« 幻想水滸伝 II 攻略 [お料理レシピ関係] | トップページ | 大人の塗り絵 »

幻想水滸伝 II 攻略日記 #37 (2周め)

エンディングの中味については詳しく触れていませんが、エンディング分岐に関する記述や、エンディングを見た感想がありますので、未クリアの方はご注意下さい。
 
 
 
[ルルノイエ攻略〜エンディング]

いよいよ、最後のツメです。

ルルノイエに入ると、いきなりルシア戦。
この人、1ターンに何度も攻撃してきて、かなり手強いです。
全体攻撃3連発されて、あっけなく全滅してしまいました。
そりゃー、反則だろ。
6対1ってのも反則だけどな。

2回目は何故か全体攻撃をあまり使って来なかったため、サックリと勝てました。

城内では、怒りの封印球、霧のローブ、ゴールドレット、窓セット7等を入手。

城内はかなり広いし、ルートも入り組んでいて、全部回り切れたのかどうかよく分からないけど、この際アイテムの1つや2つ取り逃しても気にしなーい。
回復できるセーブポイントまで辿り着いたら、エンディングに向けてまっしぐらです。

ちなみに、今回の突入メンバーは
小僧、ビクトール、フリック、クライブ、そして何故か美青年騎士団コンビを押しのけてナルシーコンビのヴァンサンとシモーヌ・・・
シードとクルガン相手にナルシー攻撃したりして遊んでしまいました。

シードとクルガンを泣く泣く倒したら、いったん戻ってセーブ。

いよいよラスボス。
みんなで「もんしょう」を攻撃しつつ、ヴァンサンとシモーヌはナルシー攻撃。
回復係は小僧1人でオッケー。
2周めなんで、わりと余裕でした。
 
 
 
本拠地に戻ったら、2F広間前でセーブ。
ここからエンディングが分岐しますんで。

広間で大統領を引き受けると、第1のエンディング。
前回私が見たパターン。
2つに分かれた紋章は放ったらかしで、なんだか話しが中途半端なまま終わってしまいます。
 
 
 
大統領の職を断って広間を出ると第2、第3のエンディングに分岐。

ジョウイに逢うため、約束の場所に行きます。
でも、レオナさんがいなくなってしまっていて、パーティ編成ができません。
つまり、1人で行け、と。

目的地は天山の峠
ルルノイエからでも、キャロからでも行くことが出来ます。
(ルルノイエからだと南東、キャロからだと北西

山道をズンズン進んで行くと、遠い昔に追っ手から逃れるために2人で飛び込んだ崖に到着。
ジョウイが待ってます。

んでさー、なんで一騎打ちしなきゃならんのー?
もう、キミと戦う意味なんて無いでしょー。

ジョウイと戦う気になんぞ、これっぽちもならないんで、ひたすら防御。
頼むから、捨て身とか使ってくんなよ。勝手にカウンターしちゃうから。
と、祈りつつ、とにかく防御。
だんだんこっちの体力が減って来て、このままこっちが倒れちゃったらどうなるのよーーー?などと、さすがに少し不安になりかけたところで、ようやくジョウイは攻撃を止めてくれました。

この一騎打ちで、エンディングが分岐します。
戦ってジョウイを倒してしまった場合は、第2のエンディング。
また、108星が揃っていない場合は、たとえ戦わずに防御し続けてもこのパターンになります。

108星が揃っている状態で、ジョウイと戦わずに防御し続け、ジョウイの持つ紋章を引き受けずに断り続けていると、第3のエンディングへ。
キバ将軍は戦死していても大丈夫ですし、リドリーと息子のボリスが置き換わっていてもオッケー。ただし、ナナミ救出に成功していないとダメ。

たぶん、第3のパターンがベストエンディングなんでしょうけど、私は第2のパターンの方が好き。
第3のパターンだと、どうも都合良過ぎな気がして。
このパターンだと、ジョウイに対してあんまりいい印象を持てないんですよね。
さんざん引っ掻き回しておいて、自分はどこかで幸せに暮らすのかい?ってカンジで。
そりゃぁ、まぁ、重荷は背負うことになるんでしょうが。
 
 
なんつーか、このハナシ、ジョウイがお馬鹿さんなのが諸悪の根源な気がします。
(ジョウイ好きな方、ごめんなさいねー)
そんなに思い詰めて1人で突っ走る前に、ちゃんと2人で相談すれば良かったじゃないの。
キミたち、親友なんでしょ?
まさか、小僧があんな形で出てくるとは思ってなかったのかもしれないけど、小僧も自分と同等の力を持つ紋章を持ってるんだから、いずれ対立することになるって気付いても良さそうなもんだ。
それとも、それもひっくるめて全部受け止める覚悟だったのか。
だったら、後になって「手を引け」って言ったところで無駄なのは分かりそーなもんだが。

2人で力を合わせてルカを倒し、平和な国になるよう頑張る!というふうに考えられなかったのは、ジョウイの性格に寄るところが大きいのでしょう。
もしかしたら、始まりの紋章が剣と盾の2つに分かれているように、それを宿した人間も道を分つ運命を負ってしまっていたのかもしれないですね。

紋章の持つ力と、ジョウイの自分1人で背負い込んでしまいがちで、思い込みの激しい性格が、まんまと噛み合ってしまったせいで、これだけの事態を引き起したってことですかね。

また、そういうジョウイだからこそ、黒き刃の紋章が彼を選んだのだとも言えるな。

とにかく、全てのエンディングを見ることが出来たので、これにて幻想水滸伝2の攻略は終了です。

あぁ、ずいぶん時間掛かったなぁ。
しばらく中断してたし。
長々とお付き合い下さった方々、どうもありがとうございました。
 
 
 
 
 「幻想水滸伝 II 」プレイ日記の目次
 
 

« 幻想水滸伝 II 攻略 [お料理レシピ関係] | トップページ | 大人の塗り絵 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる