« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

KH Re:チェインオブメモリーズ ファーストインプレッション

「キングダムハーツ  Re:チェインオブメモリーズ」を、ちょこっとだけ遊んだ印象をば。

とにかく、操作性が悪い!のひとこと。

いや、操作性というより、バトルシステムが妙チクリンとでも言うべきでしょうか。

このゲームの最大の特徴が、たぶん「カードバトル」なはず。
そもそも、自分がGBA版を買い渋っていたのは、この特殊なバトルシステムのせいだったのですが。

これが、不安的中。やりにくくてしょうがない。

GBA版ではどうだったのか分かりませんが、PS2のコントローラーでは戸惑うことしきりです。

基本的に「左手で使うカードを選択し、右手で決定」という操作になるのですが、チョロチョロと動き回るハートレスを追いながらコレをやるのはとても辛いです。

左手はソラを移動させるためにも使わなきゃならないので、カードを選択している間はどうしても動きが止まり、その間にガンガンHP削られてたりして・・・

アクション性の高くないゲームだったら、ゆっくりカード選んで、戦略練って戦うこともできたでしょうが、これだけ動き回らなければならないゲームでそれを要求されても・・・

自分は「慣れればどうにかなるかなぁ?」と思いつつ頑張っていますが、これでは、すぐに投げ出してしまうプレイヤーも居るんじゃないでしょうか。

どうも、スクエニのゲームって、斬新なシステムを取り入れようとして失敗してる例が多いような・・・
自分がそんなのばかりに当たってしまっているだけかもしれませんが。

グラフィックは「KH」オリジナル版(もしくはCOM)の頃の水準と思われ、今のレベルと比べると少々ざらついた感がありますが、自分的にはさほど気にはなりません。
でも、気になる人は気になるかもしれません。
「KH2」と比べちゃうとね。

今のところ、自分は
バトルシステムには苦労させらているけど、ストーリーを追いたいので、とりあえずどうにか戦って前に進んでいるる・・・というカンジです。

もうちょっと、どうにかならなかったのかなぁ、このシステム・・・
 
 
 KH Re:チェインオブメモリーズ クリア後の感想
 
 
 その他のゲームレビューはこちらからどうぞ
 
 

キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ 攻略日記 その1

[プロローグ 〜 トラヴァースタウン]

予定どおり「Re:チェインオブメモリーズ」の攻略日記、始めますよ。
ネタバレしまくり状態になること請け合いです。
未クリアのところを読む時には、覚悟の上でお読みくださいね。
ただ、「KH2」の内容には触れない方針で書いて行きますので、「KH2」をプレイしていない人も安心してお読みいただけるかと思います。

では、冒険に出発!
GBA版未プレイなので、難易度は大人しくスタンダードにしました。


プロローグ

プルートのあとを追っていたソラたちの前に現れたのは、黒フードの男。
・・・なんか、不吉な言葉を残して消えてしまいました。

そして、ソラたちが辿り着いたのは不思議な城。
不法侵入する、ノーテンキ3人組。
なんとなく、この城に探している人が居るような気がする3人組は、城の中を調べてみることに。

「だったら、入って来たドアを閉めて行かなきゃ!」と、とってもお行儀のいいグーフィが振り返ると、そこには、また、さっきの黒フード。

この城に入ったせいで、魔法や技を使えなくなってしまったようです。
でもって、このお城は『忘却の城』っていうんだそうな。

なんだかよく分からないけれど・・・
う〜ん、とりあえず、手に入れたトラヴァースタウンのカードを使ってみるか。
 
 
トラヴァースタウン
なつかしのトラヴァースタウン。
でも、ここはカードに宿ったソラの記憶から生み出された幻だそうで。

さっきの黒フードがまた出てきて、いろいろ教えてくれました。
ドナルドとグーフィはカードになっちゃったみたいです。
っていうか、カードの使い方、よく分かってませんけど。

あ、ドナルドとグーフィーが戻って来た。
この2人がカードになってしまうのはバトルの時だけみたいですね。

この後も、しばらくチュートリアル。

う〜ん、やっぱりカードの使い方がよく分からない。
使わなくていいのにケアルしちゃったりしてますよ。
○ボタン連打・・・ってワケにはいかなそうだぁ。

持ってるカードを言われたとおりに使って、扉を開いていく・・・

王冠マークの扉を開いて先に進む前に、しばらくカードバトルの練習してました。
なんとなく分かったような、分からないような???

ソラがLv.3までレベルアップしたので、HPアップとスライドダッシュを覚えておきました。
でも、スライドダッシュを使うにも発動条件とか言ってて・・・あぁ、ワケ分からない。

ハートレスに触るまでバトルは発生しないってのだけは、分かりましたが。
 
 
王冠マークのついた扉を開くと、物語が進むようです。
この扉は「キーカード」という黄色いカードの他に、「マップカード」というカードを組み合わせないと開かない・・・
マップカードなら何でもいいのかな???
扉を開くのに必要な「ノルマ」ってのがあって、ノルマ「3」のドアは「3」以上の数字が書かれたカードでないとダメ・・・なのね?

バトルの練習中にハートレスがいっぱいカード落としてたんで、カードはいろいろ持ってますよ。
適当なカードを使ったら・・・

あ、開いた。

先に進むと・・・プルート登場。
「プルートと一緒にここに来た」とか、「プルートを追いかけてここに来た」とか、もー、ソラじゃなくても頭こんがらがってきます。
すると、こんどはスコール・・・じゃなくてレオン登場。
レオンの記憶も混乱しているようです。

レオンに「ストック」の使い方を教えてもらいました。
適当なカードを「ストック」して使ってみると・・・
お!スライドダッシュが出た!
なるほど、技はこうやって使うのか。(っていうか、戦ってる最中にそんな器用なことができるのか?)

なんだか半分くらいしか分かってない気がするけど、う〜ん、戦っているうちに覚えるよ、たぶん。
 
 
王冠マーク付き以外のドアを開く時に使うカードは、どのカードを使うかによってその先の部屋のタイプが決定するみたいです。
次の部屋への扉は・・・なんでも良かったのかな???
適当に持ってるカードの中から選んで・・・よりによって「ひしめく闇」とか使っちゃったもんで、ハートレスがウジャウジャ出る部屋になってしまいました。

ここでも、セーブポイントとの間を行ったり来たりして、しばらくカードバトルの練習。
でも、敵を全て倒してしまうと、もう出なくなるみたいですね。

バトルに関しては、
バトルの仕方も、ゲーム自体の進め方も、ちょっとずつ、分かって来たような。
SELECTボタンを押すとマップが出るんで、ここで確認しながら扉を開いて部屋をつないで進んで行けばいいみたい。

進み方が分かってちょっと安心したところで、
レオンがくれた「みちびきのキーカード」と適当なカードを使って扉を開き、エアリスに会いに行きます。
 
 
どうやら、みんなの記憶が混乱しているこの状況は
「みんなは忘れているけれど、ソラがみんなを覚えているから、知らないはずのことが分かる」という不思議な状況のようです。
でもって、この街は忘却の城の中にできた幻らしい。
エアリスに
「大切な人がここに居るような気がするけど、ソラ自身よく分かってないんだよね?」と言われました。

ハイ、アタシも分かってませんっ!

分かってなくても、前に進むしかないのはソラもアタシも同じです。

「真実へのキーカード」を手に入れました。
あぁ、なんか、ヤバそうなんですけど、このカード。

こんどは、その「真実へのキーカード」を使って扉を開くと・・・

あ、シドのおっちゃん。

シドの記憶も混乱中。
「カネが鳴る時、どデカイ化け物が出る」などと恐ろしいことを言い残して行っちゃいました。
「見てみたくない?」などと、ノーテンキなソラは言ってますが・・・

ヤダよ、見てみたくねーよ!

・・・でも、キッチリ出てくるんだな。 

あぁぁぁ、アタシの記憶にバッチリ刻まれてますよ、このハートレス!!!

戦い方もロクに分かっていないこの状況でボス戦かいっ!
始まっちゃったもんはどうしようもないので、戦う・・・

うん、でも、練習の甲斐あって、ちゃんと戦えてるみたいっす。
カードブレイクとかもできてますよ。
敵が出してるのより大きい数字のカード出すってヤツね。
逆に、こっちがカード出してる時に「0」のカード出されて、カード全部キャンセルされて大泣き状態に陥ったりもしましたけどー。

ミッキーの絵のカードを拾って使うと、敵をマヒさせることができるみたいです。
「0」のカードなんで、相手がカードを出している時に使わないと意味ないみたいです。
「みたいです」としか書けないのは、よく分かってないからです、ごめんなさい。

とにかく、敵がマヒした隙にゲシゲシ叩いたり、カードをリロードしたりしながら頑張って、どうにか全部のパーツを破壊しました。
ガードアーマーのカード、ゲット!

うへぇ、よく勝てたなぁ・・・
 
 
この街を作り出したのはソラの記憶。
記憶から生まれたたくさんの幻が、ソラを惑わすかもしれない。
大切な物を見失うな

・・・と、エアリスに忠告されました。

このエアリス、ドナルドたちには見えてなかったようです。

ふぅ・・・なんだか、分からないことだらけです。
冒険の進め方も、戦い方も、話しがどうなってンのかも、半分くらいしか理解できてない気がしますが、

「ハートレスをやっつけて前に進めばなんとかなる!」

の心意気で、元気よく先に進みたいと思います。
 
 

出現するハートレス:
 シャドウ、 ソルジャー、レッドノクターン、ブルーラプソディ
 
 
 
次のプレイ日記に進む
 
「キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ」プレイ日記の目次
 
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略データ集 #7

[カラーリングとネームド機出現場所]

◆カラーリング
全ての機体に3種類のカラーリングがあり、基本はISAFカラー(真ん中)。

エルジアカラー(上)と特別カラー(下)を購入可能にするには、まず、本編を最低1回クリアした後、難易度NOMAL以上でSP.CONTINUEする必要があります。(つまり、1周めでは買えない)

エルジアカラー(上)のうちF-4Eは無条件で2周めで購入可能になっていますが、それ以外の機種については、それぞれ該当するミッションを、本編かフリーミッションのいずれかでランクA以上でクリアすることで購入可能になっていきます。
1周めで既にランクA以上を取得していれば、SP.CONTINUEした直後に購入可能です。
フリーでランクA以上を取得した場合、次に本編に入った時点でどこからでも購入可能です。(フリーでクリアした後、セーブを忘れないように)

特別カラー(下)については、該当するネームド機を撃ち落とすことで購入可能になります。
こちらも本編、フリー問わず。難易度もNOMAL以上であれば関係ありません。
(ネームド機の出現場所は下記参照)
 
 
ただし、これらの条件に当てはまらないのが、SU-37とX-02のカラー。

SU-37のエルジアカラーは、X-02を除く他の全ての機種のエルジアカラーを購入可能に(言い換えると、全てのミッションをランクA以上でクリア)すると、出現します。

また、SU-37の特別カラーは、X-02を除く他の全ての機種の特別カラーを購入可能にする(言い換えると、全てのネームド機を撃ち落とす)ことで購入可能になります。

いずれも本編、フリー問わず。難易度もNOMAL以上であれば関係ありません。
 
 
X-02は最低2回クリアするまで買えません。
そのうえで、難易度NORMA以上で全ミッションにおいてランクSを取得するとX-02(真ん中)が購入可能に。
HARD以上でX-02(上)、EXPERT以上でX-02(下)が購入可能になります。
 
 
 
◆ネームド機
ネームド機は、2周め以降、難易度NOMAL以上の各ミッションで出現します。
(本編、フリーミッション、どちらでも)
一部例外もありますが、基本的にネームド機はその付近まで行かないとマップ上に現れません。

Mission 01 張り子の基地
 F-5E WANG
 飛行場の北

Mission 02 喉元のやいば
 A-10 CIFFRED
 基地の上空。若干北寄り

Mission 03 北の目の破壊
 F-16 TEMPLE
 2つあるレーダー施設の中間から若干南に下ったあたり

Mission 04 空中回廊の遮断
 Mir2000 RIGAUX
 ジャミング範囲外、北の方から南下してくる

Mission 05 100万バレルの生命線
 MiG-29 MRKOS
 作戦エリア最西にある石油施設のさらに西

Mission 06 無敵艦隊封鎖
 F-14 LEVY
 作戦エリアより北の方(やや東寄り)に飛んでいくと出現

Mission 07 大陸深部の目標
 TND-IDS DE VICO
 作戦エリアより北の方(やや東寄り)に飛んでいくと出現

Mission 08 ソラノカケラ
 F/A-18C VAISALA
 作戦エリアよりずっと東に飛んで行くと出現
  (マップ上、白っぽく見えているあたり)

Mission 09 バンカーショット作戦
 F-15C TUTTLE
 中央のビーチの北方

Mission 10 タンゴラインを越える
 R-M01 FAYE
 作戦エリアより北西のはずれ
 (マップ上、白っぽく見えているあたり)

Mission 11 エスコート
 Su-35 MEUJMIN
 マップ南東。帰還ラインギリギリのところ

Mission 12 ストーンヘンジ攻撃
 F-2 URATA
 ストーンヘンジのずっと北の方

Mission 13 偵察機の帰還
 F-15E GUNN
 ジャマー破壊後に飛来する敵編隊と一緒にやや北の方に出現

Mission 14 放たれた矢
 F-22 ABELL
 ミサイル第二波と同時にマップ最北に出現

Mission 15 解放
 EF-2000 OLMSTEAD
 作戦区域の中央

Mission 16 ウィスキー回廊の戦車戦
 F-117 KEWW
 マップ最西。
 一番西側の敵密集地からさらに西に向かい、
 そこから北上していくと出現

Mission 17 ファーバウンティ包囲戦
 F-15 ACTIVE HALLEY
 作戦区域よりずっと北西に向かったところ

Mission 18 メガリス
 Su-37 SUMIRNOVA
 メガリスの北
 
 
 
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 
 

空を飛んでいました

エースコンバットの次回作がXboxで発売・・・なんてニュースを目にしたせいで刺激されたのか、なんだか無性にエースコンバットがやりたくなって、それも何故か「ACE4」・・・

ちょっくら引っぱりだして、飛んで来ました。

ここのところDSの小さな画面ばかり見て遊んでいたので、爽快感もひとしお。
いい気分転換になりました。

「5」だの「ZERO」だのをやった後で「4」をやってみると、「あれぇ、こんなだったっけ?」と感じるくらい、グラフィックや操作性に見劣り感があるのですが・・・
でも、「4」には「4」の良いところもあって、やっぱり楽しいです。

それで、前に遊んだ時の攻略メモが残っていたので、ブログ用に手直ししてアップしておきました。
さすがに、フライト日誌は無いです。
ホントに簡単なメモ書き程度の物です。

今更なんでアレですけど、まぁ、半分以上自分の備忘録として残しておこうと思って。

あとネームド機出現場所についての記事を追加でアップする予定です。

ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 関連記事一覧

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」

◆各ミッション攻略のポイント

 攻略のポイント #1
  Mission01〜Mission04

 攻略のポイント #2
  Mission05〜Mission07

 攻略のポイント #3
  Mission08〜Mission10

 攻略のポイント #4
  Mission11〜Mission13

 攻略のポイント #5
  Mission14〜Mission16

 攻略のポイント #6
  Mission17〜Mission18
 
 
◆カラーリングとネームド機出現場所
 
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略メモ #6

各ミッションの内容、攻略のポイントです。
目標撃墜ポイントはSランクを取得するために必要なポイント(あくまで目安)です。
分母の/600などと書かれているのは、クリアするのに最低限必要なポイント。(アップデート後のポイントは含まず)

2周め以降(難易度NOMAL以上)に出現するネームド機については、別記事にて。

***

Mission 17 SIEGE OF FARBATI  ー ファーバウンティ包囲戦 ー

ミッション内容:味方地上軍の航空支援
味方地上軍が南部の水没都市と東部のシルバーブリッジから首都ファーバウンティへの突入をはかる。
総司令部の制圧を目指す地上軍を上空から支援する。
また、敵の援軍と埋め立て地内の勢力の合流を阻止するため、北部にかかるジョンソン記念橋を破壊すること。

クリア条件:制限時間内に2100ポイント獲得

ここは作戦エリアが狭いけれど、その分時間が短めなので注意が必要。
対地向きの特裝で、密集している敵を一気に片付けてしまった方が効率が良いです。

制限時間内にクリアラインに到達していると、ミッションアップデート。
黄色中隊が飛来します。
ここの黄色中隊はかなり気合い入ってますので、こちらも本気で立ち向かわないと死にます。

XLAAなどはまったく当たりませんし、黄色中隊クラスになるとQAMMも回避されることがあります。
特裝はあまりアテにせずに通常ミサイルで。
敵の背後を取って回避不可能なほどの至近距離で狙い撃つように。

もちろん、こちらも猛烈な勢いでロックオンされますので、回避行動を怠らないこと。
時間はタップリあるので、的を絞って1機ずつ確実に減らしていく!

目標撃墜ポイント 4300/2100

クリア後、Su-37Aが購入可能に

***

Mission 18 MEGARLITH  ー メガリス ー

ミッション内容:メガリスの破壊
降伏したにもかかわらず、エルジアの若手将校とそれに追従する一部の兵士たちによってメガリスが占拠された。
地上軍と連携して小惑星破壊のために作られたこの施設を破壊し、反乱軍の凶行を阻止する。

クリア条件:TGTを全て破壊

おなじみの、穴ぐら突入ミッション。

低速・低空で進入します。
3つあるターゲットのうち、両端の2つは正面からの突入。

左側はトンネルは短いけれど、ターゲットが若干左にズレています。
ミサイルを発射したら、即、屋根の無い部分から脱出してしまうと安全。

右側はトンネルが長く、ターゲット手前で上に傾斜しています。ターゲットを目視してからミサイルを撃ち込み、正面から脱出しましょう。

中央は真横から進入します。
ここも、ミサイル撃ったら、即、脱出。

3つのTGTを破壊すると、中央に新たな進入口が開きます。
ここもターゲット手前で上に傾斜しているので、ミサイルを目視してから破壊。
破壊に成功すると天井が開き始めますので、そこから脱出します。

Sランクを取るためには、最初のTGT×3を破壊後に出現するミサイルや、メガリス手前に居る戦闘機群を撃ち落とす必要があります。

まずはTGT×3を破壊、続いて出現するTGT以外のミサイルを破壊。
その後、ポイントを見ながら戦闘機を撃ち落として行けば効率が良いと思います。
ちなみに、最後のミサイルは990ポイント。

目標撃墜ポイント 4300/2100
 
 
 
 
次の攻略メモに進む
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略メモ #5

各ミッションの内容、攻略のポイントです。
目標撃墜ポイントはSランクを取得するために必要なポイント(あくまで目安)です。
分母の/600などと書かれているのは、クリアするのに最低限必要なポイント。(アップデート後のポイントは含まず)

2周め以降(難易度NOMAL以上)に出現するネームド機については、別記事にて。

***

Mission 14 BREAKING ARROWS  ー 放たれた矢 ー

ミッション内容:ミサイルの撃墜
上陸を開始した地上軍に向けてミサイルが発射された。
これが着弾し味方軍に甚大な被害が出る前に、これらを撃ち落とすこと。

クリア条件:TGTを全て破壊

クリアするだけなら特裝はXLAAなどがオススメ。
ミサイル第一波、第二波はXLAAで一気に撃ち落とし、取りこぼしたのがあれば通常弾で破壊します。

第二波を片付けると、新たなミサイルが飛んで来ます。
非常に当てにくいです。
QAMMなども、あまりアテになりません。
ただ、時間はたっぷりあるので、焦らず狙って行けば大丈夫なはず。

Sランクを狙うのであれば、ミサイル以外の敵機も撃ち落とす必要があります。
その場合はQAMMなどを積んで出た方がよいと思います。
敵機に優先的にQAMMを使うようにしてミサイルは通常弾で。
このへんは弾数を見て判断。
QAMMの残弾数に余裕がある、あるいはミサイル撃墜が間に合わない!なんて場合にはミサイルにもQAMMを使ってしまってもいいです。
それから、マップ最北端でXB-70がウロウロしています。これが200ポイントですので、これを落としてポイント稼ぐという手もあります。

目標撃墜ポイント 2000/1700

***

Mission 15 EMANCIPATION  ー 解放 ー

ミッション内容:味方地上軍を上空から支援
中立都市サンサルバシオンの解放に向けて、レジスタンスの強力の元味方地上軍が進攻を開始。
これを上空から支援する。

クリア条件:制限時間内に2000ポイント獲得

作戦区域は旧市街地、新市街地、空港の三カ所。
効率よく潰して行かないと、弾切れ→補給による時間のロスが予想されます。

オススメは
真っ先に後方の空港を沈黙させてから、旧市街、新市街どちらかの殲滅に取りかかるという手順。
補給にかかる時間のロスを縮小できます。

各作戦区域には黄色中隊が居ます。
ここの黄色中隊は大して強くないので、いいポイント稼ぎになります。

制限時間内にクリアラインに到達していると、ミッションアップデート。
敵機が飛来し、それ以前に取りこぼしたターゲットは全て消えます。
ですので、時間ギリギリまで粘ってポイントを稼ぎましょう。
補給に戻るのなら、アップデート後です。
アップデート後は時間がタップリあるので、爆撃機出現後に補給に戻っても余裕で間に合いますから。

ちなみに、TU-16は160×6機で960ポイント。
それを念頭にアップデート前にポイントを稼いでおくように。

目標撃墜ポイント 4300/2000

クリア後、SU-35が購入可能に

***

Mission 16 WHISKEY CORIDOR  ー ウィスキー回廊の戦車戦 ー

ミッション内容:味方地上軍の航空支援
エルジアの首都に向けて進軍を続ける地上軍が、敵の最終防衛ラインであるウィスキー回廊に到達。
進軍を阻もうと集結するエルジアの戦車部隊を上空から叩き、地上軍を支援する。

クリア条件:制限時間内に3500ポイント獲得

やたらと長くて、ひたすら単調な対地戦。

ここも、作戦区域が分散しています。
色々な攻略パターンが考えられるでしょうが、私はいつも高得点のターゲットがある西側のエリアから時計回りに潰して行きます。
飛行物は適当に相手する程度で、地上物を徹底的に。
よって、特裝は対地用で、複数まとめて破壊できるよう、できるだけ強力な物を選びます。

また、東側のエリアは全滅させると新たな敵がわいて出ます。
ここで敵が出なくなるまでポイントを稼ぐと、移動の手間と時間のロスを縮小できます。

最低1回は補給が必要になるかと思いますが、とにかく時間はタップリありますんで、時間切れでミッション失敗の心配は要らないと思います。
高ポイント取るには、それなりに頑張らないと間に合いませんが。

目標撃墜ポイント 6300/3500

クリア後、F-22A、Su-37、F-15 Activeが購入可能に
 
 
 
 
次の攻略メモに進む
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略メモ #4

各ミッションの内容、攻略のポイントです。
目標撃墜ポイントはSランクを取得するために必要なポイント(あくまで目安)です。
分母の/600などと書かれているのは、クリアするのに最低限必要なポイント。(アップデート後のポイントは含まず)

2周め以降(難易度NOMAL以上)に出現するネームド機については、別記事にて。

***

Mission 11 ESCORT  ー エスコート ー

ミッション内容:民間機の護衛
ストーンヘンジ設計に関わった技術者が亡命を希望し、民間機にてエルジアを脱出しようとしている。
情報の流出を恐れたエルジア軍が該当機を攻撃しているため、エルジア機を撃墜し、民間機を安全圏に脱出させること。

クリア条件:民間機を帰還ラインまで到達させる

2機の民間機は、かなりの高度差で飛んでいます。
それぞれに襲いかかるエルジア軍機を効率よく倒して行くこと。
無線で高度を教えてくれるので、それを目安に。

とにかく出てきた敵機を全て撃ち落とせばS。

目標撃墜ポイント 600/120

クリア後、F-117が購入可能に

***

Mission 12 STONEHENGE OFFENSIVE  ー ストーンヘンジ攻撃 ー

ミッション内容:ストーンヘンジの破壊

クリア条件:TGTを全て破壊

施設の中央にあるジャミング装置を破壊しないと、ミサイルの誘導が効きません。
ジャミング装置は機銃か無誘導弾を使って破壊します。

ストーンヘンジの砲台も、無誘導弾で破壊してしまった方が楽です。

というわけで、オススメの特裝は対地用無誘導爆弾。

TGTを全て破壊すると黄色中隊がすっ飛んできます。
どれか1機のみ撃墜すればクリア。
長距離ミサイル系はたいてい回避されるので、撃ってもムダ。
通常ミサイルでじゅうぶんに撃墜可能です。
ですンで、わざわざ特裝の積み替えに戻る必要はありません。

高ポイントを狙うのなら、ストーンヘンジ上空をウロウロしている敵機も撃ち落とすこと。
砲台を1個残した状態で敵機を撃ち落としていき、援軍が来なくなったら最後の砲台を破壊するようにすればSランクに手が届きます。
ちなみに黄色中隊1機は150ポイントです。

目標撃墜ポイント 2700/1750

クリア後、F-15、EF-2Aが購入可能に

***

Mission 13 SAFE RETURN  ー 偵察機の帰還 ー

ミッション内容:帰還する偵察機の援護
任務を負えた偵察機がノーム幽谷を通過するとのこと。
ノーム幽谷は霧のため視界が悪く、敵の散布したジャマー機のせいでレーダーも効かない。
ジャマーを破壊し、偵察機の帰還を援護すること。

クリア条件:制限時間内に1300ポイント獲得

ジャマーは全て機銃で破壊します。
レーダーを広範囲に切り替えるとジャマーの散布されている大まかな位置が分かるので、その範囲内を飛び回って目視で探すしかありません。

山の上よりも川の上を探した方が、数も多いし見つけやすいです。
川に沿って低速で飛びながら、上下左右を見回して探すのがGOOD。
けっこうな高度差に散っているので、同じ場所を高度を変えて往復するのも良いかもしれません。

制限時間内にクリアラインに到達していると、ミッションアップデート。
敵戦闘機が飛来。
ここからはロックオンが効くので、普通に撃墜すればよろし。

ちなみに、ミッションアップデート前に22〜23個のジャマーを破壊しておかないとSに届きません。

目標撃墜ポイント 2800/1300
 
 
  
 
次の攻略メモに進む
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略メモ #3

各ミッションの内容、攻略のポイントです。
目標撃墜ポイントはSランクを取得するために必要なポイント(あくまで目安)です。
母の/600などと書かれているのは、クリアするのに最低限必要なポイント。(アップデート後のポイントは含まず)

2周め以降(難易度NOMAL以上)に出現するネームド機については、別記事にて。

***

Mission 08 SHATTERED SKIES  ー ソラノカケラ ー

ミッション内容:敵航空部隊の殲滅
偵察衛星打ち上げを妨害しようと敵の航空部隊が施設に接近中。
これを排除し、偵察衛星の打ち上げを成功させる。

クリア条件:制限時間内に800ポイント獲得

とにかくとんでもない数の戦闘機が飛びまくっています。
これだけ飛んでいりゃ、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる・・・と言いたいところだけど、この場合それは当てはまりません。
レーダーばかりに頼らずHUDで敵の軌道をよく見て、目標機が旋回しきったタイミングを見極めてミサイルを撃ち込む・・・とか、
急に減速して敵の背後を取り至近距離でミサイル発射・・・とか、
これなら当たる!というタイミングでのみ攻撃するように。
やみくもに撃っていては、あっという間に弾切れを起こします。

敵の中に黄色中隊(レーダー上ではオレンジ色)がいますが、撃ち落とすことはできません。
でも、1機にミサイルを当ててやると5機とも一目散に逃走して行きます。
ちょっと、良い気分です。

それから、敵機の中にE-767とKC−10が紛れ込んでいます。(レーダー上ではオレンジ色)
戦闘機に比べて格段に撃ち落としやすいくせにポイント高めなので、ぜひとも撃ち落としておきましょう。
これらを見つけやすくするためにも、黄色中隊は追い払っておいた方がいいかも。

制限時間内にクリアラインに到達していると、ミッションアップデート。
爆撃機が飛んで来ます。
それほど手こずる相手ではないし、の〜んびりと接近してきますので、補給に戻るのならアップデートの直前か直後にするといいと思います。

目標撃墜ポイント 2900/800

クリア後、Mig 29A、F-15Cが購入可能に

***

Mission 09 OPERATION BUNKER SHOT  ー バンカーショット作戦 ー

ミッション内容:地上軍の航空支援
地上軍の上陸作戦が開始。
上陸ポイントに展開する敵勢力を排除し、地上軍の侵攻を上空から援護する。

クリア条件:制限時間内に2200ポイント獲得

特裝は対地用の物を選んだ方がいいと思います。
無誘導弾などで、地上物はまとめて破壊。
取りこぼした物を通常弾で片付ける。
けっこうな勢いでロックオンされるので、高速で飛び回りながらミサイル撃ちまくる戦法がよいかも。
ロックオンされても猛スピードで飛んでいれば、たいてい振り切れます。(注:難易度を上げるとその限りではない)

作戦エリアは3カ所。
まず左右どちらかのビーチを殲滅してから中央のビーチを攻め、弾数が残り少なくなって来たら、まだ手つかずのビーチの上を適当に破壊しながら通過して補給に戻る。
補給後は、左右残っている方のビーチを片付け、余裕があれば中央のビーチの敵を潰しつつミッションアップデートを待つ。
・・・というのがオススメの攻略パターン。

制限時間内にクリアラインに到達していると、ミッションアップデート。
A-10Aが飛んで来ます。
それなりの数が居ますが、しょせんA-10Aなんで・・・楽勝。

目標撃墜ポイント 4500/2200

***

Mission 10 TANGO LINE  ー タンゴラインを越える ー

ミッション内容:敵の防衛拠点となる要塞の破壊
エルジア軍の重要防衛線タンゴライン。その拠点となるイスタス要塞を叩き、今後の作戦への足がかりとする。
作戦途中、ストーンヘンジからの砲撃が予想されるので注意が必要とのこと。

クリア条件:制限時間内に3000ポイント獲得

このミッションも特裝は対地用の物がオススメ。

作戦エリアは4カ所。
「AC4」攻略の基本は「遠いところから潰す」
ですが、このミッションについては、時間はたっぷりあるので、どこから攻めても余裕で補給に戻れます。
ただし、あちらこちらに気を散らさず、1カ所ずつ殲滅するように。

オレンジや黄色のターゲットを優先して破壊し、白いのは「通りすがりに」とか「巻き添えで」潰すくらいの感覚でも高ポイントは獲得できます。

東側のエリアは、山の中に穴が掘ってあり、その底に敵が居る箇所がいくつもあります。
ここは、真上から無誘導弾などを落として破壊すると楽。威力の高い物なら1発で一掃できます。

ストーンヘンジからの砲撃のアナウンスがあったら、高度を2000フィート以下に下げておくこと。
敵機もウロチョロしていますが、激しくロックオンして来るヤツは居ないので、無線にさえ気を付けていれば、特に問題は無いと思います。

目標撃墜ポイント 4500/2200

クリア後、EF-2000、R-M01が購入可能に
 
 
 
 
次の攻略メモに進む
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略メモ #2

各ミッションの内容、攻略のポイントです。
目標撃墜ポイントはSランクを取得するために必要なポイント(あくまで目安)です。
分母の/600などと書かれているのは、クリアするのに最低限必要なポイント。(アップデート後のポイントは含まず)

2周め以降(難易度NOMAL以上)に出現するネームド機については、別記事にて。

***

Mission 05 LIFE LINE  ー 100万バレルの生命線 ー

ミッション内容:石油化学コンビナートの壊滅
エイギル艦隊への燃料補給を一手に担うコンビナートを破壊し、エイギル艦隊の弱体化を狙う。

クリア条件:制限時間内に2000ポイント獲得

初の要・補給ミッションになるかもしれません。
敵の数は空・地とも相当数あるため、効率よく破壊して行かないとハンパな場所で弾切れになって補給に戻るハメになり、時間をロスしてしまいます。
私はマップ西側の施設を全滅させてから東側に移動して、奥の方から潰しつつ補給に戻り、補給後は手前から潰して行く・・・というルートで攻略しています。

当てづらい飛行機を相手にして時間を食うより、無誘導弾で地上物をまとめてドカンとやっちゃった方が高得点への近道なような気がします。

タイムアップ後、黄色中隊が飛んで来ますが、まだ戦うことはできません。
向かって行ってもAWACSに怒られるだけなので、サッサと逃げるべし。

目標撃墜ポイント 4000/2000

クリア後、A-10、MR-2000が購入可能に

***

Mission 06 INVINCIBLE FLEET  ー 無敵艦隊封鎖 ー

ミッション内容:エイギル艦隊の壊滅
コンベース港へ奇襲を掛け、エイギル艦隊を壊滅させる。

クリア条件:制限時間内に3000ポイント獲得

確実に補給が必要となるミッション。
時間はたっぷりあるので、それほど慌てなくてもクリアはできます。

ここは対地用の無誘導弾がオススメ。
東側のエリアにあるドック内には戦艦等が潜んでおり、これがけっこう高得点。これらはF-16Cなどの無誘導弾でドックごと破壊できます。(真正面から通常ミサイルを撃ち込んでも破壊できるけれど、けっこう難しい)
これを無視するなら、対空用の特裝で戦闘機を狙い、地上物は高速で飛び回って通常ミサイルで片っ端から破壊して行くのが良いかも。

けっこうな勢いでロックオンされるので、攻撃に夢中になって回避を忘れた・・・なんてことの無いように。死にます。

目標撃墜ポイント 5000/3000

クリア後、TND-1D5、F/A-18Cが購入可能に

***

Mission 07 DEEP STRIKE  ー 大陸深部の目標 ー

ミッション内容:太陽光発電所の破壊
フェイスパークにある太陽光発電所を破壊することにより、敵の生産能力の低下を狙う。
また、これは次に予定される作戦から敵の目をそらすための陽動作戦でもある。

クリア条件:TGTを全て破壊

TGTを1つ残しておいて、他の施設を潰して行く。
ソーラーパネルは機銃で破壊して、ミサイルの弾数を節約したいところです。
地上物だけでは高得点が狙えないので、飛行機も撃ち落とすように。

TGTを全て破壊すると、ストーンヘンジが攻撃してきます。
すかさず渓谷内に退避。
渓谷は発電所の少し西の方にあります。
高度に気を付けて南に向かってGO!
逃げている途中でチョロチョロと邪魔しに出て来る敵機が居ますが、無理して撃ち落とさなくても良いです。

目標撃墜ポイント 1540/340
 
 
 
 
次の攻略メモに進む
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 
 

「ACE COMBAT 4 - shatterd skies - 」攻略メモ #1

各ミッションの内容、攻略のポイントです。
目標撃墜ポイントはSランクを取得するために必要なポイント(あくまで目安)です。
分母の/600などと書かれているのは、クリアするのに最低限必要なポイント。(アップデート後のポイントは含まず)

2周め以降(難易度NOMAL以上)に出現するネームド機については、別記事にて。

***

Mission 01 SITTING DUCK ー 張り子の基地 ー 

ミッション内容:領空内に進入した敵爆撃機の撃墜
敵機はアレンフォート飛行場を爆撃後、ノースポイントへ向かうと考えられるため、これ以上の進攻を阻止するためにもここで撃ち落とせとのこと。

クリア条件:TGTを全て破壊

時間はたっぷりあるので、余裕で間に合う。
護衛機も全て落とすとランクS。
(1機ぐらいは残っていても大丈夫)

目標撃墜ポイント 800/600

クリア後、F-4Eが購入可能に

***

Mission 02 IMMINENT THREAT  ー 喉元のやいば ー

ミッション内容:敵基地に集結する爆撃機の殲滅

エルジアの前線空軍基地リドリー飛行場に爆撃機が集結。ノースポイント爆撃の準備を整えているものと思われるため、これを破壊し敵の作戦を阻止する。

クリア条件:TGTを全て破壊

飛行場手前の変電所も忘れずに。
敵機は無視してもクリアは可能だが、高ポイント狙うのなら撃ち落とすように。
地上物は無誘導弾でまとめて片付けるのがオススメ。
初期兵装F-5Eでもじゅうぶんに殲滅可能。

目標撃墜ポイント 2000/1320

***

Mission 03 NORTHERN EYE  ー 北の目の破壊 ー

ミッション内容:レーダー施設の破壊
シェズナ山山頂に設置されたレーダー群が敵航空部隊を強力に支援しており、それにより味方軍の撤退・再編成に遅れが出ている。
今後の貴重な戦力となりうる味方軍の撤退を支援するとともに、敵航空部隊の弱体化を図る。

クリア条件:TGTを全て破壊

ここでもウロウロしている敵機は無視してもクリアは可能だが、高ポイント狙うのなら撃ち落とすように。

ミッションクリア後、基地へ帰還。
ランディングあり。
ポイントに関係ないので、面倒ならスキップしても問題無し。

目標撃墜ポイント 1400/900

クリア後、F-16Cが購入可能に

***

Mission 04 BLOCKADE  ー 空中回廊の遮断 ー

ミッション内容:敵輸送機の破壊
コンベース港では敵のエイギル艦隊が編成を進めており、これが完了すればISAFの敗北は確定的になるほどの戦力となることが予想される。
それを阻止するため、コンベース港に向かう輸送機を撃墜する。

クリア条件:TGTを全て破壊

ジャミング機が居るためレーダーが使い物になりません。
とはいえ、ロックオンは効くので特に難易度が高いと言うほどでも無し。
うっとうしければ、さっさとジャミング機(E-767)を見つけて撃ち落としてしまいましょう。

このミッションでは、Sランク取得の最大の障害が実は味方機だったり。
けっこうな勢いで護衛機たちを撃ち落としているようなんですよね。
あまり活躍されると自分の獲物が無くなってしまいポイントが稼げません。
我先にと撃ち落としまくって、味方機の活躍を阻止(笑)しましょう。

目標撃墜ポイント 1300/480
 
 
 
 
次の攻略メモに進む
 
「エースコンバット 4 shatterd skies」攻略関連記事の一覧
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #11

B5F 鋭い咆哮に立ち向かう勇気ある一歩

さぁて、スノードリフト退治に行きますよ〜。
(前回の冒険で全てを刈る影を叩きのめして来たので、とっても気持ちが大きくなってる)

メンバーは前回の冒険と同じにしました。
(レンジャー、ソードマン、パラディン、アルケミスト、メディック)

B3Fまでは、ほとんどノーダメージで通過。

B4Fではフォレストウルフが復活していました。
しかーし!

1ターンでバトル終了。

強くなったなぁ・・・(感涙)


B5Fの雑魚どもも勢いよく蹴散らし、さて、いよいよスノードリフトっす。
1回のチャレンジで撃破できるとは思ってないんで、良いです。ダメもと。気楽にいきます。

あ、一応、突撃前のメンバーのレベルは・・・
レンジャーとアルケミストがLv.20
メディックがLv.18
ソードマンとパラディンがLv.17

パラディンは守りに徹するため、ボアスピアソードはソードマンが装備。
レンジャーは、今回は後衛に下げました。

戦い方は、強敵と戦う時のいつものパターンです。
パラディンはひたすらバックガード。
レンジャーはダブルショット。時々仲間にファストステップも使ってみたり。
アルケミストは火の術式(スノードリフトって、名前からして火に弱そうだし)
ソードマンはライジングエッジ(っていうか、剣のスキルこれしか覚えてないんだな)
メディックはエリキュア時々防御。

さすがにボスだけあって、なかなか大ダメージとはいきませんでしたが、それでも地道に攻撃を当てて少しずつHPを削って行きました。
どうにか敵のHPを半分くらい削り、これなら勝てるかも!と思ったところで・・・

スノーウルフが乱入。しかも2匹。

泣きそうになりました。
このとき、既にかなり消耗してましたから。

すかさず、アルケミストは大爆炎に切り替えました。覚えてて良かった。
レンジャーもダブルショット覚えてて良かった。
ソードマンはTP使い切っちゃったので普通に攻撃。とにかく、早いとこスノードリフトを片付けてしまいたかったので、ひたすらボス狙い。

恐怖の咆哮で

メディックがテラー状態になったみたいだけど、

なんだテラーって???

ステータス異常なのは間違いないんだけど普通に行動している(ように見える)から、そのまま放置。

やっとこさスノードリフトを倒したけれど、この時点で既にアルケミストとメディックはTP使い切りまったくの役立たず状態になっておりました。

回復アイテムもそんなにたくさんは持って来てないので、長期戦になればなるほどこっちが不利。
一刻も早く戦闘を終わらせるべし!
ってことで、ここからは守るより攻める方を優先してパラディンも攻撃参加。

どわーーーっ、パラディンの攻撃力がイマイチなんスけどぉ〜〜〜っ!

だいじょうぶ。大爆炎でけっこう削ってるからきっと勝てる!
そう自分に言い聞かせて、とにかく頑張る!

1匹めのスノーウルフを倒した直後に頼みの綱のソードマンが倒れました。

攻撃スキル使えるの、レンジャー君しか居ません。
しまいにゃ、アルケミストにブースト使って通常攻撃までさせて、なりふり構わず叩きまくって・・・

やりました、どうにかスノーウルフ2匹めも倒せましたっ!!!

よっしゃー、スノードリフト退治、成功〜〜〜!
 
 
もう、一歩も動けないほどに消耗しまくっていたので、その場でアリアドネの糸使って樹海から出てきました。

すぐさま執政院にミッション完了のご報告。
熟練冒険者としてのお墨付きを、もらったー!
報酬2000エンも、もらったー!
いやぁ〜、大きな仕事を成し遂げた後ってのは気分良いねぇ〜。 
 
 
ショップでウルフたちの落とした「ごわごわした皮」を売却すると、ハードレザーアーマーが購入可能になりました。
スノードリフトの落とした「純白の薄革」はもったいなくて売れませんでした。
他に使い道は無いんだろうけどさ。
 
 
  
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #10

B4F 地の底より溢れる闇の牙〜
 B5F 鋭い咆哮に立ち向かう勇気ある一歩
 
 
突然ですが、全てを刈る影を倒してしまいました。

また、ウッカリ触ってしまってバトルに突入してしまったのですが、一撃喰らったソードマンが持ちこたえていたんで、もしかしてなんとかなるんじゃないかと思い、試しに逃げずに戦ってみたのです。

そうしたら、なんとかなってしまいました。

レンジャーはひたすらトリックステップを掛けていたのですが、重ね掛けしても大して命中率下がってなかったような気がしました。(メッセージでは「命中率が下がった!」って出てるんですけどね???)
だから、途中からダブルショット。

ソードマンとアルケミストは、ひたすらスキル。
ボアスピアソードを装備したソードマンのライジングエッジはなかなかのダメージでした。
アルケミストは、一番レベルを上げてある火の術式を使用。

パラディンはバックガードしてました。後衛に居るアルケミストとメディックが倒れたら勝ち目が無いと思ったので。前衛3名は1発喰らっても持ちこたえてたしね。

メディックは用が無くてもエリキュア。
敵よりもメディックの方が行動が遅かったんで、ダメージ受けてからキュアを唱えてたのでは間に合わなかったのです。(TPより命の方が惜しいもんよ)

全てを刈る影を倒すと、経験値がどーんと入りました。
ちなみに、撃破前のメンバーのレベルはLv.19のレンジャーとアルケミストが最高。
他はLv.15〜Lv.17でした。
 
 
スッカリ調子に乗ったチームみけねこは、もう1匹も倒してしまいました。
ツスクルに回復してもらってからだけどね。

さらに調子に乗って、未だ空白のマップ左上を埋めるため、そこにいる2匹をやっつけに行くことに。

そして、コイツらも撃破。

片方と戦っているうちにもう1匹に乱入されてしまい、2匹いっぺんに相手をするハメになったのですがぁ・・・

アルケミストの大爆炎の術式と、レンジャーのダブルショットでどうにかしのぎました。
パラディンのガードも効いてたかも。

ソードマンが戦闘不能になってしまって経験値入らなかったけど、まぁ、良いです。

空白だったあたりのマップも埋まり、B4Fのマップはこれで完成。
そこで宝箱を3つ発見しました。
中味はメディカ III、レザーブーツ、400エン
 
 
ここで、新種の報告をするため樹海を脱出。
全てを刈る影の落とした「柔らかな大鎌」の買い取り価格は、なんと1個900エン。
小さな花とか売ってる場合じゃないですよ、マジで。
「柔らかな大鎌」を売却すると、リトルシザースが購入可能になりました。

ってなわけで、全てを刈る影と遊んでしまい、スノードリフトに挑戦するのは次回の冒険へ持ち越しと相成りました。

なんか、勝てる気がする・・・

(あくまで、『気がする』だけ)
 
 

***

 
 
B4Fでの入手アイテムに追加。

 ・宝箱 (メディカ III、レザーブーツ、400エン)
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #9

B4F 地の底より溢れる闇の牙〜
 B5F 鋭い咆哮に立ち向かう勇気ある一歩

シリカ商店でアイテムを売却していたら「獣の大弓」が買えるようになりました。
「伸縮する皮」なのか「植物のツル」なのか、あるいはその両方なのかハッキリ分かりません。
当ギルドのリーダー、バトル型レンジャー君(命名アクセル)のために、もちろん購入。

なんだか妙にお金に余裕があるため、防具とアクセサリを大量に仕入れました。
ようやくギルドメンバーの防具が充実。
 
 
B5Fの探索に向かうメンバーは、前回と同じ。
レンジャー、ダークハンター、ソードマン、アルケミスト、メディック。
常にパーティインのレンジャー、アルケミスト、メディックがレベル16。
交代で留守番に甘んじているダークハンターとソードマンはレベル13。
 
 
すごいよ、レンジャー君が毒吹きアゲハを一撃で倒してるよ。

モグラ3匹に全滅くらっていた冒険初日が、

 まるでウソのようだ。

それにしても、獣の大弓、すごく良いっす。
攻撃力+24も嬉しいけど、STR+2、TEC+1など、ステーテスにボーナスが付くのも嬉しい。
他のジョブの武器は、なんかイマイチ。
メディックとアルケミストは、物理攻撃ではまったくアテにしてないんで良いけど、べつに。
 
 
なんか・・・B5F、めっちゃ広くないですか?
で、何故かここまで来てモグラ×4とか出るのね。
モグラなんて、戦ってももらえる経験値は大したことないからサッサと逃げました。

FOEもウロチョロしているけれど、もはや脅威ではありません。

アイテムもいつの間にか持ちきれなくなってたけど、気にせず歩き回って・・・いたら、スノードリフトの居る部屋に辿り着いてしまいました。

もちろん、迷わずUターン。

だって、何の心構えもしてなかったし。
だって、誰だか知らないけど、ヤバそうなのがウジャウジャ居たし。

スノードリフトって、いわゆるボスだよね。

一応、セーブくらいはしておきたいし、それよりなによりマップ完成してないし、いったん街に戻ることに・・・

ん???

アリアドネの糸が無ーーーいっ!

しまった、買い忘れた。
歩いて帰るのやだよ。
ツスクルさん、ヒョイッと樹海の外に放り出してくれる術とか、無いっすかね?

無いですね。歩いて帰ります。

そして、全てを刈る影に引っ掛かるという罠にはまるんだな、これが。
ウッカリ手が滑って触っちまいましたよ。
またしても逃走が失敗の連続で、ダークハンター、ソードマン、メディックが戦闘不能。
どうにかレンジャーとアルケミストだけが生き残り、2人で寂しく樹海を逆走する羽目に。

ツスクルの所に戻るって手もあったけれど、戻ってまたアイツに引っ掛かったら余計ピンチになるので止めておきました。

まぁ、この2人なら、大丈夫です。平気、ヘッチャラ。

B2FのFOE(怒れる野牛)が、また1匹復活してたみたいっす。
(やっぱり倒した順番に復活している模様)
もちろん、近寄りませんでした。
楽勝とはいえ、2人では、さすがにちょっと・・・
雑魚は適当に戦ったり、戦わなかったりしながら、無事に脱出。
あぁ、まいった。

チームみけねこ冒険の心得:
  出発前に、アリアドネの糸を持ってるかどうか確認すること!
 
 
B5Fにも伐採ポイント等があったので、次の探索には採集担当レンジャーを連れて行くことにしました。
ソードマンを外し。
今回は、採集しつつB5Fのマップを完成させるのが目標です。
スノードリフトに挑むのは、その後。
 
 
これまでは「気合い入れて樹海に突撃!」って、わりと決死の覚悟で行ってたんですが、今回はかなり余裕。
アッという間にツスクルのところに辿り着いちゃいました。

B5Fのマップは完成。
頑張ってレベルの低い採集担当レンジャーを連れて来たけど、伐採アイテムはB1Fと同じでした。なぁんだ。
採掘アイテムは、金属質の突角、輝石、白石。

宝箱は2個。
中味はファイアオイルボアスピアソード
どちらも貴重アイテムっぽいニオイがします。
 
 
ここで、また街に戻る。
採集担当レンジャー外して、しばらく留守番していたパラディンをパーティに入れる。
ボスと戦う前に、少しレベル上げしたい気分です。
B4Fのフォレストウルフが復活したら、良い経験値稼ぎになるんだけど。
何日で復活するのかなぁ。今度数えてみようか。
 
 
というわけで、また樹海に突撃。

B4Fのフォレストウルフはまだ復活していませんでした。
でも、B3Fのが1匹復活していたので、もう少しかも。

B5Fに進み、スノードリフトの部屋に進入。
手前の3匹は倒しました。
フォレストウルフかと思ったら、違いました。スノーウルフでした。
フォレストウルフよりちょっと強いのかもしれないけど、こっちもレベルアップしてるから大丈夫。

さらに奥に進もうとしたら、普通とは違う黒っぽいFOEが接近して来たのですが・・・もしかして、アレがスノードリフト?
怖くなって逃げ出して来てしまいました。チキンです。

う〜〜〜、いよいよ、ヤツと戦わなければならないのだろうか。

メンバーは誰が良いだろうか?
レンジャー、アルケミスト、メディックは外せない。
残る2人のうち一方はソードマンを入れるとして、ダークハンターとパラディンのどちらを入れるか迷うところ。

ダークハンターでステータス異常を狙うか(そもそもボスにステータス異常が効くのか?ボスには効かないってのがRPGではよくあるケースだ)、それともパラディンで防御を固めるか・・・

どうせ1回では勝てっこないだろうから、とりあえずパラディンで行ってみるか。
というわけで、次回の冒険ではスノードリフトににケンカ売ってみる予定です。
 
 

***

B5Fでの入手アイテムに追加

 ・宝箱×2
      ボアスピアソード、ファイアオイル
 
 
  
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

DEATH NOTE 第23話 「狂騒」

松田の本名を知りたい火口は、ミサの所属する芸能プロに向かって急ぎ車を走らせる。
もしかしたら、履歴書に書かれた名前さえ偽名かもしれない。
部外者の自分に、深夜、事務所に勝手に入っていいなどと言う社長の言葉も何処か不自然。
もしや、これは罠なのでは?
と、さすがの火口も不安になったのか、後ろに居るレムに助言を求める。

ところが、レムも火口の味方じゃなかった。

火口をこのまま野放しにしておいたら、いずれミサミサの身に危険が及ぶもんね。
ライトたちの思惑を推し量ったうえで、レムは火口を芸能プロへと誘導。
哀れな火口は、まさに孤立無援。四面楚歌。
みんなで火口が破滅するのを心待ちにしているなんて。
まぁ、それも火口の人柄がアレだからなんだけど。

火口の車を監視しているエルとライトは、レムと会話する火口の様子に合点が行かない。
エルたちにはレムの姿が見えていないから、火口が独り言を言っているとしか考えられない状況なんだけれど、その内容は誰かと会話しているとしか思えない。

そうこうするうちに火口は事務所に到着。
履歴書の名前をノートに書き込んだだけで、サッサと出て行ってしまう火口。
デスノートの存在を知らないエルは、当然「これでは殺人の方法が断定できない!」と、もうしばらく火口を泳がせることに。
実は、今、まさに、その現場を押さえたんっスけどね。
あぁ、もどかしい。

予定の時間が来ても松田は死なない。
履歴書の名前も偽名であったことに気付いた火口は、ついにレムと「死神の目」を取引する。

その様子を見ていたエルたちは、火口の言った『レム』という名が引っ掛かる。
明らかに誰かが居るはずなのだが、姿が見えない。
そんな者がいるとすれば、それは『死神』だとのたまうエル。
あの調子だから、冗談なのか本気なのかよく分からないけれど、あまりにも核心を突いたエルの言葉に思わずドキリ。

死神の目を得たといっても、顔を見ないことには名前が分からない。
今度は、火口はヨツバのビルに急行。
ビルの監視カメラの映像で松田の姿を確認しようと考えたのだね。
松田がキラの正体を明かす時間まで、あとわずか。
松田がトンチンカンな人物の名前を挙げるという可能性は、火口はまったく想定していないようだ。自分が名指しされると思い込み、とにかく必死。
このへんは、心にやましいものを抱えた人間の心理なんだろうなぁ。

焦る火口は猛スピードで車を走らせ、何も知らない白バイ警官にとっ捕まる。
警官の名前を『見た』火口は、デスノートを使ってその警官を殺害して逃走。

その様子を見ていたエルは、火口が「顔だけで殺せる力を得た」と確信。
鋭いな、エル。
今までは持ってなかったけど、今現在は持ってると読んだってことだよね。
おそらく、火口が新たな力を得たのは「取引しよう」と言い出した以降だと、エルのことだから承知しているはず。
ますます、『謎の存在』を認めるしか無い状況になって来たっつーワケだ。

松田、ピーンチ!!!
と、思ったけど、そのへんの手回しも抜かり無かった。
監視カメラの映像は既に消去されていた・・・
ここで、火口が松田のことを
「バカなフリして、実は切れ者だったのでは?」
などと言ったもので、状況を忘れて吹き出しそうになりました。

いや、切れ者なのは指示を出してるエルで、松田本人は・・・ごにょごにょ・・・

ここでも空振りに終わった火口は、とうとうテレビ局に乗り込むことに。
そりゃ、テレビ局に行けば直接松田に会えるわけだし、そうなれば消すのは簡単だけど、部外者の火口がスタジオに入っていったら騒ぎになって、かなり面倒なことになると思うんですけど?
火口が忍び込んだ直後に松田が死んだりしたら、疑われて当然じゃない?

もぉ、完璧に破綻してますな、この男。

もちろん、火口がテレビ局に姿を現すことを想定している(というより、ここに追い込んだんだろう)捜査チームは準備バッチリ。
CMの間に松田と司会者をマネキンとすり替え、テレビ局関係者も全て退出。

もぬけの殻になったスタジオにノコノコと入って来た火口を、御用だっ!
と、取り囲んだんだけど、ライトパパが被弾し、アッサリと逃走され・・・
4人も居て、何やってんだよぉ。

そこで、エルとライトも火口確保のためヘリで出動。

でヘリを操縦するエル。
天才は、なんでもアリですか?

逃走する火口は高速へ。
いや、首都高なんかに入ったら渋滞にはまって大変なことになりませんかぁ〜〜〜?

でも、意外と空いてた。

そして、爆走する火口の前に立ちはだかったのはパトカーの群れ。
指揮していたのは、捜査チームから抜けた相沢さんたちだったー!
ちょっと、感動しましたよ。

そして、自害しようと自分に銃口を向ける火口のその拳銃を撃ち落としたスナイパー・ワタリ!
そんな特技があったんですかっ!!!
ただのスイーツ係(もしくはエルのお守り)じゃなかったのね・・・

かくして、火口はお縄になりました。
「狂騒」のサブタイトルどおりスピード感溢れる展開で、アクション映画でも見ているようでとっても楽しかったです。

次回、ついにブラックなライトが復活しそう。
デスノートが戻ったとたん真っ黒になりおって。
やっぱ、アンタの本性はそっちだろ。

  
 
 
 
 第24話 「復活」へ進む
 
 アニメ「DEATH NOTE」の感想 目次
 

エースコンバット6 解放への戦火

・・・が、Xbox360に舞台を移して発売されるそうです。

そうですか、そっち、行っちゃいましたか。

エースコンバットの次回作がPS3で出たら、たぶんきっと、PS3買っちゃうんだろうなぁ・・・と、思っておったとですが。
これでますますPS3購入が遠のきました。

だいたい、今現在発売中のPS3のソフトにひとっつも興味を引く物が無くて、今後発売予定の物にもピンと来るものが無い。
唯一、ハイスペックなハードでプレイしたらさぞ楽しかろうと思っていたエースコンバットがXboxに行ってしまったら・・・

大丈夫かな、ソニー。
まぁ、私の心配することじゃないけど。


「ねぇねぇ、エースコンバットの次回作はXboxなんだってぇ~」と、ちょいとダンナさんを突ついてみると・・・

「ダメじゃん・・・!」

あ、いや、『ダメじゃん』じゃなくて・・・

Xboxの購入を検討するとか、そういう方向には・・・?
キミ、この前もらって来たXboxのカタログ、嬉しそうに眺めてなかったっけ?

ダンナさんは新聞に視線を落としたまま、こちらを見ようともしない。

・・・まぁ、いいや。

「エースコンバット6 解放への戦火」は2007年発売予定だそうです。

情報元はここ
 ↓
ファミ通.com
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #8

B4F 地の底より溢れる闇の牙

スキルが習得可能になる仕組みが分かんねー!と思っていたのですが、「CUSTOM」の画面で未習得のスキルにカーソル合わせてAボタンを押すと、そのスキルを習得可能にするのに必要な条件が見られることにやっと気付きました。
これなら、目指すスキル習得に向けて、効率よくスキルポイントを割り振って行けそうです。
 
 
「ブースト」の使い方も、ようやく把握。
攻撃したりダメージを受けたりすることでポイントが貯まっていき、満タンになると使用できるようになるんですね。
「ブースト」を選択した直後の行動が、飛躍的にステータスアップした状態で発動するワケで、有効に使えばバトルがきっと楽になる・・・はず。
ただ、このブーストポイント、樹海から出るとリセットされてしまうようで。
AGI値の高いレンジャーやダークハンターは1回のバトルでの行動回数が多くなるため、その分ブースト値も貯まりやすく、空っぽになってもすぐにまた満タンになります。(前衛に居るのでダメージもよく喰らうし)
ですんで、この人たちは貯まったらジャンジャン使うことにしています。
 
 
B4Fに到達したことで、新たなクエストが発生したようです。
「ジャクソン料理店の奇妙な依頼 I 」
(「 I 」があるってことは「 II 」もあるってことだな)

クエストの内容は、「火の術式を覚えているヤツを連れて来い!」だそうで。
そうですか。ウチは真っ先に火の術式を覚えたアルケミストが常にパーティインですから・・・

その場でクエスト完了。

なんだったんだ???
確かに奇妙だ。
 
 
「伸縮する皮」集めと「採取」のため、パーティに採集担当レンジャー(レベル5)のナナミを入れて出発。

B2Fを軽く通過し、B3Fに進入。
全てを刈り取る影も難なくかわし、無事に採取ポイントに到着。
姫リンゴ、蜜のかけらなどのアイテムを発見しました。

「伸縮する皮」も必要個数に到達。
前回1個しか入手できなかったのに、今回は異様な勢いで伸縮する皮を落としまくっていたボールアニマルたち。
・・・いったい、どういう加減なんだ?
とにかく、大量に入手しました。

レベルの低かったナナミもどうにかそれなりにレベルアップして来たので、B4Fへ。
入ってすぐのところで、採掘ポイントを発見。
輝石を入手しました。

輝石!
遠い昔に引き受けたクエスト「ある商店からの依頼 I 」が、これで完了できそうです。
 
 
そして、ウジャウジャ居るフォレストウルフに、ちょっかい出してみました。

そんなに強くなかったです。
攻撃力が高いため、それなりにダメージは喰らってましたけど、みんなでスキル使ってガスガス攻撃していたら2ターンでバトル終了でした。
なぁんだ。

ちなみに、メンバー構成はレンジャー×2、ダークハンター、アルケミスト、メディック。
(1人だけレベルの低いナナミは、ずーっと防御してました)

調子に乗って3匹のフォレストウルフを倒したところで、1名が戦闘不能になり、アイテムも持ちきれなくなってしまったので樹海を脱出。街に帰ってきました。
 
 
まずは、シリカ商店でアイテム売却。
「伸縮する皮」を大量に売り払ったら、ものすごく大量の装備品が購入可能になりました。
レザーベストとかレザーハットとか、頭にレザーと付く物が何種類か。
さらに「植物のツル」を売っていくとレザーウィップとカフタンが購入可能に。

もちろん酒場にも行って、クエストのご報告。

輝石を入手していたので「ある商店からの依頼 I 」が完了。
ショートボウの材料も揃ったので「シリカ商店の依頼 II 」もコンプリート。

未消化のクエストは、ソードマンをレベル20にするのだけです。
よって、採集担当レンジャーとソードマンをチェンジ。
B4Fのマップ完成を目指して、樹海に突入。
 

ん〜、あれれ???
B2FのFOEが復活してますよ?
復活するんだ、コイツら。
倒してからある程度の時間が経過すると、復活するのではないかと思われます。
(ゲーム内時間で数日ってとこ?)

まぁ、狂える角鹿くらい、復活したところで今となってはどうってこと無いです。

B2FとB3Fはサラッと通り抜けてB4Fへ。

消耗したらツスクルに回復してもらいながら、B4Fのマップを埋めていきます。
フォレストウルフは、なんの問題も無いです。
頭から突っ込んでいって、ジャンジャン倒しました。
たぶん、全部倒せたはず。

はばたきカブトには、一瞬焦りましたが。
炎の術が効きません。
でも、うちのアルケミストは全属性の術式覚えてるから平気、ヘッチャラ。
氷か雷の術式で一撃、です。

マップの上の方で、採掘ポイントをもう1つ発見。
あっちこっちで宝箱も発見。
イベントは特に無し。

次のフロアへの階段も見つけ、マップも完成したところで、いいかげんアイテムも持ちきれなくなっていため、脱出。
行ったり来たりするのが面倒くさくなっていたので、途中から持ちきれないアイテムはガンガン捨ててました。冒険を始めた当初では考えられない行為。


***

・宝箱 
 (ブレイバント、ブレストプレート、メディカII、アムリタ) 
  
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #7

B3F 幾多の戦士が倒れた絶望の地

パラディンの使い道に困ってます。
スキルが防御系ばっかりで、かといって素の攻撃力が格段に強烈ってワケでも無し。
常に「攻撃は最大の防御」がモットーのワタクシには、パラディンのようなタイプはどう扱っていいんだか分からないんだな。
守ってるヒマあったら1発でも多く叩いて、早くバトル終わらせようよっ!って、思っちゃうし。
たぶん、ものすごく、せっかちです。

ソードマンは、剣と斧、どちらのスキルを先に習得させるかで迷ってます。
現在、斧の方が攻撃力の高いものを所有しているんですが、スキル的には剣の方が良さそう・・・
それで、いっそのこと剣に特化したソードマンと、斧のエキスパートのソードマンを作ろうかな?とか考えてしまったワケで。
そんなにメンバー増やしても育てきれないかもしれないんで、今のところ剣と斧のスキルを1つずつ覚え、基本ステータスのブースト値を上げながら様子見ています。

レンジャーをバトル特化型と採集特化型の2名にしたのは正解だったようです。バトル型レンジャー君は順調に育って、バリバリ活躍してます。

メディックは、ただいま「エリキュア」習得に向けて頑張っているところ。

アルケミストは火、氷、雷の術式をひととおり使えるようにした後、火の術を集中的にレベルアップさせています。

ダークハンターは鞭のスキルの方を先に覚えさせてます。単なるイメージです。
 
 
それでは、この前聞いて来た、ミッション「スノードリフトの恐怖!」の詳細。

現在、樹海のB3F以降ではオオカミの群れが暴れまくっており、その群れを操っているのがスノードリフトという魔物。
このボスはB5Fに居るらしく、コイツを倒してしまえばオオカミたちも大人しくなるんじゃないかと言うハナシ。
でもって、B3Fに居た2人連れの冒険者は超ベテランで、このミッションを受けた我らのサポートをしてくれるとのこと。
そうか、それは心強い。


では、探索に出発。

レンジャーに「先制ブースト」を習得させたら、確かに先制を取る確率が上がりました。
おかげで余計なダメージを受けずに済み、探索がとっても楽です。
レンジャーもパーティから外せませんな。

B3F最初のエリアでウッカリFOEに触ってしまい、大変なことになりましたが。

「全てを刈る影」とおっしゃるそうです。
メンバーは次から次へと一撃死。
逃走しようとしてもことごとく失敗して、けっきょく全滅いたしました。


ふぅ・・・
まだ、大したことやって無くて良かった。
気を取り直して再突入。

B3F最初のエリアに居るFOEは、回避しづらいですね。
しつこく、しつこく、くっ付いて来る・・・
次のエリアに居るのは横移動しているだけのようで、こちらは簡単にスルーできますが。

雑魚モンスターを片付けながら進んで行って、通せんぼしていた先輩冒険者のお2人さんの元に到着。
執政院でミッションを受けて来た旨を伝えると、ニッコリ笑って道を開けてくださいました。
いっしょに付いて来てくれたら良いのに・・・

ビクビクしながら奥へと進入。

雑魚モンスターには、さほど手こずることは無いです。
途中でアルケミスト(命名サイクス)が炎の全体攻撃を覚えたので使わせてみたら、超強力なんだけどTP消費量もハンパではない。
乱用するわけにはいかないなぁ・・・
TP使い切ったアルケミストなんてクソの役にも立たんもんよ。

あちこちウロツキ回って、抜け道を発見。
その付近に行くとレンが抜け道情報をくれるのですが、既に反対側のエリアで見つけてマップに印つけてあったのよねー。

このフロアにオオカミは居ないようですが、狂った鹿とか怒ってる牛とかがウロついています。
角鹿くらいでは、もうビクともしなくなりました。

今、メンバーのレベルは11〜14。
レンジャー、ダークハンター、アルケミスト、メディックの4名に、ソードマンとパラディンのどちらかを加えた編成が基本になっています。

宝箱は2個発見。500エンテリアカα

採取ポイントを2カ所発見。
採集担当レンジャー(命名ナナミ)に「採取」を覚えさせないと。
っていうか、いまだレベル5の彼女をここまで無事に連れて来られるのだろうか?

ショートボウの材料集めは、エナメル質の角はとっくに集まっているのですが、伸縮する皮の方が必要個数に足りません。
ボールアニマルが落とすことは分かっているのですがね、何故かちっとも落としてくれない・・・

 
F2あたりのエリアに進入するとイベント発生。

兵士がオオカミの餌食になろうとしている。
ここでも自分たちの能力を顧みず助けに入ろうとする、命知らずなチームみけねこ。

が、ツスクルが現れてチャッチャとオオカミを片付け、兵士を救出してくれました。

ツスクルはアレやコレやと助言してくれたうえに、HP/TP全回復してくれちゃいました。
助かります、先輩。

その後、ここを通るたびにツスクルが回復してくれるようになりました。
(こっちがピンピンしていても、おかまい無しに水ぶっかけてくれて、少々うっとうしく思う時もありますが)
今後の活動拠点はここに決定。
これで思う存分スキルが使えますよ。

スキルを惜しげも無く使いながら歩き回り、B3Fのマップはほぼ完成。
左上の一角は、全てを刈る影が居るせいで恐ろしくて近寄れず、そこだけ空白になってますけど気にしな〜い。
(何も知らずにノコノコ入って行って、全てを刈る影とはち合わせし、大慌てで逃げ出して来たきり)


そうこうするうちにアイテムが持ちきれなくなってしまったので、いったん街に戻ることにしました。
次のフロアへの階段を見つけ、1歩だけB4Fに足を踏み入れたところでUターン。
ツスクルに全回復してもらってから、アリアドネの糸で脱出!


入手して来たアイテムを売却していくと、脇差ブレストプレートがショップに並びました。
脇差は良いんだけど、ブシドーはまだ居ないのよね。いつ使えるようになるんだろう?
ブレストプレート・・・いいんだけど、AGIが下がるのが、ちょっとね。

所持金に余裕が出てきた(ようやく金欠ギルドから脱却か???)ので、アクセサリを中心にメンバーの装備品を買いそろえておきました。
 
 
B3Fは1回の冒険でマップを埋められました。(いきなり全てを刈る影に全滅喰らったのは除く)
やっぱり、スキルが充実して来たのが大きいですかねー。
あと、ツスクル。

しかし、B4F以降にはオオカミが居るらしく、次回の探索は激戦が予想されます。(FOEがウジャウジャ居るの見ちゃったもんよ)
準備万端整えて挑まねば。
 
 

***

B2Fでのイベント関連をまとめておきます。

・レンが抜け道情報をくれる
  抜け道はそのちょい上

・兵士救出イベント(F2あたり)
  ツスクルが全回復してくれるようになる 

・宝箱 (500エン)

・宝箱 (テリアカα)
  
  
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

「ラッシュライフ」 伊坂 幸太郎 著

キーワードは「バラバラ」である。
そして、「バラバラ」が「くっつく」のだ。

コイツ、何、言ってんだ?
と、お思いのそこのアナタ、この小説を読めば、私の言っていることもあながち的外れじゃないってことがお分かりいただけると思う。
 
 
ごくありふれた地方都市で、縁もゆかりも無い人たちが、何食わぬ顔ですれ違って行く。
今すれ違った人が、どんな事情を抱え込んでいるかなど分からない。分かるはずも無い。
でも、まったく無縁と思われた人たちの人生が、ホンの一瞬交差する。
誰かの起こした小さなアクションが、他の誰かにささやかな影響を及ぼす。
無関係だと思っていた出来事が、実はホンの少しずつ繋がっていた。
そう。「バラバラ」が「くっつく」のである。
 
 
とにかく登場人物が多い。
おまけにほとんどの登場人物が同じ比重でもって描かれ、その人の目線でエピソードが語られて行く。
そのエピソードも途中でぷつっと途切れ、他の人の話しに移行してしまう。
おかげで、「あれ、この人は泥棒だったっけ?それとも失業者だったっけ?」と、最初のうちは場面が切り替わるたびに混乱していた。
が、次第に人物像を把握できるようになり、めまぐるしい視点変更にも慣れた。

主軸にあるのは、失業者・豊田さんのエピソードと、絵の得意な青年・河原崎のエピソードだろう。
そこに不倫相手の妻を殺そうと企むカウンセラー・京子さんや、プロフェッショルな泥棒・黒澤さん、金で買えない物は無いと言い切る画商・戸田氏のエピソードが絡んで来る。
さらに、それらを繋ぐためのサブキャラまで居るのだから、読んでいる方は頭を整理するのに忙しくてしょうがない。

最初は同時進行だと思っていたそのエピソード群が、実は時間がちょっとズレていることに、やがて気付く。
読み進めて行くうちに、「これ」と「あれ」はこんなふうに繋がっていたのか!と何度も驚かされ、最後の最後でこの物語の全貌が明らかになる。

世にも奇妙な事件や奇跡のような出来事の裏には、種を明かしてしまえば「なぁんだ、そうだったのか!」と呆れてしまうような、なんてこと無い事実が隠れていた。(だからといってガッカリするようなことは無い。むしろその「繋がり」に感嘆してしまう)

ちょうど、ジグソーパズルのピースが1つずつはまって行くようなカンジで、そうして出来上がった絵を見渡した時の達成感と言ったら無いのだ。
 
 
この物語には、他の伊坂作品のパーツがチラリと顔をのぞかせている。

喋るカカシに守られた島に迷い込んだ青年・伊藤が銀座の画廊に姿を現したり、陽気なギャングたちが巻き込まれた爆破事件がサラッと語られたり。

プロフェッショナルな泥棒・黒澤さんは、探偵にジョブチェンジして「重力ピエロ」で一仕事している。(カウンセラーへの転身は、京子さんに一蹴されて諦めたのだろうか?)

ファンなら思わずニヤリの嬉しい趣向。
繋がる広がる伊坂ワールド、だ。
 
 
清々しい幕引き・・・というのは、伊坂作品の特徴の1つだろうか?

登場人物のうちの何名かは完全に人生に破綻を来たし、失業者・豊田さんの未来も明るいんだかどうなんだかよく分からないにもかかわらず、最後の豊田さんのくだりで私は号泣し、実にスッキリさわやかな気分でこの本を読み終えることができた。

イッツオールライト。
良い人生を。

 
 
 
その他の読書感想文の一覧はこちらからどうぞ
 

DEATH NOTE 第22話「誘導」

ミサの大胆な行動のおかげで火口がキラであることを突き止めたものの、キラの能力が人を渡って行くものと考えているエルにとっては、殺人の方法を突き止めないことにはまったく何の問題解決にもならないワケで。

そこで、火口をしばし泳がせ、いつぞやお父ちゃんが突入して暴れちゃったりしたサクラテレビを利用して罠にはめようと作戦を立てる。

火口を釣るためのエサは松田。

死んだはずの松田がテレビ出演し、キラ事件の真相に迫る証言をすれば、火口は必ず松田を消そうと動く。
その現場を押さえて御用・・・という作戦内容。

もしも火口が顔を知っているだけでも人を殺せるのなら、松田の命は無い。
けれど、この前の失態もあるし、日頃自分だけ役立たずと思い悩んでいる松田は、その役目を引き受けることを即決。
なんか、思いっきり危なっかしいが、それでもそれなりに男気を見せてくれました。

そして、肝心の番組を火口が見なければ意味が無いので、奈南川を通じてそのように仕向けることに。

この奈南川サンが切れ者だもんで、エルが既に火口をキラと断定していることをウッカリもらしてしまったライト君。
良かったねー、奈南川にノート渡さなくて。

ヨツバグループの連中も、火口が怪しいと勘づいていたようで。
おまけに、正直な話し、この殺人会議も奈南川たちにとっては迷惑なハナシのようですね。
そんな危ない橋を渡らなくても、富も地位もちゃんと手に入れられるから!
それに引き換え火口は・・・
なんつーか、足並みのまるで揃ってないヨツバグループ・・・と言うより、火口1人が浮いてるような。

第3のキラを仕立て上げるのに何故ヨツバグループをターゲットにしたのかは分かりませんが、その中でよりによって火口をデスノートの持ち主に選んだその理由は、分かるような気がします。

デスノートの力をちらつかせて、飛びつくような人物。
野心はあるけれど、実力では目標を達せそうもない人物。
何らかのコンプレックスを持っているようなヤツが、そういう甘い誘惑には一番引っかかりやすいもの。
既に欲しい物を手にしている人や、ヤバい橋を渡らなくとも実力でそれを勝ち取れる自信のある人は、そんな話しには乗ってきませんよ。

それに、奈南川みたいな切れ者にウッカリ渡してしまったら、裏をかかれてノートを取り返せなくなる可能性もあり。
その点、火口レベルならその心配もない。

案の定、火口は焦りまくってボロ出しまくりなワケで。

サクラテレビの全面協力(コイツら、視聴率さえ取れれば何でもいいんだろうな)の元、火口捕獲作戦がスタート。
番組放送中のアクシデントで松田が素顔をさらすと、それを見ていた火口は狼狽えまくり。

松田の渡した名刺の名前が偽名であることを知っているのは、既に1度、その名前をデスノートに書いたことがある自分だけ。そのことを言い出せば自分がキラであることがヨツバのメンバーにバレてしまうから、誰に相談もできず孤立無援。
ますます焦る火口は、もぉ、形振り構わず松田の本名を探り出そうと必死。
それだけあからさまに聞きまくってたら、正体バレバレな気がするんですがー?
火口の小物っぷりが炸裂。
だんだん、哀れに見えてきましたよ。


火口が尻尾をつかまれるのは時間の問題ようですが、はたして殺人の現場を押さえることができるのか?
デスノートの行方はどうなってしまうのか?
火口が拳銃を持って飛び出して行ったのが気になりますがね。
後ろにレムも乗ってたしな。
そういえば、リュークはどこ行っちゃったんでしょ?


火口の命が風前の灯な一方で、エルの推理もかなり核心を突いて来てます。
キラの能力が人を渡って行くということが大前提として、やっぱりライトがキラである、と。
そして、何らかの意図があってライトからその能力が火口に渡り、ライトはキラに関する記憶を完全に失っている状態である、と、エルは推理しているようです。

ええ、まさに、そのとおり。

そして、それはライトの意思であり、さらにその様子を高みから見下ろしている存在があるのではないか・・・と、まで。
そんな者の存在を認めるわけにはいかないと呟くエルですが・・・
たしかに、そんなもの、いかなる名探偵の推理においても、在ってはならないですからねぇ。
そんなのが居たんじゃ、推理もへったくれも無くなっちゃうじゃないですか。
つじつまの合わないことは、みんな悪魔の仕業、超常現象ってことになってしまうもの。

どうする、エル?
リュークやレムの姿を目にしたら、それこそイスから転げ落ちるくらいじゃ済まないですよねぇ。
 
 
 
 第23話 「狂騒」へ進む
 
 アニメ「DEATH NOTE」の感想 目次
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #6

B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所
     〜 B3F 幾多の戦士が倒れた絶望の地

引き続きB2Fの探索。
怒れる野牛に追いかけ回されながら、どうにか宝箱からネクタールは取ってきました。
その付近のマップ(左下の方)も確認。

ただ、もう1匹居るあたり(右の方)は、どうしても牛が邪魔で先に進めません。
牛と戦う勇気も無いし。

いや、勇気があったところで、勝てっこないし。

そういうわけで、マップは未完成ですが次のフロアに進むことにしました。


で、B3Fに足を踏み入れるなり

恐ろしい殺気!

 
死を意味する魔物が徘徊っ!!!

どうしろって言うんですか、牛から逃げて来たウチらに。

しょうがないんで、徘徊する恐ろしい魔物と当たらないように気を付けながら、ソロソロとB3Fの探索を開始。
これまでと違い、だだっ広いエリアが扉で繋がっているんだな、このフロア。

普通の雑魚モンスターは問題無く片付けられます。
(現在のギルドメンバーのレベルは8〜10)

しばらく進んで行くと、2人連れの冒険者と遭遇。
自分たちが街から来た冒険者であることを告げると、戻って執政院ラーダで話しを聞いて来いと言われてしまいました。

そうですか。
そうですね。実は、さっきからビクビクしながら歩き回ってたんスよ。新米冒険者は無理しない方がいいッスよねぇ?
と、アッサリ引き下がり、フロアを逆走。
すたこらさっさと樹海から逃げてきました。


街に戻って執政院へ。
なんでも、さらに深い階層からオオカミが溢れ出て来ていて、そのオオカミ退治が済むまで先には進めない状況なんだそうな。

そうかぁ、そりゃ、たいへんッスねぇ・・・と、ほとんど他人事のように聞き流しつつミッションをチェックすると、案の定「スノードリフトの恐怖!」なるミッションが発生してます。

そして、

自分たちの実力を顧みず

ホイホイと引き受けてしまうチームみけねこ

ウチらに任せておいたらオオカミ退治完了はいつになるか分かったもんじゃないけど、いつかきっと片付くと思いますのでどうかご安心を。(安心できねーよ)


新たなフロアに足を踏み入れたので「もしや?」と思い酒場を覗いてみると、こっちでもクエストが追加。
もちろん3つとも引き受ける。
前に受けたクエスト、終わってないのに。
「シリカ商店からの依頼 II」は、ショートボウの材料集め。
「シンリンチョウ討伐依頼」は、その名の通り。
「優れた剣士に憧れて」はレベル20以上の剣士を連れてくれば良いようだ。
ソードマンあたりをレベルアップすればいいのでしょうか?
ウチのソードマンはまだレベル8ですが、なにか?

とりあえず、シンリンチョウくらいはなんとかなりそうなので、これから片付けますかね。
 
 
というわけで、しばしB1Fでシンリンチョウ退治。
この辺は、もう、てんで楽勝です。
しかし、シンリンチョウをどんだけ倒せばいいのか分からない。
そのうち「目標討伐数を達成しました!」とかメッセージが出るかと思い、せっせと倒しまくったけれど一向に音沙汰無し。
そうこうするうちにアイテムが持ちきれなくなってしまった。
しょーがないので街にアイテムを売却しに戻り、ついでに酒場を覗いてみると「シンリンチョウ討伐依頼」はcompleteになっておった。

むーっ、もしかして、こんなに倒さなくても良かった???

ひょっとしたらとっても無駄な時間を過ごしてしまったのかもしれないけれど、報酬のテリアカαの他に、酒場のお姉さんからお駄賃としてメディカもちょうだいしました。
 
 
ショートボウの材料は、エナメル質の角と伸縮する皮。
エナメル質の角はB2Fのシカが落としたはずだが、ハテ、伸縮する皮は見覚えがない。
たぶん、B3F以降の誰かが落とすんだろうな。
お気に入りのレンジャー君(たぶん、きっとチームみけねこのリーダー)のために一刻も早くショートボウを入手したいところなので、頑張るですよ。
 
 
しかし、あいかわらずB2Fを徘徊する野牛ども。
やっぱり気になってしょうがないので、戦ってみることにしました。
突撃!

戦い方は狂える角鹿と同じ。
トリックステップで命中率を下げ、アナコンダか毒の術式で毒状態に。
後はみんなでスキル使いまくり。

やりました、怒れる野牛を倒しました。

なかなか毒になってくれなかったから、ダークハンターはひたすらアナコンダしてました。
レンジャーのパワーショットも思いのほかダメージ稼いでくれましたよ。

メンバーのレベルはソードマンだけLv.8で他(レンジャー、ダークハンター、アルケミスト、メディック)はLv.10〜11でした。
 
 
コイツのせいで進めなかった道をさらに進んで行って、宝箱からバフコートを入手。

これで、B2Fのマップは完成。
B1F同様、封印されている扉は残っているけれど、現時点ではムリっぽいので無視。

調子に乗って、残るもう1匹の野牛も倒しておきました。
もちろん、回復してから。

回復にはB1Fの水場を利用しました。
夜にここの湧き水を飲むと全員のTPが10ポイント回復しますが、ここって際限なく利用できたんですねー。
1日に1回だけだと思い込んでましたよ。

ですんで、この泉の前でメディックに回復させては水をガブガブ飲んでTP回復・・・と、まぁ、なんともセコいやり方で宿代を節約しました。
いいのさ、生き残れれば何でもっ!

野牛を倒したことでモンスター図鑑の登録数が10体になりました。
これで、クエスト「モンスター図鑑」もクリア。
 
 
B2Fの探索も一段落付いたようなので、次回から本格的にB3Fの探索に乗り出します。

***

B2Fでのイベント関連をまとめておきます。

・草むらに手を突っ込み、蛇に噛まれる 
  先頭キャラのHPがちょっと減る 

・兵士に会う
  武器か回復アイテムのいずれかを売ってくれる
  (ボッタクリ注意)

・オレンジの実
  食べると先頭キャラのTPが減る

・深緑の果実
  食べると先頭キャラのHPがちょっと回復

・宝箱 (アリアドネの糸)

・宝箱 (バフコート)
 
  
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

世界樹の迷宮 攻略日記 #5

B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所

ギルドメンバーにレンジャー(女)を1人追加しました。
伐採が効率よく進まないので、最初から居るレンジャー(男)の伐採レベル上げようかと思ったんだけれど、それだとバトル用のスキルにポイント回せなくなるし・・・
っていうわけで、レンジャー(男)はバトルに特化したレンジャーとして育て、レンジャー(女)は採集のプロフェッショナルにすることにします。
そうはいってもバトルで役立たず状態でも困るので、レンジャー(女)もそれなりにステータス上げて行きますが。

さっそく1日で伐採できるアイテム数が増えました。
やっぱり、伐採レベルを上げると採れる個数が増えるみたいですね。
これまでは苦ヨモギしか採れなかったけれど、丈夫な木片朱色の木の実を新たに入手。
何度か行ったり来たりするうちに、丈夫な木片もハンドアックスの材料に必要な個数が揃いました。

おかげさまでクエスト「シリカ商店からの依頼 I」もクリア。
ごほうびのハンドアックスをいただきました。
 
 
樹海で入手したアイテムを売却しまくっていたら、シリカ商店でショートソードが買えるようになったのですが、そのお値段は350エン・・・
樹海では500エンで買わされたのに。

くそう・・・あの兵士、ボッタクリだったのかっ!

善良なる金欠ギルド、チームみけねこから金をふんだくるとはふてぇ野郎だ。
 
 
とりあえず前回の冒険で狂える角鹿1匹は倒し、B2Fの探索も少し気が楽になりました。

今のところ、アルケミストとメディックはパーティから外せない状況なので、この2名は常に後衛に固定。
他のメンバーたちは伐採のタイミングなどを考慮しつつ、時々入れ替えています。
これといった特徴の無いソードマンより、ダークハンターとかレンジャーの方が気に入ってます。
ダークハンター、もう1人採用しようかな?鞭が似合いすぎなクルクル巻き毛のお姉様でも。

アルケミストとメディックをTPブーストLv.3にしたら「博識」が習得可能に。
モンスターがアイテムを落としやすくなるスキルだそうで。
入手したアイテムを売りさばくしか金を稼ぐ手段のない現状では、貴重なスキルと判断。
常にパーティインなお2人さんに揃って習得させておきました。
 
 
そんなこんなで、行ったり来たりを繰り返して狂える角鹿を倒しては、ちょっとずつマップを広げていく・・・

さすがに、狂える角鹿との戦い方のコツも覚えました。
まずはレンジャーのトリックステップで敵の命中率を下げてしまうと、一撃死の恐怖から解放されます。
毒が有効なので、ダークハンターのアナコンダかアルケミストの毒の術式を使って毒状態に。
混乱化攻撃も、できればダークハンターのヘッドボンデージで封印してしまいたいところ。
攻撃力の高いソードマンやパラディンが混乱させられると、一気に危機的状況に陥りますから。
1回、混乱したソードマンにメディックとアルケミストの息の根止められ、大苦戦を強いられました。

ええと・・・狂える角鹿は3匹倒したんだろうか???
何度も行ったり来たりしていたから、ワケ分からなくなりました。
 
 
それから、ひときわヤバそうなFOE、怒れる野牛とも遭遇。

なんか近くにヤバそうなのが居るなぁ・・・と、思いつつ歩いていたら普通の敵とエンカウントしてしまい、仕方なく戦っていたら

乱入して来たぁ!!!

怖いよぅ。
メンバーは次々と一撃死ですよ。
かろうじて最後の1名(よりによってメディック)が逃走に成功したから良かったものの・・・危ない、危ない。
アリアドネの糸使って、一目散に逃げ帰ってきました。
 
 
あぁ、戦闘不能者を復活させるにも金がかかる。
宿に泊まるにも金がかかる。
(このへん、メンバーのレベルが上がると利用料金も上がる仕組みになってンのね。なんて、世知辛い世の中なのっ?!)
脱出アイテム用意するにも金がかかる。

そして、ウチらは金欠の病。

拾ってきたアイテムをチマチマ売っても、ちっともフトコロはあったかくならず。
新しい武器や防具が買えるようになっても、金がなくて買えないし!!!

シリカ商店には新商品が続々と入荷しています。
 うさぎの尻尾、大量売却でダブレット
 エナメル質の角でエナメルボウオカリナ
 朱色の木の実で朱実の守り
・・・など。
攻撃力がイマイチなレンジャーのために、エナメルボウだけは購入しました。
 
 
怒れる野牛は2匹居るんでしょうか?
それとも1匹があっちゃこっちゃウロついているんでしょうか?
2カ所でそれらしいのに遭遇しましたが・・・

う〜ん、どうしよう。
今のレベル(8〜9)では太刀打ちできそうもないんですが、コイツらを退かさないことにはB2Fのマップが完成しなさそうだし。
次のフロアへの階段は既に見つけてあるし、先には進めるけれど・・・
できればマップは完成させてから進みたいよなぁ。
でも、相当レベル上げないと勝てそうもないしなぁ。

う〜ん、もうちょっと粘るか。

スキルはまたいろいろ新しいのを覚えました。
 ソードマンに斧のスキル「パワークラッシュ」
 パラディンに「猛進逃走」
 レンジャー(バトル専門)に「先制ブースト」
目新しいのはそんなところ。
他は既に覚えている術のレベルを上げてみたり、とか。
 
  
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

世界樹の迷宮  プレイ日記の一覧

◆プレイ日記

[翠緑の樹海]
 
 #1 B1F 希望に満ちた冒険者が踏み固めた大地(1)
 #2 B1F 希望に満ちた冒険者が踏み固めた大地(2)
 #3 引き続きB1Fにてクエスト消化中
 
 #4 B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所(1)
 #5 B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所(2)
 #6 B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所(3)

 #7 B3F 幾多の戦士が倒れた絶望の地

 #8 B4F 地の底より溢れる闇の牙
 
 #9 B5F 鋭い咆哮に立ち向かう勇気ある一歩

 #10 全てを刈る影を倒してしまいました

 #11 スノードリフト撃破
 
 
[原始の大密林]
 
 #12 B6F いにしえの妖精たちが踊った森 その1
 #13 B6F いにしえの妖精たちが踊った森 その2

 #14 B7F 痛みを耐える冒険者の道

 

世界樹の迷宮 攻略日記 #4

B2F 自然と人間の狭間、緑の光溢れる場所

B1Fの伐採ポイントで伐採してからB2Fへ行くことにしました。
少しでもアイテム入手して金を稼ごうと思ったんだけど、あんまり採れず。
伐採できるキャラを、もっと増やしたらたくさん取れるのかなぁ?
伐採レベル上げるとか?
うーん、貴重なスキルポイント、どう割り振るか迷うところです。

B1Fで回りきれていない場所は、まだ入れないようなので、気にせずB2Fへ。
恐る恐る進んで行くと・・・
う〜っ、毒吹きアゲハが普通に居るよ。
こっちも少しはレベルアップしてるから死にはしないんだけど、気合い入れて戦わないと負けてしまいそう。
少なくとも、アルケミストはパーティからゼッタイに外せないわ。
 
 
しばらく進んだところで兵士と遭遇。
回復アイテムか武器か、いずれかを売ってくれると言う。
「攻撃は最大の防御」が基本姿勢のチームみけねこは武器を購入。
500エンはちと痛かったけれど、ショートソードを手に入れました。
さっそくソードマンが装備。
うん、なかなかの破壊力だ。

突き当たりの草むらに手を突っ込んで蛇に噛まれたりしながらウロウロと歩き回っていたら、どこからか恐ろしげな咆哮が・・・
これまでに出会ったのとは比べ物にならない強敵が、近くに居るらしい。

これまでに出会ったのだって、

やっとこさ倒して進んで来てるってのに、

それよりヤバい大物になんて敵うワケないじゃないか。

もちろん、はち合わせしないようにマップをよく見ながら逃げる。
無事にやり過ごし、さらに奥へ。

宝箱からアリアドネの糸を入手したり、オレンジの実を食べてゲーッとなってみたり、いろいろ。

さらに進んで行くと・・・
なんか、やったらめったら強い敵にぶち当たってしまい、バタバタと倒れて行くみけねこのメンバーたち。
狂える角鹿?

ひえっ、これがウワサのFOEですかっ!

FOEは1匹と思い込み、さっきやり過ごしたからもう大丈夫だと、完全に油断してました。

ヤバいと思った時には、既に前衛3名が討ち死に。
後ろのアルケミストとメディックだけでは、どう考えてもヤバすぎるので逃走をはかる。
(その2人も残りTP極少だったし)

はぁ・・・逃げられて良かった。

その場でアリアドネの糸を使って、町に逃げ帰ってきました。
 
 
その後は、消耗したら町に戻って時々メンバーを入れ替えつつ、FOEを避けながらチマチマとマップを広げていきました。

シリカ商店ではボーンハチェットが新登場。おそらく小動物のホネを売りまくったせいかと。

執政院ラーダにも、新たなモンスターとアイテム発見のご報告。
モンスターは倒さないと登録できないのね。

酒場では新たなクエストが発生していたので、もう1つ残っていたのと合わせて引き受ける。
受けるだけ受けて、ちっとも達成していないんですがね。

新たに受けたクエストは
「ある商店からの頼みごと」
   壁材に使う輝石を採って来る
「モンスター図鑑」
   とりあえず10体まで図鑑を埋める
・・・この2件。
 
 
また地味にレベルアップしたのでスキルポイントをば。
ソードマンはあくまで基礎値を上げていこうということで、HP、DEF、ATCをそれぞれLv.2に。
ダークハンターは、鞭マスタリーをLv.2に上げ、ヘッドボンデージを習得。
アルケミストは毒の術式。
メディックは回復マスタリーをLv.3に上げてキュアIIを習得し、戦後手当もLv.2にアップ。
 
 
樹海の方では、いかにもマズそうな実を恐る恐る食べてHP回復したりしてました。

マップは少しずつ出来上がっているものの、FOEから逃げ回ってばかりいては、ちっとも先に進めない雰囲気。

そこで、意を決して狂える角鹿に突撃っ!

えぇ、まぁ、なんとかなりました。

ダークハンターのアナコンダと、アルケミストの毒の術式。
どっちがヒットしたのかは分かりませんが、敵を毒状態にしてしまったのが功を奏したようです。

この時のメンバーはソードマン、ダークハンター、パラディン、アルケミスト、メディック。(ちなみに、メンバーのレベルは7〜8)

パラディンにフロントガードさせつつ、みんなでスキル使いまくりました。
やっぱり、アルケミスト様々です。一番ダメージ稼げます。

メディックとソードマンは戦闘不能になっていたけれど、どうにか撃破に成功。
 
 
その後、この一戦でヘロヘロに消耗してしまったので樹海から出ようと歩いているうちにパラディンが倒されてしまいました。
残るは、TP使い切ったアルケミストとダークハンターだけ。
どう考えても冒険の続行は不可能なので、アリアドネの糸を使って逃げてきました。
持ってて良かった、脱出アイテム。
 
 
さて、狂える角鹿を倒したものの、まだ1匹。
少なくとも、あと3匹は居る気配。
しかもそのうち1匹は、ひときわヤバそうなオーラを発して追いかけて来てたし・・・
あぁ、ヤダな、アイツと戦うのは。
戦わなくても次のフロアには進めそうだけど・・・
どうする?
  
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

「BLACK BLOOD BROTHERS S2」 あざの耕平 著

ワタクシ、S1の感想で「マンガみたい〜」とか書いてました。
ぶっちゃけ、「大人の読むもんじゃねーな」って思ってました。
あくまで、S1の感想ですよ。
長編1〜3巻は面白いと思いました。
んで、このS2もS1に比べると、だいぶ良くなってると感じました。
S1が一番最初に世に出たBBBってことで、まだ作者も手探り状態だったのかもしれません。
この辺りになると、それぞれのキャラの内面やら何やら、だいぶ深みが増して来ているようです。
登場人物たちのやってることの中味は大して変わっちゃいませんが、それを伝える側の熟練度がアップしたのかなって感じました。
って、ずいぶん偉そうなこと書いてるな、自分。
HAHAHA・・・笑ってごまかせ。
 
 
好きなのは・・・
オールドブラッドの悲哀を感じさせる「ネズミたちの夜」
それと、「外よりきたる牙」
どっちも、すっとぼけ吸血鬼ジローさんの別の一面を垣間見ることができて良かったです。
ジローさんとキリマの間に、過去、どんなことがあったのかも興味津々。
 
 
それからゲーム好きな自分にはたまらないのが「特区の少年王」
セイが持って来たゲームってポケモンみたいなヤツですかね。
(っていうか、自分はポケモンやったこと無いんですが)
ゲームに熱中するあまり渦潮出しちゃうセイが可愛すぎます。

そして、デジタル機器全般苦手なくせに、いらんところで秘めた才能を発揮してしまったジローさんの間の悪さに脱帽。
おまけに、本人、まるで立場が分かってないし。
苦労するね、ミミちゃん・・・
 
 
締めは、ぐっと趣を変えて「古城の一夜」
エキセントリックなカーサ姉御の心情が、少し見えて来たような。
カーサにとって、アリスはすごく大切な存在なのね。
それをジローさんに取られたような格好になっちゃったから・・・

カーサ姉御の胸の内がこの後どんなふうに変化して行き、3人の関係がどうしてあのようなカタチになったのか、すごく気になります。

ここで話しが過去に飛んだので、次は過去話の第4巻を読んでみましょうかね。
 
 
 
 
その他の読書感想文の一覧はこちらからどうぞ
 

DEATH NOTE 第21話「活躍」

エルにそそのかされたミサミサは、ヨツバとの接触を開始。
ミサの付き添い役に抜擢されたのはモッチー。体育会系元気印マネージャーという設定。
そーいえば、前マネージャー松田は死んだことになってるんでしたね。
タレントの売り込みにマネージャーが付いて来ないのも不自然だし、人手不足だから仕方ないとはいえ、モッチーも気の毒。

一方、第3のキラ・火口は、死神も呆れるほどの人でなしだったことが判明。
デスノートの持ち主は、ヨツバのメンバーの中でも、ずいぶんとまぁ、小物な印象です。
なんでまた、こんなのにノート渡したんだか。
あえて一番しょーもないヤツに渡したのかしらね???
それもライトの指示?
自分の代役があんまり切れ者だったら、ノート取り返すのが大変そうだもん。

このままではミサの身に危険が及ぶと察したレムは、デスノートの切れ端を使って自分の姿をミサに見せ、事情を説明。
ライトがキラであること
ミサが第2のキラであること
そして、ライトを愛しているのなら、ライトの指示に従うように
・・・と、伝える。

しっかし、いきなり目の前に化け物が現れて、そんなこと言われて、素直に納得しちゃうミサは、やっぱり並の根性の持ち主じゃない。
拘束されて尋問受けてたときも、口を割らずに頑張ってたしなぁ。
(そんなミサの一途な想いが報われることは、一生無い気がするが)
こんなスゴい事実を自分だけが知ってるって思ったら、アタシならビビるか、黙ってられなくてペラペラしゃべっちゃうか・・・少なくとも、ミサのように普通には振る舞えないな。

そして、恋する乙女・ミサは、ライトのために今日も突っ走る。
エルは「単独行動は厳禁!」って言ってたのにねぇ。
まったく、松田といい、ミサといい・・・

でも、火口のスケベ心につけ込んで、火口がキラである証拠となる会話をばっちり録音しちゃったその手腕は、おそらく松田より上。

ミサミサ、大手柄〜〜〜!
と、言いたいところだけれど、以前のキラと今のキラが別人くさいことは、なんとなく勘づいてる捜査陣・・・というかエルとライト。
このまま火口をしょっぴいたところで、根本的な事件解決にはならないことは承知してるよね。

どうも、エルはレムと接触して以降のミサの様子の変化に気付いたようで。
まぁ、なんで火口に罠かけたのか?って突っ込まれたら、答えに困っちゃうもんね。
偶然だしぃ・・・って言ったところで、エルは見逃しちゃくれなさそうだ。
名探偵の名探偵たるゆえんは、単に頭が切れるだけじゃなくて、こういう観察力の鋭さにもあるのよね。
さすが、エル。

ライトはライトで、以前のキラと現在のキラの行動を分析し、以前のキラの思考パターンが自分に似ていることに気付いちまってるし。
ライトの推理の結果、「自分がキラである」という結論に辿り着くのも、面白いかも知んない。
そこでどういう行動をとるのかも興味深いところだな。
デスノートを取り戻した瞬間、記憶が戻って、頓挫していた計画を再開するんだろうか?
そもそも、デスノートを使って「裁き」と言う名の人殺しをしていた自分を、ライトに許せるのか否か。

原作を読んでいないため、この先ストーリーがどう転がって行くのか知らないもんだから、いろいろ想像して勝手に楽しんでます。
 
 
 
 第22話 「誘導」へ進む
 
 アニメ「DEATH NOTE」の感想 目次
 

風来のシレンDS またたび日記 :試練 その15

前回の失敗をふまえ、おにぎりはじゅうぶんに持ってテーブルマウンテンに挑むことにする。
HP回復は工夫次第でどうにかなりそうだが、ハラヘリはどうにもならん。

今回もまた、武器をある程度鍛えてから進む。
しばし行ったり来たり。
カタナ+12になったところで、いいかげん先に進むことにした。
メッキもしてある。
盾の方は「地の恵みの巻物」がなかなか出てくれなくてイマイチ強化しきれていないが、まぁ、いいや。
 
 
こばみ谷からテーブルマウンテンにかけて、とにかくイヤぁなモンスターがたくさん居るが、今んとこ、オイラにとって最悪なのは
 踊るポリゴンのハラヘリー 
 スーパーゲイズの催眠術
 みの仙人の変な呪文
この3つだ。

ハラへリーは言わずもがな。
前回のまたたび日記を読んでくれた人なら、その気持ち、お分かりいただけよう。
おにぎりが乏しくなって来た時にコレをやられると、死活問題だ。

催眠術も、とにかく困る。
装備品外してみたり、温存していた貴重な巻物を使っちゃったり、用も無いのに背中の壺を押しまくってみたり・・・
複数の敵に囲まれた時にコレを喰らうと最悪。
カンベンしてくれ、だ。

変な呪文は、最初は何が起こってるんだか分からなくて焦りまくった。
とにかく回復しながら歩き回ってればそのうち正常に戻るんだが、HPが猛烈な勢いで減っていくのは心臓に悪い。

こいつらは、「できれば会いたくない嫌なモンスター御三家」と呼ぶことにした。
 
 
今回も順調に仲間たちは力尽きて戦線離脱。
地下水脈の村に辿り着いた時には、やっぱり独りぼっちになっていた。
もういい。あいつらはアテにしない。
だいたい、大して強くもないくせに単独行動するのがイカンのだ。
そうやってフラフラと1人で歩いているうちにモンスターに倒されて、そのせいでモンスターがレベルアップしてしまって、けっきょくオイラが酷い目に遭うのだ。
いいんだ。いっそのこと、1人の方が。(ちょっと泣いてる)
 
 
地下水脈の村から先は、適当に端折りながら進んで行った。
だいぶ消耗して来ているし、アイテムはあんまり落ちてないし、敵は強いし・・・
戦わないとレベルが上がらないのも気になるが、今回は少しでも先に進もうと思ったのだ。

そんなわけで、出口を見つけ次第サッサと移動して夢幻幽谷に到着。
ふぅ、やっとここまで来たか。

夢幻幽谷に辿り着いたのは何度めだ?
今までは、ここに足を踏み入れたとたん力尽きていたんだが、今度こそ突破できるか?

どうにか頑張って進んで行くと、オイラの前にクロムアーマーという初めてお目にかかるモンスターが現れた。

いつものように戦っていると・・・なんか、おかしい???

だーーーッ!?

カタナが、盾が、吹っ飛ばされてるっ!!!

素手でブン殴ったり杖を使ったり巻物を使ったりして、どうにか撃退。
カタナと盾はすぐ近くに落ちていたので、慌てて拾って装備した。
ったく、なんてことしやがる。

しばらく進んで行くと、またクロムアーマーが出た。
また、カタナと盾が吹っ飛ばされた。
またしても素手でブン殴ったり杖を使ったり巻物を使ったりしてどうにか撃退。

しかーし!
カタナが無い。盾も無い。
どこにも落ちていない。
カタナが遠くに消えていったって、なんか、そんな意味合いのメッセージを見たような気もする。

嘘だろ。
ここまで大事に大事に鍛えて来たオイラのカタナ+14(メッキ済み)・・・

返せーーーっ!!!

オイラの絶叫が幽谷にこだまする。

ここまで来て丸腰にされたオイラに、いったい何ができよう?
スペアの剣なんて持ってねーよ、もちろん。

半泣きどころか大泣き状態でトボトボと歩いていたオイラの前に、死神が立ちふさがる。
そうして、死神に思いっきりステータス異常にされたあげくゲシッとブン殴られ、なす術も無く力尽きたオイラ。
神さま、仏さま、あんまりです・・・
 
 
先ほどの御三家、みの仙人の代わりに死神を入れて、さらにクロムアーマーを加え

「できれば会いたくない嫌なモンスター四天王」

と、呼ぶことにする。
 
 
戦績:
 Lv.25              経験値 17699
 HP 123           力   10/10
 所持金 4844ギタン  スコア 381915
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「風来のシレン DS 」プレイ日記の目次
 
 

DEATH NOTE 第20話「姑息」

前回、みんなに迷惑かけた松田のドタバタ劇のせいでめっきり印象の薄い、ドロボーのお姉さんの実にさりげない活躍により、ヨツバの会議室に盗聴器&カメラを設置することに成功。
問題の定例会議の内容は、キラ捜査チームに筒抜け状態になりました。

そこで交わされていた会話から、ヨツバグループとキラに関わりがあることは掴めたものの、この中の誰がキラなのか、あるいは会議に参加しているメンバーの他にキラがいて彼らを利用しているのか、そのへんのところは判断できず動くことができないキラ捜査チーム。

ここで、エルと他のメンバーの間で意見が対立。

この会議に参加している7名(前回、抜けたいと口走った1名は消されたようだ)を逮捕し、とりあえずヨツバグループによる殺人を止めたいと主張するライト父。
警察官(今は無職なんだっけ?)の立場にしてみれば、今まさに行われようとしている殺人に目をつぶることはできないよね。

一方、あくまでキラを捕まえることが目的と考えるエル。
エルが、キラ本人を捕えなければ殺人は止められないと考えるのはきわめて合理的。そのためなら、多少の犠牲はやむなし、と、考えるのも分からないじゃない。
でも、それって、デスノート使って世直ししようとしていたライト=キラの思考パターンと同じでないの?
最終目標を達成させるためには手段を選ばず・・・っていう。
やっぱ、似たものどうしか。

で、ライトはどっちに付くのかと思えば、もちろん、パパ。
今のライト君は不自然なほど正義感の塊ですから。

一気に険悪ムード漂う捜査チームだけれど、ここでライトはその冴え渡る頭脳でもって名案を思い付く。
今まさに会議中のメンバーのうち、最もキラでない確率が高く、なおかつ発言権もありそうな人物とコンタクトを取るというもの。
読みが当たれば殺人の決行を遅らせることもできるし、上手くいけば、今後その人物から情報を引き出せるかもしれない、と。(ここでまた、1人だけ推理を外して松田が無能っぷりをさらしてみたり)

そして、その作戦は、まんまと大成功。

その状況を目の当たりにしたエルは、「自分が死んだらライト君にエルの名を引き継いで欲しい」などととんでもないことを言い出す。
しかも、その本心は未だにライトをキラだと疑っているからで、ライトがキラであればその申し出を受け入れるだろうと予測していたからだと言うもんだから、ライト君ブチ切れ。

確かにねぇ・・・
ヨツバの件が片付いた時に、デスノートがライトの手に戻ってくる可能性は無きにしも非ず。
その時にライトがエルの座に納まっていたら、他の連中を適当に言いくるめるのなんてライトには容易いだろうから、後はまた好き放題にできるよね。
問題はエルの存在。
それまでにエルを消さないと、この作戦は上手くいかないよねぇ。
しかも、自分の手で消すのではなく、他の誰かに消させる必要があるわけだし。
そんな不確実な作戦をライトが立てるかな?

とにかく、今は正義の味方なライト君は、あくまで疑ってかかるエルに激しくご立腹。
とはいうものの、ライトとエルは手錠で繋がれた仲なので別行動をとるわけにもいかず・・・

ミサミサをけしかけてヨツバとの接触を図ろうと企むエルに、ここでもライトは大反対。
でも、当の本人のミサミサはやる気満々。
たぶん、それ、ライトが反対したから、俄然やる気出しちゃったんだし。
エルとも意気投合しちゃって、何だか奇妙なトライアングルが完成。
いや、まったくかみ合ってないよ、この3人。大丈夫かいな?

ところで、どうも最近、エルが普通の人に見えて来た。
変人は変人なんだけどね。
最初に出てきた頃の、異様なカリスマ性と切れまくりの頭脳を持った稀代の名探偵・・・っていう、もう別次元の存在みたいなイメージが崩れてる。
ミサミサや捜査チームの面々とのやり取りや、捜査が行き詰まったらクサってみたりとか、そのあたりから人間味が感じられるようになってきたんだよね。
それはそれで、とても良いことだと思うよ、ウン。
 
  
 
 第21話 「活躍」へ進む
 
 アニメ「DEATH NOTE」の感想 目次
 
 

妖奇士 終了???

妖奇士が終わってしまうみたいだ。
時間枠を変更して続行するのかどうかは不明。

前から「時間枠間違ってるよー」と書き続けていたけど、やっぱりダメだったのかなぁ、視聴率。
内容は面白いんだけどねぇ?

原作を読んでいない立場から言わせてもらうと、中途半端なところで切られるのが一番困る。
奇士たちのバックボーンが(元閥さんを除いて)一通り語られ、他にもいろいろ気になる勢力が顔を揃えて、「さぁ、これから!」ってあたりなんじゃ?

また、BBBみたいに、「アニメが中途半端で、気持ち悪くてしょうがないから原作買いに走るーーー!」って羽目に陥るのはイヤだなぁ。

後番組は「地球へ・・・」だそうで。
原作、バリバリ読んでますよ。
劇場版アニメも見てます。
若い子たちは知らないかもしれないけど、面白いですよ、間違いなく。

ただ、今、アレをやって受け入れられるのかどうかは、ちょっとギモンなんだが・・・
陳腐なカンジにならないかなぁ???

すごく好きなハナシだけに、期待と不安が半々といったところ。

世界樹の迷宮 攻略日記 #3

執政院に最初のミッションの報告をしたら、新たなミッションが発生するのかと思ったらそうでもないし。
そこで、とりあえず金鹿の酒場でクエストを受けることにしました。
どれから先に片付けたらいいのか分からないので、3ついっぺんに引き受けるチームみけねこ。
だいじょうぶなのか?

一番目の「皮職人の頼みごと」は柔らかい皮を7枚入手して来いとのこと。
柔らかい皮なら、モグラとかネズミとかが落としたはずだ。楽勝だ、たぶん。

二番めの「忘れ難きあの味をもう一度」は、じいさんが若い頃に飲んだ不思議な水をもう一度飲みたいと言ってるのだそうな。
そういえば、樹海にわき水があったな。あれだ、たぶん。

三番めの「シリカ商店からの依頼1」はシリカ商店で詳細を聞く。
ハンドアックスの材料を集めて欲しいとのこと。
その材料とは、丈夫な木片5個と硬質の殻5個
硬質の殻ははさみカブトが落とした。丈夫な木片は覚えが無いが・・・まぁ、行きゃぁなんとかなるだろ。

・・・と、実に軽いノリで樹海に出発。

メンバーは同じ。
レンジャー、パラディン、ダークハンター、メディック、アルケミスト。
レンジャーに「伐採」を覚えさせておきました。

レベルがじゅうぶんに上がっているので、もはやこの辺の雑魚にはびくともしませんよ。
伐採ポイントでレンジャーに伐採させてみたら「苦ヨモギ」とかいうアイテムを入手。1日に採れる量が決まっているようだ。

チャッチャと敵を蹴散らしながら進んで行って、わき水ゲット。(マップ右下の隅っこ)
まずは、楽勝。

しかーし!
柔らかい皮が・・・
モグラもネズミも、なかなか落としてくれないんだな。
どういうワケか、チョウばっか出るし。
もう、小さな花はいらないってば。

あぁ、こんなことなら、さっき売り払うんじゃなかった。
皮なんて、ものすごくいっぱい持ってたのに全部売っちゃったよ。
売ってなければ、速攻でクエスト終了だったのに。

けっきょく早朝5時から深夜2時まで歩き回って、ようやく7枚入手。

もー、やってらんねー、こんな仕事。

レベルは少し上がったけどね。少しだけ。

 パラディンにフロントガードとバックガード
 レンジャーにトリックステップとファストステップ
 ダークハンターに鞭マスタリー→アナコンダ
 アルケミストにTPブーストLv.2と炎マスタリーLv.2

・・・を、それぞれ習得させておきました。

「丈夫な木片」というのが見つからなかったので、あきらめて町に戻り、2件のクエスト終了のご報告。
報酬もらったけど・・・苦労した割にはしょぼい報酬でした。

あぁ、やってらんねー、こんな仕事。

大量に入手した「小さな花」をシリカ商店に売り払ったら「フラワーネックレス」が購入可能に。ケフト施薬院では「メディカII」が購入可能になった模様。

さて、未消化のクエストと新たに発生したクエストはとりあえず放っておいて、次回は次の階層に進んじゃおうかしらね。
そうだ、そうしよう。
  
 
 
 次の日記に進む
 
 「世界樹の迷宮 」攻略日記の目次
 
 

風来のシレンDS またたび日記 :試練 その14

奇岩谷までは難なく辿り着けるようになったんだけどなー。
その先がなー。
地下水脈の村まで辿り着ければ御の字。
辿り着いたところで、既にその時点で消耗しきってるし。
いつになったら太陽の大地を拝めるんだか・・・はぁ、なんか、虚しくなって来た。
いかん、いかん、こんなことでは。
うっしゃ、気合い入れ直して、行ってみよう。

いつのまにか渓流の宿場にいる車屋が、山頂の町まで運んでくれるようになっていた。
うーん、地下水脈の村に到達したあたりからかな?
今まで気付かなかったよ。

とはいうものの、レベル1でいきなり山頂の村で降ろされても困ったことになると思うんで、やっぱり竹林の村まで運んでもらうのがせいぜいだな。


山頂の町へ行くと、飛脚と情報屋が「怪しいバンジージャンプ」についてウワサしていた。
あからさまに怪しそうなヤツが二面地蔵でバンジージャンプを始めたらしくって、既に10人も失敗・・・って、オイ、バンジーで失敗したら死んでんじゃないのかっ?

あぁ、それなのにペケジの阿呆は「面白そう」とか言ってやがる。「一緒にバンジーしよう」とか言ってやがる。

オイラはやらないからな。ぜったいにっ!
やるなら、オマエ1人でやれ。


そうそう、料理屋ではタダで飯を食わせてくれるようになった。
これまでさんざん世話してやったんだ。これくらい当然。
料理は毎回違うものが出てきて、その効果もいろいろ。
旅の楽しみが増えたな。


ところで、今回の冒険ではおにぎりがちっとも出ないのだ。
そのへんにも落ちてないし、店でも売ってない。
いったい、どういうわけだ?
宿屋や料理屋を活用しておにぎりを節約しながら、奇岩谷までは辿り着いた。
問題はこの先だ。
足りるのか、おにぎり。小さいのがあと3個しか無いぞ?

しばし悩んだあと、この先で拾うことに期待しつつ、先に進む決心を固めたオイラ。
勇気があるというよりは、無謀という方がふさわしい行為だろう。

お竜とケチは、またしてもテーブルマウンテンに入った直後のフロアで戦線離脱。

んで、おにぎりが残り少ないってのに、ハラへリーの呪文でガンガンにハラヘリ状態にされて大泣き。
もちろん、おにぎりなんて1つも落ちてやしない。

オイラがハラペコで泣いてる間にペケジも力尽きた。

あぁ、もうダメだ。限界だ。
頼む、誰かオイラに食料を・・・ぐぁぁぁ、死ぬぅ・・・

けっきょく、腹ぺこで倒れたオイラ。
悲しすぎる・・・(涙)



戦績:
 Lv.25         経験値 18255
 HP 138        力   12/12
 所持金 11647ギタン  スコア 382224
 
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「風来のシレン DS 」プレイ日記の目次
 
 

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

その他のハード

ちょっと気になる