« DEATH NOTE 第17話「執行」 | トップページ | DEATH NOTE 第18話「仲間」 »

風来のシレンDS またたび日記 :試練 その11

久々に、フェイの問題に挑戦。
NO.28、29、30、31、32、33、34をクリア。
詳細は、いつものように別紙参照。

竹林の村でどうたぬきを売っていた。
カタナもいいが、どうたぬきもいいな・・・
ってことで、これを購入し、前回の冒険であれだけいっしょうけんめい鍛えたカタナを放っといて、どうたぬきを鍛えることにしたオイラ。
(冒険は計画的に)

渓谷の宿場と山頂の町を何往復かして、どうたぬき+6まで鍛え上げ、途中で拾ったメッキの巻物でメッキも施しておいた。

山頂の町のガイバラ宅で、壺が買えるようになっていた。
合成の壺は、高くて買えん!
ガイバラから合成の壺の正しい使い方も聞いておいた。

ナオキにはローンを払っておいたが、残額は・・・9097G。
ぜんぜんダメじゃん。
武器を鍛えるのに金をつぎ込んでるから、ローンの返済まで回らないのねー。
だいたい、なんでオイラが・・・ブツブツ。

ここに来るまでの間に、3人の仲間と合流。

天馬峠では、ガイバラの三番弟子だというボウズに会った。
壺識別の修行中らしい。
識別の巻物でもぶん投げてやればなんとかなりそうな気がするんだけど、あいにくオイラは持っていなかった。
また今度会ったら、な。

4人揃ってネブリ山へ向かったんだが、お竜さんが早々に撃沈。

おはらいの呪文が覚えられないと嘆くジジイに再び遭遇。
今回は「おはらいの巻物」を持っていたので投げつけてやった。
どうやら、これで「おはらいの呪文」を覚えたらしい。
次に逢った時に呪われていたら、おはらいをしてくれるのだろう、たぶん。

そういえば・・・
ペケジが「おにぎりを寄越せ」と言わなくなった。
一緒に旅してくれる仲間たちは、心無しかレベルアップしている気がする。
最初のうちは山間渓流あたりでも死にそうになっていたくせに、ネブリ山のモンスターを1撃で殴り倒しているペケジが居る。
コイツらは途中で倒れてもレベル1に戻されないのか?
オイラは毎回リセットされてんのに。

いったん奇岩谷に辿り着いたんだけれど、金がけっこう貯まっていたので、そうだ、ナオキに借金払おう!と思い、山頂の町に戻ることにした。
しかーし!
ネブリ山でモンスターハウスにハマり、入った途端に眠ってしまってジ・エンド。

だーーーっ!余計なことするんじゃなかった。
どうたぬき+6ロスト。くそぅ。
 
 
次の冒険も、またネブリ山でモンスターハウス・・・
お竜、ケチ、ペケジが相次いで討ち倒され、やたらめったらレベルアップしたなんとかってモンスターにゴツンとブン殴られてオイラも撃沈。
 
 
そして、次の冒険も・・・途中までは調子良かった。

合成の壺を買うために、渓谷の宿場と奇岩谷を何度か行ったり来たりして金を稼いだ。
ようやく手に入れた合成の壺を使って武器を合成。
地道に鍛え上げたカタナ+14をベースにして成仏の鎌、斬空剣、三日月刀、ドレインバスターを合成してみた。
特殊能力付きの剣は、これまでの冒険で拾い集め、チマチマと倉庫に貯め込んでおいたものだ。
このカタナは倉庫に預けておいて、折りをみてもうしばらく鍛えて行くことにした。

金を稼いだついでに、ナオキにも金を支払い、ローンはだいぶ減った。

めずらしく4人揃ってテーブルマウンテンに入ることもできた。
そう、ここまでは順調だった。
しかーし!
テーブルマウンテンの最初のフロアでお竜とケチが倒れ、次のフロアがあろう事かモンスターハウス・・・
 
3回連続でモンスターハウスに散ったオイラ・・・運が悪いとしか言いようが無いのでは。
 
 
いちおう戦績:(モンスターハウスに散った3回めの記録)
   Lv.21          経験値 7314
   HP 113        力   11/11
   所持金 7634ギタン   スコア 303905
 
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「風来のシレン DS 」プレイ日記の目次
 
 

« DEATH NOTE 第17話「執行」 | トップページ | DEATH NOTE 第18話「仲間」 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる