« ゲームな近況報告 07/12/04 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 (クリア後感想) »

世界樹の迷宮 攻略日記 #12

[原始の大密林]
B6F いにしえの妖精たちが踊った森

あまりにも放置し過ぎて、自分がいったい何をやっていたのか、何をやろうとしていたのかまったく覚えておりません。
でも、こういう時、ブログやってると助かります。
自分の書いた攻略日記をせっせと読み返して、思い出しました。バッチリです、たぶん。

どこまで進んでいたかというと、ちょうど第二階層に入ったところです。
ぜんぜん進んでいません。まだ序の口です。
まぁ、とにかく、ゴチャゴチャ言ってないで先に進め、と。
そういうわけで、B6Fのマップを途中まで書いたところで止まっていたので、その続きから。
 
 
第二階層に足を踏み入れるとレンとツスクルが待っていて、樹海磁軸が使えるようになりました。
途中の階層をすっ飛ばして来れたり、ここから街に戻ったり、セーブしたりできるんですね。
大いに助かります。

・・・で、えらく敵が強いんですが。
B5Fとの敵との差があり過ぎじゃないですかね。
ちょっとずつマップを広げては、命からがら街に逃げ帰るという冒険開始直後の攻略スタイルに逆戻りです。

しばらくFOEを避けながら進んでいたのですが、どうしても邪魔なので、頑張って3匹ほど倒しました。
邪魔者がいなくなっているうちに先に進みたいところだけど、
戦闘不能者1名。
アルケミストとメディックはTP切れ。
回復アイテムなんて持っちゃいねぇよ。
・・・という状況だったので、また街に逆戻り。
 
 
クエストは第二階層に入った途端にドドッと追加され、ありったけ引き受けてあります。

とりあえず、早々にどうにかしたい「優れた剣士に憧れて」をどうにかするため、ソードマンをパーティに入れっぱなしにしておきました。
しばらく行ったり来たりするうちに、ソードマンがLv.20になったので報告に戻り、報酬のブレイバントを入手。
このクエストをコンプリートすると「高潔な聖騎士に憧れて」が発生する模様。
もちろん、引き受ける。
あぁ、使いにくいパラディンを外せなくなっちゃったよ。
 
 
ソードマンをパーティから外し、しばらくお留守番だったダークハンターを入れて、また樹海へ。

B6Fのマップを完成させるより先に、クエストを消化しようと思い、B5Fへ。
ベノムスパイダーをサクッと退治して、「樹海にうごめく闇」をコンプリート。
報酬は500エン。

「ミセス・メリルの奇妙な依頼」は蝶の目玉を集めること。
蝶の目玉とは、つまり「複眼」
第一階層に出現するシンリンチョウか毒吐きアゲハが落とすのですが、術式で倒さないとダメみたいですね。
5個集めるとコンプリート。報酬はメディカIIIでした。
 
 
B1Fに「けものみち」があったことを思い出し、行ってみると、通れるようになっていました。
ザクザク進んで、マップを完成。
羽根つき帽子と、レイテルパラッシュを拾って来ました。
狂える角鹿が居るけれど、この程度は、もう楽勝。

荷物整理のため街に戻ったところで、今日は終了。
しばらく間が空いていたので、リハビリっつーことで。
次回はB6Fのマップを完成させたいな。
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

« ゲームな近況報告 07/12/04 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 (クリア後感想) »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる