« 風来のシレンDS またたび日記 :序章 | トップページ | 風来のシレンDS またたび日記 :試練 その2 »

風来のシレンDS またたび日記 :試練 その1

[杉並の旧街道]

渓谷の宿場を出ると、そこは杉並の旧街道。
宿場に来る途中で出会ったのと同じようなモンスターばかりが出る。

みんなテーブルマウンテンを目指しているのかどうかは知らないが、けっこう人がウロウロしている。
話しかけると、それなりに情報をくれたりする。

その中に、マムルの肉を捕りに来たという料理人がいた。
自分では上手くいかなかったようで、オイラに「ブフーの杖」をくれた。
これを使ってマムルの肉を捕って来いってことらしいが・・・

はて、「投げて使え」とは?

杖の使い方もロクに分かってないオイラに頼む料理人は無茶だと思うが、何も考えずに引き受ける自分もどうかと思う。

なにはともあれ、マムルが居ないことにはどうにもならないワケで。
しばらく、マムルを探してウロウロしていたけれど、見つからなくて諦めてしまった。
料理人にも再会できずに、山間渓流に移動。
けっきょく、ブフーの杖をちょろまかして来たことになってしまったような・・・?
ま、いいか。
 
 
[山間渓流]

敵の顔ぶれが変わって、少し手強くなって来た。
1匹ならなんとかなるが、2匹、3匹と寄ってくると、かなり危険だ。
相棒のコッパも少しは働いてくれても良さそうなもんだが、そばに引っ付いてるだけで何もしやしない。
たまに犬のしゃべってることを通訳してくれるくらいだ。
相棒が死にそうになってんだ。オマエも働け!
・・・ダメか。

孤軍奮闘して、どうにか山間渓流を突破。
普通ならマップは隅から隅まで回るのが趣味なんだが、今回はヤバそうだったので出口を見つけ次第とっとと通過して来てしまった。
 
 
[竹林の村]

竹林の村に到着。
ここまでに入手したアイテムは
青銅甲の盾、金の盾、場所がえの杖、ふきとばしの杖、その他巻物、回復系アイテム多数。

この村には店があるけれど、アイテムは十分に持ってたし、金もあんまり無かったんで寄らなかった。
鍛冶屋もあったけど、ここも金が無いからパス。
ま、鍛えたいような武器も無いしな。
そのへんに居る人たちから情報収集だけして、出発。
 
 
[天馬峠]

モンスターの顔ぶれが、さらに変わる。
いつまでも「こん棒」だけで太刀打ちできるワケないと思うんだけど、他に落ちてないんだからしょうがない。
あー、どっかに、強そうな武器、落ちてないかな。

竹林の村でも聞いていたけど、鬼面武者ってのはずいぶんと厄介なモンスターだ。
倒しても亡霊になってウロウロしている。
ウロウロしているだけならまだいいんだが、他のモンスターに乗り移ってご丁寧にもパワーアップしてくれるんだな。

時々、どこかで何かが何かにレベルアップしたという情報が入るんだが、おっそろしくて仕方ない。

そんなレベルアップしたモンスターになんて会わずにスルーしたいぜ・・・と、思いつつ歩き回っていたら、どうやらレベルアップしたらしい「妖怪おにぎり親方」に遭遇してしまった。

げーーーっ、なんだ、これっ!

フト気付いたら、オイラはおにぎりになっていた。
もう、どうすることもできない。
ぎゃーっ、死ぬーーーっ!!!

おにぎり姿のまま、力尽きたオイラ。
情けない。

と、いうわけで、第一の冒険は天馬峠で終いとなった。

戦績:
 Lv.8         経験値 354
 HP 56        力   8/8
 所持金 0ギタン   スコア 104,163

一文無しなのは、途中で出会ったモンスターに盗まれたせいだ。
むーーーっ!( #` ¬´#)
こばみ谷とは、ずいぶんと恐ろしい場所のようだ。前途多難。
  
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「風来のシレン DS 」プレイ日記の目次
 
 

« 風来のシレンDS またたび日記 :序章 | トップページ | 風来のシレンDS またたび日記 :試練 その2 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる