« 世界樹の迷宮 攻略日記 #13 | トップページ | 世界樹の迷宮 攻略日記 #14 »

魔界戦記ディスガイア ポータブル 攻略日記#1

 
[第一話 魔界のプリンス]

呑気に眠りこんでいたラハール殿下は、家来のエトナに文字通り叩き起こされた。
魔界を治めていたオヤジ殿が死んで2年。
次なる魔王の座を狙って、悪魔たちが群雄割拠。魔界はえらいことになっていた。
っていうか、殿下の立場は?
まぁ、ぐーすか寝てたんじゃ、無視されても致し方あるまい。
とはいえ、いちおう、魔王の御子息。
自分を差し置いて好き勝手にさせておくなど、許すわけにはいか〜ん!
というわけで、ラハール殿下は魔界統一に乗り出すことに。
・・・でも、寝起きでボケてるので、エトナ、よろしく。
 
 
さっそく、ラハール殿下は寝起きの肩ならしに出発。
その前にアイテムでも買ってみようかと思ったんだけど、同じ名前のものでも微妙に何かが違う・・・分かんね。
・・・とりあえず、チュートリアル行っとこ。

エトナが雇っておいてくれた、どうも頼りないプリニー隊と共に出撃。
エトナが丁寧に説明してくれるにも関わらず、イマイチ理解不能っす。
ジオエフェクト???
1回聞いただけじゃ分かんね。
殿下じゃなくても、当分無理っす。
ま、いいか。

ワケ分からないまま、敵に青いジオシンボルぶん投げてみたら、ドドーーーッとチェインが決まって、なんだかボーナスが入ったようだ。
もー、ぜんぜん分からん。
プリニー隊が巻き添えで戦闘不能になったので、城に戻る。
 
 
よし、キャラメイクだ。
オススメに従い、戦士と回復役の僧侶を作ろうかと思ったんだけど、マナ10ポイントありったけ使えば「おちこぼれ」を作れるから、そっちにすることにした。
というわけで、ラハール殿下は、おちこぼれの男戦士(命名ダノン)1名を弟子にしました。
 
 
[バイアス城]
魔界統一への第一歩は、この城の制圧から。

美しき門
とりあえず、黄のジオシンボルを壊してみた。
赤のパネルが「超敵強化」になってたから。
ンで、青のジオシンボルを黄のパネルまで運んで行って「経験値アップ」状態にして敵を倒してみた。
上手くいってんだか、どうなんだかは、よく分からない。
なんか、また、味方を巻き添えにしたような気もする。

どうにかクリアはしたけれど戦闘不能者続出なので、治療のためいったん城に帰る。
 
 
祝福の広場
そうか、「人でなし」は悪魔にとってはホメ言葉か。
「奪いまくるのダーーーっ!」とか言って高笑いして突撃して行った殿下だったけれど、またしても戦闘不能者続出。
っていうか、回復行動一切せずに突っ込んで行ってるのがダメなんだよな、どう考えても。
 
 
ここもかろうじて突破し、また治療のために城に戻る。
いっぱい痛い目にあったので、魔界病院で景品(筋肉マッスル)をもらった。

殿下と戦士のダノンのマナが貯まっていたので、また、キャラメイク。
(マナを稼ぐには敵にダメージを与えた方が良さそうなんで、殿下と戦士のダノンに積極的にトドメを刺させるようにしたのが功を奏したようだ)

殿下は落ちこぼれの赤ドクロ(命名ジュノン)、ダノンは落ちこぼれの格闘家(命名ガテン)をそれぞれ弟子にした。
弟子を持っていると、何かと有利っぽいんだよねぇ。
せっせとマナを稼いで、せっせと弟子を増やそう!
 
 
新メンバーも加入したことだし、「美しき門」と「祝福の広場」に何度か行っておくことにした。
しかし、レベルを上げたい赤ドクロと格闘家が真っ先に死ぬ。困ったもんだ。

戦い方は、少しずつ理解して行っているようだ。
味方同士が隣接している状態で敵を攻撃すると、コンボが発生することが分かった。
攻撃力がいまいちなキャラにトドメを刺させたい時なんかは、この手を使うと良いかもしれないな。

敵に向かって敵を投げつけると、合体してレベルも合計されてしまうのだと言うことも分かった。
ちっ、ダメージ与えられるのかと思ったのに。

ジオエフェクトもぼちぼち。
やたらと壊せば良いってもんでもないのねー。
やたらと壊しまくって、味方を巻き添えにしまくってた殿下・・・
この、人でなしっ!(おっと、ホメ言葉だった)

よぉし、次はもっと奥まで攻め込むぞー!


 
 
 次の日記に進む
 
 「魔界戦記ディスガイア ポータブル 」プレイ日記の目次
 
 

« 世界樹の迷宮 攻略日記 #13 | トップページ | 世界樹の迷宮 攻略日記 #14 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる