« 幻想水滸伝 II 攻略日記 #7 | トップページ | 幻想水滸伝 II 攻略日記 #9 »

幻想水滸伝 II 攻略日記 #8

レイクウェストからさらに西に進み、トゥーリバーに到着。
ん?何かが走り抜けて行ったようだが?

宿屋の2階でハンスを勧誘。
もちろん、「お金なんてイラナイよ!」
これで本拠地に防具屋が出来るに違いない。

市庁舎に行くと・・・
あれ?紹介状が無い???
あ・・・お金も無いっ!
何かが走り去って行ったので、後を追う。
こらー、金返せーーーっ!

しつこく追い回したが、けっきょく逃げられる。
くそぅ、スタリオンが居れば・・・(関係ないです)

もう1つ先のエリアまで行ってみると、そこはコボルトの居住地。
道具屋で何やらおいしそうな物を売っているが、一文無しなので何も買えず。

仕方なく市庁舎の方に戻ると・・・
何やら、ゴタゴタが起こっている様子。
フィッチャーは
サウスウィンドゥ偵察の途中で逃亡し、それが発覚すると、のらねこ軍のリーダーを連れて来たなどと言い逃れをしておる!
と、いうことになっているらしい。
(にしても、城の名前がそのまま軍団の名前になってしまうとは想定外だったな。もうちょっと、よく考えて付ければ良かったよ)
この男の場合、何処までがホントで何処からがウソなんだか、イマイチ信用しかねているんだけれど、のらねこ軍リーダーがここに来ていることは確かなので
この右手の紋章が眼に入らぬか!
と、紋章を見せつけ、市庁舎に入れてもらう。
最初からそうすりゃ良かったじゃん?というツッコミは無しの方向で。

マカイと会って、色々と事情を聞く。
トゥーリバーでは、人間とウィングホードとコボルトがそれぞれ別の居住区に分かれて暮らしているようで、ウィングホードは厄介者扱いされている様子。
しかし・・・
トゥーリバー全権大使と、王国軍に対抗すべく旗揚げした軍団の総大将との会見・・・というよりは、

社会見学に来た小学生だな。どう見ても。
(「ぜんけんたいしってなんですか?」と、質問しちゃいました)

宿屋へ行くと、また、あのガキ・・・
くそぅ、早いとこ取っ捕まえて財布を取り返さないと、買い物できないじゃないの!
紋章の付け替えもしたかったのにっ!

翌朝。市庁舎で事件が起きている・・・
マカイとリドリーが喧嘩していて、リドリーは怒って出て行ってしまいました。
リドリーからワケを聞いて来て欲しいとお願いしてくるマカイ全権大使。

あのぉ、ボク、いちおう総大将なんですけどぉ?

完全にパシリ扱いされてる小僧一行は、ウィングホード居住地を抜けてコボルト居住地へ。
しかし、門前払い。
仕方なく戻ろうとすると、またガキが現れて、今度はフィッチャーの財布が盗まれたっ!
追いかける!

ヤバそうな地下水路に突入。
久々にバトルな雰囲気です。
むむむ・・・マッドシャークがなかなかに手強いですよ。
『兄弟攻撃』とフリード&ヨシノの『めおと攻撃』を使って、どうにか切り抜ける。
ルックは後衛に置いているため、突っ立っているだけで何もしてません。
クライブは他のメンバーよりだいぶレベルが低かったけれど、すぐに追いついて、それなりの攻撃力を発揮してくれておりました。
水路内で破魔の封印球炎のエンブレムを入手。
破魔の封印球って、カーンが持ってたのですよね?
あれ、いいなー欲しいなーと思ってたですよ。
炎のエンブレムは、もちろん小僧が装備したさ。
セーブポイントがあるということは、この先にボスが居るということで・・・

暗がりから現れたのは、ペストラット。
全体攻撃して来るので、輝く盾の紋章で全体回復できる小僧が回復係。
火の紋章を付けたナナミはせっせと魔法攻撃。
めおと攻撃を織り交ぜて、クライブはひたすら通常攻撃。
ルックは・・・
しまった。ルックに攻撃系の紋章を付けておくんだった。風の紋章だと使用回数が・・・
時々ルックに回復させるようにして、小僧も攻撃参加。
けっこう厳しかったけれど、どうにか撃退できました。

ボスを退け、さらに奥に進んで行くと・・・コボルト居住地に到着してしまいました。
そこで、リドリーから事情を聞く。
コボルトの居住地を王国軍に渡すことを条件に休戦協定を結ぼうじゃないかという密約が、どうのこうの・・・
いや、それ、どう考えても罠だろ?
人間とコボルトの間に不信感を抱かせ、足並みが乱れたところで一気に攻めるっていう・・・べつに百万の軍勢に値する才を持つ軍師じゃなくたって思い付きそうな作戦だぞ?
だいたい、まことに申し訳ないが、コボルトの居住地が王国軍にとってそれほど重要な拠点とは思えませんよ?
しかし、リドリーはまったく聞き耳持たず、ポイッとコボルト居住地から追い出されました。

人間様居住地に戻ると、ホントに王国軍が来てるしー。
あ、みつかちゃった\(;゚∇゚)/
どうなることかと思ったけれど、キバ親子は挨拶だけしてお帰りになりました。
リドリーもバカだが、マカイもバカで、本気で王国軍と休戦協定を結ぶ気になっておる。
困ったねぇ。
フィッチャーは勝手にシュウに援軍を要請したとか言ってるし。
それも敵の狙いだったらどうするよ?

トゥーリバーからは出られないらしいんで、とりあえず、ばっちゃんに逢うためウィングホード居住地へ。
ゲンカク爺ちゃんのこととか、いろいろお話を聞きました。
それはいいから、早よ財布を返せ・・・

人間居住地に戻って宿屋で一休み。
起きると、王国軍が来てます。
もちろん、協定を結びに来たのではありません。

小僧はコボルト居住地に走り、リドリーを説得。
苦戦するトゥーリバー軍の前に現れた援軍は、厄介者扱いされていたウィングホード。
チャコの言葉に、ちょっと感動した。
けど、早く財布を返せ。それとこれとは話しが別だ。
ようやくコボルトもやる気になって、我らがのらねこ軍も到着。
王国軍は退却してゆきました。

王国軍サイドではソロン・ジーが失脚し、ルカは今度はグリーンヒルを落とすなどと言っております。
で、その役目を買って出たのが、ジョウイ。
ルカはずいぶんと見くびっているようですが、この子も真の紋章持ってますから、厄介ですよ・・・

起きたら、マカイのところへ。
あ、おはよー、ビクトールヽ(´▽`)/
来てくれてたんだねぇ。
でも、活躍したのはボクじゃなくて、たぶんチャコです。
ふむ、シュウ兄さんが色々と手を回してくれたみたいですね。
シュウ兄さんに見込まれ、フィッチャーが仲間になりました。
門のところでは、チャコが待ってました。
仲間にしてやるから、さっさと財布を返しなさい。

城に戻ると、リドリーも仲間になっていました。


***

 
 
本日の正式登録メンバー
 ハンス(トゥーリバー 宿屋の2階)
 フィッチャー、チャコ、リドリーは自動的に仲間入り
 
 
 
 次の日記に進む
 
 「幻想水滸伝 II 」プレイ日記の目次
 
 

« 幻想水滸伝 II 攻略日記 #7 | トップページ | 幻想水滸伝 II 攻略日記 #9 »

プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

その他のハード

ちょっと気になる