« 幻想水滸伝 II プレイ日記の目次 | トップページ | 幻想水滸伝 II 攻略日記 #6 »

幻想水滸伝 II 攻略日記 #5

サウスウィンドの街から北西に向かい、ノースウィンドゥへ。
ビクトールにとっちゃ、辛い思い出の場所ですよねぇ。

あーっ!ネクロード生きてたのっ!?
あ、吸血鬼だから、そもそも生きてないか。

ネクロードの卑劣さにアッタマ来て、思わず「そんなことはさせない!」を選んじゃったけど、じぇんじぇん歯が立たなくてコロリと負けました。
勝てないんだよね、普通の武器じゃ。
ネクロードに対抗できるのは、夜の紋章の化身である星辰剣のみ!
って、そういえば、ビクトール、星辰剣持ってないよね。
あんなに大金つぎ込んで限界まで鍛えたのに、何処にやっちゃったのよ?
ビクトール曰く・・・
 風の洞窟に眠っているというか
 封印されているというか
 隠されているというか
・・・なんだぁ?妙に歯切れが悪いな。

とにかくボロボロだったのでいったんサウスウィンドゥに戻って体勢を整えてから、風の洞窟へ。

わーーーん、迷子です〜〜〜!
似たような通路の連続なんだもの。
何度も行ったり来たりしながら、どうにか進む。
この洞窟で拾ったたいようのバッジ(HP自動回復)とサカナのバッジ(魔法弾き)は、なかなかオイシイ装備品。
すかさず小僧が両方とも装備。主人公の特権さっ。
ちなみに、ビクトールは力おび2本付けてます。
どこかで蒼き門の封印球も拾う。
あぁ、荷物がいっぱいになってきた。

強風が吹いている場所は、岩を押して風の通り道を塞ぎながら進め。

途中で、バンパイアハンターのカーンと出会う。
えーーーっ!
前に倒したのはネクロードの本体じゃないって?
・・・あんなに苦労したのに。
ネクロードを完全に葬り去るには、星辰剣の力が不可欠で、それを取りに来るはずのビクトールをここで待っていた、と、カーンさん。
いつ来るか分からないビクトールを、いったい、いつからここで待ってたのかしら、この人?
それはともかく、星辰剣を扱えるのはビクトールしか居ない・・・ってことらしいけど、「あの様子」って?
なぁんか、やーな予感がするんですけど?

カーンと一緒にさらに奥へ。
お!星辰剣、みーっけ。
・・・ご機嫌ナナメなのね。

えっと、よーするに、星辰剣とケンカして、この場所に置き去りにしたってワケ?
いい大人が何やってんのさ?
アタシがせっかく大金をつぎ込んで鍛え上げた剣を捨てないで下さいよっ!

予感的中。
ヘソ曲げた星辰剣が襲いかかってきました。
星辰剣が真ん中のビクトールばっかり狙うもんで、後ろに居るアイリがいい迷惑だ。
ビクトールはヘッチャラだけど、アイリは早々に戦闘不能。
どうせほとんど戦力にならない人なんで、そのまま寝かしておきました。ゴメンなさい。
ビクトール熊がバカ強いです。普通に叩くだけで、他の人の紋章魔法並みのダメージ行ってます。
小僧たちも成長しているので、レベルはそれほど差が無くなっているんですけどね?
小僧とナナミがせっせと回復して、大人3人がボコボコ叩いているだけで倒せました。

ビクトールと星辰剣のやりとりが可笑しいです・・・
なんだかんだ言って、いいコンビじゃん?

無事に星辰剣と仲直りしたところで、少し消耗してしまっていたので、またサウスウィンドゥに戻る。

フリックはフリックで、頑張ってる様子。
色男は、何かと辛いね。
レベルアップしたおかげで小僧の左手に封印球が付けられるようになっていたので、火の封印球を付けてみた。
準備を整えたら、ノースウィンドゥに向けて出発。
 
 
ノースウィンドゥに着いたら、奥の城へ突入。

石像が5つ並んでいるフロアは・・・
5つともキッチリ並べると左上の扉が開いて先に進めますが、いちばん左と真ん中の像をずらして置くと中央の扉が開きます。
(城の地下にヒントがありました)
その奥の部屋に闇の封印球あり。

燭台の並んでいるフロアは・・・
上の列だけ全て火を灯すと左の扉が開いて先に進めます。
右から2列めを上下とも消して、他を全て点けると真ん中の扉が開き、ブルーリボンを入手できます。
  ○○○●○
  ○○○●○
    こんな感じ。

ズンズン進んで行くと、ネクロードがまたパイプオルガン弾いて待ってます。
(なんでコイツの登場シーンはムービーなわけ?)
ネクロードは星辰剣と引き換えに、ディジーを助けてやるとか言ってます。
はて、ディジーとは?
ビクトールの幼なじみとか、恋人とか、とにかく大切な誰かなんだろうな。
その、ディジーをバッサリ斬り捨てちゃうビクトールにホレボレ。
ビクトールがやたらと男前なのは、何かの陰謀ですか?

人の弱いところを突いてくる卑劣なネクロードに、怒り心頭に発す。
いくぜ、星辰剣!
しかし、ネクロード、逃げる。
こらっ、変なモンスター置いてくなっ!

攻撃の要はカーンの紋章。
あとは、ビクトール熊の通常攻撃。
フリードも何気に結構なダメージ稼いでくれてたので攻撃要員です。
ナナミとアイリには「おくすり」いっぱい持たせてあるから回復係。ナナミは水の紋章も付けてるし。
小僧は基本的には回復係。余裕があれば火の紋章で攻撃。
回復を怠らないように注意しながら、バシバシ紋章を使って攻めたら、無事に撃退できました。
火の紋章が良く効いてたので、小僧を回復係にして、ナナミに火の紋章を使わせた方が良かったかも。

ヘカトンケイルは倒したけれど、肝心のネクロードには逃げられ・・・
あぁ、ビクトールが辛そうだよぅ。
 
行方不明事件の原因はネクロードだったらしいことが分かり、そのネクロードも逃げてしまったので、この場はひとまず一件落着。
カーンはネクロードを追って旅立ちました。
情報を入手したら連絡くれるって。頼むね。
 
 
ノースエインドゥから出ようとするとフリックたちがゾロゾロと・・・

サウスウィンドゥがハイランド軍の手に落ちたって。
まったく、行く先々で街が潰されてるよぅ。
フリックたちの脱出劇においても、何やら素敵なドラマが展開された模様です。
リィナが何かやらかしたらしいが・・・フリックってば、何をそんなに慌ててるの?
気になる・・・
フリックが、女装させられていたりなんかすると嬉しいんだけど。
だって、似合いそうだもの。

ハイランド軍はミューズやサウスウィンドゥの残党狩りをしてるそうで、ここにもいずれ手が回る。
でも、この人数じゃぁどうしようもない。
逃げるか?
などと、沈黙してしまう大人たち。
そこで、アップルが名案を思い付く。
なんか頼りないんだよなぁ、この人。
でも、まぁ、自分よりずっと優秀な軍師を連れて来ようって提案だったから、良しとしよう。

わーっ、ビクトールとフリック、また抜けるしー!
仲間の兵を集めるためとはいえ、落ち着きの無い男どもだな。
いいですよ。
小僧は大人しくシュウさんをつかまえに行きますよ。
もー、誰を入れても大差ないんで、メンバー編成はかなりテキトー。
ここでセーブして、本日は終了です。
 
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「幻想水滸伝 II 」プレイ日記の目次
 
 

« 幻想水滸伝 II プレイ日記の目次 | トップページ | 幻想水滸伝 II 攻略日記 #6 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる