« 魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略記録#2 | トップページ | 魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略記録#4 »

魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略記録#3

 
[第二章 天使見習いフロン登場]

魔王クリチェフスコイ暗殺の使命を帯びて、天使見習いフロンが天界より来たる・・・
天使に「暗殺」ほど不似合いな任務はあるまい。
しかも、ニッコリ笑ってそれを指示する大天使ラミントン。コイツは、相当な食わせ者と見た。

っていうか、クリチェフスコイさんは2年も前に死んでますが?

ま、いいか。
なんか企んでるみたいだしな、大天使。

かくして、みごと、殿下の寝所に侵入を果たしたフロン。
こんな天然ボケ天使見習いに、あっさり侵入を許してしまうとは。
この城のセキュリティは、いったいどうなっておるのだ?


堂々と「暗殺者です」と自己紹介してしまい、慌てて逃げ出したフロンを追って、殿下は配下をゾロゾロ引き連れて城を出発。

・・・の、前に、またキャラメイク。

新たに、レンジャー、こそどろ、師範代(格闘家の上級職)が作れるようになっていました。
ラハール殿下は、おちこぼれレンジャー(命名マイン)
エトナは(単にイメージで)おちこぼれのコソドロ(命名エリン)
を、それぞれ弟子にしました。
それから、この前作った僧侶が弓攻撃ばっかしてるエセ僧侶なので、僧侶をもう1人追加。
赤ドクロのジュノンに、おちこぼれの僧侶(命名シモン)を弟子に付けました。
 
 
[凍てつく大河]

見放された大地
高い所に陣取っている弓使い2名と僧侶が、ぜんっぜん下りて来ん。
マトモに遠隔攻撃できるのが赤ドクロしか居ないんだが、彼は撃たれ弱くてうかつに前に出せない。
なので、ラハール殿下を筆頭に、HP豊富な比較的レベルの高いキャラを3名、弓使いたちの居る所に投げ込んで片付けさせた。
逆にゾンビたちは下に投げ飛ばし、赤ドクロがファイアで削ってからレベルの低いキャラで囲んでタコ殴り。
作戦勝ち!
 
 
冷たい息
天使の召喚するモンスターがゾンビとは・・・
もうちょっと、可愛いの出そうよ、いくら見習いとはいえ天使なんだから。

そういうわけで、敵はゾンビのみ。
それなりに数は多いけど、大した攻撃はして来ないので楽。
なるべくレベルの低いキャラに攻撃させてあげるようにして、ササッと撃退。

その頃、大天使の元に怪しげな男が訪ね来る。
天界・魔界ひっくるめて、何やら大いなる陰謀が渦巻いているようないないような。
その中心に居るのが、もしかして(もしかしなくても)ラハール殿下なんだな?そうなんだな?
 
 
終わらぬ冬
エトナVSフロンの一騎打ち・・・の、とばっちりで殿下のご自慢の触覚前髪がヘナヘナになり、殿下は御立腹。
フロンが、またゾンビを置いて逃げたので蹴散らすべし。

地獄の粉が厄介。
大ダメージ+毒。おまけに広範囲。
おかげでレベルの低い連中が軒並み戦闘不能だ。
けっきょく、殿下を筆頭にレベルの高い3名で戦い抜く。

城に戻って魔界病院に直行。
景品を一気に3つももらった。(ケムシ団子、インペリアル、筋肉スピリッツ)
お得意様っすよ、もう。
 
 
白い死神
ついに追いつめられたフロン・・・
え〜と、本人、まったく危機意識が無い様子ですが。
それどころか、自分の天然ペースに殿下はおろかエトナまで巻き込み、オレさま殿下もすっかり形無し。
「私も自慢しちゃいますね」と、ニッコリ笑ってドラゴン出しやがって・・・
(1回こっきりの貴重なアイテム、こんな所で使っていいのかよ?)
いやはや、「天然」ほど恐ろしいものは無い。

そういうわけで、バトル突入。

今回はフロンも参戦。
敵を回復しちゃうので、サッサと倒してしまいました。
また地獄の粉で酷い目に遭いましたが、僧侶が2人がかりでヒールして、どうにか持ちこたえました。
ふぅ〜、危ない、危ない。
 
 
ラハール殿下のオヤジ(つまり、クリチェフスコイさん)が2年前に死んだと知り、涙ぐむフロン。
自分の使命が果たせないのを悲しんでいるのかと思えば、さにあらず。
もうお父さんに会えない殿下が可哀想だとおっしゃる。

オマエも殺しに来たんだろーが。
と、殿下と一緒にツッコミました。

天界の脅威になるに違いない悪魔の正体を見極めることを決意したフロンは、勝手な判断で暗殺のターゲットを殿下に変更。
で、なぜか仲間になっちゃいました・・・
仲間になってどうするよ。

かくして、無事に第二章が終了。
エトナってば、また勝手にタイトル変えてるし・・・
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「魔界戦記ディスガイア ポータブル 」プレイ日記の目次
 
 

« 魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略記録#2 | トップページ | 魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略記録#4 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる