« 「佐々木夫妻の仁義なき戦い」と「未来講師めぐる」 | トップページ | あしたの、喜多善男 第三話 »

魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略記録#12

[ラハールの挑戦状]

これまでは、どうも周囲の出来事に振り回され気味だった殿下であるが、今度は自分からアクションを起こす気になったようだ。
自分自身をエサに、魔王の座を狙う連中を一網打尽にしようという作戦である。
なかなかどうして、頭いいじゃないか。
しかし・・・
どうも城内がガラーンとしていると思ったら、いつも城に居る連中まで、まんまと罠に引っ掛かって、殿下の待ち伏せに行っちゃったんだと。
ったく、いくら悪魔とはいえ、まったく人望無いのね、殿下。
 
 
[ブレアの森]

逢魔が森

指定の場所に行ってみると・・・
ちょっと、集まり過ぎ。
って、ええーーーっ!ホントに、これ、全部倒すのー?!

立錐の余地なく魔物で埋め尽くされたフィールド。
面倒くさいし身動きも取れないので、魔法でまとめて片付けることにしました。
敵の弱点属性もてんでバラバラなため、「スター」で。
とはいえ、魔術師系は撃たれ弱いので、HPをてんこ盛りにしてある忍者とローニンに盾になってもらうことに。
1本道の所にこの2人を立たせ、「スター」を覚えている魔道師系は敵の攻撃の届きにくい場所に置いておきました。
「スター」でまとめて数体にダメージを与え、トドメを刺しきれなかったのは忍者とローニンが片付け、敵の数がだいぶ減って動きやすくなったところで、他の打撃系を徐々に出して一掃。
 
 
黒ミサ跡地

先ほどとは「別格って感じ」の剣士が待ち構えていました。
っていうか、またボケキャラ???

風車斬りでまとめてやられるので、一直線状に並ばないよう、仲間の立ち位置には気を付けました。
こちらは、徹底して打撃系キャラを出して特技で攻め。

あんまりにも敵のHPが高いので、装備品を盗んだらどうよ?と、思いつき、コソドロに「いただきハンド」を使わせてみたものの、成功率はかなり低い。
他のキャラで地道に削りつつ、粘りに粘って「すごい剣」と「鉄アーマー」を盗んじゃいました。
もう1つの装備品を盗もうと頑張っているうちにコソドロが倒されてしまったので、断念。
他のキャラじゃ成功率低が過ぎてお話しにならないから。

ちょいと時間はかかりましたが、装備品を盗んでしまったら、だいぶ楽に。
こっちもHP豊富な連中ばかりだったので、回復の必要も無く、無事に撃退できました。
「すごい剣」がレアだったのは、ちょっとラッキー?
 
 
魔女たちの墓標

プリニーたちも、このイベントに参加中とのこと。
しかし、マトモに戦って勝てるワケないので野球で勝負・・・

面倒くさいので、プリニーをブン投げて、全部爆発(時々誘爆)させて終了。

ふぅん・・・プリニーを上手い具合に配置すると、誘爆が誘爆を呼んで「プリニー自爆チェイン」が出来るかもねっ。
何の意味もないけど。
 

うごめく影

次に待ち構えていたのは、別次元の魔界を支配する魔王。
あまりにもデカ過ぎるので、かの有名な分身の術で小さいのがゴチャゴチャと10人ほどになりました。
なんだか1人で闘志を燃やし、妙に張り切ってるフロンに引きずられる格好でバトルに突入するも、どう足掻いたところで勝てるレベルじゃぁない。
これは、イベントバトルと判断。
適当に手を抜いてサッサと負けると、案の定、助っ人登場。
いつも城で寝ぼけたことを言ってる連中が現れ、助太刀してくれました。
ここに来ていた理由はどうあれ、ちょっと感動したよ。ウン。

後半のバトルも、まぁ、イベントみたいなもの。
1人だけベースパネルに出して「ターン終了」ってやっていたら、あとは皆さんが勝手に蹴散らしてくれました。
っていうか、殿下、戦闘不能になりましたけどー?
しっかり守ってよ。
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「魔界戦記ディスガイア ポータブル 」プレイ日記の目次
 
 

« 「佐々木夫妻の仁義なき戦い」と「未来講師めぐる」 | トップページ | あしたの、喜多善男 第三話 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる