« さよなら絶望先生 第十一話 感想 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 攻略日記#9 »

ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 攻略日記#8

〜 大砲島 モルデ島 〜

メルカ島に鑑定屋がオープンしてました。
お宝の鑑定と買い取りをしてくれるそうです。
ゴロンの鉱物が800ルピーでした。
なんとなく、もったいなくて売れなかった。

いつのまにか、造船所もオープンしてました。
そこの宝箱から、じゅうこうな船体を入手。
さっそくカスタマイズしておきました。
なんか、強くなった気がする・・・(たぶん、気がするだけ)

出航しようとしたら、港に居る兄ちゃんに呼び止められ「サルベージアームついてる?」と聞かれました。
今から取りに行くとこ!
 
 
では、大砲島に上陸。
ポストが騒いでいて、大砲島のエドさんからの手紙・・・って、今から会いに行くとこなんですけどー。
手紙の内容は、サルベージアーム完成のお知らせでした。
だ・か・ら、今から行くとこ!

というわけで、欲しい気持ちを声で表現し、エドにできたてホヤホヤのサルベージアームを売ってもらう。

で、さっそくサルベージ。
メルカ島の北東のバツ印のところでサルベージしてみました。
邪魔するヤツが居て、けっこう難しい。
でも、どうにか引き上げに成功して時の砂+1分
わ〜い。

海をウロウロしている他の船が気になるんですけど・・・
とりあえず、太陽のカギを拾いに行きますか。
海王の神殿で印を付けて来た場所に行って、サルベージ開始。
太陽のカギを入手。
 
 
どこかで見た覚えのある太陽のマーク。
アタシのモルデ島のマップの片隅に、きったないマークが書いてありますよ。
でも、モルデ島のどこで見たんだか覚えていないという・・・
まぁ、とにかく、モルデ島へGOだ!

すると、モルデ島付近で、でっかいバケモノに遭遇。
適当に航路を描いて、大砲をぶっ放しながらバケモノの周囲をウロウロ。
どうやら、目が弱点らしい。
バカバカと大砲打ちまくって撃退。
こっちもダメージ喰らったけど、どうにか沈没は免れました。
 
 
太陽マークの扉は、ロマーニのおやじさんの第2の隠れ家の所でした。
扉を太陽のカギで開けて、先に進む。
洞窟を出てすぐの所の地面(少し色が違うところ)を掘ると、地下への穴が出現。
おりて行くと、宝箱があって知恵のみなもとが手に入ります。

勇気の神殿の扉を開くには、3つの像を動かして光が神殿の扉に当たるようにします。
左側の像は、ブーメランでスイッチが入ります。
右側の像は剣で叩いて光を出し、回転させます。
もう1つは半魚人×2を倒すと出現。これも剣で叩いた後、回転させます。
光のスジが3本とも扉に当たると、神殿の扉がオープン。

では、勇気の神殿に突撃するです。

 

勇気の神殿に進む
 
 「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」プレイ日記の目次
 

« さよなら絶望先生 第十一話 感想 | トップページ | ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 攻略日記#9 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる