« BLACK BLOOD BROTHERS 第12話 | トップページ | BLACK BLOOD BROTHERS 関連記事一覧 »

風来のシレンDS またたび日記 :試練 その9

杉並の旧街道でナオキに会った。
前に、マムルの肉を調達してやった男だ。
山頂の町の料理屋に仕事に行くところだと言うので、一緒に行ってやることにした。
その後、ケチ、ペケジと合流。

お竜さんとは天馬峠で再会できた。
5人でゾロゾロと歩くのは、なかなか骨が折れる。
だいたい、みんなすぐに何処かに消える。
お竜さんやケチははぐれても大丈夫そうだが、ペケジは困る。
何処かで腹を空かせて動けなくなってたりすると、探すのが面倒だ。
だいたい、ペケジがおにぎり食いまくるもんで、オイラが腹ぺこで死にそうなのだ。
カンベンしてくれ。

そして、山頂の森林で腹ぺこのペケジを置き去りにして来た。
座り込んでる場所は分かっていたが、おにぎりは既に食い尽くされ、1個も残っていなかったのだ。
冷たいようだが、仕方ない。
ゆるせ、ペケジ。
オイラだって、死にそうに腹が減っているんだから。

う〜ん、ペケジと一緒に旅するには、おにぎりを大量に仕入れておかないといかんな。

ナオキは無事に山頂の町まで連れて行くことが出来た。

ガイバラ宅に立ち寄ると、ちょうど「割れない壺」が完成したところだった。
やっぱり今回も気に入らないらしい。
ところが、いつものようにぶん投げて割ろうとしたのに、「割れない壺」だけあって本当に割れない。
イラついたガイバラはオイラの壺をひったくって・・・

コラーーーっ、割るなーーーっ!

ふぅ・・・どうにか思いとどまった。
危ない、危ない。
弟切草を目一杯詰め込んだ保存の壺を割られたらシャレにならないぜ。
ここに来る時は、事前に壺を持ってないか確認した方がいいかもな。

ついでに、マズい料理屋にも寄ってみた。
すると、ナオキが飛び出してくる。
なんだ、仕事ってのはこっちの料理屋か。
多額の金と引き換えに料理を作りに来たんだけど、金が足りないとか言ってモメている。

言っておくが、オイラは金持ってないからな。

「料理が作れないなら、せめてアドバイスだけでも」と、食い下がるマズい料理屋の主人。
「金にならない仕事はやらねぇ」と、突っぱねるナオキの提示した金額は1万ギタン。

だから、オイラは金持ってねーぞ、763Gしか・・・

あぁ、ヨメが・・・ばーさんが・・・期待のこもった目でオイラを見ている。
分かったよ。
乗りかかった船だ。オイラが払ってやる。

でも、ローンにして。

というわけで、なんでこんなことになったのか分からないが、このマズい料理屋のために、オイラがナオキに1万ギタンもの大金を払うことになってしまった。
あぁ、ここでも借金を背負うのか、オイラは・・・
 
 
その後、天馬峠は順調に通過。
ペケジが居ないと楽だねぇ。

しかし、山霊の洞窟で1人はぐれてしまったケチが倒れる。
フト気付くと、持ち物は背中の壺だらけだ。
もう背中の壺はいいから、おにぎり下さい。
腹ぺこで倒れそうdeath。
いつの間にか、カタナは呪われてるし・・・
それでも、どうにか奇岩谷に到着。

瀑布湿原にて天の恵みの巻物を拾ったんで使ってみると、カタナがレベルアップすると同時に呪いも解けたみたいだ。助かったー。

が、ホッとしたのもつかの間、テーブルマウンテンに一歩足を踏み入れたところで、チェインヘッドにガツンガツン叩かれて力尽きてしまった。

こんなオイラに、太陽の大地に辿り着ける日が来るんだろうか?
 
 
 戦績:
  Lv.16      経験値 3069
  HP 88     力   9/9
  所持金 3252ギタン   スコア 253761
 

 
 
 次の日記に進む
 
 「風来のシレン DS 」プレイ日記の目次
 
 

« BLACK BLOOD BROTHERS 第12話 | トップページ | BLACK BLOOD BROTHERS 関連記事一覧 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる