽ。

やむを得ず、そのまま屋敷に踏み込んだ黒木を待っていたのは・・・
 
 
何もかもが出来過ぎなのが気になる。

黒木の居る署の管轄区内で銃撃事件が起き、黒木が捜査の一線に引きずり出される。
完治しているわけではない黒木は、表面上の絶好調とは裏腹に内面では再び壊れ始める。
なんだかんだで辿り着いた容疑者は、黒木と同じ投身自殺を図った過去がある。
そんな容疑者と対峙した黒木は致命的な失態を犯し、危機的な状況に陥る。

まるで、黒木を「壊す」ために、最初から巧妙に仕組まれていたみたい。
行き当たりばったりに進んで来たにしては、佐久間の復讐劇としては完璧なんだよね。
もっとも、今回の潜入捜査も、佐久間が止めたにもかかわらず、黒木が勝手に突っ込んで行ったんだけど。

謎なのは、どうして岡林が潜入捜査の件を知っていたのか、ということ。
誰かが情報を流したのは明白。
怪しいのは乙部だよね。
鶴が「捜査令状が取れた」と言って、誰かに電話していた。
お礼の電話っぽかったから、相手は乙部と見て間違いないだろう。
いや、「身柄確保する前にそんな情報流しちゃっていいのかよ?」って、アタシは思ったんだけどね。
お礼の電話入れるなら、逮捕した後だろ?
まして、相手は容疑者を「尊敬してる」とか言ってた人だよ?
どこでどう心が動くか分かんないじゃないか。
だいたい、本当に捜査に協力する気があったのかどうかも怪しかった。
わざわざこの電話のシーンを入れてミスリードの可能性もあるけど、乙部が土壇場で岡林を助けようとして情報を漏らした可能性はかなり高い。

っていうか、乙部が岡林にソルジャーとして認められたことの方がもっと謎なんだけどねっ!
なんで、こんな気弱そうな男がぁ?

もう1人、怪しいのが佐久間。
まるで、岡林に潜入捜査の件がバレているのを知っていたかのような、あの行動。
単身で乗り込んだ黒木が窮地に陥るのを見越して、あのクソ意地の悪いセリフを吐いてその下準備をしていたみたい。
まさかとは思うけどね。

理沙の存在やその言動(けっきょくこの人は佐久間に黒木の精神状態を伝える係になってる)も含めて、なにもかも佐久間の思うつぼなのが、すっげぇ気になるわけ。

さようなら、黒木くん。

鳴り響く1発の銃声。

黒木は、いったいどうなってしまったのか?
本当に、この事件は、テロを起こそうとした岡林が、武器の試し打ちをしただけなの?

というところで、次回は過去話に飛ぶみたいだ。

 
  
 
 ドラマ「ゴンゾウ」の感想一覧
 
 
 

Wii Fit 2ヶ月

Wii Fitを始めて2ヶ月が経過。
体重は1.5Kg減りましたヽ(´▽`)/

多少の増減はあるものの、それ以上は増えなくなったので、だいたいそのくらいは落ちたと見て良いんじゃないかと思います。

夏バテしている様子も無いので、そのせいでも無さそうです。

なんとなく、お腹周りの肉が減ったような・・・気がするようなしないような。
と、まぁ、そんなふうに微妙な変化ですが、Wii Fitやってなければ間違いなく減っていなかったワケで。
それだけでも良いかな、と思ってます。
少なくとも、運動不足の解消には充分に役立ってますしね。
 
 
ウチのブログに、時々「Wii Fit 痩せた」なんてキーワードで迷い込んで来るお客さんがいらっしゃるんですけど、あんまり多大な期待は抱かない方が無難だと思いますよ。

Wii Fitは運動する習慣を身につける「きっかけ」としては、よく出来たものです。
他の健康器具に比べると、単調な有酸素運動も抵抗無く続けられるように出来ていて、あらゆる種目がゲーム感覚でできますから、味気ないヨガやストレッチのDVDなんかを買って来るよりも、波に乗りやすいです。

Wii Fitをお勧めできるのは、運動したい気持ちはあるけれど、なかなか「きっかけ」が掴めずに居る人。
運動したいんだけど、ジムに通うのはちょっと億劫。
ジョギングやウォーキングが良いのは分かってるんだけど、1人で走ったり歩いたりするのは、ちょっと物騒で嫌。
時間もあまり無い。
そんなジレンマを抱えている人ですね。

Wii Fitだったら、自分の好きな時にチャチャッと引っ張り出して、自分のペースで出来ますから。

そして、最終的には、やっぱり本人の意思。
楽なゲームっぽい種目で遊んでばかりでは、体重なんてぜんぜん落ちませんよ。
 
 
それと、不思議なのが「Wii Fit 攻略」ってキーワードで迷い込んで来るお客さんがけっこういらっしゃるんですよ。
「攻略」するようなことって、何かありましたっけ???

あえて言うなら
「ただひたすら、継続あるのみ!」だと思いますが

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #15

[洋館事件] Chapter 2 後半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、ショットガンを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
ハシゴを下りて地下エリアへと進むクリスとジル。
雰囲気が一変し、研究所っぽくなってきました。
しばらく進むと、ハンター×2。
もぉ、ホントに嫌ねぇ、コイツら。

その先でショットガンハーブを拾ってさらに進むと・・・
今度はハンター3匹によるジェットストリームアタック(違います)
側でうずくまっていたゾンビもお約束で立ち上がる、と。

無事に切り抜け角を曲がった所で、サブマシンガンを入手。

半分水没したドアを開けて中に入ると、巨大なサメが泳いでいました。
襲いかかって来るサメは、近くまで引きつけてショットガンで一撃です。

最初に飛びかかって来るサメを、アクションコマンドと勘違いして、ボーッと指示が出るのを待って噛み付かれたマヌケな人がここに1名。
アクションコマンドが発生するのは、2匹めっす。
 
 
サメを全て倒したら、プールを突っ切ってモニターのいっぱいある部屋へ。
怪しげな根が、はびこってます。
そして、クリスとジルは怪しげな蔓に絡めとられて、仲良く別室へとご案内。
そこには、怪しげな根の主が鎮座しておりました・・・

この怪植物(正式名称:プラント42)の行動パターンは3つ。
蔓をブンブンふりまわして、毒物をまき散らす
本体部分から大量の花粉をまき散らす
蔓でなぎ倒したり、絡めとって床に叩き付けたりする

蔓の先の膨らんでいる部分を攻撃すると、毒まき散らし攻撃を阻止できるようになるみたいなのですが、動き回っていて当てづらい・・・
マシンガンで適当に乱射して、上手い具合にヒットしたらラッキーって感じでした。

花粉まき散らしは、花粉を狙い撃ちするとダメージを受けずに済みます。
自分はいっつも、目一杯花粉を浴びながらショットガンで本体を攻撃してますけど。

ジルたちが2階に移動すると、蔓を伸ばして攻撃してきますが、この時がこちらの攻撃チャンスでもあるわけで。
敵の攻撃の手が止んだ隙に、ショットガンで本体部分を攻撃します。
攻撃に夢中になっていると、ついうっかりとアクションコマンドを入れるタイミングが遅れてダメージ喰らっちゃったりするんですけどね。

蔓に捕まると、また下に放り出され、同じことの繰り返しになります。

階段や上のフロアにショットガンの弾が大量にありました。
ハーブは2個・・・だったかな?
充分に補充できる個数は用意されているんだけど、移動が早くて拾いそびれてばっかり。
救急スプレーは、このボス戦まで温存しておいた方がいいかも。
 
 
怪植物を倒すと、チャプタークリア。
後半は短かったぁ!
アーカイブファイルも無しです。
チェック前にアーカイブファイル#16を拾っていなかった場合は、後半開始直後に拾えます。

Aランク以上でクリアすると、アーカイブアイテム「サン・スター・ムーンクレスト」が手に入ります。
 
 
 
 次のチャプターに進む

 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 
 
 


*アーカイブファイル

#16 プラント42
チェックポイントの部屋
ベッドの側の電気スタンドを破壊する
(チェック前に取っている場合は無し)

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #14

[洋館事件] Chapter 2 前半 その2

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、ショットガンを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
滝の所の分岐で、前回は地下道の方を進んだので、今回はもう1つのルートを書いておきます。

滝の方へ進まずに、進行方向の扉を選択すると・・・
いきなりアクションコマンド発生です。
ハンターが降ってきます。
コマンド入力に成功しても、そのまま戦闘へ。
ハンドガン装備では心もとないです。急いでショットガンに持ち替えてズドンと吹っ飛ばしました。
危なかったわぁ。

その後は扉を抜け、暗い道をゾンビやゾンビ犬を倒しながら進んで行きます。
ゾンビ犬を倒し、その先でサブマシンガンを入手。
 
 
建物の前に辿り着きました。

ヘビが落ちてきます。
手榴弾投げてみたけど、爆発までタイムラグがあったり、ヘビが時間差で落ちて来たりするので、なかなか1発で全部仕留める・・・というワケにはいきません。
ここはサブマシンガンで一掃してしまうのが良いかもしれないです。

建物の中に入ると、すぐにショットガンと手榴弾
その廊下の突き当たりの箱を壊すとハーブが出ます。
やっぱり、ハーブ少ないねぇ。
この廊下で、アーカイブファイル#14を入手。
 
 
そのまま廊下を進んで行くと、バーカウンターなどがある広い部屋に到着。
ここは、敵だらけです。
大量の大クモ、大量のクモの子、ゾンビ、加えてクリムゾンヘッドまで現れます。
息つく間もありません。カンベンしてくださいです。

敵を倒しながら部屋の奥へと移動して行くと、バーカウンター付近で分岐。
っていっても、大した分岐では無いですが。
下を選択すると、ショットガン×2が入手できます。
上を選択すると、ハーブが拾えます。
どちらを選んでもクモの子の大群に教われることになりますが、上の方が若干数が少ないように感じました。
下のフロアのショットガンは、ちょっと頑張れば上を選択しても拾えるので、その時の消耗具合や撃破数を稼ぐかどうかで、どちらを選ぶか決めれば良いと思います。
この部屋でアーカイブファイル#15を入手。

敵ばかりで、仲間が居る気配は無し。
クリスとジルは再び狭い廊下へ。

途中でハンターに食いつかれそうになり、なんとなく見覚えのある扉を開けると、やっぱりゾンビが飛びかかって来て・・・
チェックポイント。

滝の所でどちらのルートを選んでも、このチェックポイントに辿り着くのですね。
よって、別ルートで未入手であれば、アーカイブファイル#16を入手できます。
 
 
 
 後半に進む
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 
 
 


*アーカイブファイル

#14 ウェブスピナー
寄宿舎・廊下
プレイルームに入ってすぐに振り返った時、廊下の突き当たりに見える照明を破壊

#15 ブラックタイガー
寄宿舎・バーカウンターのある広い部屋
帽子掛けを破壊

#16 プラント42
チェックポイントの部屋
ベッドの側の電気スタンドを破壊する
(このファイルは、チェック後でも取れます)

うっかり予約。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王 Plus(真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクル エディション同梱)
(タイトル長いなぁ・・・)
を、つい、うっかりと予約してしまいました。

だって、マニアクス持ってないし。
アマゾンだと19%オフだし、2本分でこの値段なら良いかなぁ・・・とか。

「クロニクル エディション」の詳細はさっぱり分かってないんですけど。

っていうか、「対超力兵団」積んであるんですけどーーーっ!

発売は10月末だから、それまでにやっておくしかないな。

あぁ、プレイしたいゲームがどんどん溜まって行く。
時間が足りない。

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #13

[洋館事件] Chapter 2 前半 その1

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、ショットガンを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人は気を付けてスクロールして下さい。
 
 
レベッカとリチャードをその場に残し、さらに探索を続けるクリスとジルは館を出て中庭へ。
「ウェスカーはどっか行っちゃうし、ワケ分かんないバケモノだらけだし、早いとこ外と連絡取るなり仲間を捜すなりしないとねぇ〜〜〜」
なんてお喋りしながらブラブラと進んで行くと、ゾンビ犬2匹が突進してきました。
なんだか、あまり緊張感の無いクリスとジルであります。

鉄柵の扉を開けると、水門と水で満たされたプール。
手前の邪魔なゾンビを片付けて、水門を開きます。
振り返ると、座り込んでたゾンビが立ち上がって襲いかかってきます。
分かっていても、何故か1回は引っ掻かれます。

水が抜けて、プールの底を歩いて渡れるようになったので、そろそろと移動。
プールに降りると、ヘビが落ちてきます。
ぼんやり眺めていると噛み付かれます。(ボサーッと眺めていて噛み付かれた人がここに約1名)
鎌首上げる前に、出来れば倒してしまいたいところ。
でも、ウネウネ動いてるから当てづらくて・・・

追加で出現したヘビと、やっぱり動き出した這いずりゾンビを倒してプールから上がります。

上がったら上がったで、またヘビだのゾンビ犬だのに襲いかかられ・・・
無事に切り抜けたら、進行方向の扉の上のライトを壊して救急スプレーをゲットです。
このエリアで、アーカイブファイル#10を入手。
 
 
扉の先は、右側に滝のある庭園。
ゾンビがウロウロしています。
進行方向右奥の方に手榴弾
この庭園には、アーカイブファイル#11#12があります。

敵を一掃すると分岐です。
真直ぐ扉の方に進むか、滝の中の方へ進むかを選択します。
 
 
まずは、滝の方に行ってみました。
地下に降りてしばらく進むと、通路の左手のくぼみでタイプライターを発見。
そこに武器弾薬がゴチャッと固まっています。
ショットガン、サブマシンガン、手榴弾・・・
回収するの忙しいったら。
この地下道でアーカイブファイル#13も入手。

角を曲がると、ハンター×2が襲いかかってきます。
ショットガンに持ち替えていないと、えらい目に遭います。

扉を抜けると、右側の壁にハーブ
その先で、アクションコマンド発生。
巨大な岩が転がって来るので、指示に従い回避。
ふぅ、危なかったわ。
 
 
次の扉を開けるとクモだらけ。
クモは複眼の部分を上手く狙わないと、なかなか倒せないですね。

それと、ここでおかしな現象が起こりました。
最初の1匹を倒す時に、ちょっとモタついてしまって、倒したのは良いんだけど、そいつの死骸がすぐ目の前でひっくり返っちゃったんですよ。
そうしたら、その後、続いて出て来た他のクモを倒そうとしても、目の前の死骸に当たってしまって他の敵にヒットしないという状況に!
いくら照準を合わせても、武器を持ち替えても、手榴弾ぶん投げても、てんで当たらず。
もちろん、あちらからの攻撃は受けまくり。
倒せないから、先にも進めない。
にっちもさっちもいかないんで、リセットしました。
バグだと騒ぎ立てる程のものではないけれど、こんなこともあるんですねぇ。

クモを全滅させたら、木箱をよじ上ってクモの巣だらけの部屋を脱出。
 
 
別の建物の中に進入したようです。
ここは・・・寄宿舎ですか。
初代「バイオハザード」は、おぼろげにしか覚えていないんですが・・・
PS版とはだいぶ様子が違っているみたいですね。
こんなにキレイじゃなかったもん。当たり前だけど。
GC版は持ってるだけで、未プレイ。U.Cが終わったら、やってみようかな。

ゾンビどもを倒しながら、暗くて狭い廊下を進んで行きます。
扉を開けると、ゾンビが飛びかかって来るし・・・
もぉ、ビックリするなぁ。
ベッドに横たわる死体が起き上がるんじゃないかとヒヤヒヤしながら、部屋中のものをぶっ壊していると・・・
チェックポイント!
ふぅ・・・起き上がらなかったな。
この部屋に、アーカイブファイル#16があります。
 

 
 
 前半、別ルートに進む

 後半に進む

 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 
 
 

*アーカイブファイル

#10 ハンター
中庭・水門を開ける所
プールから上がってすぐ左手にある照明を破壊

#11 ネプチューン
庭園
滝の前にある壷(奥の方)を破壊する

#12 ワスプ
庭園
進行方向にある扉の右側の石像を破壊する

#13 アダー
地下道(Aボタンで選択し、滝の後ろから進入する所)
通路左手のタイプライターの位置にある照明を破壊

#16 プラント42
チェックポイントの部屋
ベッドの側の電気スタンドを破壊する
(このファイルは、チェック後でも取れます)

夏目友人帳が良いねぇ。

感想は書いてないけど、アニメ「夏目友人帳」が、すごく良い。
スタート以来、じんわりと心に染みる、ちょっと切なくて温かいエピソードが続いてる。
毎回ゲスト出演する妖怪たちが、妙に男前な声だったりするのも楽しい。

ちょうど1年前の今頃、夢中で見ていた「モノノ怪」がそうだったように、妖怪がらみのお話しは、恐いよりも哀しい方が私は好きだ。
妖怪を生むのも、妖怪を狂わせるのも、みんな人の心。
私はそう思ってんだよね。
だから、それだけで既に妖怪ってなんだか哀しい。そんな気がするんだ。

そして、ちょっと間が抜けていたりなんかする妖怪たちも好きだ。

「夏目友人帳」に登場する妖怪たちは、どっちのタイプも居るんだよね。
哀しいのも、可愛いのも。
第三話の中級のお二人さんとか、第四話の道でへたばってたカッパとか、また出て来て欲しいなぁ。

そうそう、妖怪だけじゃなくて、主人公の夏目もいいんだよねぇ。
夏目の持ってる優しさは、押し付けがましくなくて好感が持てる。
他の人には見えないものが見えてしまうというのと、幼くして両親を亡くしたというダブルパンチで、少々人間嫌いというか周りに気を使い過ぎというか・・・孤独を抱えたちょっと厄介な少年ではあるけれど、なかなか真直ぐに育っていらっしゃる。
(そのくせニャンコ先生の扱いは、おもいっきりぞんざいなのが笑えるところだ)

夏目のお守役(?)ニャンコ先生は、もちろん最高にいかしてるしね。
まさか、ジョシコーセーに変身なさるとは夢にも思わなんだが。
出来れば、美少年とか美声年に変身してもらいたかったところだけど、それだと招き猫に戻るなっ!ってハナシになって、ニャンコ先生の立場が無いから、まぁ、いいや。
まるっこい招き猫モードも可愛いし。
DVDの特典、ニャンコ先生ストラップが欲しいわ。
 
 
ところで、夏目に名前を返してもらった妖怪たちって、どうなってしまうの?

友人帳に名を記された妖怪たちは、友人帳によって束縛されてるってことだよね?
だから、名前を返してもらえば、その束縛から解放されるってことだよね?

なんか、アニメ見てると、消えちゃってるみたいに見えるからさ。

第二話の露神は、最後まで自分を信じていてくれた人が居なくなってしまって、ちょうど名前も返してもらって自由になったから一緒に逝ってしまったんで、べつに名前を返してもらったせいで消えたわけじゃないよね。

第四話の時雨は?
なぁんか、消えちゃったみたいに見えたんだけど・・・?

消えちゃうのは、あまりに哀しすぎるでしょ。
いくら私が哀しいお話しの方が好きだって言っても。
友人帳から解放されて、自由に好きな所に飛んでいけるようになったんだと思いたいんだけど・・・?

う~ん・・・
そこだけが、ずっと引っかかっているのだ。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

その他のハード

ちょっと気になる