« 進化するハード、進化しない私 | トップページ | 幻想水滸伝 II 攻略日記 #2 »

幻想水滸伝 II 攻略日記 #1

もちろん、「 I 」のグッドエンディングのクリアデータをコンバートして、開始。
 
 
最初の場面はどこぞの野営地。
少年兵ばかりのようです。
ジョウイに寝るかどうか聞かれましたが、寝ずにウロチョロ。
でも、特に何もありませんでした。

大人しく寝る。

すると、イベント発生。
都市同盟が休戦協定を破って攻めて来た!
ってことで、東の森を通って逃げろとのこと。
言われたとおりに逃げていくと、途中でジョウイが立ち止まる。
罠かもしれないから、戻って隊長に伝えよう!と。
賢い子だ。

で、戻ってみると、何やら怪しい雲行き。
つまり、戦争をやめたくない偉い人たちが、協定を無視した都市同盟が少年兵達を襲ったことにして休戦協定をぶち壊し、戦いを続けようとしてるってことですか。
でもって、隊長もその片棒を担いでいた、と
あーあ、ヤダねぇ。汚いオトナってヤツは。

真偽のほどを隊長に確かめに行くほどアホじゃないので、北へ逃げる。

そして、追いかけて来た王国兵を軽く蹴散らす。
少年2人に軽く倒されてどうするよ。

援軍を呼びに行った隊長を大人しく待ってるほどアホじゃないので、ジョウイと再会を誓って崖からダイヴ。

と、ここでオープニング。
 
 
ん?
ビ、ビクトール?
グレッグミンスターで行方不明になったアナタが、なんで都市同盟の傭兵隊長なんかやってるの?
げっ・・・フリックも来た。

・・・なんだか良く分からないけど、ジョウイらしき少年は流されて行き、ぼうずは捕虜ですか。
アタシは早々にビクトールに再会できて大喜びだが、ぼうずを取り巻く状況はあまりよろしくない。
傭兵隊の砦に連れて来られて下働きをする羽目に。
ただ、扱いはそう酷くはない。
そりゃぁ、ビクトールとフリックが仕切ってんだから当然ってもんさ。
簡単な片付け仕事の後、今度は備品集め。
ブーツと火打石はあったけど、「こむぎこ」は品切れ中。
あれ?
火打石、3つって言ってなかったっけ???

砦の外におつかいに出されることになっちゃいましたよ。
捕虜の扱い、いくらなんでもユル過ぎ。
レオナさんのところでゲンゲンに子守りをお願いして、北東にあるというリューベの街まで「こむぎこ」を調達に行きます。
砦の2階のベランダのところに「熊みたいな絵の書いてある変な旗がぶら下がってるなぁ」と眺めていたら、なんと、ビクトール直筆だそうな。
自分が熊だってこと、自覚してるのか?
 
 
それはともかく、リューベへ移動。
ぐるっと街をひと回りしたけれど特に何もないようなので、道具屋で「こむぎこ」をもらったら大人しく砦へ帰る。
大道芸が気になる・・・

砦に帰ったらポールのところへご報告。
 
 
ばんめし食って床掃除したら、またばんめし。
すると、ジョウイが助けに来ます。

べつに、逃げなくても良いんだけど?

っつーか、アタシはここに居たいんですけど?

そうですか・・・ダメですか。
あんまり逃げる気無いもんで、大人しくとっ捕まり、事情をペラペラと喋ってみました。
でも、ジョウイは逃げる気満々。
仕方ないので、逃げます。
余った火打石の使い道が、分かりました。
 
 
砦を出たら、とりあえずリューベに行ってみる。
大道芸が始まっていました。
ぼさーっとしたぼうずは、大道芸に飛び入り参加。
そんなことしている場合ではないはずだけれど、そのおかげで旅芸人一座のお姉さんたちと仲良くなって、一緒にキャロの街を目指すことに。

リューベを出たら北上し、燕北の峠へ。
奇麗なお姉さんがオトナの技を使って、無事に検問突破。
敵を蹴散らしながら山道を進む。
連携技が、派手になってる?
「おさななじみ攻撃」は全体攻撃なので、雑魚相手にはうってつけ。使ってもアンバランスにならないし。バシバシ使って敵を蹴散らす。

セーブポイント発見・・・ってことは、ボス?
みんなにおくすりを持たせて、突撃。
案の定現れたボス・ミストシェイド。
「旅の一座攻撃」をせっせと使って倒しました。
 
 
キャロに着いたところで、お姉さんたちとはお別れ。
自分の家に帰る前に、街をブラついてみました。

えーと・・・スパイですか、自分?

なんだか、お尋ね者にされてしまった様子。
ジョウイも捕まっちゃったみたいだしー。
慌てて自分の家の方に行ってみると・・・
すごい姉ちゃんがお出迎え。

2人組の少年スパイって、たぶん、アナタの弟とジョウイのことです。

姉ちゃんに引きずられるようにして家を出ようとすると、こんどは王国兵がお出迎え。
姉ちゃんと2人で軽く撃退すると、ラウド隊長がやって来て、アッサリお縄になりました。

牢屋でジョウイと再会し、ソッコーで処刑場へ連行。
ラウドが夕日を見ながらペラペラと喋っている間、妙な音がしていると思ったら、フリック!
ビクトールも!
きっと来てくれると信じていたよヽ(´▽`)/

さっそく仕切ってるビクトールに、ツッコミ入れるフリック。
いいコンビだな、この2人。
頼もしい援軍とともにナナミを助けに行きます。

が・・・
助けに来たはずが、勝手に逃げて来てるすげー姉ちゃん。
今後も、なんやかやとこの姉ちゃんが引っ掻き回しそうな予感。
 
 
次に向かう場所といったら傭兵隊の砦しかないので、再び燕北の峠を通って砦へ帰ります。
ビクトールとフリックがバカ強いから、何の問題もありませんわ。
連携技をいろいろ試して遊びながら、峠越え。

砦に戻ったところで、ビクトールとフリック抜け。
仲間集めがどうのこうの言ってたってことは、仲間集めしろってことかしら?
ひとまず、砦に入って荷物整理したり武器を鍛えたりしてセーブ。
いろいろ設備が使えるようになっていました。
アイテムの管理がしやすくなって、非常にありがたいです。
 
 
  
 
 次の日記に進む
 
 「幻想水滸伝 II 」プレイ日記の目次
 
 

« 進化するハード、進化しない私 | トップページ | 幻想水滸伝 II 攻略日記 #2 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる