« 魔王 第一話 | トップページ | ゴンゾウ 第一話 »

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ 調査報告書 #6

[黄道特急事件] Chapter3 後半

難易度NOMALでプレイしています。
弾薬やハーブ等の出現場所は、難易度や選択したサブウェポンにより異なると思います。(ここに書いてあるのは、ショットガンを選択した場合のものです)
アーカイブファイルの詳しい出現場所は、一番下にまとめて書いてあります。自力で探したい人はスクロールしないで下さいね。
 
 
エレベータに乗っていても安心できません。
ヒルが降ってきますよぉ。sad
ナイフ振り回したり、狂ったようにハンドガンで攻撃したりしているうちにエレベーターが下のフロアに到着。
しかし、着いた所もヒルだらけ。
降りてすぐに手榴弾を入手。


手榴弾を使ったり、ショットガンを使ったりしながらヒルオ&ヒルを片付けていくと、サルまで出現。
サルはハンドガンで仕留めてさらに進むと、またヒルオ。
ええい、手榴弾で吹っ飛ばしてくれるわ。
ドアの前でハーブを拾って先へ。

細い通路に出ました。
シューシューいってる怪しいボイラー(?)の側を通りかかるとアクションコマンドが発生。
指示に従い回避行動。
 
 
走り抜けた先は・・・またヒルだらけの部屋。
全ての元凶、マーカス博士が姿を現します。

そして、語られる過去。
共にアンブレラ創設に関わったスペンサーとマーカス博士。
スペンサーは会社の発展を第一と考え、委細構わず研究に没頭するマーカスを疎ましく思うようになっていった。
とうとう、スペンサーの指示により、マーカスはその命を奪われてしまう。
でも、マーカス博士は偶然に取り込んだt−ウィルスの力で、復活を果たす。
自分を裏切り、研究の成果までも奪い取ったアンブレラ社とその首謀者たちへの復讐を開始した、と。

まったく、はた迷惑なことをしてくれたものです。
多くの人を巻き込み、世界を恐怖のどん底に突き落としたバイオハザードのそもそもの発端は、実に個人的な恨みによるものだったんですねぇ。
 
 
で、マーカスは次々とヒルを取り込み、変身。

・・・弱点、無いのかな?
怯まないし。
どうにか攻撃を阻止できないもんかと、一生懸命、あちこち狙い撃ちしてみたけど、どうしても弱点らしき場所が見つからない。
なんとなく、肩の辺りを撃つと動きを止められる確率が高かったような気もするけど、よく分からない。

まぁ、このフロアにハーブが1個あるし。
(ハーブの前は2回通るので、状況に応じて拾うようにすればよろし)
ショットガングレネードランチャーの弾も拾えるし。
でも、グレネードは温存。

最初のうちは、敵が身体を反らすとヒルが3匹ほど飛んで来て、その隙に近づいて腕で攻撃して来るって攻撃パターン。
ナイフを振り回してヒルを撃退したら、即座にショットガン。
距離がある時はハンドガンでチマチマと攻撃していました。

ドアの前まで来ると、敵の攻撃パターンが変化。
触手みたいなのを振り回してきます。
これが、なかなか阻止できなくて・・・
至近距離でショットガンを乱射して、いつも紙一重で切り抜けています。
 
 
敵ががくりと膝をついたら脱出。

ドアが開くとすぐにハーブが視界に飛び込んで来るので、すかさず拾う。
右手からゾンビ2体が迫って来ています。
ぎゃぁ〜、近い〜〜〜っ!

おまけに、研究施設の自爆プログラムが起動し、カウントダウンが始まってしまいました。

リフトに乗り込む。
正面に見える棚の上の箱を壊すとショットガンの弾が出ます。
この狭い部屋に、アーカイブファイル#15もあり。
ゾンビを全て倒してアイテムも全部取ろうとすると、とても忙しいです。
自分はいつもゾンビ1匹が残ります。
 
 
リフトが移動し始めました。
でも、安心するのはまだ早い。女王ヒルが追いかけてきます。
女王ヒルの体当たりを阻止するため、弱点を狙い撃ち。
弱点は正面に見える口。
でも、頭をぶんぶん振り回しているから、当たらないのよねぇ。
背中のイソギンチャクみたいになっている所でもいいみたいです。
背中の方が狙いやすいので、背中の辺りを狙ってハンドガン乱射していると、たまに口にも当たったりしているみたいです。
やるたびに、リフトで移動している時間が長かったり短かったりしています。
ここは、ダメージって言うより、何回クリティカルが出たかで判定しているのかな?よく分からん。

無事に上階にたどり着き、リフトを降りると・・・
まだ追いかけて来てるのねぇ。
ここは、倒し方さえ分かってしまえば楽です。

まずは、女王ヒルの弱点である口を狙い撃ちします。(ハンドガンで充分)
何回かクリティカルが出ると敵は後退して行きます。
この時、前進するサインが出たらAボタンで前進し、出なければ引き続き口を狙い撃ち。
こうして、敵を陽の当たる場所へと追いやって行きます。
日光は女王ヒルの最大の弱点。
明るい場所に追いつめたら、ここぞとばかりにグレネードや手榴弾をぶち込みます。
暗い場所ではグレネードでさえほとんど効いていなかったのに、ウソみたいにガッツリ削れますよぉ。
しばらくすると、突進攻撃を仕掛けて来るので、焦らず騒がず回避行動。
回避に成功しても、レベッカたちは後退してしまうので、また同じことを繰り返します。

何回か場所を移動しつつ、「口を狙って後退させ、陽の当たる所に追い込んで威力の高い武器で一気に削る」という行為を繰り返します。
拾えるアイテムは、ハーブ1個、ショットガンの弾×3・・・だったと思います。
このチャプターをショットガン選択で攻略したのは、この女王ヒル戦でショットガンの弾が大量にあった方が楽だからです。


女王ヒルを倒すと、レベッカとビリーの脱出劇は無事終了。
これ以降、ビリーの行方は不明のまま。
レベッカは新たな惨劇の舞台、洋館へと向かいます。

チャプタークリアで、グレネードランチャーATが選択可能になりました。
(ファイル探しに何周もしてるため)ポイントは山ほどあるので、速攻でMAXまでレベルアップ。

それから、新たに「洋館事件」シークレットシナリオ「発端」の2つのシナリオが発生しました。
 
 
 
 シークレットシナリオ「発端」に進む

 「洋館事件」に進む
 
 「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」攻略メモの目次
 

 

*アーカイブファイル

#15 女王ヒル
脱出用リフトに乗り込む部屋
リフトに乗った時、正面に見える棚にある箱を破壊する

« 魔王 第一話 | トップページ | ゴンゾウ 第一話 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる