« 世界樹の迷宮 攻略日記 #5 | トップページ | DEATH NOTE 第22話「誘導」 »

世界樹の迷宮 攻略日記 #6

B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所
     〜 B3F 幾多の戦士が倒れた絶望の地

引き続きB2Fの探索。
怒れる野牛に追いかけ回されながら、どうにか宝箱からネクタールは取ってきました。
その付近のマップ(左下の方)も確認。

ただ、もう1匹居るあたり(右の方)は、どうしても牛が邪魔で先に進めません。
牛と戦う勇気も無いし。

いや、勇気があったところで、勝てっこないし。

そういうわけで、マップは未完成ですが次のフロアに進むことにしました。


で、B3Fに足を踏み入れるなり

恐ろしい殺気!
 
死を意味する魔物が徘徊っ!!!

どうしろって言うんですか、牛から逃げて来たウチらに。

しょうがないんで、徘徊する恐ろしい魔物と当たらないように気を付けながら、ソロソロとB3Fの探索を開始。
これまでと違い、だだっ広いエリアが扉で繋がっているんだな、このフロア。

普通の雑魚モンスターは問題無く片付けられます。
(現在のギルドメンバーのレベルは8〜10)

しばらく進んで行くと、2人連れの冒険者と遭遇。
自分たちが街から来た冒険者であることを告げると、戻って執政院ラーダで話しを聞いて来いと言われてしまいました。

そうですか。
そうですね。実は、さっきからビクビクしながら歩き回ってたんスよ。新米冒険者は無理しない方がいいッスよねぇ?
と、アッサリ引き下がり、フロアを逆走。
すたこらさっさと樹海から逃げてきました。


街に戻って執政院へ。
なんでも、さらに深い階層からオオカミが溢れ出て来ていて、そのオオカミ退治が済むまで先には進めない状況なんだそうな。

そうかぁ、そりゃ、たいへんッスねぇ・・・と、ほとんど他人事のように聞き流しつつミッションをチェックすると、案の定「スノードリフトの恐怖!」なるミッションが発生してます。

そして、

自分たちの実力を顧みず

ホイホイと引き受けてしまうチームみけねこ

ウチらに任せておいたらオオカミ退治完了はいつになるか分かったもんじゃないけど、いつかきっと片付くと思いますのでどうかご安心を。(安心できねーよ)


新たなフロアに足を踏み入れたので「もしや?」と思い酒場を覗いてみると、こっちでもクエストが追加。
もちろん3つとも引き受ける。
前に受けたクエスト、終わってないのに。
「シリカ商店からの依頼 II」は、ショートボウの材料集め。
「シンリンチョウ討伐依頼」は、その名の通り。
「優れた剣士に憧れて」はレベル20以上の剣士を連れてくれば良いようだ。
ソードマンあたりをレベルアップすればいいのでしょうか?
ウチのソードマンはまだレベル8ですが、なにか?

とりあえず、シンリンチョウくらいはなんとかなりそうなので、これから片付けますかね。
 
 
というわけで、しばしB1Fでシンリンチョウ退治。
この辺は、もう、てんで楽勝です。
しかし、シンリンチョウをどんだけ倒せばいいのか分からない。
そのうち「目標討伐数を達成しました!」とかメッセージが出るかと思い、せっせと倒しまくったけれど一向に音沙汰無し。
そうこうするうちにアイテムが持ちきれなくなってしまった。
しょーがないので街にアイテムを売却しに戻り、ついでに酒場を覗いてみると「シンリンチョウ討伐依頼」はcompleteになっておった。

むーっ、もしかして、こんなに倒さなくても良かった???

ひょっとしたらとっても無駄な時間を過ごしてしまったのかもしれないけれど、報酬のテリアカαの他に、酒場のお姉さんからお駄賃としてメディカもちょうだいしました。
 
 
ショートボウの材料は、エナメル質の角と伸縮する皮。
エナメル質の角はB2Fのシカが落としたはずだが、ハテ、伸縮する皮は見覚えがない。
たぶん、B3F以降の誰かが落とすんだろうな。
お気に入りのレンジャー君(たぶん、きっとチームみけねこのリーダー)のために一刻も早くショートボウを入手したいところなので、頑張るですよ。
 
 
しかし、あいかわらずB2Fを徘徊する野牛ども。
やっぱり気になってしょうがないので、戦ってみることにしました。
突撃!

戦い方は狂える角鹿と同じ。
トリックステップで命中率を下げ、アナコンダか毒の術式で毒状態に。
後はみんなでスキル使いまくり。

やりました、怒れる野牛を倒しました。

なかなか毒になってくれなかったから、ダークハンターはひたすらアナコンダしてました。
レンジャーのパワーショットも思いのほかダメージ稼いでくれましたよ。

メンバーのレベルはソードマンだけLv.8で他(レンジャー、ダークハンター、アルケミスト、メディック)はLv.10〜11でした。
 
 
コイツのせいで進めなかった道をさらに進んで行って、宝箱からバフコートを入手。

これで、B2Fのマップは完成。
B1F同様、封印されている扉は残っているけれど、現時点ではムリっぽいので無視。

調子に乗って、残るもう1匹の野牛も倒しておきました。
もちろん、回復してから。

回復にはB1Fの水場を利用しました。
夜にここの湧き水を飲むと全員のTPが10ポイント回復しますが、ここって際限なく利用できたんですねー。
1日に1回だけだと思い込んでましたよ。

ですんで、この泉の前でメディックに回復させては水をガブガブ飲んでTP回復・・・と、まぁ、なんともセコいやり方で宿代を節約しました。
いいのさ、生き残れれば何でもっ!

野牛を倒したことでモンスター図鑑の登録数が10体になりました。
これで、クエスト「モンスター図鑑」もクリア。
 
 
B2Fの探索も一段落付いたようなので、次回から本格的にB3Fの探索に乗り出します。

***

B2Fでのイベント関連をまとめておきます。

・草むらに手を突っ込み、蛇に噛まれる 
  先頭キャラのHPがちょっと減る 

・兵士に会う
  武器か回復アイテムのいずれかを売ってくれる
  (ボッタクリ注意)

・オレンジの実
  食べると先頭キャラのTPが減る

・深緑の果実
  食べると先頭キャラのHPがちょっと回復

・宝箱 (アリアドネの糸)

・宝箱 (バフコート)
 
  
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

« 世界樹の迷宮 攻略日記 #5 | トップページ | DEATH NOTE 第22話「誘導」 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる