« エースコンバットX Skies of Deception 攻略日記#1 | トップページ | エースコンバットX Skies of Deception 攻略日記#2 »

DEATH NOTE 第5話「駆引き」

まんまと尾行者の素性をつかんだライト君。
既に容疑者リストから外れているんだから、しばらく放っておいて様子を見れば良いものを・・・
わざわざ、そのレイ・ペンバーさんを利用して、日本に入っていた捜査官皆殺しって・・・

ライト、極悪人確定。

ライトのそもそもの目的は「この世から犯罪者を消してしまおう!」だったのに、自分がいちばんの悪人じゃん?
たしかに、死んでくれた方が世のためになるような悪いヤツだっているだろう。
正義感の強い少年がそれを実行できる力を手に入れたとしたら、そういう奴らを片っ端から抹殺したくなる気持ちも分からないじゃない。

でも、ライトの「正義」は、とても歪んでいる。

ライトのやろうとしていることは、いわゆる「恐怖政治」ってものでしょ。
最終的には、デスノートっていう圧倒的な力で人々を押さえつけて、その上に自分が君臨するっていうんだから。
古今東西の独裁者がやってることと同じ。
そして、独裁者の末路は・・・推して知るべし。

捜査本部の方は、すったもんだの末、メンバーがザックリ減ることに。
次回はこの少数精鋭・・・かどうかは分からないが、少なくとも正義感に燃えた命知らずの捜査官たちとエルがご対面する様子。

こうなってくると、ライトも今までのように父ちゃんのパソコンをアテにするわけにはいかなくなってくるな。
警察の情報がキラに漏れているとバレて、残っている捜査官の周囲の人間に疑いの目が向けられることになったら、これまでよりもずっと人数は絞られてくる。
まぁ、ライトはそんなヘマはしないだろうけど。

このあとライトがどうなっていくのか、原作を読んでいない私にはまったく不明なので、今のところエルと、亡くなられたレイ・ペンバーの婚約者さんに頑張っていただきたいと期待している。
それと、ライトがキラだったと知った時の父ちゃんの反応が心配。 
  
 
 
第6話 「綻び」へ進む
 
 アニメ「DEATH NOTE」の感想 目次
 
 

« エースコンバットX Skies of Deception 攻略日記#1 | トップページ | エースコンバットX Skies of Deception 攻略日記#2 »

アニメ感想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる