« 「ナ・バ・テア」 森博嗣 著 | トップページ | エースコンバット・ゼロTHE BELKAN WAR 攻略日記 #24 »

大神

買っちまっただぁ。
密かに気にはなりつつも、いくつか不安要素があって買おうかどうしようか迷っていたのですけど、思い余って(?)とうとう購入してしまいました。

さっそく1時間くらい、遊んでみました。
 
 
私が抱いていた不安要素の1つが、あの独特の絵柄。
版画のような絵柄で、日本昔話風テイストで、パッと見は好印象なんだけれど、あれがゲームになったらどうなんだろう?と、いささか心配でした。
でも、いざ始めてみたら、そんな不安は何処へやら。
すんなりと、「大神」の世界に馴染むことが出来ました。
実写と見紛うような精緻なCGに慣れ切っている眼には、新鮮に映ると同時に、なんだかホッとさせられます。
昔読んだ絵本の中に迷い込んでしまったようで、楽しいです。
 
 
操作キャラが人形(ひとがた)でないという点も、不安要素の1つでした。
それが杞憂でしかなかったことも、すぐに分かりました。
本当は偉い神様のはずなのに、ぼさーっとした犬にしか見えないアマテラスが可愛くって仕方ないです。
(イッスンって、どう考えても犬にくっ付いてる蚤だし)
 
 
操作性の面でも、特に問題は無さそうです。
このゲームのキモである「筆しらべ」は、しゅっと一閃を決めるはずが、グダグダな線を引いたりしてますけど・・・まぁ、慣れればなんとかなるでしょう、たぶん。

まだホンの少ししか遊んでいないのでこの先どう転ぶか分かりませんが、今のところ「買ってよかった!」と感じています。
諸般の事情により、本格的にプレイ開始できるのはしばらく先になります。
でも、他のゲーム全部後回しにして「大神」の世界にダイヴしたい気持でいっぱいです。

« 「ナ・バ・テア」 森博嗣 著 | トップページ | エースコンバット・ゼロTHE BELKAN WAR 攻略日記 #24 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる