« 幻想水滸伝 II 攻略日記 #23 | トップページ | どうぶつの森で和んでいます »

幻想水滸伝 II 攻略日記 #24

自分の部屋に行っても何も起こらなかったので、あちこちウロウロしてしまいました。
シュウの部屋(4F)に行くとイベント発生。
シュウとキバの会話が聞けます。

マチルダは降伏したとはいえ未だ不安定で、王国軍はマチルダに多数の兵をとどめているため、我々が攻め落とすのも難しい。
だから、王国軍の兵力を分断するために、キバには元ビクトールの砦に攻め込んで、要するに囮になって欲しいと。
あそこは本国に近いから、囮と分かっていても万が一のことを考えると、王国軍も兵を動かさずにはいられない。
その分、マチルダの方の兵力を減らすことができるんだね。
でも、レオン・シルバーバーグがそっちに向かうかもしれないし、ウチの主力はマチルダ攻めに集中させるから、キバの軍には勝ち目は無い。
ほとんど、死んでくれって言ってるようなものじゃん。
それをお願いせざるを得ないシュウの辛さと、その申し出を受け入れるキバ将軍の潔さにグッと来ました。
 
 
広間で決起し、翌朝、キバ将軍を見送ったら、また広間へ。
マチルダに展開する王国軍との全面衝突です。
敵の部隊が多くて泣きそうになりながら頑張っていると、さらにクルガンの隊まで追加。
もう、あかん・・・あ、バレリア隊が撃沈。
ま、いいや、怪我しただけみたいだから。
すると、こちらにも援軍現る。
それを見た王国軍はビビって撤退して行きました。
援軍?そんなの、いたっけ?
・・・と思ったら、バーバラさん以下、非戦闘員の皆様でした。
ホントに総力戦だったのね。戦闘能力無いとはいえ、十分に役立ってました。
っていうか、前作ではこういう人たちも戦争に参加してたよなー。

 
では、ロックアックス城に突撃します。
雌雄を決する重要な作戦なので、気合い入れて行きましょう、とのこと。
ナナミは無理矢理ついて来ます。
他のメンバーはビクトール、フリック、カミュー、ルック。最近、このメンバーばっかり。カミューとマイクロトフが時々入れ替わるだけ。
いいの、趣味だから。

我らが突入すると、キバ将軍戦死の知らせが・・・
キバ将軍、あなたの死は決して無駄にはいたしませんぞ。
っていうか、いいのかな、戦死しちゃって?
もしかして、既にバッドエンディングに向かって突っ走ってますか?
 
 
うぅぅ、何なんだ、このエンカウント率の高さは・・・
数歩移動するごとにエンカウントしてるんですけど。
後衛に置いてるルックは雑魚バトルではボーッと突っ立ってるだけですが、他の人たちがクソ強いので何の問題も無いです。
みんなでタコスフライ喰って、ホカホカ状態で城内を歩き回ってました。
パワーグローブ、大地の盾、炎のフルヘルム、しんくのマント、ドラゴン設計図4、白馬の設計図4などを入手。
レシピ36(ジンギスカン)を敵が落としました。王国兵の誰かだと思います。

セーブポイントから少し行った先で、追っ手を足止めするために他4名が抜けてしまい、ナナミと2人だけに。
心細いよう。
しばらく進むと、ジョウイ登場。

やっと、ジョウイが何をしたいのかが分かりましたよ。
この地にひとつの大きな国を打ち立てることが、争いを追放するただひとつの方法だとのたまうジョウイ。
いや、それは、ちょっと違う気が・・・
ジョウイはジョウストンで都市同盟のお偉いさんたちがモメているのを見て、そう確信したと言っています。
あれって、2人で王国軍キャンプに偵察に行った後だったよねぇ。
あそこから帰った後に決心したのだとしたら、ジョウイはどうやって王国軍にアタリをつけたんでしょうか?

・・・あぁ、そっか。
ジョウイが真の紋章を持ってることを知った王国軍サイドがジョウイを引き込もうとして、カゲを見張りに付けて帰し、その後、あの会議を見て心を決めたジョウイが王国軍側に行くことを伝えた・・・って考えれば辻褄合うな。

そんなこと言ってる場合ではなくて・・・
向かい合う小僧どもの前に現れたのは、騎士道精神を何処かに捨てて来たと見えるゴルドー。
小僧どもをいっぺんに倒せば、マチルダの天下だと?

えっ、あれっ?ひぇっ!ナナミがぁ〜〜〜っ!!!!!

姉ちゃんに、なんてことすんだ!とばかりに、ゴルドーに突撃。

久々に幼なじみ攻撃してみる。
雑魚一掃。
その後は小僧がせっせと回復しながら、ジョウイの紋章で攻撃。
なんてことなくゴルドーを倒す。

でも、ナナミが・・・
ホウアン先生の手当の甲斐無く、ナナミが・・・
姉ちゃん・・・(/□≦、)

っていうか、どうでもいいんですけど・・・

小僧がホカホカのままです。

おかげで、悲しいはずのシーンなのに、ちっとも悲しそうじゃありませんよ。

いったん自室に戻り、朝になったら広間へ。
王国軍はミューズから撤退し、今こそハイランドに攻め入るべきだ、と、シュウ兄さん。
そんな気分じゃないけど、ここは行くしないんだろな。
ハイランドへの進軍を了承して広間を出ると、パッタリ倒れる小僧。
 
再び動けるようになったら、4Fのシュウの部屋に近付くとイベント発生。
シュウ兄さんとアップルの会話を盗み聞きして、また自室に戻って寝る。
翌朝、広間でルルノイエに向けて出陣の号令です。

 
 
 次の日記に進む
 
 「幻想水滸伝 II 」プレイ日記の目次
 
 

« 幻想水滸伝 II 攻略日記 #23 | トップページ | どうぶつの森で和んでいます »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる